1: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:45:29.30 ID:Ol3QlaXq.net

保健室


愛「んぐ……♡れろ……んぐっ」チロチロ…♡


歩夢「ぁっ♡♡あっ、愛ちゃ……ん♡」///


愛「んっ、ふっ、相変わらずあゆむのはでっかいなぁ……」シコ♡シコ♡♡


歩夢「ゃ、っ、やだ♡そんな、の♡いわない、でぇ」ビクッッビクッッ♡


愛「ほら、もう限界でしょ? がまんしなくていいから出しちゃいな?」ニチッニチッ♡♡


愛「だーいじょぶ、かなちゃんに言ってあるから人は来ないと思うし」


歩夢「はっ♡っぁっ♡」トロン…♡



5: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:48:41.25 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「ぁっ、やっ♡」


歩夢「ぁっ――」


歩夢「ん゛ん゛んぅぅ♡♡」ビュクッッビュルルルルルルル♡/////

愛「わっ……相変わらずすごいね、歩夢」

歩夢「はー♡はー♡♡」///

 

愛(って、今は気持ちいいの受け止めるので必死か……)

 、

愛(今は時々時間ある時とかこうやってお世話できるけど……あの子にバレないように、なんて時間の問題な気がする。今後はどうなるかわからないし……)



7: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:50:20.98 ID:Ol3QlaXq.net

あなた(……なに、これ)


歩夢「はー……はー……」チラ…

歩夢「!?」

あなた「!?」

 

あなた(め、目が合っちゃった!?)ダッッ

 


歩夢(いま、もし、かして……)

愛「歩夢~? だいじょぶ?」


歩夢「え、ぁ、へ、へいきだよ!」
 

歩夢「……」



8: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:53:25.25 ID:Ol3QlaXq.net

◇――――◇


あなた「あれは一体なんだったんだろう……」

あなた「ゆめ、じゃないだろうし」

あなた「確かに最近歩夢ちゃんは様子がおかしくて、体調でも悪いのかなって思ってたけど……」


あなた「歩夢ちゃんの、ぇと、下半身にあったもの……あ、あれは多分男の人のもの、でいいのかな」


あなた「それを愛ちゃんが、えっちなこと、シてあげてて……わけ、わかんない」

あなた「……何か歩夢ちゃんに起きていることは間違いないけど……」

 

プルルルルルルルルルルッッ


あなた「あ、歩夢ちゃんからだっ!」

歩夢『ぁ、もしもし』


歩夢『……」


あなた「も、もしもし」


あなた(ぅ、ぅぅ、なんか緊張するなぁ……)



9: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:55:42.31 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢『あ、えと……』


あなた「ど、どうかしたの?」


歩夢『どうってわけじゃ、ないんだけど、さ」

あなた「うん……」


歩夢「き、今日! 何かいつもと違うものとか、違う出来事とか! 見てない、よね?」


あなた「……」ゴクッ…


 
あなた(なに、なに、その聞き方……。私が言わないと、あゆむちゃんは……私になにも言ってくれないの……?)


あなた「み、見てないよ?」


あなた「どうかしたの? 何かあった?」



11: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 22:58:49.26 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「えっ、な、なんでもないよっ! なんとなく訊いてみただけだよ」


歩夢「ごめんね、それだけなの。じゃあ、また明日――」

あなた「さ、最近歩夢ちゃんいつもと様子が違う気がするんだけど――気のせい、かな?」

歩夢「――――っ」


歩夢「き、気のせいじゃないかな?」


あなた「……」


あはは……もしかしたら自分で気がつかないうちに、体調崩してるのかも? 尚更早く寝なくちゃだね、あ、あなたも早く寝てね? じゃあまた明日」

あなた「ちょっ」


プツッ…


あなた「ぁ」

あなた「……歩夢ちゃん、わたしには何も言ってくれないのかな」

 
あなた「……」



12: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:01:24.02 ID:Ol3QlaXq.net

◇――――◇


あなた(それから、何日か歩夢ちゃんの様子を見ていると…………)


ソ-…


かすみ「だ、大丈夫ですか歩夢先輩……ぁ、ココ、もう、す、すごいことになっちゃってます……」

歩夢「ごめん、ね」

歩夢「あり、がとうねかすみちゃん……わたしのために、こんな」


かすみ「か、かすみんは別に……あれですよ。歩夢先輩が張り合いが無くなっちゃうとつまらないからです……だから早く、治してください」シコ…♡シコ♡


歩夢「ん、ぐぅ♡♡」


かすみ「もうっ、なんで毎回毎回こんなにおっきくするんですか……」


歩夢「だって、ぇ////」



14: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:03:21.72 ID:Ol3QlaXq.net

――


彼方「ん~、今日はどうしたの~?」


歩夢「その、あの」

彼方「……」

彼方「ああ、ソレのお世話だね」

歩夢「は、い……苦しくて……何にも集中できなくなって」

彼方「眠っても治らない?」

歩夢「ねむれない、の」


彼方「任せて」


歩夢「ご、ごめんなさいっ、彼方さんのお昼寝中に……でも、わたし、わたし……」


彼方「うんうん、大丈夫だから、あの子には知られたくないもんね。その気持ちもわかるから、彼方ちゃんにお任せだよ~」



16: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:04:39.11 ID:Ol3QlaXq.net

――


璃奈「何度見ても、すごい」

歩夢「ぅ゛ぅぅ」

璃奈「もっと背筋を伸ばして立って、良く見えない」

歩夢「……ぅ」ピン…

璃奈「だめ、もっと」

歩夢「はぁ、はぁ♡い、いやだよぉ……こんな、こんなの……」


璃奈「私に良く見せてくれる代りに処理をする、そういう約束」


歩夢「ぅ、ぅぅ……」///



17: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:06:14.91 ID:Ol3QlaXq.net

――

歩夢「ぁ゛っぁ♡せつなちゃ、だめ、らめらめっ」ビクビクッッ♡


せつ菜「大丈夫です! 歩夢さんがスクールアイドル活動に勤しめないのは、んっ♡わたしも、悔しいですからっ」グチッグチッ♡


歩夢「だっ、て♡さっきもたくさん、だして♡ぁ゛ひ……」


せつ菜「私も力になれるようにがんばりますら、んっ♡一緒に頑張りましょう?」


せつ菜「調べたら一回では足りないと見ました♡」


せつ菜「大丈夫です!! 全部私に任せてくださいねっっ!!」ニチャグチッ♡♡


歩夢「っっっぁ♡♡」



20: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:08:47.84 ID:Ol3QlaXq.net

