1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:21:33.76 ID:Gg1sB5q30

結衣「……」ガラッ

きょうこ「……グス…ヒグ…」

結衣「えっ(誰だこの子…なんで部室に…)」

きょうこ「……」チラッ

結衣「あっ(目が合った…)」

きょうこ「うっ……うわぁぁぁぁん!!」

結衣「ちょっ…えぇ?!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:25:51.66 ID:Gg1sB5q30

結衣「な、泣かなくても大丈夫だよ?」

きょうこ「うぅ…ズズズ…」

結衣「お姉ちゃんなにも怖い事しないよ?…ね?」

きょうこ「グスン…」

結衣「……」

結衣「きみ…お名前なんていうの?」

きょうこ「……」

きょうこ「きょうこ…です」

結衣「えっ?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:29:42.11 ID:Gg1sB5q30

きょうこ「きょうこです…」

結衣「そ、そっかぁ!(きょうこ…京子…)」

結衣「きょうこちゃんはなんでこんなところにいるの?ここ中学校だよ?」

きょうこ「……」シュン

結衣「?」

きょうこ「……」ジワ…

結衣「?!」

きょうこ「うわぁぁぁぁん…!」

結衣「(ま、まずい…どうすれば…)」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:35:39.57 ID:Gg1sB5q30

ちなつ「結衣せんぱーい♪」ぎゅっ

結衣「わわっ…ちなつちゃん!」

ちなつ「放課後の時間まで待ち遠しかったですぅ!」スリスリ

結衣「あのねちなつちゃん。今それどころじゃ…」

ちなつ「ん?」チラッ

きょうこ「……」ビクビク

ちなつ「……」ジー

きょうこ「うぅ…」///



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:41:41.37 ID:Gg1sB5q30

ちなつ「結衣先輩…この子…」

あかり「あぁ~!結衣ちゃんが年下の女の子泣かせてる!?」

結衣「あ、あかり!人聞きが悪い事言うな!」

きょうこ「うえぇぇぇん…!」

あかり「よしよし…怖かったんだよね…?もう平気だよ。あかりがついてるからね?」スリスリ

きょうこ「……」ぎゅっ

結衣「なんかあかりにえらく懐いてるな。知り合いなのか?」

あかり「えっ?知らないよ?」

結衣「……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:45:38.74 ID:Gg1sB5q30

ちなつ「それで…誰なんですか?この子」

結衣「名前はさっき聞いたんだ…『きょうこ』ちゃんだよ」

ちなつ「えっ」

あかり「へぇ~きょうこちゃんかぁ。可愛い名前だねぇ」ナデナデ

きょうこ「……」///

あかり「きょうこちゃん…?きょうこちゃん…あれ?どこかで聞いた様な…」

あかり「……」

ちなつ「……」

結衣「…幼馴染だろ」

あかり「ま、まさかきょうこちゃんって京子ちゃん?!」

きょうこ「?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 16:59:25.91 ID:Gg1sB5q30

ちなつ「本当なんですか?結衣先輩」

結衣「い、いや…私だって信じたくないけど…」

あかり「思えば昔のきょうこちゃんこんな感じだったよねぇ?」

結衣「瓜二つだな…でもそれだけじゃそうとも言い切れないだろ?」

あかり「そ、そっか!」

ちなつ「京子先輩が部室に来ないのもなんか…タイミング的に嫌な予感がします」

結衣「……」

結衣「きょうこちゃん」

きょうこ「…はい」

結衣「きょうこちゃんの名字はなんていうの?」

きょうこ「としのう…です」

結衣ちなつあかり「」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:15:11.44 ID:Gg1sB5q30

結衣「こ、これは…」

ちなつ「歳納なんて名字…なかなかありませんよね…」

あかり「きょ、京子ちゃん!」

きょうこ「は、はい!」ビクッ

あかり「な、なんで今まで正体を隠していたの…?一言あかりに相談してくれれば…」

きょうこ「な、なに言ってるんですか…?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:19:48.87 ID:Gg1sB5q30

あかり「な、なにって…!あかり達友達なんだよ?だったら相談くらい…」

きょうこ「……」

あかり「どうしたの?京子ちゃん?」

きょうこ「お姉ちゃん達…だれ?」

結衣「……」

ちなつ「……」

あかり「あかりだよ!あかりの事忘れちゃったの?!」

きょうこ「うそ…あかりちゃんは私より年下だもん…」

あかり「……」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:29:34.04 ID:Gg1sB5q30

きょうこ「わたしの方が…お姉ちゃんだもん…」

あかり「そ、それはそうなんだけど…えっと…どう言えば…」

ちなつ「どうやら京子先輩の記憶は残ってないみたいですね」

結衣「そうみたいだな…小学生だったあの時の事しか覚えてないみたいだ」

綾乃「歳納京子!!」ガラ

きょうこ「ひぃ!?」ビクッ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:37:05.64 ID:Gg1sB5q30

綾乃「私のプリン返しなさいよー!」

綾乃「ん?」キョロキョロ

結衣「……」

ちなつ「……」

あかり「……」

綾乃「歳納京子は…?」

結衣「いるよ。目の前に」

綾乃「えっ?」チラッ

きょうこ「あっ…あぁ…」ビクビク



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:47:15.51 ID:Gg1sB5q30

あかり「びっくりした?もう大丈夫だよ…」ヨシヨシ

きょうこ「うぅ…」

千歳「つまり歳納さんが突然幼児化してしまったという事やんなぁ?」

結衣「(いきなり登場して頭良いな…)」

綾乃「ほ、本当なの…?この小さい子が歳納京子…」

きょうこ「……」ブルブル

あかり「(京子ちゃん震えてるよ…杉浦先輩が怖いのかな…)」スリスリ

ちなつ「ちなみに中学生だった記憶はないみたいですよ」

綾乃「そ、そうなんだ…」

綾乃「……」

綾乃「ご、ごめんね歳納京子…いきなり大声だして…」

きょうこ「……」プィ

綾乃「(き、嫌われた…!)」ガーン

千歳「綾乃ちゃん。元気出すんやで?」

綾乃「」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:03:39.95 ID:Gg1sB5q30

……

結衣「んー、こほん」

結衣「それで…きょうこちゃんをどうすれば良いと思う?」

ちなつ「はい」

結衣「はい、ちなつちゃん」

ちなつ「元の京子先輩に戻すのが一番良いと思います。体が戻れば記憶も元に戻るのではないかと…」

結衣「それは私も賛成…だけど元に戻す方法が…」

千歳「西垣先生なら何か知ってるんちゃう?」

綾乃「そ、そうね!原因解明は西垣先生に頼んでみるとして…問題は…」

綾乃「それまで歳納京子をどうするかだけど…」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:12:08.68 ID:Gg1sB5q30

ちなつ「普通に考えれば京子先輩の家まで私達が送って…」

結衣「京子の家族がこんな突飛な話信じてくれるだろうか…」

綾乃「それなら警察に電話して保護してもらうとか!」

千歳「頭がおかしな中学生と思われるかもしらんなぁ」

綾乃「……」

綾乃「ど、どうしよう…」

ちなつ「そういえばあかりちゃんは?」

結衣「きょうこちゃんの面倒見てもらってる。こんな話きょうこちゃんの目の前じゃしにくいだろ?」

綾乃「あっ、ホントだ」

オダンゴバクダーン キャッキャ ウフフ

千歳「ふふ、仲がええんやねぇあの二人」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:19:25.38 ID:Gg1sB5q30

