1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:18:21.18 ID:sMv5FaRJO

――Pの部屋

あずさ「うふふ。おはようございます、プロデューサーさん」

あずさ「一晩中、プロデューサーさんの寝顔を眺めていました…」

あずさ「あぁ…毎晩、プロデューサーさんの寝顔を眺めていられるなんて…」

あずさ「ふふっ」

あずさ「幸せ…」クスッ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:21:39.53 ID:sMv5FaRJO

あずさ「あぁ…そうでした」

あずさ「プロデューサーさん?朝ごはんが出来ましたよ?冷めない内に、さぁ…どうぞ?」クスッ

―――
――


あずさ「…えっ?お祝い事?」

あずさ「…」クスッ

あずさ「無いですよ?」

あずさ「お赤飯だから?」

あずさ「…くすっ」クスッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:23:49.21 ID:sMv5FaRJO

あずさ「そうですねぇ…私にとっては、お祝い事なのかもしれません」

あずさ「貴方の中で…ふふっ」

あずさ「あぁ、いえ、なんでもありませんよ?さぁ、召し上がれ?」

あずさ「…ふふっ。うれし…」ボソッ

―――
――


あずさ「はい。お粗末さまでした」

あずさ「~♪」カチャカチャ

あずさ「ところで、」チラッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:26:18.57 ID:sMv5FaRJO

あずさ「昨日、何でメールの返信をしてくださらなかったんですか?」カチャカチャ

あずさ「私、待ってたのに…」カチャカチャ、ジャブジャブ

あずさ「えっ?」

あずさ「『も』?」ガチャン

あずさ「『も』って、言いました?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:28:25.80 ID:sMv5FaRJO

あずさ「私、寂しかったんです」

あずさ「それを、何でですか?何で、送った分の半分以下しか…返信してくれなかったんですか?」

あずさ「私、寂しかったのに…」

あずさ「ねぇ、プロデューサーさん?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:29:52.11 ID:sMv5FaRJO

あずさ「なんで?」

あずさ「なんで?」クスッ

あずさ「なんで?」クスクス

あずさ「なんで?」クスクスクスクス



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:32:16.55 ID:sMv5FaRJO

あずさ「でも、いいです」

あずさ「プロデューサーさん、今日はオフですし、一緒にいられますもんね」

あずさ「ふふっ。たのしみ」

あずさ「…あぁ、それと」ゴソゴソ

あずさ「スーツの内ポケットに、入っていましたよ?」スッ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:34:57.43 ID:sMv5FaRJO

あずさ「可愛い便箋ですよね」クスクス

あずさ「なんか、昔を思い出しちゃいました」

あずさ「いえいえ、いいんですよ?プロデューサーさんは、み~んなのプロデューサーさんなんですから」

あずさ「うふふ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:37:48.78 ID:sMv5FaRJO

あずさ「ほら、一緒にテレビでも観ましょう?」

あずさ「うふふ。動物の赤ちゃん、可愛いです」

あずさ「えっ?私と、プロデューサーさんの子ども…ですか?」

あずさ「あ…たを…られ…る…なら…い…ない」ボソッ

あずさ「えっ?」キョトン

あずさ「…ふふっ」クスッ

あずさ「何でも無いですよ?」

あずさ「ただ…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:39:22.54 ID:sMv5FaRJO

あずさ「私だけのプロデューサーさんじゃなくなっちゃうのが、ちょっぴり寂しいかなって」

あずさ「思っただけです」クスッ

あずさ「ふふっ」クスクス

あずさ「ほら、見てください。ミルク飲んでますよ?」クスクスクスクス



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:42:36.81 ID:sMv5FaRJO

あずさ「さてと、そろそろお昼ご飯の時間ですね」

あずさ「えっ?包帯?」

あずさ「実はさっき、お味噌汁を作ってる時に軽くやけどしちゃいまして…」

あずさ「ふふっ。大丈夫ですよ?心配してくれて、ありがとうございます」クスッ

あずさ「あなたに心配してほしかったから、したんですし」ボソッ

あずさ「あぁ…ただの独り言ですよ」

あずさ「心配性な、プロデューサーさん」クスクスクスクス



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:45:03.23 ID:sMv5FaRJO

あずさ「そうそう、今日は二人の記念日なんですよ?」ニコッ

あずさ「えっ?覚えてない?」キョトン

あずさ「むぅ…じゃあ教えてあげます」

あずさ「今日はですね?」

あずさ「今日は…」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:48:27.23 ID:sMv5FaRJO

あずさ「あなたに初めて声をかけられた記念日」

あずさ「明日は、あなたと初めて笑い合った記念日」

あずさ「明後日は、あなたと初めてご飯を食べた記念日」

あずさ「うふふ。ぜんぶ」

あずさ「ぜ~んぶ」

あずさ「覚えているんです♪」

あずさ「だから、プロデューサーさんが忘れちゃったら…」

あずさ「また、新しい記念日ですね」クスクス

あずさ「ね~♪」ニコニコ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:52:52.97 ID:sMv5FaRJO

数日後
――765プロ事務所

P「…」カタカタ、カチカチ

―prrr、prrr

小鳥「プロデューサーさん?携帯、鳴ってますよ?」

―プツッ

「プロデューサーさん?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:55:58.37 ID:sMv5FaRJO

『さみしいです』

『さみしい』

『ねぇ、早く…早く帰ってきてください』

『うさぎは…』

『寂しいと死んじゃうんです…』

『私も…死んじゃうんですよぉ』



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 23:59:33.14 ID:sMv5FaRJO

――Pの部屋


あずさ「ねぇ、プロデューサーさん?」ギュッ

あずさ「あぁ…プロデューサーさんの身体…あったかいです…」ムギュッ

あずさ「ふふっ。ねぇ、プロデューサーさん?」

あずさ「…」

あずさ「もし…」

あずさ「もしですよ?」

あずさ「もし…私がプロデューサーさんより先に天国に行ってしまったら…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 00:01:19.57 ID:2U5cesJTO

「って、言いましたよね?」クスッ

「ふふっ」クスクス

「私は、あなただけの、座敷わらしです」クスクスクスクス



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 00:02:18.56 ID:2U5cesJTO

PERFECT COMMUNICATION

おわり



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 00:03:19.65 ID:2U5cesJTO

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
あずさ「うふふ。おはようございます」