1: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 21:09:23.48 ID:72+ZAKdp.net

バチンッ!!

ダイヤ「痛ったぁっ!?」

かすみ「あっはははは!!引っ掛かった引っ掛かったぁ」

ダイヤ「な、なんですのこれは!?」

ダイヤ「ガム……じゃない?偽物?」

ダイヤ「騙したのですかかすみさん!?」

かすみ「かすみんのおちゃめないたずらでした~」

ダイヤ「わたくしとした事がこんな子供騙しに引っ掛かるとは……くうぅ~」



2: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 21:16:41.82 ID:72+ZAKdp.net

ダイヤ「しかしよく出来ていますわね、見た目は普通のガムと変わりありません」

ダイヤ「―なるほど、バネ仕掛けになっていてケースから出すと指を挟まれるのですね」

ダイヤ「まったく……くだらない事を」

かすみ「うふふ、ごめんなさ~い。お詫びに本物のガムをあげますね」スッ

ダイヤ「……」ジーッ

ダイヤ「ふむ、今度は食べられそうですわね」

ダイヤ「あむっ……」

ダイヤ「!?」ビクッ

ダイヤ「すっ……すっぱぁ~い!!」ジタバタ

かすみ「いーひっひっひっひ!!」

ダイヤ「この……かすみさ~ん!!」



7: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 21:34:53.79 ID:72+ZAKdp.net

次の日

ダイヤ「昨日はかすみさんのくだらないいたずらに引っ掛かってしまい悔しい思いをしたのです」

歩夢「あはは……まぁかすみちゃんはいたずら好きだから。かすみちゃんなりのコミュニケーションなんですよ」

ダイヤ「もっと普通にコミュニケーションを取ってもらいたいものですわね。―よっこいしょ」

ブーッ‼

ダイヤ「んなっ!?」

歩夢「な、なに今の音!?」

歩夢「まさかダイヤさん……お○らを……」

ダイヤ「ち、違いますわ‼椅子に座ったら急に音が鳴ったのです!!」カァァ

歩夢「ん?これって……」ヒョイ

ブーッブーッ

歩夢「もしかしてこれの上に座ったから音が鳴ったんじゃ」

ダイヤ「誰がこんな事を……はっ!?」バッ

かすみ「ぷぷーっくすくす」タタタッ

ダイヤ「やはりあなたでしたのね‼お待ちなさ~い!!」ダッ

歩夢「もう、かすみちゃんたら……」

歩夢(ダイヤさんがお○らをしたのかと思っちゃったよまったく)



17: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 21:49:59.55 ID:72+ZAKdp.net

かすみ「ダイヤせ~んぱい」

ダイヤ「……なんですの?」ジロッ

かすみ「いやですね、そんな睨んじゃキレイなお顔が台無しですよぉ」

ダイヤ「睨まれるような事をしたのはかすみさんでしょう」

ダイヤ「危うく歩夢さんの前で大恥をかくところでしたわ」

かすみ「それは悪い事をしましたね。これ、お詫びにプレゼントします」スッ

ダイヤ「プレゼントぉ?なんですかこの箱は」

ダイヤ「見るからに怪しいですわね」ジロジロ

かすみ「私の気持ちを込めたプレゼントなんです」

「お願いしますぅ、受け取ってくださぁ~い」キラキラ~

ダイヤ「―もう……仕方ありませんわね」パカッ

ビヨヨ~ン!!

ダイヤ「ぴぎゃあ~っ!?」

かすみ「飛び出すかすみん人形で~す、かわいいでしょ~」

ダイヤ「し、心臓が止まるかと思いましたわ……」バクバク

ダイヤ(警戒していたのに驚かされるなんて……なんたる不覚)



21: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 22:05:00.20 ID:72+ZAKdp.net

ダイヤ「あなたからもかすみさんに言っていただけませんか?ほとほと困っているのです」

あなた「あ~かすみちゃんのいたずらは私もよくやられるよ、きっとダイヤさんと仲良くなりたいんだと思う」

あなた「ほら、好きな人にほどいたずらしたいって言うし」

ダイヤ「歩夢さんも言っていましたわね、かすみさんなりのコミュニケーションだと……」

ダイヤ(わたくしと仲良くなりたい……か)