千歳「いっその事ここにいるみんな交代で京子ちゃんを家に泊めてあげたらええんとちゃうかな?」

綾乃「えぇ?!」

ちなつ「……」

ちなつ「私は別に…かまいませんけど…」

結衣「現状だとそれしかないかもな」

綾乃「そ、それでいいの!?みんな!」

千歳「綾乃ちゃんも協力できる?」

綾乃「わ、私は…その…その!」

千歳「 協 力 で き る ? 」

綾乃「しょ、しょうがないわね…!困った時はお互い様と言う事で」

結衣ちなつ「(鼻血が……)」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 19:49:55.07 ID:Gg1sB5q30

……

結衣「じゃあ今日は私の家に泊めるよ」

ちなつ「(結衣先輩の家にお泊りなんて…羨ましい)」

あかり「それじゃあきょうこちゃん。また明日ね?」

きょうこ「……」

結衣「じゃあいこっか?」

きょうこ「……」

結衣「?」

綾乃「(赤座さんの方見てるわね…)」

あかり「すぐ会えるから…ね?」

きょうこ「…うん」


ちなつ「結衣先輩大丈夫かなぁ」

あかり「結衣ちゃんは小さい子好きだから大丈夫だよ!心配無用だよ!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:03:29.61 ID:Gg1sB5q30

……

結衣「きょうこちゃんは今何歳?」

きょうこ「8歳…」

結衣「そうなんだ。学校は楽しい?」

きょうこ「…うん」

結衣「好きな男の子とかいるの?」

きょうこ「ゆいが好き…かっこいいから…」

結衣「」

きょうこ「あとあかりちゃんも好き…」

結衣「そ、そうなんだ!」///

結衣「つ、ついたよきょうこちゃん!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:11:40.93 ID:Gg1sB5q30

きょうこ「ここ…お姉ちゃんの家?」

結衣「そうだよ。お姉ちゃん一人暮らししてるんだ」

きょうこ「……」

結衣「ほら、ドア開けてみて?」

きょうこ「よいしょ…っと」ガチャン

結衣「よくできました」

まり「お姉ちゃん」ヒョコ

きょうこ「ひっ?!」

結衣「驚かせちゃった?いとこのまりちゃん。今遊びに来てるんだ」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:32:04.92 ID:Gg1sB5q30

まり「……」

きょうこ「……」

結衣「まりちゃん。あいさつできる?」

まり「まりです…」

きょうこ「きょ、きょうこです…」

結衣「二人とも歳は同じくらいかな?仲良くね」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:43:57.62 ID:Gg1sB5q30

まり「お姉ちゃん」

結衣「ん?」

まり「……」ボソボソ

結衣「えっ?ダ、ダメだよまりちゃん。お姉ちゃんこれからご飯作らないと…」

きょうこ「……」ジー

きょうこ「(ゆいに似てる…)」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:51:34.89 ID:Gg1sB5q30

……

結衣「(えーと買ってきたほうれん草はここに…)」

結衣「(ふふっ、二人でDVD見てるのか…可愛いな)」

フルボッコシチャウゾ♪

まり「……」ジー

きょうこ「……」ジー

まり「ミラクるん知ってる?」

きょうこ「し、知らない…」

まり「ミラクるんに会ったことある?」

きょうこ「な、ないけど…まりちゃんはあるの?」

まり「偽物に会った事ならあるよ」

きょうこ「偽物がいるの?」

まり「うん」

結衣「……」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:52:18.26 ID:Gg1sB5q30

結衣「おまたせー」

まり「わぁー」

結衣「カレーだよ。きょうこちゃんもいっぱい食べてね?」

きょうこ「うん」


結衣「おいしい?」

きょうこ「うん!とってもおいしい!」

結衣「そっか。喜んでくれて嬉しいよ」

きょうこ「……」パクパク

結衣「(よく食べてくれてる。だんだん私の家に馴染んできてくれてるかな?)」

結衣「まりちゃんはどう?」

まり「おいひい…うにが入ってる」

結衣「いや…入ってないんだけど…」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:06:53.02 ID:Gg1sB5q30

結衣「それじゃあお風呂にしよっか
   きょうこちゃん先に入っていいよ」

きょうこ「えっ?」

結衣「もう沸いてるから
   着替えはまりちゃん貸してあげてね?」

まり「うん」

きょうこ「あの…あの……」

結衣「?」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:07:36.81 ID:Gg1sB5q30

結衣「どうしたのきょうこちゃん」

きょうこ「み、みんなと一緒にはいる…」

結衣「……」

結衣「(そっか…まだ小学生だもんな…
    京子(中学生)がよく泊まりに来るからいつもの癖で…)」

結衣「じゃあ私とまりちゃんと三人で入ろっか?」

きょうこ「う、うん!」パァ

まり「このミラクるんも一緒にお風呂連れてっていい?」

結衣「そ、それは!」

結衣「それはまた今度にしよう?まりちゃん…」

まり「…はぁい」

結衣「(…京子作のM字開脚ミラクるん粘土……捨てるの忘れてた…)」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:29:18.42 ID:Gg1sB5q30

結衣「足滑らさないように気をつけて」

まりきょうこ「はーい」

結衣「(っていうか三人湯船に浸かれるか微妙かも)」

結衣「……」

結衣「きょうこちゃんおいで?髪洗ってあげる」

きょうこ「うん。お姉ちゃんありがと」

結衣「リボンとるね?目つぶって?」

きょうこ「~~~~」

結衣「(ふふっ、懐かしいなぁ…昔はよくこうして京子とお風呂に入ったっけ…)」

まり「お姉ちゃん、まりも」

結衣「ま、待って!まりちゃんも洗ってあげるから」

結衣「(子どもとお風呂ってけっこう忙しいんだな…)」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:46:02.65 ID:Gg1sB5q30

……

まり「お姉ちゃんもういい?」

結衣「うん。まりちゃんはオッケー」

ゴーゴー

まり「きょうこちゃんごめんね?まりの方が髪短いから…」

きょうこ「ううん。先にジュース飲んでていーよ?」

結衣「まりちゃん。三人分用意しておいて?できるかな」

まり「うん。わかった」タッタッタ

きょうこ「まりちゃん。ありがとう♪」

結衣「(ふふっ、二人ともすっかり仲良くなっちゃって)」

結衣「(子どもって可愛いなぁ)」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:03:43.43 ID:qxXyJY0h0

結衣「メールがきてる」

From:綾乃

本文
西垣先生に聞いたみたんだけど歳納京子の身に起こった事は解明できないらしいの…
今後も調べてくれるとは言ってくれたんだけど…あまり期待は持てないかもしれないわ
船見さんもできる事なら幼くなった歳納京子から何か聞きだしてみてちょうだい
元に戻すヒントを得られるかもしれないわ

