1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 10:38:22.35 ID:vvTqMqss0

ヌギッ

ボロン ボロン

千早「うう……」

そこにはまごうことなき男性器が2つあった



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 10:44:15.72 ID:vvTqMqss0

千早「はぁ……なんでこんなことに」

千早「いったいどうしたらいいのかしら」

千早「そうだこんなときは春香に相談してみましょう」

―――

――



千早「春香」

春香「あ、千早ちゃん。どうしたの?」

千早「これを見て欲しいの」ボロン ボロン

春香「」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 10:46:02.93 ID:vvTqMqss0

春香「」

千早「失神してしまったわ」

千早「……」ムクムク ムクムク

千早「う、なにかしら」

千早「春香を見てるとムズムズする……」

千早「……ゴクリ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 10:53:06.01 ID:vvTqMqss0

ヌプッ ヌプッ

千早「ハァ……ハァ……」パンッパンッ

春香「」

千早「うっ」ドピュッ

千早「ふぅ……」シンナリ ギンギン

千早「くっ……もう片方がうずく」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 10:55:25.63 ID:vvTqMqss0

パンッパンッパンッパンッ!

千早「はぁ…あっ…あっ…くっ!」ドピュルルル

千早「はぁはぁ」

千早「……ふぅ」シンナリ シンナリ

春香「」ベッチョリンヌ

千早「う、私はなんてことを……」

千早「とりあえず綺麗にしなくちゃ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:02:11.16 ID:vvTqMqss0

千早「後始末が終わったから逃げてきたけど」

千早「はあ……これどうしようかしら」

千早「というよりもなぜ胸にこんなものが生えたのかしら……」ブツブツ

あずさ「あら? 千早ちゃんおはよう」

千早「あ、あずささん……おはようございます」

あずさ「バケツとタオルを持って朝からお掃除かしら?」

あずさ「えらいわねぇ。さすが千早ちゃん」

千早「い、いえそういうわけでは……」

千早「……」ジー

ムクムク ムクムク

あずさ「あら?」

千早(やばっ)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:06:32.31 ID:vvTqMqss0

あずさ「千早ちゃん胸が……」

千早「えっ!? ち、違います! これは……」

あずさ「……大きくなった?」

千早「……え?」

あずさ「やっぱり!」

あずさ「千早ちゃんのお胸、前よりもだいぶ大きくなってるわ」

千早「あ……」

千早(やばいテント張ってる……)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:10:13.88 ID:vvTqMqss0

あずさ「これはきっと遅れてきた成長期よ!」

あずさ「ふふふ」

千早「はは……」

あずさ「えーい」ピト

千早「ひゃあ!?」

あずさ「あら? なんだか感触が……」

千早「あ、あずささん触らないでください」

あずさ「あらあらあら?」モミモミ

千早「んっ……」

あずさ「あらあらあらあら?」モミモミ

千早「うっ!」ドピュ

千早「はぁ……はぁ……」シンナリ ギンギン

あずさ「あ、あら?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:14:06.88 ID:vvTqMqss0

あずさ「ど、どういうことかしら」

あずさ「片方がちいさくなっちゃった……」

千早(くっ、まずい……)

千早「ふんっ!」シュビッ!

あずさ「あ」

バタリ

千早(ついつい手刀を放ってしまった……)

あずさ「」

千早「……」ムクムク ギンギン



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:23:29.78 ID:vvTqMqss0

パンッパンッパンッパンッ!

千早「んうっ…あああ!」ドピュピュピュ

千早「はぁっ……! はぁっ……!」ギンギン シンナリ

千早「よ、よし……」

千早「もう片方を鎮めれば……」

ムクムクムク

千早「ええ!?」ギンギン ギンギン

千早「な、なんでもう回復してるの……」

千早「困ったわ……これじゃあいつまでたっても……」

千早「……あ!」

千早「ひらめいた!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:30:00.65 ID:vvTqMqss0

千早「まずは前に入れて……それから」

千早「こうやって……角度をつければ……」

ニュプププ……

千早「くっ! き、きつい」

ヌプププププン

千早「は、入ったわ!」

千早「くぅ……おしりってきついのね」

千早「でもこれなら一度に両方動かせるわ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:32:52.85 ID:vvTqMqss0

パンパンパンパン!

千早「っい……くっ!」

ドピュルルル ドピュルルル

千早「ぜぇ……ぜぇ……」マンゾク マンゾク

あずさ「」

千早「ま、またやってしまった」

千早「……」

千早「と、とにかく後処理をしましょう」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:41:50.61 ID:vvTqMqss0

―――

――



千早「はぁ……」トボトボ

響「おーい、千早ー」

千早「あ、我那覇さん」

響「掃除道具なんて持ってどうしたんだ?」

千早「あ、え、えっと……」

千早「か、壁が汚れていたから掃除してたのよ!」

響「そうなのかー」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:46:48.67 ID:vvTqMqss0

響「でも、そんなところにまで気が回るなんて千早はさすがだな!」

千早「そ、そんなことないわ……」

響「千早のそういうところ自分も見習いたいぞ!」

千早「我那覇さん……」

響「えへへ」ニコニコ

千早(かわいい……)

ムクムクムクムク

千早「……我那覇さん、今時間ある?」

響「うん大丈夫だぞ!」


千早「じゃあ一緒にお掃除しましょう」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 11:55:42.14 ID:vvTqMqss0

