23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:12:03.12 ID:IzioF5TV0

七森中学校
 一年二組

櫻子「あかりちゃんのおだんごって可愛いよね」

向日葵「よく似合ってますわ」

あかり「えへへ…そうかなぁ」

あかり「小さい頃にお姉ちゃんが教えてくれたの、お揃いなんだぁ」

ちなつ「へぇー」

向日葵「…………」ジー

あかり「あ、あかりは向日葵ちゃんのおさげかわいいと思うなぁ」

向日葵「…………」

あかり「向日葵ちゃん?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:15:57.48 ID:IzioF5TV0

櫻子「………おい、向日葵」ポンポン

向日葵「え、あ…なんですの?」

ちなつ「向日葵ちゃん、魂抜けてたよ」

向日葵「………あ、ちょっと考え事をしてましたわ」

あかり「どうしたの?何か悩み事?」

向日葵「いえ、大したことではありませんから」

向日葵「…………」

向日葵(赤座さんのおだんごって、どんな感触なのかしら…)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:18:57.61 ID:IzioF5TV0

放課後
 生徒会室

櫻子「向日葵、さっき何考えてたの?」

向日葵「さっき?」

櫻子「さっき、教室であかりちゃん達とお喋りしてた時」

向日葵「あぁ…それですの」

向日葵「別に、本当に大したことじゃありませんから」

櫻子「気になる!」

向日葵「………まぁ隠す事でもありませんけれど」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:22:03.16 ID:IzioF5TV0

向日葵「ただちょっと、赤座さんのおだんごが気になっただけですの」

櫻子「向日葵には似合わなくね?」

向日葵「いえ…私があの髪型にするという話じゃなくて…」

向日葵「あの、赤座さんのおだんごに、さわってみたい…と思って」

櫻子「さわらせてもらえばいーじゃん」

向日葵「でも…いきなり『髪に触らせてほしい』って…変だと思われませんこと?」

櫻子「そうかなぁ」

綾乃「確かに、女の子の髪に触れるのって特別なことよね」

櫻子「あ、杉浦先輩」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:26:01.63 ID:IzioF5TV0

綾乃「『髪は女の子の命』って言うくらいだし」

櫻子「初めて聞きました」

向日葵「あなたは気を使わな過ぎなんですわ」

向日葵「確か前に、赤座さんの髪に鉛筆刺した事ありましたわよね」

櫻子「あれはウケた!」

綾乃「お、大室さん…人の髪にいたずらしちゃだめよ、優しくね」

櫻子「はーい」

向日葵「…………」

向日葵(……優しく)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:29:28.67 ID:IzioF5TV0


 大室家

向日葵「ほら、楓?お風呂から上がったらちゃんと髪を乾かさなきゃダメでしょう?」

楓「はーい」

楓「…あのね、おねえちゃんっ」

向日葵「なんですの?」

楓「楓ね、おねえちゃんにあたまをとかしてほしいの」

向日葵「私に?ふふっ、いいですわよ」

楓「やったー」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:32:44.05 ID:IzioF5TV0

楓「あのね、楓、おねえちゃんにあたまとかしてもらうの好きなの」

向日葵「え?」

楓「おねえちゃんにとかしてもらうと、きもちよくてすぐねむくなるの」

向日葵「……そう?」

楓「うん!やさしいかんじがして好きなの!」

向日葵「優しい……?」

向日葵(そういえば、楓の髪を触る時は……)

向日葵(引っ張らないように、痛めないように気をつけて…)

向日葵(そうか、優しくって…そういう…)



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:36:19.96 ID:IzioF5TV0

次の日
 七森中学校

櫻子「あかりちゃん、あかりちゃん!ちょっといい?」

あかり「なぁに?」

櫻子「向日葵があかりちゃんのおだんごに触りたいんだってさ、ちょっと触らせてやってよ」

向日葵「ちょ、ちょっと櫻子!?」

櫻子「なんだよ、触りたくないの?」

向日葵「そ、それはそうですけど…!なんであなたが…!!」

向日葵「それにいきなりこんな事言っても、赤座さんだって…」

あかり「あかりは全然オッケーだよぉ~」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:39:12.07 ID:IzioF5TV0

櫻子「いいって」

向日葵「あ、あなたって子は…!」

あかり「えへへ、はいどうぞ」スッ

向日葵「で、では失礼して……」

向日葵(うぅ…何故か緊張しますわ…)ドキドキ

向日葵(女の子の髪に、触る…)

向日葵(だ、大丈夫ですわ…楓の髪に触れる時と同じように…!)

向日葵(優しく、やさしく……)

あかり「…………?」

櫻子「はやくしろよ!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:42:29.16 ID:IzioF5TV0

向日葵「い、行きますわ…」スッ

向日葵「…………」ナデナデ

あかり「…………」

向日葵(やさしく……)ナデナデ

向日葵(……赤座さんの、髪)

向日葵(さらさらしていて…ちょっとだけ、くせがあって)

向日葵(おだんごは…柔らかいですわ)

向日葵(私のとも、楓のとも違う髪質…)

向日葵「……………」

あかり「……………」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:45:52.86 ID:IzioF5TV0

向日葵「ありがとうございます、赤座さん」

あかり「別にいいよぉ」

櫻子「ここでリポーター櫻子登場!あかりちゃんの髪はどうでしたか!?」

向日葵「うるさいですわ」

櫻子「ちぇっ、じゃああかりちゃんにインタビュー!」

櫻子「向日葵に頭なでなでされてどうだった?」

あかり「え?えーっと…」

あかり「………あったかかった、かなぁ」

あかり「向日葵ちゃんの手、とっても優しい感じがして」

あかり「なんだかお母さんみたいだったよぉ」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:48:53.46 ID:IzioF5TV0

櫻子「お母さんだってさ、同い年なのに」

櫻子「おっぱいでっかいから老けて見られるんだよ」

向日葵「胸は関係ないでしょう!?」

あかり「え!?あ、あかりそんなつもりじゃ…!!」アタフタ

向日葵「だ、大丈夫ですわ!分かってますから!」

向日葵「ええと…その、赤座さん…」

あかり「な、なぁに?」

向日葵「……その、もしよかったらですけれど」

向日葵「…また髪を触らせて貰っても…?」



43: 訂正 2012/10/13(土) 05:52:28.33 ID:IzioF5TV0

あかり「…うん!いいよぉ!」

向日葵「あ、よかったら髪のセットとか…」

あかり「向日葵ちゃんがやってくれるの?」

櫻子「あー、向日葵は楓ので慣れてるからね」

あかり「?」

向日葵「妹ですわ、いつも私が髪を結ってあげてて…」

あかり「そうなんだぁ、じゃああかり…向日葵ちゃんと同じ髪型にして欲しい!」

あかり「向日葵ちゃんのおさげ、大人っぽくて憧れてたんだぁ~」

向日葵「おやすいご用ですわ」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 05:54:59.69 ID:IzioF5TV0

あかり「あ、じゃああかりも向日葵ちゃんの髪結ってあげる!」

あかり「えへへ…向日葵ちゃんもおだんごにしちゃうよぉ~」

櫻子「あ、ずるい!私もおだんごしてほしい!!」

あかり「じゃあちなつちゃんもおだんごにして、みんなでおだんごにしちゃおっか?」

向日葵「よ、四人そろっておだんごですの…?」

櫻子「いーじゃん!あかりちゃんのおだんご、かわいいし!」

向日葵「………そうですわね」

向日葵「赤座さんのおだんごは、かわいいですわ」


おしまい


元スレ
向日葵「赤座のお団子ってどんな感触なんでしょうか」