1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:37:18.27 ID:ZS4LFoJP0

愛『わったっしっ!愛っ!』

舞『舞っ!』

『『Mine!』』

愛『振り切って♪ハーイペース~♪』

舞『た~ま~の~失敗は~?』

愛『スパイッスかっもっね~♪』


ピンポーン

ガチャッ

貴音「ケホッケホッ……はい、どなた様でしょうか」

P「俺だよ、オレオレ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:38:27.19 ID:ZS4LFoJP0

コポコポコポ…

P「ほら、お茶だ」コトッ

貴音「ありがとうございます……」

P「で、どうだ?体調の方は」

貴音「薬で大分楽にはなりましたが……まだあまり、良くは……」

P「そうか……色々と精のつくもの、買ってきたからな。早く元気になってくれよ」



愛『今日のゲストをご紹介します!……秋月涼さんでーす!』

涼『どうも~』パチパチパチパチ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:40:20.74 ID:ZS4LFoJP0

貴音「………」ズズッ

貴音「はぁ……美味です。あなた様の入れたお茶は、身体が温まりますね」

P「……なぁ、貴音」

貴音「?」

P「収録、やっぱり出たかったか?」

貴音「……未練がないと言えば、嘘になりますね」


グゥゥゥ


貴音「あっ……」

P「ハハハ……あぁ、そうか。もうこんな時間か。ちょっと待っててくれ、何か作るよ」

貴音「そ、そこまでしていただかなくとも……」

P「病人は大人しく寝てる!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:43:01.32 ID:ZS4LFoJP0

~スタジオ~

愛「という訳で今回はですね、この番組始まって以来の大イベントを!行おうと思ってますっ!」

涼「フードファイト、だよね?私も楽しみにしてたんだ~」

愛「はい!その記念すべき第一回目のチャレンジャーは、あの超有名アイドルさんなんですよ!」

涼「えっ?も、もしかして、そのアイドルさんがフードファイトを……?」

愛「……涼さんは、今きっとこう思ってますね?『アイドルにフードファイトやらせるとかマジキチだろ』って」

涼「あ、愛ちゃん、それ放送禁止用語!一応生放送なんだから……」

愛「そのご心配は無用です!……なぜなら!」ドンッ



愛「本日のメインメニューは!ママ特製のスペッシャルなラーメンだからですっ!!」

涼「……愛ちゃん?それ、答えになってないよ?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:44:15.16 ID:ZS4LFoJP0

愛『それでは、ご登場していただきましょう!』

愛『四条、貴音さんです!!』パチパチパチパチ





貴音「……あなた様」

P「んー?」ザクザク

貴音「わたくしが、番組に出ているようです」

P「そうかぁ」グツグツ

貴音「あの……生放送、なのですが……」

P「……そういう事もあるだろ」コトコト



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:46:16.75 ID:ZS4LFoJP0

愛「早速、チャレンジャーとしての意気込みを聞いて回りたいと思います!」

涼「う、うん……」

愛「四条貴音さん!今日はどんな気持ちでママのラーメンに臨まれますかっ!?」

貴音「へへっ!ボ……じゃなかった、ワタクシはやっぱり、目指せ完食ゥ!」グッ

愛「果たして無事に完食できるのでしょうか!?今回の勝負、非常に気になりますねぇー!」

涼「そ、そうだね……」

愛「では、二番目の四条貴音さんにも意気込みを聞いてみたいと思います!」

二番目の貴音「わ、私……四条さんの為にも、頑張りますぅ!」

愛「四条さんが四条さんの為に頑張るそうです!自分の為に頑張れるって、良い事ですねぇー!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:48:42.56 ID:ZS4LFoJP0

愛『三番目の貴音さん、今のお気持ちは!?』

三番目の貴音『ミ……タカネはね、やっぱり味の方が気になっちゃう、かな?』

愛『そうですよね!やっぱりママの料理は、おいしくなくっちゃ!』テヘペロ



貴音「……あなた様」

P「あつつっ!……ど、どうした?」コトコト

貴音「わたくしが、三人もテレビに出ております」

P「そうかそうか……よし、次は、と……」グツグツ

貴音「心無しか皆、底の厚い履き物を履いているような……」

P「貴音は身長が高いからなぁ」カチャカチャ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:51:29.14 ID:ZS4LFoJP0

