1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:00:25.59 ID:dqUaFRsHO

キーンコーンカーンコーン

ほむら「……」スタスタ

まどか「あ、あのっ…!」

ほむら「…鹿目まどか」

まどか「ほっ…ほむら…ちゃん…ちょっといいかな…?」

ほむら「…なにかしら?」

まどか「その、よかったら一緒に…」

まどか「一緒に!…お弁当食べよう?」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「……断るわ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:05:05.10 ID:dqUaFRsHO

まどか「あっ…」

ほむら「話しはそれだけ?」

まどか「えと…その…」

ほむら「私はあなたに構う暇なんてないの、失礼するわ」

まどか「うっ…」

さやか「ちょっと、ほむら!」

ほむら「…美樹さやか」

さやか「あんた…いっつもそうやって、まどかに冷たくしてさ!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「あたしに冷たくするのは構わないよ?でも、何でまどかにまで?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:10:11.87 ID:dqUaFRsHO

ほむら「…」

さやか「まどかはいっつも1人でいるあんたを心配して…」

さやか「一番あんたに優しくしてるのにさ!」

ほむら「…!」

まどか「…」

さやか「なのに、何でまどかに一番冷たい態度を取るのさ?」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「…余計なお世話だからよ」

まどか「っ…」

さやか「ほむらっ!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:15:09.14 ID:dqUaFRsHO

ほむら「話しは終わり?なら私は失礼するわ」

まどか「…ほむらちゃん!」

ほむら「…」

まどか「明日…明日は!お弁当作ってくるから…!」

まどか「一緒に食べよう?」

ほむら「……」スタスタ

まどか「あっ…」

さやか「あー!もぅっ!あったまきた!」

さやか「何よあの態度?信じらんない!」

まどか「ほむらちゃん…どうして…



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:20:07.71 ID:dqUaFRsHO

仁美「…暁美さん、この数週間で以前より冷たくなってしまいましたわ」

さやか「ほんとよ、ほんと!なんなのさ?」

さやか「一緒に手を組んでワルプルギスと戦った時は良いやつだと思ったのにさ…」

仁美「ワルプルギス…?」

さやか「え?あ…あはは!何でもないよ、何でも!」

仁美「ですが…」

さやか「こ、こっちの話…だからね?仁美は気にしないでよ!」

仁美「…はい」

まどか「……」

まどか「ほむら…ちゃん…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:25:08.19 ID:dqUaFRsHO

「暁美さんっていっつも1人で何してるんだろうね?」

「ほんとほんと、毎日まどっちの誘いことわってさ」

「噂…なんだけどね?暁美さん、1人で隠れてお弁当食べてるんだって」

「えー?なにそれ?」

「わたしも噂で聞いただけだから詳しくは知らないんだけど…」

「…暁美さん、毎日泣きながら食べてるんだって」

「うわぁ…」

「な、なにそれ…」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:30:12.73 ID:dqUaFRsHO

まどか「……」

さやか「もーいー!ほむらのことなんかほっといて食べよう!」

仁美「…そうですわね」

まどか「……」

まどか(ちょっと前にさやかちゃんとマミさん、杏子ちゃん)

まどか(そして、ほむらちゃん)

まどか(…この4人が頑張って強い魔女をやっつけてくれたのに……)

まどか(あの時のほむらちゃんは本当に凄く喜んでて…)

まどか(その後、マミさんの家でパーティーをして…そのパーティーにわたしも呼んでくれて…)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:35:12.91 ID:dqUaFRsHO

まどか(わたしも楽しくて…みんなで笑って…幸せだったのに…)

まどか(どうして急に冷たくなっちゃったの?)

まどか(…わたしが一番嫌われちゃったの?)

まどか(わたしだけ、魔法少女じゃないから?)

まどか(魔法少女じゃないのに、わたしが馴れ馴れしくしたから?)

まどか(ほむらちゃん…仲良くしたいのに…)

まどか(どうして…)

まどか「ほむらちゃん…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:40:09.27 ID:dqUaFRsHO

屋上

ほむら「っ…」

ほむら「ごめんなさい…ごめんなさいっ…」ポロポロ

ほむら「また…まどかに冷たく当たっちゃった…」

ほむら「まどか…ごめんなさい…」

ほむら「あなたは何も悪くないの…なのに…私は……」

ほむら「っ…ぐすっ……」

ほむら「…もう…死ななきゃ……」

ほむら「私は…生きてちゃダメなんだから……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:45:07.38 ID:dqUaFRsHO

ほむら(私は、何度も何度も繰り返してきた)

ほむら(ワルプルギスを倒し、まどかを救うために…!)

ほむら(そして…ついに、ワルプルギスを倒すことができた)

数週間前

ほむら「……はぁ……はぁ……」

さやか「や…やっ…た…の…?」

マミ「わ、ワル…プルギ…ス…は…?」

杏子「…は、ははっ…やった…やったぜ…!」




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:50:13.80 ID:dqUaFRsHO

さやか「な…なら…あたし達……」

マミ「勝った…の…?」

杏子「…うん…!」

ほむら「やった……!」

ほむら「やったぁ…!」ポロポロ

さやか「あはは…ほ、ほむら…泣かないでよ…勝ったんだよ…あたし達…!」

ほむら「えへへ…ごめんなさい…うれしくって…」

マミ「ふふっ…私も涙がでてきちゃったわ」

杏子「ふっ…あたしもだよ」

さやか「あはは…あははっ!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 18:55:10.55 ID:dqUaFRsHO

ほむら「やった…やったよ…!」

ほむら「まどか…私、やっと…あなたを…!」

ほむら「嬉しい…!」

まどか「さやかちゃーん!」タタッ

さやか「まどか…!」

まどか「マミさん、杏子ちゃん…!それに、ほむらちゃんも!」

まどか「みんな、無事なんだね?」

マミ「ふふ…も、もう指一本動かせないけどね…」

杏子「はは…でも、生きてるんだ」

杏子「あたしら全員ね…!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:00:15.86 ID:dqUaFRsHO

まどか「よかった…よかったよぉ…!」

まどか「わたし、心配で…なのに、何もできなくって…」

さやか「まどか…いいんだよ、あんたはそれでさ」

マミ「…ええ、それに鹿目さんには感謝してるわ」

杏子「毎日あたしらの応援してくれたからさ」

まどか「みんな…」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほむらちゃんも無事なんだよね?」

ほむら「ええ…!」

まどか「よかった…ほんとによかった!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:05:14.05 ID:dqUaFRsHO

まどか「あっ!みんな、怪我はない?」

まどか「救急箱持ってきたの、少しでも役に立ちたくって…」

さやか「大丈夫だよ、魔法で治すからさ」

マミ「ありがとう、気持ちだけ受け取っておくわ」

まどか「そ、そっか…みんな魔法少女なんだもんね…」

杏子「そう気にするなよ、まどか」

まどか「……うん」

ほむら「…まどか、手当て…してくれる?」

まどか「!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:10:13.79 ID:dqUaFRsHO

まどか「ほむらちゃん?でも…」

ほむら「私はもう…魔法は使えないわ」

さやか「えっ?」

ほむら「だから…あなたに治療してもらいたいの」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「まどか、お願いしてもいいかしら?」

まどか「う、うんっ!もちろんだよっ!」

ほむら「ふふっ、ありがとう」

まどか「ううん、そんな!保健委員で良かった…!」

まどか「ちょっと滲みるけど、我慢してね?優しくするから…!」

ほむら「ええ、お願いね」ニコッ

まどか「えへへ…!」ニコッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:15:18.92 ID:dqUaFRsHO

―――

マミ「と、言うわけで」

さやか「ワルプルギス祝勝かーい!」

杏子「わぁ…!すごいご馳走じゃん!」

ほむら「ふふっ」ニコニコ

まどか「わ、わたし何かが参加しちゃってもいいのかな?」

マミ「ええ、当然よ」

さやか「まどかも、あたしらの仲間なんだからさ!」

杏子「魔法少女なんて関係ないさ、なぁほむら?」

ほむら「うん、そうよ。まどか…!」

まどか「みんな…!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:20:19.88 ID:dqUaFRsHO

マミ「今日は奮発したわ!遠慮しないで食べてね?」

さやか「さっすがマミさん!太っ腹ー!」

マミ「うふふっ」

杏子「よっし!思いっきり食うぞ!」

さやか「でーも、その前に!」

マミ「かんぱーい!」

―――

まどか「…」

ほむら「まどか、いただきましょう?」

まどか「う、うん!そうだね…」サッ

ほむら「?」

ほむら(まどか、今何かを隠した…わよね?)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:25:12.13 ID:dqUaFRsHO

さやか「もぐもぐ」

マミ「どう?お口にあうかしら?」

さやか「うん!ほんと、マジうまーっすよ!」

マミ「ふふ、それはよかった」

杏子「マミも食いなよ?何がいい?」

マミ「じゃあ私は…これかな?」

杏子「オッケー、ほらっ」

マミ「ありがとう、佐倉さん」

杏子「えへへ」

まどか「…おいしいね、ほむらちゃん」

ほむら「うん、でも…」

まどか「?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:30:11.18 ID:dqUaFRsHO

ほむら「まどか、何かを隠さなかった?」

まどか「えっ?」

ほむら「それに少し元気がないわ」

まどか「…やっぱりバレちゃったのかな?」

まどか「…実はわたし、みんなにお弁当もつくってきたんだけど……」

まどか「こんなご馳走の前じゃ、わたしのお弁当なんてだせないから…」

まどか「お料理もへたっぴなわたしのなんて…いらないよね?」

ほむら「まどか…」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:35:09.88 ID:dqUaFRsHO

まどか「あはは…ほんとダメだな、わたし…」

まどか「何の役にも立てないで…なのに、みんなの側にいちゃって…」

ほむら「まどか、そんなことないわ」

まどか「…でも……」

ほむら「私、今までずっと見てきたわ」

まどか「えっ?」

ほむら「あなたがみんなの為に頑張ってきたことを」

ほむら「あなたが誰よりも優しいことを…!」

まどか「ほむらちゃん…そんな、わたしは……」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:40:08.60 ID:dqUaFRsHO

ほむら「まどか、私で良ければあなたのお弁当を…」

まどか「えっ?」

ほむら「いえ、あなたのお弁当が食べたいわ」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「だから…食べてもいい?」

まどか「で、でもっ!わたしのお弁当なんて美味しくないよ?」

まどか「へたっぴなんだよ?そ、それでもいいの…?」

ほむら「うん…!」

まどか「な、なら…えへへ、仕方ないなぁ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:45:10.88 ID:dqUaFRsHO

まどか「は、はい。わたしのお弁当…!」

ほむら「ありがとう、まどか」

まどか「えへへ…!」

さやか「あれ?あんた達隠れてなにやってんの?」

杏子「食わないの?」

まどか「あっ?え、えっと…」

マミ「まあ!鹿目さんもお弁当作って来てくれたのね?」

さやか「むむっ!ほむらだけ先駆けは許さんぞぉ!」

杏子「あたしにもくれよ」

まどか「そ、そんな…いいの?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:50:07.71 ID:dqUaFRsHO

さやか「えっ?何が?」

まどか「だ、だって…美味しくないかもしれないよ?」

杏子「そうか?普通に上手そうじゃん」

マミ「ええ、彩りも綺麗だし、何より愛情がこもってるわ」

まどか「えへへ…そ、そうかな?」

ほむら「ぱくっ」

まどか「ど、どうかな…美味しい?」

ほむら「…うん!」ニコッ

まどか「ほむらちゃん…!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 19:55:22.68 ID:dqUaFRsHO

その後

ほむホーム

ほむら「まどか、今日はありがとう」

ほむら「嬉しかったわ」

まどか「わたしもだよ!だって…」

まどか「やっと…やっとほむらちゃんが笑ってくれたから…」

ほむら「!」

まどか「ほむらちゃんが転校したその日から、ずっと仲良くしたいって思ってたの」

まどか「でも、なかなかお話できないで…」

まどか「たまにお話できても、魔法少女やキュゥべえのことばかりで…」

ほむら「まどか…」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:00:15.52 ID:dqUaFRsHO

まどか「だからっ…今日、ほむらちゃんが笑ってくれたことが…」

まどか「ほむらちゃんとやっと仲良くなれたことが、すっごく嬉しかったの…!」

ほむら「…!」

まどか「ほむらちゃん、また明日もお話してくれる?」

まどか「わたしと…な、仲良く…してくれないかな…?」

まどか「お願い…!」

ほむら「…まどか」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「…」スッ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:05:12.08 ID:dqUaFRsHO

ほむら「よろしくね」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「ふふっ」ニコッ

まどか「うんっ!」ギュッ

―――

ほむら「ふぅ…」

ほむら「こんな気持ちでお風呂に入ったのは久しぶりね」

ほむら「でも…これからは毎日この気持ちで…!」

ほむら「えへへ」

ほむら「ほんとにワルプルギスを倒せたのよね?」

ほむら「夢みたい」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:11:16.49 ID:dqUaFRsHO

ほむら「でも、夢じゃない…ほんとのことなのよね?」

ほむら「嬉しい…」

ほむら「やった」

ほむら「やったぁ!」パシャパシャ

ほむら「これで、私は…!」

ほむら「まどか、やっとあなたとの出会いを…」

ほむら「あなたの友だちに…!」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:15:07.47 ID:dqUaFRsHO

―――

ほむら「えへへ」

ほむら「明日からはまどかと一緒に登校よ」

ほむら「それに、さやかや仁美とも…!」

ほむら「さやかとは中々仲良くなれなかったけど、こんどこそは!」

ほむら「それに仁美もよ、前からずっと気になっていたのよね」

ほむら「でも明日からは…ふふっ」

ほむら「楽しみ」ニコニコ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:20:36.17 ID:dqUaFRsHO

ほむら「明日からは一緒にお弁当を食べて、一緒に勉強して」

ほむら「放課後は寄り道をして、遊んで…!」

ほむら「たくさんお喋りして、笑って…!」

ほむら「ふふ、楽しみっ」

ほむら「それにマミや杏子とも仲間じゃなくて、友だちとして接しよう」

ほむら「魔女が現れた時は4人で協力して…」

ほむら「そして、その後はマミの家で遊んで…」





57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:25:27.63 ID:dqUaFRsHO

ほむら「えへへ…ほんとに楽しみだな」

ほむら「こんな気持ちで眠るのは初めて」

ほむら「なんだか、からだがふわふわしてるわ」

ほむら「ふわふわたーいむ♪」

ほむら「ふふっ、うかれちゃってるわね、私」

ほむら「でも、ほんとうに明日からの生活が楽しみ」

ほむら「ちょっと早いけど、もう寝ようかな?」

ほむら「明日は早起きして、お弁当作らなきゃ」

ほむら「おやすみなさい」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:30:21.30 ID:dqUaFRsHO

―――

ほむら「あら?ここは…?」

マミ「―」

杏子「―」

さやか「―」

ほむら「あっ…マミ、杏子、さやか」タタッ

マミ「…暁美さん」

杏子「なんかよう?」

さやか「……はぁ」

ほむら「ね、ねえ!このあと一緒にお茶でも…!」

マミ「やめてくれないかしら?」

ほむら「…えっ?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:35:10.97 ID:dqUaFRsHO

ほむら「やめるって…な、なにを…?」

杏子「あたしらに付き添うのだよ」

ほむら「え…」

さやか「あんたさ、お荷物なんだよね」

ほむら「さ、さやか…?」

さやか「暁美ほむら、あんたはあたしらの足手纏いなの」

ほむら「な…?」

マミ「こんなこと、あまり言いたくはないのだけど」

マミ「あなたがいると困るの」

杏子「邪魔なんだよね」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:40:19.17 ID:dqUaFRsHO

ほむら「え…な、なんで…」

マミ「……」

ほむら「私たち、4人であのワルプルギスを倒したのよ?」

杏子「ああ、そうだったね」

ほむら「4人の力を合わせたからワルプルギスを…だから…!」

さやか「まぁ、あの時のあんたは強かったもんね」

ほむら「あの時の…?」

マミ「暁美さん、今のあなたはただの役立たずなの」

マミ「それがどうしてわからないのかしら?」

さやか「まどかの方がよっぽど役に立ってるよね」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:45:26.98 ID:dqUaFRsHO

ほむら「な…何を言って……」

杏子「わからないなら体で教えてやるよ」

さやか「変身しなよ」

ほむら「ど、どうして…私たちは仲間…」

マミ「いいから早く変身しなさいっ!」

ほむら「っ?」ビクッ

マミ「でないと撃つわよ?」チャキッ

ほむら「ぁ…」

ほむら「くっ…!」カッ

杏子「そうそう、それでいいんだよ」

さやか「んじゃ、まずはあたしが斬りかかるから」

ほむら「え?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:50:14.15 ID:dqUaFRsHO

杏子「あんたなら時間を止めて避けられるだろ?」

ほむら「それは…そうだけど……」

さやか「なら思いきってやっちゃってもいいよね?」

マミ「ええ、全力で構わないわ」

ほむら「ちょっと…なんで…まさか、私を…?」

さやか「なに?ビビってんの?」

杏子「頭悪いね、あんたまだ理解してないわけ?」

マミ「ずっと入院してたのよね?頭をもう一度診てもらったら?」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 20:55:11.08 ID:dqUaFRsHO

さやか「あははっ!言えてるー」

杏子「ついでに、そのまま帰ってこなくてもいいんだぜ?」

マミ「私たち魔法少女の癌だものね」

ほむら「な…なにを…なにを言っているのよ!?」

ほむら「わたしは…!」

さやか「…もういいや、やろ」スッ

ほむら「くっ…さ、さやか!」

さやか「はぁぁぁっ!」ブンッ

ほむら(時間停止!)



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:00:09.26 ID:dqUaFRsHO

ほむら「!?」

ほむら(止まらな―)

さやか「でりゃぁぁっ!」

ほむら「っ!?」ガキンッ

さやか「…ちぇっ、盾でガードかぁ」

ほむら「はぁ…はぁ…」

ほむら(な…なんで…?)

杏子「ったく、さやかはだらしねぇな」

杏子「いいよ、あたしがやってやるよ」

ほむら「杏子…?」

杏子「…これはガードできないよね?」

マミ「ロッソ・ファンタズマね」クスッ



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:05:10.86 ID:dqUaFRsHO

杏子「…いくぜっ!」

ほむら「なっ…?」

ほむら(も、もう一度…!)

ほむら(時間停止!)

杏子「…」ギュンッ

ほむら「くっ…?」

ほむら(だ、ダメ…?)

杏子「はぁっ!」

ほむら(な、なら…防ぐしか…)

杏子「幻だよっ!」

ほむら「!?」

杏子「りゃぁっ!」

ほむら「きゃぁっ?」ドゴッ



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:10:13.09 ID:dqUaFRsHO

ほむら「ぐぅっ…」ズサァァッ

杏子「っと、あっけないな」

さやか「ちょっと杏子、なんで凪ぎ払っただけなのさ?」

杏子「一応、元仲間だからさ…まぁ少しは手加減しないとね」

さやか「あはは!杏子は優しいねっ」

杏子「へへっ」

ほむら「く…ぁ…はぁ…はぁ…」ヨロッ

マミ「…」

ほむら「ま、マミ…」

マミ「立ちなさい」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:15:17.00 ID:dqUaFRsHO

ほむら「っ…」フラッ

マミ「次は私よ。そうね…速射ち勝負といきましょう」

マミ「時間を止められるあなたなら簡単に私を倒せるでしょう?」

ほむら「ま…マミ……」

マミ「いくわよ、3…」

ほむら「ま…ま…って…」

マミ「2…」

ほむら(ぶ、武器を…)

マミ「1…」

ほむら(…ない?)

マミ「ティロ…!」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:20:24.51 ID:dqUaFRsHO

ほむら「ぁ…」

マミ「フィナーレ!」

ほむら(そんな…?)

