1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 22:53:55 ID:P68EYeqM.net

にこ「ん~…」

ガチャ

絵里「あら?」

にこ「ん~」

絵里「にこ一人?」

にこ「んあ?……まだ誰も来てないわよ」

絵里「そう。で?何してるのよ?」

にこ「いや…それ…」

絵里「へ?」

『絶対に押すな』

にこ「来たら置いてあったのよ」

絵里「なにこれ?」

にこ「ボタンでしょ」

絵里「それは見れば分かるけど。絶対に押すなって…。なんでこんな物が部室?」

にこ「知らないわよ」



3: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 22:59:03 ID:P68EYeqM.net

絵里「押したの?」

にこ「押さないわよ。押すなって書いてあるんだから」

絵里「そうよね。押すなって書いてあるものね」

にこ「そうよ」

絵里「まあ…そうよね」

にこ「うん」

絵里「そりゃあそうよね」

にこ「そうりゃそうよ」 

絵里「押したら何があるのかしら?」

にこ「さあ?」

絵里「気にならない?」

にこ「気になるけどさ~」

絵里「なるけど?」



6: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 23:02:40 ID:P68EYeqM.net

にこ「何かあったらどうすんのよ?」

絵里「何かって何よ?」

にこ「だから知らないって」

絵里「そっか」

にこ「そうよ」

絵里「にこ。押してみたら?」

にこ「は?なんで?」

絵里「いや…だから。押したらどうなるか気になるじゃない」

にこ「そうだけど。なんでにこが押すのよ?絵里が押せば良いじゃない」

絵里「え?それは…何かあったら嫌じゃない」

にこ「にこに何か起きるのは良い訳?」

絵里「そんな事言ってないじゃない」

にこ「いや、そう言う事でしょ」



8: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 23:08:51 ID:P68EYeqM.net

絵里「大丈夫よ。そんな危険な物が部室にある訳ないでしょ?」

にこ「だったらあんたが押せばいいでしょ!!!」

絵里「え~…怖いじゃない」 

にこ「だから私も嫌なんだってば!!!」

絵里「そう」

にこ「あんた私の事バカだと思ってるでしょ?」

絵里「そうね。まあ、押さなければ何も起こらないんだし余計な事はしない方がいいか」

にこ「ちょっと待って。え?バカだと思ってるの?」

絵里「さて」

にこ「さてじゃなくて」



10: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 23:15:22 ID:P68EYeqM.net

絵里「もう。気になるのは分かるけど最初から無い物だと思えばいいじゃない」

にこ「そこじゃない。ボタンの事は置いといて」

絵里「うん」

にこ「にこはバカじゃないから」

絵里「…………うん」

にこ「ぬぁーーーーー。絶対に思ってないでしょ?」

絵里「そんな事ないわよ」

にこ「いや。絶対に思ってる!にこの事をバカだと絶対に思ってるわね」

絵里「なんて言えば満足なのよ…」



11: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 23:20:34 ID:P68EYeqM.net

にこ「にこの事はバカじゃないと。そして一番可愛いと」

絵里「そう言う所なのよ」

にこ「何が!!?」

絵里「さあ。皆んなが来る前に先に準備しておきましょうよ」

にこ「待ちなさいよ!まだ納得いってないから」

絵里「しつこい…」

にこ「あんたがそうさせてるのよ!!!」

絵里「はあ…分かったわよ。ごめんなさい」

にこ「……まあ、良しとするわ」



12: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/03/24(火) 23:29:44 ID:P68EYeqM.net

ガチャ

穂乃果「こんにちはーーーーーー」

にこ「うっさ」

絵里「今日も穂乃果は元気ね」

穂乃果「えへへ~。ん?なんだなんだ?」

にこ「え?あぁ…これ?」

穂乃果「うん。えって…絶対に押すなだって」

にこ「そうなのよ」

絵里「部室に来たら置いてあったんですって」

穂乃果「へ~。そうなんだ…絶対に押すなか~………えいっ!」

絵里「え?ちょっ…穂乃果…」

にこ「ちょっと何やってんのよ!!!」

穂乃果「へ?」

にこ「あっぶな。何いきなり押そうとしてるのよ!」

穂乃果「え~だって。押すなって言われると気にならない?」

にこ「いや…なるけど。いきなりって。思わず止めちゃったじゃない」

絵里「こっちの心の準備が出来てないのよ。って言うかよくそんないきなり押そうと思えるわね」



29: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 21:15:02.52 ID:ZDNB1zxe.net

