1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:30:13.36 ID:kveORQdm0

エピソード1

一方「……」

みさかさん「おねえさまー!」

みさかさん「あの、にんげんさん、つよいー!」

みさかさん「おねえさまなら、たおせるです?」

美琴「たおせんです」

みさかさん「えー!?」

一方「なンなンだよ…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:33:22.43 ID:kveORQdm0

みさかさん「れーるがん、でもだめです?」

美琴「反射されちゃいます」

みさかさん「はんしゃされると、どうなりますか?」

美琴「そうですねー…」

美琴「まともにやり合ったら、いずれ絶命してしまいます」

みさかさん「えー!?」

一方「……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:35:58.80 ID:kveORQdm0

みさかさん「そんなのいやー」

みさかさん「ながいきしてー」

みさかさん「ずっといっしょで、ええやないの」

美琴「あぁ、もう。かわいいなぁ」

一方「…オイ」

美琴「何よ?」

一方「お前の顔に似た…」

一方「このコロボックルみてェな奴らは一体なンなンだよ?」

美琴「妖精さんだけど?」

一方「……」

一方「…愉快に素敵にキマッちまってンなァ…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:38:32.36 ID:kveORQdm0

一方「まァ、名称はどォでも良い…」

一方「コイツらがお前のクローンってことで良いのか?」

美琴「わたしのクローン、今何体?」

みさかさん「にまんぐらいです?」

美琴「ほっとくと勝手に増えちゃいますからねー」

一方「聞けよ」

美琴「良かったら一体、あげようか?」

一方「は?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:41:08.36 ID:kveORQdm0

美琴「なんかアンタのこと気に入った子がいるのよ」

美琴「ほら、この子」

おーだーさん「ゆーらぶみー?」

一方「I Love you」

みさかさん「じっけんはとめられました?」

美琴「そのようです」

みさかさん「わーい!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:44:07.15 ID:kveORQdm0

一方「お、オイ!オリジナル!」

美琴「何よ?」

一方「……」

一方「…増えるのか?」

美琴「ワカメみたいに言わないでよね」

おーだーさん「みさか、ふえますか?」

美琴「楽しいことがあると増えますね」

一方「っしゃらァァァァァ!!」

美琴「うるさいわねー」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:47:25.04 ID:kveORQdm0

エピソード2

むぎのさん「ぶちころして、いいです?」

フレンダ「ならんです」

むぎのさん「えー!?」

むぎのさん「そんなのいやー」

むぎのさん「しゅくせいさせてー」

むぎのさん「あとがまがいるから、ええやないの」

フレンダ「いやでも、やっぱり死にたくはないわけよ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:50:21.94 ID:kveORQdm0

むぎのさん「にんげんさんはどうおもいますか?」

絹旗「ん?フレンダのことですか?」

むぎのさん「はいー」

絹旗「超役立たず」

むぎのさん「ぶちころし、かくていですー!」

むぎのさん「わーい!」

フレンダ「ちょっ…!?絹旗ぁぁぁ!?」

滝壺「ゆーらぶみー?」

浜面「I Love you」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:54:11.51 ID:kveORQdm0

エピソード3

いんなんとかさん「にんげんさん、ごはんくださいー」

上条「妖精さんです」

上条「増えると家計が火の車です」

こもえさん「にんげんちゃーん」

上条「こっちは、魔女さんです」

上条「年齢不詳だから魔女さんです」

こもえさん「えー!?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 00:57:33.20 ID:kveORQdm0


こもえさん「そんなのだめですー!」

こもえさん「わたしも、ようせいさんでええやないですかー!」

上条「確かに見た目は妖精さんそのものなのですが」

上条「この容姿でわたしの年齢をはるかに上回っているという事実」

上条「まさに、魔女さんの名が相応しいです」

こもえ「どよーん…」

上条「でも」

上条「増えても別に良いかなと思ってます」

上条「かわいいし」

こもえさん「えっ、ほんとーですか?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:01:04.73 ID:kveORQdm0

いんなんとかさん「にんげんさん、ごはんー!」

上条「残念ながら」

上条「うちの食料はもう底を尽きてしまいました」

上条「少し我慢が必要です」

いんなんとかさん「どれぐらい、がまんすればいいです?」

いんなんとかさん「いちじかん、ぐらいですか?」

上条「そうですねー…」

上条「最低でも連載終了まではかかりますね」

いんなんとかさん「れんさい…しゅうりょう…!?」

こもえさん「そんなにくるしいんですかー?」

上条「本来の学生ってこんなものだと思うんですよね」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:03:00.96 ID:kveORQdm0

エピソード4

あくせらさん「こっから、さきは」

あくせらさん「いっぽうつうこうです?」

あくせらさん「まわりみちをすれば、ええやないの」

あわきん「……」

あわきん「何これ、欲しい」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:05:52.56 ID:kveORQdm0

エピソード5

黒子「……」

みさかさん「えくすきゅーずみー?」

黒子「Please Fack me:」

みさかさん「きゃー!」

みさかさん「へんたいさんですー!」

みさかさん「おねえさまー!」

美琴「……」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:08:46.11 ID:kveORQdm0

美琴「良いですか、妖精さん?」

美琴「学園都市が衰退した、このご時世」

美琴「生き残る為には多少の犠牲も必要となってきます」

みことさん「でも、おねえさまはじっけんをとめてくれましたー」

みことさん「あれは、ぎぜんだったですか?」

美琴「ええ、その通りです」

みことさん「えー!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:11:58.30 ID:kveORQdm0

みことさん「そんなのいやー」

みことさん「あこがれのおねえさまでいてー」

みことさん「いっしょに、けがれてしまえばええやないの」

美琴「うん」

美琴「わたしにはその一線は越えらません」

美琴「ていうわけで、黒子?」

美琴「この子たち持っていって良いわよ?」

黒子「しゃるうぃーだいぶ?」

美琴「わたしは堕ちるところまで堕ちたくはないかな」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:15:53.59 ID:kveORQdm0

ラストエピソード

さてんさん「にんげんさんのパンツ、みずたまですー」

さてんさん「こどもっぽいー」

さてんさん「としそうおうで、ええやないの」

初春「……」

初春「妖精さんはスカートめくりが大好きです」

初春「私の恥じらいに興奮を覚えたのか」

初春「いつの間にか数え切れないほどの数にまで増えてしまいました」

さてんさん「おぱんつ、ずりおろしていいです?」

初春「ならんです」




アレイスター「学園都市は衰退しました」

おわり



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:17:30.58 ID:pMiIKcJ80

ほんわかしてて面白かった。乙



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 01:21:56.95 ID:48845cIY0

最後のさてんさん好き


元スレ
美琴「学園都市は衰退しました」