絵理『愛ちゃん、愛ちゃん』

愛「はい、キッチンレポーターの絵理さん!」

絵理『……舞さん、料理の方、できたみたい?』

舞『ちょっと作り過ぎちゃったかも♪こんな感じで良いのかしら?』

絵理『スタジオに運ぶから、ちょっと待っててね』

愛「はーい、待ってまーす!」



ゴ   ト   ン

舞「さぁ、お待た~せ~。新しいおいしさを、プレゼンツ!」

涼「こ、これは……」

舞「ラーメン特盛り順二朗オオブタトリプルヤサイマシマシマシ……え、全マシ?」

舞「あと、ニンニク……アブラ、えぇっと……何たらよ、何たら。うん」

貴音ABC「「「……………」」」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:54:21.53 ID:ZS4LFoJP0

愛『遂にラーメンがスタジオに到着!大皿に載った豚肉と野菜が、天を衝く勢いです!』

舞『残さず、食べてね♪』





貴音「あぁ……」ジュルリ

P「こっちも出来たぞー、あつつつつ」ゴトッ

貴音「……これは?」

P「卵雑炊だ。醤油でサラッと味付けした」



貴音「………」シュン

P「……ラーメンは流石に勘弁してくれ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 22:57:52.46 ID:ZS4LFoJP0

貴音A「あ、あの……これ、何キロあるんですか?」

舞「んー?大分材料使ったから……そうねぇ、7.65キロぐらいあるんじゃない?」

貴音B「な、7.65キロ……!?」

貴音C「いただきますなの!」パン

涼「あっ」

愛「まずは三番目の貴音さんが行ったぁー!」

貴音C「………」モグモグ

愛「どうですか、お味の方は……!?」





貴音C「おいしいの!」テーレッテレー



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:00:38.16 ID:ZS4LFoJP0

貴音C「このお野菜、火も通ってるし……」モグモグ

貴音C「とても柔らかいんだけど、ちゃんと歯ごたえあるよ」

愛「ママ特製ですからね!そこは抜かりありません!」

貴音C「お肉もね、お口の中でフワッて溶けちゃったの」

貴音C「あ、麺の方はね……」ハフハフ

貴音C「スープがしっかり染み込んでて、お口の中でハーモニーを奏でてるの!」チュルチュル

舞「ウチの秘伝のたれ、ちょ~っと入れてみたのよね~」

涼「ホントにおいしそうに食べてるなぁ……」ゴクリ

愛「そうですね!でも、涼さんはゲストですから。今日は食べられません!」

涼「(……じゃあ何で僕呼ばれたんだろう……)」



貴音C「あふぅ……ごちそうさまでした!あとはよろしく~」カチャ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:03:04.36 ID:ZS4LFoJP0

愛「あれ?……も、もうですか!?」

舞「……んん?」

貴音C「え?……だって、ミキって人が出てる番組だと、こんな感じでオッケー出るよ?」

貴音A「番組違うから!趣旨が全然違うからね!」

貴音B「そ、それにしたって、もう少しくらい食べたって……」

貴音C「お昼に真君とパフェ、食べに行ったから。もうお腹いっぱいなの」ゲプー



貴音B「……へぇ」

貴音A「あ、あははは……つ、次は、ワタクシの番、ですね!」カチャッ

貴音B「………」

貴音A「だ、大丈夫だって!絶対ラーメンなんかに、負けたりしないから!」ハフハフ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:05:44.63 ID:ZS4LFoJP0