穂乃果「えへへ。ついつい」

にこ「ついついじゃないわよ」

絵里「そうよ。あなたはついついでいつも失敗するんだから」 

穂乃果「え?そんなイメージあるの?」

にこ「そんなイメージしかないわよ」

穂乃果「む~。そこまで言うかな。でもさ、二人は気にならないの?」

にこ「気にはなるわよ」

絵里「でも絶対に押すなって書いてあるのよ?」

穂乃果「だから押したくなるんじゃん。押したら一体何が起こるのかって」

絵里「それで取り返しの付かない事が起きたらどうするの?」

穂乃果「例えば?」

絵里「え?」

穂乃果「取り返しのつかない事って何?」

絵里「それは…爆発したりとか…」



30: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 21:22:06.55 ID:ZDNB1zxe.net

穂乃果「あはは。それはあり得ないんじゃないかな?そんな物がなんで部室あるのさ」

にこ「ぶっ、爆発ってあんた。絵里ってたまに子供みたいな事を言うわよね」

絵里「いや…だから。例えばで…ちょっと大袈裟に言っただけで」

穂乃果「あははは。それにしてもだよね」

にこ「本当よ。爆発って」

絵里「そんなに笑わなくても…」

穂乃果「も~絵里ちゃんは大袈裟なんだから~。えいっ」

にこ「だからぁ!!!!」

穂乃果「えっ…」ビクッ



31: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 21:45:50.57 ID:ZDNB1zxe.net

にこ「何であんたは前触れもなく急に押そうとするのよ!!!バカなの?」

穂乃果「だって気になるんだもん」

にこ「だから急に押そうとするのをやめなさいって言ってるのよ!」

穂乃果「えへへ」

絵里「穂乃果…本当にびっくりするから。ね?せめて押す前に一言言って」

穂乃果「じゃあ押すよ?」

にこ「いや…ちょっと待ちなさい」

穂乃果「え~何?」

にこ「あんたが押して。私に被害が及ばないとは限らないじゃない?」

穂乃果「そうなの?」

にこ「分からないわよ。でも…よし!私は部室の外に出て見てるから!そしたら押しなさいよ」

穂乃果「え~何それ?なんかズルくない?」

絵里「サイテーね」 

にこ「うるさい!って言うか絵里は人の事言えないでしょう!」

絵里「いや…まあ…それは…」

にこ「穂乃果は自主的に押したいって言ってるんだから。別に私が外に避難したっていいじゃない」

穂乃果「え~…じゃあ…やだ」

にこ「はあ?なんで?」

穂乃果「なんか私が損してる気がする。それならにこちゃん押してよ」

にこ「あんた押したいって言ったじゃない」



32: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 21:59:10.22 ID:ZDNB1zxe.net

穂乃果「別に押してどうなるか知れれば良いもん。だから私が外に出てるからにこちゃん押してよ」

にこ「嫌よ。意味わからない。あんたが押すって言い出したのに」

穂乃果「じゃあいいよ!押すからにこちゃんも横に居てね?」

にこ「何でそうなるのよ」

絵里「もういいじゃない。誰も押さなければ」

穂乃果「それは嫌だよ。押したらどうなるか気になるじゃん」

絵里「そうなんだけどね。私も気にはなるんだけど。押さなければ何も起こらないんだから」

穂乃果「そうやって機会を逃すんだよ」

絵里「何の?」

穂乃果「分からないけど」



33: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 22:35:52.44 ID:ZDNB1zxe.net

ガチャ

ことり「あれ?もう皆んな揃ってるの?」

穂乃果「あっ!ことりちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃん。何してるの?」

にこ「ことり。見てよこれ」

ことり「え?これって…ボタン?」

にこ「そうなのよ」

ことり「そうなんだ。えいっ」

にこ「ちょっとぉぉぉ!」

ことり「え?」

穂乃果「にこちゃんなんで止めるの」

にこ「なんであんたも急に押そうとするのよ!」

ことり「え?あっ、ごめんね。つい…ボタンがそこにあったから」

穂乃果「も~せっかくことりちゃんが押してくれる所だったのに」

絵里「穂乃果…あなた…」

にこ「なんであんた達揃いも揃って何も考えず急に押そうとする訳?」

穂乃果「幼馴染でやる事もお揃いだね!私達!」

ことり「え?」

穂乃果「え?嫌なの?」

ことり「そ、そんな事ないよ」



34: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 22:48:55.77 ID:ZDNB1zxe.net

にこ「も~本当に…」

ことり「それで…あの…このボタンは一体なんなの?」

絵里「それが分からないのよ。来たら置いてあって。絶対に押すなって。押したら何が起こるのかも」

ことり「そうなんだ」

穂乃果「気になるでしょ?」

ことり「そうだね」

穂乃果「でもね、押したら酷い事が起こるかもしれないんだよ」

ことり「酷い事?」

穂乃果「うん。けど気になるでしょ?」

ことり「う、うん」

穂乃果「押したくなるでしょ?」

ことり「そうだね」

穂乃果「けど押したら酷い目にあうかもよ?」

ことり「え~」

にこ「穂乃果は何がしたいのよ!」

ことり「あはは…」



35: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 22:57:17.42 ID:ZDNB1zxe.net

