過去作
藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」

藤原肇「ハンズ事務所?」

藤原肇「ふたりで酌み交わす、はじめてのお酒」

藤原肇「ふたりでひとつ、ですから」

藤原肇「も、もうかえっで下さい…!」

藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」

藤原肇「夫婦の時間」

肇「お義姉さんは…楓さん!?」 楓「お義姉さんでーす♪」

藤原肇「良き人とふたり、桜の下で」

楓「姉と」モバP「弟と」肇「時々いもうと?」

モバP「藤原さんにも華がある」

藤原肇「いちゃいちゃしたいです…!」

元カノは高垣楓さん

藤原肇「今夜が、はじまりだから」

藤原肇「みんなと交わした言の葉を重ねて」

高垣楓「高垣楓「元カレ以上、今カレ未満のあなたと雨宿り」

藤原肇「いつかあなたが良き人に」

【モバマス】 奥さんは元陶芸アイドル


高垣楓「あいするふたりであいすれば」

高垣楓「アイスるふたり出会いすれば」

千川ちひろ「ちくせきーーっ!!」

並木芽衣子「旅のお供に!」

兵藤レナ「こいこい?」

藤原肇「ワンちゃんになってしまいました…」

【モバマス】P「留美さん」 留美「何かしら」

水木聖來「アタシは恋愛ヘタレじゃないっ!」

肇「エイト・デイズ・ア・ウィーク」

有栖川夏葉「カフェにて」

【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」


夏葉『朝、私が起きたらカトレアが女の子になっていたの!』

ピローなトーク ー有栖川夏葉編ー

なつは、ナツハ。

【シャニマス】なつは、アナタをひとりじめ。



SS速報VIP:ひとりピロートーク合同 #2 ピローなトーク ー高垣楓編ー
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1584197338/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:48:58.27 ID:/k0Y1uKL0



P「ーはくしゅっ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1584197338




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:55:04.89 ID:/k0Y1uKL0


楓「……あら、起きました?」

P「楓さん……」

楓「Pさん、勝手に一杯やらせていただきましたけど、構いませんよね?」

P「それはいいんですけど…なんで雨戸開けてるんですか。寒い…」

楓「私、雨の匂い、好きなんです。それに火照った体も冷ましたかったですし」

P「それは今飲んでるお酒で冷ましてくださいよ……楓さん」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:55:47.72 ID:/k0Y1uKL0


楓「はい?」

P「そのワイシャツ、もしかして俺のですか?」

楓「これですか? よくわかりましたね」

P「やめてくださいよ。洗濯したばっかりなのに」

楓「「彼シャツ」って、嬉しいんでしょう男の人は?」

P「勝手に着ちゃだめでしょう…」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:56:28.36 ID:/k0Y1uKL0


楓「ほらほら、目覚めには刺激的すぎかもしれませんがよくご覧になってください。この下、何も着てないんですよ。汗でべっとりして気持ち悪いのを我慢して着たんです。さあさあ感謝してください」

P「感謝強盗だ…。えー、明日着てくやつあったかな…」

楓「私の扇情的な姿より明日の心配ですか?」

P「だってさっきまで裸見てましたし…」

楓「それはそれでしょう。……まあ確かに、あなたが私とそう変わらない背丈なこともあって、特にぶかぶかでもなくてつまらないかもしれないですけど」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:57:11.97 ID:/k0Y1uKL0


P「んー…」ガバッ

楓「きゃっ」

P「んー…」

楓「……人の胸を見といてそんな反応ありますか」

P「……やっぱり、あんまり興奮しませんね」

楓「いわゆる賢者さんなのかもしれませんけど、人の胸を見ながら言われるととてもイラッときますね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:57:49.45 ID:/k0Y1uKL0


P「ああ、すみません…」

楓「まったく……はむ」

P「さきいか……。昼、何か作りましょうか?」

楓「いいですよ、簡単なもので。あ、卵かけご飯食べたい」

P「どれ、卵あったかな…」

楓「きゃー」

P「は?」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:58:28.33 ID:/k0Y1uKL0


楓「Pさんの、エッチ。何かで下隠してくださいよ」

P「ああ…」

楓「恥じらいのない人ですね」

P「あなたこそ……あ、卵、ふたつありましたね。じゃあご飯は……冷凍がないし炊くしかないか。待てますか?」

楓「いいですよ1時間くらい。さきいか食べてますから。あなたもイカが? お酒もありますよ」

P「今は遠慮します……うう、水冷たっ」

楓「Pさん、頑張って」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:59:10.84 ID:/k0Y1uKL0


