1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:43:31.277 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャ「…」

ラフィエル「うふふ、よかったらまたご一緒しませんか?」

サターニャ「うん」

ラフィエル「え?」

サターニャ「なによ、傘入れてくれるんでしょ?」

ラフィエル「は、はい」

ラフィエル(警戒していない…?)

サターニャ「…ありがとっ」

ラフィエル(お礼まで…どういうことでしょう)



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:47:40.822 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャ「…」テクテク

ラフィエル「…」テクテク

ラフィエル(なんか普通に帰っちゃってますね~)

サターニャ「ラフィエル」

ラフィエル「なんてしょうかサターニャさん」

サターニャ「もうちょっと詰めていい?」

ラフィエル「かまいませんよ~」

サターニャ「…」ピタッ

ラフィエル(あ~これ詰めるというよりくっついちゃってます)



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:54:39.804 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル「…」テクテク

サターニャ「…」テクテク

ラフィエル(警戒していたときと同じくらい会話がないですね~)

サターニャ「ん…」ギュッ

ラフィエル(たまに聞こえるのは私にくっついてるサターニャさんの声だけです)

ラフィエル(しきりに強くしがみついてきたり…もしかしていきなり私が離れてずぶ濡れさせられるとか思ったり)

ラフィエル(いや…ないですね)



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 02:58:24.523 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(むしろ私がサターニャさんを疑うようになっちゃってますね)

ラフィエル(いけないいけない…ハッ!もしかしてカエルの罠かも!油断できません…!)

サターニャ「ラフィエル」

ラフィエル「なんでしょうサターニャさん」

サターニャ「私…こうやってラフィエルと帰るのすき」

ラフィエル「…」

ラフィエル(えっ)



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:04:48.289 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(すきってなんですか隙の方ですか?サターニャさんに隙を見せるなんてこと…)

ラフィエル(というかいつものサターニャさんなら)

サターニャ「んなーはっはっ!騙されたわねラフィエル!このサタニキア様のナンチャラカンチャラ」

ラフィエル(でドヤ顔で宣言した挙句敗北までセットじゃないですか!)

ラフィエル(なんで急にキャラ変わってるんですか!)

サターニャ「もっとくっついていい?」

ラフィエル「か…かまいませんけど?」

サターニャ「えへへ」ギュー

ラフィエル(なんなんですか…もう…)



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:19:49.329 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(まさか魔界通販で性格が変わる的な道具を使ったり…いや自分に使いますかね…?)

ラフィエル(…サターニャさんならありえますね)

ラフィエル(でも今日のサターニャさんは普通でした…普通にアホでした)

ラフィエル(帰り道のときだけ…?)

ラフィエル「あ…」

ラフィエル(そんなこんな考えてたらサターニャさんの家まで)

ラフィエル「サターニャさんもうつきま…」

サターニャ「…もうちょっと、だけ」ギュー

ラフィエル「あらあら…」

ラフィエル(…少しからかってみましょうか)

ラフィエル「そんなにくっつかれると私帰れませんよ?あっもしかして…そんなに私と離れたくないんですか?」

サターニャ「うん」

ラフィエル「」

サターニャ「ラフィエルあったかい…」

シュン

サターニャ「あ!ラフィ…」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:24:10.458 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル宅

ラフィエル「ああああああああああ!」

ラフィエル「なんで!なんで!サターニャさんにドキっとしちゃってるんですか!」

ラフィエル「おかしいです…いや自宅でこんな大声出してる私もおかしいですね…ふふっ」

ラフィエル「これはなんかの夢です 明日になればきっと…」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:31:59.451 ID:F2QfnJQz0USO.net

次の日

サターニャ「んなーはっはっ!おはよう愚民ども!」

ヴィーネ「おはよ、テンション高いわね」

サターニャ「勝負よガヴリール!」

ガヴリール「うっせ」

グラサン「宿題」

サターニャ「やってないわ!」

サターニャ「うう…倍に増やされたあー!」

まち子「胡桃沢さん…学習しよ?」

サターニャ「メロンパ…」

犬「わん!」

サターニャ「あー!」


ラフィエル「ふふ…変わりませんねサターニャさん」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:41:00.419 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(となると昨日のサターニャさんは何だったのでしょうか…)

ラフィエル(不思議ですが いつものサターニャさんの方が見てて安心します)

ラフィエル「さて、今日もオモチャで遊びましょう♪」


ラフィエル「みなさ~ん」

ガヴ「おっす」

ヴィーネ「こんにちは、ラフィ」

サターニャ「…」

サターニャ「あ!ラフィエル!丁度いいとこに来たわね!ちょっと来なさい!これは命令よ」

ラフィエル(な…?いや…面白そうだからのってみましょう♪)