絵里「あの…冷静になって考えてみたんだけど」

にこ「何よ?」

絵里「よくあるじゃない?ボタンを押したら電気が流れるとか」

穂乃果「あ~爆破じゃなくてね」

絵里「それは置いといて。どうせこんなの希や凛の仕業なんだろうし。その程度の事だと思うのよ」

穂乃果「確かに!」

にこ「一理あるわね」

穂乃果「よしっ!じゃあ、にこちゃん!押してみようか!」

にこ「なんでよ!」

穂乃果「大した事なさそうだし」

にこ「じゃあ、あんたが押せばいいじゃない」

穂乃果「さっき押そうとしたら止めたじゃん」



36: 名無しで叶える物語 2020/03/25(水) 23:05:05.03 ID:ZDNB1zxe.net

にこ「じゃあ、もういいわよ。押しても」

穂乃果「ビリビリするのは嫌だよ。だから押したくない。けど、押したらどうなるかは見たい」

にこ「なんて我儘な」

絵里「にこもね」

にこ「さっき穂乃果が押そうとした時止めなきゃ良かったわ」

穂乃果「止めてもらって良かったよ」

にこ「じゃあ…こうしましょう?ジャンケンで負けた人がボタンを押す!」

穂乃果「それならいいよ」

にこ「恨みっこなしよ」

穂乃果「うん。じゃん」

にこ「けん…」

穂乃果「グー」

にこ「グー…ってちょっと待って。あんた達」

絵里「え?」

ことり「へ?」

にこ「何で二人は参加しない訳?」

絵里「なんでって」

にこ「なんで私と穂乃果の二人でジャンケンしてるのよ。あんた達も参加しなさいよ」



40: 名無しで叶える物語 2020/03/26(木) 23:50:34.21 ID:1mSFNFK6.net

絵里「あ~…私達もやるのね?」

にこ「逆になんでやらなくて良いと思ったのよ?」

絵里「そう言う流れだと。ねえ?」

ことり「え?あはは…」

にこ「どう言う流れよ!絵里とことりってそう言う所あるわよね」

絵里「何よそれ」

にこ「私に押させようとしたりジャンケンに参加しなかったり。ズルいのよ。さっきから言ってる事もブレブレだし」

絵里「言いがかりよ」
 
にこ「そんな事はないわよ」

穂乃果「ちょっと!喧嘩はよくないよ。整理しよう」

にこ「整理?」

ことり「何を整理するの穂乃果ちゃん?」



41: 名無しで叶える物語 2020/03/26(木) 23:57:20.69 ID:1mSFNFK6.net

穂乃果「まずこのボタンを押すとどうなるか気になる人手を挙げて」

絵里「え?まあ…」

ことり「私も」

にこ「逆に気にならない方がおかしいわよ」

穂乃果「なるほど。全員だね。じゃあ、ボタン押したい人!」

シーーン

穂乃果「誰も居ないと。なるほどね。だから皆んな気になるけど自分はやりたくないんだね」

絵里「そりゃあね」

にこ「穂乃果とことりは押そうとした癖に」

穂乃果「だって二人が脅すから」

ことり「電気が流れるのは…ちょっと…」

絵里「それはあくまで予想だから」



42: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 00:08:29.82 ID:0+cdNIFS.net

穂乃果「とにかく皆んな気になってるんだしさ。ジャンケンで押す人を決めようよ。ね?」

絵里「ん~…でもねぇ…確かに気になるけど」

穂乃果「人間なんて好奇心には勝てないもんだよ」 

絵里「そうね。ここまで来たらジャンケンしましょうか」

ことり「それでいいの?絵里ちゃん…」

絵里「うん。だって…やっぱり私も気になるしね」

にこ「いや…その必要はないわ」

絵里「にこ!?」

穂乃果「必要はないって?どう言う事?」

にこ「ジャンケンなんてする必要ないわよ。って言うかここに居る私達が押す必要なんてないのよ」

穂乃果「え?」

ことり「にこちゃんそれって…」



43: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 00:13:36.77 ID:0+cdNIFS.net

にこ「次来た人に押させれば良いのよ。多分穂乃果やことりみたいに押そうとするはず!」

穂乃果「うわぁ~卑怯だなぁ」

絵里「悪知恵ばっかり働くのね」



48: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 17:52:09.69 ID:0+cdNIFS.net