――

エマ「ふふ、相変わらずガチガチだね」

エマ「ああ、下のことじゃなくて……緊張してるねって意味」

歩夢「何度しても、慣れなくて……」


エマ「ほーら、リラックスしてみて? こうやってソレが胸で全部包まれると……心地良いでしょ?」


歩夢「は、ぃ……♡」トロトロ…


エマ「頭、ぼーっとしちゃうかな?」


歩夢「……」コクコク…♡


エマ「大丈夫だからね、こうやってゆっくり、ゆったりシてあげるから」ヌプ……♡ヌプ…♡

歩夢「ほ、ぁ……」

エマ「時間なんか気にしなくていいよ、たっくさん気持ちよくなろうね」


歩夢「ぁっ♡っぅ♡」


エマ「出そうなタイミングで、我慢しないでぜーんぶ、出しちゃおうね♡」ニチッ♡ニチッ…♡


歩夢「ふ、ぁぁ♡」



21: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:11:31.83 ID:Ol3QlaXq.net

――


しずく「歩夢さん、今日はどうしますか?」

歩夢「ど、どうって言われても」

しずく「歩夢さんの好みのシチュエーションで、私が合わせます。そっちの方が治りも早いと思いますから」

歩夢「う、ぅぅ、そんなの言えない、よ」

しずく「……言ってくれないと分かりませんよ?」ボソッ♡

歩夢「ぅ゛」

しずく「……なるほど、こういう風に責められるのが、いいんですね?♡」

 

しずく「歩夢さんの――へんたい♡」ボソ…♡

 

歩夢「っっっ……////」



24: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:14:06.59 ID:Ol3QlaXq.net

――――


あなた「歩夢ちゃんは、私以外の皆とえっちなことをしていた」

 

あなた「いや、えっちって言っていいのかわからないけど……そ、そもそもなんで歩夢ちゃんの下半身に、あ、あんなものが……」

あなた「他の人もなんでそれを平然と受け入れてるの……?」


あなた「……」

 
あなた「歩夢ちゃんに聞いていいことなのかどうか……私に何も言ってくれないなら、知られたくないってこと、だよね」


あなた「はぁ…………なにそれ」

あなた「歩夢ちゃんも先に帰ったみたいだし、教室に荷物取りいって帰ろう……」


トコトコ…


あなた「そういえば最近、歩夢ちゃんと一緒にいる時間少なくなってる気がするな……」


あなた「はぁ……」

 

トコトコ…


「んっ……♡んっ……ふー♡ふー……♡」



25: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:16:15.88 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「え」


歩夢「はっ、はっ……////すーっ、すーっ、だめ、だめ、だめ……」


あなた「!?!?」


あなた(あ、歩夢ちゃん!? わ、わたしの半袖体操着なんかに顔近づけて、な、なにを……)


あなた(歩夢ちゃんの様子も変だし……う、うわ、もしかして……これって、私の体操着を使ってるって、こと……?)////

あなた(ど、どうすれば)アワアワ…


ガタッッ


あなた(やばっ)


歩夢「ひっ……ぁ、な、なんだあなただったんだ……」サッッ

あなた(いま、体操着とっさに自分の鞄に隠した……?)



26: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:17:57.80 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢(みみみみ、見られた!? 見られた!?)


歩夢(どうしよう、どうしようどうしよう……)


あなた「あの歩夢ちゃん、なんか汗すごいけど……大丈夫?」


歩夢「わ、私なら大丈夫だよ!? その、ごめんね、なんでもないんだけど……」


あなた「そっ、か……」


歩夢「私ももう帰るところだったからさ、一緒に帰らない?」

あなた「え、あっ、うん!」

歩夢「ありがとう」


歩夢(ばれて、ない……よかった……これも、隠さないと……)



29: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:19:56.36 ID:Ol3QlaXq.net

◇――――◇




あなた「やっぱり……私の体操着、歩夢ちゃんが持ってるんだ」

あなた「歩夢ちゃん、私の体操着で今頃なにをしてるんだろう……」


歩夢『ふーっ♡ふーっ♡♡』


あなた「……」ドキドキドキドキ

 

あなた「あゆむちゃん、すごいかお、してたな……あの歩夢ちゃんが、あんな――えっちなカオ、するんだ」///


あなた「なんか変な、気分……」///


ピンポ-ン

あなた「?」

スタスタ

コンコン


あなた「はーい?」

 

 

歩夢「――あ、の、私だけど。ちょっとだけいいかな?」



34: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:23:08.01 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「あ、歩夢ちゃん? どうかしたの?」

ガチャ


あなた「あれ、それって」


歩夢「その、体操着の洗濯をしようとしてたらあなたのが混じっちゃってて」

あなた「え」


歩夢「気が付いたのがさっきで……ごめんねっ。見つけた瞬間、あなたが体操着無くなっちゃったって慌ててると思ったから……」


あなた「そう、なんだ」

 

あなた「――混じっちゃってたんだ?」


歩夢「ぁ、うん。何かの拍子で一緒にしちゃったみたいで……その、ごめんなさいっ」


あなた「ふぅん」



38: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:26:18.98 ID:Ol3QlaXq.net

あなた(……歩夢ちゃんが私にウソ、つくなんて……歩夢ちゃん、咄嗟に隠してるところ私見ちゃってたよ)


歩夢「…………えと、あなた今お風呂あがりなの?」


あなた「? うん」

歩夢「そ、そうなんだ」


歩夢「……」ジッ…


あなた「どうかしたの?」

歩夢「あっ、いや、なんでもないよ。ごめんねっ、それだけだからもう帰るねっ」


あなた「っ」ガシッ


歩夢「ど、どうしたの?」

あなた(……確かめたい。歩夢ちゃんのこと、なんで私に話してくれないのかも、全部)

あなた「……久しぶりにちょっと2人で話さない? なんだか最近忙しくてあんまり2人で話すことも無かった気がするし」

歩夢「えっ、と」


あなた「あっ、忙しかったらいいけど……」

歩夢「…………」


歩夢「…………少しだけだけど、いいかな?」


あなた「うんっ!」



41: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/02/16(日) 23:30:01 ID:Ol3QlaXq.net

