1: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:12:23.22 ID:bV2kuYvO.net

すき焼き。それは肉や他の食材を浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして調理する日本国民に愛される鍋料理である。

絵里「さあ、みんな。ちゃんと具材は持って来た?」

穂乃果「もっちろん!」

にこ「当たり前よ」

凛「楽しみだにゃ~」

花陽「お、お腹空いたよぉ」ギュルルル

希「あの~」

絵里「どうしたの希?」

希「今日ってすき焼きをやるん?」

絵里「へ?」

海未「穂乃果から話を聞いていなかったのですか?」

穂乃果「希ちゃんお肉持ってこなかったの?」

希「いや。持って来たんやけど…」



2: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:17:26.71 ID:bV2kuYvO.net

穂乃果「私ちゃんと言ったもん!!」

にこ「とか言ってあんたはちゃんと持って来たの?」

穂乃果「もちろん!ほら!お肉持って来たよ!あとほむまん!」

凛「わ~美味しそうだにゃ~」

穂乃果「へへ~ん。でしょ!」

にこ「何よ?あんたも肉を持って来たの?」

穂乃果「うん。そりゃあすき焼きと言えばお肉だからね!にこちゃんは何を持って来たの?」

にこ「私も肉を持って来たのよ」

穂乃果「おぉ~。お肉がいっぱいだね!」

にこ「お肉とポッキー」

凛「なんでポッキー?」

にこ「いや…食べるかなと思って」



4: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:23:53.33 ID:bV2kuYvO.net

花陽「ポッキー美味しよね!」

にこ「でしょ!そうでしょ!」

絵里「あの…私もお肉を持って来たんだけど」

穂乃果「え?絵里ちゃんも?」

絵里「すき焼きって食べた事ないから。取り敢えずお肉を…あと、アルフォート…」

凛「すき焼き食べた事ないの?」

絵里「ええ…まあ…」

海未「まあ。絵里はあっちの生活が長いですからね。しかし困りましたね。私もお肉を持って来たんですが」

にこ「え?海未も…」

海未「あと…ほむまんを…」

ほのにこ「なんで!?」

海未「食後のデザートにと思って…穂乃果だって持ってきたじゃないですか!」

穂乃果「私は在庫処分だよ!!!も~なんでそんなにおまんじゅうばっかり…」



8: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:31:52.88 ID:bV2kuYvO.net

希「あの…凛ちゃんは何を持って来たん?」

凛「凛もお肉だよ!!あと鈴カステラ」

希「やっぱり…」

にこ「だんだん嫌な予感がして来たわ。希…あんたも肉を持って来たとか言ってたわよね?」

希「うん。カルビをね。焼肉用の」

にこ「はあ?」

海未「どう言う事ですか?」

希「だって肉パーティーって聞いたんやけど」

穂乃果「あれ?そうだっけ?」

にこ「あんたか!!!!」

穂乃果「えへへ。あれ~?」

絵里「花陽は何を持って来たの?」

花陽「私はお米を…」

絵里「やっぱり…」

にこ「薄々気が付いてたけど…」

花陽「だってすき焼きはご飯のお供に最高だから」



9: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:37:03.00 ID:bV2kuYvO.net

にこ「で!さっきから黙ってるそこの二人!!!何を持って来たのよ!!!!」

真姫「いや…私もお肉を持って来たわよ。あと、トマトジュース」

にこ「あっそ。で?ことりは?」

ことり「えっと……あの…チーズケーキを…」

にこ「チーズケーキと?」

ことり「……これ凄く上手く焼けたんだけどね。タルトに挑戦してみたんだけど……」

にこ「へ~……楽しみ…」

ことり「あはは……ありがとう…」



11: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:47:02.94 ID:bV2kuYvO.net

すき焼き。それは肉や他の食材を浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして調理する日本国民に愛される鍋料理である。