あなた「―あ」

ダイヤ「ん?」

カックン

ダイヤ「のわぁっ!?」 ズデンッ

あなた「ぶふふっ!?」

あなた「―って、笑っちゃダメだ。ダイヤさん大丈夫!?」

かすみ「ダイヤせんぱ~い、ボーッとしちゃいけませんよ~」ニヤニヤ

ダイヤ「この……またあなたはこんなしょうもない事を……」

あなた「ダイヤさんに膝カックンするなんて……」

あなた(かすみちゃん、よっぽどダイヤさんの事が気になるんだなぁ)



23: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 22:19:24.19 ID:72+ZAKdp.net

廊下

ダイヤ「……」

ダイヤ「ふんっ‼」ギンッ

女の子「きゃあっ!?」

ダイヤ「……」

ダイヤ「むんっ‼」ギンッ

教師「ひいっ!?」

ダイヤ(かすみさん……今度は一体どこからなにを仕掛けてきますの……?)

かすみ「……」ススッー…ソーッ…ペタッ

ダイヤ「ぬんっ‼」バッ

ダイヤ「……いない」

ダイヤ「……おかしいですわね、確かに今かすみさんの気配を感じたのですが」

ダイヤ「わたくしが気にし過ぎてるだけなのでしょうか」

ダイヤ「はぁ……こんな事で神経を使うなんて……」トボトボ





かすみ「ふっふっふ……」



24: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 22:33:21.99 ID:72+ZAKdp.net

クスクス……クスクス……

ダイヤ「ん?皆さんなにを笑っているのでしょうか、なにかおかしい事でも?」

ルビィ「お姉ちゃーん」

ルビィ「あれ?背中になにか貼ってあるよ」

ダイヤ「え?背中に?」

ルビィ「―あはははっ、かわいい~かすみちゃんらしいなぁ」

ダイヤ「かすみさん!?ちょ、早く剥がしてわたくしに見せてください‼」

ルビィ「今剥がしてあげる」ペリッ

ルビィ「はい、どうぞ」

ダイヤ「ん~なになに……『わたくしの推しは超絶かわいいかすみんですわ!!』ですって?」

ダイヤ「いつの間にこの紙を……」ワナワナ

ダイヤ「―はっ!?周りの皆さんはこれを見て笑っていたのですね‼なんという辱しめを……」

ダイヤ「大体わたくしの推しはかすみさんではなくエリーチカですわぁ‼」

ダイヤ「もう許しませんわかすみさ~ん!!」プンスカ

ルビィ「お姉ちゃん、ちょっと落ち着いて」

ルビィ(お姉ちゃんがこんな反応するからかすみちゃんもいたずらしたくなるんじゃないかなぁ……)



30: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 22:56:37.31 ID:72+ZAKdp.net

ダイヤ(今度という今度は許しません)

ダイヤ(もし次にいたずらをしてきたら……)

ダイヤ(その時はわたくしにも考えがありますわ)




部室

かすみ「あ、ダイヤ先輩。お疲れさまで~す」

ダイヤ「よくもまぁぬけぬけと声をかけられますわね」

かすみ「えぇ~なんの事ですかぁ~?」

ダイヤ「この紙の事ですわ、わたくしの推しはエリーチカです。忘れないように」

かすみ「なぁんだ、気付かれちゃいましたか~」

ダイヤ「一体なんのつもりでこんないたずらをするのです?なにを考えているのですか」

かすみ「私はただ~ダイヤ先輩と仲良くなりたいだけなんですよ」

ダイヤ「仲良く……あの子の言う通りでしたか……」

かすみ「そうですそうですそうなんです。あ、そうだ」

かすみ「ダイヤ先輩、よかったらプリン食べませんか?」スッ

ダイヤ「ぷ、プリン……?」パァァ

ダイヤ「いただきますわ‼」パクッ

ダイヤ「―うっ!?しょっぱっ!!こ、これは……!!」

ダイヤ「ちゃ、茶碗蒸し?」

かすみ「あはははっ‼また引っ掛かった~」

かすみ「いや~面白いくらいに引っ掛かってくれますねぇ~」

ダイヤ「……」ゴゴゴゴゴ……

ダイヤ「―ふっ」ニヤァ



32: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 23:12:02.96 ID:72+ZAKdp.net

