曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』





1: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:11:51.33 ID:fKEloKTL.net

ようまり。



3: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:12:31.73 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「辛いカレーが食べたい」

曜「ん?」

鞠莉「とびっきり、から~いカレーが食べたいの」

曜「そうなんだ」

鞠莉「ええ」

曜「…」

鞠莉「…」

曜「…作ろっか?」

鞠莉「そう言ってくれると思ったわ♪」



4: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:13:10.96 ID:fKEloKTL.net

――――――――

◆渡辺家、キッチン

曜「それでは本日のリクエスト、辛口カレーを作っていきたいと思いまーす」

鞠莉「よろしくおねがいしマース!で、まずはどうするの?」

曜「基本的にはいつも通りだよ。野菜を切って、お肉に下味をつけて、って感じだね。ジャガイモと人参のピーラー、お願いできる?」

鞠莉「任せて!」

曜「私はお肉を下準備しちゃうね」



5: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:13:48.14 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「できたわ。このままカットしちゃってもいい?」

曜「やってもらえると嬉しいけど、切り方は覚えてる?」

鞠莉「ノープロブレム、多分!」

曜「んー、力強い『多分』だったけど…ノープロブレムの方を信じる!」

鞠莉「大丈夫よ。包丁で切るときはにゃんこの手、忘れてないわ」

曜(切り方ってそっちのこと?あ、いい感じに包丁を使えてるから大丈夫そうだね)

鞠莉「終わったら、玉ねぎもやっておくわね」

曜「うん、お願い!私はお米を研いじゃうね」



6: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:14:04.86 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「出来たわ、見てもらえる?」

曜「はーい。おっ、大きさも均一でいい感じ!鞠莉ちゃんに任せて大正解だね」

鞠莉「曜のレクチャーがいいからよ」

曜「いやいや、鞠莉ちゃんの頑張りのおかげだって」

鞠莉「ありがと、おだて上手さん」

曜「どういたしまして、褒められ上手さん」

鞠莉「ふふっ、なにそれ」



7: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:14:38.72 ID:fKEloKTL.net

曜「さてさて。ご飯は早炊きにセットしたし、具材の準備も出来たところで」

鞠莉「お鍋の出番ね!」

曜「と、行きたいところなんだけど」

鞠莉「違うの?」

曜「今日はレンジを使ってみようかなって」

鞠莉「レンジ?何をするの?」



8: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:15:24.94 ID:fKEloKTL.net

曜「野菜をレンジで過熱するんだ。一から煮込んでると、火が通るまで時間がかかっちゃうからね。その手間を短縮しようってわけなんだ」

鞠莉「ふーむ、いわゆる時短テクニックってやつね」

曜「その上、レンジを使ってる間は別のこともできるしね。使った調理器具を洗ったり、次の工程を先取りしたり、これで作業効率が大幅アップ!いろんな場面で使えるから、覚えておくと便利だよ」

鞠莉「ブラボー!まさにご家庭の知恵ね!」

曜「やり方は簡単。切った野菜をそれぞれ耐熱容器に入れて、ふわりとラップをかけてっと。はい、鞠莉ちゃん」

鞠莉「イエース!電子レンジの中に、ヒドゥン・シャドウ・スネーク・ハンズ!」

曜「相変わらずハマってるみたいだね、そのフレーズ」



9: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:16:08.35 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「ダテにお料理動画を見てないからね。加熱は何分くらい?」

曜「んー、4分くらいかな。この後でまた煮込むしね」

鞠莉「りょーかい!」

曜「ほい、その間に洗い物終了っと」

鞠莉「いつ見ても手際がいいわね」

曜「鞠莉ちゃんが色々やってくれるからだよ。おかげで段取りがとってもスムーズなんだ、大助かり!」

鞠莉「曜…今のすごく可愛かったから、ハグしてもいい?」



10: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:16:36.27 ID:fKEloKTL.net