にこ「くっ」

絵里「それを勉強にも使ってくれればいいのに。いつも肝心な時に使わないで」

にこ「うるさいわよ!なんでそんな事言われなきゃいけないのよ!!!良い案を出したんだんだから褒めなさいよ」

絵里「褒める様な事ではないでしょう」

にこ「じゃああんた押す?ボタン押しますか?」

絵里「押さないけど…」

にこ「だったら文句言うんじゃないわよ」

海未「何を騒いでいるんですか?」

ことり「海未ちゃん」

にこ「げっ!?海未…いつの間に…」

海未「なんですか?その反応は?また何かやらかしたのですか?」

にこ「何もしてないわよ!」

海未「じゃあ穂乃果ですか?」

穂乃果「なんで私」

絵里「あのね。部室に来たらこれが置いてあってね」

海未「ボタンですか?」

絵里「ええ」



49: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 17:56:38.53 ID:0+cdNIFS.net

海未「そうですか。さあ、そんな事よりさっさと準備をしましょう」

にこ「え?」

海未「なんですか?」

にこ「押さないの?」

海未「ボタンをですか?」

にこ「うん」

海未「押しませんけど」

にこ「…どうして?」

海未「押すなって書いてあるじゃないですか」

にこ「いや…そうだけど…」

穂乃果「押したくはならない?」

海未「特には。押すなって書いてあるし」



50: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 23:05:27.34 ID:0+cdNIFS.net

穂乃果「だから押したくなるんじゃないの?」

海未「押すなと言ってるのに押す人がいますか」

穂乃果「いやいや。大抵の人は押したくなると思うよ」

にこ「そうよ。気になるでしょ!普通は!」

海未「何を言ってるのですか」

穂乃果「こっちのセリフだよ!海未ちゃん本当に気にならないの?」

海未「なりませんよ。だいたいこんなボタン押したからなんなのです?何も起こりませんよ」

にこ「なんでそう言い切れるのよ?」

海未「そんな大掛かりな仕掛けがあるとも思えませんし。よく観察して下さい。何か配線されてる訳でもないし受信部や送信部らしき所も見当たらない」

にこ「何が言いたいのよ?」

海未「絶対に押すなと言われたら押したくなる人間の心理を応用したイタズラでしょう。時間の無駄ですよ」

穂乃果「海未ちゃん…」

にこ「海未…あんた…」

海未「なんです?」



52: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 23:29:02.49 ID:0+cdNIFS.net