ラフィエル「あら~そんな強引な~それでは皆さんさようなら~」

ガヴリール「おいおい今度はラフィエルが勝負事のターゲツトか?」

ヴィーネ「でもサターニャがラフィを誘うなんて珍しいわね…」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 03:48:48.708 ID:F2QfnJQz0USO.net

人気のない空き教室

サターニャ「よし…ここまでくれば安心ね!」ムフー

ラフィエル(学校にこんな教室あったんですね…何をする気でしょう)

サターニャ「…ラフィエル」

ギュッ

ラフィエル「サ…サターニャさん?」

サターニャ「ラフィエル…昨日途中で帰ったから…寂しかった」グスッ

サターニャ「その分…もっとギュッてしていい?」

ラフィエル「…」

ラフィエル(もしかして…これがサターニャさんの素!?)



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 05:59:30.044 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(いや…これはドッキリです!こうやって私がどう出るか反応を楽しむという)

ラフィエル(サターニャさんが考えそうな悪魔的行為ですね…うぷぷ)

ラフィエル「サターニャさん…中々手の込んだデビルスアクショ」

サターニャ「そんなんじゃない」

ラフィエル「そんなあっさり」

サターニャ「…ホントに好きなのラフィエルのこと」

ラフィエル(あっコレマジ(本気)ですね)



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 06:21:37.367 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャ「下界に下りてからずっと寂しかったの」

サターニャ「魔界や家にいるときみたいにいつか大悪魔になるてキャラを保てないと自分が壊れそうで」

ラフィエル(家でもあのキャラなんですか…)

サターニャ「そんな中でみんなと出会ってラフィエルとも出会って」

サターニャ「正直…最初の印象は最悪だったわ…けどあの日…傘を出してくれた日うれしかった」

サターニャ「警戒心の方が勝っちゃったけどホントはすごいすごい嬉しかったの」

サターニャ「それに…二人きりだったら、ラフィエルにだったら嘘じゃない自分を見せてもいいかなって思った」

サターニャ「えへへ、ごめんねラフィエル…わがまま言ってみんなには内緒よ?」

ラフィエル「…」

ラフィエル(サターニャさんがそんなことで悩んでたなんて…)



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 06:36:08.200 ID:F2QfnJQz0USO.net

ラフィエル(ふふ…困ってる友達のことに気づけないなんて私も天使としてまだまだですね)

ラフィエル「いいんじゃないですか、サターニャさんはサターニャさんのままで」

ラフィエル「私は…どんなサターニャさんでも好きですから」ナデナテ

サターニャ「ラフィエル…うん…ありがと」

ラフィエル「…そろそろ戻らないと休み時間も終わってしまいますし」

サターニャ「まだこうしてたい…」

ラフィエル「ふふ…サボるだなんて最高に悪魔的ですね?サターニャさん♪」

サターニャ「…それに付き合ってくれるラフィエルも悪魔ね」

ラフィエル「天使ですよ、大天使!白羽=ラフィエル=エインズワースよ!」

サターニャ「なにそれ」

ラフィエル「ふふっサターニャさんの物真似です」

サターニャ「似てない…」

ラフィエル「もっとアホさ加減を足したほうがよかったでしょうか?」

サターニャ「どういう意味よ!?もう…ラフィエルったら…」クスッ



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 07:08:16.087 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャ「ラフィエル…最後にもう一回だけ」

ラフィエル「ふふ、なんですかサターニャさん」

サターニャ「キス…していい?」

ラフィエル「あらあら…本来のサターニャさんの方が悪魔ぽいですね♪」

サターニャ「褒め言葉として受け取っておくわ」

サターニャ「…私からするわねラフィエル」

ラフィエル「…サターニャさん」

ガラッ

ラフィサタ「…!?」

タプリス「ここにいましたね!胡桃沢先輩!空き教室で何をしているかと思えば…」

タプリス「天真先輩には飽き足らず白羽先輩まで手中にしようと…許せません!」

タプリス「勝負です!私が成敗してあげます!」

ラフィサタ「…」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 07:14:26.468 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャ「なーはっはっ!いい度胸ねタプリス!私の行く手を阻むというのなら…今度こそコテンパンにしてやるわ!」

タプリス「負けません!うおおおおお!」

ラフィエル「…うふふ」

ラフィエル「やっぱりこっちのサターニャさんの方がいいですね」

ラフィエル(ホントのサターニャさんは私だけのものということで…♪)

この後2人とも滅茶苦茶怒られた
ラフィエルは神足通で逃げた

終わり



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/01(土) 07:23:50.214 ID:F2QfnJQz0USO.net

サターニャがホントは甘えん坊だったら…みたいな妄想でした

読んでくれてありがとうございます


元スレ
ラフィエル「また傘忘れたんですか」