―――

ほむら「……」ボロボロ

さやか「あーあ、死んじゃった」

杏子「まぁあんだけやりゃ死ぬよね」

マミ「よく耐えたわね、腐っても魔法少女」

マミ「体は頑丈みたいだわ」

さやか「魔法少女じゃなくてサンドバッグじゃない?」

杏子「あはは!確かに!」

マミ「早く片付けましょう」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:25:22.50 ID:dqUaFRsHO

ほむら「ぅ…」

さやか「あれ?生きてるじゃん」

ほむら「ゃ…て…い…」

杏子「はぁ?」

ほむら「や…めて…くださ…」

マミ「なに?聞こえないわ?」

ほむら「と…巴さん…お願い…します…」

さやか「あれれ?性格変わっちゃってない?」

ほむら「美樹さん…た、助け…」

杏子「…はぁ、まあ祈るくらいならしてやるよ」

ほむら「佐倉さん…」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:30:10.26 ID:dqUaFRsHO

マミ「もういいわ、ほっといても後は時間の問題よ」

さやか「そうっすね」

杏子「んじゃ、さようなら」

マミ「………」スタスタ

ほむら「ま…っ…て……」

ほむら「ど…し…て…いや…だ……」

ほむら「だ…れか…たす…け……」

ほむら「ま…どか……」

まどか「…」

ほむら「…まどかぁ……!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:35:09.92 ID:dqUaFRsHO

まどか「かわいそうなほむらちゃん」

ほむら「た、助けて…」

まどか「わたしのためにがんばってきたのにね」

まどか「なのに」

ほむら「まどか…?」

まどか「ほむらちゃんはしあわせにはなれないよ」

まどか「ぜったいにね」

ほむら「ぇ…?」

まどか「ほむらちゃんにきぼうなんてないんだよ」

ほむら「ま…どか…?」




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:40:09.40 ID:dqUaFRsHO

まどか「はやくぜつぼうしちゃいなよ」

ほむら「…え」

まどか「いきててもくるしいだけだよ」

ほむら「鹿目…さん…」

まどか「そんなのかなしいよね」

ほむら「な…に…?」

まどか「ぜつぼうしないならわたしがてつだってあげるね」

ほむら「やだ…」

まどか「さようならほむらちゃん」

ほむら「鹿目…さ…」

まどか「しんじゃえ」ニコッ



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:45:10.60 ID:dqUaFRsHO

―――

ほむホーム

ほむら「!?」パチッ

チュンチュン

ほむら「はぁっ…!はぁっ…!」

ほむら「…ゆ…ゆめ……」

ほむら「…夢落ち…?」

ほむら「はぁ…よかった…」

ほむら「よかったぁ…」ウルウル

ほむら「私…生きてる…」

ほむら「……よかった」

ほむら「…っ」ゴシゴシ



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:50:13.26 ID:dqUaFRsHO

ほむら「すごい…あせ……」

ほむら「し、シャワーあびなきゃ…」

―――

ジャァァァッ

ほむら「……」

ほむら「どうして…あんな夢を…?」

ほむら「……私、疲れてるのかしら?」

ほむら「こんな夢なんて今までは一度も…」

ほむら「…で、でもっ…ただの夢…よね?」

ほむら「気にしちゃダメよ…!」

ほむら「やっとワルプルギスを倒したんだから…!」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:55:08.15 ID:dqUaFRsHO

―――

ほむら「……」フキフキ

ほむら「目が充血してる…やっぱり泣いていたのね」

ほむら「…ソウルジェムは…うん、大丈夫だわ」

ほむら「もうグリーフシードは使い果たしたのだから、穢れを作るわけにはいかないもの」

ほむら「………!」

ほむら「まさか…?」

ほむら(変身)カッ

ほむら「……よかった、変身はできたわ」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:00:10.37 ID:dqUaFRsHO

ほむら「…いや、でも……」

―――

ワルプルギスの夜『アハハハハハハ!!アハハハハハハ!!』

ほむら「くっ…もう武器が…!」

マミ「わかったわ、後は私たちに任せて!」

杏子「ほむらは引っ込んでな!大丈夫だ、あたしが守ってやるからさ!」

ほむら「…でも、まだ魔法は使えるわ!」

さやか「ならサポート頼むよ!便りにしてるからね、ほむら!」

ほむら「ええ!」




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:05:20.60 ID:dqUaFRsHO

―――

ほむら「ワルプルギス戦で、手持ちの武器は…もう……」

ほむら「……」ガサゴソ

ほむら「やっぱり…武器はもうない…か」

ほむら「残っているのは…みんなでと―」

ピンポーン

ほむら「?」

ほむら「お客さん…?誰かしら?」

ガチャ

まどか「えへへ」ニコニコ

ほむら「まどか?」

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:10:16.51 ID:dqUaFRsHO

ほむら「ま、まどか…どうしてここに?」

まどか「えっとね?今日からほむらちゃんと一緒に登校できるのが嬉しくって」

まどか「ちょっと早いけど…向かえに来ちゃった!」

ほむら「まどか…!」

まどか「…迷惑…だったかな?」

ほむら「ううん、そんなことないわ。ありがとう」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「ただ、まだ準備ができてなくって…」

まどか「あ…ご、ごめんね?」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:15:23.44 ID:dqUaFRsHO

ほむら「いえ…待ってて?今から準備を…上がっていく?」

まどか「う、うんっ!」

まどか「おじゃまします…!」

ほむら「ごめんなさい、まだ何の支度もできていなくって…」

まどか「眠ってたの?」

ほむら「いえ、シャワーを浴びていたのよ」

まどか「そっかぁ…あれ?でもなんで変身してるの?」

ほむら「それは…」

ほむら(悪夢を見たからだなんて言えないわよね…)

まどか「しんじゃえ」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:20:17.19 ID:dqUaFRsHO

ほむら「っ!?」ビクッ

まどか「ほむらちゃん?ど、どうかしたの?」

ほむら「い、今何か言った…?」

まどか「え?ううん…何も言ってないよ?」

ほむら「そ、そう…」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:25:10.94 ID:dqUaFRsHO

ほむら(げ…幻聴…?)

ほむら(夢のことを気にしすぎてるようね…)

ほむら(早く忘れよう…)

まどか「だ、大丈夫?顔が真っ青だよ?」

ほむら「え、ええ…だ、大丈夫…大丈夫よ」

まどか「ほむらちゃん…まだ時間はあるから、横になったほうがいいよ?」

ほむら「…ええ、そうするわ」

まどか「んと…朝ごはんはもう食べたのかな?」

ほむら「いえ…」

まどか「じゃあ作ってあげるね!」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:30:21.04 ID:dqUaFRsHO

―――

まどか「ほむらちゃん、準備は大丈夫?」

ほむら「ええ、待たせてしまってごめんなさい」

まどか「ううん、謝らなくてもいいよ?」

ほむら「ありがとう…それに、朝ごはんも美味しかったわ」

まどか「えへへ、よかったぁ」

ほむら「まどか…!」

ほむら(そうよ、こんなに優しいまどかがあんな台詞言うわけないわ)

まどか「それじゃ、行こっ?」

ほむら「ええ!」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:35:16.52 ID:dqUaFRsHO

まどか「さやかちゃーん!仁美ちゃーん!」

さやか「おっ、きたきた!おはよっ」

仁美「おはようございます」

まどか「おはよぉ!」

ほむら「…!」

ほむら(さやか…!仁美…!)

さやか「ほーむら!おはようっす!」

仁美「ふふっ、おはようございます、ほむらさん」

ほむら「ええ、おはよう…!」

まどか「…」ニコニコ



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:40:13.14 ID:dqUaFRsHO

さやか「ほむらほむら!」

ほむら「?」

さやか「ほんとお疲れさま!おかげで昨日は気分よかったわ」

ほむら「…さやか」

さやか「あんたのサポートなかった、あたしたぶんやられちゃってたよ」

さやか「ほんと、ありがとね」ニコッ

ほむら「…」クスッ

仁美「あの、二人の仲に何かありましたの?」

さやか「えへへ、ほむらはあたしの大切なサンドバッグだからね!」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:45:20.47 ID:dqUaFRsHO

ほむら「…ぇ」サーッ

仁美「まあ!いつの間にそのような仲に?」

さやか「へへっ、なーいしょ!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「……」ガクガク

仁美「さやかさんが羨ましいですわ、私も…」

仁美「暁美さんっ!」

ほむら「っ?」ビクッ

仁美「私も是非、そのような仲になりたいですわ!」

ほむら「あっ…」

仁美「さやかさんと暁美さんの様な仲に…!」

ほむら「ひっ…」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:50:12.13 ID:dqUaFRsHO

ほむら「ぁっ…」

まどか「ほむらちゃん?」

さやか「ちょっと、真っ青じゃん?」

仁美「あ、あの…私のせい…なんでしょうか…?」

さやか「大丈夫?もしかして昨日の…」

ほむら「はぁっ…はぁっ…」

まどか「ほむらちゃん、やっぱり…」

ほむら「ご、ごめんなさい!先に行くわっ!」タタッ

さやか「あっ…」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 22:55:10.31 ID:dqUaFRsHO

まどか「…ほむらちゃん」タタッ

さやか「ほむら…どうしたのよ…?」

仁美「…」シュン

さやか「仁美…」

仁美「そんなに嫌だったのでしょうか…」

仁美「私が暁美さんと…さやかさんと同じ様な…」

仁美「親友になりたいって…」

さやか「うーん…いや、明らかに様子がおかしかったからね」

さやか「ほむら…まだあたしのこと親友だと思ってくれてないのかな?」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:00:17.89 ID:dqUaFRsHO

ガラッ

ほむら「っ…!」タタッ

「あっ、暁美さんおはよー!」

ほむら「はぁ…はぁ…」ガクガク

「あれ?ほむっち?」

「どうしたの?体調悪いの?」

ほむら「はっ…はっ…」

ほむら(幻聴…幻聴に決まってるわ…!)

ほむら(この時間軸のさやかとはそれなりの信頼関係を築けていたいたはずよ?)

ほむら(悪夢は忘れなさい…暁美ほむら…!)





173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:05:26.36 ID:dqUaFRsHO

まどか「はぁ…はぁ…」

「鹿目さん、どうしたの?」

「すっごく疲れてるじゃん」

まどか「ち、ちょっと…ね」

ほむら「……」

まどか「ほむ…らちゃん…」

ほむら「まど…か…」

まどか「だ、大丈夫…?やっぱり…た、体調悪いの…?」

ほむら「私は…」

まどか「保健室…行こうよ…ゆ、ゆっくり休んで…落ち着こう?」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:10:10.91 ID:dqUaFRsHO

ほむら「そう…ね」

まどか「…わたしも…一緒に行く…よ…」

まどか「…ふぅ」

まどか「みんな、ほむらちゃんと保健室に行ってくるから和子先生に伝えといて?」

「うん、わかったー」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん、行こっ?」スッ

ほむら「…まどか」

まどか「大丈夫、わたしがついてるから」ニコッ

ほむら「…うん」ギュッ



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:15:12.19 ID:dqUaFRsHO

さやか「…お、おはようっす!」

仁美「おはよう…ございます…」

「おっはよー」

「あれ?さやかまで元気なくない?」

さやか「…」

さやか「えー?あははっ、そんなことないぞぉ」

さやか「さやかちゃんは何時だって、元気いっぱいですからね!」

仁美「……」

「美樹さん…?」

「ちょっと、さやさやもひとみんも何があったの?」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:20:10.45 ID:dqUaFRsHO

さやか「べ、別に何も…」

仁美「……」

「でも、まどかも様子がおかしかったし…」

「暁美さんなんて顔色すっごく悪かったよ?」

さやか「あはは…まぁ大丈夫だって」

さやか「明日になりゃ元気になってるからさ」

「…さやか」

仁美「…暁美さんは?」

「まどかちゃんと保健室に行ったよ」

仁美「そう…ですか…」

仁美「…暁美さん」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:25:14.04 ID:dqUaFRsHO

昼休み

ほむら「……」

まどか「あっ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…」

さやか「ほむら、どう?元気になった?」

さやか「午前中ずっと保健室で寝てたんでしょ?」

ほむら「…ええ」

まどか「ほむらちゃん…大丈夫?きつかったら無理しなくていいんだよ?」

ほむら「……」

ほむら(私…どうしちゃったのかしら…?)

ほむら(ワルプルギスを倒して、まどかを救って…)

ほむら(本当はすごく嬉しいはずなのに…)



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:30:08.55 ID:dqUaFRsHO

仁美「あ、暁美さん!」

ほむら「仁美…」

仁美「よ、よろしければ…一緒にお昼を…」

さやか「そうだよ、食べよう?」

まどか「うん、一緒に食べようよ!」

まどか「今朝一緒に作ったお弁当、きっと美味しいよ!」

ほむら「……」

ほむら(私は…)

ほむら「…ごめんなさい、今日は遠慮しておくわ」

まどか「え?」



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:35:17.97 ID:dqUaFRsHO

ほむら「……」タタッ

まどか「ほむらちゃん…?」

さやか「……」

仁美「暁美さん…どうして…」

さやか「…きっと、疲れてるんだよ」

さやか「今は一人にしとこ?」

まどか「でも…」

さやか「だいじょーぶ!すぐに元気になるって!」

まどか「……」

さやか「…今日は3人で食べよう?」

まどか「……」

さやか「まどか…」

まどか「…うん」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:40:11.95 ID:dqUaFRsHO

屋上

ほむら「今日は…一人で食べよう…」

ほむら(今までも一人で食べることは多かったけど…今とは心境が違うわ)

ほむら(今の私は…疲れているのよ…)

ほむら「美味しそう…」

ほむら(…まどかと作ったお弁当)

マミ「あら?暁美さんじゃない」

ほむら「…マミ…?」

マミ「ふふっ、こんにちは」ニコニコ

ほむら「……」



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:45:12.79 ID:dqUaFRsHO

マミ「美樹さんと鹿目さんは?一緒じゃないの?」

ほむら「…ええ」

マミ「じゃあ今は…?」

ほむら「……」

マミ「なるほどね」

ほむら「マミ…?」

マミ「ねっ?良かったら一緒にお昼食べない?」

マミ「ちょうど私も今から食べるところだったの」

ほむら「……」

マミ「ふふっ、たまには私たち2人で食べるのも良いでしょう?」




191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 23:50:19.34 ID:dqUaFRsHO

ほむら「…」

マミ「隣に座ってもいいかしら?」

ほむら「…構わないわ」

マミ「ふふ、ありがとう」ニコッ

ほむら「……」

マミ「さっ、食べましょう?」

マミ「いただきます」

ほむら「いただきます…」

マミ「美味しそうなお弁当ね、暁美さんの手作りかしら?」

ほむら「まどかと…2人で…」

マミ「まあ、そうだったの?ふふっ、道理で美味しそうなわけだわ」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:00:15.86 ID:dqUaFRsHO

ほむら「……」

マミ「ぱくぱく」

ほむら「……」

マミ「……暁美さん、何かあったの?」

ほむら「え…」

マミ「今日のあなた…すごく疲れてるように見えるわ」

マミ「ううん、まるで何かに追い詰められているように見えるの」

ほむら「私は…」

マミ「悩みがあるなら話して?私、暁美さんの力になるわ!」

ほむら「マミ…」





197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:05:10.62 ID:VNwWZbyiO

マミ「きっと…今までの疲れが出てきているのよ」

マミ「詳しくは聞けなかったけど…あなたも昔からずっと一人で戦って来たのよね?」

マミ「私にもわかるわ…ひとりは辛いもの」

ほむら「……」

マミ「でも、今は私たちが…みんないるわ」

ほむら「マミ…」

マミ「ふふっ、だから安心して?」

マミ「あなたは私たちの癌なんだから」ニコッ




204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:10:25.72 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……!?」

マミ「美樹さん、佐倉さん、それに鹿目さんも」

マミ「そして、暁美さん」

ほむら「……」ガクガク

マミ「あなたは大切な後輩で」

マミ「そして大切なお友だ―」

ほむら「いやぁぁぁぁっ!」タタッ

マミ「えっ?」

マミ「あ、暁美さん?」

マミ「ど、どうしたの…?魔女の仕業ではないはずよ?」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:15:14.36 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむらちゃん…わたしのせいなのかな…?」

さやか「そんなわけないって、きっと何か別の理由があるって」

まどか「でも…今朝、わたしがほむらちゃんを迎えにいってから様子がおかしくなっちゃったんだよ?」

さやか「たまたまだって」

仁美「暁美さん…」

ガラッ

ほむら「…」タタッ

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「っ…うぅっ……」



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:20:26.66 ID:VNwWZbyiO

さやか「ど、どうしたのさ?荷物なんかまとめて?」

まどか「そ、早退するの?」

ほむら「くっ…」

まどか「な、ならっ校門まで見送って…」スッ

ほむら「どいてっ!」パシッ

まどか「きゃっ?」

さやか「まどか!ちょっ…ほむら!?」

ほむら「っ…うぅっ…!」タタッ

さやか「ちょっと!ほむらっ?」
まどか「ほむら…ちゃん…?」

さやか「まどかっ?大丈夫?」



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:25:42.43 ID:VNwWZbyiO

―――

ほむら「はっ…はっ…」タタッ

ほむら「はぁっ…はぁっ…」

ほむら「なん…で…?」

ほむら(本当にどうしたの?)

ほむら(私…いくらなんでもおかしすぎるわ…)

ほむら(なんで…どうして…?)

ほむら(さやかに…仁美に…マミに…)

ほむら(そして、まどかに…)

ほむら(私…なんてことを…!)

ほむら(こんなの絶対おかしいよ…)



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:30:23.54 ID:VNwWZbyiO

ほむら「うっ…うぅっ…」

ほむら「どうしてっ…」ポロポロ

ほむら「どうしてこんなっ…!」 ツンツン

ほむら「私は何を…」チョンチョン

ほむら「バカみたい…」トントン


ほむら「ごめんなさい…」ユサユサ


ほむら「まどかぁ…」ホムラ!ホムラ!



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:35:11.16 ID:VNwWZbyiO

杏子「ほむら!ほむら!」ユサユサ

ほむら「まどかぁ…」

杏子「おいっ!どうしたのさ?大丈夫か?」

ほむら「うぅ…」

杏子「しっかりしろ!落ち着きなって!」

ほむら「あ…?」

杏子「ほむらっ…!」

ほむら「きょう…こ…?」

杏子「うん、あたしだ!佐倉杏子だ!」

ほむら「きょうこぉ…」

杏子「安心しなよ、あんたはあたしが守ってやるからさ」



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:40:28.66 ID:VNwWZbyiO

ほむら「私っ…私ぃ…っ…」

杏子「もう大丈夫…大丈夫だよ、ほむら」

杏子「一緒にいてやるよ」ギュッ

ほむら「うぅっ…」

杏子「まずは落ち着かせないとな…」

杏子「あたしの飲みかけでよければ、だけどさ」

杏子「飲むかい?」

ほむら「うん…」

杏子「ん、わかった。ほら、落ち着いて飲みなよ?」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:46:35.07 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ありがとう…」

杏子「ふふっ」ニッ

ほむら「ふぅ…」

杏子「どう?少しは落ち着けたか?」

ほむら「…ええ、感謝するわ」

杏子「へへっ!」

杏子「さて話を聞く前に…っと、ここじゃちょっと場所が悪いね」

杏子「場所変えるか、ここじゃ邪魔が入るかもしれないからさ」

杏子「ほむらみたいな邪魔者がさ」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:51:21.36 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

杏子「うーん、マミん家の鍵ならあるし…」

杏子「よし、マミん家行こうぜ」

ほむら「……」

杏子「ん?おい…どうしたんだよ?」

ほむら「…」カッ

杏子「なっ?へ、変身した?何でだよ?」

杏子「魔女は別にいないぞ?」

ほむら「…ない」

杏子「えっ?」

ほむら「使えないわ」

杏子「…はぁ?」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 00:55:56.07 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…」

杏子「使えないって…何がさ?」

ほむら「私よ」

杏子「はぁ?」

ほむら「武器も残ってない」

杏子「そりゃ…ワルプルギスの時に使ったからなぁ…」

ほむら「時間を巻き戻せない」

杏子「え…」

ほむら「時間を止められない」

杏子「…マジかよ?」

ほむら「私が使えない」

杏子「ほむら…?」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:00:21.97 ID:VNwWZbyiO

ほむら「魔法も武器も使えないわ私なんて必要ないわよね」

杏子「なっ…そんなわけないだろ!」

ほむら「うそよ!私は足手纏いなんでしょ?」

ほむら「邪魔者なんでしょ?」

杏子「誰もそんなこと言うわけないじゃんかよ!」

ほむら「言ったわ!」

杏子「えっ?誰が?」

ほむら「あなたがよ!」

杏子「…へ?」

ほむら「もういい…私は誰にも頼らない…!」



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:05:06.46 ID:VNwWZbyiO

杏子「ほむら…?」

ほむら「やっぱり私は一人だったのよ」

杏子「何言ってんだよ?あたしら仲間だろ?」

ほむら「でも、私を捨てるんでしょ?」

杏子「そんなわけあるかよ!わけわかんないこと言うなよ!」

ほむら「大丈夫…私は一人で生きていける…」

杏子「お、おい…」

ほむら「……」

杏子「そ、ソウルジェム…穢れてるじゃねぇか…」




249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:10:18.90 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ソウルジェムが穢れて、私が魔女化すればいいのよね?」

杏子「え…?」

ほむら「もうまどかを救うことはできた…私の願いは叶ったの」

ほむら「ならもう死んでもわ」

杏子「なに言ってんのさ…」

ほむら「ソウルジェムはグリーフシードに変わるのよ」

杏子「なっ…」

ほむら「魔法少女は魔女に生まれ変わるのよ」

杏子「なんだと…?」




252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:15:27.79 ID:VNwWZbyiO

杏子「じゃあ…あたしらも…」

ほむら「…っ」タタッ

杏子「あたしも、マミも、さやかも…」

杏子「最後は魔女になるって…ことかよ…?」

杏子「嘘だろ…?」

杏子「………」

杏子「……はっ」

杏子「ほ、ほむらっ?」

杏子「しまった…何処に行った?」

杏子「あのままじゃあいつ…」

杏子「魔女になっちまうぞ…?」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:20:06.19 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「人間はどうしてこんなに脆いのかな」

キュゥべえ「正直、ワルプルギスを倒したのは予想外だったけど」

キュゥべえ「所詮、暁美ほむらも人間であることに変わらなかったんだね」

キュゥべえ「でも、まさかこんなに効果があるのは僕も意外だったよ」

キュゥべえ「ありがとう、暁美ほむら」

キュゥべえ「君のおかげでまどかを契約できそうだ」



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:25:05.29 ID:VNwWZbyiO



ほむら「……」

ほむら(ばか…)

ほむら(私のばかっ…!)