結衣「……」

結衣「(聞きだすって言ってもな…また泣かれちゃったらどうしよう…)」

結衣「……」カチカチ

まり「おねえちゃんなにしてるの?」

結衣「へっ?め、メールだよ」

きょうこ「めーる?」

結衣「そう、めーる」カチカチ



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:17:36.35 ID:qxXyJY0h0

結衣「じゃあ今日はもう寝ようか」

まり「まりお姉ちゃんの横で寝たい」

きょうこ「あの…わたしも…」

結衣「二人とも、私の体は一つしかないんだぞ?」

まり「お姉ちゃんが真ん中で寝ればいいんだよ」

結衣「まりちゃん頭いいね」ナデナデ

まり「褒められた」

結衣「じゃあ電気消すからね」

パチ

結衣「……」

まり「……」

きょうこ「……」

結衣「(さりげなくきょうこちゃんに聞いてみようか…)」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:21:20.65 ID:qxXyJY0h0

結衣「(よし…これも京子本人の為だよな…)」

結衣「きょうk」

きょうこ「うぅ…」ギュッ

結衣「ん?」

きょうこ「……」カタカタ

結衣「(きょうこちゃん…私に抱きつきながら震えてる…)」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:27:45.19 ID:qxXyJY0h0

結衣「どうしたの?大丈夫?」

きょうこ「…おねえちゃん…こわい…」

結衣「…怖い?なにが怖いの?」

きょうこ「お姉ちゃんに初めて会ったときよりもね?
     前の事を思い出そうとするととっても怖くなるの……」

結衣「初めてあった時って…あの部室でのこと?」

きょうこ「そう…うぅ……グスン」

結衣「きょうこちゃん…」

きょうこ「お姉ちゃん…いなくなっちゃやだよ…?」

結衣「大丈夫だよ?私が朝まで一緒にいるから…安心して?」

きょうこ「…うん」

結衣「……」

結衣「(これ以上は聞けない…こんなに怯えてる小さな子を追い詰める様なまねは…)」

まり「…zzz」

結衣「(京子に…京子になにが起こったって言うんだ?くそ…)」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:44:56.37 ID:qxXyJY0h0

………

ちなつ「結衣先輩♪昨日はどうでした?」

結衣「ちょっと疲れたかな。まりちゃんもいたしね」

ちなつ「お疲れ様ですぅ~」フリフリ

結衣「それで…西垣先生は?」

綾乃「もう少し時間が欲しいと言ってたわ。歳納京子はなにか重要な事を喋った?」

結衣「部室に来る前の事を思い出すのが怖いって…そう言ってたよ」

千歳「怖い…?なにか恐ろしいめにあったんかなぁ?」

結衣「わからないけど…それ以上は聞けなかった…ごめん」

ちなつ「そんな!謝らないでくださいよぉ!」

千歳「それはそうと今日は吉川さんの番やね?」

結衣「ちなつちゃん。頑張って」

ちなつ「任せてください~。私子どもの相手するの得意ですからっ!」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:56:57.69 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「ここがお姉ちゃんの部屋だよ♪」

きょうこ「……」

ちなつ「そんな借りてきた猫さんみたいにならないで!
    自分の家だと思ってくつろいでいいから」

きょうこ「は、はい…」

ちなつ「ね?」

きょうこ「……」

ちなつ「(本当に京子先輩なのかな?でも昔は大人しかったって言ってたし…
     こんな控えめで可愛い妹なら欲しかったかも!)」

きょうこ「お姉ちゃん…」

ちなつ「んー?どうしたの?」

きょうこ「ミラクるんって…知ってる?」

ちなつ「……」



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:03:46.70 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「知ってる?」

ちなつ「み、ミラクるん知ってるんだぁ!すごいね!」

きょうこ「昨日まりちゃんと一緒に見たから…」

ちなつ「そうなんだぁ!」

きょうこ「お姉ちゃんミラクるんに変身できるんでしょ?」

ちなつ「えっ?」

きょうこ「みたい…」

ちなつ「……」

ちなつ「(あの変身服とか持ってねーし…どうすれば…どう…)」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 01:08:58.58 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「お姉ちゃんこれ…」

ちなつ「こ、これは…!」

きょうこ「うけとってください」

ちなつ「(ミラクるん衣装…ステッキまでありやがるし…)」ビキビキ

ちなつ「こ、これどうしたの?」

きょうこ「あかねお姉ちゃんがお姉ちゃんに渡してあげてって」

ちなつ「(あかねお姉ちゃん?お姉ちゃんの友達の…?)」

きょうこ「……」ドキドキ

ちなつ「(なに…その切望の眼差しは…)」



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 13:26:45.43 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「……」ガチャ

きょうこ「わぁー」

ちなつ「……」

きょうこ「ほんとうに、ほんとうにお姉ちゃん変身できるんだ」

ちなつ「(覚悟を決めるのよ…ちなつ…)」

ちなつ「愛と正義の魔女っ娘ミラクるん!華麗に登場☆」キャピ

きょうこ「……」キラキラ

ちなつ「(ふふっ、今度は完璧…)」

きょうこ「でもお姉ちゃん偽物なんでしょ?」

ちなつ「はっ?」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 13:33:25.40 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「!」

ともこ「ちなつ顔が怖くなってるわ」

ちなつ「はっ!(いけないいけない)」キャピ

ちなつ「ってお姉ちゃん!いつの間に!」

ともこ「ふふ、よく似合ってるわよ。ちなつ」

ちなつ「は、恥ずかしいから見ないでよ!」///

きょうこ「……」

きょうこ「(やっぱり偽物だ)」



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 13:54:48.70 ID:qxXyJY0h0

ともこ「可愛いお嬢さんね。ちなつのお友達?」

ちなつ「そんなところかな。今日はウチに泊まるから」

ともこ「あらそうなの♪ちなつの姉のともこです」

きょうこ「としのうきょうこです…8歳です」

ともこ「よろしくね。きょうこちゃん(気のせいかしら…この子どこかで…)」

きょうこ「ハイ…」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 14:10:26.72 ID:qxXyJY0h0

ともこ「じゃあちなつ。ごはんができるまできょうこちゃんと遊んであげてね?」

ちなつ「そうだね。きょうこちゃん何して遊びたい?」

きょうこ「ミラクるん見たい」

ちなつ「ミ、ミラクるんはないかなー…ごめんね?(DVD持ってないし)」

ともこ「(ちなつがお姉さんなんて…とっても新鮮で良いわね)」ウットリ

きょうこ「……」

ちなつ「んー、どうしよっか?」

きょうこ「……」

ちなつ「一緒にお絵かきでもする?」

きょうこ「うん!」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 14:22:21.35 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「~♪」

ちなつ「きょうこちゃん何かいてるの?」

きょうこ「お姉ちゃん」

ちなつ「あっ、私を描いてくれてるんだー?」

きょうこ「うん」

ちなつ「ちょっと見せて?」

きょうこ「いいよ」

ちなつ「!!」

ちなつ「(上手い!やっぱり京子先輩って小さくなっても…
     こんなに幼いのに色彩とかもしっかりしてて…私に匹敵する才能かも…)」

きょうこ「お姉ちゃんも描いて」

ちなつ「えっ?」

きょうこ「かいて」

ちなつ「じゃあ私はきょうこちゃんを描こっかなぁ」

きょうこ「うん!」



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 14:48:56.00 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「……」サッサ