曜「だーめ。今はお湯沸かしてるから」

鞠莉「むぅ、ダメって言われてもハグしちゃうわよ」

曜「わっ、危ないよ」

鞠莉「心配ご無用、これは安全配慮ハグだから」

曜「なにそれ。えへへ」

鞠莉「ふふっ」

チーン



11: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:17:33.89 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「幸せな時間にも終わりは来るものデース」

曜「まだまだ。見せ場はこれからだよ」

鞠莉「そうね。まずは野菜をレンジから取り出して…あつっ!」

曜「鞠莉ちゃん!?」

鞠莉「へ、平気よ。なんともないわ、蒸気の熱さにびっくりしただけで」

曜「本当?大丈夫?」

鞠莉「もちろん。心配しすぎよ」



12: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:17:56.45 ID:fKEloKTL.net

曜「念のため冷やした方がいいよ、そうしよう?」

鞠莉「曜…」

曜「ボウルは…あった。はい、水を張ったから、手を入れて」

鞠莉「んっ…」

曜「痛くない?」

鞠莉「冷たくて気持ちいいわ。ごめんね、注意が足りなかったかも…」



13: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:18:22.58 ID:fKEloKTL.net

曜「謝らないで、私が気付けばよかったのに…ちょっと見せて」

鞠莉「ん…」

曜「よかった。火傷はしてなさそうだね。痛みは?」

鞠莉「無いわ、強がりじゃなくて、本当に。だから一緒に料理、続けてもいい?」

曜「うん!ただし、より一層の安全配慮でね。ケガなんてしちゃったら、せっかく頑張った料理も、美味しく食べられなくなっちゃうもん」

鞠莉「ちゃんと気をつけるわ。ところで、曜」



14: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:18:45.59 ID:fKEloKTL.net

曜「ん?」

鞠莉「えっと、いつまで手を握ってるのかなって」

曜「へっ?あ、ああっ、ごめん!なんかつい、夢中で…!」

鞠莉「ふふっ、やっぱり曜って可愛い」

曜「よ、よしてよ。そんなんじゃないし」

鞠莉「ね、ハグしていい?」

曜「しない、しませんっ、今は料理の時間です!」

鞠莉「真っ赤になっちゃって。食べる前からご馳走さま、ってね♪」

曜「うーっ…ほ、ほら、料理再開だよ!美味しいカレーのために頑張るよ!」

鞠莉「はーいはいっ」



15: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:19:11.99 ID:fKEloKTL.net

曜「えっと、どこまでいったっけ…そうだ、野菜に火を通したんだったね。ここからはお鍋の出番だよ」

鞠莉「油を入れて、馴染んだら中に野菜を入れるのよね」

曜「うん。まずは玉ねぎから、油ハネに注意してね」

鞠莉「具材を入れるのには、決まった順番があるの?」

曜「人にもよるけど、私は玉ねぎから入れるんだ。その後にじゃがいも、人参、お肉って順かな」

鞠莉「オーケー。それじゃ、こほん――ヒドゥン・シャドウ・スネーク・ハンズ!んー、このジューって音、お料理してるって実感が湧いてくる」

曜「確かに。匂いや見た目もだけど、音って大事だよね。あ、とか言ってる間に、いい感じに油が回ったみたいだよ」



16: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:20:20.28 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「いつもより玉ねぎがくたっとするのが早い気がする。これがレンジ効果なのね」

曜「そういうこと。続いて他の野菜も順番に――」

鞠莉「ヒドゥン・シャドウ・スネーク・ハーンズ!」

曜「いいね!全体に油が回ったところで、最後にこちらのお肉の方を、どうぞっ!」

鞠莉「はい、お鍋にぽいっと」

曜「えっ?ねえ、なんで潜影蛇手しなかったの?」

鞠莉「えっと、なんか連発するのも違うかなって」

曜「だああ、いきなりブレーキかけるからびっくりしたよ。突然飽きが来たのかと」



17: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:20:58.51 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「何事も大切なのはノリとテンポよ」

