1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:52:37.63 ID:6NSGTVu00

貴音「それは、初夢で見るとめでたいもの、のことですか?」

響「でも、それって『1富士、2鷹、3なすび』じゃないのか?」

美希「いいの、ミキが見た夢がそうだったんだもん」

貴音「ほう・・・わたくし達が美希の夢に・・・ですか」

響「一体どんな夢見たんだ?教えてよ!」

美希「いいよ、えーっとねぇ・・・」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:56:48.14 ID:6NSGTVu00

美希「ミキは森の中を歩いてたの」

美希「そしたら、目の前に魔女の姿の貴音が出てきたの」

美希「貴音はゾンビを召喚してミキを襲おうとしたの」

貴音「どうしましょう響、わたくしそのような面妖なことできません・・・」

響「貴音、夢の話だぞ・・・」

美希「もうダメーって思ったとき、白馬に乗ったハニーがミキを救い出してくれたの」

美希「ハニーかっこよかったなぁ・・・」

響「・・・ん?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:02:40.34 ID:6NSGTVu00

響「なぁ、美希?自分も夢に出てきたんだよね?」

美希「そうだよ?響は白馬だったの」

響「へっ・・・馬?」

響「な、何で自分は人じゃないんだよー酷いぞー!」ワナワナ

美希「そんなこと言われても見たものは仕方ないの」

貴音「ふふっ、響、夢の中の話ですよ」

響「納得いかないぞー」

貴音「そういえば、わたくしの夢にも美希たちが出てきました」

美希「なになに、聞かせてよ」

響「今度は自分は人役でお願いしたいぞ・・・」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:10:14.58 ID:6NSGTVu00

貴音「宮殿の中でわたくし達3人は着物を着て舞っていました」

貴音「プロデューサーは帝の役だったようです」

美希「着物って舞鼓さんみたいな?おしろいとかしてたの?ミキ似合ってた?」

響「自分は着物とか動きづらいのは苦手だぞ・・・似合わないと思うし・・・」

貴音「ふふっ、2人とも可愛らしく似合っていましたよ」

貴音「白粉などはしていませんでしたが、真、雅な踊りでした」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:14:41.28 ID:6NSGTVu00

貴音「そして踊りが終わったあと、プロデューサーはわたくしを指名して・・・」

貴音「あ~~れ~~」クルクル

響「うわ、ベタだぞ」

美希「ハニー、スケベさんなの」

貴音「と、コマ遊びをいたしました」

美希「へっ?着物脱がしたんじゃないの?」

響「というか、何で回ったんだぞ」

貴音「わたくしなりにコマを表現してみました」

響「紛らわしいぞ・・・」

貴音「ふふっ、真楽しい夢でした」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:19:38.20 ID:6NSGTVu00

貴音「響は夢を見ていないのですか?」

響「見たぞ、貴音達も出てた・・・けど・・・」

響「ちょっと恥ずかしいぞ・・・」

美希「ミキ達が話したんだから響も話すの」ズイッ

貴音「わたくしも気になります」ズイッ

響「わ、わかったぞ!言うぞ!だからそんな近づかないでほしいぞ!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:27:48.53 ID:6NSGTVu00

響「えっと・・・自分は家族みんなで沖縄そばを食べてる夢だったぞ」

貴音「沖縄そば・・・」ジュルリ

美希「貴音、よだれ出てるの」

響「ただ、家族が貴音達になってて」

響「貴音があんまーで美希がうっとで・・・」

美希「アンマー?ウット?」

響「あ、母親に妹って意味だぞ」

貴音「わたくしが母ですか、響の母というのは楽しそうですね」

美希「ミキは響の妹なの?何か納得いかないの」

響「自分は美希より年上だぞ、自然じゃないか」

美希「むぅー・・・ミキの方が上なのー!」ワシャワシャ

響「やーめーろー!髪の毛をいじるなー!」

貴音「まあまあ美希、夢の話、ですから」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:36:00.26 ID:6NSGTVu00

美希「で、ハニーは?」

響「え、えっと・・・プロデューサーは・・・にぃに・・・」

貴音「兄のことですか?」

響「うん・・・」

美希「ふっふー、響が話すのを渋った理由、ミキ読めたの」

美希「ズバリ!響は夢の中でハニーに甘えてたんだね!」

響「うっ・・・、そ、そんなことないぞ」

貴音「なるほど、わたくしが母親役ならば年齢的にはプロデューサーは父親役のはず」

響「違うってばぁー、自分そんな甘えたりしないぞー!」

美希「響って意外と甘えん坊さんだもんね」

響「うぅ・・・だからあまり言いたくなかったんだぞ・・・」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:40:32.05 ID:6NSGTVu00

P「お、3人ともおはよう」

美希「あ、ハニー!」

貴音「明けましておめでとうございますプロデューサー」

P「あぁ、明けましておめでとうな、今年も頑張ろうな!」

響「なぁなぁプロデューサー!プロデューサーはどんな初夢見た?」

美希「ミキ達が出てこなかった?」

P「そうだな・・・俺の夢はたしか・・・」


おわり



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:41:21.66 ID:6NSGTVu00

正直スレタイを書きたかっただけである


元スレ
美希「1ハニー、2貴音、3響なの」