きょうこ「……」

ちなつ「……」ヌリヌリ

きょうこ「……」

ちなつ「でーきた♪」

きょうこ「みせてー」

ちなつ「(けっこうマジになっちゃったかな)」

ちなつ「じゃあいくよ?3・2・1…」

きょうこ「……」ドキドキ

ともこ「二人ともご飯できたわよ♪」

ちなつ「あぁ残念!私の絵はまた後で見よう?先にご飯食べなくちゃ」

きょうこ「う、うん!」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 14:58:56.13 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「どう?お姉ちゃんのオムライスおいしい?」

きょうこ「とってもおいひい!」

ちなつ「そっか、どんどん食べてね?」

ともこ「ふふっ。お口に合って良かったわぁ」

きょうこ「……」パクパク

ちなつ「(こういう所は食いしん坊の京子先輩にそっくりかも…)」

ちなつ「きょうこちゃん。食べ終わったらお姉ちゃんと一緒にお風呂入ろう?」

きょうこ「うん!」

ともこ「(お姉ちゃんと一緒にお絵かきしたり…
     お姉ちゃんと一緒にご飯食べたり…
     お姉ちゃんと一緒にお風呂で洗いっこしたり…
     お姉ちゃんと一緒にお布団で眠ったり…)」

ともこ「(姉妹ってやっぱり素敵よね…)」ウットリ



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:04:50.96 ID:qxXyJY0h0

……

ちなつ「それじゃあきょうこちゃん。そろそろ寝よっか?」

きょうこ「うん」

ちなつ「電気消すね?」

きょうこ「うん」

パチッ

きょうこ「……」

きょうこ「お姉ちゃん」

ちなつ「ん?」

きょうこ「ぎゅってしてもいい?」

ちなつ「いいよ?おいで」

きょうこ「……」ぎゅ

ちなつ「ふふっ」



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:05:27.60 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「(この京子先輩ならどれだけ抱きつかれても嫌じゃないかも
     ちっちゃくて柔らかくてとってもカワイイ
     キス…してあげてもいいかなって…なに考えてるんだろ私!)」

きょうこ「……」スッ

ちなつ「ん?きょうこちゃんどこ行くの?」

きょうこ「おトイレ…」

ちなつ「お姉ちゃんも一緒に行ってあげようか?」

きょうこ「一人でいけるもん」

ちなつ「そ、そっか」



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:09:02.45 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「…」トコトコ

きょうこ「……」

きょうこ「…」ヒタヒタ

きょうこ「……」

きょうこ「(まっくら…やっぱり怖くなっちゃった…)」

きょうこ「……」ガクガク

きょうこ「お、おねえちゃ…」

ピラッ

きょうこ「?」

きょうこ「この紙…昼間お姉ちゃんがお絵かきしてた…」

きょうこ「お姉ちゃんがわたしを描いてくれた…」



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:13:14.75 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「みてみよう…」

ピラッ

>>251http://10up.20ch.net/s/10mai859694.jpg

きょうこ「ひぃ?!」

ガタン!!

きょうこ「あっ…あぅ……」チョロロ…

きょうこ「……」

ともこ「なーに?今の声…」

きょうこ「」

ともこ「あら?」



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:17:39.51 ID:qxXyJY0h0

ちなつ「どうしたの?お姉ちゃん」

ともこ「きょうこちゃんが…」

ちなつ「きょうこちゃん?!どうしたの?!きょうこちゃん!!」

きょうこ「」

ともこ「完全に気を失ってるみたいね」

ちなつ「そ、そんなぁ!」

ともこ「この絵…ちなつが描いたの?」ピラッ

ちなつ「そ、そうだけど…きょうこちゃんまさかこれを見て…」

ともこ「どうやらちなつの芸術に魅せられすぎて失神してしまったみたいね」

ちなつ「ご、ごめんね!きょうこちゃん!私のせいで…グス」

きょうこ「」



274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:26:44.78 ID:qxXyJY0h0

………

あかり「なんかきょうこちゃん怯えてない?」

きょうこ「……」ガクガク

ちなつ「き、気のせいじゃないかな?」シラー

あかり「きょうこちゃん大丈夫?ミラクるんに何か変な事されちゃった?例えばちゅーとか…」

ちなつ「(ミラクるんの衣装きょうこちゃんに渡したのおまえか…)」ビキビキ

結衣「ち、ちなつちゃん…顔」

ちなつ「えっ?おかしかったですか?」キャピ

きょうこ「ミラクるんのお姉ちゃん…こわい」

ちなつ「んなっ?!」ガーン



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:42:28.04 ID:qxXyJY0h0

あかり「怖がらなくても大丈夫だよ?今日はあかりの家にお泊りだから」

きょうこ「うん」ぎゅ

あかり「えへへ」ナデナデ

千歳「本当に仲がええんやなぁ」

結衣「ねぇ綾乃、西垣先生はまだ…」

綾乃「分からないみたいね」

結衣「そ、そっか…」

千歳「綾乃ちゃんの番まで歳納さん戻らなければええなぁ?」

綾乃「なっ?!そ、そんな事私は思ってないし!」///

あかり「じゃあきょうこちゃん!あかりの家まで競争だよ?」

きょうこ「うん!」



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:50:32.24 ID:qxXyJY0h0

……

あかり「お姉ちゃんあかりの言う事信じてくれるんだね?このきょうこちゃんが京子ちゃんだって…」

あかね「あかりの言う事ならお姉ちゃんなんだって信じるわよ?」

あかり「ありがとうお姉ちゃん!それじゃあ今夜はあかりの部屋に泊まるけどよろしくね!」

きょうこ「よろしく…おねがいします」

あかね「ええ、よろしくね?」

あかね「(ふふ、昔の京子ちゃんを思い出して…なんだか懐かしくなってきちゃったわ)」ニッコリ



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:53:11.42 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「……」キョロキョロ

あかり「ん?」

きょうこ「……」

あかり「どうしたの?きょうこちゃん。何か探し物?」

きょうこ「あかりちゃんの家…雰囲気変わった…」

あかり「そ、そうかな?いつもこんな感じだと思うけど…」

きょうこ「あかりちゃんはどこかに出かけてるの?」

あかり「えっ?」

あかね「……」



286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 15:57:03.94 ID:qxXyJY0h0

あかり「あ、あかりは目の前にいるよ!存在感ないって言われるけどよく見て!」

きょうこ「……」ジー

あかり「ねっ?お姉ちゃんの名前言えるよね?」

きょうこ「あかねお姉ちゃん」

あかり「えっ?」

あかね「……」

あかね「ね、ねぇきょうこちゃん!お姉ちゃんは誰だと思う?」

きょうこ「?」

きょうこ「あかりちゃんのお母さん」

あかね「」ガーン

あかり「(ええぇぇぇぇ?!?!)」



294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 16:07:51.10 ID:qxXyJY0h0

