1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:36:53.26 ID:JwBKKTl10

どうも

そのため誤字・脱字等お見苦しい点あるかもしれません。予めご了承ください。

※作者の妄想注意※

※キャラ崩壊注意※

※がっつりR-18※

モバP「どうしてこうなった。」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1574841833


とか

モバP「こうなるとは思わなかった…」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1581165335


↑上記作品の続編です

一応前作(今作とは何のつながりも無い為、読まなくても大丈夫です)

肇「プロデューサーと同室…」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1575643758/


とか書いてた人



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:38:02.17 ID:JwBKKTl10

渋谷凛「ねえ、どういうこと?」ジトー

北条加蓮「え~? なにが?」ギュッ

神谷奈緒「か、加蓮っ、離れろってっ///」

北条加蓮「奈緒も抱き着きたいの?」

神谷奈緒「んなぁっ?!///そ、そんな訳ないだろっ!///」

渋谷凛「ねえ…」ジトー

モバP「……」ダラダラ




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:38:34.16 ID:JwBKKTl10

回想

事務所 廊下

北条加蓮「んーっ!今日も疲れたーっ!」ノビー

神谷奈緒「やっぱマストレさん鬼だな…」グッタリ

加蓮「その分、練習になるんだけどね。」

奈緒「そうだけど…明日大丈夫かな…」

加蓮「お風呂でちゃんとストレッチすれば平気でしょ。」

奈緒「はぁ…まあ、いいや。早くPさんに報告して帰ろ。」

加蓮「だね。」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:39:24.65 ID:JwBKKTl10



「ぁ…」






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:40:42.28 ID:JwBKKTl10

奈緒「ん?」

加蓮「どうしたの?」

奈緒「なんか今、聞こえなかったか?」

加蓮「? 別に何も聞こえなかったけど。」

奈緒「気のせいか。」

加蓮「あれ?ドア開いてるね。」

奈緒「ほんとだ。…ん?」

奈緒「っ!!???//////」

加蓮「え?どしたの?」ヒョイッ

加蓮「え…」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:42:09.66 ID:JwBKKTl10

渋谷凛「やあっ!///ぷろでゅーさーぁ!///もっとぉっ////」

モバP(以降P表記)「くっ…凛、もっと声抑えろ。」

凛「むりっ//// あんっ/// あっ/// あっ/// ああっ////」

佐久間まゆ「Pさぁんっ/// 凛ちゃんばっかずるいですっ///」ギュッ

P「まゆ、ちょっと待てって…」

まゆ「待てませんっ」

P「…じゃあ、ほら、顔上げて。」クイッ

まゆ「ぁ/// んっ///」

P「ん…」

まゆ「んふふっ/// ちゅっ/// ちゅうっ/// ん~っ///」

凛「あっ、だめっ/// いまっ、私のばんっ/// あんっ////」グイッ

まゆ「ぁ…」

P「ごめんごめんっ」

凛「もうっ///」

まゆ「むぅ…」ギュッ




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:42:49.15 ID:JwBKKTl10

奈緒「な、なぁっ!むぐっ///」

加蓮「し、静かにっ///」

奈緒「なんでっ」

加蓮「の、覗いてるのばれるよ?」

奈緒「べ、別に覗いてるわけじゃ…」

加蓮「とにかく静かにっ///」

奈緒「え、こ、このまま見てるのかっ?///」

加蓮「だ、だって…気にならないの?///」

奈緒「気にならないよっ///」

加蓮「静かにっ///」ジー

奈緒「ぅぅ///」チラッ




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:43:23.13 ID:JwBKKTl10

凛「ああっ/// も、もうっ///だめっ///」

P「ぐぅ…俺も…っ」

凛「あっ/// 中にっ/// だしてっ///」

P「うぅ…出すぞっ…」

凛「うんっ/// ちょうだいっ/// わたしっ/// ぷろでゅーさーのだからっ/// すきにだしてっ///」

P「ぐぅ…っ」

ドクンッ

凛「ああああっ////」ビクンッ

ドクッドクッ

P「くぅ…」

凛「あっ///なか、でてる…っ///」ギュウッ

P「ふぅ…」

まゆ「あっ…/// Pさんっ///」

P「はぁ…ふぅ…じゃあ、その前に、一旦…」

ヌポッ

凛「あ…抜けちゃ…」

P「二人で、綺麗にしてくれるか?」

まゆ「っ/// はぃ///」

凛「…もぅ…///」スッ


まゆ「んっ///ちゅるっ///ちろっ///」

凛「んぅ///ちゅっ///んっ///」

P「っ…いいぞ、二人とも。よし。」カチャカチャ

まゆ「ぇ…な、なんで着ちゃうんですか?」

P「続きは、シャワーで、な?」

まゆ「あ…/// はぃ///」

P「凛も、シャワー浴びないとな。」

凛「ぅ…///うん…///」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:44:03.36 ID:JwBKKTl10

加蓮「やばっ、こっち来るっ」グイッ

奈緒「うわっ」



加蓮「ふぅ…セーフ…」

奈緒「な、なんなんだよっ/// あれっ///」

加蓮「…なんだろうね…///」

奈緒「あ、あんなっ、3人でっ///」

加蓮「ぷ、プロデューサーの雰囲気も全然違ったし…///」

奈緒「…ふ、二人と、付き合ってるのかな…」

加蓮「……どうだろ…」

奈緒「つ、付き合ってきゃ、あんな事…しないだろ…」

加蓮「うん…」

奈緒「……」

加蓮「…わ、私、帰るねっ」

奈緒「あ、加蓮っ」

加蓮「っ…」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:44:32.11 ID:JwBKKTl10

翌日


ガタンゴトン…

P「悪いな。急に電車移動になっちまって。」

奈緒「Pさん悪くないだろ…」

P「しかも、この満員だ…」

奈緒「なんか、他の路線が遅延して、こっちに流れたらしい。」

P「俺の体に隠れてろよ。見つかったらパニックだぞ。」

奈緒「そんな事ないだろ…」

P「ばか。TPの神谷奈緒だぞ。ばれたら大騒ぎだ。」

奈緒「大げさだって…」

奈緒(それに…)チラッ




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:44:59.39 ID:JwBKKTl10

P「?」

奈緒「…」プイッ

奈緒(距離が近いっ!///)

奈緒(この間見たのが、頭から離れない…///)

奈緒(…////)チラッ

奈緒(……あんな、でかい、のか…////)

奈緒(って違う違うっ!/// 何考えてんだっ!)ブンブンッ

P「さっきからどうした?」

奈緒「な、なんでもねーよっ!///」

P「しー。静かに。」

奈緒「ぅぅ…///」

奈緒(…///)チラッ

奈緒(…///)プイッ

奈緒(…///)チラッ

P「…」

P(なんなんだ?)