◇――◇


歩夢「……」モジモジ…


歩夢(だめ、だ……やっぱり一緒にいちゃ、だめだ)

歩夢(私はこの人と一緒にいたら……)


あなた「……歩夢ちゃん」


歩夢(あなたがお風呂あがりでいい匂いして、頭の中がぼーっと、してきちゃう……)


あなた「歩夢ちゃん」

あなた「歩夢ちゃん?」


歩夢「えっ、ぁっ、ごめんなさいっ! ぼーっとしちゃってたみたいで――」

 

 
 

あなた「――なんで咄嗟に私の体操着、鞄の中にしまったの?」



43: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/02/16(日) 23:31:16 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「…………え?」


あなた「――私、見ちゃってたんだ」


歩夢「ぁ、ぁの、あの、あの……」フルフル…

歩夢「ちがうの、お願い……ちがうの……」

あなた「……」


あなた「歩夢ちゃん、なんでウソなんかついたの?」


歩夢「…………ぐす、ごめん、なさい……ごめんなさい……」


あなた「……」ゾクゾク…

あなた(あ、れ……なんだろうこの感覚……歩夢ちゃんがこんなに、苦しんでるのに、私……)


あなた「なんであんなことしたの?」
 

あなた「どうして?」


歩夢「……」フルフル…



46: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/02/16(日) 23:33:13 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「何?」

歩夢「分からない、の……本当に、身体が勝手に」

あなた「なにそれ」

あなた「そっか……」


歩夢「本当にっ、もう2度としないから……ごめんなさい……っ」

 

あなた「歩夢ちゃん、ほかに私に隠してることとか無いかな?」


歩夢「っ…………」


あなた「……何かあるんだ?」

 

歩夢「ごめんなさいっっ。あなたにだけは、言えない、の……本当に……言えないの……ぐす」ウルウル…

 

あなた「っご、ごめんね歩夢ちゃん。そんな、泣かせるつもりじゃなかったの……ごめんね」ギュッ…



47: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/02/16(日) 23:34:43 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「ぁ……////」


歩夢(いい匂いいい匂いいい匂い……///)

ガバッッ


あなた「きゃっっ」


歩夢「はっ……♡はっ……♡」

あなた(っ……な、にこの表情……こんな余裕無さそうに切羽詰まってるところなんて、見たこと……)


あなた「あ、歩夢ちゃん……ソレ、は」

歩夢「はっ……はっ♡」ビンビンッ♡///


あなた(パジャマをテントみたいに、押し上げて……ほ、ほんとうに////)

 

歩夢「だっ、て。あなたが悪いんだよ」

あなた「えっ」

 

歩夢「あなたが、あなたがそんな無防備でいるから……私だって、私だってっ」グググ



50: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/02/16(日) 23:36:44 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「ぁっ……」

あなた「まって、おねがいだからっ」


歩夢「――ぁ、わ、わたし……」


あなた「……」


歩夢「ごめんなさい……ちがうの、お願い……」


あなた「……歩夢ちゃんが隠してるコトって、ソレのことだよね?」

歩夢「っ……」ビンビン…//

あなた「私ね、気がついてたんだよ」

歩夢「えっ」


あなた「逆に、気がつかないと思った? こんなにずっと一緒に居た私が、歩夢ちゃんが最近変だなってことに気がつかないと思ったの!?」


歩夢「……」



51: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:37:52.59 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「他の子には相談して、その、色々シてもらったりしてるのに……私だけには一言も相談してくれない」

歩夢「……だって」


あなた「――私、待ってたのに」


歩夢「え……?」

あなた「いつ話してくれるのかなって……」

歩夢「っ」

歩夢「……だって、だってこんなの嫌でしょ?」ポロ…ポロ…


歩夢「病気だって、言われたよ。私、女の子なのに下半身にこんなのが出てきちゃったんだよ」

 

歩夢「――私だって1番最初にあなたに相談したかった、話を聞いて欲しかった、助けて、欲しかった」

 

あなた「じゃあなんで……」



52: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:39:16.63 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「1番、嫌われたく、なくて……ぐす、言えなかった、よ……ちょっとでも嫌われたらどうしようって怖くなって、言えるわけ無かった、の……私、あなたに嫌われたら……私っ」グス…


あなた「歩夢ちゃん……」

あなた「歩夢ちゃんのばかっ!」


歩夢「ぅっ」


あなた「私がそれくらいで歩夢ちゃんのことを嫌いになると思ったの!? それくらいって言ったら苦しんでる歩夢ちゃんには失礼かもしれないけどっ、歩夢ちゃんへの大切な気持ちはそんなことじゃ絶対に変わらないんだから!」

歩夢「……そん、な」

あなた「まだ信用出来ない?」


歩夢「ぐす……ううん、あなたがそんな風に言ってくれるんだもん、信用するに決まってるよ」

 

あなた「――じゃあ、私もみんなみたいにソレのお世話っていうのさせてくれる?」


歩夢「えっ!? そ、それとこれとは話が違うというか……」



53: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:42:42.00 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「みんなばかり歩夢ちゃんの力になってて、ちょっと、なんて言うのかな――妬けちゃってたというか……」


歩夢「あ、あなたが……?」///

歩夢(嫉妬……?? 前もそんなこと言ってたけど、ほんとうに……)

歩夢(どうしよう、うれしい…………)


あなた「確認、なんだけど歩夢ちゃんのソレって……私に興奮したってことでいいの?」///

歩夢「えっ///」


あなた「だってさっき思い切り押し倒されてパジャマ脱がされるところだったし……大きくなってるのもそういうことなのかなって……」


歩夢「あっ、いやいやそうじゃなくて! これは生理現象と言うか……だから」


あなた「そっか、なんか……残念」


歩夢「えっ」


歩夢「あっ、と、今のはウソだよっ、ウソ!」



55: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:44:21.43 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「また嘘ついたの……?」

