1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:14:36.02 ID:RMYiAzv70

-ごらく部部室-

ちなつ「はぁ…」

ちなつ「結衣先輩の足舐めたいな…」

あかり「ちなつちゃん?」

ちなつ「ハッ!?な、何かなあかりちゃん?」アセアセ

あかり「ううん、何でもないよぉ」

あかり(今ちなつちゃんが危ないこと口走ってたように聞こえたのはあかりの気のせいだよね…)

ちなつ(私とした事が妄想を口に出してしまうなんて…嗚呼、それにしても…)

ちなつ「結衣セン"パ~イ!!私を残して京子先輩と旅立ってしまうなんてあ"んまりですぅ~」

あかり「まぁまぁ…2人とも社会見学で今日1日いないだけだから…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:17:07.28 ID:RMYiAzv70

ちなつ「う"ん…」グスン

あかり「え、えーと…ちなつちゃんと2人きりって京子ちゃん達が修学旅行に行った時以来だねっ」

あかり「今日は何をしようか…そうだ!」

あかり「あの時ちなつちゃんにお願い聞いてもらったし、
    今日はあかりがちなつちゃんのお願い何でも聞いてあげるよぉ」

ちなつ「何…でも?」

あかり「うん、遠慮しないで何でも言ってみて欲しいな~…つっ!」

あかり「痛たたたた…正座してたら足が痺れちゃったよぉ」

ちなつ「……<○><○>」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:21:21.99 ID:RMYiAzv70

ちなつ(ふと、あかりちゃんに足つぼマッサージをした時のことを思い出した)

ちなつ(あの時の柔らかい感触…舐めてみたらどんな味がするんだろう…?)

ちなつ(結衣先輩の足も舐めたいけど、あかりちゃんの足も無性に舐めたくなってきたっ…!)

ちなつ(あかりちゃんなら頼み込めば足くらい舐めさせてくれるわよね)

ちなつ(オムライスはメインディッシュ、最初はお団子からってね…よし!)

ちなつ「ねぇ、あかりちゃん」

あかり「うん」

ちなつ「あかりちゃんの足…舐めさせてくれる?」

あかり「んん!?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:29:02.52 ID:RMYiAzv70

あかり「あ、あの…ちなつちゃん…?」

ちなつ「何?」

あかり「足って膝とか腿とかのことだよね?」

ちなつ「あかりちゃん何言ってるの?LegじゃなくてFootの方に決まってるでしょ」

あかり「えぇ~っ!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:34:14.03 ID:RMYiAzv70

ちなつ「…だめ?」

あかり「だ…駄目だよ!ちなつちゃん!」

ちなつ「どうして?」

あかり「その…あかりにはよく分からないけど、これって友達にさせる事じゃない気がするよぉ」

あかり「ちなつちゃんとキスした事もあったけど、それよりもハードルが高…」

ちなつ「そりゃ当然でしょ、元々は主人が奴隷に忠誠を誓わせる行為なんだから」

あかり「!?」

ちなつ「待ってあかりちゃん!確かに儀式の意味合いもあるけど、キスじゃ伝わらない愛情表現の一つでもあるんだよ」

ちなつ「私が結衣先輩の事どう想ってるか知ってるでしょ?私は来るべき日に備えて結衣先輩に愛をもって仕える女になりたいの!」
    
ちなつ「こういう事はあかりちゃんにしか頼めないの!だからお願い、ここはひとつ練習としてあかりちゃんの足舐めさせて!」
    
あかり(ちなつちゃん怖いよ…)う、うん。分かったよぉ」

ちなつ「…イェス!」ガッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:42:31.37 ID:RMYiAzv70

ちなつ「じゃあまず、炬燵の上に座ってくれる?」

あかり「う、うん」アッカリ

ちなつ「それで座ったまま左足を上げて」

あかり「うん」ソー

ちなつ「………」

ガバッ!スンスンスンスン

あかり「」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:50:00.09 ID:RMYiAzv70

あかり「ちっちちちちちちなつちゃん何してるの!?」

ちなつ「何って匂いを嗅いでるんだけど…うーん」スンスン

ちなつ「あかりちゃんの足、何も匂いしないね。まさか匂いまで存在感がないなんて…」

あかり「いきなり人の足嗅いどいて、その言い草は酷いよぉっ!」ガーン



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:57:33.98 ID:RMYiAzv70

ちなつ「さて、ここからが本番よ」

あかり「ま…まだ続くの?」

ちなつ「ここで終わったら練習にならないでしょ。ほら、あかりちゃん靴下脱いで脱いで」

あかり「う、うん…」スルッ

あかり「これでいい?」

ちなつ「…」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:06:00.83 ID:9ALAkOK60