奈緒(い、一回、窓の外見て落ち着こう…そうしよう…///)モゾモゾ

P「ん、どうした?」

奈緒「そ、外の景色が、見たい…///」

P「もしかして、酔ったか?」

奈緒「酔っては無い、けど…と、とにかくっ、いいだろっ///」グルッ

P「お、おう…」

奈緒「…/////」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:45:31.84 ID:JwBKKTl10

ツギハー ○○ー


P「…」

P(頼むからこれ以上乗ってきませんように…)


モウイッポオクノホウヘー


グググッ

P「わっ」

奈緒「え?」

ドンッ

P「ぐぅ…」ギュゥ

奈緒「ぇ…ぁ…ぇぇ…?/////」

P「すまん、奈緒…苦しいだろうけど、少し我慢してくれ…っ」

奈緒「//////」

奈緒(こ、これっ、完全にくっついてるよなっ///)

奈緒(Pさんって、こんなに体大きいのか…///)

奈緒(……今、私のお尻に当たってるのって…///)

奈緒(……か、考えるなっ、考えるなっ、わたしっ//////)ブンブンッ

P「奈緒?」ボソッ

奈緒「ひゃあっ////」ビクッ

P「え?」

奈緒「い、いきなりっ、耳元で話すなぁ!////」

P「ばかっ、声大きい。」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:46:04.40 ID:JwBKKTl10

奈緒「あ、ご、ごめん…」

P「さっきからどうした? 辛いなら次の駅で一旦降りるか?」ボソボソ

奈緒「っつ/// んっ/// だ、大丈夫っ、だよっ///」

P「ならいいけど…辛かったらすぐ言えよ?」ボソッ

奈緒「んんっ/// わ、分かった、からっ、耳元で話すの、やめろ…///」

P「…ん」スッ

奈緒「ハァ…/// ハァ…///」

P「…」

奈緒(な、なんか、どんどん変な気分に…///)

奈緒(コノ間の映像も、頭から離れないし…///)

奈緒(うぅぅぅぅ////////)モゾモゾ

P「っ」

P「奈緒、動くな…」ボソッ

奈緒「んっ///」ビクッ

P「」

奈緒「ぇ…///」

奈緒(な、なんか…だんだん、固く…///)

奈緒(え? え? ええっ?/// これっ、固くって、ことは/// えっ?///)

奈緒(そ、そういうこと、だよな…///)

奈緒(り、凛とまゆとあんな事してたのにっ、わ、私にもかよっ///)

奈緒(……私も、同じこと、されるの、かな……///)

奈緒(……あんな、風に、Pさんに、少し、乱暴に…されるの、かな…///)

奈緒(……////)モゾッ




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:46:31.12 ID:JwBKKTl10

P「っ…だから…」

奈緒「…/////」ウツムキ

モゾモゾ
グリグリ

P「っつ」

P(こいつ、わざとやってないか?)

P「奈緒、動くなって」

奈緒「…//////」チラッ

モゾモゾ

P「」

P()

P「…」

グッ

奈緒「んっ?///」

奈緒(お、押し付けてきた? いや、押されただけ、かな…///)

P「…」

モゾモゾ

奈緒「んっ///」

奈緒(これ、腕、おろしてるのか?)

P「…」

サワッ

奈緒「んぅ?///」

奈緒(ぇ…これ、触ってるの、Pさんだよな…///)




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:47:02.22 ID:JwBKKTl10

サワサワ

奈緒「ぁ…ぅぅ…////」

ピラッ

奈緒「ぁ///」

ツー

奈緒「うぅ///」

サワサワ
モミッ

奈緒「んんっ////」

奈緒「P、Pさん、何を…///」

P「静かに。周りにばれるぞ?」ボソッ

奈緒「そんな…///」

P「先に誘ってきたのは、奈緒だろ?」ボソッ

奈緒「さ、誘って、なんか…///」

P「自分から、押し付けてきたのに?」ボソッ

奈緒「んぁ/// だからっ、耳元、やめろぉ…///」

P「…」

スリスリ
ムニッ

奈緒「んんっ/// ぁ///」

P「…もし、本当にいやなら、やめるけど?」

奈緒「っつ……///」

P「ん?」

奈緒「……////」ウツムキ




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:47:31.19 ID:JwBKKTl10

P「…じゃあ…」

スッ

ムニュッ

奈緒「あっ///」

P「…嫌がらないなら、いいだろ?」ボソッ

奈緒「む、胸もか…?///」

P「嫌?」

奈緒「…///」プイッ

P「…」

ムニュモミッ

奈緒「ぁ/// んっ/// ぅぅ///」

P「…」

クチュッ

奈緒「あっ///」

P「しー。」

奈緒「んぅ…///」

P「もう濡れてるけど、興奮しちゃったの?」ボソッ

奈緒「~~っ///」ブンブンッ

P「でも、ほら…」

クチュックチュックチュックチュッ

奈緒「んんっ/// んぅ/// ん~っ///」

P「…」スッ

奈緒「フー…/// フー…/// 」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:48:12.72 ID:JwBKKTl10

P「ほら、奈緒。」

奈緒「…? ~~~っ/////」プイッ

P「こんな、濡れてるんだよ?」ボソッ

奈緒「やめろぉ…//////」

P「こんな、電車の中で…密着されて…触られて…」ボソボソッ

奈緒「/////」

P「興奮してるんだ…。 エッチだね。奈緒も。」

奈緒「ちがぅ…///」

P「しかも、誘ったのは、奈緒、だもんな。」ボソボソ

奈緒「~~~っ///」ブンブンッ

P「……いつも、こういうことしてんの?」ボソッ

奈緒「なっ、ち、ちがうっ」クルッ

P「ん?」

奈緒「Pさん、以外には、してない…っ」

P「…俺だから?」

奈緒「……/////」コクン

P「…そっか。じゃあ…」

クチュッ

奈緒「ぁ///」

P「俺なら、奈緒のこと、好きにしていいんだよな?」

奈緒「っつ/// そ、そういう訳じゃ…///」

P「だめなの?」ボソッ

奈緒「んぅ/// だから、耳元で、話すなぁ…///」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:48:43.62 ID:JwBKKTl10