曜「うーん、まあ、リズム感が必要っていうのはわからなくもないけど」

鞠莉「それで、次はお鍋に水を入れるのよね」

曜「あ、うん。ヤカンにお湯湧いてるから、それを使って」

鞠莉「これも時間短縮テクニック?」

曜「そうだね。後は煮込んで、アクを取り除いていくよ」



18: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:21:24.90 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「私にやらせて。よっ、と」

曜「おー、アク取りも上達したね」

鞠莉「アク取りだけに、マリーの中のギルティも取り除かれないかしら。アク取りだけに」

曜「ノリノリだね。アクが取れたら、具材の火の通りを確認するよ。お箸を入れてみて、スッと通ればおっけーだね」

鞠莉「ん、大丈夫そう!」

曜「そしたら、いよいよルーを入れるよ。一旦火を止めて」



19: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:21:41.19 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「火を止めて、と」

曜「そこに小さく割ったルーをぽいっと入れて、溶かしていくんだ。溶け残りがないようにしっかりね」

鞠莉「お味噌をとくみたいに、おたまと菜箸でやったほうがいい?」

曜「ああ、その方が確実だね」

鞠莉「なら、やってみるわ」

曜「ふーむ」

鞠莉「どうかした?」



20: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:22:38.18 ID:fKEloKTL.net

曜「鞠莉ちゃん、仕事が丁寧だよね」

鞠莉「そう?」

曜「鞠莉ちゃんの料理方法って、自己流っていうか独特っていうか…まあ率直に言えばシャイ煮のときは予測不可能感がすごいけど、教わったことには忠実っていうか」

鞠莉「ゆくゆくはアレンジしてみたいけど、まずは基礎を身につけないことには始まらないわ。そこをないがしろにしたら、レクチャーしてくれた曜にも失礼だし…ねえ、どうして笑ってるの?」

曜「そういうところ、鞠莉ちゃんだなって」

鞠莉「どういう意味?」

曜「そのままの意味だよ。嬉しいんだ、すごく」

鞠莉「そう?ならいいけど。はい、ルーが溶けたわ。この時点で見た目は完璧ね、美味しそう!」



21: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:24:19.00 ID:fKEloKTL.net

曜「いつもなら微調整して終了だけど、今日は辛いのをリクエストだから、もう少し手を加えていくよ」

鞠莉「辛さを出すために、具体的にはどうするの?」

曜「カレースパイスを入れていくんだ。スパイスにはガラムマサラとかレッドペッパーとか、色々と種類があるけれど、今日は市販のブレンドされてるやつを使うよ」

鞠莉「へえ、そんな便利なものがあるんだ」

曜「これは調理中だけじゃなくて、盛り付けたカレーにちょい足ししても辛さの調節が出来るタイプなんだ」

鞠莉「小さく持ち運びもしやすくて、善子が愛用してそうね」

曜「実際そうだって言ってたよ、善子ちゃんのおすすめなんだって。後はこれを煮込んでいけば…ほら、匂いが辛そうになってきた」



22: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:24:47.39 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「本当だ、すごくスパイシー。さすが辛いもの好きの善子のご推薦、間違いなさそうね」

曜「だねー。でも、んー…」

鞠莉「どうかした?」

曜「いや、今回も善子ちゃんに声かけたんだけど、やんわりと断られちゃってさ」

鞠莉「そうだったの?」

曜「辛いカレーを作るんだって話したら、初めは乗り気な感じだったんだけど『やっぱり遠慮しておくわ』って」

鞠莉「辛いものと言えば、善子の得意分野なのにね」



23: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:25:15.95 ID:fKEloKTL.net