ほむら(最低よ…なんであんなことを…)

ほむら(杏子は何も悪くないのに…なのに、私は…)

ほむら(幸い…まだ穢れきっていないわ)

ほむら(…今日はもう帰って寝よう)

ほむら(少しでも落ち着かないと…)

ほむら「…!」

マミ「暁美さん、こんばんは」ニコッ



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:30:31.61 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…マミ」

マミ「晩ごはん、まだ食べてないわよね?」

杏子「あたしらと一緒に食わない?」

ほむら「っ…杏子…」

杏子「無理なんてするもんじゃないぜ?」

マミ「同じ魔法少女同士、仲良くしましょう?」

杏子「それに、あたしらは」

マミ「お友だち、でしょ?」

ほむら「…!」

杏子「昼のことは気にすんなよ」

マミ「みんな、大丈夫よ



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:35:26.66 ID:VNwWZbyiO

マミ「だから…」

ほむら「やめて」

杏子「…ほむら」

ほむら「もう私に関わるのはやめて」

マミ「でもっ…!」

ほむら「今の私は…いつ魔女になるかもわからないわ」

ほむら「これ以上あなた達に迷惑をかけるわけにはいかない」

杏子「……」

マミ「魔法少女が…魔女になる…」

ほむら「そうよ」

マミ「ソウルジェムが魔女を生むなら…」




271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:40:07.79 ID:VNwWZbyiO

杏子「生ませなければいい、だろ?」

マミ「ええ、そうよ」クスッ

ほむら「なっ…?」

マミ「考えてもみれば、簡単なことだと思わない?」

杏子「あたしらは長年魔法少女をやってきたんだ」

マミ「でも、魔女にならずに今日まで生きてきたの」

杏子「なら明日からもそうすればいいんだよ」

ほむら「…!」

マミ「たしかに、一人じゃ難しいかもしれないわ。でもね」

杏子「あたしらには仲間がいるじゃん、最高のさ!」

マミ「ええ!」



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:45:46.60 ID:VNwWZbyiO

マミ「暁美さん、それはあなたも同じことよ」

マミ「たとえ武器がなくても、魔法が使えなくても」

杏子「ほむらはあたしらの大切な仲間だよ」

ほむら「マミ…杏子…」

マミ「だから、ね?」スッ

杏子「明日からも一緒に頑張ろうぜ」

ほむら「……」

ほむら(…嬉しい)

ほむら「う―」

マミ『本当に役立たずな後輩ね』

杏子『ああ、芝居すんのも面倒だよな』



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:50:40.61 ID:VNwWZbyiO

ほむら「!?」

マミ「暁美さん?」

杏子「どうした?大丈夫か?」

マミ『まさか、テレパシーが?』

杏子『そっか、ほむらにも聞こえてるんだっけ』

ほむら「あ…あぁ…」

マミ「暁美さんっ?大丈夫?」

杏子「大丈夫だ、ほむらはあたしらが絶対に守る!」

杏子「守ってみせるからさ!」

マミ「だから心配しないで?落ち着きましょう?」



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 01:55:17.77 ID:VNwWZbyiO

ほむら「こないで…」ガクガク

マミ「暁美さん…」

杏子「……せめて、部屋まで送らせてくれよ」

ほむら「いや…こわい…」

マミ「…そう、わかったわ」

杏子「マミっ…でも、これじゃ!」

マミ「大丈夫、私に考えがあるから」

杏子「……」

マミ「だから…」

杏子「…ああ、わかった」

ほむら「うぅぅっ…」



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:00:07.54 ID:VNwWZbyiO

ほむら「うぅ…」フラフラ

マミ「暁美さん、これだけは忘れないで」

マミ「例え誰が何を言おうとも」

マミ「私たちは最後の最後まで、暁美さん」

マミ「あなたの仲間、お友だちよ」

マミ「あなたはひとりぼっちじゃない」

マミ「私たちがいるんだから…!」

ほむら「……」

ガチャッ

マミ「……暁美さん」




288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:05:03.78 ID:VNwWZbyiO

杏子「ほむら…」

マミ「……暁美さん、相当弱っているわね」

杏子「…うん」

マミ「たぶん、幻覚や幻聴が聞こえているのかもしれないわ」

杏子「ちくしょう…あたしらじゃ力になれないって言うのかよ?」

マミ「……」

杏子「…なあ、やっぱりさやかにも話して、3人でさ!」

マミ「…ダメよ」

杏子「なんでさ?」

マミ「美樹さんには…まだ…」



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:10:07.48 ID:VNwWZbyiO

マミ「ソウルジェムの秘密を知るにはまだ早いわ…」

杏子「でもっ!さやか達にも協力してもらわなきゃ…!」

マミ「…いえ、極力…暁美さんと関わらない方が良さそうよ」

杏子「な…?なんでだよっ?ほっとけってのか!?」

杏子「あたしは、ほむらを見殺しになんてできないぞ!」

杏子「マミが止めても、あたしはっ…!」

杏子「あたしが!ほむらを守る!」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:16:07.43 ID:VNwWZbyiO

マミ「もちろん、私もそのつもりよ」

杏子「ならっ!」

マミ「……今のでわかったのよ」

杏子「えっ?わかった?なにがさ…?」

マミ「…たぶん、暁美さんは私たち魔法少女仲間を見ると」

マミ「…幻覚や幻聴が起こっていると思うの」

杏子「…!」

マミ「心当たりがあるでしょ?」

杏子「あ、ああ…昼もさっきも…突然怯えだしてさ…」

マミ「原因はわからないけど、恐らくは…暁美さん…」



302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:21:17.21 ID:VNwWZbyiO

マミ「だから、美樹さんでまあ私たちと同じ結果だと思うの」

マミ「それに…美樹さんにソウルジェムの秘密を話すべきかどうかも…ね」

杏子「……」

マミ「私だって、唐突にソウルジェムのことを知ったら…きっと…」

マミ「でも、今の私は絶対に諦めるわけにはいかないもの」

マミ「大切な後輩を…お友だちを、暁美を救わなきゃ」

マミ「だから私は絶望なんてしないわ」



307: 誤字脱字は幻覚と言う設定 2012/05/18(金) 02:26:05.64 ID:VNwWZbyiO

杏子「…ああ、そうだね」

杏子「うん、マミの気持ちはよくわかったよ」

杏子「あたしも絶望なんてしてられるかってんだ!」

杏子「マミ、あたしらでほむらを救うんだ」

マミ「ええ!」

杏子「絶対にな!」

マミ「うんっ!」

杏子「へへ…ならまずはグ―」

マミ「!!」

杏子「…タイミングいいじゃんかよ」

マミ「私が行くわ、佐倉さんはここで暁美さんを見守ってて?」

杏子「わかった」




311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:30:38.92 ID:VNwWZbyiO

ほむホーム

ほむら「うぅぅっ…」ポロポロ

ほむら「もう誰も信じられない…」

ほむら「誰も私のことなんて…」

ほむら「ソウルジェム…どんどん穢れて…」

ほむら「私…このままじゃ、本当に…」

ほむら「…でもグリーフシードはもう……」

ほむら「マミも杏子もさやかも頼れない…」

ほむら「でも私には…魔法も武器も……」

ほむら「私……」



314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:35:16.31 ID:VNwWZbyiO

ほむら「どう足掻いても…魔女になる……」

ほむら「みんなに迷惑かけなくない…」

ほむら「まどかを悲しませたくない…」

ほむら「だから…魔女にる前に…」

ほむら「ソウルジェムを…砕く…!」

ほむら「…」カッ

ほむら「なにか…ソウルジェムを砕けるものくらい…」ガサゴソ

ほむら「!」

ほむら「これは…」



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:40:57.74 ID:VNwWZbyiO

ほむら「初めてまどかと一緒に撮った写真…」

ほむら「…私、すごくに嬉しそうに写ってる……」

ほむら「……ううん、すっごく嬉しかった…」

ほむら「まどか…」

ほむら「まどかぁ…」

ほむら「いやだ…魔女かんかになりたくない…」

ほむら「死にたくないっ…!」

ほむら「まどか…またあなたと一緒に…」

ほむら「まどか…まどかぁ…っ…」



320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:46:08.81 ID:VNwWZbyiO

ほむら「これは…みんなで撮った写真…」

ほむら「この時間軸…みんなの仲が良かったのに…」

ほむら「あの魔法少女に…まどかが…」

ほむら「……でも、今の時間軸にあの魔法少女の存在はなかった…」

ほむら「そしてワルブルギスを倒せたのよ…?」

ほむら「なのに…どうして私は…」

ほむら「こんなことにっ…」

ほむら「だけど…やっぱり…死にたくないっ…」

ほむら「生きたいっ…!」



325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:51:13.54 ID:VNwWZbyiO

杏子「ほむら…大丈夫かな…?」

杏子「ちくしょう…あたしはただ、見ることしかできないのかよっ…!」

杏子「仲間一人救えないでどうすんだよ、佐倉杏子っ…!」

マミ「はぁ…はぁ…さ、佐倉さん…」

杏子「マミ!」

マミ「ふふっ…これで…」

杏子「ああ!これなら大丈夫だ!」

マミ「暁美さんをお願い…」

杏子「わかった!マミは休んでなよ」

マミ「ええ…」



328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 02:56:12.71 ID:VNwWZbyiO

―――

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか…?」

まどか「さがしたよやっとあえたね」

ほむら「まどか、私も会いたかった…!」

まどか「ほむらちゃんなんであのときたすけてくれなかったの」

ほむら「えっ?」

まどか「どうしてまもってくれなかったの」

ほむら「ち、違う!私はあなたを助けたかった…」

ほむら「でも…」

まどか「まもってくれなかったよね」



332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:00:10.25 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ま…どか…」

まどか「わたしいつもくるしんでるんだよ」

まどか「ほむらちゃんがくりかえすたびに」

まどか「なんどもなんども」

ほむら「ぁ…」

まどか「わたしはこんなにくるしんでるのに」

まどか「ほむらちゃんはいきたいんだね」

ほむら「だ、だって…」

まどか「あきらめてわたしといっしょにいこうよ」

まどか「もうあきらめようよ」



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:05:41.35 ID:VNwWZbyiO

まどか「もういいんだよほむらちゃん」

ほむら「まどか…」

まどか「もうしのうよ」

ほむら「やめて…」

まどか「わたしがてつだってあげるから」

ほむら「く…くるしっ…」

まどか「てぃひひ」

ほむら「ま…どか…」

まどか「てぃひひっ」

ほむら「っ…や…め……」



341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:10:24.74 ID:VNwWZbyiO

―――

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃんっ!死なないでっ!」ギュッ

まどか「何でもするからっ…だからお願いっ!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「ぅ…」パチッ

まどか「あっ…!」

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃんっ!」

まどか「よかった…ほむらちゃんが目を覚ました…!」

ほむら「ま…どか…?」



343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:15:36.90 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむらちゃん…ずっと唸れてたんだよ?」

ほむら「……」

まどか「昨日は…放課後からずっとほむらちゃんを探してたの…」

まどか「わたし…心配で…」

まどか「でも、見つけられなくって…」

ほむら「…」

まどか「そしたら、今朝マミさんが教えてくれてね?」

まどか「だからわたし、急いでここにきて…ずっと側にいたの」



345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:20:07.22 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…一晩中『まどか』って魘されてて…」

まどか「顔色が凄く悪いし…あせびっしょりで…」

まどか「わたし、ほむらちゃんが死んじゃうじゃないかって…」

まどか「怖くて…」

ほむら「…」

まどか「でも、無事でよかった…」

まどか「ほんとに…ほんとによかったよぉ…!」

まどか「てぃひひ!」ニコッ

ほむら「…!」ゾクッ



348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:25:19.04 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…って…」

まどか「あっ?なにかな?」

まどか「何でも聞くから、何でも言って?」

まどか「わたし、頑張るよっ!」ニコッ

ほむら「帰って…」

まどか「…え?」

ほむら「帰って!」

まどか「ほむら…ちゃん…?」

ほむら「お願いだから帰って!」

ほむら「私に構わないで!」

まどか「うっ…」

ほむら「もう家に来ないで!」



351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:30:26.90 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむら…ちゃ…」ウルウル

まどか「お願い…帰ってよ…」

まどか「ぐすっ…ごめ…なさ…」

まどか「ごめんなさい…」

ほむら「帰って…!」

まどか「うぅっ…」

まどか「…か、帰る…ね」

ほむら「早くっ…!」

まどか「……ま、また来るね!」

ほむら「もう来ないでっ!」

まどか「っ…」

まどか「うっ…ぐすっ…うぅっ…」ポロポロ

まどか「ま、またね…!」ニコッ



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:35:20.82 ID:VNwWZbyiO

ほむら「………」

ほむら「うぅっ…うぅぅっ…!」

ほむら「どうして…なんでぇ…」

ほむら「なんでこうなるのよ…っ…」

ほむら「ばか…ばかっ…」

ほむら「ばかばかばかばかぁっ…!」

ほむら「まどかぁ…」

ほむら「ぐすっ…私…最低よ……」

ほむら「もういやぁ…」




359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:40:08.16 ID:VNwWZbyiO

―――

ほむら「あれ…またねむってたの…?」

ほむら「…何時間泣いたのかしら」ゴシゴシ

ほむら「まどかが来てくれたのは…早朝だったわよね?」

ほむら「今はもう…お昼、ね」

ほむら「泣きすぎてもう涙もでないわ…」

ほむら「…ソウルジェム……」

ほむら「ソウルジェムは?」

ほむら「もしかしたら…もう魔女化寸前に…」

ほむら「!?」



362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:45:10.84 ID:VNwWZbyiO

ほむら「そんな…綺麗…?」

ほむら「なんで?私はもうグリーフシードは持っていないのに…?」

ほむら「なら…誰かがグリーフシードを?」

ほむら「…!」

ほむら「お弁当…?まさか…まどかが?」

ほむら「手紙…」

ほむら「ほむらちゃん、いつもありがとう。わたし、ほむらちゃんが―」

ほむら「まどかぁ…」ポロポロ



365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:50:22.25 ID:VNwWZbyiO

ピンポーン

ほむら「!」

ほむら「……まどか?」

ほむら「そうよ…まどかに謝らなきゃ…」

ほむら「あんなに酷いことを…わたし…」

ほむら「…よし」

ガチャッ

ほむら「まど…」

さやか「…」

ほむら「さやか…?」

さやか「…部屋、入ってもいい?」

ほむら「…」

さやか「入るね」

ほむら「あっ…」



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 03:55:23.32 ID:VNwWZbyiO

さやか「……」スタスタ

ほむら「さやか…」

さやか「……今日はね、あたし…あんたに2つの用あってきたの」

ほむら「2つの…?」

さやか「そ、2つのね」

ほむら「…」

さやか「まず1つ目はさ、ほむら」

さやか「あんたを叱りに来た」

ほむら「…!」

さやか「ぶっちゃけ、今…あたし怒ってるよ」

ほむら「さやか…」

さやか「もしかしたら、あんたに手を出すかもね」



373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:00:08.73 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…わかったわ」

さやか「ま、覚悟しといてよ。手加減はしないからね」

ほむら「…ええ」

さやか「…あんた、何があったのか知らないけどさ」

さやか「まどかに当たるのだけは止めてくれないかな?」

ほむら「っ…」

さやか「ほむらにはほむらの問題があるのはわかるよ?」

さやか「それは仕方ないよ…あたしみたいなバカじゃわからない悩みがあるんでしょ?」

ほむら「…」

さやか「でも、どうしてまどかに当たるのさ?」




378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:05:21.57 ID:VNwWZbyiO

さやか「まどか…朝にあたしん家来てさ」

さやか「ずっとずっと…ずっーと泣いてたんだよ?」

ほむら「…まどか」

さやか「まどかはさ、泣き虫だからすぐ泣いちゃうけど…」

さやか「でも、あんなに泣いてるまどかを見たのは初めてだよ?」

さやか「理由聞いても『ほむらちゃんが、ほむらちゃんが』としか言わないしさ」

さやか「ついさっきまでずっと泣いてて、疲れたのかやっと眠ったんだよね」

ほむら「……」



380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:10:22.93 ID:VNwWZbyiO

さやか「まどかはあんたが心配で仕方がなかったんだよ」

さやか「あたしも結構…って言うかかなり心配だったよ」

ほむら「…」

さやか「あんたはあたしの親友になるんだからさ」

ほむら「…え?」

さやか「でも、まどかはあたしよりもずっとずっと、あんたを心配してたんだよ」

さやか「口を開けば『ほむらちゃん、大丈夫だよね?』だからね」

ほむら「まどか…」



381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:15:48.50 ID:VNwWZbyiO

さやか「まどかはさ、ほむら…あんたが本当に好きなんだよ」

さやか「なんでそんなにあんたが好きなのかは知らないけどさ」

さやか「今まで作ったこともないお弁当を毎朝がんばって作って…」

ほむら「お弁当…」

さやか「まどかは、あたし達みんなの為にお弁当作ったって言ってるけど」

さやか「ほんとは、ほむらに食べてほしくて作ってるの」

さやか「あんた、知らなかったでしょ?」

ほむら「…まどか……」





385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:21:06.55 ID:VNwWZbyiO

さやか「あたし達の中で一人暮らししてるのは、ほむらだけじゃん」

さやか「杏子はマミさんとこに居候してるからね」

ほむら「…ええ」

さやか「まどかはそんなあんたに、何かできないかって」

さやか「少しでも役に立ちたいって言ってさ…がんばってるんだよ」

ほむら「…」

さやか「なのに…なのにあんたは!」





388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:25:16.88 ID:VNwWZbyiO

さやか「どうしてまどかにあんな態度取ったのさ?」

ほむら「…」

さやか「あんた…まどかに帰れとか、来るなって言ってないでしょうね?」

ほむら「っ…」

さやか「…やっぱり言ったんだ」

ほむら「……ええ」

さやか「どうしてよ?なんでまどかにそんなこと言うの?」

さやか「まどかがほむらに何をしたって言うのよ?」



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:30:11.41 ID:VNwWZbyiO

さやか「悩み?ストレス?なんでもいいよ!」

さやか「それをぶつけるのはあたしにして!あたしになら何をしてもいいからさ!」

さやか「だからまどかは…まどかにだけは優しくしてあげて!」

ほむら「……」

さやか「頼むよほむら…お願いだからさ」

さやか「まどかにもう二度とそんなこと言わないで?」

さやか「変わりにあたしがあんたの全てを受け止めるから…!」

ほむら「…さやか」



395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:35:22.80 ID:VNwWZbyiO

さやか「2つ目の用…話すね」

ほむら「…」

さやか「ほむらに何があったのかは知らないよ」

さやか「たぶん…いや、絶対に辛いことがあったんだよね?」

さやか「あたしも…ほんとにほむらが心配なんだよ」

ほむら「さやか…」

さやか「さっきは激しく言ってごめん…」

さやか「あたしもほんとは言いたくないよ…あんなこと…」

さやか「でもさ、言わないわけにはいかなかったんだよね」

さやか「あたしが言わなきゃ、きっと誰も言わなかっただろうからさ…」



400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:40:36.97 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

