SS速報VIP:結衣「牛の挽肉200gが102円だと・・・?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:05:52.81 ID:xwOUQCjo0

結衣「な、なんて安さだ・・・」

結衣(買いたいな・・・でも賞味期限明後日だしなぁ・・・)

結衣「2日でこんなに食べれないよなぁ・・・」

結衣「・・・」

結衣「京子でも呼ぶか・・・」

結衣(確かまだラムレーズン残ってはずだし)

結衣「よし、さっさと買い物済ませよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1350212752




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:08:08.41 ID:xwOUQCjo0

結衣の家

結衣「さっさと京子に連絡するか・・・」ガチャガチャ

結衣「ふぅ・・・」

京子「あ、おかえりー」

結衣「・・・」

京子「こら!ただいまはどうした!?」

結衣「なんでいるの?」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:13:49.12 ID:xwOUQCjo0

京子「なんでって・・・だってここ私の家じゃん?」

結衣「そうじゃなくてどうやって鍵開けたのか聞いてるんだけど」

京子「私たちの愛の前に鍵なんて不要なんだよ!」

結衣「・・・」

京子「・・・」

結衣「・・・」

京子「あ、合鍵で開けました・・・」

結衣「え?合鍵?なんで京子が持ってんの?」

京子「おばさんから貰ったー」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:17:04.44 ID:xwOUQCjo0

結衣「も、貰ったって・・・お母さんから?」

京子「そだよー」

結衣「・・・はぁ」

京子「いーじゃん、別に私が合鍵持ってても困らないでしょ?」

結衣「困る困らないの問題じゃなくてだな・・・いや、もういいや・・・」

京子「そーそー、細かいことは気にしないほうがいいよ!」

結衣「そうだな・・・それに丁度お前を呼ぼうと思ってたし、手間が省けたよ」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:23:32.25 ID:xwOUQCjo0

京子「お、なになに?告白?」

結衣「ばーか、夕食に来ないか誘おうと思ってな」

京子「そんなこと誘われなくても食べに来るのに」

結衣「実際来てるしな」

京子「てか夕食どころか泊まっちゃうよ?」

結衣「いつも通りだな」

京子「へへ・・・でも珍しいね、結衣から誘うなんて」

結衣「ん?あぁ・・・実はな」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:29:01.56 ID:xwOUQCjo0

結衣「牛の挽肉がめっちゃ安かったんだよ」

京子「・・・へ?」

結衣「200gで102円だったんだよ、これは買うしかないだろ」

京子「・・・って、もっと凄い理由とかじゃないのかよ!」

結衣「凄いだろ!お買い得だったんだぞ!?」

京子「いや確かに安いけど・・・」

結衣「お前は・・・じゃあどんな理由だと思ったんだよ?」

京子「京子ちゃんに会わないと寂しくて死んじゃうくらいの理由かと」

結衣「それはないな」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:38:42.36 ID:xwOUQCjo0

京子「期待して損したー」

結衣「寂しがってる期待とかすんな」

京子「せっかく結衣が京子ー京子ーって言ってる姿が見れると思ったのに」

結衣「悪かったな、期待に副えなくて」

京子「それはさて置き・・・挽肉ってことは今日のご飯はハンバーグですかな?」

結衣「そうしようと思ってたけど」

京子「うっしゃー!私結衣のハンバーグ大好き!結衣も大好き!」

結衣「そりゃどうも」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:43:46.20 ID:xwOUQCjo0

結衣「そろそろいい時間だし私はハンバーグの準備するけど・・・」

京子「私はゲームをしてきます」

結衣「手伝えよ」

京子「えぇ・・・」

結衣「なんでそんなに嫌そうな顔が出来るんだよ・・・」

京子「私は結衣の作るハンバーグが好きなんだ」

結衣「それさっきも聞いたけど」

京子「私が作るのを手伝ったらそれは結衣の作ったハンバーグじゃなくて私と結衣が作ったハンバーグになる!それじゃ駄目なんだ!」

結衣「つべこべ言ってないで手伝えよ」

京子「はい」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:49:26.73 ID:xwOUQCjo0

