1: 名無しで叶える物語 2020/03/14(土) 20:25:06.20 ID:frL+JVuN.net

曜「見て見て、これ!」

花丸「うわ~素敵なイヤーマフずら!」

ルビィ「み、みかんの形になってるよぉ!」

善子「もしかして、千歌へのプレゼント?」

曜「うん! このブランド……」

──

梨子「部室に行くの、ちょっと遅くなっちゃったな……。今日は曜ちゃんに手作りのお弁当食べてもらう約束してたのに……」タッタッタッ

──

曜「──千歌ちゃんが大好きなんだ!」

梨子「…………は?」

──



3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/03/14(土) 20:30:36 ID:frL+JVuN.net

梨子「(え。え。なに……この状況……!? 浮気……? 曜ちゃん、浮気なのぉっ!?)」

梨子「(どうやらこれは……もうしばらくドア越しに会話を盗み聞きするしかなさそうね……)」コソッ

──

ルビィ「で、でもそれぇ……とっ、とっても高いんじゃないのぉ?」

善子「それになんだか、耳に掛け辛そうなデザインだし……」みかんって……

曜(イヤーマフの話をしている)「それが意外と安いんだよね。それに軽くて、見た目より全然引っかけやすくってさぁ」

梨子(浮気をされていると思っている)「(や、安い……っ!? 私が軽くて安い女だってこと……?)」



7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/03/14(土) 20:34:20 ID:frL+JVuN.net

──

花丸「……それにしてもやっぱり、可愛いデザインだね。みかんの柄がお洒落ずらぁ~」

ルビィ「うん、そうだねぇ。なんだか本当に食べられそう……」

曜(イヤーマフの話をしている)「ダメダメ! 食べられないからね!? 食べるような物じゃないんだからっ!」

梨子(お弁当の話をしていると思っている)「(ひ……酷いよぉ! 曜ちゃんのために一生懸命作ったのに……た、食べるような物じゃない、なんて……!)」ポトッ



8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/03/14(土) 20:37:05 ID:frL+JVuN.net

──

曜「いやぁ~。それにしても、早く千歌ちゃんに掛けてほしいなぁ!」

梨子「(か、か、かけるって……ナニをぉ!?)」



10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/03/14(土) 20:42:05 ID:frL+JVuN.net

──

善子「プレゼントを贈り合える関係っていいわよね」

花丸「善子ちゃんも、マルになにかくれてもいいずらぁ~?」ニヤニヤ

善子「ヨハネ! て、ていうか、なんでずら丸にプレゼントをあげなきゃいけないのよっ!」

ルビィ「け、ケンカはよくないよぉ……」

花丸「マルはプレゼントなら、のっぽパンがいいずら~」

善子「……だからなんであげる流れになってるのよ!?」

曜(のっぽパンの話をしている)「あはは。いいなぁ、私も食べたくなってきちゃった!」

花丸「ほら、善子ちゃん。早く買ってきてよ」

善子「……なんかパシリみたいじゃないっ!」

曜(のっぽパンの話をしている)「本当に行かせる気満々だね……」

梨子(曜を寝取られたと思っている)「(たたた、食べ……っ!? それに……マ、マンマンをイカせるって……どど、どういうことなのぉ!?)」



11: 名無しで叶える物語 2020/03/14(土) 20:47:11.33 ID:frL+JVuN.net

──

ルビィ「ルビィもいつか、善子ちゃぁや花丸ちゃんにプレゼントができたらいいなぁ……!」

花丸「ルビィちゃんは優しい子だね」

善子「な、なんか含みのある言い方ね……」

ルビィ「で、でもぉ……そのためにまず、アルバイトしてお金を貯めなきゃ!」

善子「ルビィにしては現実的じゃない。曜もやっぱり、バイトでお金を貯めたのよね?」

曜(アルバイトの話をしている)「うん、そうだよ。ムチャ言って毎日のように入れてもらってさぁ、めちゃくちゃやりまくってたんだけど……さすがにちょっと腰にきたかなぁ、ははっ」

梨子(脳が破壊されている)「(曜ちゃん……毎日挿れられて……ヤリまくり……)」



12: 名無しで叶える物語 2020/03/14(土) 20:51:26.17 ID:frL+JVuN.net

──

梨子「(どうしてなの……? あの時、曜ちゃんが言ってくれた『大好き』って言葉はウソだったの……!?)」

梨子「(あれから三年生が卒業して……曜ちゃんと付き合うようになって……私はとても楽しかった……けど)」

梨子「(曜ちゃんは…………そうじゃなかったのかなぁ……)」

──

曜「このイヤーマフ、千歌ちゃん喜んでくれるかなぁ~」

梨子「…………うん?」

──

梨子「(イヤーマフ……? いま、曜ちゃん、イヤーマフって言ったよね?)」

梨子「(…………そういうことね! 安いとか、掛けやすいとか、全部イヤーマフの話だったんだぁ……!)」

──



15: 名無しで叶える物語 2020/03/14(土) 20:57:45.57 ID:frL+JVuN.net

梨子「曜ちゃんゴメン! 私、勘違いしてた!!」ガララッ

曜「……梨子ちゃん!?」

善子「遅かったわね、リリー」

梨子「曜ちゃん……千歌ちゃんにイヤーマフをプレゼントするんだよね? そうでしょ!?」

曜「う、うん……。もしかして、聞こえてた?」

梨子「聞こえてたよぉ……。もう、私、どうしようって……」ギュゥッ

ルビィ「わわっ……!」

花丸「お熱いずら」

梨子「……ところで、それってなんのプレゼント? 誕生日はまだまだ先だよね?」

曜「あぁ……うん。これを渡して、千歌ちゃんに告白しようかな、って…………」

梨子「いや、普通に浮気すなーーーーーっ!!!!!」

おわり


元スレ
曜「千歌ちゃんが大好きなんだ!」梨子「!?」