さやか「あたしは、まどかのこと…ほむらに知ってほしかった」

さやか「2人に今よりも仲良くなってほしかったんだ」

さやか「…そして、あたしを頼ってほしかったの」

ほむら「…!」

さやか「ほむら、あたしら仲間じゃん、友だちじゃん」

さやか「それにあんたが良ければ親友にだってさ…!」

ほむら「親友…」

さやか「うんっ!」



406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:45:45.98 ID:VNwWZbyiO

さやか「あたしは…バカだし、みんなほど強くはないよ」

さやか「でも、あたし…みんなが親友だって胸を張って言えるよ」

さやか「みんな、みんな…あたしの大切な存在だからね!」ニコッ

ほむら「…!」

さやか「それはさ、ほむら…あんたもだよ!」

さやか「だから、あたしを頼ってよ!」

さやか「さやかちゃんは、暁美ほむらの味方ですからね!」

ほむら「さやか…!」



407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:50:32.71 ID:VNwWZbyiO

さやか「えへへっ」ニッ

ほむら「私―」

ほむら「!?」

オクタヴィア『―――』ドンッ

ほむら「さや…か…?」

オクタヴィア『よくも…』

ほむら「えっ?」

オクタヴィア『よくもあのときはあたしをころしたな』

ほむら「…!!」

オクタヴィア『まどかはたすけるのにあたしはころすんだね』

オクタヴィア『ゆるさない』

ほむら「あ…あぁ…」



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 04:55:33.12 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほむら?」

ほむら「あぁ…あぁぁっ…」

さやか「ちょ…ちょっと?どうしたの?」

ほむら「違う…私はあなたを殺したくて殺したわけじゃない!」

さやか「えぇっ?」

ほむら「ただ…あなたを倒さなきゃ…まどかが…」

ほむら「仕方なかったのよ!まどかもマミも杏子も…あのままじゃみんなやられてた!」

ほむら「だから私は…!」

さやか「えっ?えっ?」

ほむら「それは…わ、私の願いは…まどかとの…」

ほむら「あなたで時間を巻き戻すことは…」



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:00:26.78 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほむら?しっかりして!」

ほむら「違う…わたしは…美樹さんも助けたかった…」

さやか「えっ」

ほむら「でも…鹿目さん一人で精一杯で…」

さやか「ちょっと…ほむら…?」

ほむら「ごめんなさい…ごめんなさい…」

さやか「…」ゾクッ

さやか「や、やばいんじゃないの…?」

ほむら「うぁぁぁっ…」ポロポロ

さやか「ほむ…ら…」



416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:06:24.35 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ぐすっ…うぅぅぅっ…」

さやか「あわわわ…」

ほむら「ぅぅぅ………」

さやか「ど、どうしよ!ほむらが壊れちゃった…」

ほむら「……わかったわ」

さやか「うわっ?な、なにが?」

ほむら「そうよ…そうだわ…」ブツブツ

さやか「…ほむら…?」

ほむら「ごめんなさい、もう大丈夫よ」

さやか「えっ?」

ほむら「みっともない所を見せてしまったわね、あやまるわ」



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:10:50.91 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほむら…?」

ほむら「泣いたらすっきりしたわ、だからもう大丈夫」

さやか「え…でも…」

ほむら「美樹さやか、私にもう関わらない方がいいわ」

さやか「なっ…?なんでさ?」

ほむら「私は大丈夫だからよ」

さやか「いやっ…!大丈夫じゃないって!明らかにおかしいじゃん!」

ほむら「そうかしら?私は普通よ?」

さやか「嘘だ!だって変だもん!」

ほむら「あなたにそう見えるだけよ」



421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:15:30.47 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほむら…!」

ほむら「美樹さやか、余計な心配をかけたことはあやまるわ」

さやか「……」

ほむら「でも、おかげで吹っ切れたわ」

さやか「あんた…何を言って…?」

ほむら「私は一人で大丈夫、誰の助けもいらないわ」

さやか「いや、でもさっ!」

ほむら「飲み込みが悪いわね」

さやか「えっ…?」

ほむら「あなたに用はないと言っているのよ」



423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 05:21:16.25 ID:VNwWZbyiO

さやか「な…」

ほむら「元々私はずっと一人でやって来たわ」

ほむら「だからあなたの助けなんて初めからいらなかったのよ」

さやか「な、なによ…!」

さやか「なによその言い方!」

ほむら「あなたに用はないと言っているのがわからないのかしら?」

さやか「むっ…」

さやか「人が心配して来たのに、泣き終わったらその態度ってわけ?」

ほむら「ええ、そうよ」



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:10:35.74 ID:VNwWZbyiO

ほむら「勘の鋭いあなたならわかる筈よ?」

さやか「…わかんないよ」

ほむら「そう、この時間軸のあなたは鈍いのね」

さやか「な…なに言ってんのさ?ほんと、どうしちゃったわけ?」

ほむら「なら頭の悪いあなたにもわかるように説明するわ」

さやか「なっ…」

ほむら「美樹さやか、今すぐ帰りなさい」

さやか「ほむら…?」



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:16:09.51 ID:VNwWZbyiO

ほむら「そしてもう、私には関わらないことね」

さやか「…は…?」

ほむら「邪魔よ、消えなさい」

さやか「むっ…」イラッ

さやか「……」ググッ

ほむら「堪えているのよね?でも、それは無駄よ」

さやか「ほむら…あんた…!」

ほむら「なら…」

ほむら「早く上条恭介のもとへ行きなさい」

さやか「えっ?」

ほむら「私に構ってる暇があるなら、好きな人と過ごした方がいいわ」



443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:20:01.53 ID:VNwWZbyiO

さやか「な…なんで恭介のことを…?」

ほむら「好きなんでしょ?私にはわかるもの」

さやか「あ、あたしは別に!好きだなんてそんな!」

ほむら「だからあなたはダメなのよ」

さやか「えっ」

ほむら「はぁ、もういいわ」

ほむら「そうやっている内に大切なものを失っていくのよ」

ほむら「愚かね、美樹さやか」



444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:23:59.92 ID:VNwWZbyiO

さやか「くっ…」

ほむら「…」ファサッ

さやか「堪えなきゃ…!堪えなきゃっ…!」ググッ

ほむら「だから無駄よ、私は変わらないもの」

さやか「ほむら…」

ほむら「邪魔なのよ、早く立ち去りなさい」

さやか「ほむらっ!」

さやか「あんた…そうやって無理して…!」

さやか「芝居なんてしてどうすんのさ?」

ほむら「芝居じゃないわ、これが私よ」



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:30:28.33 ID:VNwWZbyiO

さやか「嘘だっ!」

ほむら「……」スッ

さやか「?…それはまどかの手紙?」

ほむら「っ…」

さやか「何を…?」

ほむら「……」ビリッ

さやか「なっ…?」

ほむら「……」ビリビリッ

さやか「ば、ばかっ!なにやってんのよ!」

ほむら「……これをまどかに返して」

さやか「え?」

ほむら「もう二度と私にお弁当を作らないで、と伝えて」

さやか「…は?」

ほむら「あなたの手料理なんて嬉しくないと伝えて」



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:35:50.30 ID:VNwWZbyiO

さやか「……」ワナワナ

ほむら「…」ファサッ

ほむら「そして、わた―」

さやか「ばかっ!」パシンッ

ほむら「…っ」

さやか「あんた…まどかの気持ちをわかってるのになんで…」

さやか「なんでそんなこと言うのよ!?」

ほむら「……」

ほむら「私は―」

ガチャッ

まどか「ほむらちゃん…!」

さやか「なっ…まどか…?」

ほむら「……」



453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:40:19.26 ID:VNwWZbyiO

まどか「あっ、さやかちゃん!」

さやか「まどか…」

まどか「さっきはごめんね?勝手に泣いて、勝手に寝ちゃって…」

まどか「目が覚めたら、さやかちゃんがいなかったから…まさかって思って来てみたの」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん、ごめんなさい」

まどか「えへへ、また来ちゃった」

さやか「ま、まどか!ちょっとだけ外で待ってて?」

まどか「え?」

さやか「今は…」





456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:45:07.84 ID:VNwWZbyiO

まどか「で、でもっ…」

さやか「いいからっ!」

ほむら「…」

まどか「あれ?ゴミが散らかってるよ?」

さやか「あっ…」

まどか「わたしが掃除してあげるね!」

さやか「ま、待って!それはっ!」

まどか「…!?」

まどか「わたしの…手紙…?」

さやか「っ…」

ほむら「ええ、あなたの手紙よ」

ほむら「鹿目まどか」



457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:50:24.30 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむら…ちゃん…?」

ほむら「ついでにこれも返すわ」

まどか「お弁…当…」

ほむら「………」

ほむら「あなたのお弁当なんて…う、嬉しくないのよ…!」

まどか「…ぇ」

さやか「ほむらっ!」

ほむら「…迷惑だから、やめてもらえると助かるのだけど」

まどか「……!」

さやか「あんた、いい加減に…!」

ほむら「目障りよ、消えなさい」

まどか「……」

ほむら「…鹿目まどか」



460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:00:13.22 ID:VNwWZbyiO

まどか「………」

さやか「ほむらぁっ!」バシッ

ほむら「っ…!」

さやか「あんた…最低だよ…」

さやか「見損なった…信じらんない…」

ほむら「…」

さやか「あんたを信じたあたしがバカだったわ」

ほむら「…ええ、そうね」

さやか「っ…」

さやか「もういいっ!」

まどか「………」

さやか「まどか!帰るよ!」ギュッ

ほむら「……」

さやか「ばかっ!」

ガチャッ



463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:06:15.64 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

ほむら「っ…」ヘナヘナ

ほむら「うぅ…」ペタン

ほむら「うぅっ…うぅぅっ……」

ほむら「まどか…さやか…ごめんなさい…」

ほむら「こうするしか…なかったのよ……」

ほむら「もう…私は…ダメなの…」

ほむら「幻覚や幻聴が…逃げられないのよ…」

ほむら「もう…ダメ……」

ほむら「……」



464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:10:36.98 ID:VNwWZbyiO

マミ「はぁ…はぁ…」

杏子「やっ…と…仕留めた…」

杏子「強かった…な…今の魔女…」

マミ「…いえ、普通なら2人で楽に勝てた相手よ」

杏子「…でもさ」

マミ「…私たちが弱っているのよ……」

マミ「もう何時間も飲まず食わず…それに一睡もしてないでしょ?」

杏子「…わかってるよ、でもあたしらが、ここで頑張らなきゃさ」

マミ「…ええ、負けるもんですか」



465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:15:07.10 ID:VNwWZbyiO

ほむホーム

杏子「ついた…ほむらのやつ、大丈夫だよな…?」

マミ「今朝グリーフシードを使ったばかりだから大丈夫だと思うけど…」

杏子「…うん、とりあえず入るか」

マミ「そうね、鍵は…うん、いつものところにあるわね」

杏子「よし、開けるよ」

マミ「ええ」

ガチャッ

杏子「!?」

マミ「な…暁美さん?」





468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:21:45.73 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

杏子「こんなとこで倒れて…まさか?」

マミ「暁美さんっ!?」

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「ほむら…!」

マミ「よかった…眠ってるだけね」

杏子「…でも…もう限界じゃないか?」

マミ「……暁美さん」

杏子「…それにしてもすげぇ散らかってるな……」

マミ「お弁当…ひっくり返ってるわ…」

マミ「それにこれは…鹿目さんの手作りの…」

杏子「なんで玄関に…?」



469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:26:50.17 ID:VNwWZbyiO

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「ほむら…」ギュッ

杏子「ほんとどうしちまったんだよ…?」

マミ「…ここは私が片付けておくわ、佐倉さんは暁美さんをお願い」

杏子「ああ…!」

杏子「よっ…と」ヒョイ

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「軽い…」

杏子「魔法少女だけど…それ以前にただの14歳…なんだよな」

杏子「ほむら…」



470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:31:08.78 ID:VNwWZbyiO

―――

マミ「ふぅ…こんなとこかしら?」

杏子「おつかれ」

マミ「佐倉さん…暁美さんは?」

杏子「大丈夫、ベッドで寝てる」

杏子「…でもソウルジェムがさ…だからさっきのグリーフシード使ったよ」

マミ「そう…暁美さん…」

杏子「…たぶん、このままじゃほむら…壊れちまうよ…」

マミ「……いえ、もう壊れているわ」

杏子「えっ?」

マミ「鹿目さんの手紙…めちゃめちゃに破かれて…」



473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:35:47.51 ID:VNwWZbyiO

マミ「それにあの言動…たぶん、暁美さんはもうとっくに…」

杏子「…そ、そうだよな……」

マミ「…魔法少女じゃない、鹿目さんでもダメだなんて……」

杏子「ああ…まどかなら何とかなると思ったのにさ」

マミ「むしろ逆効果…だったのかしら?」

杏子「くそっ…」

マミ「…とにかく、私たちはこれからも暁美さんのサポートをするしかないわ」

杏子「うん…あたしらが支えなきゃね」

ほむら「すぅ…すぅ…」



474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:40:51.19 ID:VNwWZbyiO

―――

マミ「それから数週間が経ったわ」

マミ「暁美さんは…相変わらず…」

マミ「学校には毎日通ってるけど…心を閉ざしてしまったみたいで…」

マミ「美樹さんは…もう暁美さんに…」

マミ「鹿目さんはまだ…毎日必ず暁美さんを訪れてるけど…」

マミ「すぐに追い返されて…」

マミ「それに…私と佐倉さんが話しかけると、幻聴が聞こえるみたいなの…」

マミ「私たちが毎日、グリーフシードでなんとか抑えてるけど、このままじゃ…」



478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:46:39.43 ID:VNwWZbyiO

杏子「マミ…」

マミ「…暁美さんは?」

杏子「やっと眠ったよ」

マミ「そう…グリーフシードは?」

杏子「使ったよ……だからあたしらのソウルジェムの穢れはさ」

マミ「……仕方ないわ」

杏子「……」

マミ「……」

杏子「ちくしょう…!」

マミ「佐倉さん…」

杏子「あたしもマミも…さやかも、それにまどかまで…」

杏子「誰が話しかけても…どうしてほむらは…っ!」

マミ「………」



509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:24:11.35 ID:VNwWZbyiO

杏子「キュゥべえのやつは姿眩ませやがるし…」

マミ「…たまに暁美さんの部屋に来てるのは間違いないわ」

杏子「……ああ、わかってるよ」

杏子「あのやろう…あたしらを避けてやがるな?」

マミ「キュゥべえ…グリーフシードの回収だけが目的じゃなさそうだけど……」

杏子「何か企んでやがるのか?」

マミ「…いえ、キュゥべえはそんなことしないはずよ」

杏子「だけどさ、不自然じゃんか」



512: 保守ありがとう 2012/05/18(金) 11:30:31.54 ID:VNwWZbyiO

マミ「たしかに…ワルプルギスを倒してからは殆ど会わなくなったわよね」

杏子「だろ?まぁ…あいつも色々あるんだろうけどさ」

杏子「何のためにほむらん家に来てるんだよ?」

マミ「うーん…」

杏子「あたしらを見かけてら直ぐに帰るからよくわかんないんだよなぁ…」

マミ「…次会ったら問いつめましょうか」

杏子「ああ、そうだな」



516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:35:29.14 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」スタスタ

マミ「!?」

杏子「あっ…」

ほむら「……」

マミ「こ、こんばんは!」

杏子「よ、よっ!」

杏子(起きてたのか…?)

ほむら「…私に何か用?」

マミ「い…いえ!何も!」

杏子「たまたま通りかかっただけだよ!たまたま!」

ほむら「…そう」

マミ「あ、暁美さんは何処かへ出掛けるのかしら?」

ほむら「…別に」



517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:40:17.26 ID:VNwWZbyiO

マミ「なら眠っていた方がいいわ」

ほむら「…喉が乾いたからコンビニに行くだけよ」

マミ「な、なるほどね」

杏子「ならあたしが買ってきて―」

ほむら「遠慮しておくわ」

杏子「そ、そっか!でも夜遅いから気をつけなよ!」

ほむら「…大丈夫よ」

マミ「暁美さん…」

ほむら「…どいてくれる?」

マミ「え…ええ…」

ほむら「失礼するわ」スタスタ

杏子「ほむら…」



518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:44:50.27 ID:VNwWZbyiO

杏子「…まずいなぁ」

マミ「ええ…私たちが見張っていることがバレたわけじゃなさそうだけど…」

杏子「…あんまり話すわけにもいかないからね」

マミ「幻聴…ね…」

杏子「幻聴が聞こえるのはあたしらだけで間違いはないんだろうけどさ…」

マミ「……」

杏子「…あたし後つけてくる!」

マミ「ええ、お願いするわ」

杏子「じゃ、マミはここで待っててくれよ!」タタッ

マミ「……いったい、どうすれば…」



519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:50:47.91 ID:VNwWZbyiO

マミ「………」

マミ「暁美さん…あれから殆ど誰とも口をきいてないのよね」

マミ「学校でもずっと一人だし…」

マミ「最初は屋上で食べていたお弁当も…今は…」

マミ「病院にも絶対に行こうとしないし…正直、このままじゃ…」

キュゥべえ「…」ウロウロ

マミ「!?」

マミ「…キュゥべえ!」

キュゥべえ「やあ、ひさしぶりだね」

マミ「ええ…それよりも、暁美さんに何かよう?」

キュゥべえ「ちょっと様子を見に来ただけだよ」




520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:54:54.54 ID:VNwWZbyiO

マミ「様子を…なんで?」

キュゥべえ「暁美ほむらの精神が相当弱っているのはマミも知ってるだろう?」

マミ「…ええ」

キュゥべえ「今のほむらは、言葉一つで簡単に壊れてしまうんじゃないかな」

マミ「……キュゥべえ、まさかあなたが暁美さんを?」

キュゥべえ「幻のことかい?」

マミ「…あなたが魔法か何かで暁美さんを…!」



521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 11:57:34.37 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「勘違いしてほしくないな」

マミ「…」

キュゥべえ「僕に幻を見せる力なんてないよ?」

マミ「…でも…急に暁美さんはおかしくなったのよ?」

キュゥべえ「それは暁美ほむら自身の精神が弱いからだよ」

キュゥべえ「僕は特別何かをしたわけじゃないからね」

キュゥべえ「彼女が勝手に思い込んでるだけだと思うな」



522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:01:02.54 ID:VNwWZbyiO

マミ「…じゃあキュゥべえは何もしていないのね?」

キュゥべえ「うん、そうだね」

キュゥべえ「ただ」

マミ「ただ…?」

キュゥべえ「僕はきっかけを作っただけだよ」

マミ「えっ?」

キュゥべえ「僕はほむらに、今日から魔法が使えなくかると言っただけだからね」

マミ「…どういうこと?」

キュゥべえ「正確には言ったと言うより、眠っているほむらの脳内に直接伝えただけかな」



523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:04:54.22 ID:VNwWZbyiO

マミ「直接脳内に…?」

キュゥべえ「幸せそうに眠っているところに悪かったとは思うけど」

キュゥべえ「一応伝えないといけないからね」

マミ「…どうして魔法が使えなくなったの?」

キュゥべえ「契約の関係だよ、彼女の魔法は期間限定だからね」

キュゥべえ「今の彼女は変身できること以外は一般人と変わらないのは知ってるだろう?」

マミ「…ええ」

キュゥべえ「僕はそれを伝えただけだよ」



527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:10:41.09 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「その後の僕はただ見ているだけ」

キュゥべえ「特になにもしてないよ」

マミ「なら…どうして暁美さんの様子を見に来るの?」

キュゥべえ「そうだね、確認のためかな」

マミ「確認?」

キュゥべえ「うん、彼女が魔女になるか否かのね」

マミ「……」

キュゥべえ「今の様子だと、魔女化の心配はなさそうだ」

キュゥべえ「君たちが助けているからね」

マミ「そう…よかった」



529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:16:05.88 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「魔法少女としては大丈夫だよ」

