1: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 21:54:07.93 ID:E94Shd0G.net

海未「水族館デート…ですか?」

しずく「はい、私清楚で大和撫子な海未さんのことをもっとよく知りたいんです…どうでしょうか?」

海未「面白そうですね、では今度の土曜はどうでしょうか?」

しずく「はい!楽しみに待ってます!」



5: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 21:59:57.88 ID:E94Shd0G.net

土曜日

海未「・・・あっ!しずく!おはようございます!」

しずく「海未さん!おはようございます!」

海未「随分と早いですね、私もだいぶ早く来たつもりなのですが…もしかして待たせてしまいましたか?」

しずく「い、いえ!私は毎日鎌倉から登校してますから目的の時間よりも早く集合場所に着くのは最早草のようなものですので」

海未「そうですか…?では行きましょう」

しずく「はい!」



6: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:03:00.21 ID:E94Shd0G.net

海未「・・・」

しずく「・・・」

水族館『まだオープン前やで~』

海未「まだ…開いてませんね…」

しずく「早く…来すぎましたね…」

海未「仕方ないので暇潰しに雑談でもしますか…?」

しずく「そうしましょう…」



10: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:14:27.60 ID:E94Shd0G.net

しずく「実は私先日デートで失敗してしまったことがあって…」

(詳しくはしずくちゃんのスクスタ絆エピソード15話を見よう!)

海未「失敗…ですか?」

しずく「はい、だから今度はうまくやろうと思って、まずはコーディネートから入ろうと思って果林さんにお願いしたんです!」

海未「そうですか、果林はモデルの仕事もこなしているんですよね」

しずく「はい!果林さんのコーディネートはまさに一流ですよ!」

海未「そうなんですか、今度私もお願いしたいですn…

ブモオオオオオオ!



8: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:13:17.87 ID:E94Shd0G.net

海未・しずく「!?」

海未「な、なんですか今のは!?」

しずく「何かの鳴き声でしょうか…!?」

海未「気になりますね…」

しずく「はい…恐らく水族館の生き物でしょう…」



11: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:19:13.17 ID:E94Shd0G.net

しずく「海未さんは何か見たい生き物っていますか?」

海未「私の見たい生き物ですか…?うーん…?サメ…でしょうか?」

しずく「サメですか?」

海未「はい、強い魚といえばサメが思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか?映画のタイトルにもなっていますし」

しずく「ではサメを観にいきましょう」



13: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:24:27.27 ID:E94Shd0G.net

海未「あっ!いました!」

海未「ネコザメ、トラザメ、ノコギリザメ、シュモクザメ…サメですがシロワニという名前のサメもいますね」

しずく「海未さんしってますか?サメといえば危険な生き物というイメージが強いですけど実際のところは人間を襲うサメというのはほんの一握りなんですよ」

しずく「サメが危険な生き物というイメージが強いのは恐らく映画の影響でしょう」

海未「詳しいですね」

しずく「この日に備えて魚について勉強してましたから」



14: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:31:23.25 ID:E94Shd0G.net

しずく「こっちにはオニイトマキエイがいますね」

海未「エイは裏から見ると結構愛くるしい見た目をしていますよね」

しずく「はい、ところで海未さんオニイトマキエイと聞くと歌が思い浮かびませんか?」

海未「歌…ですか?」

しずく「はい、いーとーまきまきいーとーまきまき…あれ?」

しずく「海未さん、この後の歌詞…なんでしたっけ?」

海未「えっ?えーとたしかこの後の歌詞は…」

海未「いーとーまきまきいーとーまきまき…なんでしたっけ…?」

しずく「いーとーまきちゃんいーとーまきちゃん…じゃないですよね…?」

海未「にしきのまきまきにしきのまきまき…あぁ違います…」



17: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:40:58.70 ID:E94Shd0G.net

海未「そういえばしってますか?魚の血液型は全てa型だそうです」

しずく「えぇしってますよ」

しずく「あっ!今のは別に愛さんの真似ではありませんよ!」

海未(いまの少し焦るしずく可愛かったですね…)

海未「因みに私の血液型もa型です。aっぽいと言われることも多々あります」

しずく「私もaですよしかも私もよくaっぽいと言われます」

海未「もしかたら私達は似たもの同士なのかも知れませんね」

しずく「ふふっ、そうですね」



19: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:50:52.70 ID:E94Shd0G.net

しずく「ここにはウミガメがいるんですね」

海未「小学生の頃の読書感想文にウミガメの本のことについて書いたので私も少しはわかりますよ」

しずく「ほんとですか?」

海未「はい、ウミガメの母親は砂浜に卵を産んだら子供が孵るのを見届けることなく海に帰ってしまうんです」

海未「卵を産んだら顔を見ることもなく二度と会えないかもしれない我が子を背に海に帰っていく…その健気なウミガメの母親に恥ずかしながら泣いてしまいました」

しずく「恥ずかしくなんてありませんよ!私もその気持ち痛いほどわかります!」

海未「しずく…」

しずく「私は将来自分の子供に私の舞台を観てもらうのが夢なんです、それなのに二度と会えないかもしれないだなんて…きっと私も悲しくて仕方ありませんよ」

海未「しずく…」



20: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:53:47.01 ID:E94Shd0G.net

海未「少々お腹が空きましたねレストランで昼食にしましょう」

しずく「流石は水族館だけあって魚介類の料理が豊富ですね…」

海未「私はサバサンドにしようと思いますがしずくはどうします?」

しずく「私は鮭の親子丼にします」



22: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 22:56:42.44 ID:E94Shd0G.net

海未「あの…しずく…」

しずく「どうしましたか?」

海未「せっかくのデートなのでもし良ければその…食べさせ合いっこしません?」

しずく「ええ!?」

海未「も、もちろん無理にとは言いませんあなたがよければの話です!」

しずく「…海未さん」

海未「…」

しずく「お願いします」

海未「…はい」



23: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:00:50.21 ID:E94Shd0G.net

海未「まずは私のサバサンドから」

しずく「あーん…モグモグ」

しずく「で、では今度は私の親子丼をどうぞ…」

海未「あーん…モグモグ」

海未「…」

しずく「…」

しずく(どうしよう…)

海未(美味しいのですが…)

うみしず(恥ずかしくて目を合わせられない…!)