P「じゃあ、嫌なら、俺を殴っても、抓ってもいいぞ。ただし、抵抗しなかったら…」

P「好き勝手、しちゃうからな?」ボソッ

奈緒「…/////」フイッ

P「ほら…」

ムニュッ

クチュックチュックチュックチュッ

奈緒「んぁっ/// ん~っ/// ぁ/// ぁ/// ぁ/// 」

P「静かに。」

奈緒「あ、あんたがっ、触るからぁ…///」

P「嫌なら抵抗しろって」

奈緒「力、入んなぃ…///」

P「抵抗しないな。」

クチュックチュックチュックチュッ

奈緒「ダメッ/// ぁ/// ぁ/// ぁ/// ぁ/// 」ゾクゾクッ

P「いっちゃうの?」ボソッ

奈緒「やぁ///」

P「電車の中で、無理やりされてるのに、気持ちよくなっちゃって、いっちゃうんだ?」

奈緒「ちがっ、ぁ/// ぁ/// ぁ/// 」

P「ほらっ」

グチュンッ

奈緒「ふわっ、んんん~~~~っ//////」ビクビクッ


奈緒「ぁぁ…///」グッタリ

P「おっと。」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:49:20.83 ID:JwBKKTl10

奈緒「ハァ…/// ハァ…/// ハァ…///」

P「いっちゃったな?」

奈緒「やぁ…変態…///」

P「その変態に、いいようにされてたのは奈緒だろ? 抵抗できたのに。」

奈緒「…///」

P「…また、してほしかったらいつでも、いいからな。」

奈緒「……////」プイッ


翌日

P「」チーン

ちひろ「いい加減にしろや」

P「男って…愚かな生き物ですよね…」

ちひろ「今更気がつきましたか。仕事しろ。」

P「はい…」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:49:47.35 ID:JwBKKTl10

翌日


加蓮母「ココが加蓮の部屋です。」

P「はい、すいません。」

加蓮母「加蓮ー!あけるよー。」

加蓮『…なにー…』

加蓮母「プロデューサーさんがお見舞いに来てくれたから。」

加蓮『えっ、P、Pさんっ?!』

加蓮母「じゃあ、プロデューサーさん。宜しくお願いしますね。」ガチャ




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:50:19.73 ID:JwBKKTl10

P「はい。」

加蓮「わーわーっ! 待ってってっ!」バサッ


加蓮の部屋


P「加蓮、大丈夫…か…」

ベッド『…』コンモリ

P「…何してんだ?」

ベッド『…来るなんて聞いてない…』

P「言ってないしな。」

ベッド『……なんで来たの。』

P「お見舞いだって。差し入れとかは、お母さんに渡しといたぞ。」

ベッド『それは…ありがと…』

P「で、どうだ。具合は。」

ベッド『少し風邪気味なだけ。大丈夫。』

P「…なんで毛布に包まってんだ?」

ベッド『…』

P「…暑くないか?」

ベッド『…暑い』

P「だろうな。変な汗かくと悪化するぞ。」

ベッド『……急に来るから…スッピンだし…髪ボサボサだし…』

P「病人なんだから、当たり前だろ。」

ベッド『…見られたくない…』

P「分かったよ。じゃあ、俺は帰るな。」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:50:50.79 ID:JwBKKTl10

ベッド『…』モゾッ

ギュッ

P「…なぜ袖を掴む。」

ベッド『……もうちょっと、いてよ。』

P「……分かった。」

ベッド『…』


P「でも、顔は出したほうがいいぞ。」

ベッド『……』

P「…」

ベッド『絶対…絶対、変だから…あんま見ないでよ…』

P「分かったって…」

ベッド『…』モゾッ


加蓮「…」

P「なんだ、いつも通り可愛いじゃん。」

加蓮「っつ////」カァァ

加蓮「ば、バカにしてるでしょっ?!///」

P「してないって…」

加蓮「もう最悪…来るって分かってたらもっとちゃんと…」

P「病人は寝てろ。」

加蓮「うぅ…」

P「そんなに気にしなくても、加蓮は何もしなくても充分可愛いし、魅力的だろ。」

加蓮「……あんまりそういう事、女の子に簡単に言わないほうがいいと思うよ…///」プイッ




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:51:20.11 ID:JwBKKTl10

加蓮「……ソウヤッテ…リントマユヲ…」

P「?」

加蓮「なんでもない…」



P「それで、明日のレッスンはやっぱ無理そうか?」

加蓮「うん…もし、平気そうだったら、行くけど…」

P「そうか。まあ、無理はするなよ。」

加蓮「...また、皆に遅れちゃうなぁ...」

P「焦ることないだろ。遅れたなら、追付けばいい。でも無理して体壊したらそれっきりだろ。」

加蓮「簡単に言うなぁ...」

P「追いつけるように、俺も全力でサポートする。」

加蓮「........ほんと?」

P「おう。」

加蓮「......じゃあ、さ...」

P「ん?」

加蓮「......ベッド...入ってきてくんない...?///」

P「は?」

加蓮「その...その方が、温まると、思うし...直りも、早くなると思う...///」

P「いやいや、だめだろ。」

加蓮「全力でサポートしてくれるんでしょ?///」

P「いや、それは...」

加蓮「...コホコホ、コホコホ、あー、辛いなぁ...」チラッ

P「お前なぁ...」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:51:49.09 ID:JwBKKTl10

加蓮「あー...寒いなぁ...」チラッ

P「......分かったよ...」

加蓮「んっ♪」バサッ

P「頼むから誰にも言うなよ...」モゾッ

P(特に凛とか...)