マミ「なら…!」

キュゥべえ「でも、ただの少女としては相当まずいと思うな」

マミ「え…?」

キュゥべえ「だってそうだろう?幻を見るほどの精神状態なんだ」

キュゥべえ「普通ならそんな状態にはならないんだろう?」

キュゥべえ「君たち人間は」

マミ「…それは…」



533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:21:30.22 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「おそらく、彼女一人だったら、もうとっくに魔女になっていただろうね」

キュゥべえ「でも、君たちが守っているから魔女にはならない」

マミ「…そうよ、絶対に暁美さんを守ってみせるわ!」

キュゥべえ「でも、彼女を追い詰めてるのはマミと杏子だよ」

マミ「……え?」

キュゥべえ「気づいてないのかい?」

マミ「……?」



535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:26:13.97 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「何週間もあの精神状態のまま、彼女を生かしているのは君たち2人だ」

マミ「……」

キュゥべえ「生き地獄とでも言うのかな」

マミ「な…」

キュゥべえ「楽になりたくても楽になれない」

キュゥべえ「そして彼女は壊れてしまった」

マミ「あ…」

キュゥべえ「暁美ほむら…彼女はもともと少女の中でも特に弱い精神だったんじゃないかな」

キュゥべえ「無理をして強く見せても、本質は変わらないからね」



536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:30:07.51 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「暁美ほむらの本質は、とてもか弱い少女だ」

キュゥべえ「そんな彼女があの精神状態で何週間も生きているのは…ね」

マミ「……」

キュゥべえ「いっそのこと、楽にしてあげるのも一つの優しさなんじゃないかな」

マミ「えっ…」

キュゥべえ「死ぬなり魔女になるなり楽になる方法はあるだろう?」

マミ「そ、そんなこと…」

キュゥべえ「させないと?僕はそれでも構わないけど」

キュゥべえ「苦しむのはほむらだよ?」

マミ「っ…」



538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:35:05.57 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「…でも、それじゃほむらが報われないよね」

マミ「……もちろんよ」

マミ「そうに決まってるわ!こんなの酷すぎる…」

マミ「酷すぎるわよ…」

キュゥべえ「うん、なら願えばいい」

マミ「えっ?」

キュゥべえ「暁美ほむらを救うと願えばいいんだよ」

キュゥべえ「僕と契約してね」

マミ「…でも、私は……」

キュゥべえ「マミに頼むわけないじゃないか」

マミ「だって…」

キュゥべえ「鹿目まどか」

マミ「!」



541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:40:33.19 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「まどかが僕と契約して魔法少女になればいいんだ」

キュゥべえ「ほむらを助けると願ってね」

マミ「……」

キュゥべえ「これならほむらを助けられるし」

キュゥべえ「まどかも自身のコンプレックスをなくせる」

キュゥべえ「それに晴れて5人目の仲間になるんだよ」

キュゥべえ「これ以上ないんじゃないかな?」

マミ「………」

キュゥべえ「だから、僕はこれからまどかの所に行こうかなって」

キュゥべえ「そう思ってるんだ」



545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:46:47.45 ID:VNwWZbyiO

マミ「…そうは」

キュゥべえ「そうはさせないと、君は言うよね」

マミ「…ええ」

キュゥべえ「君たちはいつもそうだ、どうして僕とまどかの契約を阻止しようとするんだい?」

マミ「約束…約束したからよ!」

キュゥべえ「約束?」

マミ「暁美さんと…みんなと!」

キュゥべえ「……」

マミ「暁美さんと手を組んだ時…暁美さんが仲間になった時」

マミ「暁美さんとお友だちになった時に約束したの!」

マミ「鹿目さんを魔法少女にしないで、4人で頑張るって!」



546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:51:28.11 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「理由は?」

マミ「これ以上、私たちと同じような思いを誰かにしてほしくないから」

マミ「そして、暁美さんが頭を下げてまで頼んできたからよ」

マミ「断る理由なんてなかったわ」

キュゥべえ「ほむらがそれを願う理由は聞いたのかい?」

マミ「それは…聞いてないけど…」」

マミ「でも、私たちの思いは変わらないわ!」

キュゥべえ「そうかい、わかったよ」

マミ「…」

キュゥべえ「まあ、契約するかどうかを決めるのはまどか自身だけどね」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 12:55:28.57 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「それじゃあ僕は行ってくるよ」

マミ「あっ、キュゥべえ…!」

キュゥべえ「まどかが契約しなければいいね」

マミ「待って…」

マミ「待ちなさいっ!」

マミ「くっ…このままじゃ…」

マミ「早く鹿目さんの家に行かなきゃ!」

杏子「マミ!」

マミ「…佐倉さん?」

杏子「ほむらが…ほむらがっ…!」

ほむら「」

マミ「暁美…さん…?」



554: >>546は幻 2012/05/18(金) 13:01:26.15 ID:VNwWZbyiO

マミ「ど、どうしたの?」

杏子「わかんねぇよ…突然ぶっ倒れて…」

杏子「あ、あたし…どうしりゃいいかわかんなくて…」

杏子「ど、どうしよう…」オロオロ


マミ「ちょっと見せて?」

マミ「暁美さん?暁美さんっ?」

ほむら「ぅ…」

マミ「…大丈夫、息はあるわ」

杏子「マミ…」

マミ「これは…脱水症状…?」

杏子「えっ?」

マミ「このあせの量といい…間違いなさそうね」



556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:06:47.67 ID:VNwWZbyiO

杏子「ま、マミ…あたし…」

マミ「佐倉さんはありったけの飲み物を買ってきて!」

杏子「わ、わかった!」タタッ

ほむら「ぅ…」

マミ「暁美さん、大丈夫よ」ギュッ

ほむら「とも…え…さん…」

マミ「…!」

マミ「ええ、私よ!」

ほむら「巴さん…」

マミ「部屋に行きましょう?」

ほむら「…ぅん」

マミ「…」ヒョイ

マミ(…軽すぎる…)



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:10:29.66 ID:VNwWZbyiO

まどホーム

まどか「……ほむらちゃん…」

まどか「やっぱり…わたしのせい…なのかな…」

まどか「わたしが…ほむらちゃんを…」

まどか「うぅっ…」

まどか「ほむらちゃん…助けたいのに…わたし…何もできないよ…」

まどか「お話もできないなんて…」

まどか「いやだよ…またほむらちゃんと笑いたいよ…」

まどか「ぐすっ…」

キュゥべえ「ほむらを助けようじゃないか」



559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:15:26.31 ID:VNwWZbyiO

まどか「…キュゥべえ」

キュゥべえ「入っていいかい?話があるんだ」

まどか「……」

キュゥべえ「ついさっき、ほむらの様子を見てきたんだ」

まどか「ほむらちゃんを…?」

キュゥべえ「もう限界だよ、このままじゃ完全に壊れてしまう」

キュゥべえ「今のほむらは首のかわ一枚で繋がってる…とでも言うのかな?」

キュゥべえ「今すぐ壊れてもおかしくない状態なんだ」

まどか「そんな…」

キュゥべえ「マミと杏子が助けようとしているけど、あの2人じゃ無理だ」



561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:20:13.88 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「ほむらを救えるのはまどか、君しかいない」

まどか「…」

キュゥべえ「だからまどか、僕と契約して魔法少女に―」

まどか「ダメだよ」

キュゥべえ「…」

まどか「…わたし、わかるもん…ここで契約しちゃダメだって」

まどか「ほむらちゃんがここにいたら、絶対にダメだって言ってくれるって!」

まどか「わたしは魔法少女にならない!なっちゃダメなの!」

キュゥべえ「…どうして?」

まどか「ほむらちゃんを信じてるから…!」



564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:25:15.21 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「君もマミと同じなんだね」

まどか「…」

キュゥべえ「まあ僕も無理にお願いするつもりはないから構わないけどね」

キュゥべえ「でも、このままじゃほむらは壊れちゃうよ」

まどか「っ…」

キュゥべえ「僕の力が必要な時はいつでも呼んでよ」

キュゥべえ「待ってるからね、まどか」

まどか「……」

まどか「わたし…」

まどか「ほむらちゃん…」



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:30:41.77 ID:VNwWZbyiO

ほむホーム

ほむら「…すぅ…すぅ…」

杏子「だ、大丈夫…?ほむらは大丈夫なのか?」

マミ「ええ…録に飲食もしないでこれだけの涙とあせをかけば…」

マミ「仕方のないことよ」

杏子「ほむら…」

マミ「病院に行って入院するのは…」

杏子「グリーフシードを渡せなくなっちまうからなぁ…」

マミ「…ええ、それに本人も行きたがらないわ」

杏子「…あたしらがしっかりしなきゃいけないんだよな…」

マミ「…ええ」



567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:35:25.45 ID:VNwWZbyiO

杏子「ほむら…」ギュッ

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「ずっと側にいてやるからな…絶対にひとりぼっちなんてさせないから…」

杏子「だから元気になってくれよ…」

マミ「…佐倉さん」

杏子「ん…?」

マミ「鹿目さんの家に行ってくるわ、暁美さんのことお願いね」

杏子「…うん、わかった!」

マミ「…」タタッ

ほむら「ま…どか…」

杏子「……大丈夫だ、まどかもほむらも大丈夫だから…!」



569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:45:31.69 ID:VNwWZbyiO

マミ「はっ…はっ…」タタッ

仁美「…」テクテク

マミ「きゃっ?」ドンッ

仁美「うっ?」ドンッ

マミ「いたた…」

仁美「っ…」

マミ「ご、ごめんなさい…急いでいて…」

仁美「い、いえ…私も考え事をしていて…」

マミ「…あら?あなたはたしか…美樹さんのお友だちの…」

仁美「さやかさんの先輩の…」

マミ「こ、こんばんは」

仁美「あ、いえ…こちらこそ…」



572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:51:06.49 ID:VNwWZbyiO

マミ「…ご、ごめんなさい!急いでいるの!」

仁美「は、はい…」

マミ「また何かの機会があれば、一緒にお茶でもしましょう?」

仁美「…ええ」

マミ「それじゃあ…!」タタッ

仁美「さようなら…」

仁美「……巴マミさん、ですよね?」

仁美「あんなに慌てて、いったい何が…?」

仁美「…あちらは、まどかさんのご自宅…」

仁美「……不安ですわ」



575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 13:55:31.69 ID:VNwWZbyiO

仁美「…でも、今はそれより……」

仁美「暁美さん…」

仁美「たしか、暁美さんはこの辺りに住んで…」

仁美「……まどかさんは追い出されて」

仁美「さやかさんは険悪に…」

仁美「…私は……」

仁美「私なんかが力になれるかわかりませんが…」

仁美「やっぱり…私……」

仁美「…!」

仁美「あった…暁美さんのお部屋…!」

仁美「…ど、どうしましょう……」オロオロ



578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:00:22.33 ID:VNwWZbyiO

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「……もう大丈夫かな」

杏子「目を覚まして…また幻聴でも起きたら不味いもんな」

杏子「そろそろ離れなきゃな…」

ほむら「すぅ…すぅ…」

杏子「…でも、ずっと見守ってるからな」

杏子「側に…あたしの気持ちはずっと側にいるからな…」

杏子「ほむら…!」

ほむら「まど…か…」

杏子「……まどかもほむらもあたしが守る」

杏子「だから今はゆっくり眠りなよ?」

杏子「おやすみ、ほむら」



580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:06:26.35 ID:VNwWZbyiO

ガチャッ

仁美「あっ…?」

杏子「ん?」

仁美「え…あ…わ、私は…」

杏子「…ほむらの友だちか?」

仁美「…は、はいっ!」

杏子「そっか、ほむらの見舞いにきてくれたのか」

杏子「ありがとね」

仁美「い、いえ…そんな…」

杏子「でも、ほむらは眠ってるぜ」

仁美「…そうですか」

杏子「学校は同じなんだよね?」

仁美「…ええ」

杏子「なら、ほむらのこと頼むよ」

杏子「あたしは学校には行けないからさ」




581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:10:39.56 ID:VNwWZbyiO

仁美「えっ?」

杏子「…とにかく、ほむらを頼むよ」

仁美「…ですが、私は…」

杏子「ん?」

仁美「私…暁美さんとまだちゃんとお話もしたことがなくて…」

仁美「…暁美さんのお友だちと名乗って良いのか…」

杏子「何言ってんのさ?」

仁美「え?」

杏子「あんたはほむらが心配で見舞いに来てくれたんだろ?」

仁美「は、はい…」



583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:15:12.31 ID:VNwWZbyiO

杏子「友達じゃないやつの見舞いなんて行くわけないよね?」

仁美「そうですけど…」

杏子「ならあんたは、ほむらの友だちじゃん」

仁美「えっ?」

杏子「ほむらがどう思ってんのかわかんないけどさ」

杏子「あんたはほむらを友だちだって思ってるんだ」

杏子「だから、あんたはほむらの友だちなんだよ」

仁美「…!」

杏子「…あたしも同じだよ」

仁美「えっ?」

杏子「ほむらにどう思われてるかわかんねぇ…」



585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:20:34.28 ID:VNwWZbyiO

杏子「今、ほむらが起きてあたしを見たらさ」

杏子「また取り乱すかもしれないんだ…」

仁美「そんな…」

杏子「…でも、それでもあたしはほむらを守る」

杏子「だってほむらは、あたしの仲間」

杏子「あたしの友だちなんだ!」

杏子「例え怖がられても、嫌われても…ほむらを助ける」

杏子「これがあたしの気持ちなんだ」

仁美「…!」

杏子「…あんたも似たようなもんじゃないの?」

仁美「……はい」



586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:25:16.47 ID:VNwWZbyiO

仁美「私も…暁美さんの力になりたい…」

仁美「暁美さんを助けたい…!」

仁美「暁美さんのお友だちになりたいんです!」

杏子「…うん!」

仁美「だから…私…」

杏子「ああ、ほむらのこと頼むぜ」

仁美「…はい!」

杏子「…佐倉杏子だ」スッ

仁美「!」

杏子「よろしくね」ニッ

仁美「はい!」



590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:32:00.93 ID:VNwWZbyiO

仁美「わ、私は…」

仁美「私は、志筑仁美です」

杏子「!」

杏子(そうか…さやかの言ってた…!)

仁美「よろしくお願いします」

杏子「うん!」

杏子(たしかに、もしかすると…仁美なら…)

杏子(…さやか、あんたの考えを信じるぜ)

杏子(仁美には可能性があるってさ!)



592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:35:09.75 ID:VNwWZbyiO

まどホーム

マミ「そう…よかった…」

まどか「わたし、ほむらちゃんを信じてますから…!」

マミ「うん、そうね!」

まどか「…最近、学校であんまり話しかけたりできなかったけど」

まどか「でも…でも明日はほむらちゃんに…!」

マミ「ええ、お願いね」

マミ「…やっぱり、私と佐倉さんだけじゃ…」

マミ「学校では私は…あんまり役に立てないし…」

マミ「鹿目さんと美樹さんが頼りなの」

まどか「はい…!」

まどか(がんばらなきゃ…!)

まどか(ほむらちゃん、わたしがほむらちゃんを助けるから…!)



594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:40:12.76 ID:VNwWZbyiO

さやホーム

さやか「……」

さやか「ほむら…あんたはどうして…」

さやか「何かあるのかも知れないけどさ」

さやか「だからって…なんで…」

さやか「なんであんなことするのよ…!」

さやか「何回まどかを泣かせれば気がすむの?」

さやか「毎日毎日…ほむら、あんたはまどかを…」

さやか「もうこれ以上…まどかの泣くところなんて見たくないよ」

さやか「……」



597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:45:23.10 ID:VNwWZbyiO

翌日

ほむら「…」スタスタ



杏子「ほむら、今日も学校に行くんだな」

マミ「ええ、やっぱり寂しいのよ…」

杏子「…ずっと家にいるわけにはいかないもんな」

マミ「…そうよね、暁美さんは無理をしてまで……」

杏子「マミ、学校…頼んだぞ?」

マミ「ええ、行ってくるわ」

杏子「あたしは魔女を探してくる」

マミ「お願いね…じゃあまた放課後、ここで」

杏子「ああ、またな」



602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:50:08.86 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」スタスタ

ほむら(私は…なぜ毎日学校に行くのかしら…?)

ほむら(まどかに会っても…さやかに会っても…)

ほむら(どうしても幻聴が聞こえてしまう…)

ほむら(まどか達と会うのが怖い…)

ほむら(…でも、まどかと会いたい)

ほむら(寂しい…)

ほむら(だけど怖い…話したくない…)

ほむら(なら…せめて顔だけでも…)





606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 14:55:25.71 ID:VNwWZbyiO

ほむら(……後ろ、マミがつけてるわね)

ほむら(本当はわかってる…毎日、マミと杏子が私を見てるって)

ほむら(それは私を心配してくれてるから…?)

ほむら(私を守るために?だから毎日…)

ほむら(…でも、もしかしたら違うかもしれない)

ほむら(本当は私を…後ろから狙って…)

ほむら(私を…)

ほむら「うぅっ…」

ほむら(ダメよ!被害妄想はやめなさい!)

ほむら(そんなわけないじゃない!)



613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:00:26.43 ID:VNwWZbyiO

ほむら(でも…もしかしたら本当に…)

ほむら(幻聴じゃなくて…本当に言ってて…)

ほむら(みんな…私を嫌ってて…)

ほむら(…そうよね…そうに決まってるわ)

ほむら(私は…今までに何度も何度もあなた達を見殺しにしてきた…)

ほむら(魔女になったあなた達を倒してきた…)

ほむら(まどか以外は見捨てた…)

ほむら(本当は助けることのできた命もあったはずよ…)



614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:05:17.37 ID:VNwWZbyiO

ほむら(それに…まどかすら助けることができなくて…)

ほむら(結局…私は…何度も何度もただあなた達を殺したに過ぎないわ)

ほむら(恨まれて当然よ…)

ほむら(そして私は…もう魔法も武器もない…)

ほむら(ただの役立たずよ…)

ほむら(こんどは私が見捨てられる番なのよ…)

ほむら(当然よ…私はそれだけのことをしてきたのだから…)

ほむら(私は死ぬべきなのよ…)



618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:10:11.24 ID:VNwWZbyiO

ほむら(…でも…死にたくない…)

ほむら(生きたい…)

ほむら(みんなと仲良くしたい…)

ほむら(けど…怖い…捨てられたくない…)

ほむら(なのに…会うとやっぱり怖くて…幻聴が聞こえて…)

ほむら(ううん…幻聴じゃなくて、本当に言ってるのかもしれない…)

ほむら(いや…みんなの優しい言葉が幻聴なのかもしれない…)

ほむら(私は…もう…わかんない…)

ほむら(まどかもさやかもマミも杏子も…みんな信じられない…)



626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:15:17.01 ID:VNwWZbyiO

ほむら(だから…みんなに冷たくするしかないのよ…)

ほむら(嫌われる前に…私から嫌えばいいんだわ…)

ほむら(私は…みんなの顔が見られるならそれでいい…)

ほむら(みんなとの思いでは今までの時間軸で十分よ…)

ほむら(…私は大丈夫…大丈夫よ)

ほむら(一人でも生きていける…)

ほむら(捨てられるくらいなら…最初から一人で…)

ほむら(…友だちなんて…)



629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:20:09.34 ID:VNwWZbyiO

ガララッ

ほむら「……」スタスタ

「あっ、暁美さんおはよー」

「ほむっちおはよっす!」

ほむら「…おはよう」

ほむら(そうよ…まどか達がいなくても…私にだって友だちくらい…)

ほむら(友だちくらい…)

ほむら「うぅ…」

ほむら(違う…クラスメイトと友だちは違うわ…)

ほむら(…私の…友だちは…)

ほむら(まどか…)

ほむら(でも…まどかは……)

まどか『しんじゃえ』

ほむら「っ!?」ビクッ



630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:25:11.63 ID:VNwWZbyiO

「…暁美さん、まただね」

「うん…いっつもビクビクしてるもんね」

「訳聞いても話してくれないし…」

「…雰囲気もすごく変わったよね」

「うん、前はクールでまさに才色兼備って感じだったけど」

「今はただ大人しくて怯えてるだけだもんね」

「…あんまり言うと可哀想だよ」

「あ…そうだね」

ほむら「………」



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:30:22.70 ID:VNwWZbyiO

ガララッ

さやか「おっはよー!」

仁美「おはようございます」

まどか「…み、みんな、おはよう!」

「おはよー」

「今日も仲よし三人組だね」

さやか「あははっ!」

ほむら「……」

ほむら(仲よし三人組…)

ほむら(私も本当は…あの中に…)

ほむら(……でも…)

さやか「…」スタスタ

ほむら「!」

さやか「おはよう、ほむら」



639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:35:20.47 ID:VNwWZbyiO

ほむら(さやか…)

ほむら「…おはよう、美樹さやか」

さやか「……」スッ

ほむら「?」

ほむら(手を…私の頭に…?)

