1: >>1 2020/02/28(金) 14:55:03.21 ID:6f4fsonK.net

女性「ハァハァ…ヨハネちゃん、本物の…ヨハネちゃん、だぁ…」エヘヘ

女性「お団子!このお団子、普段からしてるんだなぁ。可愛いな、私もお揃いの髪型にしようかなぁえへへへへ」

善子「…あのー」

女性「なっなに!?お話し!?お話しするの私と!なに話そっか、イチゴのこと!?イチゴのことでもお話しする!?」

善子「イチゴについては特に話すことないんですけど、その」

善子「これは、どういう状況ですか?」

女性「通学中のヨハネちゃんを私が半ば強制的にホテルまで引っ張ってって和気藹々とお話ししようとしてる状況だよ」

善子「和気藹々とお話しできるかー!!」


私は今、どうやら誘拐されているようです。



7: >>1 2020/02/28(金) 14:59:42.18 ID:6f4fsonK.net

女性「えっなんで!?同じ空間にいる相手とはお話しするでしょ普通!」

善子「見ず知らずの二十代後半独身女性からホテルに連れ込まれた場合は適用されないルールだと思わない?」

女性「ヨハネちゃんの生声!可愛いね!」キャーッ

善子「聞けて」←ちょっと嬉しい

女性「憧れてますぅ…大好きですぅ、ヨハネ様ぁ。毎日動画観てますぅ」

善子「リトルデーモンか!あなたリトルデーモンね!?私のことを『ヨハネ』って呼ぶ時点で察しはついてたけどそうなのね!」

☆ここで言う『リトルデーモン』は、堕天使ヨハネの生放送を視聴してる視聴者のことだよ!



8: >>1 2020/02/28(金) 15:03:29.00 ID:6f4fsonK.net

善子「ええもう…なんなのよ…私バスに乗るところだったんだけど。絶対出ちゃったじゃない。遅刻だわコレ」ハァ

女性「そう落ち込まないで。ほら、ヨハネちゃんの好きなチョコレートあげるから」っチョコ

善子「ありがとう…」

善子 モグモグ…

善子「ぐぇへええええっ!?」バターンッ

善子「なに!?なにこの舌が焼け付くような感覚は!」グォォォ

善子「しまった、見ず知らずの人──どころか誘拐犯から貰ったものを安易に口にするなんて堕天使ヨハネ一生の不覚!」



9: >>1 2020/02/28(金) 15:07:05.90 ID:6f4fsonK.net

女性「ふふふ、それは私が一番大好きなチョコレートなんだけどなぁ。お口に合わなかった?」ジリ…

善子「や、やめて…来ないで…!」

女性「抵抗しないでね。今私が楽にしてあげるからね」ジリジリ…

善子「やだ、やだ、近づかないで…っ」

女性「ほら口あけて!」グイッ

善子「いやぁぁぁぁっ!」

女性 っ美味しいお水

善子 ゴクゴク…

女性「どう?ぴりぴり取れた?ごめんね、高校生にはまだ早かったよね」

善子「あ…おさまってきた…」


意外!それはチョコレートボンボン!!



10: >>1 2020/02/28(金) 15:11:39.30 ID:6f4fsonK.net

善子「あんなのが好きなの?変わってるわね」

女性「えー。うん、私も昔は苦手だったんだけど、最近はチョコの甘さとウイスキーの苦味が口の中で混ざり合う感覚にトリコリコになってきたというか」

善子「人って年を取るごとに苦味を感じづらくなるらしいわよ」

女性「失礼な!まだ二十代後半だよ!」

善子「十代後半の前には圧倒的無力よ!!」

女性「くっそぉぉぉ…!私だって十年前はヨハネちゃん達みたいにキラキラでメチャイケな毎日を送ってたんだからね!」

善子「めちゃいけ」

女性「待て。言いたいことはわかる、もうそれには触れるな」

善子「サー」



11: >>1 2020/02/28(金) 15:16:33.44 ID:6f4fsonK.net

善子「ところであなたは一体何者なのよ」

女性「堕天使ヨハネ様の忠実なる僕(リトルデーモン)だよ」

善子「主にタメ口かますんじゃない」

女性「年上にタメ口かますんじゃないよ」

善子「うっ…すみませんでした」

女性「やだやだ!敬語なんかやめてよ!いつもの高圧的で不遜なヨハネ様に戻って!」

善子 (私、こんな厄介な者どもを従えてるのね。考え直そう)