貴音A『……ごめん、雪歩……ラーメンには勝てなかったよ……』ゲフー

貴音B『今日は間食ダメって、あれほど言ったのに!もう!』





貴音「……つっ!」

P「ほら。他所見して食べるからだ」

貴音「……わたくしには少し、熱過ぎるようです」

P「そうか。じゃあ少し冷ましてやるよ」フーフー



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:08:45.23 ID:ZS4LFoJP0

カチャン

貴音B「うっぷ……」

愛「あぁっと!ど、どうしました!?」

舞「……手が、止まってるわよ?」ニコッ

貴音B「(食べても食べても、野菜が消えない……麺が全然、見えてこない……)」

貴音B「(も、もう無理……小食でちんちくりんな私には、限界ですぅ……!)」



涼「しかし、ものすごい量だなぁ……」

愛「涼さんがモノスゴイ涼って言っても、面白くもなんともないです!」

涼「えっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:10:46.97 ID:ZS4LFoJP0

舞「はぁ……四条貴音の実力って、この程度だったの?」

貴音B「(……ごめんなさい、四条さん……わ、私は……もう……)」

舞「……この順ちゃんラーメンを完食できる四条貴音は、もういないのかしら?」



「ちょーっと待ったぁー!!」



愛「!?」

涼「あ、あの人達は……!」

貴音D「んっふっふ~……四条貴音、なら!」

貴音E「ここにも、いるさー!」

貴音F「……まぁ、何でもいいですけれど」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:12:49.29 ID:ZS4LFoJP0

愛『突如現れた三人の四条貴音さん!これはまだまだ終わりそうにありませんねぇー!』

愛『あっ、絵理さん!……CMですか?はい!それでは、CM入りまーす!』





貴音「あなた様、これは一体どういう……」

P「ほれ、あーん」ヒョイ

貴音「あむっ」



貴音「………」ムグムグ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:14:51.54 ID:ZS4LFoJP0

P「どうだ?」

貴音「……美味です」

P「ハハハ……風邪引いた時にゃ、これが一番ウマいってね」

貴音「……そうかも、しれませんね」



貴音「あなた様」

P「ん?」

貴音「真美のかつらが、少しズレておりました」

P「そ、そうか」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:17:03.81 ID:ZS4LFoJP0

貴音F「……はい。これでもう大丈夫」

貴音D「ありがと、ちは……じゃなかった、お姫ちん!」

愛「はい!という事で現在、怒涛の展開が続いております!」

愛「何と言うことでしょうか!ママ特製のラーメンに、四条貴音さんが猛反撃です!!」

貴音E「ふっふーん、こんなの朝飯前さー!貴音、完璧だからなー!」パクパク

愛「口に運んだ肉が!野菜が!麺が!消えていきます!物凄い速さですっ!!」

涼「って言うか、ホントに消えてない?」

舞「………」

貴音D「その調子だー!いけいけお姫ちーん!」

貴音F「(真美?さっきから連呼してるけど、お姫ちん、じゃなくて……)」ヒソヒソ

貴音D「あっ……そ、そっか。じゃあ……いっけぇー!わたくしー!!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:20:24.01 ID:ZS4LFoJP0

貴音E「………」ヒョイヒョイ

貴音E「(……さぁブタ太、次のもやしを……)」

ブタ太「ブヒィー」

貴音E「(え、もうお腹いっぱい?……そ、そっか、それなら仕方ないなー)」

貴音E「(それじゃ、今度はいぬ美に交代……)」

舞「ふぅん……まさに豚のエサってわけね」

貴音E「あははは、面白いこと言うな~……え?」





貴音E「……あっ」

舞「CM入りまーす♪」キャピッ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:23:44.22 ID:ZS4LFoJP0

舞『みんなー、遠慮せずにじゃんじゃん食べてね♪たっぷりあるから』ニコッ

貴音DF『『は、はい』』

涼『………』

愛『え、えー……四条貴音さんの皆さん、張りきって食べちゃってください!』





貴音「あなた様。響の座っていた席に、ぬいぐるみが……」

P「ほい」ヒョイ

貴音「あむっ」



貴音「………」ムグムグ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:26:19.29 ID:ZS4LFoJP0

貴音D「(ひびきん、別室行きだって……)」ヒソヒソ

貴音F「(でも幾分かは、我那覇さんが個人的なノルマとして持って行ってくれたわ)」ヒソヒソ

貴音D「(そ、そだね。ひびきんには感謝しないと)」ヒソヒソ





~別室~

絵理「……今週の響チャレンジは、こちら」●REC

響「グスッ……こ、こんなに自分、食べられないよ……」モグモグ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:29:21.98 ID:ZS4LFoJP0

