13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 09:15:06.37 ID:+M2QOFMC0

上条「わりぃなビリビリ」

美琴「ビリビリ言うな!それよりもアンタがカサ持ちなさいよね」

上条「おっと、それもそうだな」ひょい

美琴「ちょ・・・っ、小さいカサなんだから、
そんな風に持ったら私が濡れちゃうでしょ!?」ピトッ

上条「あ、ああ、わりぃ・・・///」ドキドキ

美琴(よしっ!密着成功!)///



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 09:49:45.83 ID:+M2QOFMC0

上条「じゃ、じゃあ、もうチョイカサをそっち側に・・・」

美琴「それじゃあアンタが濡れちゃうでしょ?」ぎゅっ

上条「!!」

美琴「こっ!このまま歩きましょう!」ドキドキ

上条「お、おう!」ドキドキ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 09:54:33.87 ID:+M2QOFMC0

上条(ビリビリ、お前胸が無いわけじゃないんだぞ?
密着はさすがの上条さんでもマズイ・・・)

美琴「やっぱり少しは濡れるわね、背中のあたりがひんやりするんだけど、
濡れてない?」

上条「どれどれ・・・?」「!!」

上条(ビリビリんk・・・透けブラ///)

美琴「///」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 10:05:59.16 ID:+M2QOFMC0

上条(ビリビリ・・・以外とカワイイ下着着けてるんだな///)

美琴「ちょっとーいつまで背中見てるのよ~?
って、きゃあっ!透けてる!?」

上条「やべっ」

美琴「アンタ・・・!これを覗いてたわけね・・・?」

上条「い、いや!あのですね!これは不可抗力ともうしますかね!」
上条(マズイぞ電撃くる!ビリビリくる!)

美琴「も、もう///しょうがないわね///」

上条「・・・あれ?」

美琴「そっ!そのかわり・・・」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 10:09:25.38 ID:+M2QOFMC0

美琴「着替え・・・貸しなさいよ///」

上条「へ?着替え??」

美琴「アンタんち、この近くでしょ?」

上条「つまり、御坂サンがわたくしの家にお越しになられて、着替えると・・・?」

美琴「そうよ。あと、シャワーも・・・///」

上条「へ?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 10:17:27.39 ID:+M2QOFMC0

上条「いやいや、それはマズイって!!」

美琴「どうしてよ! 私を濡れたまま帰す気?」

上条「いえいえ!そういうわけじゃなくてだな、上条さんが言いたいのは・・・」

美琴「ほら!つべこべ言わず、行くわよ?」ぎゅっ

上条「・・・ハイ!」
上条(この密着で全ての思考力を奪われる・・・もうなる様にな~れ☆)

美琴(よしっ!よっしッ!ここまでの作戦は成功!)


美琴(あ、あとはこいつのうちで・・・///)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 11:09:09.82 ID:+M2QOFMC0

上条家

上条(インデックス・・・はでかけてるか)

美琴「おじゃましま~す」

上条「結構濡れたな、まずはシャワーか」
上条(すけすけ///)

美琴「・・・うん///」ドキドキ

上条(ああああああ!なんで今日はそんなに素直なんだよおおおおおお!)

美琴「あの、何か着替え貸してもらえると」

上条「お、おう。なんか用意しておくよ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 11:20:12.65 ID:+M2QOFMC0

美琴(ついに家まできちゃった///)
シュル シュ バサッ

美琴(私、今アイツの家で服を脱いでるんだ///)

美琴「ま、お風呂場だけどね」
キュ シャワァァァァァ

美琴「~♪」


上条「御坂・・・あいつ何考えてるんだ?」

上条「一人暮らしの男の家に来て、シャワー浴びさせろなんて・・・///」

上条「おっと、着替え着替えっと」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 11:32:30.55 ID:+M2QOFMC0

上条「おーい、今(脱衣所の)ドア開けて平気か~?」

美琴「うん、大丈夫よ~!」
シャワァァァァァ

上条(磨りガラス越しにビリビリの・・・体のシルエットが///)

上条「ココに着替え置いとくぞ」

美琴「うん、ありがとー」
シャワァァァァァ

上条(やれやれ、って!)
上条(ビリビリの脱いだ服が・・・!)

