1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 11:53:40.78 ID:/5QdHZCx0

マミ「……」

ほむら(間違って巴マミにやってしまった)

マミ「あの……」

ほむら(しかもこの時間軸の巴マミとは絶賛敵対中)



みたいなね



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 12:06:37.54 ID:/5QdHZCx0

ほむら(どうしよう)

マミ「あの、暁美さん……」

ほむら(なんか逃げるタイミング逃した)

マミ「これは……その、どういう……」

ほむら「う……」

マミ「う?」

ほむら「うにゃにゃ~ん……」

マミ「……」

ほむら「……」



みたいなのをさぁ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 12:25:37.81 ID:/5QdHZCx0

ほむら(うう、私アホなんじゃないかしら)

マミ「……」

ほむら(巴マミもリアクションに困ってるわ)

マミ「……」

マミ(……か)

マミ(可愛い!!)

マミ(なにこの子超可愛い! お持ち帰りしたい!)

マミ「……」ハァハァ

ほむら(なにやら鋭い目付きで睨んできてる……)

ほむら(下手をすると、私はここで殺されるかもしれないわ)



というやつをですね



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 12:38:32.57 ID:/5QdHZCx0

マミ(向こうからくっついてきたんだし、これはもうお持ち帰りしていいんじゃないかしら)


ほむら「……」ジーッ

マミ(なんか物凄いこっち見てくるし)

ほむら(目を逸らしたら襲いかかってくるわ)


ほむら「……」ギューッ

マミ(物凄いしがみついてきてるし)

ほむら(脚を放したら殺られるわ)


ほむら「……」モジモジ

マミ(なんかモジモジしてるし)

ほむら(おしっこ行きたくなってきたわ)



的なのをね
どんどん書いていいのよ、と



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 12:48:44.23 ID:/5QdHZCx0

マミ「と、取り敢えず、ここじゃなんだから……ね?」ハァハァ

ほむら(場所を変えて殺り合おう、と?)

ほむら(まずいわ、今彼女と戦うわけにはいかない!)

ほむら(今彼女とやりあえば確実に……)

ほむら(おしっこ漏らしちゃう……)

ほむら「……」ギューッ!!

マミ「動きたくないの? 困ったわねえ」ハァハァ

マミ(ふあぁぁぁ! 可愛ぇええええ!!)



続きとか全然アイディアないんよ!
誰か書くんよ!



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 13:05:57.94 ID:/5QdHZCx0

ほむら(そうだ! 一旦体を離して、時を止めてトイレに行けばいいんだわ!)

マミ「困った子ねえ、暁美さんは」ハァハァ


ギュッ


ほむら(!?)

ほむら(何故巴マミは私の体を抱きしめるの!?)

ほむら(まさか、私の時止めの能力とその弱点が見抜かれてるというの!?)

ほむら(巴マミ……恐るべし……)ガタガタ

マミ「どうしたの? 怖くないわよ」ナデナデ

ほむら(頭を撫でてくるなんて! ぐぬぬ、こんな屈辱初めてだわ!)



誰か続きを



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 13:28:15.72 ID:/5QdHZCx0

ほむら(ちょっと間違えてしがみついただけで、こんな辱めをうけるなんて!)

ほむら(ぐぬぬ、でも、もうこの状況では打つ手が無い……)

ほむら(もはや巴マミに許しを請うしか)

ほむら「あ、あの……」

マミ「ん?」

ほむら(悔しい……なんて腹立たしい余裕の表情!)

マミ「なあに?」

ほむら「その……うう……ご、ごめんなさい」

マミ「???」

ほむら「ゆ、許して下さい!」

マミ(……? ああ! なるほど!)

マミ(今までの敵対してごめんなさい、許して下さい、と!)

マミ(ようやく解ったわ! いきなり抱きついてきたのはこの子なりの仲直りの方法だったのね!)