歩夢「ぅ」


あなた「歩夢ちゃん、ソレが生えてから嘘ばっかり」


歩夢「ごめん、なさい……でも、私に興奮されてるなんて気持ちわる――ひゃぁ」////ビクッッ♡♡♡

あなた「思わないってばっ」サワワッ♡


歩夢「ふぁ♡ゃぁ♡」

あなた「思わないから、歩夢ちゃんのコレ……させてね?」

歩夢「い、いきなりは卑怯だよ///」


歩夢「ぁっ、ぅ」///


あなた「コレ、すごい、ね」////


あなた「歩夢ちゃんの硬くて、ほんとうにおっきい///」



56: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:45:34.94 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「はっ、ぁっ♡だ、め♡だめだよぉ///」


あなた(目がもうとろけちゃって、歩夢ちゃんてこんな顔するんだ……すごい、すごい、な///)

あなた「脱がせるね」


スルル…ボロン♡


歩夢「ひっぐ、ぐす……」

あなた「ご、く……」


あなた(歩夢ちゃんのほんとおっき……血管びきびきになっちゃってるし、さきっぽからとろとろ透明なの出てきてて……)

サワワ…♡


歩夢「ふーっ、ふー……♡っぁ、だめ、わたしっおかしく、なっちゃうから///」


あなた「それって気持ちいいって、こと?」


歩夢「えと…………う、ん」///


あなた「そ、なんだ」ドキドキドキドキ…



57: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:49:09.66 ID:Ol3QlaXq.net

クネクネ…

あなた「……も、もっと強くさわってほしい?」


歩夢「い、いや、でも……ぅぅ、あなたにそんなことさせるわけにはいかないし……」


あなた「他の子達にはあんなに激しくしてもらってたのに?」

歩夢「ぅ゛それは……」


あなた「……私だってシてあげたいから」


シコ…シコ♡


歩夢「ふ、っぅ♡ぁっ♡ぁっぁっ♡」



58: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:49:48.45 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「すごい、とろとろ……あつ、ぃ♡い、痛くない?」


歩夢「っ~~~♡////」フルフル♡


歩夢「ゃっぁ♡//だめ、だめっ♡も、うだよ……はぁっ♡」ガクガク…♡


あなた「はぁ、はぁ……もう、でちゃう、の?」シコ…♡シコ♡

歩夢「っっっ////」コクコク♡

あなた「歩夢ちゃん、今すごい顔、してるよ……♡かわいい……///」

 

歩夢「~~~ゃっ♡///」


歩夢「んっっ♡んっ♡ふぁぁぁぅっ♡♡」ビュクッッッビュクッッビュルルルルルルル♡♡


あなた「きゃっ……わっ、す、ごい」

歩夢「はーっ♡はーっ♡ふーっ、ふっ♡♡」ピクッピクッ……



59: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:50:43.51 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢(なにこれ、なにこれなにこれ。頭がぼーっとする、今までで1番きもいいい……なんで、かな)


あなた「こんなに、たくさん……」ドロォ…♡


歩夢(ぁぁ、この子に全部話せたからかな。この子に、こんな私を受け入れてもらえたからかな……)


歩夢「ぅ……あっ、あなたの顔に沢山飛んで……髪の毛にまで……」ゾクゾク…

あなた「んっ」

歩夢(わ、わたし……///)ブンブンッ


歩夢「ごめんねっっ」

ベトベト…


歩夢(うぅ、出しすぎだよ私のばか……ぐちゃぐちゃになってる)


あなた「こ、こんなの平気だよ。私のことよりも、歩夢ちゃんが良くなれたかなってそっちの方が大切だよ」



60: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:51:27.94 ID:Ol3QlaXq.net

歩夢「だめだよ、ほらこっち来て」

あなた「んっ」


歩夢「ちゃんと拭くから、ぅぅ、髪の毛についたのネバネバしてる……取れるかなぁ……もう一回シャワー浴びたほうがいいかも……」フキフキ…

あなた「ねえ歩夢ちゃん」

歩夢「?」


あなた「――これからも私に、させてくれるかな?」


歩夢「ふぇ////」

歩夢「本気なの?」

あなた「うん」


歩夢「あ、あの、えっと………………お願いしてもいい、の?」



61: 名無しで叶える物語 2020/02/16(日) 23:52:28.70 ID:Ol3QlaXq.net

あなた「もちろん!」


歩夢「ありがとう……」

歩夢(これからも、シてもらえる……あんなにきもちいいことシてもらえるんだ……)ボ-…


歩夢「あ、あのねっ」


あなた「?」


歩夢「私……あなたと友達で良かったなって、本当に思うの」


歩夢「私がこんなになっちゃっても側にいてくれて……ありがとう」


あなた「そんな……」

歩夢「これからも、よろしくお願いします」エヘヘ…


あなた「うんっ!」


あなた「ねえねえ、明日は学校だからダメだけど……今度また2人で一緒に居よう? ほら、練習が午前終わりの日とか!」


あなた「前はよくやってたよね、目的もなくこの部屋でだらだらってするの」


歩夢「ふふ、ちょっと懐かしいね」


あなた「最近歩夢ちゃんと2人でいられてないなって思ったら、なんか寂しくて」アハハ…


歩夢「~~~っ」///キュンキュン

 

歩夢「う、うんっ! しよっ、絶対だからね?」



80: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 19:52:53.86 ID:Sv9o01f6.net

◇――――◇

数日後


愛「あれ、ぶちょーと歩夢は?」


果林「え? 歩夢ちゃんのあのことじゃないかしら」


愛「えっ……ああそっか、もう歩夢ちゃんぶちょーにも話したんだっけ」

果林「あの子にだけは言えないって言ってたけど、良かったじゃない」

果林「これで隠し事も無くなって、こそこそする必要も無くなったわけでしょう?」

かすみ「最悪歩夢先輩と処理する人を残して部室に鍵かけてしまえばいいんですもんね~」

しずく「……じゃあ先輩と歩夢さんは今どこかにいるってことですか?」

果林「まあそうなんじゃないかしら? 歩夢ちゃん、今日は明らかに苦しそうだったし」


愛「んーでも、やってあげようか? って言っても頑なに大丈夫って言ってたけどどうしてかな?」


果林「それはもう……」



82: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 19:57:26.92 ID:Sv9o01f6.net

――――

トイレ

バタンッ


歩夢「ハッ……♡ハッ……♡」

あなた「あ、歩夢ちゃん?」


あなた(急に手を引かれて、トイレの個室に連れてこられたけど……どうしたんだろう)