ほむら(叩かれる?)

ほむら「ひっ…」

さやか「…ごみ、ついてたよ」ポイッ

ほむら「えっ…?」

さやか「んじゃ」スタスタ

ほむら「……」



642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:40:29.57 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほ、ほむらちゃん」

ほむら「…鹿目まどか」

まどか「お…おはよう、良い朝だね」ニコッ

ほむら「……そうね」

まどか「ほむらちゃん…その…えと…」

まどか「…えへへ」ニコッ

ほむら(まどか…やっぱり…あなたは…)

ほむら(私の友だち…)

まどか『ほむらちゃんにきぼうなんてないんだよ』

ほむら「…!?」

ほむら「っ…」

まどか「ほむらちゃん?」



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:45:10.43 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…目障りよ、早く立ち去りなさい」

まどか「ぅ…」ジワッ

まどか「で、でもっ…」ウルウル

ほむら「邪魔なのよ…」

さやか「…もういい、行くよ。まどか」

まどか「でもっ!わたし…マミさんと約束したもん!」

まどか「ほむらちゃんを…」

ほむら「私に構わないで」

まどか「っ…」

さやか「まどか、ほら…行こう?」

まどか「ほむら…ちゃん…」

ほむら「……」



645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:50:17.03 ID:VNwWZbyiO

仁美「……」オロオロ

仁美(や、やっぱり…まどかさんも、さやかさんも…)

仁美(わ、私なんかじゃ…どうしようも…)

仁美(でも…昨日…)

―――

ほむら「すぅ…すぅ…」

仁美「暁美さん…」

杏子「ほむら…すっごく弱ってるだろ?」

仁美「は、はい…ですが、学校ではここまで…」

杏子「たぶん…無理して強がってるんだろうね…」

仁美「無理して…」



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 15:55:11.28 ID:VNwWZbyiO

杏子「ああ…たぶん無理矢理、自分を誤魔化してるんだと思う」

杏子「そうでもしなきゃ、簡単に壊れちまうんだよ…きっと…」

仁美「そんな…」

杏子「…あたしも、マミも、さやかもまどかも…」

杏子「みんな、ほむらのこと大切だと思ってるのにさ」

杏子「ほむら本人にはそれが届いてないんだ…」

仁美「ど、どうしてなのですか?」

杏子「わかんねぇ…ただ、ひたすら謝ってくる時があるからさ」

杏子「何かあたし達に罪でも感じてるのかもしれないね」





650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:00:13.68 ID:VNwWZbyiO

杏子「別に何の罪もないのにさ…」

杏子「…むしろ、あたしらは感謝してるってのに」

杏子「どうしてこんな目に合わなくちゃいけないんだろうな…」

仁美「……」

杏子「あたしさ…ほむらが可哀想で仕方がないんだ…」

杏子「できることは全部やるさ、何がなんでも守ってやりたい」

杏子「なのに…何もできないのが悔しいんだよ…」

杏子「ちくしょう…っ!」

仁美「…佐倉さん」

杏子「…でも、あたしらがダメでも」

杏子「仁美…あんたなら、もしかしたら…!」




652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:05:12.47 ID:VNwWZbyiO

―――

仁美「だから…私が…」

キーンコーンカーンコーン

仁美「あっ…」

ほむら「…」

まどか「仁美ちゃん…?」

さやか「早く席つきなよ?」

仁美「…暁美さん……」

ほむら「……」

仁美(ずっと下を向いて…すごく小さく見えますわ…)

仁美(きっと…すごく辛いんでしょうね…)

仁美(…助けたい)

仁美(暁美さんを助けたい…)

仁美(私が……!)



654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:10:25.69 ID:VNwWZbyiO

キーンコーンカーンコーン

仁美(結局お昼休みになってしまいましたわ…)

仁美(あれからも、何度もまどかさんは暁美さんに話しかけたのに…暁美さんは…)

仁美(さやかさんは複雑そうな顔をして…何もできなそうですし…)

仁美(だから…私が…でも、勇気がなくて…)

仁美(あの時みたいに逃げられるのが怖くて…)

仁美(…親友……)

さやか『えへへ、ほむらはあたしの大切な親友だからね!』

仁美(あの時、たしかにさやかさんはこう言いましたわ)



655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:16:22.87 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

ほむら(お弁当…食べなきゃ…)

ほむら(コンビニで買ったものだけどね…)

ほむら(コンビニは私の味方よ…)

ほむら(屋上で食べよう…マミも最近屋上にはいないし…)

ほむら「……」スタスタ

まどか「あ、あのっ…!」

ほむら「…鹿目まどか」

まどか「ほっ…ほむら…ちゃん…ちょっといいかな…?」




656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:20:13.42 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…なにかしら?」

まどか「その、よかったら一緒に…」

まどか「一緒に!…お弁当食べよう?」

ほむら「…」

ほむら(まどか…)

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら(そう言ってくれるのは嬉しいわ…でも、怖いの…)

ほむら(まどかが…みんなが怖くて怖くて仕方がないのよ…)

ほむら(わけわかんないよ…)

ほむら「……断るわ」




659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:25:26.19 ID:VNwWZbyiO

まどか「あっ…」

ほむら「話しはそれだけ?」

ほむら(早く帰って…)

まどか「えと…その…」

ほむら(……冷たく、嫌われるように…)

ほむら「私はあなたに構う暇なんてないの、失礼するわ」

ほむら(ごめんなさい…でも…こうするしか…)

まどか「うっ…」

さやか「ちょっと、ほむら!」

ほむら「…美樹さやか」

ほむら(ひっ…)



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:30:14.99 ID:VNwWZbyiO

さやか「あんた…いっつもそうやって、まどかに冷たくしてさ!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「あたしに冷たくするのは構わないよ?でも、何でまどかにまで?」

ほむら「…」

ほむら(だって…怖いのよ…)

さやか「まどかはいっつも1人でいるあんたを心配して…」

さやか「一番あんたに優しくしてるのにさ!」

ほむら「…!」

ほむら(でも…それは幻かもしれないのよ…?)

まどか「…」

さやか「なのに、何でまどかに一番冷たい態度を取るのさ?」



667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:35:11.27 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら(だって…だって…)

ほむら「…余計なお世話だからよ」

まどか「っ…」

さやか「ほむらっ!」

ほむら「話しは終わり?なら私は失礼するわ」

ほむら(逃げなきゃ…)

まどか「…ほむらちゃん!」

ほむら「…」

まどか「明日…明日は!お弁当作ってくるから…!」

まどか「一緒に食べよう?」

ほむら(…ごめんなさいっ……)

ほむら「……」スタスタ




671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:40:10.84 ID:VNwWZbyiO

まどか「あっ…」

さやか「あー!もぅっ!あったまきた!」

さやか「何よあの態度?信じらんない!」

さやか(なんで…どうしてよ…ほむらっ…?)

まどか「ほむらちゃん…どうして…


仁美「…暁美さん、この数週間で以前より冷たくなってしまいましたわ」

さやか「ほんとよ、ほんと!なんなのさ?」

さやか(なんで?なんであたしに話してくれないの?)

さやか「一緒に手を組んでワルプルギスと戦った時は良いやつだと思ったのにさ…」

さやか(あたし達は仲間じゃなかったの?)



675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:45:26.28 ID:VNwWZbyiO

仁美「ワルプルギス…?」

さやか「え?あ…あはは!何でもないよ、何でも!」

さやか(仁美に魔法少女のことは話せない…)

仁美「ですが…」

さやか「こ、こっちの話…だからね?仁美は気にしないでよ!」

仁美「…はい」

まどか「ほむら…ちゃん…」

さやか「もーいー!ほむらのことなんかほっといて食べよう!」

さやか(ほむらのことなんか…!)

仁美「…そうですわね」

まどか「……」




678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:50:39.77 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほら、まどか…座りなよ?」

まどか「……うん」

仁美「……」

仁美(暁美さん…)

まどか「明日は…明日は4人で食べようね?」

さやか「……うん」

仁美(でも…このままじゃ…)

仁美(……なら)

仁美「…」ガタッ

さやか「ん?仁美、どうしたの?」

仁美「…ちょっとお手洗いに行ってきますわ」

さやか「そっか、わかったよ」

まどか「…ほむらちゃん……」

仁美「…では」



684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 16:55:19.12 ID:VNwWZbyiO

マミ「……」

「マミー、お昼食べようよ」

「こっち、こっち!」

マミ「ふふ、ありがとう。でもごめんね?」

「えー?また用事?」

「最近そればっかじゃーん」

マミ「あはは…ごめんなさい」

「まぁ仕方ないけどさぁ」

「チャイムが鳴る前には帰ってきなよ?」

マミ「うん、わかったわ」

マミ「それじゃ、また後でね」

「うん」

「ばいばーい」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:00:12.93 ID:VNwWZbyiO

マミ「暁美さん…今日は何処でお昼を?」

マミ「毎日場所を変えて人目のないところで食べてるのよね…」

マミ「探さなきゃ…万が一のことがあったらいけないわ」

マミ「取りあえずは…そうね、裏庭から見ていきましょう」

マミ「暁美さん…」タタッ



696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:05:22.46 ID:VNwWZbyiO

屋上

ほむら「っ…」

ほむら「ごめんなさい…ごめんなさいっ…」ポロポロ

ほむら「また…まどかに冷たく当たっちゃった…」

ほむら「まどか…ごめんなさい…」

ほむら「あなたは何も悪くないの…なのに…私は……」

ほむら「っ…ぐすっ……」

ほむら「…もう…死ななきゃ……」

ほむら「私は…生きてちゃダメなんだから……」



700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:10:30.52 ID:VNwWZbyiO

ほむら「もうダメだよ…無理だよ…」

ほむら「私…わたしはっ……」

ほむら「わたしっ…おかしくなっちゃったんだもん…」

ほむら「何も信じられない…」

ほむら「鹿目さんも…美樹さんも…巴さんも…佐倉さんも…」

ほむら「そして…わたしも…」

ほむら「ダメ…怖い…」

ほむら「…捨てられたくない…」

ほむら「魔女になりたくないっ…」



703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:15:21.99 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「みんなを見殺しにしてごめんなさい…」

ほむら「みんなを…助けられなくて…」

ほむら「助けるのを諦めてごめんなさいっ…」

ほむら「………」

ほむら「…屋上……」

ほむら「この…高さなら…痛くないのかな…」

ほむら「一瞬なのかな…」

ほむら「楽になれるのかな…」

ほむら「みんなに…許してもらえるのかな…」

ほむら「…これで…わたしは……」

「待って!」



708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:20:11.23 ID:VNwWZbyiO

ほむら「え……」

キュゥべえ「早まるのはよくないよ、暁美ほむら」

ほむら「キュゥべえ…」

キュゥべえ「ここから落ちても、ソウルジェムが無事な限り君は不死身だよ」

ほむら「っ…」

キュゥべえ「君はソウルジェムの秘密をしっているはずなのに、忘れちゃったのかな?」

ほむら「なら…ソウルジェムを割るわ…」

キュゥべえ「無理だね、今の君にはそれはできないと思うな」

ほむら「なんで…」

キュゥべえ「怖くてできないだろう?」



709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:25:10.54 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

キュゥべえ「今の君はとても弱い、こんなに弱っている魔法少女を見るのは初めてだ」

キュゥべえ「普通ならとっくに魔女になってるからね」

ほむら「魔女…」

キュゥべえ「でも、どうして君が魔女にならないのか知ってるのかな?」

ほむら「…目が覚めたら、いつも綺麗になってて…」

キュゥべえ「だろうね、だって毎日マミと杏子がグリーフシードを使っているからね」

ほむら「え…」

キュゥべえ「それに気づかないなんて、本当に弱っているようだね」



712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:30:13.93 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……!」

キュゥべえ「君はいろいろと勘違いが多いようだね」

ほむら「…勘違い…?」

キュゥべえ「そうだよ、僕が君に伝えたのは君の魔法が使えなくなった」

キュゥべえ「これだけなんだ」

ほむら「……」

キュゥべえ「そうしたら、君はみんなの足手纏いになるんじゃないかって思ったんだ」

キュゥべえ「そして、みんなに捨てられると思った」

キュゥべえ「魔法と武器のない君は用済みだと思い込んだんだ」



717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:35:18.82 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「違うかい?」

ほむら「…ううん、そうだよ…」

ほむら「だって…そうでしょ…魔法も武器もないわたしなんて…」

ほむら「何の役にも立たない…ただの足手纏いだもん…」

キュゥべえ「でもそれは君の思い込みだよ」

ほむら「え?」

キュゥべえ「マミも杏子もさやかも全くそんなことは思ってないよ」

キュゥべえ「君を大切な仲間だと思っていたよ」

ほむら「…!」



720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:40:22.26 ID:VNwWZbyiO

ほむら「じゃあ…本当は…」

キュゥべえ「うん、みんな君のことを大切にするつもりでいたんだよ」

ほむら「ほんと…?」

キュゥべえ「僕は嘘をつかないよ」

ほむら「キュゥべえ…」

キュゥべえ「次は…そうだね、君の罪の意識かな」

ほむら「…?」

キュゥべえ「暁美ほむら、君はもともとこの時間軸の人間じゃないよね?」

ほむら「……うん」

キュゥべえ「やっぱりね」

キュゥべえ「君は時間を何度も繰り返してきたようだ」



723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:45:56.87 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

キュゥべえ「その繰り返してきた時間の中でまどか達が死ぬところを何度も見てきたようだね」

ほむら「……」コクッ

キュゥべえ「そしてその都度救えなかった命に罪を感じていた」

キュゥべえ「不安で仕方なかったんだろう?」

ほむら「……」コクッ

キュゥべえ「…でも、君はようやくこの世界でみんなを救えたんじゃないか」

ほむら「…!」

キュゥべえ「君は今まで守れなかった命を守ったんだよ」




727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:50:23.35 ID:VNwWZbyiO

ほむら「わたしが…守った…」

キュゥべえ「そうだよ」

ほむら「わたしが…みんなを…鹿目さんを…」

キュゥべえ「守ったんだ」

ほむら「…!」

キュゥべえ「それに、君はみんなから凄く慕われていたようだね」

キュゥべえ「まどかもさやかもマミも杏子もみんな、君を大切にしていた」

キュゥべえ「君を守っていた、助けようとしていた」

ほむら「でも…それは…」

キュゥべえ「幻じゃないよ、本当のことなんだ」




729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 17:55:12.61 ID:VNwWZbyiO

ほむら「本当の…こと…」

キュゥべえ「うん、そうだよ」

キュゥべえ「まどかは君のために毎日泣きながら頑張ってたよ」

キュゥべえ「さやかはまどかを庇いながらも、君のことも大切に考えていた」

キュゥべえ「マミと杏子は2人でかなりの時間、君を見守っていた」

キュゥべえ「みんな、君のことを思っていたんだよ」

ほむら「みんな…」

ほむら「なら…わたし…わたしは…ひとりぼっちじゃ…」

キュゥべえ「うん、君はひとりぼっちじゃなかった」

ほむら「…!」パァッ

キュゥべえ「でも、それは過去の話だ」



739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:00:13.45 ID:VNwWZbyiO

ほむら「えっ…」

キュゥべえ「たしかに君はみんなから慕われていた」

キュゥべえ「君の側にはいつも誰かがいた」

ほむら「…」

キュゥべえ「でも今はどうかな?」

ほむら「ぁ…」

キュゥべえ「まどかも、さやかも、マミも、杏子もいない」

キュゥべえ「いるのは僕だけだ」

ほむら「っ…」

キュゥべえ「君は本当はひとりぼっちじゃなかった」

キュゥべえ「でも結果は違ったね、今の君はひとりぼっちだ」

ほむら「…」



747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:05:32.73 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「君をひとりぼっちにしたのは他の誰でもない」

キュゥべえ「暁美ほむら、君自身だよ」

ほむら「ぁ…」

キュゥべえ「君が自らみんなとの交流を拒んだ」

キュゥべえ「君がみんなを否定して、孤立したんだ」

ほむら「はっ…はっ…」

キュゥべえ「君は捨てられたんじゃない」

キュゥべえ「君がみんなを捨てたんだ」

ほむら「あ…ぁ…」

キュゥべえ「君が自分で希望を捨てたんだよ」




754: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:10:39.02 ID:VNwWZbyiO

まどか『ほむらちゃんにきぼうなんてないんだよ』

ほむら「ち…が…」

キュゥべえ「君に残ったのは絶望だけだね」

まどか『はやくぜつぼうしちゃいなよ』

ほむら「かな…め…さ…」

キュゥべえ「また幻を見ているようだね」

キュゥべえ「もう魔女になる直前かな」

まどか『いきててもくるしいだけだよ』

ほむら「あ…あぁ…」

キュゥべえ「まどかほどじゃないけれど、君のおかげでノルマに近づけそうだ」

キュゥべえ「ありがとう暁美ほむら」

キュゥべえ「そしてさようなら」



764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:16:38.32 ID:VNwWZbyiO

ほむら「わたしは…」

まどか『ほむらちゃんがみんなをうらぎったんだよ?』

ほむら「うらぎ…って…」

まどか『ほむらちゃんがわたしをかなしませたの』

ほむら「かなめさん…」

まどか『ほむらちゃんのおばか』

ほむら「あぁ…っ…」

まどか『だいきらい』

ほむら「わ…わたし…」

ほむら「わたしって…」

ほむら「わたしってほんとばか」
パシンッ



770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:21:02.15 ID:VNwWZbyiO

マミ「…!?」

マミ「この反応は…?」

マミ「うそ…でしょ…?」

マミ「魔女……?」

マミ「そ、そんな?どうして?」

マミ「どうしてこんなことが?」

マミ「なんで?嫌よっ!」

マミ「嫌ぁぁぁぁぁぁっ!」



776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:25:08.57 ID:VNwWZbyiO

さやか「…!」

まどか「ほむらちゃん…」

さやか「…この感じ…間違いないね」

まどか「さやかちゃん?どうしたの?」

さやか「近くに魔女が出た」

まどか「えっ?」

さやか「ごめん!ちょっと行ってくる!」タタッ

まどか「さやかちゃんっ!」





782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:30:44.64 ID:VNwWZbyiO

結界

杏子「っと…ほむらのグリーフシード回収しなきゃな」

魔女『―――』

杏子「そんなに時間はないんだ、さっさとケリつけてやるよ!」

杏子「いくぞっ!」

杏子「でりゃぁぁっ!」

―――

カランッ

杏子「よし、グリーフシード…!」

杏子「ほむら…」

マミ「…佐倉…さん…?」

杏子「マミ?ど、どうしたんだよ?真っ青じゃねぇか!」



785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:35:41.95 ID:VNwWZbyiO

マミ「魔女…は…?」

杏子「え?倒したけど?」

マミ「なんで…」

杏子「へ?」

マミ「なんで倒したのよ!?」

杏子「なんでって…ほむらのグリーフシードを…」

マミ「暁美さんのグリーフシード!?」

杏子「う、うん…」

マミ「そんな…他に方法はあったはずよ…」

マミ「暁美さん…」ポロポロ

杏子「マミ…?」



さやか「あれ?マミさんと杏子じゃん」



792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:40:14.54 ID:VNwWZbyiO

さやか「先客がいたか…」

さやか(グリーフシード取れたらほむらにあげるつもりだったけど)

さやか(ま、マミさんと杏子なら結果は同じか)

マミ「暁美さぁん…」ポロポロ

杏子「お、おい…」

さやか「ん?」

さやか(なんでマミさん泣いてるんだろ?)

マミ「暁美さん…こんな姿になってしまって…」

杏子「…え?」

さやか(グリーフシード?ほむらが?)



800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:45:03.07 ID:VNwWZbyiO

マミ「暁美さん…」

杏子「ちょ…おい!何言ってんのさ?」

さやか「マミさん、それって―」

マミ「だってそうでしょ!?ソウルジェムが魔女を生むのよ!?」

杏子「……」

さやか「…え?」

さやか(ソウルジェムが…魔女を…)

マミ「なら…このグリーフシードはもともとは暁美さんなのよ!」

さやか「!?」

さやか(え?え?え?)