にこ「つまらない事言うわね…」

海未「はい?」

穂乃果「海未ちゃん。それは無いよ。なんでそんな事言うかなぁ」

海未「は、はあ?私が何か間違った事を言いましたか?」

穂乃果「間違ってるとか間違ってないとかそう言う事じゃなくてさ」

にこ「なんて言うか…つまらない子ね」

海未「つまらない!!?」

ことり「海未ちゃん」

海未「ことり…」

ことり「ね?」

海未「な、なんですか」

絵里「海未。私も最初はそう思ったわ。けど、やっぱり気になるのよ」

海未「絵里まで!?」

絵里「確かに押した所でくだらない事が起こるだけかもしれない。けど、そうじゃないとも言い切れないでしょ?」

海未「言い切れると思いますけど!?」



54: 名無しで叶える物語 2020/03/27(金) 23:43:56.50 ID:0+cdNIFS.net

穂乃果「じゃあ何も起こらないんだったら海未ちゃん押してよ」

海未「それはやめときます」

穂乃果「意味が分からない。何も起こらないんでしょ?」

海未「いえ、大した事は起こらないって事で」

穂乃果「何も起こらないって言ったよ」

海未「細かい事はいいでしょう!!!」

穂乃果「えぇ…」 

海未「この手のイタズラグッズは沢山あるでしょう。ボタンを押したら静電気が発生するとか」

絵里「ほら!」

穂乃果「うん」

海未「押さなければ何も起きないんですから。最初から無い物と思って放っておけばいいんですよ」

にこ「最初の絵里と同じ事言ってるわね」

絵里「やっぱりそう言う考えに至るのね」



55: 名無しで叶える物語 2020/03/28(土) 00:15:46.26 ID:Q7AZEp/D.net

海未「当たり前です。私は押しません」

にこ「あーそう。分かったわよ」

穂乃果「じゃあやっぱりジャンケンする?」

にこ「四人で?」

穂乃果「それしかないじゃん」

絵里「やっぱり私とことりも入ってるのね…」

にこ「そりゃあそうよ」

絵里「そう」

海未「……」

穂乃果「じゃあ、恨みっこなしだよ!」

にこ「あんたもね」

絵里「仕方ないわね。覚悟を決めましょう」

ことり「覚悟を…そんなになんだ…」 

海未「……」



56: 名無しで叶える物語 2020/03/28(土) 00:21:00.24 ID:Q7AZEp/D.net

穂乃果「よーし行くよ~。最初はグー」

にこ「ジャンケン~ポン」

穂乃果「グー」にこ「チョキ」ことり「パー」
絵里「パー」

穂乃果「わ~危なっ!?にこちゃんありがとう」

にこ「なんでグー出すのよ!」

穂乃果「そんな事言われても」

絵里「心臓に悪いわ」

ことり「そうだね」

海未「…」

穂乃果「よし、じゃあもう一回!ジャンケン~ポン」

穂乃果「チョキ」にこ「チョキ」ことり「チョキ」絵里「チョキ」

穂乃果「え~皆んなチョキだ!」

にこ「全員チョキってありえる?チョキよ!チョキ!!」

ことり「珍しいよね」

絵里「本当ね」

穂乃果「奇跡だよ!奇跡!」

海未「……」

キャッキャ ワイワイ キャッキャ



57: 名無しで叶える物語 2020/03/28(土) 02:26:06.99 ID:Q7AZEp/D.net

海未「あのぉ!!!」

穂乃果「え?」

絵里「ど、どうしたの?」

海未「もう少し静かに出来ませんか?」

穂乃果「あ~ごめん。盛り上がっちゃって」

にこ「何よ?気になるの?」

海未「別に…」

にこ「仲間に入りたいの?」

海未「そんな事…一言も…」

ことり「海未ちゃん…一緒にやろう?」



58: 名無しで叶える物語 2020/03/28(土) 02:40:22.15 ID:Q7AZEp/D.net

海未「ジャンケンポン」

穂乃果「うわ~またあいこだ」

絵里「結局参加するのね…」

にこ「これで私が負ける確率がまた下がったわ」

絵里「それは全員同じ事だけどね」

穂乃果「最初はグージャンケン~」

穂乃果「グー」 ことり「パー」 絵里「パー」
海未「パー」 にこ「グー」

穂乃果「うわぁぁぁぁ」

にこ「しまったぁぁぁ」

絵里「ふぅ。助かった」

ことり「良かったあ」

海未「ふふっ。私にジャンケンで勝とうなんて。動体視力には自信があるんですから」

穂乃果「どう言う事!!?ズルしてるの?」

海未「…してませんよ」

にこ「してるでしょ!今の間は絶対にしてる!」

海未「してません」

絵里「複数人でやってるんだしズルのしようはないと思うけど」

穂乃果「くぅ~トランプだったら負けないのに」

ことり「それは海未ちゃんが可哀想だよ」



59: 名無しで叶える物語 2020/03/28(土) 03:00:46.02 ID:Q7AZEp/D.net

にこ「ふっ、結局あんたとの勝負になるのね」

穂乃果「そうだね。悪いけど…負けないよ」

にこ「望む所よ。あんたとはいつか決着をつけなきゃと思っていた」

穂乃果「………へ~」

にこ「へ~って何よ!」

海未「二人の間にだいぶ温度差がありますね」

絵里「海未はいつの間にか熱が上がってるわね」

穂乃果「よしっ!じゃあ勝負だ!」

にこ「ふん。行くわよ!最初はグー。ジャンケン…」

穂乃果「ちょっと待って!」



62: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:05:46.33 ID:+ZbJLdDE.net

にこ「何よ?」

穂乃果「三回勝負にしない?」

にこ「三回勝負?」

穂乃果「うん。たった一回のジャンケンに運命を左右されるのも嫌じゃん」

絵里「運命って。大袈裟な…」

穂乃果「じゃあ絵里ちゃん代わってよ!」

絵里「穂乃果!ファイトよ!」

穂乃果「くぅ~。絵里ちゃんて割とそうだよね。で、にこちゃん!三回勝負でいいよね?」

にこ「でもなぁ…」

穂乃果「嫌なの?」

にこ「嫌じゃないけど…今あんたが急に止めるから調子が狂っちゃったのよね~。今の感じだと絶対に勝ててたのに」

穂乃果「へ?な、何言ってるの?ジャンケンに調子が良いも何もないじゃん」

にこ「いや。絶対に勝ててた。分かるもん」

穂乃果「分からないよ!!!」

にこ「いや分かるのよ。その上、不安だから三回勝負にしてくれってね~」

穂乃果「何が言いたいのさ?」

にこ「いや別に」

穂乃果「負けた時に駄々を捏ねるつもりでしょ?」

にこ「駄々なんて捏ねないわよ。ただね~」

穂乃果「分かったよ。じゃあいいよ。ジャンケン」

にこ「あっ、ちょ」

穂乃果「チョキ」

にこ「パー…あーーーーーー!!!!!!」

穂乃果「やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!じゃあ…」



63: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:10:58.80 ID:+ZbJLdDE.net