千早「ほらあそこの部屋、普段誰も使わないから汚れてるのよ」

響「お、確かに人が入ってくの見たこと無いな」

千早「でしょ? だから二人で片付けましょう」

ガチャリ

千早「ここよ」

響「おー確かに少し汚れてるかな?」

響「でも思ったほどじゃないかも」

ガチリ

響「あれ? なんで鍵閉めるんだ千早?」

千早(……)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:02:18.59 ID:vvTqMqss0

千早「我那覇さんってかわいいわね」

響「え、なんで突然そんなこと……」

千早「本当のことを言ったまでよ」ニコニコ

千早「お世辞抜きにうちの事務所で一番かわいいと思うわ」

響「え、じ、自分が!?」

千早「ええ」

響「そ、そんな自分……か、かわいいなんて言われたこと無いから照れるぞ……」

スタスタ

千早「じー」

響「そ、そんな近くで見つめられると照れるぞ」カァァ

千早「我那覇さん」

響「な、なんだ千早?」

千早「抱かせて」

響「え」

シュビッ!



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:07:44.46 ID:vvTqMqss0

響「あ」バタリ

千早「ふふ、手加減してあげた」

響「う、千早……なにを……」

千早「首を打ったからしばらくは動けないわ」

千早「意識はあるけどね」

千早「見て我那覇さん」ヌギッ

ギンギン ギンギン

響「え」

千早「今朝起きたらこうなってたの」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:13:36.00 ID:vvTqMqss0

響「な、なんだそれ」

千早「男性器じゃないかしら?」

響「え……」

響「な、なんでそんなものが」

千早「さあ……私に聞かれても困るわ」

グイッ

響「ひゃあ!?」

千早「とりあえず我那覇さんは脱ぎましょうね」

響「や、やめるんさ千早!」

響「こんなことしちゃだめだぞ!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:22:05.43 ID:vvTqMqss0

響「う、うう……駄目だぞ……」

千早「……我那覇さんってスタイルいいのね」

響「うう……」

千早「少し嫉妬するわ」チュパッ

響「ひゃあ!?」

響「そ、そんなとこ舐めたらきたないぞ!」

千早「ちゅぱちゅぱ」

響「ひっ…ん…」

響「はっ…あぁ…」

響「んっ…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:26:20.23 ID:vvTqMqss0

響「んふぅ…あぐっ」

響「ふああッ…やっ…ッん」

響「あ、だ、だめ…だぞ…」

響「んっ…あぁ…」

響「だ、だめ……ちは」

響「ンあッああっ」

響「だめぇッ!」

プシャアアアア



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:32:43.44 ID:vvTqMqss0

響「あう…」ハァハァ

千早「あらすごい量」

千早「おトイレ我慢してたのかしら?」

響「うう…」カァァ

千早「もう入れても大丈夫ね」

響「え、入れるって……」

千早「ふふ」

響「だ、駄目だぞ!」

千早「えい」

ニュプゥ……



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:36:56.79 ID:vvTqMqss0

響「あうっ!」

ニュプルルルルヌゥ

響「あっ…やっ…」

千早「前は入ったわ。次は後ろね」

響「え、後ろ?」

ニュミチィ……

響「ぎゃふっ!?」

千早「ほらリラックスして我那覇さん」

ヌブブブブ……

響「あううぅ……」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:41:38.06 ID:vvTqMqss0

千早「ふう。大丈夫我那覇さん?」

響「あうっ…きつ…」

千早「動くわよ」

響「えっ」

ヌッチャヌッチャ

響「ああっ…」

響「やぁっ…」

響「あひっ」

響「ひぎっ!」

響「あ…あん…あうん」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:45:04.97 ID:vvTqMqss0

パンパンパンパン

千早「ああ…我那覇さんいいわ…」

響「あっ…あひっ!」

響「だめ…え…」

響「そんなにガンガンしちゃ…」

響「だめ…だぞ…」

パンパンパンパン

響「ひぎっ」

響「ひあっ」

響「それだめっ…あっ…だめ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:48:22.87 ID:vvTqMqss0

千早「いくわよ我那覇さん!」

響「ひぎっ…あぁ…そこッ…」

響「そこ…いいッ…」

千早「あああっ!」

ビュルルルル ビュルルルル

千早「はぁ…はぁ…」

響「あッ…ああッ…」ビクンビクン



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:53:17.84 ID:vvTqMqss0

―翌日―

千早「はあ……」

千早「結局春香とあずささんの件はなんとかごまかせたわ」

千早「だけど……我那覇さんの件は……」

千早「ごまかしようがないわね……」

千早「うう、我那覇さんに会うのが怖いわ」

千早「はぁ……一体どうす

響「あっ」

千早「」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 12:57:01.08 ID:vvTqMqss0

千早「がっ我那覇さん! き、昨日はあの」

響「……」

千早「えっと……あの……」

千早「とんでもないことをしてしまって」

千早「あの……えと……」

千早「ごめんなさい!」ドゲザー

響「……」

千早「うう……」

響「……嫌だぞ」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 13:02:14.11 ID:vvTqMqss0

千早「うう……」

響「でも」

千早「……?」

響「自分の言うこと聞いてくれたら許してあげてもいいぞ」

千早「わ、私にできることなら!」

響「じゃあ……」


響「汚れてた部屋があるから掃除を手伝って欲しいぞ……」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 13:09:00.41 ID:vvTqMqss0

小鳥「終わったー!」

小鳥「冬コミ用の原稿書き終わったー!」

小鳥「締め切りの1ヶ月以上も前に完成させるなんて、なんてマジメなんだろう私は」

小鳥「さーて仕事も終わったことだし撮り溜めたアニメでも消化しようかな」

END


元スレ
千早「胸が72になってしまった……」