P「うわっ、タオル落ちちゃった。楓さん、そこにあるバスタオル持ってきてください。下が寒い」

楓「はーい……手が塞がってますから、私が着けてあげましょう」

P「…っ! 楓さん!」

楓「ふふ、どうしました?」

P「どさくさに紛れてくすぐらないでくださいよ。セクハラですよ」

楓「人に散々出し入れしといて何を今さら」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:00:16.04 ID:FGNQeHSQ0


P「この……」

楓「さてと、そろそろ雨戸閉めて暖房つけましょうか」

P「人の話を…」

楓「まあまあ。減るものではないでしょう?」

P「……楓さん、はじめの頃はあんなに…」

楓「最初に私を汚したのは、あなたですよ」

P「……ふー」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:00:46.05 ID:FGNQeHSQ0


楓「あ、呆れましたね?」

P「もういいです……。あー、冷たかった。お酒、少しください」

楓「いいですよ。……はい、どうぞ」

P「どうも…」

楓「さきいか食べます?」

P「それは…いいや」

楓「そうですか」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:04:51.19 ID:FGNQeHSQ0


P「……どうでもいいけど、なんでさきいかなんですか?」

楓「前にね、シた後のPさんのあれをいじって遊んだんです。Pさん寝ちゃってつまらなかったし」

P「は?」

楓「普通だとあんなにちっちゃくなるんですね。ふふ、可愛い」

P「何勝手に人のいじってるんですか?」

楓「別に変なことしてませんよ。つっついたりねじったりして遊んだだけで」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:05:23.95 ID:FGNQeHSQ0


P「俺の生殖器をなんだと思ってるんだ…」

楓「で、その時匂いも少し嗅いでみたんです」

P「匂い…」

楓「ええ。イカみたいだなあって…」

P「イカ…」

楓「で。「あ、さきいか食べたいなあ」って」

P「……もういいです。なんか、聞いてて疲れる…」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:08:55.28 ID:FGNQeHSQ0


楓「自分で聞いといて…」

P「すみませんね…」

楓「……」

P「……」

楓「雨、強いですね」

P「本当に…」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:09:40.60 ID:FGNQeHSQ0


楓「……楽しみにしてたんですけどね、ドライブ」

P「……俺もですよ」

楓「…まあ、これはこれで楽しかったしストレス発散になりましたけど」

P「朝から何回しましたっけ」

楓「んーと……4回くらい?」

P「我ながらすごいな…」

楓「男の人って、出すとすごい疲れるって聞きますけど、本当なんですか?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:10:18.39 ID:FGNQeHSQ0


P「まあ、そうですね…」

楓「1回出して賢者なら、今のPさんは大賢者ですね。ふふっ」

P「あー……はい」

楓「本当に疲れちゃってますね。大丈夫ですか?」

P「まあ、いい疲れですから…。今夜はぐっすり眠れそうです」

楓「それはよかったです」

P「楓さん、よかったら泊まっていきますか?」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:11:10.36 ID:FGNQeHSQ0


楓「あら。いいんですか」

P「ええ。今日はずっと天気はこの調子らしいですし…」

楓「ならお言葉に甘えましょうか」

P「夕飯はカップ麺で」

楓「はーい」

P「ふぅ……」

楓「よかったら膝、貸しましょうか」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:11:39.32 ID:FGNQeHSQ0


P「いいんですか?」

楓「どうぞ?」

P「それじゃあ遠慮なく…」

楓「……柔らかいです?」

P「はい…気持ちいいです」

楓「オプションで頭も撫でてあげましょう」

P「……ふぅ」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:12:13.74 ID:FGNQeHSQ0


楓「……ところで」

P「? …はい」

楓「実家からお見合いの話がありましてね」

P「……は?」

楓「両親的にも旅館の跡取りが欲しいんでしょうねえ」

P「楓さん、まさかー」

楓「ええ、そのまさかです。Pさんとのこと話しちゃいました」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:12:56.38 ID:FGNQeHSQ0