貴音D「そんじゃまぁ、お腹くくって本気出すとしますかね~」コキコキ

愛「ほ、本気を?……ま、まさか……!」



貴音G「ククク……今までのお姫ちんは、お姫ちんの中でも最弱……!」



愛「!……四条貴音さんが、もう一人!?」

涼「(そこ、今更驚く事なの?)」

貴音D「やっぱりさ、シングルスじゃダメダメだよね~」

貴音G「うんうん」

舞「まさか、あなた達……」



貴音DG「「……なら、ダブルスで行くよ」」 ド ン



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:32:23.73 ID:ZS4LFoJP0

涼「何……だと……!?」

貴音G「お姫ちん+お姫ちん、二人揃えばいつもの二倍の消費スピードが加わるのだ!」ズルズル

愛「す、すごい早さでラーメンを……!」

貴音D「さらに二人が協力して食べる事により、その早さは二倍!四倍に!!」バクバク

涼「つまり……どういうこと?」

舞「まさかここまでとはね。大した子達だわ……」

貴音D「そしてそして!その上でもう一人のお姫ちんが加わればっ!」ジュルジュルジュル

愛「ま、まさか!?」

貴音G「ヤキニクマン!お前を上回る、8倍の加速だぁーっ!!」モグモグモグ



貴音F「(優……見ていてね。お姉ちゃん、頑張るから)」グッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:35:13.06 ID:ZS4LFoJP0

カチャン

貴音D「ぶぇぇぇ……あ、脂っこすぎ……」ガクッ

貴音G「も、もぉ……食べれないよぉ」バタッ

貴音F「……やっぱり無理よ……私に、こんなマネ……うっぷ」



涼「あんなに急いで食べるから……」

舞「ちょっとおバカだけど、その姿勢……嫌いじゃないわ」

愛「ラーメンは未だ山盛り太郎さんです!どうやってこれを崩していくと言うのでしょうか!?」



「へぇ……まだ私達が食べる分、残ってるみたいじゃない」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:38:23.56 ID:ZS4LFoJP0

愛「!?」

貴音H「ほ、ホントに……ホントに、アレをお腹いっぱい食べていいんですか!?」

貴音I「えぇ、今日だけはいくらでも食べていいわ」

貴音J「(……どこにいったのかしら、あずささん……)」

愛「し、四条貴音さんです!四条貴音さんが、まだ三人も!!」





涼「あの……貴音さん、ちょっと多過ぎやしませんか?」

愛「スゴイですよねー、四条貴音さんがこんなにいたなんて。あたしもビックリです!」

涼「えっ?……あ、あぁ、うん」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:41:25.39 ID:ZS4LFoJP0

貴音H「そ、それじゃ……いただきます!」パカッ

愛「四条貴音さんが、何かのフタを開けつつラーメンに手を付け……あれは、タッパー!?」

舞「まぎれもなくタッパーね。私もよく使ってるタイプ」

涼「ど、どうしてタッパーなんか取り出して……」

愛「まさか、お持ち帰りを!?……いえ、あ、あれは……!」



貴音H「ハムッハフハフッ!ハフッ!」パクパク

愛「も、もやしです!あのタッパーの中身は、もやしですっ!!」

涼「もやしに自家製のもやしをトッピングして食べてる……」

貴音H「ふぅぅ……こんなにおいしいラーメン、食べたことないですー!」パクパク



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:44:35.81 ID:ZS4LFoJP0

愛「あ、あの!お食事中、申し訳ありません!」

貴音H「何ですかー?」パクパク

愛「何で、もやしを一緒に……?」

貴音H「もやしは何にでも合うんです!最高の食材ですよー!」パクパク

貴音I「(その調子よ、やよい!このまま一気に片付け……)」



キュルキュルキュルキュル……



貴音H「………」プルプル

愛「な、何でしょう、今の音は……!?」

貴音H「……す、すみませんー……あ、ぁ……あの!お、おトイ」

舞「はーい、CMー」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:46:40.50 ID:ZS4LFoJP0

P「食欲はあるんだな。ペロッと平らげちまうとは」ジャブジャブ

貴音「……なにゆえ、皆がわたくしの身代わりを?」

P「……俺は反対したんだがな。言っても聞かなかったんだよ、あいつら」キュッキュッ

貴音「………」

P「だが、不本意とは言えドタキャンはドタキャンだ。今や超有名番組の、しかもナマでそれはマズい」

P「んで、こっちで色々考えた末に屁理屈こねてみたら、条件付きだが向こうも了承してくれてな」

貴音「屁理屈?」

P「『“四条貴音”であれば、誰を出演させても構いませんよね?』」

貴音「それで、あのような変装を……」

P「『愛が気付かなければ別に構わない』って、舞さんは笑ってOK出してくれたよ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:50:02.64 ID:ZS4LFoJP0