が、豆腐もしらたきも野菜もキノコもどうでもいい、主役は肉!他は全て脇役。それがすき焼きである。

にこ「だからと言って肉しかないってどうするのよ!!!」

穂乃果「もういいじゃん。どうせ皆んなお肉大好きでしょ?」

にこ「そうだけど。だけど…これもうすき焼きじゃないわよ!肉煮!肉を煮てるから肉煮よ!!!」

穂乃果「いいじゃん肉煮!花陽ちゃんもご飯持ってきてくれたし。ね?」

花陽「え?う、うん。これで私は大満足だよ!」

海未「しかし…凄い鍋ですね…」



13: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 21:57:13.28 ID:bV2kuYvO.net

にこ「豆腐なし…しらたきなし…白菜なし…しかも、絵里が持って来た肉がブロック肉…ビーフシチューでも作る気なの…?」

絵里「ごめんなさい。あまり日本の鍋って親しみがなくて…」

にこ「鍋の横で焼肉焼いてるし…」

希「仕方ないやん。カルビを鍋に入れる訳にもいかないやん」

にこ「そうだけど」

穂乃果「にこちゃんだってすき焼きなのに持って来たの豚肉じゃん」

にこ「すき焼きって普通は豚肉でしょ。あんた達がおかしいのよ」

穂乃果「え~そうかなぁ」

凛「牛肉だよね?」

海未「凛が持って来たのはしゃぶしゃぶ用のお肉ですけどね」

凛「一緒だと思ったよ。ダメなの?」

海未「そんなに問題はありませんけど」



15: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:07:02.61 ID:bV2kuYvO.net

穂乃果「さて。そろそろいい頃合いじゃないの?」

にこ「そうね。穂乃果。よそってあげるから器よこしなさい」

穂乃果「いやいいよ。私がにこちゃんの分をよそってあげるよ」

にこ「いいわよ別に。私がよそってあげるって言ってんだから大人しくよこしなさいって」

穂乃果「そんな事言って真姫ちゃんが持って来たお肉を一人で多く食べる気でしょ!」

にこ「はあ?そんな訳ないでしょ。あんたこそそんな事考えてた訳?意地汚いわね」

穂乃果「そ、そ、そんな事考えてないよ」

にこ「ほら図星じゃない」

穂乃果「ち、違うよ!にこちゃんがそう思ってるくせに」

にこ「違いますーーー。私はそんな事しませーーん」

穂乃果「私だってそんな事…」



16: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:13:18.90 ID:bV2kuYvO.net

真姫「別になんだっていいじゃない」

ぐつぐつ

ジュ~

穂乃果「なんでもよくないよ!」

にこ「そうよ!あんたと違って高級肉なんてなかなか食べる機会なんてないんだから」

穂乃果「そうだ!そうだ!」

ぐつぐつ

ジュ~

真姫「なんで偉そうなのよ」

絵里「もう!食べ物の事で喧嘩しないの!」

海未「そうですよ。意地汚い…少しは慎みを持って下さい」

穂乃果「だって…」

ジュ~

にこ「いや、ジュージューうるさい!!!すき焼きメインなのよ!」

希「そんな事言ったって仕方ないやんか。ちゃんと世話しないと焦げちゃうし。はい、カルビ」

にこ「そうだけど……カルビウマッ」



18: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:17:50.80 ID:bV2kuYvO.net

穂乃果「よしっ!にこちゃんが焼肉を食べてる隙に…」

にこ「あっ!そうはさせないわよ」

絵里「やめなさいってば」

にこ「なによ。ブロック肉持ってきたくせに」

穂乃果「そうだ!そうだ!」

絵里「それとこれとは関係ないでしょ」

にこ「関係あるでしょ!ブロック!」

絵里「誰がブロックよ!花陽とことりをみなさい。文句一つ言わないわよ」

花陽「もぐもぐ」

にこ「いや。花陽はあれが通常運転だし」

穂乃果「ぶっちゃけ花陽ちゃんはお米さえあれば他に何もいらないんだもんね」

花陽「そんな事ないよ」



19: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:23:42.64 ID:bV2kuYvO.net