絵里「にこに決定ね」 

穂乃果「良かったぁ~」

にこ「いやいや。三回勝負でしょ?」

穂乃果「え?いや…だって…」

にこ「何よ?自分が勝ったから話を無しにする訳?」

穂乃果「だってにこちゃんが…」

にこ「あ~あ~調子は狂わされるしズルはされるし…最悪だわ~」

穂乃果「ちょ、ズルはどっちさ!ズルイズルイズルイ!」

絵里「にこ…流石に卑怯ね」

海未「とても高校生のやり取りとは思えませんね。幼児ですね、幼児。いや、幼児の方がまだ聞き分けが良いかもしれません」

ことり「あはは…私は可愛くていいと思うけど」

海未「あれが可愛いで許されるのは幼稚園児までです」



64: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:15:39.38 ID:+ZbJLdDE.net

穂乃果「じゃあいいよ。仕切り直そうよ。今のは無かった事にしてあげるからさ」

にこ「あっそ。仕方ないわね。それで勘弁してあげるわよ」

穂乃果「なんで?なんで私が許されてるの?今私の方が大人の対応したんだよ?納得いかない…私納得いか…」 

にこ「ジャンケン、グー」

穂乃果「え?チョキ…あぁぁぁぁぁぁぁ」

にこ「ふっふっふ~」

穂乃果「そ、そんなぁぁぁぁ」

にこ「ドンマイ。ほ~のかちゃ~ん」

穂乃果「くっふぅぅぅぅ。さ、三回勝負だから!」

にこ「分かってるわよ。まっ、次も負けないけどね」



66: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:19:48.13 ID:+ZbJLdDE.net

穂乃果「余裕こいていられるのも今のうちだから」

にこ「ふ~ん。じゃあ行くわよ。ジャン」

穂乃果「ケン」

ほのにこ「ポン」

穂乃果「グー」 にこ「パー」

にこ「いやったぁぁぁぁぁ」

穂乃果「うわぁぁぁぁぁぁぁ」

絵里「あ~あ~。穂乃果…可哀想に」

にこ「敗者に情けは無用よ」

絵里「あれだけズルしといて…」

にこ「さあ穂乃果…。このボタンを」

穂乃果「…まだ終わってないから」



67: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:25:21.02 ID:+ZbJLdDE.net

にこ「いやいや。流石に終わりでしょ。あんたの負けよ」

穂乃果「三回勝った方が勝ちでしょ?」

にこ「は?」

穂乃果「三回勝負って三回買った方が勝ってルールでしょ?」

にこ「違うわよ!何言ってんのよ!!!三回戦やるって意味でしょ?」

穂乃果「違うもん。私は三回勝った方が勝ちって意味で言ったんだもん」

にこ「嘘ついてんじゃないわよ!だったら最初からそう言いなさいよ!」

穂乃果「伝わると思ったんだもん」

にこ「伝わる訳ないじゃない!!日本語やり直してきなさいよ。三回勝負は三回戦って意味なのよ。普通は」

穂乃果「三回戦だったら三回戦って言うもん」 

にこ「じゃあ三回勝った方が勝ちってルールなら三回勝った方が勝ちって最初に言いなさいよ」

穂乃果「じゃあ今言った」

にこ「今じゃ遅いってのよ!バカなの?」



69: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:30:35.47 ID:+ZbJLdDE.net

穂乃果「自分は散々屁理屈ばかり言って人の時はそんな事言うのズルイよ!」

にこ「屁理屈なんて言った覚えないんですけど」

穂乃果「言ってたよ。言ってたよね?」

絵里「え?ま、まあね」

穂乃果「ほら!お互いルールをちゃんと把握してなかったんだから仕切り直そうよ」

にこ「嫌よ。なんでよ。にこは勝ったんだから」

穂乃果「私は仕切り直ししてあげたのに」

にこ「そんなの知らないわよ。私は嫌だから」

穂乃果「にこちゃんのズル」

にこ「くっ…」

絵里「にこ。少し大人になりなさいよ。あなただって散々屁理屈言ってズルしたんだから」

穂乃果「そうだそうだ」

にこ「でも…せっかく勝ったのに…」

絵里「大人になりなさい」

にこ「分かったわよ」

穂乃果「ほんと!」



71: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:38:17.85 ID:+ZbJLdDE.net