京子「じゃあ結衣は主にハンバーグを作る役で私は味見係!」

結衣「私は玉葱炒めてるから京子は挽肉こねてて」

京子「私の提案はスルーですか」

結衣「そんな提案を認めるわけないだろ」

京子「結衣にゃんのケチー」

結衣「はいはい」ジュー

京子「まったく・・・」コネコネ

結衣「ちゃんと塩も定期的に入れろよー?」ジュー

京子「分かってるよ」コネコネ



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:52:44.29 ID:xwOUQCjo0

結衣「そろそろ玉葱できるから頃合いをみて入れるぞ」ジュー

京子「了解」コネコネ

結衣「よっと・・・」

京子「うおっと!?」

結衣「だ、大丈夫か?」

京子「フライパンに当たるかと思ったぜ・・・」

結衣「ごめん、気をつける」

京子「もっと注意しろよなー」プンプン



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 20:55:59.41 ID:xwOUQCjo0

結衣「後は私がやるよ」コネコネ

京子「ウッス!」

結衣「京子は食器並べといて」コネコネ

京子「わかったー」

結衣「・・・」コネコネ

京子「よいしょっと・・・」

結衣「・・・」コネコネ

京子「・・・」ジー

結衣「・・・?なに?」

京子「結衣にゃんの横顔可愛い」

結衣「はぁ・・・ありがとう?」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:02:33.34 ID:xwOUQCjo0

京子「なんで『?』ついてんだよ」

結衣「どう反応していいのかわからなくてな」コネコネ

京子「こんなに受け答えしやすいことばっかり言ってる京子ちゃんに向かってそんなことを言うのか!」

結衣「・・・」コネコネ

京子「なんか言えよ」

結衣「もうツッコムのめんどくさいんだけど」コネコネ

京子「お願いしますツッコンでください」

結衣「そろそろいいかな・・・」

京子「スルーをするーですか?」

結衣「・・・はぁ?」

京子「・・・ゴメン」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:05:16.59 ID:xwOUQCjo0

結衣「形を整えて・・・よし」

京子「かんせー!」

結衣「まだ焼いてないよ」

京子「おっと、京子ちゃんったらドジっこね☆」

結衣「・・・京子ってさ」

京子「ん?」

結衣「・・・やっぱいいや」

京子「なんだよー」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:10:32.76 ID:xwOUQCjo0

結衣「~♪」ジュー

京子「お、結衣さんが鼻歌なんて珍しいね」

結衣「そうか?」ジュー

京子「結衣って黙々となんでもこなしてるイメージ」

結衣「お前はもう少し黙って作業するべきだと思うよ」

京子「そんなに騒いでないって」

結衣「本人が気付いてないってのは一番厄介なんだよな」

京子「そうだよね~」

結衣「・・・それはツッコミ待ちか?」

京子「へ?」

結衣「いや、やっぱいい」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:12:57.71 ID:xwOUQCjo0

結衣「後は盛り付けて完成だな」

京子「私たちの愛の結晶だね!」

結衣「ただのハンバーグなんだけど」

京子「二人の愛が詰まったハンバーグだよ!」

結衣「・・・そっちの方が美味しそうに聞こえるな」フフ

京子「だろ?」ニコ



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:18:43.46 ID:xwOUQCjo0

京子「結構でかいハンバーグだな・・・」

結衣「200gだったから一人100gだしな・・・」

京子「でも足りないよりは多すぎるほうがいいよね!」

結衣「・・・そうだな、じゃあ食べようか」

京子「うん!じゃあ・・・せーの!」

結京「「いただきます!」」

京子「よし!せっかくだから私はこのハンバーグから食べるぜ!」

結衣「そのハンバーグしかないけどな」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:22:39.29 ID:xwOUQCjo0