凛「ん~真姫ちゃんが持ってきたお肉美味しいにゃ~。はい、海未ちゃんにもとってあげるにゃ」

海未「あっ、ありがとうございます」

にこ「あっ…」

穂乃果「しまった…」

絵里「やましい事を考えてるからそうなるのよ。ほら、平等によそってあげるから器かしなさい」

穂乃果「じゃあ…よろしくお願いします」

にこ「仕方ないわね」



21: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:34:28.80 ID:bV2kuYvO.net

海未「最初からそうしておけば良かったんですよ」

凛「そうにゃ、そうにゃ。にこちゃんも穂乃果ちゃんも食い意地が張り過ぎにゃ~」

にこ「うるさっいわね。言っておくけど…さっきは突っ込まなかっただけだからね」

凛「何が?」

にこ「鈴カステラって!!!!」

凛「何が?」

にこ「女子高生が持ってくるお菓子じゃないでしょ!鈴カステラって!」

凛「それは今関係なくない?」

穂乃果「ね!」
ジュ~

希「そうやな?そんな事よりこっから重要な事を決めなきゃいけないやろ」



23: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:44:23.14 ID:bV2kuYvO.net

にこ「何よカルビ」

希「誰がカルビやねん」

絵里「人を持って来た具材で呼ぶのやめなさいよ」

にこ「ブロック」

絵里「せめてアルフォートにして!!!」

希「それもそれで…。ほら!シメを雑炊にするか決めなきゃやん?」

穂乃果「雑炊かぁ~うどんはないもんね」

絵里「いいんじゃない?花陽が持って来たお米もあるし」

花陽「ごめんなさい」

絵里「へ?」



24: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:52:10.03 ID:bV2kuYvO.net

花陽「全部…その…」

絵里「食べちゃったの?」

花陽「美味しくて…卵もあったし…」

にこ「凄いわね。なんかもう感心するわ。いや、本当に」

花陽「あ、ありがとう…」

ことり「あの…私もごめんなさい」

穂乃果「ことりちゃん?」

ことり「私も。気が付いたらチーズケーキを一人で…」

にこ「一人で食べたの?」

ことり「自画自賛する訳じゃないけどチーズケーキ凄い美味しくて」



26: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:54:19.14 ID:bV2kuYvO.net

にこ「めっちゃ自画自賛じゃん。って言うか気がついたらなくなってたって。何?あんた達食べてる時意識でも飛んでる訳?」

花陽「え?と、とんでないよ」

ことり「私も」

にこ「いや、知ってるけど…」



27: 名無しで叶える物語 2020/03/02(月) 22:59:31.91 ID:bV2kuYvO.net

絵里「じゃあ…あの…私も…」

にこ「え?何よ?」

絵里「アルフォート一人で食べちゃいそう」

にこ「もう勝手にしなさいよ」

穂乃果「絵里ちゃんよく人の事意地汚いって言えたね」

絵里「うっ…」

穂乃果「あれなら海未ちゃんもほむまん独り占めしていいよ」

海未「え?いいんですか?…いや、しかし」



37: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:18:02.27 ID:6mpiFs5B.net

穂乃果「気にしなくていいよ。ポッキーもあるし。お雑煮もするし」

にこ「お雑煮?」

穂乃果「あっ、違う違う。なんだっけ?」

希「お雑炊やろ?」

穂乃果「そうそう。お雑炊あるから気にしないで食べなよ」

にこ「いやだから!お雑炊は出来ないんだって。花陽が全部食べちゃったんだから」

穂乃果「あっ…そっか」

花陽「ご、ごめんなさい」

凛「かよちん。謝る事ないよ。かよちんに白米を食べるなって言うのは無理な話しだもん」 

花陽「え…」

にこ「フォローしてるつもりだからタチ悪いわよね」

穂乃果「え?じゃあどうするの?お米もない。うどんもない。けど中途半端に鍋は残ってるけど真姫ちゃんの持って来たお肉は売り切れ」

にこ「どうするも何も…どうしようもないじゃない」



39: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:31:10.33 ID:6mpiFs5B.net