曜「代わりにスパイスのこととか、色々とアドバイスしてくれたんだ。タイミングが悪かったのかな」

鞠莉「なにかと忙しい子なのよね。今日も新しいゲームがどうとか、夜は配信するんだーとか言ってたし」

曜「そっか…また3人でお料理したいね」

鞠莉「次も誘ってみましょう。今度は善子の都合も聞きながら、ね」

曜「うんっ!」

鞠莉「うふふっ。さて、そうこうしてる間に、カレーも良い感じになってきたんじゃない?」

曜「いよいよ大詰めだね。どれどれ、味見してみよっか。あむっ」

鞠莉「辛い?」

曜「んー、思ったほどでは…あ、あー」



24: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:26:15.10 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「曜、反応がぎこちないわよ」

曜「んんっ、大丈夫。辛さが遅れてやってくる感じだね、後引く辛さっていうか。なかなか美味しくできたと思うよ」

鞠莉「それじゃあ」

曜「うん!船乗りカレー、辛口バージョンの完成だよ!」

鞠莉「お疲れ様!他になにかすることはある?」

曜「ご飯もちょうど炊けたところだし、後はサラダくらいだね。すぐ用意しちゃうから、鞠莉ちゃんはリビングで待っててよ」

鞠莉「最後まで手伝うわ、私だけ休んでるわけにはいかないもの」

曜「んー。なら、テーブルを拭いて、飲み物用意しておいてくれる?」

鞠莉「了解デース!」

曜「お願いねー。…ふふっ、元気が出てきたみたい。さて、私はもう一仕事しちゃおうかな。えっと、ミキサーはたしかこの辺に――」



25: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:27:36.51 ID:fKEloKTL.net

……………………………………

曜「では改めまして。今日は船乗りカレー辛口バージョンと、冷たい麦茶で優勝していきたいと思います」

鞠莉「いつものカレーとは雰囲気が違うわね。色も匂いも、辛そうな感じがする」

曜「味も辛いよ、間違いなくね」

鞠莉「楽しみだわ。では、いただきまー…」

曜「あ、ちょっと待って。カレーを食べる前に、ヨーグルトを飲んでおいた方がいいよ」

鞠莉「どうして?」

曜「ヨーグルトが胃の中で膜を作って、辛味成分の刺激から守ってくれるんだ。いきなり辛いのを食べたら、お腹がびっくりしちゃうからね」

鞠莉「ふふっ、なるほどね」

曜「ん、何かおかしかった?」



26: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:28:30.63 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「いえ、飲むヨーグルトがあるのはどうしてかなって思ってたんだけど。そういうことだったんだなって」

曜「そりゃあね。体に合わないものを食べて調子悪くなったりしたら、元も子も無いもん」

鞠莉「曜は優しいのね」

曜「意外と刺激的かもよ、鞠莉ちゃんほどじゃないと思うけど、なんてね?」

鞠莉「まあ、言ってくれちゃって。うふふっ」

曜「えへへっ。それじゃ、ヨーグルトを飲んだところで」

ようまり「いただきまーす」



27: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:30:23.07 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「ではでは、さっそく――んっ!」

曜「辛さはどうかな?」

鞠莉「んー、思ったよりもだいじょう…待って、来たわ、か、辛いのが…!」

曜「わわ、麦茶飲んでっ」

鞠莉「ん、んっ――ふぅ、ありがとう。冷たい麦茶がよく合うわ」

曜「もしかして、辛くしすぎちゃった?」

鞠莉「辛さがワンテンポ遅れて来たから驚いたけど、大丈夫。これよ、まさしくこういうのが食べたかったんだわ」

曜「気に入ってもらえた?」



28: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:30:55.59 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「ええ。食べたらね、辛さが体を駆け巡るの。でも、ただ辛いだけじゃなくて、しっかり美味しい。さすが曜のカレーね」

曜「良かった!でもさ」

鞠莉「ん?」

曜「どうして今日は、辛いのが食べたい気分だったの?」

鞠莉「…ん。元気が欲しかったから、かな」

曜「元気…?」

鞠莉「実はね。今日はなんだか、天気だけじゃなくて、仕事も心もどんよりな感じだったから。切り替えたいって言うか、刺激が欲しい気分だったの」



29: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:31:50.59 ID:fKEloKTL.net