にこ「そのかわりあれよ?5人で仕切り直しだからね」

穂乃果「いいよ」

絵里「は、はあ?」

ことり「に、にこちゃん」

海未「ち、ちょっと待って下さい」

にこ「それがフェアってもんでしょ?」

海未「なんでそうなるんです!」

絵里「フェアって言葉を一度調べてきなさいよ!!!穂乃果もいいよじゃないの!!!」

にこ「ルールを見直して仕切り直しなんだから当たり前でしょ?私と穂乃果だけルールが違うなんてズルイじゃない」

穂乃果「確かに」

絵里「どう言う理屈よ。私達は皆んな同じルールで勝ったんだから」

にこ「大人になりなさいよ。絵里」

絵里「なっ!!?な、な、な」

にこ「なによ?言い返す言葉も」



72: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 22:57:27.69 ID:+ZbJLdDE.net

海未「これは違いますね」

にこ「へ?何が?」

海未「怒りの余り言葉が出てこないのでは?」

にこ「え?」

ことり「えぇ!!?」

穂乃果「絵里ちゃん怒ってるの?」

絵里「…ふぅぅぅぅ。いえ…怒ってないわ」

穂乃果「絵里ちゃん!!!」

絵里「確かに。にこの言う通りだわ」

にこ「え?あっ、そ、そうでしょう?」

絵里「ええ」

海未「え、絵里?何を言って…」

絵里「5人で仕切り直しましょう」

にこ「う、うん」

絵里「でも、運命を決めるのにジャンケンなんてあんまりよね」

にこ「え?」

絵里「何にする?何でもいいわよ」

にこ「そ、そう?」

絵里「何で勝負したって…負けないから」

にこ「やっぱり怒ってるじゃない!!!」



74: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 23:04:56.76 ID:+ZbJLdDE.net

絵里「当たり前でしょ!まったく。人が下手に出てれば調子に乗って」

にこ「わ、悪かったわよ」 

絵里「はあ…もう疲れる…」

海未「もし絵里がμ'sに居なかったらと思うとゾッとします」

ことり「そ、そうだね。海未ちゃんの負担が凄い増えそう…」

穂乃果「それで…このボタンどうする?もうジャンケンって雰囲気でもないよね」

海未「そうですか?穂乃果とにこがジャンケンすればいいだけだと…」

真姫「ねえ?まだ話終わらないの?」 

花陽「えへへ…」 

穂乃果「真姫ちゃん!!?花陽ちゃん!!!?いつから?」

真姫「一部始終を見てたわよ」



75: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 23:09:42.42 ID:+ZbJLdDE.net

にこ「一部始終を黙って見てたの?」

真姫「何か問題でも?」

にこ「ありまくりよ。見てて何にも思わなかったの?」

真姫「相変わらずバカな事してるなって。絵里やことりまで一緒になって」

にこ「なんですって?」

海未「待って下さい。なんで絵里とことりなんですか?今、私の名前を除外しましたよね?」

穂乃果「海未ちゃん。話が逸れるってば」

海未「いや…大事な事です」

にこ「あんた。このボタンを見てなんとも思わないの?」

真姫「思わないわよ。くだらない」

にこ「興味もわかない?」

真姫「わかない」



76: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 23:16:17.27 ID:+ZbJLdDE.net

花陽「でも、絶対に押すなって書いてあると気になっちゃうよね」

真姫「そう言うのをカリギュラ効果って言うのよ。禁止されればされる程やりたくなる心理現象の事よ」

花陽「へ~そうなんだ」

真姫「その心理現象を応用したイタズラよ。凛じゃこんな事思いつかないだろうし希の仕業でしょうね」

花陽「そ、そうなのかな?」

海未「真姫!私も真姫と全く同意見ですよ!決して穂乃果達と一緒になってやっていた訳ではないですよ」

真姫「その割には楽しそうだったけど」

海未「その前に色々あったんです」

真姫「ふ~ん、まあいいけど」

海未「分かって貰えました?」

真姫「分かったわよ」



78: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 23:26:51.80 ID:+ZbJLdDE.net

花陽「もし押したら…良い事が起こったりとかするのかな?」

穂乃果「へ?」

にこ「良い事?」

花陽「うん。このボタンを押したら素敵な事が起こったりしないかな。願い事が叶うとか」

穂乃果「良い事が…その発想はなかったな」

ことり「花陽ちゃんらしい発想だね」

絵里「マイナスな事しか思いつかない自分が嫌になるわね…」

にこ「確かに。いや、でも…絶対に押すなって書いてあってなんで良い事が起こるのよ?」

花陽「あんまり乱用しないように…とか?」

穂乃果「なるほど!乱用するのも良くないもんね」



79: 名無しで叶える物語 2020/03/29(日) 23:35:02.76 ID:+ZbJLdDE.net

ことり「ちなみに花陽ちゃんはどんな良い事が起きると思う?」

花陽「う~ん…お花がいっぱい咲いて~」

ことり「うんうん」

花陽「お空も雲一つないくらい晴れ渡って」

ことり「わ~素敵」

花陽「お米が一杯収穫出来るの!」

ことり「そこに行き着くんだ!」

花陽「平和にお米は必要不可欠ですよ」

穂乃果「言葉に力強さを感じるね」



80: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 00:02:55.71 ID:BMPSmghE.net

