1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:54:47.11 ID:8z1oIJgC0

P「音無さんを抱きしめたくなる」

律子「はい?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:00:14.99 ID:8z1oIJgC0

律子「聞きたい事が色々あります」

P「答えられる範囲であれば」

律子「どうして私に言うんですか」

P「いま、事務所には俺と律子の二人きりだ」

律子「……はあ」

律子「どうして抱きつきたいんですか」

P「逆に聞くが、抱きつきたくならないのか?」

律子「なりませんよ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:07:11.39 ID:8z1oIJgC0

P「後ろからこう…ギュッと」

律子「……」

P「突然の出来事に驚くと思うんだよ」

律子「でしょうね」

P「いきなりどうしました、と言いつつも抵抗はしない」

律子「抵抗はすると思いますけど」

P「その時はアレだ」

律子「アレ?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:11:30.88 ID:8z1oIJgC0

P「耳元て名前を囁く」

律子(うわぁ……)

P「これは効くだろう」

律子「まあ、殿方にそれをやられると……」

P「しおらしくなった音無さんの抱き心地を存分に楽しめる訳だ」

律子「スケコマシって知ってますか」

P「失礼な、俺は音無さん一筋だ」


律子(いっそ告白すればいいのに)



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:20:49.55 ID:8z1oIJgC0

律子「この後にでも抱きしめてみるといいですよ」

P「うーん、隙が無いと言うか…」

P「抱きつく機会がなかなか無くてな」

律子「へえ」

P「仕方なく妄想で済ます毎日だ」

律子「妄想が先走りしすぎです」

P「お恥ずかしい」

律子「まったく……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:34:07.33 ID:8z1oIJgC0

P「喉乾いたな」

律子「そうですね」

P「何か飲み物でも買ってくるよ」

律子「私はミルクティでお願いします」

P「はいはい」


バタン


律子「……」


ガチャ


小鳥「お疲れ様です」

律子「あ、お疲れ様です」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:36:32.61 ID:8z1oIJgC0

律子「プロデューサーに会いましたか?」

小鳥「え?」

律子「いえ、今ちょうど出て行ったばかりなので」

小鳥「そうなんですか」

律子「……なんか機嫌いいですね」

小鳥「あ、わかります?」

律子「なんとなく」

小鳥「えへへ、実はですね」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:40:24.00 ID:8z1oIJgC0

律子「へえ、恋愛運が」

小鳥「はい!最高でした!」

小鳥「あなたの恋が進展する予感! 身近な人のアドバイスをよく聞くべし」

小鳥「……って」

律子「……そうですか」

小鳥「私にもついに春が」

律子「じゃあ、私からのアドバイスです」

小鳥「え?」

律子「気になる異性に背中を向けていると、いい事があるかも知れませんよ」

小鳥「背中、ですか?」

律子「はい」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:45:28.29 ID:8z1oIJgC0

小鳥(逆にダメな気がするけど……)

小鳥(身近な人のアドバイスは聞いておいた方がいいわよね)

小鳥「わかりました」

律子「……ところで小鳥さん」

小鳥「はい」

律子「私って、抱き心地どうだと思います?」

小鳥「……はい?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:50:41.84 ID:8z1oIJgC0

律子「やっぱり良くないでしょうか」

小鳥「いいえ!」


ギュウ


律子「ひゃい!?」

小鳥「こんなに抱き心地が良いんですから~」

律子「ちょ、いきなりやめて下さい!」



やよい「わあ……」

伊織「見ちゃダメよ、やよい」

小鳥「……あ」

律子「……あ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:53:16.08 ID:8z1oIJgC0

小鳥「ちょっと待」

伊織「ごゆっくり」

律子「訳を聞い……」

やよい「えっと、ごゆっくり?」


バタン


律子「……」

小鳥「……」

律子「どうしましょう」

小鳥「はは、あはは……」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:55:42.47 ID:8z1oIJgC0

ガチャ


P「お待たせ……って」

律子「終わった…」

小鳥「何もかも…」

P(なんか雰囲気重い……)


律子「ミルクティ、小鳥さんにあげて下さい」

小鳥「貰います」

律子「私は伊織を説得しに行きます」

小鳥「はい……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:02:10.12 ID:8z1oIJgC0

P「音無さん、ミルクティです」

小鳥「ああ、そこにおいて置いて下さい」



小鳥「このままだと同性愛疑惑が……」

P(なんかブツブツ言ってるけど、これはチャンスなのでは)

P(事務所に二人きり、無防備な背中……やるしかない!)

小鳥(律子さんからのアドバイス…何だったかな……)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:07:18.12 ID:8z1oIJgC0

ギュッ


小鳥(ええと、気になる異性に……)

小鳥「せな……!?」

P(あれ、反応薄い)




小鳥「えええええ!?」

P「わ! 暴れないで下さい」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:12:27.17 ID:8z1oIJgC0

小鳥「き、あぅ……はひ!」

P「…小鳥」ボソッ


小鳥「っ……!」

P「力を抜いて」

小鳥「は、はひ……」


ギュゥ


小鳥(なんなのこれ! なんなのこれぇ!)

P(思った以上に素晴らスィー!!)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:20:44.72 ID:8z1oIJgC0

小鳥「ど、どうして急に……?」

P「音無さんの背中を見てたら衝動的に」

小鳥「……い」

P「はい?」


小鳥「名前で、呼んで下さい」

小鳥「さっきみたいに」

P「え、あ、はい……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:22:59.26 ID:8z1oIJgC0

P「……小鳥さん」

小鳥「はいっ」




やよい「……」ワクワク

伊織「見ちゃダメだってば」

小鳥「」

P「」

伊織「本ッ当に節操ないんだから!」

伊織「何なのよ! ウチの事務所は!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:24:47.61 ID:8z1oIJgC0

伊織「今度こそ帰るわ」

やよい「お幸せに~」


バタン



P(見られてもうた……)

小鳥(お幸せに……えへへ)



ガチャ


律子「やっと説得に成功しましたよ」

律子「って、あれ?」

P「……何でもないよ、はは…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:29:26.66 ID:8z1oIJgC0

小鳥「……」

律子「顔が緩み切ってますよ」

小鳥「……はっ!」

律子「いい事あったみたいですね」

小鳥「はい」



律子「抱き心地、どうでした?」

P「抱き心地は良かったよ」

P「今、生きた心地はしないけどな」

律子「うまい事言ったつもりですか」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:34:10.97 ID:8z1oIJgC0

P「もうアレだ」

P「開き直って毎日抱きしめる事にした」

律子「それはそれは」







やよい「……」

伊織「まったく……」

やよい(伊織ちゃんにギュッとしたらどうなるかな?)


おわり


元スレ
P「ふとした瞬間に」