曜「やっぱり、そうだったんだ」

鞠莉「…気付いてたの?」

曜「なんとなくね、そんな気がしたんだ」

鞠莉「そっか…ふふ、美味しい料理の前じゃ、嘘はつけないわね」

曜「鞠莉ちゃん、ここ最近ずっと忙しそうだったもんね」

鞠莉「仕事柄、どうしてもね。でも、このカレーの…いいえ、カレーと曜のおかげで元気が出てきた。いつもありがとうね」

曜「お礼なんて。私は鞠莉ちゃんに喜んでもらえたら、それが嬉しいんだ」

鞠莉「曜…」

曜「へへっ、今日はいっぱい食べてパワーチャージだよ!おかわりも沢山あるからね!」



30: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:32:30.39 ID:fKEloKTL.net

――――――――

鞠莉「ふぅ、美味しかったぁ」

曜「お腹いっぱい、体もポカポカだね」

鞠莉「絶品だったわ、辛くて美味しくて大満足。やっぱり幸せね、こういうのって」

曜「ふっふっふ。ご馳走さまにはまだ早いよ」

鞠莉「?」

曜「実はね、もう一つお楽しみが残ってるんだ」



31: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:32:47.49 ID:fKEloKTL.net

鞠莉「お楽しみって、どんな?」

曜「それは見てのなんとやら、ってね。待ってて、すぐ準備しちゃうから!」

鞠莉「あ、食器くらい自分で片付けるから」

曜「いいのいいの、台所に行くついでだし。ゆっくりしててね!」

鞠莉「あ…もう、気を遣わなくていいのに。それにしても、お楽しみって何かしら」

ギューン…

鞠莉「あら?機械の音がする。なにかが回転してるみたいな…」



32: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:33:47.71 ID:fKEloKTL.net

曜「お待たせー。はい、どうぞ」

鞠莉「わ、可愛い…!」

曜「いちごのスムージーだよ、凍らせたいちごを、牛乳やヨーグルトと混ぜて作ったんだ。即席だから、なんちゃってだけどね」

鞠莉「さっきの音は、これを作ってたからだったのね」

曜「よく冷えてるから、カレーで熱くなった体にちょうどいいと思うよ」

鞠莉「いただくわ。んーっ、美味しい!冷たくて、ほんのりと甘くて」

曜「カレーの後だから砂糖は控えめにしてみたんだけど、これは正解だね」

鞠莉「ええ、まるで体の中から染み込んでいくみたいで。優しい味…本当に素敵だわ」

曜(鞠莉ちゃん、いい顔してる。元気になってくれて、本当によかったよ)



33: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:35:24.15 ID:fKEloKTL.net

……………………………………

◆善子の部屋

prrrr…prrrr…ピッ

善子「はい。大丈夫よ、ちょうど落ち着いたところだから。カレーは上手くいったかしら」

善子「そう、それは何よりね。スムージーも?ふふっ、いいアイデアね。あとヨハネ」

善子「良いのよ。お役に立てたのなら、辛いもの好きの冥利に尽きるわ。て、照れてないわよ、もうっ」

善子「泊まっていくのね。まあ、そうだと思ったけど。ええ、明日は一緒のバスね」

善子「だからヨハネよ。ええ、二人で仲良くね、朴念仁さん」

善子「なんでもないわ、こっちの話。ふふっ、おやすみなさい。いい夢を、ね」



終わり



34: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 21:35:42.98 ID:fKEloKTL.net

全弾撃ち尽くしました。ホットでスパイシーなカレーようまりでした。

第2回ようまりなかよしマッチの開催おめでとうございました。残り1日頑張りましょう。

↓のお料理ようまりの続きです。

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「半分の優しさと」

ありがとうございました。


元スレ
鞠莉「からさいっぱい、元気いっぱい」