加蓮「言わないって♪」


P「...これでいいか?」

加蓮「んー、まだ寒いなぁ...」

P「十分だろ...」

加蓮「...ね、ギュッてして。」

P「はあ?」

加蓮「抱きしめるだけだって♪」

P「...これで、いいか?」ギュッ

加蓮「ぁ/// うん♪///」


加蓮「温かい...///」

P「こんだけくっついてたらな。」

加蓮「男の人って、こんなに温かいんだ...///」

P「さあな。俺は男に抱きしめられたことないし。」

加蓮「あははっ♪ そりゃそうだよね♪」

P「しかし、加蓮こういう経験無かったのか。」

加蓮「入退院の繰り返しで、そんな暇無かったもん。」

P「...悪い。」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:52:38.32 ID:JwBKKTl10

加蓮「...だめ、許さない。」

P「まじか...」

加蓮「...もっと、しっかりぎゅっとしてくれたら、許す。」

P「...こうか?」ギュウゥ

加蓮「んっ♪///」


加蓮「......逆に、Pさんは? こういう経験、ある?」

P「......まあ、一応。」

加蓮「ふーん、Pさん、モテるもんね。」

P「...そんな事、ないだろ。」

加蓮「あるでしょ。凛とまゆも、Pさんに、デレデレ、だもんね?」

P「え」ギクッ

加蓮「ね?」

P「」ダラダラ

加蓮「…」

P「…なんのことでしょう…」フイゥt

加蓮「…私、見たんだ。」

P「え」

加蓮「事務所の、資料室で、Pさんが凛とまゆと、その、してるの…///」

P「」

加蓮「…モテモテだね…」

P「……その、凛とまゆは…」

加蓮「…ずるい…」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:53:19.36 ID:JwBKKTl10

P「え?」

加蓮「凛とまゆ、だけ、ずるい…///」ギュッ

P「か、加蓮?」

加蓮「二人、いるんだもん…私も、いいよね?///」ググッ

P「ちょっ、何を…」

加蓮「んっ…///」チュッ

P「んぅっ?!」

加蓮「…ふぅ…フフッ/// しちゃったね///」

P「お、おまっ…」

加蓮「大好きだよ、Pさん///」

P「っ」

加蓮「凛とまゆだけずるい。私のことも、受け止めてよ…///」

P「い、いい、のか・・?」

加蓮「うんっ/// だから…」

加蓮「私にも…り、凛達と同じこと…して…っ///」

P「いや、それは、流石に…親御さんもいるし…」

加蓮「う…じゃ、じゃあ、キス、して…今度はPさんから…///」

P「…分かった。」スッ

加蓮「…んっ///」

P「…これでいいか?」

加蓮「…だめ、もっと…/// まゆにしてたみたいに…///」

P「…」

P「んっ」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:53:54.32 ID:JwBKKTl10

加蓮「んぅ///」

P「…」チュルッ

加蓮「ぁ/// ちゅるっ/// れるっ/// んっ/// んぁ/// んんっ///」

P「ぷはっ…ふぅ…」

加蓮「ハァッ…/// ハァッ…///」

P「…満足した?」

加蓮「…///」フルフル

加蓮「…もっと…もっとぉ…///」

P「…んっ」

加蓮「んぅ/// ちゅるっ/// れるっ/// ん~っ///」

P「…」

ムニュッ

加蓮「んんっ?!/// ぷはっ、P、Pさんっ/// そこはっ…ぁ///」

P「痛い?」

加蓮「痛くない、けど…きゅ、急すぎ…///」

P「嫌なら、やめるけど。」

加蓮「……キス、してくれるなら、いいよ…///」

P「じゃあ…んぅ」

加蓮「んっ///」

ムニュッモミッ

加蓮「ぁ/// んぅっ/// んんっ///」

P「んっ」チュルッ

加蓮「ぁ/// ちゅるっ/// ん~っ///」





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:54:22.58 ID:JwBKKTl10

P「…」スッ

ツー

加蓮「ぁ/// ダメッ///」ガシッ

P「加蓮、だめ?」ボソッ

加蓮「そ、そっちは、その…まだ、心の準備が…///」

P「…分かった。じゃあ、」

P「心の準備、できたらいつでもいいから言えよ?」ボソッ

加蓮「…ぅ、うん…/////」

P「じゃあ…」

加蓮「んぅ///」


加蓮「んっ/// ちゅるっ/// んぅ/// んんっ/// ん~っ///」

P「…」

ツー

加蓮「ぁ//// だから、だめっ、だって…///」

P「足も、だめ?」

加蓮「足は、いいけど…///」

P「な?」

スリスリ

サワサワ

加蓮「ぁ/// ぅん/// ぁぁ/// んっ///」

P「…」

ツー

加蓮「んんんっ/// ダメッ/// それ以上は…///」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:54:48.97 ID:JwBKKTl10

P「分かってるよ。ほら、キス、するんだろ。」

加蓮「ぁ/// んぅ///」

加蓮「んぅ/// ぁ/// ぁん/// ちゅっ///」

P「…」

P(そろそろかな…)

加蓮「ん~っ///」

P「ぷはっ…」

加蓮「ぁ…///」

P「加蓮。」

加蓮「…な、なに…?///」

P「…いいか?」サワサワ

加蓮「ぁ…///」

P「…」

加蓮「………う、うん…///」

P「…」シュルッ

加蓮「っつ///」

P「…」

クチュッ

加蓮「あっ///」

P「しー。お母さんに聞こえるぞ?」

加蓮「んぅ///」

P「びちゃびちゃだ。」

クチュックチュックチュックチュッ




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:55:32.69 ID:JwBKKTl10

加蓮「んぅっ//// んぁ//// んん~~っ////」

加蓮「ダメッ…P、さんっ/// なんか、きちゃうっ/// んんっ///」

P「もう? 大丈夫、そのまま俺に任せろ。」ギュッ

加蓮「ぁ/// ぁ///ぁ///」


加蓮「んんん~~~~っ//////」ビクビクビクッ


加蓮「ふわぁ…///」クッタリ

P「大丈夫か?」

加蓮「……///」フルフル

P「そっか。」ギュウッ

加蓮「ぁ///」

P「落ち着くまで、こうしてるよ。」

加蓮「ぅ、うん/// ありがと…///」

P「…それとも、くっついてたら、また興奮しちゃう?」ボソッ

加蓮「…バカ…///」プイッ




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:56:58.93 ID:JwBKKTl10

翌日

P「」

加蓮「あ、おっはよー♪ Pさんっ♪」ダキッ

凛「ちょっ、加蓮っ」

奈緒「な、なにしてんだっ!」

加蓮「えー? 彼女が彼氏に抱きついちゃ、いけないの?」

凛「」

奈緒「」

P「」


回想終了




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:57:45.91 ID:JwBKKTl10

渋谷凛「ねえ、どういうこと?」ジトー

北条加蓮「え~? なにが?」ギュッ

神谷奈緒「か、加蓮っ、離れろってっ///」

北条加蓮「奈緒も抱き着きたいの?」

神谷奈緒「んなぁっ?!///そ、そんな訳ないだろっ!///」

渋谷凛「ねえ…」ジトー

モバP「……」ダラダラ

加蓮「でも、先に抜け駆けしたのは凛でしょ?」

凛「それは…」

加蓮「私と、奈緒のキモチ、分かってたよね?」

凛「……」

加蓮「…でも、これで、お揃いだね。」

凛「…はぁ…分かった。」

奈緒「か、加蓮、私は別に…」

加蓮「バレバレだよ。奈緒。」

奈緒「ぅぅ…///」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:58:34.29 ID:JwBKKTl10