ちなつ(つやのある色白の弧を描くような部分と健康的なピンクが調和した爪に…)

ちなつ(ぷにっとしてて瑞々しそうな足の指…あかりちゃんはやっぱり※エジプト型か)

あかり「あの…ちなつちゃん…?」

ちなつ「あかりちゃんの足、とっても可愛いね」

あかり「あ、ありがと」テレテレ

※エジプト型:足指のうち親指が一番長い足形。日本人に一番多い。



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:13:03.62 ID:9ALAkOK60

ちなつ「じゃあ舐めるね。いいあかりちゃん?」

あかり「あかりはいつでも準備OKだよぉ」

ちなつ「いくよ…んっ……?」スンスンスン

ちなつ(靴下越しじゃ分からなかったけど、あかりちゃんの匂い…)

ちなつ(新緑と柑橘系の匂いが合わさってて…まるで…)

ちなつ(高原を素足で走り回る純真無垢な少女を思わせるような…)

ちなつ(ダメ…思わず虜になりそう……ううん!ここで呑まれてしまっては負けよチーナ!)

ちなつ(あかりちゃんは飽くまでも練習相手!そう、これは結衣先輩の唯一の臣下になる為の試練と考えなければ!)

ちなつ(オムライスはメインディッシュ、最初はお団子から…)

ちなつ「…ペロッ」

あかり「ひゃぅっ!?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:17:09.27 ID:9ALAkOK60

ちなつ「もぉ、あかりちゃんったら親指舐めただけなのにそんな声出しちゃって」

ちなつ「かわいい♪」

あかり「あぅぅ…何だかとっても恥ずかしいよぉ…///」

ちなつ「あかりちゃんは主人役なんだから毅然としてなきゃ。もっと私を見下すような感じで」

あかり「そんな事言わても~;」

ちなつ「まずは足の裏ね



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:23:26.90 ID:9ALAkOK60

-足の裏-

ちなつ「」ペロッペロッ…ペロペロペロ…

ちなつ「あかりちゃんの足の裏…おいしい…」ペロペロペロペロ

あかり「く、くすぐったいよぉ」

あかり「ちなつちゃんどうして真ん中ばっかり舐めてるの?」

ちなつ「だって真ん中がしょっぱくて一番美味しいんだもん」

ちなつ「ふふ、舐める度に汗の味が濃くなってるね。あかりちゃんが気持ちよくなってるのがよく分かるよ」ペロペロペロ

あかり「ち、ちなつちゃんの舐め方が怪しくて気持ち悪いからだよぉ」

ちなつ「嘘ね。この味は気持ちよくなってる味よ。私にはお見通しなんだから」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:30:15.39 ID:9ALAkOK60

-踵-

ちなつ「あかりちゃん、座ったまま足を90°にしてくれる?」

あかり「こ…こう?」ピーン

ちなつ「そう、少し疲れるけど我慢してね…んっ」チュパチュパ

あかり「…」

チュパチュパ…

ちなつ「あかりちゃんどう?」

あかり「うーん…普通かなぁ?」

ちなつ「やっぱり踵じゃ微妙か。でも…次に同じ事が言えるかしら?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 00:36:42.47 ID:9ALAkOK60

ちなつ(そう、このまま…)

ちなつ(あかりちゃんアキレス腱に…舌をなぞるように…)ツー

ちなつ(食べるッ!)ハムッ

あかり「んん!?」

ちなつ(そして口の中で舐め転がすッ!)んっ…」コロコロコロコロコロコロコロ

あかり「だ、ダメぇ!」ガバッ

ちなつ「ぷふぇっ!」



44: 風呂入ってくる 2012/09/27(木) 00:42:52.95 ID:9ALAkOK60

あかり「はぁ…はぁ…はぁ…」

ちなつ「んもぅ、せっかくいい所だったのにー」

あかり「あ、足首咥えるなんて何考えてるの!?」

あかり「ちなつちゃん頭おかしいよっ!」

ちなつ「ウッ…!」ドキッ

ちなつ「そうよ!これだわ!」

あかり「えぇっ!?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:09:06.85 ID:9ALAkOK60