P「え? あ、ああ…」

楓「ーまさか、私がお見合いを受けたとお思いですか?」

P「……ごめんなさい」

楓「私、断るの前提のお見合いなんてしませんよ。相手の方がかわいそうじゃないですか」

P「それは、まあ」

楓「それに、両親の為に好きでもない方と一緒になってあげる程優しい人でもありませんから私」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:13:26.27 ID:FGNQeHSQ0


P「……旅館、厳しいんですか」

楓「それは、まあ。大変だそうです」

P「……経営のことはよくわからないですけど、俺にできることがあれば」

楓「? ああ、何か勘違いしてますねPさん」

P「?」

楓「私の実家が厳しいというのはお客様が多すぎて忙しいってことですよ」

P「え、俺はてっきり」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:14:21.25 ID:FGNQeHSQ0


楓「私の実家ってことがバレたのか自分たちから売り出したのか、とにかくまあありがたいことに連日満室だそうで。…まあ、娘の私が言うのもなんですけれど、いいお宿ですからね。人手が欲しいんでしょう」

P「なんだ…」

楓「Pさん、私の実家継ぐ気あったりします? 温泉も入り放題ですよ」

P「あー……ごめんなさい」

楓「あら」

P「とりあえず今は、この仕事続けたいなあって」

楓「私と一緒になりたくないんですか」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:15:50.17 ID:FGNQeHSQ0


P「…やっぱり、それが条件だったりするんですか、ご両親的に」

楓「そんなことないと思いますけどね」

P「は?」

楓「ちなみに、本当にそれが私と一緒になる条件だったらあなたはどうします?」

P「……こう見えて、結構本気で楓さんのこと好きなんですからね、俺」

楓「だから?」

P「…まあ、旅館の主人も悪くはないかな、と」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:16:32.97 ID:FGNQeHSQ0


楓「ふーん…」

P「…な、なんですか」

楓「ふーん?」ワシャワシャ

P「うわっ…」

楓「んー…汗でベタついて気持ち悪いですね」

P「ちょ、俺のワイシャツで拭かないでくださいよ」

楓「どうせ後で洗濯するんですから」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:17:41.23 ID:FGNQeHSQ0


P「俺がね…」

楓「…さてと。Pさん、起き上がってください」

P「足、痺れましたか」

楓「いいから」

P「よっと……んむっ」

楓「……….」

P「…………」ナデナデ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:18:51.49 ID:FGNQeHSQ0


P「ちょ……息、苦しっ……」

楓「ぷはぁっ……はぁー……死ぬところでした」

P「あんたがしてきたんでしょう…」

楓「ーさてと、ご飯が炊けるまであと30分ですか。もう1回しましょうか」

P「え?」

楓「ほら脱いで脱いで。私は……脱がない方が興奮するかしら」

P「ちょ、急に…なんで?」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:19:22.00 ID:FGNQeHSQ0


楓「さきいか」

P「は?」

楓「さきいか、食べ終わっちゃったから。イカみたいな匂いのするこれでいいかなって」

P「理由が雑!」

楓「ふふ、ザッツらいと。……雑でいいじゃないですか。私、この雑な感じに付き合ってくれるあなたが、結構本気で好きですよ?」

P「それは嬉しいですけど、もう出なー」

楓「またまた〜」クチュクチュ



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:20:11.32 ID:FGNQeHSQ0


P「っ…! 楓さん、手、動かさないで」

楓「Pさん」

P「うぁ……は、はい?」

楓「……さっきね、私、とっても嬉しかったですよ」

P「…? いつですか?」

楓「ふふ、さあ? それでは、いただきまーす…」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:20:50.10 ID:FGNQeHSQ0



楓「-あむっ」






29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:22:35.34 ID:FGNQeHSQ0


よし、R-15だな。

今更ですが楓さんが「Pさん」呼びしてる時のPは名前だと思ってください。

それでは、またの機会に。



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/15(日) 00:24:30.51 ID:FGNQeHSQ0
元スレ
SS速報VIP:ひとりピロートーク合同 #2 ピローなトーク ー高垣楓編ー