P「凛…その…すまん…」

凛「…いいって。私も、前にいいって言ったし。どうせ、加蓮たちに迫られたんでしょ?」

P「…まぁ…」

加蓮「きっかけは、この間の資料室でのことだよ?」

凛「え…それ…ぁ…み、見てたの?」

加蓮「うん。ね、奈緒。」

奈緒「ぁ…うぅ…///」

凛「うそ…///」カァァ

加蓮「す、凄かったね…/// Pさんに壁に押し付けられて、前から…///」

凛「うぅ…///」

加蓮「……ねえ、今日さ、Pさんの家、行っていい?」

P「へ?」

奈緒「加蓮っ?」

加蓮「だ、だって、私、まだ、その、Pさんと、シテ、ないし…///」

奈緒「それは…」

P「い、いや…」

加蓮「だめ…?///」ジッ

P「ぅ…」

加蓮「……凛…」

凛「…」

加蓮「…凛だけ、ずるいよね?」

凛「……はぁ…いいよ…。」

P「え」

加蓮「やった♪」

凛「ただし、私も行くからね。」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:59:05.25 ID:JwBKKTl10

P「まじか…」

加蓮「やったね、奈緒。」

奈緒「わ、私もかっ?!////」

加蓮「もちろん。奈緒も彼女なんだから。」

奈緒「わ、わた、私は、彼女って認めたわけじゃ…///」

加蓮「…Pさん、嫌い?」

奈緒「…別に、嫌い、っていう訳じゃ…」

加蓮「…じゃあ、いいじゃん。ほらっ」グイッ

奈緒「ぁ」

ポスッ

P「おっと」

奈緒「ぁ…///」

加蓮「…どうする?」

奈緒「……分かったっ! 行くよっ! 行けばいいんだろっ!」

加蓮「決まりだね。」

P「まじか…」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 01:59:54.40 ID:JwBKKTl10

P宅

加蓮「Pさん、こんな良いマンション住んでたんだね。」

奈緒「だ、だな…///」

加蓮「あははっ♪奈緒、顔真っ赤~♪」

奈緒「う、うるさいっ///」




凛「はぁ…結局こうなるんだ…」

P「すまん…」

加蓮「そ・れ・で・どうする?」

P「え?」

加蓮「シャワー。」

P「…ああ、先に浴びてきていいぞ。」

加蓮「おー、本当にそういうんだね。男の人って」ニマニマ

P「…」

加蓮「じゃあ、行こっ奈緒。」

奈緒「一緒にか?」

加蓮「その方が早いよ?」

奈緒「お、おい…」

加蓮「凛も早くっ」

凛「…うん…」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:00:25.04 ID:JwBKKTl10

TPシャワー後
P、シャワー中


寝室

加蓮「ベッドもおっきいね。凛、来たことある?」

凛「…何回か。」

加蓮「このベッドで、したの?」

凛「っ////」フイッ

加蓮「へー♪」ニヨニヨ

奈緒「//////」プシュー

加蓮「奈緒、茹で上がっちゃってるね。」

凛「…加蓮はなんでそんな平気なの?」

加蓮「私は、二人がいるもん。それに、Pさんなら信じてるから。」

凛「……そっか。」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:01:00.02 ID:JwBKKTl10