マミ(ああもう! なんて可愛いの! 暁美さんコミュ障可愛い! たまらないわ!)ハァハァ

ほむら(うう、ニヤニヤしてる……この屈辱は絶対に忘れないわ!)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 13:41:32.04 ID:/5QdHZCx0

マミ(暁美さん可愛い! 超可愛い! だがしかし!)

マミ「フフフ、許して下さい、ねぇ」

ほむら「くっ」

マミ(可愛いからこそ! いじめたい!)

マミ「どうしようかな~」ツツー

ほむら「ひっ」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 13:50:44.89 ID:/5QdHZCx0

ほむら(まずい、これはまずいわ)

マミ「急に仲直りしましょうって言われてもね~」ツツツツー

ほむら「あううう!」

ほむら(お、おしっこが!)

マミ「うふふ、いい反応するわね」フーッ

ほむら「くひぃ!」ビクンッ

ほむら(だ、駄目、我慢しないと!)

マミ「……」ハァハァハァハァ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 14:04:36.39 ID:/5QdHZCx0

マミ(たまらん! たまらなすぎる! ペロペロしても大丈夫かしら!?)

ほむら「お、お願い、もう許して!」

マミ(許すわ! 超許す! ペロペロした後で!)

ほむら「私が……私が悪かったから……」

マミ「ハァハァハァハァ」

ほむら「だから、許し、…うう、グスッ」ポロポロ

マミ「!?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 14:18:16.57 ID:/5QdHZCx0

マミ(あああああ!! やってもうたあああ! やりすぎたあああ!)

ほむら「ひっく……ぐすっ……」

マミ「ご、ご、ごめんなさい! ちょっと意地悪しすぎちゃったわ!」

ほむら「うう……酷い…」グスグス

マミ「ああ、泣かないで! 許すから! 超許すから! むしろ私を許して!」

ほむら「駄目……」

マミ「え、駄目!? そうよね! 私やりすぎちゃったもんね! 本当にごめんなさい!」

ほむら「もう、限界……」

マミ「うん、限界よね! 確かにそうよね! 私もそう思うわ……って限界?」


ジョワワワワー


マミ「?」

マミ「……」

マミ「!」

マミ「oh...」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 14:48:15.85 ID:/5QdHZCx0

ほむら「ううう! うわあああああああああああん!!」

マミ「あああああ! ごめんなさいいいい! お、おしっこ我慢してたのね!」

ほむら「巴マミのぶぁかあああああああああああああああああ!!」ペチンペチン!!

マミ「痛っ! ごめんなさいごめんなさいごめんなさい! 叩かないで!」

ほむら「大っ嫌いいいいいいいいい!」ペチンペチン!!

マミ「と、と、と、とりあえず私の家に行きましょ! 着替えとかあるから」

ほむら「うわああああああああん!」ペチンペチン!!



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 14:58:10.73 ID:/5QdHZCx0

——数日語——


まどか「ウェヒ?」

さやか「ん? どうしたの、まどか」

まどか「ウェヒウェヒ!」

さやか「あれ、マミさんと転校生がいっしょにいる」



マミ「あら二人共、こんにちは」

ほむら「……」

さやか「こんにちは、マミさん……と、転校生」

まどか「ウェヒー」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 14:58:54.49 ID:/5QdHZCx0

さやか「えーっと……二人がいっしょにいるなんて、珍しいですね?」

まどか「ウェヒ」

マミ「色々あってね、仲良くなったの」

さやか「へー」

ほむら「別に仲良くなんてなってないわ」ムスー

マミ「ふふ、暁美さんったら素直じゃないわね、そういうところも可愛いけど」

ほむら「……っ!」ペチンペチン!! 

マミ「痛っ! 痛いってば! それやめて!」

ペチンペチン!! ペチンペチン!! 

さやか「なんか仲良さそうだね?」

まどか「ウェヒヒー」



おわり


元スレ
ほむら「まどかの太腿にスリスリうにゃにゃってやろうとしたら」