貴音I「うぐっ……」ピタッ

舞「あら?箸が止まってるようね?」

貴音I「な、なんでこんなに量があるのよ……話が違うじゃない」

舞「だって、貴音ちゃんが来るって言うから~♪私ぃ、張りきり過ぎちゃってぇ♪」テヘペロ

貴音I「(こ、こいつ……!)」プルプル





舞「(私は愛と楽しくちちくりあえれば、別に何だって構わないわ)」

舞「(でも折角ナマなんだし、それじゃあ面白くないじゃない?)」

舞「(だからこれは、私が用意したあなた達への挑戦であり、ただの余興)」

舞「(あなた達が身を挺して守るその覚悟の程、戯れに確かめちゃおっかなーって)」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:53:03.20 ID:ZS4LFoJP0

貴音I「脂ばっかりで……き、気分が……」ウップ

愛「貴音さんが良く食べるラーメンを徹底研究して作ったら、そうなったみたいです!」

貴音I「(どうやったらこんな量を処理できるのよ、あいつ……)」



貴音K「……ストップ。もうそこまでにしておきなさい」

貴音I「は?な、何勝手な事言ってんのよ?私はまだ……」

貴音K「来週に撮影、控えてるでしょう?これ以上は仕事に障るわ」

貴音I「ぐっ……」

貴音K「後は、私に任せて」

愛「メガネをかけた貴音さんが、遂に動きました……!」

涼「……メガネ、かけてたっけ?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:56:08.22 ID:ZS4LFoJP0

貴音K「野菜よりも、スープが染み込んで重くなる麺を先に……」ズルズル

貴音K「チャーシューは先に食べ、後に残さない……」ムシャムシャ

涼「……この食べ方は……」

愛「完全に手慣れてますね!」

舞「確実なペースで、しかも早い……出来るわ、この子」

貴音K「(変装とは言え、周りを気にせずこんなに食べられるって……ちょっぴり、幸せね)」ハフハフ



涼「………」

愛「どうしたんですか、涼さん?」

涼「……間違いない。律子姉ちゃんと同じ食べ方だ」

貴音K「」ピタッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 23:59:19.79 ID:ZS4LFoJP0

愛「律子さんとですか!?」

涼「うん。他人の空似なんでしょうけど、ちょっと昔を思い出しちゃって……あはは」

貴音K「………」ズルズル

舞「どんなお姉さんだったの?」

涼「昔からですけど、意外と食べる方なんですよ」

涼「よく自分は寸胴だからー、なんて遠慮して言ってるけど、それってあながち間違ってないんです」

涼「だってまだ律子姉ちゃんが中学のこr」


ガタン


貴音K「カメラ止めてください」

愛「え?あっ、ちょっと」

貴音K「早く止めて」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:02:37.92 ID:v0T36PxS0

愛「え、えぇっと……」

愛「涼さんは体調不良で、スタジオを一旦離れるそうです!」

愛「代わりに、腰を凹ませるとぎゃおんと唸る、可愛い涼さん人形を置いておきました!」

舞「テレビの前の皆は、これでガマンしてね♪」



貴音K「も、もうお腹いっぱいだわー、これ以上食べられなーい」カチャン

舞「あら、ホントに?」

貴音K「…」



貴音K「……た、食べられません」グスッ

舞「(周りが気になり過ぎて、かしら……悪い事しちゃったわね)」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:05:53.13 ID:v0T36PxS0

~別室~

涼「あの人が律子姉ちゃんだなんて知らなかったんだよ……」ガタガタ

絵理「……あれ、涼さん?」

涼「あ、絵理ちゃん」

絵理「どうしてここに?」

涼「わ、私もスタジオから追い出されちゃった……あはは」





響「グスッ……エグッ……も、もう、ズルしないからぁ……許して……」

絵理「ダメ。愛ちゃんのお母さんから、残すなって言われてる」

涼「………」グゥ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:08:53.43 ID:v0T36PxS0