12: >>1 2020/02/28(金) 15:22:34.63 ID:6f4fsonK.net

女性「ヨハネ様がいるこの場所に、ずっと来たかったの。でもなかなか機会がなくて」

女性「やっと念願叶って来られたと思ってそれだけでもはしゃいでたんだけど、そしたら最寄りのバス停に立つヨハネ様を見つけて──抑えられませんでした!」

善子「勢い余って良識を飛び越えたってわけね」

女性「だって!私、そんなに長くこっちにいられるわけじゃないから…ほんの少しでいいから本物のヨハネ様とお話ししたくて…」

善子「そう思ってくれるのは光栄なことだけど、だからって誘拐なんかしちゃ…」

善子「そんなに長くこっちにいられるわけじゃない………?」

善子「次元の壁を越えてきた類いの人か!!?」

女性「やだもうヨハネ様ってば、面白いんだから♡」キャッ

善子「せめて否定か肯定をしろーーーい!」



14: >>1(茸) 2020/02/28(金) 15:27:35 ID:6f4fsonK.net

善子「それで?私はいつになったら解放してもらえるのかしら」

女性「そんなに私と一緒にいるのイヤ?」

善子「イヤっていうか、得体も知れないし…学校にも行かなくちゃいけないし…安心していられる要素が全くないのよ」

女性「学校はいいじゃない、一日くらいお休みが増えたって」

善子「不登校だったのはとうの昔の話なの!今はきちんと毎日通ってるもん!」

女性「私も昔はよくさぼろうとしたものだよ…」(遠い目)

善子「さぼりはしなかったのね」

女性「許してもらえる環境じゃなかったからね…」



15: >>1(茸) 2020/02/28(金) 15:33:18 ID:6f4fsonK.net

女性「心配しなくても、十一時までには解放するよ」

善子「なによ、いやに具体的ね」

女性「チェックアウトの期限だもん」

善子「リバーサイドホテル!!」

女性「だから、ね?ヨハネちゃん。お願い、あともう少しだけ遊んで!千載一遇のラッキーなんだよぅ!」

善子「えええ…とうとう遊んでって言い出したんだけど…」

善子「わかったわよ、もう。どうせ今からじゃ一時間目にも間に合わないし、それなら二時間目でも三時間目でも同じだわ」ハァ…

女性「いやあ、目算甘いと思うよ。十一時にここ出たらバスは半だし、学校に着くの余裕で十二時半とかだよ」

善子「ち、地理に詳しいのやめなさいよ!」ヒィィィ



17: >>1 2020/02/28(金) 15:39:28.27 ID:6f4fsonK.net

善子「この堕天使ヨハネを捕まえて拐うからには、よほど退屈させない自信があるんでしょうね?」

女性「もちろんだよ!」

善子「…」

女性「…えー」

女性「あ、ラクーン行こっか?」

善子「高校生ィ!!」

善子「なに一つ考えてなかったくせに堂々と頷いた割には捻り出したのパチンコ屋ァ!!ホテルの部屋に連れ込んだ意味ィ!!」

善子「高校生ァ!!!」

女性「つ、ツッコミがだいぶしつこい…」

女性「そうじゃなくて屋上だよ!ブラメロやりにいこうよ!」

善子「これも薄々気づいてはいたけど、あなた堕天使ヨハネのリトルデーモンというよりAqoursのファンね!?」



18: >>1 2020/02/28(金) 15:46:44.04 ID:6f4fsonK.net

女性「確かに入りはAqoursからだったけど、私の推しは一にも二にもヨハネちゃん!いいやヨハネちゃまだよ!この気持ちに嘘はない!」ドン!!!