810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:50:27.04 ID:VNwWZbyiO

さやか「じゃあ…あたしも…魔女になるの…?」

杏子「な…さやか!?」

マミ「そうよ…だから暁美さんは…」

さやか「あ…あぁっ…」

杏子「…っ!」

さやか「そんな…嘘よ…なんで…?」

さやか「聞いてない…聞いてないよ…」

さやか「うそでしょ?マミさんっ!?」

マミ「うそだったらこんなに悲しむわけないでしょ!?」

杏子「………」



816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 18:55:18.04 ID:VNwWZbyiO

杏子「おちつけっ!」

マミ「でもっ…」

さやか「だって!」

杏子「あたしが倒した魔女はほむらじゃねぇ!」

マミ「……え?」

さやか「ほむらじゃない…?」

杏子「当たり前だろ?あたしがほむらを倒すわけないじゃねぇか!」

マミ「でも…」

杏子「そもそも、魔力のパターンがほむらとは全然違う!」

さやか「なら…」

杏子「ほむらはまだ魔女化してない!」

杏子「最期までほむらを信じなっ!」



825: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:00:35.84 ID:VNwWZbyiO

パシンッ

ほむら「……!」

仁美「暁美さんっ…!」

ほむら「はなして…」

仁美「嫌です…死んでも離しません!」

ほむら「はなしてっ…」

仁美「離したら…暁美さんは落ちてしまいます…」

仁美「絶対…絶対に離しません…!」

仁美「私がっ!暁美さんを助ける…!」

仁美「絶対に!」

ほむら「志筑さん…」



838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:05:55.29 ID:VNwWZbyiO

仁美「暁美さんは…みんなの大切なお友だちです…!」

ほむら「…!」

仁美「まどかさんも、さやかさんも…クラスのみんなも!」

仁美「それに佐倉さん達だって…!」

仁美「そして私も…っ!」

ほむら「でも…それは過去の…」

仁美「今もずっと暁美さんを大切にしてます!」

仁美「みんな、暁美さんが大好きですわ!」

ほむら「暁美さんが必要ですの!」



852: >>838幻覚 2012/05/18(金) 19:11:38.37 ID:VNwWZbyiO

ほむら「わたしが…必要…?」

仁美「はいっ!みんな、みんな…暁美さんを待っています!」

仁美「だから…お願い!」

仁美「死なないで…!」

ほむら「……」

仁美「ほむらさんっ!」

ほむら「志筑さん…」

仁美「だからっ…!」

ほむら「……うん」ギュッ

仁美「ほむらさん…!」



862: 尺が足りない可能性がある…ちょっとだけレスは控えてほしいなって 2012/05/18(金) 19:16:50.23 ID:VNwWZbyiO

―――

仁美「はぁっ…はぁっ…」

ほむら「…ありがとう」

仁美「ふふっ…い、いえ…こちらこそ…」

ほむら「…あなたのおかげで助かった……」

仁美「えへへ…はい!」

ほむら「……わたし、魔女になるのが嫌で…」

仁美「…魔女?」

ほむら「魔女化する前に…ソウルジェムごと飛び降りようとしたの」

仁美「…?」

ほむら「わたしは…ばかだから…」

仁美「…ほむらさん」ギュッ



865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:25:42.72 ID:VNwWZbyiO

ほむら「志筑さん…」

仁美「魔女やソウルジェム…はよくわかりませんが」

仁美「ほむらさんは決してばかなんかじゃありません」

ほむら「……」

仁美「ほむらさん、みなさんがあなたをどれだけ思っているのかわかりますか?」

ほむら「……」

仁美「みなさん、本当にほむらさんのことが好きなのですよ?」

ほむら「わたしのことが…」

仁美「はい!そうですわ」

ほむら「……」

仁美「ほむらさんは私たちに必要なんです、あなたがいなくなったら…」

仁美「私たちは…」



869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:30:10.47 ID:VNwWZbyiO

ほむら「……」

仁美「何か悩みがあるのはわかります」

仁美「ほむらさん…私でよければ、話してください」

仁美「あなたの悩みを…あなたのことを…」

仁美「私、できることは全部やります!」

仁美「私にだって、きっと…できることはあるはず!」

仁美「だから…!」

ほむら「志筑さん…」

仁美「ほむらさん」ニコッ

ほむら「…うん、話すね」

ほむら「わたしのことを―」



872: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:35:28.97 ID:VNwWZbyiO

杏子「どうだい?少しは落ち着いたか?」

マミ「…ええ」

さやか「うん…」

杏子「そっか、わかった」

マミ「取り乱してしまってごめんなさい…」

マミ「私…てっきり…暁美さんが魔女になってしまったのかなって…」

マミ「本当にごめんなさい…」

杏子「…まぁ、場所とタイミングがあれだったし…仕方ないよ」

マミ「うん…」

さやか「マミさん…」

マミ「…それに美樹さんも…ごめんなさい…」



874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:40:23.58 ID:VNwWZbyiO

さやか「……」

マミ「ソウルジェムのこと…魔女のこと…私たち魔法少女のことを…」

マミ「そして暁美さんのことを…」

マミ「黙っていてごめんなさい…」

さやか「……うん、たしかに黙ってたのは酷いと思う」

杏子「さやか…」

さやか「だって!だってさ…あたしも仲間なんだよ?」

さやか「あたしも魔法少女…そして、ほむらの友だちなんだよ!」

さやか「なのに…なんで除け者にしたのよ…」

さやか「あたしだって…本当はほむらの力になりたかったをだから…」



875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:45:29.19 ID:VNwWZbyiO

マミ「そうよね…本当にごめんなさい…」

さやか「…でも、今からでも知ることができてよかったよ」

さやか「…あたし、決めたよ!」

さやか「ソウルジェムが…絶望が魔女を生むならさ」

さやか「あたしは希望を生む魔法少女になる!」

さやか「ほむらと…みんなと一緒に明るい夢を叶えてみせる!」

さやか「夢も希望もあるんだよ!」

杏子「さやか…!」

さやか「だからさ、絶対に魔女になんてなるもんか!」



877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:51:22.11 ID:VNwWZbyiO

さやか「そして誰も魔女なんかにさせるもんか!」

さやか「あたしは…あたし達は魔法少女なんだよ」

さやか「魔女なんかじゃない…魔法少女なのよ」

さやか「あたしも、杏子も、マミさんも…そして、ほむらも!」

杏子「ああ、さやかの言う通りだ」

杏子「あたし達は夢と希望を生む魔法少女になるんだ!」

杏子「そうだろ?マミ!」

マミ「…ええ、そうね」

マミ「私たちが夢と希望を叶えるのよ!」

マミ「そして、暁美さんを助けるの!」



878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:56:12.63 ID:VNwWZbyiO

杏子「ああ!」

さやか「さっ、行こうよ」

マミ「暁美さんのもとへ!」

さやか「ほむらが幻覚を見るなら目を覚まさせてあげなきゃ」

杏子「うん、幻なんて…信じるものじゃねぇ」

杏子「本物を…本当のあたし達をほむらに伝えるんだ」

杏子「こんどこそ…絶対に!」

マミ「ええ!」

さやか「よし、行こっ!」





879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:00:07.64 ID:VNwWZbyiO

仁美「ほむらさんが…魔法少女…?」

仁美「そして…何度も時間を繰り返して…」

ほむら「…うん」

仁美「そう…ですか…」

ほむら「ごめんね?わけわかんないよね…」

仁美「…いえ、そんなことありませんわ」

ほむら「えっ?」

仁美「ほむらさん…ずっと頑張ってきたのですね…」

ほむら「志筑さん…」

仁美「そして、やっとその魔女を倒したのに…こんどは幻覚を…」

ほむら「…うん」





884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:05:42.98 ID:VNwWZbyiO

ほむら「わたし…もう何がなんだかわからなくて…」

ほむら「みんなが…まどかが怖くて仕方がなかったのよ…」

仁美「ほむらさん…」

ほむら「何が幻覚で…何が本物のなのかわかんなくて…」

ほむら「何を信じればいいのか…ぜんぶわかんなくって…」

ほむら「…でも、それは全部わたしの思い違いで…」

ほむら「本当はみんな優しくて…わたしを守ってくれてたのに…」

ほむら「それをわたしは拒んで…」

ほむら「わたしって…ほんとばか…」

仁美「そんなこ―」

「あなたはばかじゃないよ」

「ほむらちゃん」



885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:10:40.70 ID:VNwWZbyiO

ほむら「っ…また幻聴…?」

まどか「幻聴なんかじゃないよ…」

まどか「わたしだよっ!まどかだよ?」

ほむら「鹿目さん…」

仁美「まどかさん…!」

まどか「ほむらちゃん…そんな悲しいこと言わないで?」

ほむら「鹿目さん…でもっ…ダメなの…」

ほむら「今目の前にいるあなたも…もしかしたら幻かもしれないのよ…?」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「わたしは…何を信じればいいの…?」

まどか「ほむらちゃん!」ダキッ



888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:15:33.15 ID:VNwWZbyiO

ほむら「あっ…」

まどか「ねえ、ほむらちゃん…わたしがわかる?」

ほむら「……」

まどか「わたしね?すっごくほむらちゃんを感じてるの」

まどか「ほむらちゃんの温もり、ほむらちゃんの匂い」

まどか「ほむらちゃんの髪、ほむらちゃんの息…」

まどか「ぜんぶ、ぜんぶがわかるの!」

まどか「夢でも幻でもなんでもない…本物の…本当の」

まどか「ほむらちゃんなの!」

ほむら「ま…どか…」



893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:21:54.93 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…」

ほむら「まどかっ…!」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…うん、わかるよ…!」

ほむら「あなたはまどか…まどかよ」

まどか「うんっ」

ほむら「まどかっ…!」ギュッ

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「えへへ、よかった」

仁美「ふふっ、そうですわね」

ほむら「……」

まどか「ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「……」

まどか「……ほむらちゃん?」



896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:27:40.85 ID:VNwWZbyiO

ほむら「すぅ…すぅ…」

仁美「ふふ、眠ってしまいましたね」

まどか「ほむらちゃん…!」

仁美「きっと、安心して緊張の糸が途切れたんですわ」

まどか「うん。えへへ、そうみたいだね」

仁美「…もうすぐお昼休みが終わりますわ」

まどか「そっか…でも、ほむらちゃんが…」

仁美「…先生には私から話しておきますから、まどかさんはここで。ね?」

まどか「えへへ、ありがとう。仁美ちゃん」



897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:32:19.94 ID:VNwWZbyiO

仁美「いえ、それに…」

まどか「それに?」

仁美「ふふっ、まどかさんには内緒です」

まどか「えー?なんで?気になるよぉ」

仁美「ほむらさんに抱きついたままじゃわからないことです」ニコニコ

まどか「えぇ?なになに?わかんないよ?」

まどか「ほむらちゃんを起こすわけにはいかないし…」

仁美「うふふ。とにかく、まどかさんはほむらさんと2人仲良くしていてくださいね」

仁美「ごきげんよう」

まどか「ひ、仁美ちゃんっ!」



898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:38:26.82 ID:VNwWZbyiO

仁美「ふふっ」

仁美(あの幸せそうな、ほむらさんの顔…素敵ですわ)

仁美(昨日の寝顔は…まるで…今にも死んでしまいそうな…)

仁美(とても苦しそうな表情でした…)

仁美(でも、今の表情は安らかで)

仁美(本当に安心してるのでしょうね)

仁美(まどかさんに包まれて、とても幸せそうですもの)

仁美(それに、2人の邪魔はできませんしね)

仁美「うふふっ」ニコニコ



902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:42:54.73 ID:VNwWZbyiO

ほむら「すやすや」

まどか「ほむらちゃん…」ギュッ

まどか「よかった…ほんとうによかったよ…」ウルウル

まどか「わたし…ほんとうにほむらちゃんが心配で…」

まどか「ちょっとでも触ったら壊れちゃいそうなくらい…ほむらちゃんが弱ってて…」

まどか「ほむらちゃんのことが心配で心配でしかたがなかったの…」

まどか「わたしは何を言われても大丈夫だよ…?」

まどか「わたしの悲しみなんて、ほむらちゃんに比べたら、ちっちゃいことだもん」



908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:48:17.45 ID:VNwWZbyiO

まどか「でも…ほむらちゃんは…」

まどか「ほむらちゃんのことを考えたら…わたし…涙が止まらなくって…」

まどか「だんだん壊れていくのが…わたしでもすぐわかって…」

まどか「どうして、ほむらちゃんがあんな目に合わなきゃいけなかったのかな?」

まどか「酷いよ…あんまりだよ…」

まどか「…でも」

まどか「今はこうして、ほむらちゃんを感じることができるのが」

まどか「すっごく嬉しいの」





910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:51:09.41 ID:VNwWZbyiO

ほむら「すやすや」

まどか「それに、実はわたし…」

まどか「ほむらちゃん…聞こえてないよね?」

まどか「えへへ…聞こえてたら恥ずかしくて言えないもん」

まどか「でも、今は眠ってるし…他に誰もいないから言うね?」

まどか「ほむらちゃん…あのね?」

まどか「わたし…ほむらちゃん、あなたのことがね」

まどか「好きなの」



918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 20:58:07.46 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむらちゃんが転校してくる少し前からね?あなたの夢を見ていたの」

まどか「最初はわたしがあなたを助ける夢」

まどか「次に2人で魔女をやっつける夢」

まどか「マミさんと一緒にケーキを食べる夢」

まどか「さやかちゃんと一緒に遊びに行く夢」

まどか「杏子ちゃんと一緒にぬいぐるみを取る夢」

まどか「…どの夢もみんな、ほむらちゃん…あなたとわたしは一緒だったの」

まどか「夢の中だけ出逢えるわたしの恋人」

まどか「ほむらちゃん」



921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:02:01.80 ID:VNwWZbyiO

まどか「そして…ほむらちゃんが本当に転校してきて」

まどか「本物のほむらちゃんと出逢えて、わたし…ほんとうに嬉しかったの」

まどか「でも…夢の中のほむらちゃんと違って…本物のあなたは冷たくて…」

まどか「だから、わたし…最初はショックだったんだ」

まどか「夢の中と本物のほむらちゃんは違う人だって思ったから…」

まどか「…でも、やっぱりそれは間違いだったってわかったんだ」

まどか「やっぱり、ほむらちゃんはほむらちゃんだったの」



924: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:06:26.90 ID:VNwWZbyiO

まどか「だから、わたし…ほむらちゃんを信用できた」

まどか「魔法少女にもならないって約束できた」

まどか「…わたしだけ、魔法少女じゃないのは今も悪いって思うこともあるけど」

まどか「でも、やっぱり魔法少女にはならないよ」

まどか「わたしはほむらちゃんを信じてるから…!」

まどか「…そして、みんながワルプルギスをやっつけた時はほんとうに嬉しくて」

まどか「わたしにできることは全部やろうって思ったんだ」

まどか「今度はわたしがお返しする番だもん」



925: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:11:26.13 ID:VNwWZbyiO

まどか「なのに…ほむらちゃんが壊れちゃって…」

まどか「すっごく嫌だったんだよ?」

まどか「涙が止まらなくって…わたしがほむらちゃんの代わりになれればなって」

まどか「いろいろ考えたけど、結局…何もできなくって…」

まどか「でも…今はこうして…!」

ほむら「すやすや」

まどか「ほむらちゃん…!」

まどか「…よ、よーし!」

まどか「えへへ、わたしの…」

まどか「わたしの初めての―」



931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:15:29.29 ID:VNwWZbyiO

さやか「後は屋上だけだね」

マミ「ええ…教室にも居なかったものね」

杏子「そういや授業始まってたね」

さやか「もう授業なんてどうでもいいよ!早く探さなきゃ!」

マミ「うん…何もなければいいんだけど…」

さやか「ついた!屋上…!」

杏子「ほむら…」

杏子「わわわっ?」

さやか「杏子?何かあったの?」

マミ「!?」



932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:21:04.95 ID:VNwWZbyiO

まどか「すやすや」

ほむら「すやすや」

さやか「oh...」

マミ「まぁ…!ふふっ。あらあら、どんなシチュエーションなのかしら?」

杏子「み、見てるこっちが恥ずかしくなるっつーの…」

さやか「madoka is lavu homura」

マミ「み、美樹さん…」

杏子「…でも、この様子なら大丈夫そうだね」

マミ「うん、そうだわ。間違いないわね」



938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:25:38.40 ID:VNwWZbyiO

さやか「いやぁー…いつの間にこんなことに…」

さやか「あたしらがいない間に何があったんだろ?」

杏子「よくわかんねーけどさ、Happy endってやつだね!」

マミ「うん…よかった…」

マミ「本当によかった…!」

さやか「…うん!」

杏子「ああ、2人とも幸せそうな顔してさ」

マミ「ふふっ」

まどか「ほむらちゃん…」スヤスヤ

ほむら「まどか…」スヤスヤ



943: >>1000まで行きたいと思ってる 2012/05/18(金) 21:30:09.55 ID:VNwWZbyiO

ほむホーム

まどか「はい、ほむらちゃん。オムライスだよ」

ほむら「ありがとう、まどか…!」

まどか「えへへ、どういたしまして!」

ほむら「食べてもいい?」

まどか「もちろん!ほむらちゃんの為に作った特性オムライス」

まどか「ホムライスだもん!」

ほむら「ふふっ、おかしな名前ね」

まどか「てぃひひっ!」

ほむら「いただきます…!」

まどか「召し上がれ!」



958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:35:08.19 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「……」

キュゥべえ「わけがわからないよ」

キュゥべえ「どうしてあの状態からこんなことに…」

キュゥべえ「あり得ないよ…僕の想像を越えるほどのものが」

キュゥべえ「ほむらにはあったとでも言うのかい?」

キュゥべえ「ほむらはひとりじゃ…」

マミ「簡単なことよ」

キュゥべえ「…マミ」

杏子「ほむらはひとりじゃなかった、これだけのことだろ?」

さやか「何もかもあんたの思い通りにはならないってことだよ」



967: 終わってない、レス控えてください 2012/05/18(金) 21:40:50.73 ID:VNwWZbyiO

キュゥべえ「…そうかい」

マミ「今から暁美さんの家に行くわ」

杏子「お前もくるか?いろいろやりたいことあるしさ」

さやか「そうだね」

キュゥべえ「いや、遠慮しておくよ」

キュゥべえ「僕はもう見滝原には用はないかな…4人も魔法少女がいるしね」

キュゥべえ「僕は新しい魔法少女を探しにでもいくよ」

マミ「…そう、たまには遊びに来てね。ケーキくらいご馳走するわ」

キュゥべえ「ありがとう、マミ…れじゃ、さようなら」

さやか「さよならー」

杏子「…じゃあな」



969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:44:54.90 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ごちそうさま」

まどか「どう?美味しかったかな?」

ほむら「ええ、すごく美味しかったわ」ニコッ

まどか「えへへ、やったぁ!」

ほむら「ふふっ」

ピンポーン

まどか「!」

ほむら「マミたちが来たわね」

まどか「うん…ほむらちゃんのこと、全部話すんだよね?」

ほむら「…ええ、まだ仁美にしか話していないことよ」

まどか「仁美ちゃんには話したんだ…そっか、あの時は仁美ちゃんのおかげで…」

ほむら「ええ、仁美には感謝しているわ」



972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:48:46.12 ID:VNwWZbyiO

―――

ほむら「みんな…わたしの話を聞いて欲しいの…いいかしら?」

さやか「もちろん!そのつもりで来たからね」

マミ「私たちは暁美さんを最期まで信じるって決めたわ」

杏子「だから大丈夫だよ、心配無用さ」

ほむら「みんな…!」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「ええ、話すわ…私が…おかしくなった訳を…

ほむら「そして、私の過去を」

ほむら「…私は―」



975: >>990くらいに終わるかな 2012/05/18(金) 21:53:58.38 ID:VNwWZbyiO

―――

まどか「……」ポロポロ

マミ「なるほど…ね」

杏子「ほむら…」

さやか「ほむらはまどかを救うために時を越えてやってきた」

さやか「そして何度も時間を繰り返してきて、何度もあたし達の死ぬところを見てきた」

さやか「そのことに罪を感じて…そして幻聴が聞こえて…」

ほむら「…ええ」

さやか「…だからあの時あたしに謝ってきたんだね…やっぱり幻聴だったんだ」

ほむら「…」コクッ



981: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 21:59:10.45 ID:VNwWZbyiO