響「うぅぅ……」モグモグ

涼「……ねぇ、絵理ちゃん」

絵理「何?」

涼「それだったら、私も食べていいかな」

響「えっ!?」

涼「残すなって言われてるだけなんでしょ?」

絵理「……うん」

涼「じゃ、私も参戦で」

響「うぅ……ぁ、ぁ……りょ、涼~!」ブワッ


ガチャッ


貴音L「こんばんは~、四条貴音です~。フードをファイトしに……あら?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:11:57.68 ID:v0T36PxS0

P「ふぅ、やっと食器が片付いた……ん?」

貴音「………」ゴソゴソ





貴音「……あなた様、退いて下さい」

P「他所行きの服に着替えて、どこに行くつもりだ?」

貴音「行かねば、ならないのです。これ以上、彼女達に迷惑は……」

P「ダメだ」

貴音「っ……何故です!」

P「俺はあいつらを信頼しているからな。お前は、信じてないのか?」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:14:29.37 ID:v0T36PxS0

貴音「しかし……!」

P「しかしもだってもない」

貴音「……致し方ありません」

P「そうだ、今日は大人しく寝て……」

貴音「かくなる上は……!」ビュッ

P「!」グイッ


ビターン


P「ぐぇっ……!」

貴音「ケホッ……あなた様、申し訳ありません……」ダッ

P「ば、バカッ!行くんじゃない、貴音!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:17:39.25 ID:v0T36PxS0

舞「……それで?四条貴音は、これで打ち止め?」

貴音K「い、いえ。あずささんはともかく、まだあの子がいるはず……」



「す、すいませーん!遅れちゃいましたー!!」ドタドタ



愛「!……もしかしてあなたも、四条貴音さんですか!?」

貴音M「いぇい!四条貴音、ただ今到ちゃk……わ、わゎっ」グラッ

愛「あっ」



ドンガラガッシャーン



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:19:50.48 ID:v0T36PxS0

春香「いたたたた……も、もぉ~、厚底ブーツのバカぁ……」

愛「は、春香さん!?」

春香「えっ?……ち、違うよ愛ちゃん?私は……」

貴音K「は、春香、ウィッグが!」

春香「へ?あっ……わ、わぁ~っ!」ゴソゴソ





愛「春香さん、ですよね?」

貴音M「……え、えぇっと」

舞「………」

貴音K「(舞さんの目が笑ってない……)」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:22:51.24 ID:v0T36PxS0

貴音M「そ、そうなんです!私は天海春香でもあるんですよ!」

愛「あ、やっぱりそうだったんですね!」

貴音M「でも!それは世をしのぶ仮の姿!」ババッ

愛「!?」

貴音M「本当の私……それは今の私、四条貴音なんです!」

愛「も、もしかして……春香さんって、実は貴音さんだったんですか!?」

貴音M「そ、そう!それ!その通り!いやー、やっぱり愛ちゃんは賢いなぁ~」



舞「……ふぅん」

貴音M「あ、あはははは……」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:26:16.57 ID:v0T36PxS0

愛「さ、席へどうぞ!まだたっぷり残ってますから!」

貴音M「……あ、その前にちょっといいかな?」ゴソゴソ

愛「?」

貴音M「今度、私ソロでライブをやるんですよ~」トン

貴音K「い、いつの間にフリップを……」

貴音M「新宿BLAZEで午後5時から開場、6時から開演となっています!」

貴音M「出演は私、四条貴音こと天海春香で、料金は5500円です!」

貴音M「販売は8月から行っていますので、皆さん是非見に来てくださいね~!」

愛「わぁ~!あたし、絶対見に行きますね!」

舞「………」イラッ

貴音K「(春香、あなた……転んでもタダでは起きないのね)」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:29:43.85 ID:v0T36PxS0

舞「で?……食べるの?食べないの?」

貴音M「は、はい!それでは早速、いただきますね!」カチャ

貴音M「………」モグモグ





貴音M「あっ、おいしい……!」テーレッテレー

舞「あぁ、そう」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:31:58.85 ID:v0T36PxS0

貴音M「このお野菜も、火が通ってますし……」モグモグ

貴音M「とても柔らかいんですけど、ちゃんと歯ごたえがあります!」

舞「へぇ」

愛「あれ……?」

貴音M「お肉の方も、お口の中でフワッて……あ、麺の方はですね……」ハフハフ



貴音M「うーん……スープがしっかり染み込んでて、口の中でハーモニーg」

愛「あ、あの!ちょっといいですか!?」

貴音M「?」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:35:00.98 ID:v0T36PxS0