ガチャッ

P「…」ホカホカ

加蓮「あっ♪///」

凛「…///」

奈緒「っ///」プイッ

P「…」

加蓮「…で、どうする?///」

P「」

加蓮「現役女子○生アイドル3人だよ…誰からにするの?///」

P「……じゃあ…」スッ

ギュウッ

加蓮「わっ///」

奈緒「えっ///」

凛「んっ///」


P「3人、同時に、な。」

加蓮「えー?///」

奈緒「なっ///」




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:01:29.29 ID:JwBKKTl10

凛「…///」

P「ほら、顔、上げて。」

加蓮「んっ///」クイッ

奈緒「ぅぅ///」クイッ

凛「…///」

P「凛?」

凛「…///」プイッ

P「…じゃあ、加蓮、奈緒。」

加蓮「ぁ…んっ///」

奈緒「ちょっ、ちょっと、待っ、んぅ///」

凛「…////」ジトー

加蓮「んふっ/// ちゅうっ/// ちゅるっ/// れるっ/// ん~っ////」

P「ふぅ…」

加蓮「ぁ…///」

P「奈緒…」

奈緒「んぅ/// チュッ/// ん~っ///」

P「…ふぅ」

奈緒「ぁ…///」

P「…凛は、いいのか?」

凛「……いい…」

P「ほんとに?」

凛「…するときは、私だけで、って言ったじゃん…」

P「…そっか。じゃあ」




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:02:00.16 ID:JwBKKTl10

P「凛は、あとでゆっくり、な?」ボソッ

凛「…浮気男…変態…最低…///」

P「嫌なら帰ってもいいぞ?」

凛「……ふんっ///」プイッ


P「じゃあ、加蓮。奈緒。」グイッ

加蓮「ぁ///」トサッ

奈緒「ぅ///」トサッ

P「二人とも、いいか?」

加蓮「うんっ///」

奈緒「あぅ/// ふ、二人、同時か?///」

P「ん? 奈緒は、一人ずつがいいのか? なら…」

チュウッ

奈緒「あっ///」

P「奈緒の可愛いところ、加蓮に見てもらうか。」ボソッ

奈緒「~~~っ////」

P「ほら、こっち向いて。んっ」

奈緒「んぅ/// Pひゃ/// ひゃめっ/// ちゅるっ/// ん~っ///」

P「…」

ムニュッ

奈緒「ぁ//// んぁぁ/// んんっ///」


加蓮「…/////」ドキドキ




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:02:37.27 ID:JwBKKTl10

P「んっ…ふぅ…」

奈緒「もぉ…/// だめだって…/// 言ってる…だろぉ…///」

P「なんでだめなんだ?」

奈緒「それは…っ///」

P「ん?」

奈緒「……っつ////」プイッ

P「耳、真っ赤だな。キスしていいか?」ボソッ

奈緒「~~~っ//// か、勝手に、しろっ///」

P「了解。」

チュウツッ

奈緒「んぁあ///」

P「んっ…」

クチュッ

奈緒「あんっ///」

P「もうびちゃびちゃ。」ボソッ

奈緒「言うっ、なぁっ////」

P「ほら、こんなに濡れてるよ。」

奈緒「みせるなぁっ///」ブンブンッ

P「やっぱ、奈緒は可愛いな。」ボソッ

奈緒「なぁっ?!///」

P「恥ずかしがってる奈緒も、気持ちよくなってる奈緒も、可愛い。」ボソッ

奈緒「~~~っ////」

P「だから、もっとさ、可愛い奈緒。見せてよ。」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:03:23.76 ID:JwBKKTl10

奈緒「なっ…んぅっ///」

クチュックチュックチュックチュックチュックチュッ

奈緒「んんぅ/// ちゅるっ//// んぁっ///」

P「ぷはっ…ほら、俺の目を見て。」

奈緒「あっ/// あっ/// あっ/// ああっ///」

P「可愛いぞ、奈緒。」

奈緒「やめっ/// 言うなっ/// そーいうこっとっ/// あんっ///」

P「なんで?」

奈緒「なんでってっ//// ふわっ//// ああっ/// だめっ//// もうっ////」

P「イクなら俺の目を見て、ちゃんとそう言わないと。」

奈緒「あっ/// あっ/// いくっ//// いくっ/// だめっ///」

P「ん。」ピタッ

奈緒「ふぇっ…///」

P「…」

奈緒「な、なんで…っ///」

P「ん? 奈緒がダメって言ったから。」

奈緒「そんな……ぅ~っ///」

P「…もし、して欲しいならちゃんと「してほしい」って、言わないと。」ボソッ

奈緒「~~~~っ/////」プイッ


加蓮「うわー…/// Pさん、ほんっとドS…///」

P「そうか?」

加蓮「そうだよ…///」

P「俺は、奈緒の言うとおりにしただけだ。」




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:04:00.64 ID:JwBKKTl10

加蓮「…そんな風に事務所のみんなをイジメてきたんだ…///」

P「加蓮も、知ってるだろ?」シュルッ

加蓮「あっ///」ドキドキ

P「前に、散々、いじめられたもんな?」

加蓮「うぅ…///」

P「…また、いじめてほしいんだよな?」

加蓮「……////」

P「ん? 違う?」

加蓮「い、いじめてほしい…わけでは…////」

P「でもさ、俺の部屋に来たいって言ったのも。してほしいって言ったのも。加蓮だろ?」

加蓮「それは…そう、だけど…//////」

P「…どうする? やめるか?」

加蓮「……いじわる…/// 今更、やめてなんて、言う訳ないじゃん…///」

P「だよな。…んっ」

加蓮「んぅ///」


奈緒「ぅ~~っ////」モジモジ


P「…」

クチュッ

加蓮「んやぁっ///」

P「奈緒を見て、期待しちゃってた?///」

加蓮「うぅ…////」

P「これなら…」




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:06:24.52 ID:JwBKKTl10

クチュックチュックチュックチュックチュッ

加蓮「やあっ//// あんっ/// あっ/// あっ/// 」

P「奈緒みたいに、すぐいっちゃいそうだな?」

加蓮「やあっ/// ああっ/// あんっ///」

P「イキそう?」

加蓮「うんっ/// いくっ/// いっちゃうっ/// ああっ/// P、さんっ////」

P「…」ピタッ

加蓮「ふぇ…な、とめ、るの…///」

P「クスッ」ニヤニヤ

加蓮「っ/// いじわるっ…いじわるぅ///」ギュウゥ

P「奈緒。」

奈緒「っつ////」

P「どうする?」

奈緒「…して…///」

P「ん?」

奈緒「してっ/// おねがいっ/// もうっ/// もどかしくてっ///」ギュウゥ

P「じゃあ…」

クチュ
クチュ

加蓮「あっ////」

奈緒「あんっ///」

P「二人同時に、な。」

加蓮「あっ…///」ドキドキ




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:09:41.35 ID:JwBKKTl10

奈緒「うぅ…///」ドキドキ

グッチュグッチュ
グッチュグッチュ

加蓮「あんっ/// あっ/// あっ///」

奈緒「やあっ/// ああっ/// あんっ///」

P「ほら、イケっ」

グチュッ

加蓮「ふわっ、ああああっ//////」

奈緒「ああああんっ////」


加蓮「ふわぁ…////」

奈緒「やあ…///」

P「ふぅ…」


加蓮「はぁ…/// はぁ…/// はは、奈緒、顔、真っ赤じゃん…////」

奈緒「はぁ…/// か、加蓮も…だろ…///」

P「それじゃ、二人共起きれるか?」

加蓮「え…?///」

奈緒「なんだ…?///」

P「ほらっ」グイッ

加蓮「えっ////」

奈緒「お、おいっ///」

P「四つんばいになって。」

加蓮「え…/// それは…///」

奈緒「はずいってぇ…///」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:10:15.27 ID:JwBKKTl10