上条(し、下着まで置いてある///)

美琴(ドキドキ///)



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 11:43:15.27 ID:+M2QOFMC0

美琴「よし、体はキレイになった!」

美琴「あ、あとは///アイツに・・・///」ドキドキ

美琴(まずは、最後の作戦を・・・!)


ガラッ
美琴「シャワーありがと、あがったわよ?」

上条「おう、それじゃあ俺も風呂に・・・って!!」

上条「な、な、なんでバスタオル一枚なんだよビリビリ!!」バクンッ バクン

美琴「あ、あの///着替えドコに置いたの?///」ドキドキ

上条「お前が脱いだ服のすぐ隣だよっ!!」ドッキドッキ

美琴「なっ!?私が脱いだ服覗いてたの!?」ビリッ

上条「い、いや!そんなわけじゃ!」あたふた




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:00:04.43 ID:+M2QOFMC0

美琴「ちょっとアンタ・・・!」ビリビリビリ

美琴(あぁ~!またキレちゃったよ~!)
はらりっ

美琴「へっ?」
上条「へっ?」

美琴「きゃぁーーーーッ!」

上条(全部見えちゃった!全部見えちゃったッ!!)

美琴(こんなッ!こんなの計算街だよぅ///)ぐすっ
美琴(は、恥ずかしいよ~///)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:05:43.48 ID:+M2QOFMC0

上条「み、御坂・・・///」

美琴(あ、あれ?)

上条「ほら、服を着ろ///」

美琴(コイツ・・・顔が真っ赤・・・)

上条「俺、後ろ向いてるからな///」

美琴(これ・・・結果オーライじゃない?
このまま押せばいけるんじゃない?)


美琴(よ、よーし!///)



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:19:29.13 ID:+M2QOFMC0

美琴「ねえ///当麻・・・お願い///」

上条「み、御坂サン!?///」ドッキドッキ

美琴「当麻が・・・着替えるさせて?///」

上条「なっ!?何言って・・・?///」バクンバクン

美琴「それとも・・・裸のままのほうがイイ?///」ドキドキ

上条「御坂・・・!///」


インデックス「ただいまなんだよー!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:31:36.17 ID:+M2QOFMC0

美琴「こうして、大食いシスターの介入により
私の作戦は失敗に終った」

美琴「しかし、成果が無かったわけではない
今では私と隣はラブラブなのだっ!」

上条「俺たちを引き合わせたのは、あの時の雨と・・・」

美琴「この『全自動万能折りたたみカサ・KiyamaX』のおかげねっ!」

上条「本当に素晴らしいカサだよな!」

美琴「通販限定だから、雨の日にも外までカサを買いに行く必要はありません!」

上条「自宅で電話一本かけるだけで、宅配業者が貴方の家までお届けします!」

美琴「今日は開発者の木山春生先生にもお越しいただきました!」

木山先生「良いカサだ、買ってくれ」

上条「番組終了30分以内にお電話いただいた方には、さらにオマケをプラスして・・・」



おしまい!



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:38:59.99 ID:A1YnlIzK0

姫神「傘持ってないの?」

上条「お?」

姫神「いれて。あげる」

上条「いいのか? サンキューな」

姫神「……」ピトッ

上条(!!)






美琴「……」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:48:19.31 ID:A1YnlIzK0

姫神「どうしたの?」

上条「ち、近いです」バッ

姫神「濡れるよ」ギュっ

上条「お、俺が傘持つから」///

姫神「ありがとう」ボソッ

上条「」






美琴「……」








61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 12:55:58.17 ID:A1YnlIzK0

姫神「上条君。どうしたの?」

上条「い、いえ、ななななんでもないですよ」

姫神「そう」

上条「お、おう」

姫神「雨。強くなってきた」

上条「そ、そうだな」

ゴロゴロ……ゴロゴロ……

姫神「!!」ビクッ

上条「雷なってるな……ってお前雷弱いのか?」







62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:05:35.73 ID:A1YnlIzK0

ピシャン、ゴロゴロ

姫神「は。早く帰ろう」ギュっ

上条「あ、焦る必要なんかねーよ/// 俺の家、すぐそこだから」

上条(うん? あれ?)