愛「そのコメントなんですけど、全部最初の貴音さんが言ってました!」

貴音M「え、ウソッ!?」

愛「はい!ほぼ同じ内容でしたよ!」





貴音M「え、えぇっと……」

舞「………」

貴音M「ぐ、偶然ですよ、偶然!……あははは」

舞「食事の時は人に向かって喋らない」

貴音M「………」モグモグ



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:38:21.37 ID:v0T36PxS0

貴音K「(私達で半分以上減らせたけれど……あのラーメンは、まだ大分余ってる)」

貴音M「うっぷ……」モグモグ

貴音K「(今の様子じゃ、春香も限界が近い……どうすれば……)」



「うっうー!ただ今戻りましたー!」



愛「!?」

舞「あら……」

貴音H「お食事中にすいませんでした!私、もう一度頑張りますっ!」ゲッソリ



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:43:01.51 ID:v0T36PxS0

愛「だ、大丈夫なんですか?お腹の方は……」

貴音H「大丈夫です!全部、出してきましたから!」フラフラ

舞「全然大丈夫じゃないじゃない。残念だけど……」

貴音H「む、無理なんかじゃありません!」

貴音M「や、やよい……」

舞「………」

貴音H「無理って思うから無理なんです!出来るって思えば、何でもやり遂げられます!」

舞「んー……なかなか良い事言うけど、私も鬼じゃないし。ダメよ」

貴音H「お願いします!私達が完食出来なきゃ、貴音さんが安心して病気を治せないんです!」

舞「だぁめ。今は自分の身体の方を大事になさい」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:46:17.66 ID:v0T36PxS0

貴音H「お願いします!お願いしますっ!!」ポロポロ

愛「ま、ママ……」

舞「……泣いたってダメ、絶対」

貴音H「うぅぅ……」

貴音M「も、もう無理かも……」ゲフー

貴音K「(打つ手なし、か……)」



愛「!?……あ、あれって……」

舞「ん?」

愛「四条貴音さん、ですか!?」



貴音N「………」コヒュー コヒュー



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:49:12.77 ID:v0T36PxS0

貴音K「あずささん……ではないようね」

貴音M「えっ?」

貴音K「顔もよく見えなくなるようなマスクなんて渡してないし、付けさせないわよ」

貴音H「じゃ、じゃあ、もしかして……」

貴音K「いいえ、本物が来る事はあり得ない」

貴音K「もしもの時に備えて、プロデューサーが止める手筈になってるから」

貴音M「で、でも……もしかして、止められなかったんじゃ……」

舞「何でもいいじゃない?四条貴音なら。貴女も、食べに来たんでしょう?」

貴音N「………」コクリ

舞「そう。じゃ、そこの席へどうぞ」

貴音N「………」スタスタ



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:51:50.42 ID:v0T36PxS0

愛「突如として現れたマスク姿の四条貴音さん!その実力やいかn」


ズルズルズルズルルルル


貴音M「な、な……なっ……!?」

愛「な、流れるように、麺が!野菜が……!!」


ズルズルゴクゴクモグモグバクバクジュルルルルルルルルル


貴音H「うわぁ……」

舞「まだ3キロ弱は、残ってたわよね……?」

貴音K「な、なんてスピード……ま、まさか……本物!?」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:54:53.70 ID:v0T36PxS0

カラン


貴音N「……ふぅ」ペロリ

舞「あーらららららぁ……」

愛「す、すごい事が起こっちゃいました!」

愛「まだあんなに残っていたラーメンが!またたく間に、器だけに!!」

愛「四条貴音さん……チャレンジ、成功です!!」



貴音K「な、何なの、あの食いっぷり……」

貴音H「す、すごい……」

貴音M「もうあの人一人で良かったんじゃないかな……」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:59:01.93 ID:v0T36PxS0

舞「見事にやってくれたわねぇ……」

愛「貴音さん!完食した貴音さん!ぜひ、ぜひ一言を!!」

貴音N「……じゃあ、一言だけ」スッ

愛「お願いします!」

貴音N「………」





貴音N「……社長。明日から私、有給取ります」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:03:33.95 ID:v0T36PxS0