ちなつ「言葉責めよ!」

ちなつ「足舐めと言葉責めの相乗効果で興奮度アップ間違いなし!」

あかり「あかりは何をすればいいの…?」

ちなつ「さっき頭おかしいって言ったでしょ?あんな感じでもっとお願い」

あかり「あかり、もうちなつちゃんの悪口は言わないよぉ」

ちなつ「悪口じゃなくて罵倒するのよ!」

ちなつ「心に思ってない事でもいいから思いつく限りの言葉で、どんどん私を苔にして頂戴!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:17:24.67 ID:9ALAkOK60

-つま先-

ちなつ「んっ…あっ…」ペロペロチュパチュパ

あかり「え、えーと…ちなつちゃんのえっちっ!ヘンタイっ!クズっ!」

ちなつ「んっ!…はぁ…はぁ…」ペロペロペロ…

あかり「腹黒!淫乱!雌豚!ビッチ!」

ちなつ「んんっ!!…んっ…」ハムハムハム…

あかり「あかりの足なんてしゃぶって美味しい?今のちなつちゃん、惨めったらしい犬さんみたいだよっ!」

あかり「あっ1つ訂正、ちなつちゃんなんて犬さん以下の生き物だよぉっ!」

ちなつ「んんっー!!んんっー!!」レロレロレロレロ…



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:24:33.24 ID:9ALAkOK60

あかり(うぅ…言ってるこっちまで恥ずかしくなってきたよぉ…)

ちなつ(駄目っ…もう我慢できないっ!!)

…チロッ

あかり「ひっ…お…親指の間はだめぇ!」

チロチロチロチロ…

あかり「ちなつちゃん激しすぎるよぉ…身体が火照ってきたよぉ…」

チロチロチロチロチロ…

あかり「あ、あかり、もうダメ…気持よすぎておかしくなっちゃうよぉ~~!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:31:46.46 ID:9ALAkOK60

―――――――――


あかり「」レイプメ

ちなつ「ふぅ…」

ちなつ「あかりちゃんのお陰で足舐めの真髄が見えてきた気がするよ。ありがと♪」

ちなつ「あかりちゃんの足とっても美味しかったよ」

あかり「あ…あかりも、今ので大人の階段を三段くらい昇った気がするよ…」

ちなつ「それはよかった!さて、足を舐めてるうちに私もムラムラしてきたし…」

ちなつ「攻守交替ね。次はあかりちゃんが私の足を舐める番よ!」

あかり「えぇっ!?」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:39:35.23 ID:9ALAkOK60

あかり「そんなの聞いてないよぉ!」

ちなつ「大丈夫よ、さっき私がしたみたいに舐めてくれればいいんだから」

あかり「で、でもぉ…あっ!あかり用事思い出したから先に帰るね!」タタタッ

ツルッ

あかり「あたっ」ドテッ

ちなつ「逃げようったって無駄よ。私の唾液まみれで滑りやすくなってるんだから」

ちなつ「ねぇ…どうして逃げるの?私が汚い女だからって足も汚いと思ったから?」スルッ

ちなつ「こんな足じゃ…舐めてくれないの?」ヌギッ



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:47:44.63 ID:9ALAkOK60

あかり(ちなつちゃんの足…)

あかり(足首がきゅっと締まってて、爪の形も整ってて綺麗だな…)

あかり(あかりと違って人差し指が一番長いんだね)

あかり(あかりよりちょっと小さいけど大人っぽい足…)

あかり(やっぱりちなつちゃんはあかりよりも大人なんだね…私ももっと大人に…ちなつちゃんに近づきたい!)