あなた(なんか様子も変だし……)


歩夢「……あ、あの時言ってたこと、嘘じゃないよね?」

あなた「あのとき?」


歩夢「……」


あなた「歩夢ちゃん、いったいどうしたの? 背中向けてないでこっちを向いて?」


クルッ…ギュッ♡


あなた「わっ//」

 

歩夢「あのとき――また、シてくれるって言ったこと、だよ」ハァハァ…♡///



83: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:13:06.07 ID:Sv9o01f6.net

あなた「お、覚えてるに決まってるよ」

あなた「歩夢ちゃん……すっごく苦しそうな顔してるよ……あの、もしかして」


歩夢「…………っ」コクリ…ハッ♡ハッ♡


あなた「ひょっとして、今日元気なかったのってソレのせい……?」


歩夢「あなたが忙しそうだったから、言えなくて」


あなた「そんなになる前に、他の子に頼むとかあったでしょ?」

歩夢「…………わたしは」

 

歩夢「――あなたに、シてほしくて……」/////

 

あなた「っ///」

歩夢「だから、我慢したんだよ。わたし、がんばった、よ……」ハァハァ…///


ビンビンッ…♡クネクネ…



85: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:19:56.45 ID:Sv9o01f6.net

あなた「そう、なんだ……うれしいよ。じゃあ歩夢ちゃんのこと、たくさんきもちよくして、すっきりさせてあげないとね……」ゾクゾク…

歩夢「はや、く……おねがい、くるしいの」フルフル…


あなた「じゃあそこに座って、脚開いてね」

歩夢「ぅぅ……」


ヒラリ…ビンビンッッ♡///


あなた(ぅ、歩夢ちゃんのおっきすぎるよ……)


サワワ…


歩夢「はっ、ぁ……♡」

シコ…♡シコ…♡


歩夢「っぁぁ♡」カクカク…


あなた「歩夢ちゃん、声出しちゃだめだよ……他の人が来ちゃったら……」



86: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:20:47.99 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「だっ、て///」

歩夢「あなたにされるのが嬉しくて、私……///」

あなた「だからって、声は絶対抑えないと……」

歩夢「がんばる、よ」

あなた「……」

あなた「……あのね歩夢ちゃん、しっかり声出すの我慢できたら――ぇと、もっと気持ち良い場所で出しても、いいよ?」


歩夢「えっ、も、もっとって……?」ゴクリ…


あなた「あー……」

歩夢「!?!?」


歩夢(お口……////)

歩夢(この子のちっちゃなお口で出しても、いいの? 声、我慢できたら――)


ギュッ♡

歩夢「!?!?!?」


あなた「だからしっかり、声我慢してね……♡」



87: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:28:34.66 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「ぅぅ、いじわるやだぁ……」

あなた「はぁ、はぁ……んっ」

あなた「歩夢ちゃん、先っぽの方とろとろにしてぱんぱんにふくらませてさ……弱点ですって言ってるようなものだよ? ココ、1番気持ちいいんだから、ここだけたっくさん刺激したらすぐ気持ちよくなれるよね?」ニチャニチャ♡///


歩夢「ぁ゛っっっっ♡っっっっっ♡♡」グズグスッッ♡


あなた(かわいい……かわいい……///)


あなた(あゆむちゃんが必死にがまんしてる……もっときもちよくなりたいんだ♡私のお口の中に、挿れたいんだ……///)


歩夢「はぁ、はぁ……」トロン…


歩夢(ぁ、あなたの、お口……ここに、ここでシてもらえたら……)ビキビキ…♡


あなた「あゆむちゃん、さっきよりもおっきくなってるね……」


あなた「声もちゃんと抑えられたし……じゃあ」

ア-…

あなた「……////」

歩夢「いい、の?」///



88: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:29:11.18 ID:Sv9o01f6.net

あなた「あゆむちゃんなら、いいよ//」

スッ…

アム…♡

歩夢「んっぅ」


チロ…♡チロ…♡


歩夢「は、ぅ、きもち、ぃ♡」//ガクガク…♡

あなた「きもひ、い?」チュ♡チュゥ♡


歩夢「うん、うん……♡」ハァハァ…


あなた(これ、お口の中に全然はいらなそう……先っぽくらいしかはいらない、かも)

あなた(でも、あゆむちゃんが気持ち良くなってくれる、なら……)


アムッ…グググッ


歩夢「ぁ゛♡ぁっ――」


ガチャ

歩夢(!?!?)

あなた(誰か入ってきた……っ)

 

かすみ「――はぁもう、先輩達ったらどこ行っちゃったんですか~もう練習も始まってるのに」



89: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:30:19.01 ID:Sv9o01f6.net

愛「まあ今頃歩夢のお世話も終わる頃なんじゃないかなー?」


 
歩夢「!?」

あなた(かすみちゃんと愛ちゃん……!?)


あなた(うぅ、なにしにきたのかな……普通にトイレかな…………2人できたから鏡とか見ながら軽い休憩に来たくらいかな……)


あなた(どちらにせよ、この状態じゃ……)


歩夢「……っっ」ブンブン///

あなた「んむ……」


あなた(あゆむちゃんのさきっぽ、おっきい……先端から出てくる液体、ちょっと苦くて、なんかぽわぽわしてくる……)///

チロチロ…


歩夢「や、やめて……今はふたりがいてっ、っくわえるの、やめてっ」ボソボソ…

あなた「んっぐ、ん……♡」

あなた(あゆむちゃん、ほんとに必死になってる……////さっきより必死に声我慢して、首もぶんぶんふって……)レロチュプ…ンッッ♡

歩夢「っっぅ♡っっっ、だ、め、ぅぅ」

 

かすみ「――何か聞こえませんでした?」



91: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:43:22.31 ID:Sv9o01f6.net

愛「ん? そう?」

歩夢「っっっ」

あなた「んふっ、んっ、ぅ♡」

あなた(こうやって咥えながら先っぽ舐めてあげると、あゆむちゃん、きもちいいんだ……♡)チロチロ…♡

歩夢「ふーっふーっっっ」/////フルフルッ

 

愛「――まあいいから早く戻ろ」

かすみ「そうですね~」


バタン


あなた(あ、やっと居なくなった)


歩夢「――っっ♡」ガシッ


あなた(えっ!?)


