1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:49:32.12 ID:yqd1jA8b0

P「まあ、なんだ。誰にでも調子の悪い日はある」

千早「はい……」

P「今日の結果を反省するより、明日に向けて気持ちを上に持っていく方が……」

千早「……」

P「……」

P「……もう11時だな。終電を逃すといけないし、送っていくよ」

千早「ありがとうございます……」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:50:14.15 ID:yqd1jA8b0

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「プロデューサー、あの……」

P「なに?」

千早「……やっぱり私、帰りたくないです」

千早「プロデューサーの家、ここから近い所でしたよね?」

P「……そういう冗談、嫌いだって言ってなかった?」

千早「冗談のつもりで言ってませんから」

P「……」

千早「……お願いします。なんだか、1人で部屋にいるのが急に嫌になって」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:51:24.04 ID:yqd1jA8b0

P「春香の家にでも行けばいいじゃないか」

千早「もう11時ですよ? 迷惑、かけたくないんです」

P「俺にだったらかけてもいいのか」

千早「なんでも力になるって言ったのはプロデューサーですよね」

P「ああ、言った。言ったし、その気持ちに変わりはない」

千早「なら……」

P「だから、ダメだ。俺の部屋は、そう、狭いし汚いんだ。やめて方がいい」

千早「……でしたら、プロデューサーが私の部屋に来ますか? それでも構いませんよ」

P「あのさ、千早」

千早「お願いします」

P「お願いします、お願いしますって言われてもな……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:52:33.26 ID:yqd1jA8b0

千早「……」

P「……」

P「……ああ、もう。今日だけだからな」

千早「ありがとうございます。……ふふっ」

P「どうかした?」

千早「いえ、本当なんですね、プロデューサーは押しに弱いって」

P「なあ、引き返してやってもいいんだぞ」

千早「ダメですよ。もう終電、出ちゃいましたから」

P「……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:53:40.50 ID:yqd1jA8b0

千早「……ごめんなさい。わがままで」

P「……いいよ。あいにくだけど、気持ちはよく分かるし」

千早「1人が嫌な夜?」

P「ああ。もっとも、今はもうそんな気持ちにもならないけどな」

P「今さら夜に物思いに耽るような歳でもないし」

千早「……悪かったですね。子どもっぽくて」

P「馬鹿にしたつもりはないけど」

千早「そう言う風に聞こえたんです」

P「そうか。なら、ごめん」

千早「……別に、いいですけど」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:55:14.03 ID:yqd1jA8b0

千早「静かなアパートですね」

P「周りに何もないだけだよ」

千早「良い所じゃないですか。星だってよく見えますし」

P「……ありがとう。少しだけ好きになれた」

千早「私を?」

P「アパートをだ」

千早「……ふふっ、どういたしまして」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:57:16.34 ID:yqd1jA8b0

P「部屋の鍵、郵便受けの中にあるんだ。開けてくれないか」

千早「無用心じゃないですか?」

P「別に、盗られて困るような物は持ち歩いてるし」

千早「撮られたら困りますけどね」

P「うん? なんだって?」

千早「いえ。……このドア、響きますね」

P「ああ、だからゆっくり閉めないと他の部屋の人に迷惑なんだよ」

千早「あ……、ごめんなさい」

P「いいよ。俺が言い忘れただけだし。それより、いらっしゃい」

千早「……はい。お邪魔します」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 00:59:21.90 ID:yqd1jA8b0

P「飲み物取ってくるよ。テレビでも見ててくれ」

千早「あ、はい……」

P「……」

千早「言っていたより、ずっと綺麗な部屋ですね。……少し不思議な臭いがしますけど」

P「ああ、ごめん。きっと煙草の臭いだな」

千早「吸ってましたっけ?」

P「アイドルの前では控えてるんだ。ヤニ臭いアイドルなんて、イメージ最悪だろ?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:01:02.88 ID:yqd1jA8b0

千早「そうでしょうか? 私はこの匂い、好きですけど……」

P「変わってるな。どうして?」

千早「プロデューサーと同じ匂いですから」

P「……」

千早「プロデューサー?」

P「……そう言うこと、あまり言わない方がいいと思う」

千早「どうしてです?」

P「いや……」

千早「?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:04:04.21 ID:yqd1jA8b0

P「それより、ほら、どうぞ。少し熱いけど」

千早「あ、どうも……」

P「……嫌いだった?」

千早「……いえ、どうして私だけホットミルクなんでしょうか」

P「だって、コーヒーだと眠れなくなるだろ」

千早「じゃあ、プロデューサーは寝ないんですか?」

P「書類仕事を持って帰ってきてるからね」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:05:20.56 ID:yqd1jA8b0

千早「じゃあ、私も起きてます」

P「ダメだよ。レコーディングは明日も続くんだ」

千早「明日も付き添っていただけるんですよね? なら、プロデューサーも起きちゃダメですよ?」

P「俺、千早より大人だ」

千早「口答えしないの」

P「……」

千早「あっ、……すいません」

P「えっと、俺風呂掃除してくるよ。そのまま先に入らせてもらうけど……」

千早「プロデューサーの部屋です。気にしないでください」

P「そうか。じゃあお先に。適当にくつろいでくれててくれ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:06:49.89 ID:yqd1jA8b0

P「千早、風呂いいぞ」

千早「……」

P「千早、起きて。千早?」

千早「……ん」

P「風呂、もういいぞ」

千早「……ゆう?」

P「…・・?」

千早「え、あ……!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:08:14.95 ID:yqd1jA8b0

