1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:57:02.74 ID:lrS73omI0

真「ねえ、千早」

千早「どうしたの?」

雪歩「これから一緒にカラオケに行かない?」

千早「私は……遠慮しておくわ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:02:05.62 ID:lrS73omI0

雪歩「えっと、なにか用事があるの?」

千早「いえ……ただ、私が行ってもつまらないと」


ギュッ


千早「わ……っ?」

春香「そんなこと言わないで、行こ?」

千早「もう……少しだけなら」

真「やたっ!」

雪歩「楽しみだね~」


P(微笑ましいなぁ)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:10:02.13 ID:lrS73omI0

雪歩「駅前に新しい店が出来たんだ」

春香「へえ~」

真「春香と千早も連れて一緒に行きたかったんだ」

千早「そう……」

真「……ところで」

春香「うん」

真「いつまで手をつないでるの?」

千早「あ!!」

春香「変かな?」


はるちは編
おわり



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:18:08.45 ID:lrS73omI0

やよい「んしょ……と」

やよい「ふう……家まであとちょっと」


ヒョイ


やよい「わっ!」

春香「わ、重い!」

やよい「は、春香さん!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:23:03.69 ID:lrS73omI0

春香「いつもこんなに沢山買い物するの?」

やよい「いえ、今日は特売の日なので!」

春香「そっか」

やよい「はい!」


ギュッ


春香「わ! 冷たい」

やよい「春香さんの手、あったかいです」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:32:20.30 ID:lrS73omI0

春香「今の私たち、仲のいい姉妹に見えたりして」

やよい「えへへ、そうかしれませんね!」




やよい「春香お姉ちゃん」

春香「」キュン



千早(羨ましい……どっちも)

P(そうだなぁ)


はるやよ編
おわり



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:37:42.15 ID:lrS73omI0

特にこの先思いつかない
誰か頼む



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:58:38.35 ID:+lDsV2ZXP

伊織「もう、何やってるのよあいつらは……」

やよい「あれ? 伊織ちゃん?」

伊織「やよい?」

やよい「どうしたの?」

伊織「律子を待ってるのよ、なのに亜美とあずさをつれてくるって言ったきり……」

やよい「これからお仕事?」

伊織「そう、全くもう何してるのよ……あぁもうこんな寒いときに……」

やよい「……んー」

ギュッ

伊織「ひゃぁ!」

やよい「あっ、ごめんね伊織ちゃん」

伊織「や、やよい? 別にいいけれど……その、どうしたのよ急に」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:01:16.30 ID:+lDsV2ZXP

やよい「伊織ちゃん、寒そうだったから」

伊織「べ、別に私は……それよりやよいはいいの? どこか行く途中なんじゃ」

やよい「大丈夫だよ!」

伊織「そ、そう……」


伊織「……」

やよい「……こないね」

伊織「……そうね」

ヒュー…

やよい「うー……やっぱり寒いかも」

伊織「なら……」

ギュッ

やよい「えっ?」

伊織「……こっちの手も繋げば、もっとあったかいでしょ」

やよい「……うん!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:04:46.16 ID:+lDsV2ZXP

ブロロ…

律子「伊織、ごめんなさい!」

伊織「全く、遅いじゃない!」

律子「ちょっとあずささんを探してたらね……あら、やよい?」

やよい「あ、律子さん!」

律子「……ふふっ、邪魔しちゃったかしら」

伊織「なっ! そ、そんなこと!」パッ

ギュッ

伊織「えっ?」

やよい「……えへへ」

伊織「……もう、このままじゃ仕事に行けないじゃない」

やよい「うん、そうだよね。……それじゃ、頑張ってね伊織ちゃん!」

伊織「……えぇ、やよいも風邪引かないように気をつけなさいよ」

やよい「うん!」

終わり



31: >>1のが暖まるまで 2013/01/06(日) 23:13:02.11 ID:+lDsV2ZXP

響「そこはもっと、こう……」

真「えー、違うよ僕はそこをさ……」

響「むー……よくわかんないぞ」

真「これでもわかりやすく説明してるつもりなんだけどなあ」

響「それなら一回自分のを試してみてくれないか?」

真「それはさっきやったでしょ?」

響「もー!これじゃいつまでたっても終わらないぞ!」

真「響がちゃんと僕の言う通りに踊らないからだよ!」

響「真が自分の意見を聞いてくれないから!」

真「違うよ!!」

響「だからもう~! 真、手!」

真「え、何?」

響「手、出して!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:15:53.15 ID:+lDsV2ZXP

ガシッ

真「な、何するんだよ!」

響「ここのところで、手をこういう風にする、って言ってるんだ!」

真「え? だったら僕はそこを……こういう感じでさ」

響「え? だったら……こういうのは?」

真「あ、うんうん、そういう感じ」

響「それじゃ……一回、やってみる?」

真「……そうだね」


響「……どうだ?」

真「……いいんじゃないかな」

響「……その、ごめんな、真」

真「う、ううん、僕の方こそ、なんかごめん」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:19:22.01 ID:+lDsV2ZXP

響「でも、もうちょっと綺麗に踊れると思うんだけど」

真「うん、僕もそう思ってた」

響「そしたら、ここのところで……」

真「え? そこ?」

響「うん、だってここのところが……」

真「……ならさ」

響「ん?」

ギュッ

響「……真?」

真「こうして手を繋いだ方が、やりやすくない?」

響「……うん、そうだな!」

真「うん! よろしくね、響!」

響「こちらこそ、よろしくな、真!」

終わり



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:28:27.90 ID:IoeDby1F0

良い
実に良い


元スレ
春香「手を繋いで」