P「頼むよ。」


加蓮「…うぅ…///」

奈緒「…もぅ…///」


加蓮「…~~っ/// これっ、思ってたより、恥ずかしい…///」

奈緒「な、なんで、こんな格好…///」

P「え?」

クチュッ

奈緒「ぁ…///」

P「二人の初めて、貰うためだ。」

奈緒「えっ/// やっ/// ちょっ、と待って…///」

P「無理。」グググッ

奈緒「あ…あ…/// 」

加蓮「わっ…////」

ヌププッ

プチプチッ

奈緒「いっ…んぅ…」

ズプンッ

奈緒「あっ///」

P「ふぅ…全部、入ったぞ。」

奈緒「ああ…お腹、ぱんぱんで…っ///」

P「痛いか?」

奈緒「す、こしだけ…///」




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:11:09.88 ID:JwBKKTl10

P「動いて、大丈夫か?」

奈緒「…う、うん…///」

P「加蓮、よく見とけよ。」

加蓮「…うん…/////」

P「いくぞ、奈緒。」

奈緒「…///」コクッ

P「ん…」

ズッ

奈緒「んぅ///」

P「痛い?」

奈緒「だ、大丈夫…///」

P「了解。」

ズッ

パンッ

奈緒「あっ///」

P「…」

パンッパンッパンッパンッパンッ

奈緒「あっ/// あっ/// あっ/// あんっ///」

P「声、可愛いな。」

奈緒「やあっ///」

P「こんな、後ろから突かれて気持ちいいんだ?」

奈緒「ちがっ/// あんっ/// ああっ///」

P「…」




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:12:00.59 ID:JwBKKTl10

パンッパンッパンッパンッパンッ

奈緒「ふわっ/// やあっ/// ああんっ///」

加蓮「…っ/// Pさんっ…/// わ、私、にも…////」

P「ん?」

加蓮「っつ…私にも、してっ///」

P「…分かった。」

加蓮「あ…///」ドキドキ

奈緒「ふぇ///」

P「奈緒、いったん、抜くぞ。」

ヌポッ

奈緒「ふぁ///」

P「いれるぞ。」

加蓮「うんっ///」

ニュプッ

加蓮「あっ///」

ヌププッ

プチップチプチ

加蓮「いたっ…んぅ…」

…トン

加蓮「ああっ…ぜ、ぜんぶ、はいったの…?///」

P「っ…ああ、入ったぞ。」

加蓮「すっご…こんな、なんだ…」




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:12:40.00 ID:JwBKKTl10

パンッパンッパンッパンッパンッ

奈緒「ふわっ/// やあっ/// ああんっ///」

加蓮「…っ/// Pさんっ…/// わ、私、にも…////」

P「ん?」

加蓮「っつ…私にも、してっ///」

P「…分かった。」

加蓮「あ…///」ドキドキ

奈緒「ふぇ///」

P「奈緒、いったん、抜くぞ。」

ヌポッ

奈緒「ふぁ///」

P「いれるぞ。」

加蓮「うんっ///」

ニュプッ

加蓮「あっ///」

ヌププッ

プチップチプチ

加蓮「いたっ…んぅ…」

…トン

加蓮「ああっ…ぜ、ぜんぶ、はいったの…?///」

P「っ…ああ、入ったぞ。」

加蓮「すっご…こんな、なんだ…」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:13:07.65 ID:JwBKKTl10