京子「こ、これは!」パク

結衣「どうだった?」

京子「安い割りに美味い」

結衣「まあ腐っても牛肉だしな」

京子「腐ってるの!?」

結衣「本当に腐ってるわけじゃないけど」

京子「ヒヤヒヤさせやがって・・・」

結衣「それにしても」パク

京子「それにしても?」

結衣「ビックリするくらい普通のハンバーグだな」モグモグ



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:27:49.19 ID:xwOUQCjo0

京子「そうだね・・・でもさ」

結衣「どうしたの?」

京子「二人で食べてるからいつもの倍美味しいね」ニコ

結衣「そ、そうだな・・・」カァ

京子「あ、赤くなってるぅ~」ニヤニヤ

結衣「う、うるさい!恥ずかしいのは性格だけにしとけ!」

京子「な!?私の性格のどこが恥ずかしいんだよ!」

結衣「そ、そういう台詞を顔色一つ変えずに言えるところとかだよ・・・」カァ

京子「なんだ、やっぱり照れてたのか」ニヤニヤ





21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:32:18.10 ID:xwOUQCjo0

結衣「まったく・・・お前はほんとに・・・」モグモグ

京子「にひひ、今日は結衣にゃんの照れてる顔が見れただけでも充分満足だよ」ニヤニヤ

結衣「・・・」イラ

京子「にひひ~」ニヤニヤ

結衣「・・・ラムレーズン抜きな」モグモグ

京子「なぁ!?」

結衣「今すぐそのニヤニヤした顔やめなかったら今日はラムレーズン抜きだからな」モグモグ

京子「やめます!やめますから!」

結衣「・・・ったく」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:35:23.59 ID:xwOUQCjo0

京子「ラムレーズンを人質に取るなんて結衣にゃんは卑怯だよ!」モグモグ

結衣「うっさい、お前がニヤニヤするのが悪い」

京子「ぶー・・・あ、人参・・・」

結衣「ちゃんと食えよ?」モグモグ

京子「ゆ、結衣!」

結衣「ん?」

京子「はい!あ~ん!」

結衣「いらん」

京子「そんなぁ!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:38:16.91 ID:xwOUQCjo0

京子「うぅ・・・」

結衣「・・・」モグモグ

京子「うぅぅ・・・」

結衣「・・・はぁ」

京子「食べてくれるの!?」

結衣「しょうがないから食べてやるよ・・・」

京子「やったぁ!」

結衣「ほら、それちょうだい」

京子「はい!あ~ん!」

結衣「自分でやった方が食べやすいんだけど」

京子「あ~ん!!!」

結衣「・・・あ、あ~ん」パク



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:41:23.47 ID:xwOUQCjo0

結衣「・・・」モグモグ

京子「また照れてる~」ニヤニヤ

結衣「ラムレーズン」

京子「ハンバーグ美味しいですね!」

結衣「そうだな」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:43:25.06 ID:xwOUQCjo0

数分後

結京「「ごちそうさま」」

結衣「いっぱい食べたな・・・」

京子「もう何も食べれない・・・」

結衣「ラムレーズンもか?」

京子「それは別腹」

結衣「・・・太るぞ?」

京子「言うな!!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:47:30.91 ID:xwOUQCjo0

結衣「私は食器洗ってるけど京子はどうする?」

京子「え?全然手伝うけど?」

結衣「え・・・?」

京子「なんでそんな意外そうな顔するんだよー!」

結衣「てっきり「お風呂ー!」とか「ラムレーズン!」とか言うと思ってた」

京子「一緒に作ったんだしせっかくだから最後まで一緒にって思ってね」

結衣「なんか・・・似合わないな」

京子「なんだとー!?」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 21:57:26.01 ID:xwOUQCjo0

結衣「でもまあ・・・ありがとう」

京子「へへ・・・どういたしまして!」

結衣「・・・なんか今日は働き者だな、お前」

京子「今日は?今日「も」ですよ奥さん」

結衣「いつもはゲームしながらアイス頬張ってるプチニートみたいなもんだろ」

京子「中学生だからゴロゴロしててもニートじゃありません!」

結衣「じゃあ実質ニートだな」

京子「今はまだ私が働くときではない」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:00:03.79 ID:xwOUQCjo0