千早「あ、あの、私いま……」

P「……風呂、入れるよ。俺ので悪いけどTシャツあるから、それに着替えてくれ」

千早「え? あの、あ……、ありがとうございます」

P「これ、バスタオルな。おろしたてだから気にしないで使ってくれ」

P「……あと、赤くなるといけないから、目はあまりこすらないほうがいいと思う」

千早「……」

P「嫌な夢でも見た?」

千早「……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:10:12.45 ID:yqd1jA8b0

千早「あの、上がりました……」

P「ああ。湯冷めするといけないからこれでも羽織っててくれ」

千早「……もう日付、変わっちゃいましたね」

P「そうだな。千早はもう寝るといい」

千早「……1人が嫌で、お邪魔してるんですよ?」

P「寝るまで手をつなぐくらいなら、してあげてもいいかな」

千早「足りませんよ。そんなのじゃ……」

P「……千早。少し近すぎないか?」

千早「……いけませんか?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:12:05.70 ID:yqd1jA8b0

P「あのな、風呂上りの女の子っていうのはそれだけで魅力的なんだよ。言いたいこと、分かるか?」

千早「ええ、嬉しいです」

P「……勘違いから間違いが起こることもある。頼むからやめてくれ」

千早「きっと、勘違いじゃありませんよ」

P「勘違いしてるのは俺じゃなくて、千早の方だよ」

千早「……」

P「……何か、あったんだろ。今日の千早は少しおかしい」

千早「……」

P「話してくれ。きっと、そっちの方がずっと千早のためになる」

千早「個人的な話です……」

P「そうか、じゃあ個人的な話をしよう」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:14:20.44 ID:yqd1jA8b0

千早「……」

P「……」

千早「……今日は優の、弟の命日だったんです」

P「……ああ」

千早「毎年この日はお墓にお参りして、弟とよく行ったお店を回ったりしてたんです」

千早「でも今日は、レコーディングのお仕事が入って……」

P「……ごめんな。全然気が回らなかった」

千早「いえ、仕事に出たのは私が決めたことですから」

千早「いい機会だと思ったんです。その、弟のことを忘れると言うか……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:15:12.45 ID:yqd1jA8b0

P「吹っ切る?」

千早「そう、吹っ切る。吹っ切るのに良い機会だと思ったんです。歌の仕事なら、集中してできる。そう思ったんです」

P「悪くない考えだ」

千早「……」

P「でも、ダメだったんだ?」

千早「……はい」

P「……」

千早「レコーディングが始まる時、監督に聞かれたんです。歌を歌うようになったきっかけはなんだって」

P「そっか」

千早「私の歌う理由、弟のためなんですよ。それなのに、弟のことを忘れてしまったら。私、歌う理由がない……」

千早「そう思うと、もう何もかもダメになって……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:15:57.86 ID:yqd1jA8b0

P「それで、俺に甘えてみた?」

千早「ええ、ごめんなさい。私、プロデューサーで埋めようとしました……」

千早「……だから、優が怒ったんでしょうか? さっき、夢に出て来たんです」

P「俺が風呂に入ってる時か」

千早「はい。背も伸びて、私の知ってる優の姿じゃなかったけど……。あれは優でした」

P「……」

千早「何も言わないで、こっちをじっと見て。それでふらっと歩いていってしまいました」

P「……」

千早「私……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:17:19.11 ID:yqd1jA8b0

P「……幽霊はさ、歳をとると思う?」

千早「え?」

P「ちなみに、俺は思う」

P「それとほら、よく言うだろ? 男子三日……」

千早「男子三日会わざれば、刮目して見よ?」

P「そう。男の成長ってさ、お姉ちゃんとかお母さんが思うよりずっと早いんだよ」

千早「……優も?」

P「ああ。優くんだって、千早と一緒に歳をとってる。それで、千早の窺い知れぬ所で『千早の弟』じゃない誰かになるんだ。姉離れだってする」

千早「……」

P「……俺の勝手な推測だけどさ、優くんは怒ってなんかいないよ。きっと応援しに来たんだ。『優くんの姉』から他の誰かになろうとする千早を」

千早「……そう、でしょうか」

P「そうだよ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:19:41.59 ID:yqd1jA8b0

千早「……」

P「……」

千早「……」

P「千早?」

千早「……よく分かりません」

P「ごめんな。上手く言えない」

千早「プロデューサー?」

P「なに?」

千早「泣いてもいいですか? きっとみっともない泣き方になると思うんです」

P「ああ、うん。馬鹿にしたりなんかしないから、好きにすると良い」

千早「……」

P「……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:23:47.11 ID:yqd1jA8b0

千早「……ん」

P「おはよう。千早」

千早「……」

千早「そっか、私、昨日……」

P「寝覚めの気分は?」

千早「……なんだか、大声で歌いたい気持ちです」

P「そっか。それは良い。けど、レコーディングまで我慢だな」

千早「はい」

P「さあ、こっちへおいで。ちょうどパンが焼けたところだ」

P「今朝は千早の分もコーヒーにしたからな」

千早「……」

P「……千早?」


千早「……あの。やっぱり私、ホットミルクをお願いできますか?」


おわり



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 01:25:34.14 ID:yqd1jA8b0

以上です
読んでくれた人と、支援保守してくれた人に感謝です

後半なに書いてるのか自分でもわかんなくなった


元スレ
千早「誰かと居たい夜」