P「痛いか?」

加蓮「少し、だけ…」

P「じゃあ、少しずつ動かしていくから。」

加蓮「ぅん…///」

P「ん…」

ズッ…ズッ…ズッ…

加蓮「んぅ…/// ぁ/// んんっ…///」

P「どうだ?」

加蓮「そ、んなにはっ、痛く、ない…////」

P「じゃあ、もう少し、大きく動くぞ。」

加蓮「うん…っ///」

ズッ
チュプッチュプッ

加蓮「あっ/// あっ///」

P「…」

パンッ

加蓮「あっ!///」

P「大丈夫そうだな。じゃあ」

加蓮「あっ、ちょっ、ちょっと、待って///」

P「ん…」

パンッパンッパンッパンッパンッ

加蓮「あっ/// やあっ/// あんっ/// まっ/// Pさんっ///」

P「どうだ?」




50: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:13:49.63 ID:JwBKKTl10

加蓮「あっ/// あっ/// わかっ、んないっ/// あんっ///」

奈緒「…ぅ~…///」モジモジチラチラ

P「…」

スッ
クチュッ

奈緒「ああっ/// P,Pさんっ?!///」

P「寂しそうだったからな。」

クチュックチュックチュックチュックチュッ

奈緒「あんっ/// ああっ/// ゆびっ/// かきまわすなぁっ////」

パンッパンッパンッパンッパンッ

加蓮「ああっ/// Pさんっ//// Pさんっ//// はげしっ/// あんっ///」

奈緒「あんっ/// あああっ///」

P「っっ…どうだ、二人とも…」

加蓮「あっ/// あっ///」

奈緒「うぅ/// ああんっ///」

P「じゃあ、次は…」

ニュポッ

加蓮「ああっ…抜けちゃ…///」

ニュプッ

奈緒「んっ///」

P「奈緒、な。」

パンッ

奈緒「あああっ////」

P「加蓮は…」




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:14:18.32 ID:JwBKKTl10

クチュッ

加蓮「あんっ///」

P「いくぞ、二人とも。」

パンッパンッパンッパンッパンッ

クチュッグチュックチュクチュ

奈緒「あっ/// ああっ/// あんっ/// ああんっ///」

加蓮「うぅぅ/// Pさんっ/// ゆ、指じゃなくてぇっ///」

P「ぐっ…まずは、奈緒だっ…」

パチュンッパチュンッパチュンッパチュンッパチュンッ

奈緒「あああっ/// Pさんっ/// もうっ、だめっ/// あんっ/// あっ/// あっ/// あっ/// 」

P「出すぞっ、奈緒っ」

奈緒「あっ/// なかはっ/// ああっ////」

P「ぐぅ…」

ドクッ

奈緒「ふわぁぁぁっ/////」ビクビクビクンッ

ドクッドクッドクンッ

奈緒「うぁ…/// 熱い…///」

P「ふぅ…」

ニュポッ

奈緒「ふわぁ…///」


P「じゃあ、次は…」

ヌプッ

加蓮「あっ///」




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:14:45.09 ID:JwBKKTl10

パァンッ

P「一気に、いくぞっ…」

パァンッパァンッパァンッパァンッ

加蓮「ああああっ/// はげしっ/// ああ/// うぁ////」

P「ぐぅ…」

加蓮「あっ/// だめっ/// もうっ/// Pさんっ/// い、いっしょにぃっ////」

P「ああっ…っ」

加蓮「はぁっ/// ふわぁっ/// あっ/// あっ/// あっ/// あっ/// 」ゾクゾクッ

P「ぐぅっ」

ドクンッ

加蓮「んあああぁぁっ/////」ビクビクッ

ドクッ…ドクンッ

加蓮「うわぁ…/// あっつ…///」

P「ふぅ…」

加蓮「ふわぁ…///」ポスンッ

P「おっと、大丈夫か?」

加蓮「はぁ…/// はぁ…/// ふふっ…/// あーあ…中で出しちゃった…///」

P「ん?」

加蓮「これは…/// 責任、とらなきゃね…///」

P「もちろん。一生責任とるよ。」

加蓮「ふふっ♪////」


P「さて…」




53: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:15:31.10 ID:JwBKKTl10

凛「…////」ビクッ

P「凛、そんなとこいないで、こっち来い。」

凛「…っ///」プイッ

P「…」ギシッ

スタスタ

P「凛っ」ギュッ

凛「…っ///」

P「どうした?」

凛「…女たらし…/// また新しい彼女?」

P「まあ、そうなるな。」

凛「…ちゃんと、私のことも、見てよ…?///」

P「もちろん。」ギュウゥ

凛「…目、反らさないで…/// こういう時ぐらい…私だけを、見てて…///」

P「ああ。」スッ

凛「んっ///」

P「ん…」

凛「ぁ/// んっ/// ちゅるっ///」ギュウゥゥ

P「んぅ…」

シュルッ

凛「んぅ/// ん~っ///」

P「んぅ…」

凛「…ふぅ…///」

P「じゃあ、凛。これ、綺麗にしてくれるか?」




54: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:15:57.84 ID:JwBKKTl10

凛「うん…///」スッ

凛「んっ…///」チュッ

P「っ」

凛「ちゅっ/// ちろっ/// んっ///」

P「…ふっ…っ…凛、もういいぞ…」

凛「…アムッ///」

P「っ、凛?」

凛「んっ/// じゅるっ/// じゅぽっ/// ちゅるるっ/// んっ///」

P「ぅ…まじか…っ」

凛「んんっ/// このままっ/// だひてっ/// んっ/// うけとめるはらっ///」

P「ぐぅ…っ…」

凛「んっ/// んっ/// んっ/// じゅるるっ////」

P「ぐぁ…でるっ…」

ドクンッ

凛「ん~~~っ////」

ドクッ…ドクッ…

P「くぅ…」

凛「んっ…/// んっ…/// んんっ…///」コクッコクッゴクッ

凛「…ふぅ…ケホッケホッ///」

P「り、凛…」

凛「ふふっ、加蓮と奈緒じゃ、こういうの出来ないでしょ///」

P「っ…そうだな…じゃあ…」グイッ

凛「あっ…///」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:17:16.05 ID:JwBKKTl10

ポスッ

P「凛は、これが、好きだもんな。」

タイメンザイ

凛「う、うん…///」

P「入れるぞ…」

凛「うんっ、きてっ///」

P「ん…」

ニュププッ

凛「あっ/// あっ///」

ズンッ

凛「あ゛っ///」

P「んっ…」

パンッパンッパンッパンッパンッ

凛「あっ/// あんっ/// もっ、もっとっ/// だきしめってっ////」

P「ああっ…」ギュウゥ

凛「んぁっ/// ああっ/// pさんっ/// Pさんっ//// あんっ///」


加蓮「凛っ♪///」

凛「ふぇっ/// か、かれんっ?///」

加蓮「凛だけずるいっ/// 私も混ぜてっ///」

凛「~~~っ///// だめっ//// あっ/// だめっ////」ブンブンッ

加蓮「え~?///」

凛「あっ/// いまはっ/// 私のばんっ/// あんっ///」

加蓮「ムー/// Pさんっ/// 凛だけずるいっ////」ギュッ




56: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:17:52.57 ID:JwBKKTl10

P「おっ」

凛「あっ/// だめっ/// はなれてっ//// かれんっ///」

P「加蓮、今は離れて、ろっ…っ」

加蓮「むー…///」パッ

P「ぐぅ…凛、もう、でるっ…」

凛「あっ/// あっ/// あっ/// わたしもっ/// いくっ///」

P「ぐぅ…出すぞっ…」

凛「だしてっ/// わたしのっ、なかにっ////」

P「ぐっ…」

ドクンッ

凛「うあ゛ぁっ///」ビクンッ

ドクッドクッドクッ

凛「んんぅ/// でてるっ///」ギュウゥゥ


P「ふぅ…」パッ

凛「あっ…//// だめっ…///」ギュッ

P「凛?」

凛「もうちょっと…このまま…///」

加蓮「りーんっ///」ギュッ

奈緒「ず、ずるいぞっ///」ギュッ

凛「…はぁ…///」

P「まあまあ、とりあえず一回シャワー浴びないか?」

加蓮「…みんなで?///」




57: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:18:20.58 ID:JwBKKTl10

P「もちろん。」

加蓮「…うんっ♪///」

奈緒「…仕方ないな…///」

凛「…もぅ…///」

P「よし、じゃあ、行くぞ。」

TP「「「うんっ///」」」




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:19:25.14 ID:JwBKKTl10

翌日


P「」セイザ

加蓮「と、いうわけで。これからよろしくねっ♪」

奈緒「…」

凛「はぁ…」


高橋礼子「あら。また増えたの。」

本田未央「礼子さん、軽っ」

礼子「大体、予想はついていたしね。」

塩見周子「なんかもう、慣れてきた自分が嫌やわ…」

速水奏「そうね…」

黒埼ちとせ「何人目?」

白雪千夜「…21人目、ですね…」ゴゴゴゴ

ちとせ「おー♪ 中東の石油王もびっくりの人数だね。」

千夜「はい…」ゴゴゴゴ

前川みく「むー…これはうかうかしてると、皆にPちゃんを占領されちゃうにゃ…」

棟方愛美「こんだけのお山を好き放題とは…ウラヤマシイ…」

みく「え? そっち?」



P「」ダラダラ

加蓮「あははっ♪ Pさん、これから大変だ。」

奈緒「…だな。」

凛「…ちゃんと、全員、幸せにしてよね…」

P「…それは、もちろん。」


加蓮「じゃ、改めて、これからもよろしくねっ♪ Pさんっ♪」




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:20:12.81 ID:JwBKKTl10



To be continued...






60: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/07(土) 02:20:40.94 ID:JwBKKTl10

今回は以上となります。

全員登場回を書きたいと思いながら、新しいアイドルを増やして自分の首を締めていくスタイル。
でも、全員登場回は書きたい。たとえ誰も求めていなくとも。

お粗末さまでした。


元スレ
SS速報R:モバP「どうしよう…」