ダイヤ「……いい加減にせぇよワレ」

かすみ「へっ?」

ダイヤ「よくも今までさんざんおちょくってくれたのうコラ、もう勘弁ならんで」

かすみ「えっ?えっ?ダイヤ先輩?どうしたんですか?」

ダイヤ「どうしたもこうしたもあるかい‼お前は限度ってもんを知らんのかい‼いたずらも大概にしぃや‼」

かすみ「ひぇっ!?そ、そんなに怒らなくてもいいじゃないですかぁ……」

ダイヤ「怒るに決まっとるやろ‼これ以上年下に舐められてたら黒澤の名がすたるってもんだ」

ダイヤ「この落とし前はきっちりつけさせてもらうでぇ……あん?」ズイッ

かすみ「あ、あ、あわわわわ……」ガクガク

かすみ「ご……ごめんなさぁ~い!!やり過ぎました~私が悪かったです!!どうか許してくださ~い!!」

ダイヤ「もうあんないたずらはしないってお天道様に誓うか?」

かすみ「誓います誓います‼もうダイヤ先輩にいたずらなんてしません!!」

ダイヤ「そうか……だったら」ガシッ

かすみ「ひ、ひいぃっ‼」



36: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 23:22:39.48 ID:72+ZAKdp.net

ギュウッ

かすみ「……えっ?」

ダイヤ「これからは、ちゃんとかすみさんの言葉を聞かせてくださいね」

ダイヤ「いたずらもいいですがそれだけではあなたの本心はわかりませんわ」

かすみ「ダイヤ……先輩?あの、怒ってたんじゃ?」

ダイヤ「確かに多少腹も立ちましたがこの程度の事で目くじらを立てていてはとても姉は務まりませんわ」

かすみ「あのヤクザみたいな話し方は……?」

ダイヤ「ふふ、今までされてきたいたずらのお返しです。中々迫真の演技だったでしょう」

かすみ「演技……私本気でダイヤ先輩を怒らせてしまったのだと思ってしまいましたよ」

ダイヤ「これに懲りたら、いたずらもほどほどにしなさい」

ダイヤ「わたくしもかすみさんと仲良くなりたいですわ。もっともっと色々とお話しましょう」

かすみ「だ、ダイヤせんぱぁ~い……」ウルウル

かすみ「ありがとうございます‼ダイヤ先輩の心の広さには敵いません‼私ダイヤ先輩に付いていきます~!!」

ダイヤ(まったく……最初から素直にこうしていればかわいいものを)



40: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 23:43:37.37 ID:72+ZAKdp.net

その後

かすみ「ダイヤ先輩」

ダイヤ「なんですのみゅ」ムニュ

かすみ「ぷぷぷ、油断しましたね~」

ダイヤ「振り向いた先に指を突き出すとは古典的ないたずらを……」

ダイヤ「またお灸を据えた方がいいでしょうか」

かすみ「あはは、これはいたずらじゃないですよぅ。かすみんオリジナルの挨拶です挨拶」

ダイヤ「まったく口だけは達者ですわねあなたは」スッ

ダイヤ「おや、随分柔らかいお口ですわね。どこまで延びるのでしょうか」ウニョーン

かすみ「ひょ、ひょっほらいやへんぱい……はらひへくらはい~」

ダイヤ「ふふふ、これもわたくしオリジナルの挨拶なのですわ」パッ

かすみ「ぷぁっ、あぁ痛い……」

ダイヤ「自業自得ですわ」

ダイヤ「かすみさんはいたずらなしにはいられないようですわね」

かすみ「そうですね、ダイヤ先輩が相手だとついいたずらしたくなっちゃいます」

ダイヤ「それはなぜ?」

かすみ「それは……ダイヤ先輩が気になって仲良くなりたいから」

かすみ「ダイヤ先輩の事が……好きだからです」

ダイヤ「やれやれ、その手できましたか」

ダイヤ「本当に……かすみさんはかわいいですわね」



41: 名無しで叶える物語 2020/03/20(金) 23:45:58.73 ID:72+ZAKdp.net

終わりです。かすみんにダイヤさんの事をいたずらさせたかっただけです。最後まで読んでいただきありがとうございました。


元スレ
かすみ「ダイヤ先輩、ガム食べます?」ダイヤ「いただきますわ」