あかり「舐めさせて…ちなつちゃんの足であかりをもっと大人にして!」

ちなつ「その言葉を待ってたよあかりちゃん」ニコッ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 01:56:17.42 ID:9ALAkOK60

ちなつ「じゃあ始めに…はいこれ」

あかり「わんわんパジャマ?」

ちなつ「あかりちゃん大人になりたいんでしょ?」

ちなつ「なら、それに着替えて身も心も犬になって凌辱に耐え忍ぶ試練を乗り越えなければダメよ!」

あかり「りょうじょく…?わ、わかったよぉ」ゴソゴソ

―――――――――

あかり「わんわん♪」

ちなつ「相変わらず可愛いね。そろそろ始めよっか」

ちなつ「あ、勿論言葉責め+α付きだから覚悟してね?」ニッコリ

あかり「ちなつちゃん、主人というよりも女王様って感じだよぉ…」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:07:19.80 ID:9ALAkOK60

ちなつ「ほらっ、さっさと舐めてあかりちゃん!」ズイ

あかり「う…うぅ、いざ目の前に足を突き出されるとドキドキするよぉ…」

ちなつ「…舐めなさい?」ギロッ

あかり「ひぃ!?い、いくよ…」

ペロッ…ペロペロ…

ちなつ「…」

ペロペロペロペロ…

ちなつ「…はぁ、あかりちゃん駄目ね。舌使いがまるで全然なってない」

あかり「ひょ、ひょんなぁ…」ペロペロペロ



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:15:06.78 ID:9ALAkOK60

ちなつ(ま、いきなりじゃ無理もないか)

ちなつ(もっと屈辱を与えれば自然と上手くなるはず…)

ちなつ(荒行になるけどこれもあかりちゃんの為!頑張って耐えて!)

ちなつ「あかりちゃん、今から人語禁止ね」

あかり「ふぇ?」レロレロレロ

ちなつ「人間の言葉を喋る犬とかおかしいでしょ?だから犬語だけで喋って。分かった?」

あかり「う、うん…」チュパチュパ

ちなつ「『うん』じゃなくて『わん』でしょ」ゲシッ

あかり「きゃいん!」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:24:02.14 ID:9ALAkOK60

ちなつ「ほら、続けるわよ」

あかり「うn…わん」

ちなつ「ふふ、いい子ね。よしよし」アシデナデナデ

あかり「くぅーん、くぅーん」

ちなつ(この調子でどんどん屈辱を与えてやるのよチーナ!)



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:31:02.79 ID:9ALAkOK60

あかり「はぁ…はぁ…」ハムハムハムハム…

ちなつ「ねぇ…あかりちゃん覚えてる?」

ちなつ「覚えてる訳ないか。今は人間から、私の足に夢中な馬鹿犬に成り下がったんだものね」

ちなつ「あかりちゃんは私にこう言ったんだよ?変態で…クズで…淫乱で…犬以下な生物…あはっ♪」

ちなつ「全部そっくりそのままあかりちゃんに返してあげるよ」

ちなつ「そんな事言う悪い口は…」

ズイッ

ちなつ「この口かなっ!?」

あかり「んんっ…もごっ…もごっ」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:41:27.86 ID:9ALAkOK60

ちなつ「どう?私の足を口いっぱいに頬張れるなんて幸せでしょ?」

あかり「ん…ん…」

ポタポタ

ちなつ「やだもうあかりちゃんってば!涎垂らしちゃって行儀が悪いんだから」

ちなつ「ちゃんと愛撫してくれたら足外してあげるよ、息が苦しくなる前に早くしなさい!」

あかり「う…あ…」

レロレロレロレロレロ…

ちなつ「うん、上出来ね」サッ

あかり「はぁ…はぁ…」

ドガッ

ちなつ「ほらほら、畳が涎まみれでしょ?犬ならキチンと後始末してキレイにしなきゃ」グリグリ

あかり「きゅぅぅ…」ピチャピチャ…



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:48:51.30 ID:9ALAkOK60

あかり「くぅーんくぅーん」ペロペロペロペロ

ちなつ「そうよ、やれば出来るじゃない!」

ちなつ(ここまで効果が顕著に表れるのは想定外だったけど…)

ちなつ「ほら、親指の間を舐めるのよ!」クイ

あかり「わん!」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 02:55:26.51 ID:9ALAkOK60