きょうこ「お姉ちゃん?」

あかり「(きょうこちゃんあかりをお姉ちゃんだと…だから…だからあかりにそんなに懐いて…)」ガクッ

あかね「(あかりちゃんのお母さん…おかあ……わたし…そんなに老けて…)」ガクッ

きょうこ「ど、どうしたの…?」

あかね「……」

あかり「……」

きょうこ「あのっ…あの…」オロオロ

あかね「(はっ!)」

あかね「そ、そうなのよ!あかりは今親戚の家に泊まりに行ってるの!だからあかりは今日家には帰らないのよ?」

あかり「(お、お姉ちゃん?!)」

きょうこ「そ、そうなんだぁ…あかりちゃん」ショボーン



385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:42:14.96 ID:qxXyJY0h0

あかり「お、おねえちゃ…むぐ?」

あかね「(いいから、あかりはそのままお姉ちゃんのフリしてなさい?
     その方が何かと都合が良いでしょ?)」

あかり「(う、うん…わかったよぉ)」

きょうこ「あかりちゃんと遊べないんだぁ…」

あかり「へ、平気だよ!あかr…ね達二人でいっぱい遊んであげるから!」

きょうこ「ほんとう?」

あかり「本当だよ?ね?お母さん」

あかね「そ、そうね!ふふっ」ニッコリ

きょうこ「やったぁ」



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:50:20.13 ID:qxXyJY0h0

あかね「じゃあ晩御飯はお…お母さんが作るから、それまで二人でお風呂に入ってらっしゃい?
    もう沸かしてあるの」

あかり「わぁい、一緒に洗いっこしよう?きょうこちゃん」

きょうこ「う、うん!」

あかね「ゆっくり温まってらっしゃい?」

あかりきょうこ「「はーい」」

あかね「……」

あかね「(お姉さんをしてるあかり…とっても可愛いわぁ…)」



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 23:59:15.97 ID:qxXyJY0h0

あかり「誰かと一緒にお風呂入るの久しぶりだよぉ。なんだかワクワクしちゃう」

きょうこ「わたしもお姉ちゃんと一緒にお風呂入れてうれしい」

あかり「そっかぁ、そう言ってもらえるとお姉ちゃん嬉しいなぁ。はい、バンザーイ」

きょうこ「ん…しょ…」

あかり「きれいにお洗濯してあげるからね?リボンもとってあげる」ササッ

きょうこ「ありがとう。お姉ちゃん」

きょうこ「……」ジー

あかり「ん?どうかしたの?」

きょうこ「お姉ちゃんのお団子…とってあげる」

あかり「えぇ?!こ、これはこのままでいいよぉ!」

きょうこ「でも…とらないと」

あかり「し、心配無用だよ!あっ触っちゃダメぇ!」



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:10:15.45 ID:swJDocwt0

あかり「きょうこちゃん♪」

きょうこ「なぁに?」

あかり「これなーんだ?」

きょうこ「!!」

きょうこ「ミラクるん…!」

あかり「あったり~♪ミラクるんの魔法ステッキ型シャンプーだよ?」

きょうこ「すごい…」キラキラ

あかり「ほらぁ?シャンプーもミラクるんと同じピンク色だよ?
    今日はこれで髪の毛洗おうね?」

きょうこ「うん!」

あかり「嬉しい?」

きょうこ「とっても嬉しい!お姉ちゃん大好き!」

あかり「そっかぁ…えへへ」

あかり「(この日の為に準備しといたんだよね~
     お小遣い削られちゃったけど喜んでくれて良かったぁ!)」



417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:19:20.93 ID:swJDocwt0

あかり「かゆいとこない?」ワシャワシャ

きょうこ「うん…」

あかり「目に泡が入っちゃったらすぐに言うんだよ?あかr…ねがとってあげるから」

きょうこ「うん…」

あかり「きれいなお髪だねー、きょうこちゃん」

きょうこ「お姉ちゃんだってきれい」

あかり「そうかな?ありがとぉ」

あかり「……」ワシャワシャ

あかり「(ふふっ、こうしてると昔京子ちゃんと遊んだ時の事色々思い出すな~
     あかりだけお姉ちゃんで京子ちゃんの面倒見てあげるのって正直複雑な心境だけど…)」