善子「ヨハネちゃまはやめろ」

女性「私だって多少は歌って踊れるから、だからこそわかるんだよ。ヨハネちゃんの歌と踊りの上手さが」

女性「歌声にはノビとハリがある。踊りはキレて無駄がない」

善子「…」

女性「若さは強みだよね」ケッ

善子「二十代後半!二十代後半~!」

女性「やめてよ!!!」



19: >>1 2020/02/28(金) 15:50:48.88 ID:6f4fsonK.net

善子「あなた、歌だか踊りだかやってるの?」

女性「うん。なんだかやめられなくて、ずるずるとね」

善子「へえ」

女性「未練、だけなのかもしれないけどね」

善子「そうなのね」

女性「ヨハネちゃんも、今を思い切り楽しまないとだめだよ。いつか線路の伸びる先に限界を感じて他のレールへ移る時が来る、その瞬間までは」

善子「わかったわ」

女性「食い付いて!!!」



20: >>1 2020/02/28(金) 15:52:39.87 ID:6f4fsonK.net

女性「結構思わせぶりなことちょいちょい言ってるんだから、食い付いてよ!反応して!『なにをやってる人なの?』『過去になにかあったの?』そういうの聞いて!!」

善子「欲しがるわねえ」

女性「先に質問してきてくれたじゃん!あっ興味持ってくれたのかなって思うじゃん!ずるいよ!」

善子「わかってた。あなたの誘導はわかってたけどあえて泳がせて楽しんでたのよ」

女性「あなたは最低です!!」



21: >>1 2020/02/28(金) 15:57:00.20 ID:6f4fsonK.net

女性 コホン…

善子「お腹すかない?」

女性「この期に及んで!!」

女性「私は割とたっぷりモーニングビュッフェ頂いたから、そんなには。なにか買ってこようか?」

善子「なんで私は置いていかれる前提なのよ」

女性「せっかくホテルまで連れ込んだのに、おちおち外に連れ出すわけないでしょ。目を離した隙に逃げられちゃったら悔やんでも悔いきれないよ」

善子「ラクーン行こうとしてた人が言うか」

女性「死んでも死にきれねえ」

善子「小言弾でも喰らったのかな?」



22: >>1 2020/02/28(金) 16:03:02.22 ID:6f4fsonK.net

善子「で」


イラッシャッセー


善子「結局コンビニに来たわけね」

女性「私から離れちゃだめだよ」ギュ

善子「ちょっと!なに手握ってるのよ!」

女性「誘拐されてる身なの自覚してドゥエヘヘヘヘヘヨハネ様の手ぇ握っちゃったでござるゥゥゥゥ」

善子「発言の前半と後半がそれぞれ異なるベクトルでしっかり両方やばい!稀有!」



23: >>1 2020/02/28(金) 16:07:52.07 ID:6f4fsonK.net

女性「なに食べる?私が買ってあげるよ」

善子「ハーゲンダッツ」

女性「よし来た」ガッサガッサガッサ

女性 コンモリ ヨロヨロ… ドサドサドサ

女性「これ全部。あとそっちのミニサイズ六個パック全部と、裏にある在庫も全部下さい」

店員「バニラ18点、グリーンティー21点、クッキー&クリーム9点、ストロベリー11点」ピッピッピッ

善子「ギャグで済ませなさいよ!」

店員「ゴールデンベリーのレアチーズケーキ4点」ピッ

善子「季節の新商品混じってる!」

女性「あ、それ一個だけ袋わけてもらっていいですか」

善子「ちゃっかり確保すな!!」



24: >>1 2020/02/28(金) 16:10:28.29 ID:6f4fsonK.net

店員「ガリガリ君とおゴリまっせが1点ずつで、お会計140円でーす」シュン…

女性「ほらもう、ヨハネちゃんがふざけるから落差で店員さんものすごい落ち込んじゃってるよ。あ、カードで」

善子「まさかあんな手際よく全てが進むとは思わなかったんだもん…」

善子「お、おゴリまっせ…??」


アリャートーザーシターッ



25: >>1 2020/02/28(金) 16:14:15.86 ID:6f4fsonK.net

善子 シャクシャク…

女性 ハムハム…