歩夢「んっっ♡はっっはっ♡きもひ、ぃ♡きもちいい、のお/////」ズンッッ♡


あなた「ん゛゛っ♡」


あなた(いきなり、喉奥、までっっ。頭掴まれてこのままじゃっ)

 

あなた「ん゛ーっっんーっっ」



92: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:44:31.63 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「ごめんなさい♡ごめんなさいっぅ♡」////ズンッズンッッッ♡


あなた「んっ♡んんっ゛ーっぅっ゛」


あなた(だめ、だ……歩夢ちゃん完全に自我失ってっこんな乱暴に///)


歩夢「ぁ゛でちゃ♡ぁっ♡ぅっぅぅ♡♡♡♡♡」グイッッッガシッッ♡

あなた「んっ゛」


ビュクッッビュクッッッビュルルルルルルルル♡


あなた「ん……ふー、ふー……」


歩夢「ぁっ♡ぁ……」ピュッピュ…ガクカク…゙


あなた(全部、のどのおく、に)ゴク…ゴク


あなた(あゆむちゃんの、すっごく濃いにおい……あたま、おかしくなりそう)ポワポワ…


歩夢「は、ぁぁ……」トロン……

 、

あなた「んーーーっ、んーーっ」ペシペシ


歩夢「えっ――ぁっっ、ごめんねっ、私っ」ヌプ…


あなた「げほっぅげほっっ♡げほっ……ぉぇ……ぅぅぅぅぅ」



93: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 20:49:04.52 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「だ、大丈夫!? 本当にごめんね、ごめんねっ」サスサス…


あなた「はぁ、はぁ……わたしなら、平気。ちょっとびっくりしたけど」


歩夢「わたし、こんなことするつもりなくて……ごめんなさい。全部飲ませちゃったよね……」


歩夢(ごく……あなたの口元にわたしの精液溢れてて……///)


あなた「そもそも、いじわるしちゃったのは私だし……」


歩夢「うぅ、どうしてあんないじわるしたの?」


あなた「…………わかんないけど、歩夢ちゃんが可愛くて……」


歩夢「ええっ/////」


歩夢「そ、そうなんだ……ぇと、よくわからないけど嬉しい……かな?」


あなた「あんなにたくさん出したんだもん、すっきりした?」


歩夢「うん……ごめんね」



97: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:31:00.88 ID:Sv9o01f6.net

あなた「もう、謝らないで? 歩夢ちゃんが私にシて欲しかったって言ってくれたのが本当に嬉しかったんだ」

歩夢「そ、そうなの?」


あなた「うん……だからまた頼って欲しいな、私にはそれくらいしかできないし……」


歩夢「そんなことないよ……あなたはそばにいてくれるだけで……」ボソボソ…


あなた「?」


歩夢「な、なんでもない。拭いてあげる」フキフキ…


歩夢「みんなも待ってると思うし、練習戻ろっか?」

あなた「うんっ」



98: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:31:51.03 ID:Sv9o01f6.net

◇――――◇

数日後

歩夢「お邪魔します」

あなた「は~、たまには練習午前中終わりにするといいね」

歩夢「ふふ、そうだね。朝から動いて午後はゆっくりできるもん」

あなた「今日はゆっくりしようね」

歩夢「うん」

あなた「お母さんも出掛けるって言ってたら夜まで帰って来ないし、気も使わなくていいからね」

歩夢「もう……あなたのお母さんにも良くしてもらってるんだし変な気なんて使わないよ」


ガチャ

あなた「どうぞー」

歩夢「失礼します」

あなた「はー……練習で汗だくだよー、シャワー浴びてくるね?」



99: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:32:20.48 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「うん、いってらっしゃい」

あなた「歩夢ちゃんも次浴びるよね?」

歩夢「どうせ隣だし帰ってもいいんだけど……今日はお言葉に甘えようかな?」


あなた「じゃあ行ってくるね」

バタン…


歩夢「あれ……この前は気がつかなかったけど、ポスターとかスクールアイドルのグッズ増えてるなあ」

歩夢「ふふ、本当に夢中なんだね」

 

歩夢「…………いま、この家には私とあの子の2人だけなんだよね」

歩夢「……」ゴクッ…

歩夢「……ち、ちがうちがうっ。私ったら本当に何を考えて……今日はソウイウことしてもらいに来たんじゃないんだからっ」


歩夢「昔みたいに、ゆっくりして……」



100: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:32:47.53 ID:Sv9o01f6.net

―――


あなた「お待たせー」

歩夢「……」ドキ…///

あなた「?」

歩夢「私も、し、シャワー浴びてくるねっ」スタスタ

あなた「うん……どうぞ?」

バタンッ


歩夢「はぁ、もう」

歩夢「私の前で無防備で居てくれることなんて、当たり前のはずなのに……」


歩夢「あんな、あんな下着姿も同然の格好で出てくるなんて……」


歩夢「……わたし、このままじゃもっと酷いコトしちゃいそう、だよ……」モンモン…



101: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:38:10.57 ID:Sv9o01f6.net

――

あなた「すぅ……すぅ……んん……」

歩夢「疲れてたのかな……眠っちゃった」

ナデナデ…

歩夢「いつもみんなを支えてくれて、みんなのことばかり考えてくれて……いくらあなたでも疲れちゃうよね」

歩夢「それに、最近は私の身体のことも気にかけてくれてるし……」

歩夢「だから、だから――もうこれ以上負担かけるわけにはいかないのに」ハァハァ…

歩夢「きれーな、かお……」ムラムラ…///

歩夢「こんなに華奢で、私が押さえつけたら抵抗なんて出来なくなる、よね……」


ハァハァ…


歩夢「うぅ、他の子に処理してもらっておけばよかった……///」


歩夢「綺麗な、唇……」

スゥ…



102: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:38:45.61 ID:Sv9o01f6.net

あなた「ん、んん……おはよう」

歩夢「っ!? お、おはよ……」

あなた「な、なんでこんな顔、近くに……?」アハハ…

歩夢「ご、ごめんねっ、ついっ」バッッ

ムクッ…

あなた「歩夢ちゃん?」

歩夢「……わたし」


ギュッ

 