あかり「(なんだか京子ちゃんの世話してあげるのとっても楽しいよぉ)」



422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:32:36.46 ID:swJDocwt0

あかり「おいでー、バスタオルでふいてあげる」

きょうこ「自分でふけるよぉ」

あかり「よいではないかーよいではないかー」クシクシ

きょうこ「きゃっ…あははっ」

あかり「ほらほらぁ♪」

きょうこ「あははっ、くすぐったいよぉ」

あかり「ふふっ、じゃあそろそろ下着を…」

あかり「!!!!」

きょうこ「お姉ちゃんどうしたのー?」

あかり「(きょうこちゃんの替えの服の事考えてなかった…)」



425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:37:51.78 ID:swJDocwt0

あかり「(どうしよう…どうしよう…)」タラタラ

あかり「(前の服もう洗濯機の中入れちゃったし…)」ゴオンゴオン

あかり「……」

きょうこ「お姉ちゃん?…急にかたまってどうしたの?」

あかり「!」

あかり「ご、ごめんねきょうこちゃん!お姉ちゃんすぐに戻ってくるから!」

きょうこ「えっ?えっ」

あかり「このままバスタオルにくるまっててね?」

きょうこ「あっ、おねえちゃ……行っちゃった…」

あかり「(あかりの昔のパジャマ探してこよう…!きっとあかりの部屋にしまってあった筈だよね!)」



430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:41:52.38 ID:swJDocwt0

あかり「…ここでもない」ガサガサ

あかり「…あっちでもない」ゴソゴソ

あかり「……」

あかり「ない…どこにもないよお!?確かここの棚にしまってあった筈なのにぃ…!」

あかり「どこいったのー?あかりの昔のパジャマー!」

あかり「でておいでー!でて…」ガサゴソ

あかり「!」

あかり「……」

あかり「………」

あかり「ひょっとしてお姉ちゃんの部屋にあるかも…」



435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:47:22.13 ID:swJDocwt0

あかり「きっとあかりに気を利かせて昔の服整理してくれたんだ!」

あかり「……」

あかり「お姉ちゃんの部屋…」ゴクリ

あかり「立ち入り禁止……」

あかり「勝手にあかりが入ったらいくらお姉ちゃんでも怒るかも…」

あかり「この前も確か…」

『あかり…お姉ちゃんの部屋は何があっても絶対入っちゃダメよ?約束できる?』

あかり「って口をすっぱくして言ってたっけ…」



437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:49:46.20 ID:swJDocwt0

あかり「でもでもっ!」

あかり「あかりがもたもたしてたらきょうこちゃんが風邪ひいちゃうよぉ!」

あかり「ごめんね…お姉ちゃん……あかりは悪い妹だよ…」

ガチャリ

あかり「……」

ギィィィ…

あかり「……」



444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:59:58.79 ID:swJDocwt0

あかね「あかり!!!」

あかり「ひぃぃぃぃ?!?!」ビックゥゥ

あかね「……」

あかり「お、お姉ちゃん!」

あかね「な、なにしてるのあかり…!そ、そんなバスタオルはおっただけの姿で…」

あかり「お姉ちゃんあのね…これはね?えーと…」

あかね「そんな卑猥な格好でお姉ちゃんの部屋に忍び込んで…お姉ちゃんに何をするつもりだったの?
    お、お姉ちゃんだって心の準備とか…その………」

あかり「えっ?あかりはただあかりの昔のパジャマが欲しくて…」

あかね「えっ?」



447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:00:55.54 ID:swJDocwt0

あかり「昔のパジャマ…お姉ちゃんの部屋にあるかもって…思って」

あかね「あっ、あかりの昔のパジャマね…」

あかり「うん…ある?」

あかね「あ、あるわよ!きょうこちゃんに着せてあげるんでしょう?
    お姉ちゃんが後で持っていってあげる」

あかり「やっぱりお姉ちゃんがしまっててくれたんだぁ!ありがとうー♪」

あかね「えっ、えぇ」

あかり「そういえばさっき心の準備がどうとかって言ってたけど…」

あかね「言ってないわ。さっ、あかりは安心してお風呂場で待ってなさい?」

あかり「えっ?う、うん…」

あかね「……」ニコニコ



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:09:58.37 ID:swJDocwt0

あかね「お待たせー♪きょうこちゃんのパジャマよ?」

あかり「わぁい、おね…お母さんありがとうー♪」

あかり「はい、きょうこちゃん。お姉ちゃんが着させてあげるね?」

きょうこ「わぁーこれあかりちゃんのパジャマだぁ」

あかり「知ってるの?」

きょうこ「うん。前あかりちゃん着てたもん」

あかり「あかりのお下がりでごめんね?」

きょうこ「ううん平気。とっても良い匂いするもん」

あかり「そっか。良かった♪」

あかね「……」

あかね「(私の…私のコレクションが……)」ズゥゥゥン…



455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:17:44.81 ID:swJDocwt0

きょうこ「それでね、お姉ちゃん」

あかり「……」ウトウト

きょうこ「お姉ちゃん…きいてる?」

あかり「へっ?き、聞いてるよ?」

きょうこ「……」

あかり「……」

きょうこ「お姉ちゃん…ひょっとしてねむいの?」

あかり「きょ、きょうこちゃんはその…まだ眠くない?」

きょうこ「ぜんぜん眠くなーい」

あかり「(小学生より早寝なあかりっていったい…!)」ガーン



456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:22:10.95 ID:swJDocwt0

きょうこ「お姉ちゃん…わたしももう寝てもいいけど…」

あかり「いいけど?」

きょうこ「もっと安心できるところで寝たい…」

あかり「安心できるところ?どうしたのきょうこちゃん。何かあったの?」

きょうこ「……」

あかり「あかねに話してごらん?」

きょうこ「だって…きのうミラクるんのお姉ちゃん怖かったんだもん…」

あかり「(ちなつちゃん…きょうこちゃんに何を…?)」



460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 01:26:05.29 ID:swJDocwt0

きょうこ「暗い部屋だと怖いよぉ…」

あかり「……」

あかり「わかったよきょうこちゃん。あかねに任せて?」

きょうこ「お姉ちゃん!」

あかり「今夜はあかねとお母さんと三人で寝よう?
    お母さんの部屋のベッドは大きいからきっと怖くないよ…ね?」

きょうこ「お姉ちゃん…わがまま言ってごめんなさい」

あかり「もう、そんな事謝らなくてもいいんだよぉ。じゃあお母さんのお部屋行こっか?」

きょうこ「うん!」



546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:05:31.44 ID:swJDocwt0

あかり「……」トントン

あかね「はーい」

あかり「お母さーん。開けて?」

きょうこ「あけてー」

あかね「ちょ、ちょっと待ってちょうだい」

あかり「……」

きょうこ「……」

ガチャ

あかね「あら二人とも、まだ寝てなかったのね?何の用かしら」

あかり「今日は三人一緒にお母さんの部屋で寝よう?」

きょうこ「寝よう?」

あかね「えっ」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:11:58.57 ID:swJDocwt0

あかり「せっかくきょうこちゃんが泊まりにきてくれたんだし、
    みんな一緒に寝た方が賑やかで良いかなって思ったんだぁ」

あかね「あ、あかね…でもね?あの…」

きょうこ「あかりちゃんのお母さん…」

あかね「ん?」

きょうこ「おねがい…」

あかね「……」

きょうこ「……」ジー

あかね「わ、わかったわ!今夜は三人で寝ましょうか?」

あかり「お母さん!」

あかね「ちょっと待っててちょうだい?『軽く』お部屋を片付けちゃうから」



555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:18:43.60 ID:swJDocwt0

ガタガタ!

あかり「……」

ドタドタ!ウィーン…!ゴー!

きょうこ「お姉ちゃん…」

あかり「んー?」

ジャラジャラ…ガシャン…!

