1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 19:36:04.82 ID:i1XmM1EcP

神裂「ツル・ツル・テカ・テカ 明日も~♪」

ガチャッ

神裂「晴れ…………」

上条「かん……ざき……?」

神裂「……っ」

タッタッタッタッ

上条「お、おい!神裂!!」



神裂(死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい……!)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 20:32:21.16 ID:i1XmM1EcP

上条「……という事があったんだ。」

インデックス「かおりは真面目だから恥ずかしかったと思うんだよ。」

上条「俺はたいして気にしていないんだがな、このままじゃ可哀想だ。」

インデックス「とうまも恥ずかしい事すればいいんだよ!」

上条「恥ずかしい事?」

インデックス「うん!それならかおりと一緒で仲直りできるんだよ!」

上条「なるほど……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 20:39:43.48 ID:i1XmM1EcP

────
────────

神裂「はぁ……死にたい。」

上条「おーい!かんざきーー!」

神裂「……?!」

ダッ

上条「ちょ、ちょっと待て神裂!話だけでも聞いてくれ!」

神裂「…………はい」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 20:44:35.96 ID:i1XmM1EcP

(とうまも恥ずかしい事すればいいんだよ!)

上条(恥ずかしい事だったな……)

神裂「何の話ですか……?」

上条「ふぅー…………よし」

神裂「……?」

上条「マル・マル・モリ・モリ みんな 食べるよ~♪」

神裂「////////?!!」

上条「ツル・ツル・テカ・テカ 明日も 晴れるかな~?」

神裂「し……しししししし……死ねっっ!!!!/////////」

タッタッタッタッタ……

上条「ちょ……っ!神裂ーーーっ!」




                                   ~END~



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:27:35.76 ID:i1XmM1EcP

神裂「はぁ…………完全に馬鹿にされてる。」

土御門「ねーちんねーちん♪」

神裂「土御門……ここで何を?」

土御門「別に何も~?それよりさっきの見たぜ~。」

神裂「……!」

土御門「上やんがマルマルモリモリって歌ってたにゃ~。」

神裂「あ、ああ……歌っていましたね。」

土御門「しかもちょっとフリつけて踊ってたしーwwww可愛かったにゃ~wwww」

神裂「そうですね……っ」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:32:36.44 ID:i1XmM1EcP

土御門「高校生なのにマルマルモリモリって恥ずかしいにゃ~wwwwwww」

神裂「ぐ……」

土御門「マル・マル・モリ・モリ みんな 食べるよ~wwwww」

神裂「//////!!」

ドスッ

土御門「がはっ!な、なんで……ねーちん」

神裂「はっ!つ、つい反射的に……!」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:37:50.71 ID:i1XmM1EcP

──
──────

小萌「ふむふむ、そういう事ですか~。」

上条「ええ、先生なら何かいい助言をくれるかなと思いまして。」

小萌「こういう記憶は放っておくと、一生自分を苦しめる記憶になってしまいます。
   だから今のうちに膿みを全部出し切っちゃいましょう~。」

上条「膿みを出し切るって、一体何をすれば膿みを出す事になるんですか?」

小萌「そこは上条ちゃんが考えないと駄目ですよ。」

上条「俺が?う~む……でも確かにほっといたら大変な事になりそうだな。
   ありがとうございました小萌先生。」

小萌「どういたしまして、困ったらまた来るんですよ~。」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:44:09.37 ID:i1XmM1EcP

─屋上─

インデックス「かおりー!!!」

神裂「インデックス……?!何故こんな所に!」

インデックス「とうまが呼んでるんだよ!」

神裂「……いいんですもう。私は死ぬ事にしました……」

インデックス「何馬鹿な事言ってるんだよ!とにかく来て!」

神裂「は、離してください……!」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:49:58.14 ID:i1XmM1EcP

─上条宅─

上条「あれから俺なりに考えたんだ。
   膿みを出しきるにはみんなでマルモリダンスを踊ればいいと。」

インデックス「楽しそうなんだよ!」

神裂「…………馬鹿ですか」

上条「どうせお前の事だから、もう一生俺と顔合わさなければ大丈夫とか思ってたんだろ?
   そんな暗い気持ちかかえたままでこれから生きていけるのかよ!」

神裂「…………」

上条「いい加減はじめようぜマルモリダンス!」

インデックス「わーい!」

http://www.youtube.com/watch?v=xfhy6qOxn5o





115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/14(金) 23:57:48.83 ID:i1XmM1EcP

インデックス「マル・マル♪モリ・モリ♪」

上条「神裂!もっと楽しそうに!」

神裂「つるつる……てかてか……」

上条「もっと俺が見た時みたいに可愛く!」

神裂「/////////」



三人のマルモリダンスの宴は翌朝まで続いた……

──
─────

神裂「皆さんグッナイ また明日♪」

インデックス「朝ご飯は なんでしょね~?」





                        ~END~


元スレ
神裂「マル・マル・モリ・モリ みんな 食べるよ~♪」