あなた「…………いいよ、する?」


歩夢「!?!?」

あなた「えっと、また苦しくなっちゃったんだよね?」

歩夢「でも、あなたは疲れてるし……」


あなた「少し眠ったし大丈夫だよ、それに――今はこの家にふたりきりだし」

 

プツン…

歩夢「っっ!!」ガバッッ



103: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:39:31.71 ID:Sv9o01f6.net

あなた「きゃっ///」

歩夢「はーっ、はーっっ」

歩夢「あなた、さっ……そういうこと言っちゃダメなんだよ。そうやって勘違いさせちゃ、だめなんだよ」グググッ


あなた「あ、あゆむちゃ……」


歩夢「ふふ……ねえ、覚えてる? あなたは昔から小柄で力が弱かったよね。ペッドボトルとかジャムの蓋を開けられないって言って、毎回私に頼んでくれた」


あなた「ぅ、ぅ」


歩夢「はぁ♡はぁ♡頼られてるなって嬉しかったんだよ。ねえ、分かる? 私にこうされたらあなたは抵抗出来ないの、あなたがそうやって勘違いさせるようなことを、言うからっ」


歩夢「あなたが悪いのっ、あなたが悪いの……っっ」

 

あなた「あやむちゃ、ん……いた、いよ……やめ、て」グスッ…

歩夢「……っっっ」

歩夢「ぁ、またわたし……わた、し……」

あなた「……」



104: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:40:07.94 ID:Sv9o01f6.net

あなた「歩夢ちゃん、私……逃げないから」

あなた「歩夢ちゃんとなら、私は大丈夫。歩夢ちゃん以外にあんなこと言わないよ」


歩夢「っ」キュゥゥン////

あなた「だから、ね……? でも乱暴なのはいや、かな」

歩夢「ごめんなさい……」

あなた「ううん、歩夢ちゃんが苦しんでるのわかってるから」

歩夢「はっ……はっ……ほ、本当にいいの?」//

あなた「うん」


サワワ…


あなた「ぁ……///」

歩夢「はぁ、はぁ……かわ、ぃ」

あなた(ぅぁ、歩夢ちゃんの息が熱くて……首筋がむずむずする……)クネクネ…


スルル…


歩夢「はぁ、きれい……」

あなた「うぅ、下着なんていつも見てるでしょ」


歩夢「じゃあ――もっと見せて」スル


あなた「ぁ///」プル…♡



105: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:40:46.81 ID:Sv9o01f6.net

あなた「ぅぅぅ」

歩夢「すっごくきれいだよ……」//

あなた「あんまり、おっきくないから///」

フニフニ…♡

あなた「ぁ♡やっ♡」ビクッッ♡

歩夢「びんかん、なんだね……かわいい……」クニ…♡クニ♡


あなた「っっ♡っうぁ♡」///

歩夢「んっ♡ふーっふーっ」ビキビキ…///ヘコヘコ♡

あなた「あゆむちゃんの、当たって……すごくかた、い」///

歩夢「だって、あなたが可愛くて……あなたとこんな風に出来るのが嬉しくて……」


歩夢「あ、あなたのココも……すごい、よ?」ス-ッ…クチッ♡


あなた「!?!?////」


あなた「だって歩夢ちゃん、が……」


歩夢「私が……あなたの気持ちいいところ、触ったから?」


あなた「……///」コク…///


歩夢「……」ゾワゾワ…♡



106: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:41:48.35 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「あなたも、こんなふうに興奮しちゃったりするんだね……」ハァハァ…♡

クチックチッ♡

あなた「っっぅ」ビクッビクッ…


歩夢「ねえ、あなた……腰動いちゃってるよ♡そんなにココ、きもちいい?」


あなた「や、め……びんかん、なの……だめっっ」


歩夢「……ふふ♡」グチャァ…///


あなた「ぅぁ」////


あなた(歩夢ちゃんの指で糸引いてるの、わたし、の……やだ、やだやだ恥ずかしいよ///)


歩夢「ねえ、あなたってここのナカに自分で指入れたりするのかな?」


あなた「し、したこと、ない」


歩夢「1人でするときは外だけ?」


あなた「えっと………ぅん」


歩夢「そう、なんだ」ゾワワワワ…///ビキビキ…♡

歩夢(ひとりでも、するんだ///)



107: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:42:46.29 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「じゃあ私が全部、はじめてなんだね……痛くしないよう、がんばるからっ」

ヌプッ…

あなた「ぅっ……」

歩夢「あったかくて、とろとろ……きゅぅぅって指にくいついて、きて……」


あなた「歩夢ちゃんっ、言わないでよぉ////」ハ-ッハ-ッ///


歩夢「でも、恥ずかしいこと言われる方が好きなんじゃないの?」


歩夢「私が何か言うたび、きゅっきゅってなってるもん……///」


あなた「そんな、ことっ――ぁっっ」


歩夢「ここ? ここ好きなの?」グチッグチットントン…♡


あなた「ゃぁ♡わかん、なっ……だめぇっ///」


歩夢「お母さんもいないんだもんね? こえ、聞かせて」

あなた「んーーっ♡っっぁ♡」ギュッ


あなた「あゆむちゃん♡……あゆむちゃ、ん……」

歩夢「はぁ、はぁ……も、わたしもがまんできないよ」ナデナデ…


あなた「……」ポ-…♡



108: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:43:51.86 ID:Sv9o01f6.net

歩夢「ほんとに挿れても、いいの?」

あなた「……」コクッ…

あなた「歩夢ちゃん、だけだよ」///

あなた「歩夢ちゃんは、今まで色んな子に色んなことされてたと思うけど……ここまでは初めて、だよね?」

歩夢「うん……///」

あなた(あゆむちゃんの初めて……歩夢ちゃんの初めて……////)ドロ…♡

歩夢「あなたも、だよね? わたし、うれしい……」ギュッ…

歩夢「痛かったら言ってね……絶対苦しい思いだけはさせないから」 

ピト…ヌプ…ヌププ……♡♡

あなた「ぁ゛……ぅっ」

メリメリ…

あなた(歩夢ちゃんの、おっ、きぃ……おなかのなか、いっぱいになって////)


歩夢「ぁ……ぁ……きもひ、ぃ……はぁはぁ」ガクガク…


歩夢「ぜんぶ、入ったよ……いたい、よね?」



109: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:44:28.80 ID:Sv9o01f6.net