ほむら「私は…さやか、マミ、杏子を見殺しにしてきた…でも、ほんとは助けたかったのよ…」

ほむら「でも、私はみんなを助けられるほど強くなかった…」

ほむら「ううん…私が弱いから…何度も何度もあなた達を助けられなくって…」

ほむら「だから…私…」

さやか「そのことに責任感じてるんだ?」

ほむら「うん…みんな…ほんとうにごめんなさい…」

ほむら「許してとは言わない…でも、わかって欲しいの…」

マミ「暁美さん、頭を上げて?」

杏子「なーに謝ってんのさ?むしろあたしらは感謝してるぜ?なぁ?」

さやか「うんっ!」



993: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:03:24.12 ID:VNwWZbyiO

ほむら「え…?」

まどか「ほむらちゃん、わたしも、さやかちゃんも、マミさんも、杏子ちゃんも」

まどか「みんな、ほむらちゃんに感謝してるんだよ?」

ほむら「なんで…?だって、私はみんなを…」

マミ「暁美さんが今までずっと頑張ってきたから、こうやってみんなを助けることができたの」

杏子「ほむらがいなけりゃ、あたしらは今こうして一緒にいることはできなかっただろうね」

さやか「あたしらはさ、ほむらが好きなんだよ」

まどか「ありのままのほむらちゃんがね」ニコッ

ほむら「ありのままの私」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:17:06.44 ID:VNwWZbyiO

ほむら「まどか…ありのままの私って…どういう意味なの?」

まどか「そのままだよ?」

ほむら「えっ?」

マミ「暁美さん、私たちはほんとうにあなたに感謝しているの」

ほむら「私に感謝…?どうして…?」

杏子「言ったろ?ほむらのおかげであたしらはここにいるってさ」

ほむら「で、でも…」

さやか「ほむら…あんたはあたし達を見殺しにしたって思ってるのかもしれないけどさ」

ほむら「……」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:24:24.20 ID:VNwWZbyiO

さやか「でもさ、それは違うと思うんだよね」

杏子「ああ、あたしもそう思う」

ほむら「どういうこと…?」

マミ「暁美さん、あなたの考えはこうよね?」

マミ「今まで何度も繰り返してきて、その都度…私たちを死ぬところを見てきた」

ほむら「…ええ」

マミ「その中にはたしかに、救える命はあったのかもしれないわ」

ほむら「…」

マミ「でも、いくら救えなかったとは言え…それは見殺しじゃないわ」




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:31:58.05 ID:VNwWZbyiO

ほむら「それは…」

さやか「ほむらは難しく考えすぎなんだよ」

さやか「もっと楽に考えなって」

ほむら「さやか…」

さやか「前の時間じゃあたし達を助けられなかったのかもしれないけどさ」

さやか「今、ここにいるあたし達をほむらは救ったんだよ!」

ほむら「…それは…そうだけど……」

さやか「それに、ほむらが時間を巻き戻さなかったらさ」

さやか「…きっと…あたし達は死んだままだったんだよ?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:36:07.38 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…!」

マミ「そうね…私たちは暁美さんが時間を巻き戻すことで救われてきたのよ」

杏子「ほむらはさ、あたしらを見殺しにしたんじゃない」

杏子「あたしらを救えなかったんじゃない」

杏子「ほむらは、あたしらを助けてくれたんだよ」

ほむら「助けた…」

さやか「そうそう、ほむらは殺したんじゃなくて、逆に生き返らせてくれたんだよ!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:45:03.03 ID:VNwWZbyiO

ほむら「…!」

さやか「だからさ、あたし達はぜんっぜん、ほむらは悪くないと思うよ」

マミ「暁美さん、誰もあなたを責めたりなんてしないわ」

杏子「だから気にするなよ、なっ?」

杏子「ほむらは、あたし達の大切な仲間だ」

杏子「そしてほむらも、あたし達を助けてくれた」

杏子「だから、あたしは大切な仲間に感謝してるんだ」

杏子「他の誰でもない、ほむらにさ!」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:49:53.47 ID:VNwWZbyiO

杏子「へへっ。ほむら、ありがとな!」

ほむら「杏子…!」

マミ「暁美さん、今まで本当にありがとう」

マミ「そして、これからもよろしくね?」ニコッ

ほむら「マミ…!」

さやか「…ほむら、あの時は叩いてごめん」

さやか「あの時はさ…まどかの気持ちを考えるとどうしても…」

さやか「だってさ、まどかはあんたのことが…」

まどか「まっ、待ってよ!さやかちゃん!」

ほむら「?」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:55:27.02 ID:VNwWZbyiO

さやか「はは、はいはい!自分で言うんだもんね!」

まどか「う、うん…」

ほむら「まどか…?」

さやか「…とにかく、あの時はほんとにごめん」

ほむら「…さやか」

さやか「だから、その分!恩返しするよ!」

ほむら「恩返しだなんて…そんな…」

さやか「恩返しは、なんとぉ…!」

さやか「じゃじゃーん!さやかちゃんでーす!」

ほむら「えっ?」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:59:30.62 ID:VNwWZbyiO

さやか「ほむらはあたしの親友になるのだぁーっ!」ダキッ

ほむら「きゃっ?」

さやか「えへへー!こんどは逃がさんぞぉ」

ほむら「さやか…」クスッ

さやか「…ね?いいでしょ?」

ほむら「…うん!」

さやか「へへんっ!やったー!」

ほむら「ふふっ」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:04:31.30 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「まどか…!」

マミ「ふふっ、後は鹿目さんね」

さやか「もうこうなったら勢いで行きなよ、まどか!」

まどか「えっ?」

杏子「あん時のあれ見る限り、間違いなくまどかは…」

まどか「な、なんのこと?」

ほむら「?」

マミ「うふふっ」

さやか「しかたない、さやかちゃんが先陣をきってあげよう!」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:09:31.10 ID:VNwWZbyiO

まどか「さやかちゃん?」

さやか「ほーむらっ!」

ほむら「な、なにかしら?」

さやか「あたし、あんたのことが大好きだよっ!」

ほむら「えっ?」

さやか「次、マミさん!」

マミ「ええ、暁美さん」

ほむら「ま、マミ…?」

マミ「私もあなたが大好きよ!」ニコッ

ほむら「え?え?」

さやか「次、杏子!」

杏子「へへっ、なるほどね…!」

杏子「ほむら」

ほむら「き、杏子…」

杏子「あたしもあんたが好きだぜ」ニッ



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:12:30.32 ID:VNwWZbyiO

ほむら「ち、ちょっと…?」

さやか「最後はまどか!」

まどか「えぇ?で、でもっ…」

さやか「みんなやったんだからさ、まどかもやりなよ?」

杏子「がんばれー」

マミ「鹿目さん、ファイト!」

まどか「えっ?そ、そんな…」

ほむら「まどか…」

さやか「ほら、ほむらを不安そうな顔してるじゃん」

さやか「早くやっちゃいなって!」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:17:52.34 ID:VNwWZbyiO

まどか「う…うぅっ…」

ほむら「ま、まどか…その…」

まどか「ほ、ほむらひゃんっ!」

ほむら「う、うん!」

まどか「あ…あ…んと?その…えっとね?」

さやか「さっきはナチュラルに言ってたじゃん、行けるって」

まどか「だ、だってあれはみんながって…それにニュアンス違うし…」

ほむら「ニュアンス?」キョトン

まどか「あっ?いや!んっと…」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:23:54.85 ID:VNwWZbyiO

まどか「うぅー…!」

まどか「よ、よー…っし…!」

まどか「ほ、ほむらちゃん…わ、わたし!」

まどか「わたしも、ほむらちゃんが大好きっ!」

ほむら「…え」

さやか「よく言ったまどか!」

まどか「うぅぅっ…」

ほむら「……」

マミ「暁美さん、みんなあなたが大好きなのよ」

杏子「ああ、だからこれからもよろしくね!」

ほむら「……」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:27:33.88 ID:VNwWZbyiO

さやか「ま、一人だけ好きの意味が違うんだけどねー」

まどか「さ、さやかちゃんっ!」

さやか「誰もまどかとは言ってないぞぉー」

まどか「うっ…」

まどか「も、もうっ!さやかちゃんのばかっ!」

さやか「あはは、ごめんごめん」

ほむら「……」

マミ「…暁美さん?」

杏子「お、おい!顔が真っ青じゃねぇか…?」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:32:01.36 ID:VNwWZbyiO

さやか「…え?」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「あ…あぁ…」ガクガク

マミ「暁美さん?どうしたの?」

杏子「し、しっかりしな!」

ほむら「ま…また…幻聴が…」

さやか「そ、そんな…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「…うぅっ……」

マミ「大丈夫?何が聞こえたの?」

ほむら「ま…まどかが…」

まどか「わたしが…?」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:35:12.08 ID:VNwWZbyiO

ほむら「私のことを…す、好きだって…」

まどか「…え?」

さやか「ん?それって幻聴じゃなくない?」

マミ「え、ええ…本当に言ったわよ?」

杏子「顔を真っ赤にしてさ」

まどか「み、みんなぁ!」

ほむら「う、うそよ…そんなの絶対おかしいわ…」

まどか「…えっ?」

ほむら「まどかが…わたしを好きだなんてそんな…」

さやか「…ほむら?」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:39:21.38 ID:VNwWZbyiO

杏子「あ、あたしらも好きだって言ったぜ?」

ほむら「それは友だちとして…でしょ?」

杏子「ま、まぁ…」

マミ「そうだけど…」

ほむら「でも…まどかのは……」

ほむら「別の意味の好きだって…聞こえてしまって…」

まどか「うぅ…」

さやか「ほむら?どうしたの…?」

ほむら「おかしい…おかしいに決まってるわ…」

ほむら「だって…私たちは女の子同士なのよ?」




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:44:23.68 ID:VNwWZbyiO

まどか「あっ…」

ほむら「そんなのおかしいに決まってる…」

まどか「ほむら…ちゃん…」

さやか「ま、まどか…」

まどか「うぅっ…」ウルウル

さやか「あ…えと…そ、その…ごめん…」

まどか「ぐすっ…」

さやか「まどか…」

マミ「暁美さん…ううん、おかしなことじゃないわ?」

マミ「お互いが好きなら…性別なんて…」

杏子「そ、そうだよ!ほむらだって別にまどかのことが嫌いじゃないんだろ?」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:49:00.59 ID:VNwWZbyiO

ほむら「当たり前じゃない…!」

ほむら「まどかが嫌いなわけないでしょ?」

マミ「嫌いじゃないのなら、この際いっそのこと…」

杏子「ほむら…」

ほむら「違う…まどかが好きだから…」

まどか「…えっ?」

ほむら「私もまどかが好きだから…」

ほむら「だから…幻聴に決まってるのよ…」

まどか「ほむら…ちゃん…」

さやか「…ほむら?」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:53:57.01 ID:VNwWZbyiO

ほむら「だって…女の子が女の子を好きになるのはおかしなことよ?」

ほむら「普通じゃないわ…そうでしょ?」

さやか「えっ…と…」

ほむら「なのに…私はまどかを好きになってしまった…」

ほむら「ダメなのに…好きになっちゃいけないのに…」

ほむら「だから…ずっとその気持ちを抑えてきたのよ…」

ほむら「なのに…まどかまで私を好きだなんて…絶対おかしいわ…」

ほむら「私は…まだ幻をみているの…」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:57:24.58 ID:VNwWZbyiO

まどか「ほむら…ちゃん…」

杏子「…ってことは、まどかとほむらは」

マミ「相思…相愛…」

マミ「相思相愛じゃない!」

杏子「あ、ああ!」

杏子「まどか、やったじゃん!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「うぅっ…」

さやか「…あたし、昼のあれ見た時に間違いなく相思相愛だと思ったから」

さやか「あんなことやったんだよね…あはは…」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:01:19.74 ID:tQvYIgajO

ほむら「昼の…?」

まどか「あっ…」

さやか「あっ、写メ撮ったんだった!」

まどか「え?え?まさか!?」

ほむら「…?」

マミ「暁美さん、よーく見て?」

杏子「これが幻な見えるか?」

ほむら「え?」

ほむら「な…?」

まどか「わわわわわわっ!」

さやか「まどか、意外と大胆だよねぇ」

さやか「やる時はやる!って感じ?」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:04:46.39 ID:tQvYIgajO

ほむら「ま、まどか…私のほっぺに…」

まどか「うぅ…」

さやか「しかも、そのまま寝てるってのが凄いよね」

マミ「ほんと、驚いたんだから」クスッ

杏子「今見ても恥ずかしいよな…よくやるぜ」

まどか「ちょ…ちょっと!そんなに見ないでよぉー!」

さやか「はいはい、わかってるって」

ほむら「まどか…じゃあ…」

さやか「ほむら、幻なんかじゃないよ」



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:09:07.23 ID:tQvYIgajO

ほむら「幻じゃ…ない…」

マミ「そう、夢でも幻でもない」

杏子「あんたの大好きな鹿目まどかだよ」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほ、ほむらちゃん…!」

さやか「さーて、あたしらは撤退しよっか」

マミ「そうね、もう暁美さんも大好きだろうし」

杏子「は、恥ずかしいぜ…まったく、見てらんないっての!」



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:13:48.89 ID:tQvYIgajO

さやか「んじゃ、あたしらは帰るわ!」

マミ「明日からもよろしくね?」

杏子「たとえ魔法が使えなくても、魔法少女じゃなくても」

杏子「あんたらはあたしの大切な仲間だ」

杏子「それも忘れんなよな!」

ほむら「杏子…!」

マミ「ええ、あなた達はずっとずっと、大切なお友だちですもの!」

ほむら「マミ…!」

さやか「そして親友、ね!」

ほむら「さやか…!」



237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:24:06.51 ID:tQvYIgajO

まどか「さやかちゃん、マミさん、杏子ちゃん…!」

さやか「まどか、もう泣いちゃダメだよ?」

まどか「うん…!」

さやか「それに、あたし達は夢と希望を生む魔法少女になるんだから!」

マミ「あなた達がその夢と希望の一組目ね」

杏子「とにかく、幸せ目指して互いに頑張ろう。ってことさ」

ほむら「みんな…」



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:28:18.95 ID:tQvYIgajO

さやか「だからさ、もうほむらは大丈夫だよ」

さやか「見えるもの、聞こえるもの、感じるもの」

さやか「全部本当のことなんだからさ」

ほむら「…うん!」

さやか「後は言わなくてもわかるよね?」

ほむら「ええ、ありがとう…!」

さやか「ふふっ、なら大丈夫だね!」

マミ「それじゃあ、またね!」

杏子「明日からもよろしく頼むぜ」

さやか「ばいばーい!」



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:32:20.02 ID:tQvYIgajO

まどか「ばいばい!」

ほむら「またね…!」

まどか「…えへへ、また2人っきりになったね」

ほむら「うん…!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「…私にはもう幻なんてないのよね」

ほむら「みんな本物なのよね」

まどか「うん、そうだよ…!」

ほむら「…ぐすっ」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「えへへ…安心したら…また涙が出てきちゃったわ」



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:36:19.64 ID:tQvYIgajO

ほむら「私…泣いてばっかりね」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「でも、今度の涙は嬉しいの」

まどか「…うん」

ほむら「本当にみんなを救えて…」

ほむら「みんなと仲良くなれて…本当に嬉しい」

ほむら「さやか、マミ、杏子…それに仁美も」

ほむら「みんな、本当はずっと仲良くしたかったの」

ほむら「どの時間軸でもね」



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:41:47.70 ID:tQvYIgajO

ほむら「そして…やっとその夢が叶った…それに、私のことを許してくれた」

ほむら「すごくうれしい…!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「そして…まどか…」

ほむら「あなたを助けることができた…!」

ほむら「あなたとの出逢いをやり直せた!」

ほむら「そして…」

ほむら「まどかが私を…好きだって言ってくれた!」



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:45:16.24 ID:tQvYIgajO

まどか「うん…!」

ほむら「幻じゃない…本物のまどかなのよね?」

まどか「そう、幻なんかじゃないよ」

まどか「ほむらちゃん」ギュッ

ほむら「まどか…!」ギュッ

まどか「…わたしもね?今でも夢なんじゃないかなって」

まどか「そう思ってるんだ」

ほむら「夢…?」

まどか「うん、わたしの夢…」




275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:49:51.12 ID:tQvYIgajO

まどか「ほむらちゃんはね?わたしの夢の中の恋人だったの」

ほむら「夢の中の…わたしが?」

まどか「うん、ほむらちゃんとは夢の中で出逢ってたんだ」

まどか「夢の中のわたしとほむらちゃんはね?本当に仲良しで」

まどか「わたし…夢を見るのが楽しみだったの」

まどか「夢の中のほむらちゃんと会いたかったんだ」

まどか「だって、夢の中ならわたし達は恋人同士だったからね」



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:54:29.49 ID:tQvYIgajO

ほむら「まどか…」

まどか「でも、それは夢の中のお話」

まどか「現実じゃ…無理だって思ってたの」

ほむら「…」

まどか「だけど今は…こうして、ほむらちゃんと…」ギュッ

まどか「現実の…本当のほむらちゃんを感じることができて」

まどか「とっても嬉しいんだ」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほむらちゃん、わたし達は夢でも幻でもないんだよね?」

ほむら「…うん!」



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:58:28.26 ID:tQvYIgajO

まどか「ほむらちゃんっ…!」

ほむら「まどかっ…!」

まどか「えへへ、嬉しいよぉ」

ほむら「うん、私も幸せよ」

まどか「てぃひひっ!」ニコッ

ほむら「まどか…」

まどか「なにかな?」

ほむら「もう…私は魔法も使えない…みんなの足を引っ張るかもしれない」

ほむら「魔法少女としては…もう私は…」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:03:12.16 ID:tQvYIgajO

ほむら「それに…私はメンタルも脆いし…」

ほむら「すぐ泣いちゃうわ…」

まどか「……」

ほむら「勉強だって…新しい範囲はわかんないし…」

ほむら「もう私には…なんの取り柄も…」

ほむら「でもっ!まどか…!」

ほむら「あなたを…私のあなたへの想いは誰にも負けないわ!」

ほむら「だから…まどか…!」

ほむら「こんな私だけど…わ、私と―」

まどか「ほむらちゃん」



289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:05:55.16 ID:tQvYIgajO

ほむら「まどか…」

まどか「大丈夫、大丈夫だよ」

まどか「わたし達にはさやかちゃん、マミさん、杏子ちゃんがいてくれるんだよ?」

まどか「それに魔法少女は夢と希望を叶えるんだから…!」

まどか「それは、ほむらちゃんも同じだよ?」

ほむら「…!」

まどか「ほむらちゃんはわたしの夢と希望なの!」

ほむら「まどか…!」



291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:10:00.40 ID:tQvYIgajO

まどか「それに…勉強だって同じ」

まどか「わたし…勉強も運動もできないし…」

まどか「なんの取り柄も…ないし…」

まどか「…でも、わたしもほむらちゃんへの想いはね?」

まどか「誰にも負けない自信があるの!」

ほむら「まどかっ…!」

まどか「わたしが好きなほむらちゃんはね?」

まどか「勉強ができるほむらちゃんでも、クールなほむらちゃんでも」

まどか「魔法少女のほむらちゃんでもないの」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:13:36.65 ID:tQvYIgajO

ほむら「…」

まどか「本当は泣き虫でもいい…取り柄なんてなくてもいい」

まどか「わたしが好きなのはね?」

まどか「ありのままのほむらちゃんだから!」

ほむら「…!」

ほむら「まどかぁ…!」

まどか「だからね?こんなわたしで良かったら」

まどか「ほむらちゃん、わたしと…」

ほむら「…うんっ!」

まどか「えへへ、やったぁ!」

ほむら「えへへっ…」ポロポロ



300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:18:47.80 ID:tQvYIgajO

まどか「ほむらちゃん、ほんとに泣き虫さんだね」クスッ

ほむら「うん…」

まどか「でも、そんなほむらちゃんが大好き!」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほむらちゃん、お昼はわたしのファーストキスだったから」

まどか「今度は…ほむらちゃんにお願いしてもいいかな?」

ほむら「…うんっ」

まどか「えへへ、ありがと。うれしなぁ」

ほむら「私もよ、まどか…!」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか」

チュッ

おわり


元スレ
ほむら「ありのままの私」