結衣「そろそろやらないと寝る時間に響きそうだな・・・」

京子「さっさと片付けるか!」

結衣「そうだな」

京子「よっしゃやるぞー」ジャー

結衣「いつもこのくらいやってくれるなら私も満足なんだけどな」カチャカチャ

京子「毎日はちょっと・・・」カチャカチャ

結衣「そこは冗談でも毎日やるって言ってほしかったな」カチャカチャ

京子「言ったらキュンキュンする?」カチャカチャ

結衣「する」カチャカチャ

京子「明日から家事は全部私に任せなよ」フッ

結衣「キャー、キョウコカッコイイー」フキフキ

京子「もっと感情を込めろよ」フキフキ



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:03:17.82 ID:xwOUQCjo0

数分後

京子「これで終わりっと!」

結衣「いつもより早く終わったな」

京子「これも私のおかげだね!」

結衣「お前がいなかったら食器の量も半分だけどな」

京子「それは言わないお約束だよ!」

結衣「なんだよそれ・・・あ、お風呂先入っていいよ」

京子「一緒に入ろう」

結衣「却下」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:09:07.44 ID:xwOUQCjo0

カポーン

結衣「結局一緒に入ってしまった」

京子「何を今さら恥ずかしがっているのか」

結衣「狭いんだよ、二人で入ったら」

京子「広くてもどうせくっついて入るんだから一緒だよ」ダキ

結衣「息苦しいから離れろ」

京子「結衣にゃんやわらか~い」スリスリ

結衣「・・・」

京子「・・・」スリスリ

結衣「・・・」

京子「・・・」モミモミ

ドコォ

京子「いったぁ・・・」

結衣「なにすんだてめぇ!」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:13:11.07 ID:xwOUQCjo0

結衣「ったく、私は先に上がるぞ」

京子「あぁん!待ってぇ!」

結衣「京子も上がるのか?」

京子「結衣のいない浴槽に意味などない!」

結衣「そうか」

京子「あの柔らかい体は病みつきになりそうじゃ」ウッヘッヘ

結衣「次揉んだら1週間ラムレーズン抜きな」

京子「もうやりません!」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:17:08.36 ID:xwOUQCjo0

京子「ふぃ~、さっぱりしたー!」

結衣「ちゃんと髪乾かせよ?」

京子「分かってるって」

結衣「・・・お前ってそういうとこはしっかりしてるよな」

京子「この超絶美しい髪を綺麗に保つためには仕方のないことなのだよ」

結衣「自分でそこまで言えるってのもすげぇよ」

京子「それほどでも」

結衣「その自信はどこからくるんだか・・・」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:20:18.45 ID:xwOUQCjo0

京子「ご飯も食べた!お風呂もはいった!」

結衣「後は適当に時間潰して寝るだけだな」

京子「ちっがーう!」

結衣「?」

京子「ラムレーズンだよ!ラムレーズン!」

結衣「あぁ」

京子「まったく、今日は一体何回このネタで脅されたことか・・・」

結衣「そうだったな、今持って来るよ」

京子「くるしゅうない」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:25:45.01 ID:xwOUQCjo0

結衣「よいしょっと・・・」

京子「・・・結衣!」

結衣「ん?」

京子「その・・・いつもありがとね・・・?」

結衣「え・・・」

京子「いつも私のこと考えてくれて・・・その・・・ありがとう」

結衣「別に・・・好きでやってるだけだからお礼なんていいよ」

京子「それでも・・・ありがとう」ニコ

結衣「・・・どういたしまして」ニコ


終わり



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:27:27.33 ID:xwOUQCjo0

結京に飢えていたんです
終わらせ方がちょっと強引になってすいませんでした



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/10/14(日) 22:29:05.87 ID:xwOUQCjo0

結衣「・・・あ」

京子「どうしたの?」

結衣「ごめん・・・ラムレーズン切れてた・・・」ハハハ

京子「な・・・ゆ、結衣いいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

本当に終わり


元スレ
SS速報VIP:結衣「牛の挽肉200gが102円だと・・・?」