姫神「お邪魔しても。いいの?」

上条「え?」

姫神「駄目。かな」

上条「」ドキーン







美琴「あれー? 既視感がするわねえ」

上条・姫神「!!!!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:10:19.86 ID:A1YnlIzK0

上条「み、御坂さん、どうして怒ってらっしゃるのでせうか?」

姫神「誰。この女」

姫神「ひょっとすると。クールビューティーさん?」

上条「そいつの姉だよ」ボソボソ

姫神「そう」ボソボソ

 コソコソ、いちゃいちゃ、コソコソ、いちゃいちゃ








美琴「……」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:08:58.92 ID:Iv6i44Jg0

これは別の話じゃなくて続いてるの?



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:16:16.19 ID:A1YnlIzK0

>>63
別の話


バチィ!

上条「な、なんだよ」

姫神「……」ギュっ

美琴「なに往来の前でやってんのかしら?」イライラ

上条「は?」

しーん。

姫神「誰も。いない」

美琴「いいから、答えなさい」イライラ

上条「傘、忘れたから、入れて貰っただけだよ」

姫神「そう」




69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:22:21.50 ID:A1YnlIzK0

美琴「じゃあ、なんで密着してんのかしら?」ギリギリ

上条・姫神「//////」

美琴「離れなさいよ!」

姫神「……」ギュ

上条「ひ、姫神さん//////」

美琴「やっぱり、アンタは!!!」バチバチ

上条「なんだよ急に? わけわかんねえな」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:29:36.88 ID:A1YnlIzK0

姫神「上条君。早く逃げよ」ボソッ

上条「っておい、姫神ひっぱんなって」

美琴「ちょっと、どこいくのよ!?」







姫神「こっち」

上条「ぜー、ぜー、ようやくまけたか」

姫神「もう。大丈夫」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:43:02.35 ID:A1YnlIzK0

上条「ここどこだ?」

姫神「私の寮の近く」

上条「え? ああそうなのか」

姫神「さっき。走って濡れた」

上条「あ、ああそうだな……」

上条(透けて見える、これが日本の原風景ってやつですかー!)///

姫神「少し。疲れた」

上条「そうだな……」

上条(何がいいたいんだ?)

姫神「部屋。あがらない?」

上条「」





75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:45:02.39 ID:A1YnlIzK0






美琴「みーつけた」








78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:53:46.76 ID:A1YnlIzK0

姫神「引っ越したばかりで。何もないけど」

上条「お、おう」ドキドキ

姫神「いい?」

上条「」コクコク

姫神「やった。ぶい」







上条「邪魔するぜ」

姫神「はやく。入って」

ガチャン、

姫神「……」

上条(施錠する意味なんてあんのか……)





79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 13:58:13.63 ID:A1YnlIzK0

姫神「タオル。とってくる」

上条「サンキューな」

姫神「適当に座ってて」

姫神「あ」

上条「どうした?」

姫神「シャワー。浴びる?」

上条「へ?」

姫神「!!」

姫神「//////」

上条「た、タオルだけで、結構です!!」

姫神「わ、わ。わかった」スタスタ




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 14:05:39.29 ID:A1YnlIzK0

姫神「はい。どうぞ」

上条「あ、ありがとう」///

姫神「たって」

上条「は、はい!」ムクッ

姫神「拭いてあげる」

上条「い、いいよ、そこまでしなくても」

姫神「その代わり。私も。拭いて」

上条「」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/23(木) 14:11:16.00 ID:A1YnlIzK0

ザー、ザー

禁書「あれ、短髪? 何してるのかな?」

美琴「……」ぶつぶつ

禁書「ずぶ濡れなんだよ」

美琴「……」ぶつぶつ

禁書「傘持ってないの? いれてあげるんだよ」スッ

美琴「……」ぶつぶつ

禁書「うー、さっきから何いってるのかな」そー





美琴「傘ないの? なら入れたげる」ぶつぶつ






おわり


元スレ
美琴「傘ないの?なら入れたげる」上条「お?」