SS速報VIP:【モバマス】桜と一緒に咲くこの想い
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1584166438/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 15:13:58.49 ID:gvvZeGCDO

―それはバレンタインの時、起こった

サッ

雪美「はい……P…私のキモチ……」

モバP(以下P)「ありがとう。開けてもいいかな?」

雪美「うん……感想……待ってる…」

P「じゃあ…」

ガサゴソ

P「お、チョコでいちごをコーティングしたのか」

雪美「うん……食べやすくした……」

P「あぁ……じゃあ、いただくよ」

カプッ

P「うむ、少しすっぱいいちごとチョコの甘さが加わって」



?「世界レベルよ!」バタン



雪美「……侵入者?」

P「……気にするな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1584166438




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 15:37:53.31 ID:gvvZeGCDO

P「それはともかくとして、おいしいよ」ニコッ

雪美「んっ!」ズキュッ

(今貰ったあなたの笑顔。それだけで、私はこんなにも胸の奥からドキドキする)

雪美「……よかった」

ズキズキ

(でも、今日はいつもと違う)

ドクンドクン

(もっと奥からズキズキと痛みを感じる)

ビリビリ

(それは……背筋からくるよくわからない痺れと……)



P「雪美……?」



(お腹の下の方から、ぐっと締め付けられるような感覚……)

(どうしよう……まるで病気になったみたい……)

P「雪美……?大丈夫か?」

雪美「うん……」

雪美「でも……少し頭が痛くて……熱っぽい……」ハァハァ

P「それは大丈夫じゃないな……少し横になるか」

P「ちひろさん、仮眠室借りますよ」

ちひろ「あ、はい……大丈夫?頭痛の薬とか必要かしら?」

ツゥー

(私の足を伝う何か……)

(汗かな……って見たら……)

雪美「え…………血?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 15:40:11.70 ID:gvvZeGCDO

(その日、私は)

雪美「あ……どうしよう……病気……?」ガクガク

P「もしかして?」

ちひろ「……千秋ちゃん、清良さんを」

千秋「はいっ!」





(私は「女」になりました)



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 15:44:27.37 ID:gvvZeGCDO

―数日後

ガチャ

雪美「お……おはよう……ございます……」

千枝「あ、雪美ちゃん。おはよう!」

由愛「おはよう、雪美ちゃん……もう大丈夫なの?」

雪美「うん……でも、何か変な……」

千秋「少ししたら慣れるから……大丈夫よ」

雪美「あ……千秋……ごめんなさい」ペコリ

千秋「謝らなくてもいいのよ。女の子なら必ず一度は訪れことなんだから」

ワイワイキャッキャッ



ありす「……」

ありす(……私……まだ来ていないんですけど……)



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 15:54:24.09 ID:gvvZeGCDO

ガチャ

P「おはようございます……お、雪美?!大丈夫なのか?」

雪美「うん……」



雪美「初めて(バレンタインの手作りチョコ)をあげた……だからP(から貰った笑顔)が原因(で女の子に早くなったと思う)…………」

雪美「……責任重大……結婚する……」



みんな『へぇ……』ジトメ

P「ちょ!!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 16:02:41.22 ID:gvvZeGCDO

―もちろん、みんなその場にいたので誤解は解けました

P「まったく……」

雪美「ごめんなさい……Pの横に……早く並びたくて……」

P「いや、あれは悪ノリしたあいつらが悪いだけだからな。ま、これからしばらくは安定するまで、あまり激しいレッスンとかはできないなぁ」

雪美「安定……?」

P「雪美もまだ始まったばかりだから、あまり乱暴なことをやると、中がびっくりするってことさ」

雪美「うん……わかった」



雪美「……ありがとう……」

雪美「やっぱり……あなたが好き……」ボソリ

P「ん?何か言ったか?」



雪美「むぅ……」ペチペチ

P「おっと。どうした、急に絡んで来て?」

雪美「むぅ!……むぅ!」ペチペチ



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 16:42:20.31 ID:gvvZeGCDO

(大人になる……)

(……それは、いつもPの前からと背中からしか見てこなかった私の一番の願い)

(いつもPの横にいる大人が羨ましかった……)

(涼みたいに恰好良くなれる)

(文香みたいに静かになれる)

(千秋みたいに大胆になれる)

(茄子みたいに……あいみたいに……真奈美みたいに……)

(だから、横になって対等になりたいって……いつも思ってた)

(そうすれば、前や後ろからと違い、子供扱いされないし、いつも一緒にいられるって)

(飛鳥や蘭子みたいに気を使われずにすむし、凛や加蓮みたいに重く思われたりもしないでいい……)

(比奈みたいにいつも怒られずにすむし、奈緒みたいにからかわれないでいい……)

(それが私の理想……)





(けど……)



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:11:00.56 ID:gvvZeGCDO

(そうなった時……Pは私だけを見てくれるの?)

(もしかして、まだ今の私が子供だからこうやっていっしょにいてくれるの?)

(もしそうなら……)





(大人になんて……なりたくない……)



(でも……このお腹の底から来る痛さは、それを否定していた)

(身体だけ成長しても……心だけ成長しても……)

(あの人が私を「好き」でないなら……それこそ生きていても仕方がないんだ)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:13:48.74 ID:gvvZeGCDO

(そう結論づけてしまった私は……悩み抜いてしまい)



(知恵熱で数日休むことになってしまった……)

(この……新たに痛み出した、心と向き合えと言わんばかりに……)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:18:59.92 ID:gvvZeGCDO

―3月14日

(学校も休みになり、しばらくアイドル活動も休止状態ではあったが、一度ケリをつけるべく事務所に向かう)



(ふと、その途中に……)

雪美「あ……桜……?」

(それは雪の降る中、咲いていた桜の一枝)

(まるで……私の……心の底を見たかのように)

(そう……初めてわかったこのキモチ……好きとは何かとようやくわかったこの……)



(……恋心を後押しするかのように)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:22:13.86 ID:gvvZeGCDO

タタタッ

(今はただ……Pに会いたかった……)

(会ってどうなるわけでもない……)

(でも会いたい!)

(顔を見たい。手を繋ぎたい。横でいいから一緒にいたい……)



(そして何より……)



(さっきまで乱れていた心が澄み切ったかのように、溢れ出てくる。もう感情だけでは抑えきれない)



雪美「P……P……」



雪美「Pーっ!!」

バタン



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/14(土) 23:27:02.44 ID:gvvZeGCDO

P「おぅ、久しぶりだな。雪美」

雪美「P……」

(何でだろう……今まで一杯沢山考えていたのに顔を見た瞬間に……)

(疾風がそよかぜになったように……嵐が凪になったように……不安は消えて)

(物凄い満足感で一杯になった)

(この間までとはまるで違う感覚。これが本当に……人を好きになることなんだ……)

(だから……私は……)

雪美「P……私は……」



おしまい


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】桜と一緒に咲くこの想い