善子「それ何味のアイスなの?」

女性「ココアっぽい感じだよ。食べる?」

善子「…貰う」ハム

善子「あ、美味しい」

女性 シャリ

善子「勝手に食べてんじゃないわよ」

女性「ソーダ味だね!」

善子「おゴリまっせとかいうハイパーローカルアイス食べてるくせにガリガリ君ソーダがわからないわけあるか!!」

女性「とんでもない暴論」



28: >>1 2020/02/28(金) 16:16:36.99 ID:6f4fsonK.net

女性「んー、美味しかった」

善子「ガリガリ君は見ず知らずの二十代後半独身女性に奢ってもらっても変わらず美味しいわね。さすがだわ」

女性「もし、喧嘩をお売りかね?」

善子「散々ネタにしといて突然絡んでこないでよ」

女性「反応したら気にしてるのガチっぽいからできるだけ流してるんだよ!ほんとは一回だって言われたくないよ!」

善子「そ、そうだったの…ごめんなさい…」



29: >>1 2020/02/28(金) 16:20:30.35 ID:6f4fsonK.net

女性「さてと…そろそろいい時間かな」

善子「え?」

女性「向こうにね、戻らなくちゃいけないから」

善子「あっ……」

──女性「私、そんなに長くこっちにいられるわけじゃないから…」

善子「そう、なのね…」

女性「楽しかったよ、ヨハネちゃん。様。ちゃま」

善子「やめろと言ったのが聞こえていなかったようね」ガッ

女性「もとい。もとい」ペシペシ



30: >>1 2020/02/28(金) 16:23:51.68 ID:6f4fsonK.net

女性「こんな見ず知らずの二十代後半独身女性と誘拐されるなんて形で知り合ったのに、仲良くしてくれてありがとう。とってもいい想い出になったよ」

善子「そ、そんな自ら血肉を削ってお礼を言わなくても」

女性「次は正当な手順を踏んでライブの応援に行きたいな」

善子「ええ。そうやって来てくれたなら大歓迎、ファンサービスの一つだってかましてあげるわ」

女性「ふふ。今日以上のファンサービスなんかあるかな?」クスッ

善子「さあね。うちのグループだとハグなんかがポピュラーだけど、今日に劣るかしら」

女性「はっハグ!?するする!してして!」

善子「誰が今するっつったのよ!!」



31: >>1 2020/02/28(金) 16:27:16.69 ID:6f4fsonK.net

女性「じゃあヨハネちゃん。学校も、スクドルも、堕天使も、みんなみんな頑張ってね。応援してるから」

善子「ありがとう。通学の道で誘拐でもされない限りは頑張るつもりよ」

女性「あ、あははは…」

善子「…それで?向こうにはどうやって帰るの?」ヒソ

女性「え?」

善子「次元の穴が開くの?それとも姿だけふっと消えちゃうのかしら。パルキアでも飼ってるとか?」

女性「ぷっ…あはは、やっぱりヨハネちゃんは面白いなあ。そんなんじゃなくて、普通に電車と飛行機で戻るよ。残念ながらね」

善子「…………………え?」



33: >>1 2020/02/28(金) 16:33:23.10 ID:6f4fsonK.net

女性「え?だから、電車を乗り継いで成田空港まで行って、そこからはエアラインだよ」

善子「ど、どこに戻るつもりよ!?」

女性「どこって、ロスだよ。私、今の活動の拠点は向こうだからね。たまたま日本に戻る機会があったから頑張って沼津まで来てみたんだ。遠かったけど、思い切って来てみてよかった」

善子「ろ、す…?」ポカン…

女性「っと、まだギリ時間あるかな。ねえヨハネちゃん、今日のお礼に一曲だけ聴いてくれない?」

善子「あ、ああ…はい…」

女性「駅前だし、シンガーが一曲ぽっちライブしてても怒られたりしないよね。また会えますようにって願いを込めて」


女性「聴いてください──『As Time Goes By』」



終わり



34: >>1 2020/02/28(金) 16:34:12.84 ID:6f4fsonK.net

お付き合いいただきありがとうございました


元スレ
善子「私はヨハネ。人間界を舞う堕天使たる私は、今──」