P「……ったく、こんな所にいたか」

貴音「ゲホッ、ゲホッ……」

P「その格好じゃ寒いだろ。ほら、帰るぞ」

貴音「わ、わたくしは、まだ……」

P「……歩けるか?」

貴音「……足元が、少しふらつく程度です……」

P「無茶しやがって……ほれ、肩貸せ」





貴音「うぅ……らぁめん……特盛り、順二朗……」グスッ

P「……元気になったら、な」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:06:16.59 ID:v0T36PxS0

~数日後~

高木「ふ……ふぁ……は……」

高木「ぶぁっくしょぉいっ!!」



高木「ズズッ……えー、四条君の件もあるが、最近は特に風邪が流行りつつある」

高木「諸君らも喉をやられたりしないよう、くれぐれも気を付けたまえ」

「「「「「はーい」」」」」



P「……もう体調はいいのか、貴音」

貴音「はい。あなた様のおかげで、もうこの通りです」ガバッ

P「上着は脱がなくていい」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:08:33.64 ID:v0T36PxS0

貴音「わたくしのせいで皆の時間を割いてしまい、本当に……」

雪歩「気にしないでください。私達、仕事が終わった合間に来てましたし」

春香「うんうん、いいですよそんな、別に……ライブの宣伝もできたし」

千早「なっ!?……私も、やっておくべきだったかしら……?」

律子「やめといた方がいいわよー。あの時の舞さん、目が笑ってなかったから」

真「ぬ、抜け目ないなぁ、春香は……」

春香「えへへ……」

美希「褒めてないと思うの」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:11:25.24 ID:v0T36PxS0

亜美「んで、ひびきんは完食出来たん?」

響「途中からな、涼とあずささんが協力してくれたんだー」

あずさ「最後に絵理ちゃんも一緒に皆で食べられたし、とても楽しかったわね~」

真美「いいなぁー、真美も行きたかったよ別室……」

伊織「番組の方は本当に地獄だったわね……」

やよい「お持ち帰り出来ればよかったのにねー……」



貴音「………」

P「どうした、貴音?」

貴音「このままでは終われません……りべんじを、致したいと思います」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:14:54.98 ID:v0T36PxS0

~数日後~

愛「それでは!今日のゲストをご紹介します!」

愛「四条、貴音さんでーす!」パチパチパチパチ

貴音「よろしくお願い致します」

愛「今日のメニューはですね、あたしのはなまるハンバーg」

貴音「らぁめん」





愛「えっ?」

貴音「らぁめんを所望します」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:18:22.47 ID:v0T36PxS0

舞「……もしかして、順ちゃんラーメン?」

貴音「えぇ。特盛り順二朗を、一つ」

愛「そ、そんな、急に言われてもですね、材料が……」

舞「ふっふっふ……」

愛「ま、ママ……?」



舞「貴女一人で、アレを食べ切れる覚悟はあるの?」

貴音「なければ、ここには来ておりません」

愛「えぇっ!?」ガーン

貴音「……らぁめんに立ち向かった皆の無念、わたくしが晴らします」キリッ



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:20:25.92 ID:v0T36PxS0

舞「無念って……完食はしたんだけどねぇ。ま、いいわ」

愛「え?」

舞「愛ー、キッチン借りるわよー」

愛「えぇーっ!?はなまるハンバーグはー!?」

舞「また今度で良いじゃない」

愛「そ、そんなぁ……あたしの番組なのに……」





貴音「特盛り順二朗……必ずや……!」ジュルリ



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:23:43.61 ID:v0T36PxS0

ギュルルルルル……


小鳥「ふぇぇ……ぽんぽん痛いよぉ……」

小鳥「有給が……私の、休日が……トイレに流されていくなんて……」


ゴロゴロゴロゴロ……


小鳥「はぁうぅ……い、一番頑張ったのに、この仕打ち……」

小鳥「あっ……で、出る……今度こそ、出る!」

小鳥「ふああぁぁぁぁぁっ!あ、穴から!穴から出ちゃううぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」


プスー


小鳥「……ですよねー」ガクッ



おわり


元スレ
雪歩「四条さんの穴は、私達が埋めます!」P「えっ」