1: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 11:58:39.36 ID:cCkAP6Op0

キャラ崩壊注意
短め注意
ポーラ嫁提督注意



ザラ「そこまでよ!」ダンッ

ポーラ「ゲエッ! もうバレた!?」

ザラ「ポーラ! 早まってはダメ!」

ザラ「もう一度考え直して!」

ポーラ「でも、もうこの方法しかないから……!」

ポーラ「度重なる禁酒失敗で、お酒のない独房に閉じ込められて……」

ザラ「自業自得よ!」

ポーラ「そんなポーラに出来ることは、もう……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1583031519




2: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 11:59:15.53 ID:cCkAP6Op0










ポーラ「膀胱でお酒を醸造することだけですぅ~!」

ザラ「考え直しなさい!」












3: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 11:59:47.59 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「ポーラ、ずっと考えましたよ……」

ポーラ「胃腸でアルコールを醸造してしまう『自動醸造所症候群』という病気を知ったときは、目から鱗でした……」

ポーラ「でも、そのまま胃腸でアルコールを摂取してしまって、大事な場面で酔っぱらうわけにはいかなくて……」

ザラ「そこは耐えたのね! 偉いわ!」

ポーラ「だから、膀胱でアルコールを醸造した人のニュースを聞いたときは『これだ!』って思ったんですぅ~……」

ザラ「そこも耐えてほしかったわね! 偉くないわ!」



4: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:00:19.62 ID:cCkAP6Op0

ザラ「ポーラ、よく考えなさい!」

ザラ「確かに世界には、膀胱でアルコールを醸造する人は存在するわ!」

ザラ「そのアルコールが体内に吸収される前に尿として排出されていたから、その人が酔うことはなかったそうね」

ザラ「でも、そんなことになった原因は、まだ分かっていないのよ!」

ザラ「そもそも、どうやって膀胱でアルコールを醸造するつもりなの!?」

ザラ「バカなこと考えるのはやめて!」

ポーラ「フフフ……」



5: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:00:51.72 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「『原因不明』だから『実現不可能』と言いたいつもりですか……?」

ザラ「そうよ! そんなの無茶に決まってるわ!」

ザラ「どうせろくな方法じゃないんでしょ!?」

ポーラ「ザラ姉様……どんな荒波も乗り越え、深海棲艦を討つことが、艦娘の本分です~」

ザラ「ぐっ……正論を交えて説得するつもりね……!?」ギリッ

ポーラ「原理は分からなくても、膀胱で醸造する夢を諦めるわけにいかない……!」

ポーラ「だから、この大きなたらいを使って……」



6: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:01:23.69 ID:cCkAP6Op0










ポーラ「お股をワインに漬け込むんですぅ~!」

ザラ「やっぱりろくな方法じゃなかった!」












7: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:01:55.64 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「このたらいをワインで一杯にした後、お股を浸します」

ポーラ「すると、ワインの液体部分と膀胱の液体部分がみるみる馴染み……」

ポーラ「なんやかんやあってポーラの膀胱が醸造所になるんですぅ~!」

ザラ「なんやかんやって何よ!?」

ザラ「一番肝心な部分がモヤッとしてるじゃない!」

ポーラ「フフフ……なんやかんやとは――」

ザラ「『なんやかんやです!』でごり押しするつもりなら、あなたのお姉ちゃん止めるわよ?」

ポーラ「……」スン...

ザラ「考え直してくれたのね! 偉いわ!」



8: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:02:27.61 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「確かに、ポーラが間違ってました……」

ザラ「そうよ! 間違っているのよ!」

ポーラ「たらい一杯のワインがあるなら、間違いなくそれを飲み干すに決まってるのに……」

ザラ「うん、そういう意味では無かったけれど、ポーラが思い直してくれたから、本当に良かったわ!」

ポーラ「だからポーラはこれから……」



9: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:02:59.44 ID:cCkAP6Op0










ポーラ「血がワインの艦娘になりますぅ~!」

ザラ「いい加減にしなさい!!」









おわり



10: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:03:31.21 ID:cCkAP6Op0

おまけ



深夜――



ポーラ「ううう~……」

ポーラ「膀胱を醸造所にする作戦も、血をワインに還元する作戦も……」

ポーラ「全部失敗しましたぁ~……」

ポーラ「それどころか、完全にお酒を断つまで、独房から出さないって怒られるなんて……」

ポーラ「こんなに悲しい夜は、飲むしかないですぅ~」

ポーラ「でも、お酒がありませぇん……」



11: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:04:03.19 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「……でもぉ~……?」ガサゴソ

ポーラ「じゃあ~ん♪」

ビン「液体が入ってるよ!」タプン

ポーラ「えー、これはですねぇー……」

ポーラ「アメリカの某陸軍幼年学校の学生から偶然教わった、リンゴ酒のレシピなんです~」

ポーラ「そこの規則はかなり厳しいことで有名なんですけれどー……」

ポーラ「厳しい環境で採れるリンゴ酒は絶品だと、ポーラの中で大絶賛ですので~……」

ポーラ「ぜひ、美味しいリンゴ酒を密造しようと思いま~す♪」



12: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:04:34.96 ID:cCkAP6Op0

ポーラ「これを窓辺に吊るして……よし!」

ビン「ぶら下がってま~す♪」ブーラブーラ...

ポーラ「これは毎朝、見張りに見つかる前に回収します~」

ポーラ「そのうち、中のリンゴエキスが、美味しいリンゴ酒に……ウフフフ」

ポーラ「おいしくな~れ~♪」ルンルン

ポーラ「……そういえば……」

ポーラ「これを作っていたら学校の大砲が爆発したって、あの学生さんたちが言っていたような……?」

ポーラ「まあ、そんな偶然が起こるわけありませんね~」



13: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:05:06.70 ID:cCkAP6Op0

??「あら? 密造酒は禁止よ?」

ポーラ「ゲェッ! もう見張りにバレちゃいましたかぁ~……アハハハ……」クルリ









陸奥「もう……目を離すとすぐこれなんだから」

ポーラ「あっ(オチを察した顔)」



14: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:05:38.46 ID:cCkAP6Op0

knkr-002920-014
 



おわり



15: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:06:10.33 ID:cCkAP6Op0

以上です、ありがとうございました。



16: ◆ag9TZfREZs 2020/03/01(日) 12:06:42.18 ID:cCkAP6Op0

膀胱で醸造していた女性のニュースを知った時、

『あっこれポーラで書かなくちゃ……』

と思いました。


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】ポーラ「もう……この方法しか……!」プルプル