あなた「ちょっと、だけ……ハァハァ……」

歩夢「……」ユラユラ…

あなた「ぁっ゛ちょっと、まってうごかないでっ」

歩夢「うぇ……動いたつもり、なくて」

歩夢(勝手に腰……うごいちゃう……あなたのナカが、誘われるみたいに蠢くから……///)


あなた「はぁ、はぁ」ギュッ♡

歩夢「……ぁ♡」///

あなた「も、大丈夫そう……ちょっと慣れてきたからうごいても、いいよ?」


あなた「あゆむちゃんのきもちいいように動いて、いいから……♡」

歩夢「そんなこと、言われたら……」キュンッ…♡


ヌプッッヌプッッ♡♡


歩夢「ぁ゛ぁっ♡♡♡」

あなた「っっ♡ふっぁ♡♡」

歩夢「これ、きもちいい、の♡こし、とまらなくて♡♡♡」パンパンッッ♡♡////



110: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:45:19.39 ID:Sv9o01f6.net

あなた「あゆむちゃんっ♡あゆむちゃん♡っ♡♡」

あなた「はーっっ♡はーっ♡」

あなた「なんか、ふわふわしてきた、の……へんなかんじ」

歩夢「わたし、も……わかんないけど……頭がぼーっとするの……」

ヌプヌプ…♡

歩夢「あなたの1番深いところ、すっごくきもちいいよ……♡」

あなた「っっ///」

歩夢「ほらまた、きゅぅって♡♡」

あなた「や、だぁ////」

歩夢「も、う腰とまんなくなっちゃう、よ」


グチッッグチッッ♡♡


あなた「ぁ゛ぁっ゛゛」


歩夢「ふっっぅ♡ごめんね、ごめんねっっ♡♡きもちよくて、も、とまんないのぉっ////」


あなた「あゆむちゃ、あゆむちゃんっっ」


歩夢「はぁ、はぁ……」



111: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:46:03.69 ID:Sv9o01f6.net

あなた「あやまるの、やだ」

歩夢「え……?」

あなた「謝らない、で? 歩夢ちゃんは悪いことしてるんじゃ、ないんだから」

歩夢「……じゃあ」

歩夢「……私と一緒に居てくれて、ありがとう……」

あなた「うんっっ」

歩夢「はぁっ♡はぁっ♡」ヌプッヌプッッ

歩夢「でちゃい、そ……もうでちゃうよぉ///」

歩夢(まだ終わりたくない、のに……)

あなた「いい、よ全部だして……わたしで、たくさん、きもちよくなってっ♡」ギュッ…


歩夢「はっ……はっ♡――……ちゅ♡」


あなた「!?!?」

歩夢「ちゅ……れろ……んんっっ♡」


あなた(こ、れ……き、きす!?///)


あなた(わたし、あゆむちゃんとキスしてるの!?)


チュプチュプ…♡パンパンッッ♡



112: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:47:29.89 ID:Sv9o01f6.net

あなた(うえもしたも、きもちいい……しあわせ)

歩夢「っっっぁ♡ちゅぷ、ん、んん――ふっっっ♡♡んんんっっ♡♡♡」ズンッッビュクッッビュクッッビュルルルルルルルルルルッッッッ♡♡♡


あなた「ふーっ♡はっ、ぁ………♡♡♡」

あなた(あゆむちゃんの、1番奥で跳ねて……////)

歩夢「んっ♡……ぷは、ぅ♡」

歩夢(とけ、ちゃいそ……♡////)


あなた「あゆむ、ちゃん……」ポワポワ…

あなた「きもちよかった、ね……えへへ」トロ…♡


歩夢「っ……♡」ビキビキ…


ヌプ…♡ヌプ…♡


あなた「うぇえ!? ちょ、あゆむちゃ――ぁっ゛♡」


歩夢「んんっ♡んんっぅ♡すき♡♡すきっ♡すきっっ♡♡」パンパンッッッ♡♡

あなた「あっ゛ぁぁっ゛゛♡////」

 

あなた(それから、歩夢ちゃんは狂ったみたいに私を求めてきて)


あなた(でも、とっても幸せだなって素直にそう思えたの)



113: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:48:10.26 ID:Sv9o01f6.net

◇――――◇

歩夢「うぅ、なんだか暴走しちゃって……」


あなた「もう……びっくりしちゃったよ」


あなた「夕方になるまでずっとされるなんて……」

歩夢「ほ、本当になんていうのかな……何も考えられなくなって……」


歩夢「でもね、幸せだなって気持ちだけはずっと感じてて……」


あなた「わたしも……」

歩夢「ふふ、私たち同じだね」


あなた「そうだねっ」


歩夢「ふふ、これからもよろしくお願いします」



116: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:51:25.38 ID:Sv9o01f6.net

◇――――◇

1ヶ月後

 

愛「ちっすー! 歩夢、そろそろ苦しくなる頃なんじゃないの? 最近あんまり協力出来てないけど、平気?」

せつ菜「そういえば……前はみんなで持ち回りでしていた気がしますが……あっ、もしかして治ったんですか?」

歩夢「治ったってわけじゃないんだけど……」

しずく「それならまた私にも協力させてください」

歩夢「うん、そうだね――」


あなた「――歩夢ちゃーん、ちょっといい?」

歩夢「……うん、すぐ行くね」

――

グイッグイッ

歩夢「……」

あなた「……」スタスタ

バタンッ

歩夢「ふふ、こんなところに連れてきてどうしたの?」

あなた「……だって」

歩夢「うん?」

あなた「他の子に、シてもらおうとしてたから……」


あなた「だ、だったら私で――」


歩夢「もう……♡だったら素直に言ってほしいなあ?」クスクス

ギュッ…

あなた「ぁ……」//


歩夢「私にここで犯されたいですって、ね?」ササヤキ…♡


あなた「っっ」////

あなた「ハッ……ハッ//」

 

あなた「わ、わたし……歩夢ちゃんに――」



117: 名無しで叶える物語 2020/02/17(月) 22:51:54.40 ID:Sv9o01f6.net

おわり。

読んでくれた人ありがとうございました!


元スレ
あなた「歩夢ちゃんが私以外の子皆とえっちなことをしてた」