凛「ラーメンならあるよ!」

穂乃果「え?ラーメン?」

凛「うん。凛のインスタントラーメンが隠してあるんだよね」

穂乃果「え?なんで?」

凛「何が?」

穂乃果「なんで部室にインスタントラーメンなんて隠してあるの?」

凛「お腹空いた時に食べようかなって」

穂乃果「そうなんだ…。え?入れるの?」

凛「任せるよ」

穂乃果「ありなの?」

にこ「鍋のシメにインスタントラーメンを入れるって言うのは聞いた事あるけど。すき焼きはどうなんだろう」

希「別にええんやない?食べれない事はないと思うよ。すき焼きラーメン」

絵里「あの…必ずシメに何かを入れなきゃダメなの?そのまま全部食べて終わりじゃダメなの?」

にこ「ダメよ」

穂乃果「ダメだね」

希「ダメやな」

凛「シメがなきゃ鍋は終わらないにゃ」

花陽「鍋の最後の楽しみだもんね」

絵里「そ、そうなんだ。知ってた?」

真姫「知らない」

海未「初耳ですね」

ことり「あはは…」



40: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:40:03.65 ID:6mpiFs5B.net

凛「じゃあインスタントラーメン入れちゃうよ?」

穂乃果「オッケー」

凛「ふんふんふ~ん」

ザッ バッ

凛「にゃにゃにゃ~」

にこ「ちょっとストップ!」

凛「ん?」

にこ「あんた…何やってんのよ?」

凛「え?ラーメンを入れただけだよ?何か問題あった?」

にこ「いや…大アリでしょ」

希「凛ちゃん…なんで粉末スープの素を入れたん?」

凛「え?ダメだった?」

にこ「ダメも何も。だって…すき焼きにそんなの入れたら…」

凛「味噌だから?」

希「それもあるけど…」



41: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:48:41.82 ID:6mpiFs5B.net

にこ「って言うか…あんた達は凛が粉末を入れるの見ててなんとも思わなかったの?」

穂乃果「いや…入れちゃうんだって思ったよ」

ことり「うん。すき焼きに味噌ラーメンのスープはどうかなって」

海未「味付けがめちゃくちゃになっちゃうのではと」

にこ「じゃあなんで誰も止めないのよ!!!これだけ人数居て!」

穂乃果「え…だって…」

絵里「私はてっきりそう言うものなのかと…」

真姫「って言うかにこちゃんだって止めなかったじゃない」

にこ「私は止めたじゃない!!」

穂乃果「入れてからね!にこちゃん入れてから言い出したじゃん」

にこ「間に合わなかっただけよ!黙って見てたあんた達とは違うのよ」

真姫「止められなかったんだから一緒よ」

穂乃果「そうだそうだ!」

にこ「なにを~」

絵里「もう喧嘩するのはやめて」

凛「そうだよ。喧嘩したって何も変わらないよ」

にこ「あんたが原因だからね!!!何を止める側に回ってんのよ!!!」

凛「そんな事言っても。それにまだ食べてないのにやらかしたみたいな扱いはやめて欲しいにゃ」



42: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:54:29.01 ID:6mpiFs5B.net

にこ「いや。食べなくても料理をする人間には分かるのよ。この中で料理を全くしないのあんただけだから。すき焼きに味噌ラーメンの素なんてもうめちゃくちゃだから」

凛「じゃあ騙されたと思って食べてみなよ。ことりちゃん」

ことり「私っ!?」

凛「うん」

ことり「ど、どうして私が騙されなきゃダメなのかな?」

凛「なんで騙される事前提なの?」

ことり「え…あの…」

凛「大丈夫だから。ことりちゃんチーズケーキしか食べてないでしょ?」

ことり「……じゃあ」

凛「うん」

ことり「頂きます」

凛「召し上がれにゃ」

チュルチュル

にこ「ことりどんまい」

絵里「どんまいって…」

凛「どう?」

ことり「あの…おかわり…」

凛「ね?」

にこ「……え」



43: 名無しで叶える物語 2020/03/03(火) 22:55:05.93 ID:6mpiFs5B.net

おわり


元スレ
穂乃果「すき焼き」