きょうこ「これ…お掃除してる音…?」

あかり「た、多分…」

~~~♪

あかり「あっ、クラシックの音楽流れ始めた」

きょうこ「終わったのかな?」

ガチャ

あかね「おまたせー♪」

あかりきょうこ「「(すごい汗……)」」

あかね「……」ニコニコ



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:27:17.07 ID:swJDocwt0

あかり「それじゃあ、きょうこちゃんは真ん中で」

きょうこ「うん」

あかね「狭くない?ゆっくり寝れる?」

きょうこ「うん!とってもあったかい」

あかり「そっかぁ…ふわっ…」ウトウト

きょうこ「?」モゾモゾ

きょうこ「(お布団の中になにか入ってる…)」

ヒョイ

きょうこ「これって…」

きょうこ「おパンツ…?」



559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:28:03.26 ID:swJDocwt0

あかね「……」サッ

きょうこ「!!」

あかね「きょうこちゃん?おやすみなさい?」ナデナデ

きょうこ「……」

あかね「ね?」ニッコリ

きょうこ「う、うん…」

きょうこ「(み、見なかったことにしておこ…)」



561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:37:04.37 ID:swJDocwt0

あかり「ん…むにゃ…」

きょうこ「スー…スー…」

あかね「……」ジー

あかね「(ふふっ二人ともよく眠ってるわね)」

あかね「(こうして二人の寝顔を眺めていると…
    遊び疲れてよくウチでお昼寝してしまっていたあの時の事を思い出すわね)」

あかね「(風邪をひかないように私が三人にお布団をかけてあげてたっけ…懐かしいわぁ)」

あかね「(今はあかりの方がお姉さんだけど…寝顔はあの時のままね…)」

あかね「(そんなにくっついちゃって…二人とも本当に仲良しなのね…
     あかりったら半目になっちゃって…可愛いわぁ)」

あかり「……フスー」

きょうこ「むにゃむにゃ…」

あかね「……」

あかね「(それにしても…)」

あかね「(もう明け方の四時…興奮して寝れそうにないわね…)」ゲッソリ



564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:47:06.88 ID:swJDocwt0

……

綾乃「と、歳納京子はまだ元に戻らないんですか?!」

西垣「原因解明中だ」

綾乃「そ、そんな…!今日は私の番…なのに」

千歳「綾乃ちゃんほんまは嬉しいんとちゃうん?」

綾乃「そ、そんな訳ないじゃない!と、歳納京子と…」

綾乃「お、おおおおおお泊りだなんて!」

結衣「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ綾乃」

あかり「そうですよぉ。あっ!杉浦先輩にもミラクるん衣装貸しましょうか?」

綾乃「そ、そんな余裕有馬温泉よ!」

結衣「ぶぶっ」



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:54:30.07 ID:swJDocwt0

綾乃「そ、それじゃあ行きましょうか」

きょうこ「……」

綾乃「と、歳納京子…ちゃん」

きょうこ「は、はい」

千歳「綾乃ちゃん、歳納さんと手繋いでやらんと」

綾乃「えぇ?!」///

きょうこ「……」

綾乃「手…つなぐ…?」

きょうこ「はい…」

にぎっ

綾乃「(は、恥ずかしいぃぃぃ…)」///

きょうこ「(なんかこのお姉ちゃん…こわい…)」ブルブル



568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 15:57:39.47 ID:swJDocwt0

ちなつ「なんだかギクシャクしてませんか?あの二人…」

結衣「ていうか…綾乃が一方的に意識しすぎてるような…」

ちなつ「大丈夫なんですかねぇ?」

千歳「綾乃ちゃんはやる時はやる子やから…心配ないと思うわぁ」

結衣「だといいんだけど…」

千歳「(綾乃ちゃん、これも歳納さんの為や。頑張るんやで)」



571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 16:19:01.17 ID:swJDocwt0

綾乃「(この大人しい子があの歳納京子なの…?今を考えるとまったく想像つかないわ)」

きょうこ「……」

綾乃「……」

きょうこ「……」

綾乃「きょ、今日は天気がいいわね」

きょうこ「はい…」

綾乃「知らない人とお泊りするのが緊張するのかしら?」

きょうこ「はい…」

綾乃「心配はノンノンノートルダムよ!」

きょうこ「?」

綾乃「……」

綾乃「(全然話が盛り上がらない…)」



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 16:31:53.86 ID:swJDocwt0

綾乃「(い、いや…ここでめげてはいけないわ!なんとか今日はお姉さんらしいところを見せないと…)」

綾乃「(簡単よ!変に意識するからおかしな事になるんだわ
    この子は親戚から預けられた女の子…そう思えばほら…)」

綾乃「としのうきょうk……ってひぁぁぁ?!」

きょうこ「ひっ?!」ビクッ

綾乃「(私の目の前に歳納京子の顔が…!!)」

綾乃「ど、どうしたの?そんなに私に近付いて…!」

きょうこ「お、お姉ちゃんごめんなさい…だってお姉ちゃんずっと顔赤いから…」

綾乃「へっ?」///

きょうこ「病気かと思ってわたしのおでことお姉ちゃんのおでこくっつけようと思って…」

綾乃「そ、そんな…こと!!」

きょうこ「お母さんが言ってたの…お熱がある時はこうするんだって」

きょうこ「お姉ちゃんのおでこ見せて?」

綾乃「なっ…ななななな???」///



576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 16:41:13.64 ID:swJDocwt0

きょうこ「お姉ちゃんじっとしてて?」

綾乃「そ、そんなダメよ…おおお大人をからかうもんじゃないわっ……」

きょうこ「すぐおわるから…」ジリジリ

綾乃「(と、歳納京子の顔がどんどん近付い…て!)」

ぴと

綾乃「はぅ…」

きょうこ「お姉ちゃんのおでこ…とってもあつい」

綾乃「……」ブルブル…

きょうこ「お姉ちゃん風邪ひいてるの?」

綾乃「」

きょうこ「お姉ちゃん?お姉ちゃん?!」

綾乃「」



590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 18:09:37.79 ID:swJDocwt0

綾乃「み、見苦しいところをお見せしたわね!歳納京子……ちゃん」

きょうこ「お姉ちゃん…寝てなくていいの?」

綾乃「へ、平気よ!私が寝込んでしまったら誰があなたの晩御飯を作るの?」

きょうこ「でも…お姉ちゃんが風邪ひいてるなら…」

綾乃「その気遣いの気持ちだけで十分だわ!さぁ歳納京子……ちゃん。これはなんだと思う?」

きょうこ「ラムレーズンのアイス!」キラキラ

綾乃「ふふっ、ご飯ができるまでこれをつまんでなさい?」

きょうこ「わぁー♪」

綾乃「まだまだいっぱい買ってきてあるの」ドサドサ

きょうこ「(うっ…ざっと100個はあるよぉ…)」

綾乃「(やっとお姉さんらしい事ができたわ…ふふっこの調子で…)」



599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 18:38:42.14 ID:swJDocwt0

綾乃「どう…かしら?私の料理は…」

きょうこ「とってもおいしい…けど」

綾乃「けど?」ガーン

きょうこ「んー…はむ」ポロッ

綾乃「……」

きょうこ「くぅぅ…あっ」ポロッ

きょうこ「にまめがうまく食べれないよぉ…」ジワッ

綾乃「(箸使いがなってないわね…)」

『綾乃ちゃんが食べさせてあげたらええんとちゃう?』

綾乃「!!!」

綾乃「(な、何?!今の天からの声は…!!)」

きょうこ「おねえちゃーん…」



603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 18:57:48.35 ID:swJDocwt0

綾乃「……」

きょうこ「やっぱりうまく食べれない…」

綾乃「しょ、しょうがないわね!今回は私が食べさせてあげる!」

きょうこ「お姉ちゃんごめんなさい」

綾乃「さ、さぁ…口をあけてちょうだい?」

きょうこ「あーん」

綾乃「(歳納京子の口内…口内)」ドキドキ

きょうこ「(お姉ちゃん早くぅ)」

綾乃「(今…私が歳納京子に煮豆を…食べさせ…食べさせ……)」ドッキンドッキン

きょうこ「はむ」

綾乃「(食べさせたぁ!)」

きょうこ「おいしい♪」モグモグ

綾乃「(なんて可愛い笑顔なの……)」キューン



605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 19:08:27.63 ID:swJDocwt0

綾乃「さぁ、お風呂の時間ね。一緒に昼間の汗を洗い流しましょう」

