1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:11:28.80 ID:QTOQ8Ifv0

響「千早ー」

千早「なに? 我那覇さん」

響「ちーはーやー」ツンツン

千早「ちょ、どうしたのよ」

響「ねえ!」

千早「……?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:15:42.82 ID:QTOQ8Ifv0

響「自分の名前、言ってみて」

千早「え?」

響「うん! 自分の名前!」

千早「如月千早。はい、これでいいかしら?」

響「違うぞー! 千早のじゃなくて自分のだってば!」

千早「我那覇さんの?」

響「そう!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:21:19.03 ID:QTOQ8Ifv0

千早「急にどうしたのよ」

響「なんでもいいじゃん! ね、ほら、言ってみて?」

千早「我那覇響。これでいいかしら」

響「えへへ」

千早「どうしたのよ、急に。変な我那覇さん」

響「……」

響「むー」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:27:03.09 ID:QTOQ8Ifv0

千早「な、何?」

響「……千早」ジィー

千早「えっと……何、かしら」

響「もう一回」

響「もう一回呼んで」

千早「我那覇響」

響「……むー」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:31:23.38 ID:QTOQ8Ifv0

千早「あの、名前がどうかしたの?」

響「うぅ……」

千早「何かあるの? ないなら私は」ガタッ

響「待って!」ガシィ

千早「ひゃっ、な、もうっ。何?」

響「……千早。自分は千早のこと千早って呼んでるぞ」

千早「え、えぇ、そうね」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:37:41.24 ID:QTOQ8Ifv0

響「うぎゃー! もう! 千早は鈍感だぞ!」

千早「……? どういうことかしら?」

響「じ、自分のことも、響って呼んでよ!」

千早「えっ!?」

響「ねえ、なんで自分は名前で呼んでくれないんだ!?」

千早「えっと……」

響「ねえ、ちーはーやー!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:44:49.82 ID:QTOQ8Ifv0

千早「だってそれは……その」

響「自分ばっかり名前なんて嫌だぞ!」

響「千早には自分のこと、ちゃんと名前で呼んで欲しいんだ」

千早「それはまた急にどうしてそんな風に思ったのかしら」

響「どうしてもこうしても! ……なんかさ、余所余所しく感じるんだ」

響「自分……千早のこと家族みたいだと思ってるし、大事だし……」

千早「……我那覇さん」

響「だーかーらっ! それが嫌なの! ほら、今のだって
  貴音なら『響ーッ!』って抱きついてくるのに……」

響「せっかくちょっといい雰囲気になったのに台無しだぞ……」ブツブツ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 00:51:41.23 ID:QTOQ8Ifv0

千早「そしたら、四条さんに名前を呼んでもらいに行けば
    いいんじゃないかしら……? だめ?」

響「いーやーだーぞー! 自分は千早がいいの!」

響「そりゃあ、貴音はいつも呼んでくれるし貴音は大好きだけど
  同じくらい千早のことモニョモニョ……」

響「と、とにかく! 千早にも名前で呼んでもらいたいの!」

響「ね? いいでしょ?」

千早「それはいいのだけど……急に呼んだら違和感とか」

響「むー……いいの! 大丈夫だから! ね!」



19: 失礼。訂正 2012/11/12(月) 00:54:36.67 ID:QTOQ8Ifv0

千早「でも急にそんな風に呼び出したらみんなが変に感じるんじゃ」

響「大丈夫! ずっと呼んでればみんな変に感じたりなんかしないぞ!」

千早「でも……私、そんな風に我那覇さんのこと呼んだことないし」

響「じゃあほら、今呼んでみて!」

千早「えぇ!? い、今……!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:01:16.27 ID:QTOQ8Ifv0

響「うん! うんうん!」

千早「え……えっと……あ……」

響「ちーはーやー! はやく~!」ワクワク

千早「……ひ……ひ」

響「わくわく」

千早「ひ……ひじき。……ぷふっ」

響「………………………………そっか」ズーン

響「千早は自分とは仲良くなりたくないってこと……」

千早「ご、ごめんなさいっ、違うのよ!? わ、わざとじゃなくて……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:07:00.59 ID:QTOQ8Ifv0

響「ぶーぶー」

千早「うぅ……ごめんなさい」

千早「その……改めて呼ぶとなると恥ずかしくて」

響「えぇ!? そうかなー?」

響「簡単だぞ?」

響「ほら、ひーびーき! って、ね? 簡単でしょ?」

響「ほら、一緒に! ひーびーき!」

千早「ひ……び……うぅ」

響「うぎゃー! 声が小さいぞ! いつもすごい声量で歌うのに!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:14:10.15 ID:QTOQ8Ifv0

千早「呼んでって言われてから面と向かって呼ぶのって恥ずかしいわ」

響「えぇ!? じゃあ、自分机に顔伏せてるから言って!」

千早「そ、そういうことじゃないの!」

響「あ! じゃあじゃあ、自分が千早のことを千早!って呼ぶから
  そしたら千早は自分に『何?響』って答えてよ!」

千早「だからそういうことじゃ」

響「ほら、行くよ! ねえ、千早!」

千早「えっと、どうしたの?」

響「うぎゃーー! さっきと違うじゃん!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:19:48.64 ID:QTOQ8Ifv0

千早「きゅ、急に呼び方を変えるのってすごく勇気がいるのよ……」

響「むー、自分の名前。そんなに嫌か?」

千早「うっ、うぅ……そうじゃないのよ」

響「じゃあなんで?」

千早「……ちょっと恥ずかしいのよ」

響「自分は全然恥ずかしくないぞ?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:27:07.77 ID:QTOQ8Ifv0

千早「初めて会った時からずっと私、我那覇さんって
    そう呼んできてたのに。今頃になって
    そんな風に呼べないわ……」

響「大丈夫大丈夫! 自分、そんなの気にしないぞ!」

響「だから、ほら、大丈夫! ね?千早?」

千早「ひ、響……さん」

響「あはは! やったー! ちーはーやー!」

千早「響さんっ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:31:42.95 ID:QTOQ8Ifv0

響「えへへ、でもさんもいらないよ! ほら、もう一回!」

千早「響……ちゃん!」

千早「よ、呼べたわっ! これなら春香も呼んでるから」

響「むー、春香のことは春香なんだ?」

千早「うぅ……」

響「ねえ、千早?」

千早「ひ、響!」

響「おお~~~! 千早ーーっ!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:36:05.47 ID:QTOQ8Ifv0

千早「ひ、響!」

響「えへへへ」

千早「ふふ、呼べたわ!」

響「ちーはーやー」ギュッ

千早「ひーびーき」ナデナデ

響「おお!? 千早、頭撫でるの上手だね!」

千早「そうかしら?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:37:50.10 ID:QTOQ8Ifv0

響「うんうん! ねえ、もっと! もっとやってよ~」

千早「こうかしら?」ナデナデ

響「おお~、えへへ」

千早「響、とっても可愛い……」ナデナデ

響「千早も可愛いよ?」

千早「ふふふ」

響「えへへへ」


END



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:38:25.18 ID:QTOQ8Ifv0

すごく短いですが終わりますね。
ありがとうございます。


元スレ
千早「我那覇さんと私」