24: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:04:43.61 ID:E94Shd0G.net

海未「ちゅ、昼食も終えたことですしまた生き物でも観ましょうか!」

しずく「そ、そうですね!あっ!こちらには海獣がいるみたいですよ!」

海未「海の獣であって怪しい獣ではありませんよ!ゴジラやゴモラではありませんよ!」

しずく「海未さん…誰に言っているんですか…?」



25: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:11:43.52 ID:E94Shd0G.net

しずく「トドがいますねとても大きいです」

海未「えぇ、一言で例えるなら海の重量戦車といったところでしょうか」

しずく「あっ!海未さんこれ!」

海未「ん?『トドは大きな声で鳴くことがあります』…では私たちが入る前に聞いた大きな鳴き声は…?」

しずく「トドの鳴き声でしょうか?」

海未「トドといえばとあるクレイアニメで少しトラウマですね」

しずく「あー…タイトルを聞かなくても分かってしまいます…」

海未「今見るとなんて事はありませんが昔は怖がっていたものです」

しずく「これに限らずあるあるですよね…」



27: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/03/15(日) 23:15:07 ID:E94Shd0G.net

海未「ここからは深海生物の世界という事で少し暗くなるそうですね」

しずく「えっ、暗いんですか?」

海未「しずく…もしかして…」

しずく「こ、怖くなんてありませんよ!」

海未「まだ何も言ってませんよ…でもせっかくなので手を繋いでいきませんか?」

しずく「は、はいっ!」

海未(しずくは案外臆病なんですね…まぁ私が言えたことではないかもしれませんが)



29: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:23:15.67 ID:E94Shd0G.net

海未「おや、ダイオウグソクムシがいますね」

しずく「ダイオウグソクムシって気持ち悪いっていう人もいますけど私は結構可愛いと思いますよ」

海未「私も同意見です本物が苦手という人もデフォルメされたキャラクターやぬいぐるみなら可愛いと思えるのではないでしょうか?」

海未「最もそれはダイオウグソクムシに限った話ではないのですが…」

しずく「…」

海未「ところでしずく」

しずく「ええっ!?」

海未「先程から手を握る力が強くなってきている気がするのですが…」

しずく「し、失礼しました!」

海未「いえ…別に怒ってませんし痛くもないのでいいのですが…」



30: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:27:14.74 ID:E94Shd0G.net

しずく「あの…海未さん」

海未「?」

しずく「ちょっと恥ずかしいんですけど…こういう海の底をイメージしたところにいるとなんていうか…海未さんがまるで人魚姫のように見えて…」

海未「えっ?」

しずく「いつか泡になって消えてしまうんじゃないかと思って…それで離れたくないから無意識のうちに力が強くなってしまったんだと思います…」

海未「しずく…」

しずく「やっぱりおかしいですよね…変なこと言ってすみません…」



31: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:29:11.80 ID:E94Shd0G.net

海未「おかしくなんてありませんよ」

海未「心配しなくても私は急に何も言わずに何処かになんて行きませんから」

海未「少なくとも今は私のいるべき場所はしずく、あなたの隣ですよ」

しずく「海未さん…」



32: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:34:32.17 ID:E94Shd0G.net

海未「さて、帰りにお土産でも買って帰りますか」

しずく「それなら2人で何かお揃いのアクセサリーなんかはどうでしょうか?」

海未「いいですね!えーと…」

しずく「このメタルチャームなんかはどうでしょうか?」

海未「いいですね!マリンブルーが眩しいです!」

しずく「決まりですねこれにしましょう」



33: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:39:55.33 ID:E94Shd0G.net

しずく「今日はお付き合いいただきありがとうございました」

海未「お礼を言うのはこっちですよ楽しい一日をありがとうございました」

しずく「あの、私一人っ子なので少し違うかもしれませんが今日はお姉さんが出来た気分でした」

海未「お姉さんですか…それなら私は妹ができたようでしたね」

しずく「それではまた今度会いましょう!さようなら海未お姉さん!」

海未「う、海未お姉さん!?」

海未「…」

海未「私、少しあなたの気持ちが分かったような気がします…お姉さん」



34: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:44:49.43 ID:E94Shd0G.net

終わりです

読んでくれた皆様ありがとうございます
今日は海未ちゃんの誕生日なので急いで考えて急いで書き込みました
なので少々急ぎ足だったり雑だったりするところもあるかもしれませんがお許しください
もし良ければ去年書いたものもどうぞ

海未「私の王子様」



36: 名無しで叶える物語 2020/03/15(日) 23:47:06.14 ID:E94Shd0G.net

あと本当に最後に一言
スクスタで新ur海未ちゃん狙って回したガチャで手に入れたしずくまが可愛くてしずく推しになった海未推しの人は結構多いと思う

ソースは僕


元スレ
しずく「海未さん、水族館デートしませんか?」