きょうこ「あの…あの…」

綾乃「どうかしたの?歳納京子ちゃん」

きょうこ「あのねお姉ちゃん。なんでお姉ちゃんは水着着てるの?」

綾乃「当然でしょう?あなたはまだ幼いのだしお風呂で何かあったら心配だわ」

きょうこ「あのね…?でもね…?」

綾乃「さぁ歳納京子ちゃんの水着も用意しておいたわ
   これでお互い一緒にお風呂に入っても安心アンコールワットね!」

きょうこ「…わたしいらない」

綾乃「えっ?」

きょうこ「お姉ちゃんも水着ぬがないとダメだよ」

綾乃「」



631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:47:12.10 ID:swJDocwt0

綾乃「い、いや…でも……」

きょうこ「お風呂で水着ってそんなのおかしいよ」

綾乃「……」

きょうこ「ね?」

綾乃「(まさか小学生に説得されるなんて…ここは覚悟を決めるしかなさそうね)」

綾乃「わ、わかったわ!ちょっと待っててちょうだい!」

きょうこ「うん!」



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 20:54:22.90 ID:swJDocwt0

ガラッ

綾乃「待たせたわね!歳納京子ちゃん」

きょうこ「……」

綾乃「さぁ!早く湯船に浸かりましょう!」

きょうこ「(お姉ちゃん…今度はバスタオル体に巻いてる…)」

綾乃「さぁ、ドアを開けて…」

ゴツッ

綾乃「痛っ!」

きょうこ「お姉ちゃん?そっちは壁しかないよ?!」

綾乃「ま、間違えたわ…こっちが浴室のドアね…」ガララ

きょうこ「お姉ちゃん」

綾乃「ん?」

きょうこ「なんでずっと下むいてるの?わたしの方みて?」

綾乃「(み、見れるわけないじゃない…!)」///



637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:00:47.15 ID:swJDocwt0

綾乃「…」

きょうこ「…」

綾乃「……」

きょうこ「……」

綾乃「………」

きょうこ「………」

きょうこ「おねえちゃん」

綾乃「は、はいっ?!」チャプン

きょうこ「お姉ちゃんの顔…真っ赤だよ?」

綾乃「そ、そんな事ないわよ!」

きょうこ「お湯があっついの?大丈夫?」

綾乃「へ、平気よ!」



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:19:35.19 ID:swJDocwt0

きょうこ「……」

きょうこ「お姉ちゃん、バスタオル脱いで?」

綾乃「えっ…えぇ?!」ビクゥ

きょうこ「はやく…」スルスル

綾乃「ちょっ…!歳納京子!やめっ…!」///

きょうこ「…んしょ」

ゴシゴシ

綾乃「(えっ…私の体を…)」

きょうこ「お姉ちゃんきもちい?」

綾乃「えっ、えぇ…とっても。突然どうしたの?」



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:20:30.03 ID:swJDocwt0

きょうこ「お姉ちゃん…やっぱり風邪ひいてるんだよね?わたしのせいで無理してるんだよね?」

綾乃「そ、そんなこと…!」

きょうこ「ううん…わたしにはわかるの。お姉ちゃんがおかしいのはきっとお熱があるからだって」
     わたしが一人でお風呂に入れればお姉ちゃんが無理しなくてもいいのに」

きょうこ「お姉ちゃんごめんね?だから早くよくなるようにわたしがゴシゴシしてあげるね?」

綾乃「(歳納京子……)」

きょうこ「よいしょ…」ゴシゴシ

綾乃「(なんて…なんて優しい子なのかしら…)」キュンキュン



653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:37:11.01 ID:swJDocwt0

綾乃「それじゃあそろそろ寝ましょうか」

きょうこ「うん…」

綾乃「夜更かしはお肌に悪いものね」

きょうこ「……」

綾乃「歳納京子ちゃん?」

きょうこ「グスン…」

綾乃「えっ…」

きょうこ「うぅ…ふぇぇぇん…!」

綾乃「ど、どうしたの?!泣かないで…ね?」

綾乃「(わ、私…なにか嫌な事しちゃったのかしら?)」オロオロ



658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:46:13.30 ID:swJDocwt0

きょうこ「お姉ちゃん…」ぎゅっ

綾乃「だ、大丈夫よ?」ナデナデ

きょうこ「怖いよぉ…」

綾乃「こ、怖い?ひょっとしてなにか思い出したの?」

きょうこ「……」コクン

綾乃「(歳納京子が幼くなった理由…聞き出せるかもしれないわね)」

綾乃「お姉ちゃんに話してもらえないかしら…?」

きょうこ「……」

きょうこ「結衣とあかりちゃんと…遊んでて…」

綾乃「うんうん」



660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:51:05.45 ID:swJDocwt0

きょうこ「気がついたら日が沈むまで遊んじゃって…そしたら……」

きょうこ「誰かにおんぶされたまま…どこかに……いって…」

綾乃「……」

きょうこ「うわぁぁぁん!!」

綾乃「大丈夫よ…ここは安全だから……」

きょうこ「グスン…」ぎゅっ

綾乃「怖かったわね」ナデナデ

綾乃「(どういう事なの…?不審な者に歳納京子が突然襲われたと…?
    ……しかしなぜ歳納京子は幼児化を…)」



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:54:52.79 ID:swJDocwt0

………

あかり「大変だよぉ~~~!!」

ちなつ「あかりちゃんどうしたの?いきなり存在感ある声あげちゃって!」

あかり「みんなこれを見て!」

ガララ!

綾乃「押し入れの中がどうしたの?」

あかり「なくなってるんですよ!」

千歳「なくなってる?」

結衣「確かタイムマシンがしまってあった筈なんだけど…見当たらないな…」

ちなつ「ちょっと待ってください…それってひょっとして……」



668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 21:57:44.09 ID:swJDocwt0

ピカッ!

あかり「きゃっ!」

ちなつ「まぶし…」

千歳「……」

綾乃「……」

京子「いやー…死ぬかと思ったー…ん?」

結衣「お、おまえ…」

京子「やー♪みなさんお揃いで!」



673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:01:32.85 ID:swJDocwt0

きょうこ「あっ……あぅ……」ガクガク…

あかり「きょうこちゃん?どうしたの?」

ちなつ「そんなに震えて…」

きょうこ「あの人…わたしを捕まえて……ここまで連れてきた人…」ブルブル

京子「そ、そんな誘拐犯みたいな言い草はやめてくれよー…!」

綾乃「歳納京子…」

結衣「全部お前自身の仕業か」



676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:06:07.83 ID:swJDocwt0

京子「いやー、宿題が優しかったあの頃が急に懐かしくなってぇ」

京子「過去の私と今の私をちょびっと交換♪って感じで気軽な気持ちでタイムマシンに乗ったんだけどー」

京子「帰りに時間軸の中で迷っちゃって帰るのが遅くなりました!」

京子「みんなごめんね☆」キャピ

結衣「……」

あかり「……」

綾乃「……」

ちなつ「……」

千歳「……」ニコニコ

きょうこ「……」ガクガク…

京子「あ、あれ?」



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:10:08.71 ID:swJDocwt0

……

京子「も、もういいでしょうか?」

結衣「ダメだ。もっと謝れ」

京子「申し訳ございませんでしたー。本当に申し訳ございませんでしたー」

きょうこ「も、もういいよ!お姉ちゃん…」

綾乃「いいえ、まだまだ足りないわ
   こんな幼い子の心に深い傷を負わせたんだもの
   もっと誠意をこめて自分に謝りなさい!」

京子「もう二度としません…すみませんでしたー」

きょうこ「お、お姉ちゃん…頭あげて…?」



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:14:17.71 ID:swJDocwt0

ちなつ「結局今回も京子先輩に巻き込まれただけじゃないですかー」

あかり「まぁそれが京子ちゃんだから…」

千歳「まぁうちは良い思いさせてもらったからええけどね」タラタラ

綾乃「まだ気持ちがこもってないわよ?歳納京子」

結衣「京子、あと100回土下座な?」

京子「えぇぇぇ?!?!」

きょうこ「お、おねえちゃん!もう許したから!」



終わり



684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 22:15:02.84 ID:swJDocwt0

保守ばっかさせてごめん
読んでくれてありがとう


元スレ
あかり「京子ちゃんが幼くなっちゃった」