チロチロチロ…

ちなつ「んんっ…そうよそう…そのまま舌を縦に動かして…あぁん!」

ちなつ「だめっ…あかりちゃんの舌テクで…私イっちゃうぅぅ…あっ…あっ…」ジワ…

チロチロチロチロチロチロ…

ちなつ「あぁぁぁぁ~~~っ」プシャー

―――――――――



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:00:19.41 ID:9ALAkOK60

ちなつ「はぁ…はぁ…はぁ…」

ちなつ「頭がどうにかなりそうだったけど最高だったわ…ありがと、あかりちゃん」

ちなつ「あかりちゃんもこれで立派な大人に…」

あかり「くぅーん…」キョトン

あかり「わんわんわん!」

スリスリスリ…

ちなつ「ちょっ、あかりちゃん!?もう練習は終わりだよ!」

あかり「くぅーんくぅーん!」ブルンブルン

ちなつ「言う事聞きなさい!お手!」

あかり「わん!」サッ

ちなつ「お座り!」

あかり「わんわん!」ササッ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:07:49.17 ID:9ALAkOK60

ちなつ「仕方ないわね、ほらご褒美よ。お舐め♪」

あかり「くぅーんくぅーん♪」ペロペロペロペロ

ちなつ(あかりちゃん、すっかり犬になりきっちゃった…戻るのかなこれ…)

ちなつ(それにしても、このあかりちゃん可愛いな…家でペットとして飼えたらいいのに)

ちなつ(何か忘れてるような気がするけど…まぁいっか)

ちなつ「ふふ、お利口さんね」ナデナデ

あかり「わんわん!」ペロペロ



-ごらく部部室外-

京子「<○><○>」

結衣「…おい、行くぞ」ボソッ

京子「え~!私もちなちゅの足舐めたいよ!」ボソボソ

結衣「邪魔しちゃ悪い!今日はもう帰るぞ!」グイッ



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:18:01.69 ID:9ALAkOK60

カァーカァー…

京子「いやぁ~私達とんでもないものを目撃してしまいましたなぁー結衣さん!」

結衣「あぁ、お前が社会見学早く終わったから2人の様子を見に行こうって言わなければ見逃してたな…」

京子「状況を整理すると、私達が部室前に辿り着いた頃に、あかりがちなつちゃんに足を舐めさせていて…」

結衣「途中から攻守が変わって、ちなつちゃんがあかりに犬の真似をさせて足を舐めさせた」

京子「くぅぅー!まさかあの2人があんな関係に進展していたなんて!」

京子「私はちなつちゃんから手を引くしかないのか…」ションボリ

結衣「そう落ち込むな。2人とも大切な部員であって友達でもあるんだから…」

結衣「私達は2人を影から見守ってやろうじゃないか」

京子「そ、そうだよなっ!もうこの際、嫁は結衣にゃんでいいや!ちゅっちゅ~」

結衣「お こ と わ り だ!」CHOP!!



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:26:26.56 ID:9ALAkOK60

結衣(そうか…その手があったか…)

結衣(主人が奴隷に足を舐めさせて主従関係を成立させる…)

結衣(私が京子に足を舐めさせて…京子を私だけの奴隷にする!)

結衣(ああっ、どうして今までこんな簡単な方法を思いつかなかったんだ!)

結衣(京子は押しが弱いからな。罵倒を浴びせまくれば私の言う事を素直に聞くようになるだろう…)

結衣(1日でも早く京子を私を物にしたい!そうと決まれば早速、家に誘いこむか…)

結衣「なぁ京子、今晩うちで飯食ってくか?」

京子「おっ!いいのん!?」

結衣「ああ、なんなら泊まってってもいいぞ。ラムレーズンもあるからな」

京子「イヤッフゥゥー!今夜は寝かさないよ結衣~」

結衣「ああ…2人だけの最高の夜にしような」ニッコリ



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:31:11.59 ID:9ALAkOK60

こうして、ちなあか&結京の主従関係にある2組のカップルが成立したのであった

おわり



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:41:38.84 ID:9ALAkOK60

補足

>>75にある通り、ちなつちゃんのような人差し指が一番長い形をギリシャ型といいます。
日本人の場合、約7割が「エジプト型」、約2割が「ギリシャ型」、残りの約1割が「スクエア型(正方形型)」だそうです。

最後までお付き合い頂き有難うございました!


元スレ
ちなつ「お願い!あかりちゃんの足舐めさせて!」