花陽「穂乃果ちゃんはどんな良い事が起きて欲しい?」

穂乃果「え?そうだな~…空から百億万円降ってくるとか」

絵里「百億万円って何よ…」

真姫「そうなったら日本の経済めちゃくちゃね」

穂乃果「え?いや…だって…ねえ?」

にこ「まあ…でも妥当な線ね」

穂乃果「でしょう?それで毎日パンを買うんだよ」

絵里「じゃあパンでいいじゃない」

穂乃果「パンは賞味期限があるじゃん!」

絵里「あっ、そっか」

花陽「あっ、じゃあ…やっぱり私もお米券とかに…」

穂乃果「大丈夫だよ。花陽ちゃんなら食べ切れるよ」

にこ「そうね。余計な心配ね」

花陽「さ、流石に無理だよ。私にも限界はあるよぉ」



82: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:11:13.01 ID:BMPSmghE.net

穂乃果「大丈夫だと思うよ」

にこ「うん。花陽は大丈夫よ。だからあれよ!押してみなさいよ。良い事あるかもしれないから」 
花陽「え?」

穂乃果「良かったね!お米一杯食べれるね」

花陽「ええ?」

にこ「いや~良かった良かった。花陽が押してくれて」

穂乃果「だね。まさかこんな結末になるとは思わなかったけどね。一時はどうなるかと思ったよ~」

にこ「元はと言えばあんたが話をややこしくしたんだからね」

穂乃果「なんで?いつ?いつややこしくしたの?」

にこ「いつもよ」

穂乃果「なにそれ」

にこ「…押さないの?」

花陽「え?……押さないよ」



84: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:18:26.89 ID:BMPSmghE.net

穂乃果「なんで?良い事起こるのに?」

花陽「起こったら良いなって…それだけで…根拠はないから…」

にこ「え?なにそれ?」

花陽「あの…だから…」

にこ「根拠もないのに言ったの?なんで?」

花陽「なんでって…」

にこ「危うく押すところだったじゃない」

花陽「えぇ…押すところだったかなぁ?」

にこ「押すところだったわよ。あっぶなぁ。騙される所だったわ」

花陽「そ、そんなつもりないよぉ」

にこ「これはもうあれよ。罰として花陽が押すべきね」

花陽「な、なんでそうなるの?だ、誰か助けてぇぇ」

真姫「花陽をいじめるのはやめなさいよ」

花陽「ま、真姫ちゃん!」

海未「そうです。花陽がか弱いのをいい事に」

花陽「か、か弱い…私か弱いの?」



85: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:22:54.12 ID:BMPSmghE.net

絵里「ねえ花陽?あなたも一部始終見てたのよね?」

花陽「え?う、うん…」

絵里「誰が押すべきだと思う?」

花陽「そ、それは…えっと…」

絵里「ジャンケンしてる所も見てたんでしょ?」

花陽「は、はぃぃ」

にこ「ちょ、ジャンケンの話は無しでしょ!」

絵里「このままだと花陽が押す事になってしまうわよ」

花陽「にこちゃんか…穂乃果ちゃんが押すべきだと思います」  

にこ「なっ!?」

穂乃果「私も?」



86: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:27:41.23 ID:BMPSmghE.net

絵里「ハラショー!流石は花陽」 

海未「やっぱりこうなる運命なんですね」

にこ「花陽!あんた裏切るのね」
 
花陽「う、裏切る?」

穂乃果「なんで私まで!!?花陽ちゃん」

花陽「それは…つい…」

穂乃果「つい!!?ついでなの!?」

絵里「さあ、どうする?にこが押す?穂乃果が押す?」

にこ「穂乃果が押す」

穂乃果「え?ちょ…にこちゃんが押します!!」

にこ



87: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:32:46.49 ID:BMPSmghE.net

にこ「なんでよ!!!あんたが押しなさいよ」

穂乃果「嫌だよ。花陽ちゃん!にこちゃんだよね?」

花陽「え?えっと…」

にこ「穂乃果でしょ?」

花陽「あの…」

穂乃果「花陽ちゃん。おまんじゅうあげるよ!」

花陽「え!!」

にこ「なっ!!?」  

穂乃果「ふふん」

にこ「伝伝伝…見せてあげるのに」
 
花陽「ほ、本当?」

穂乃果「ウグイスまんじゅうもつけちゃうよ!」

花陽「ウグイスまんじゅう…」

にこ「騙されちゃダメよ。結局まんじゅうだから!まんじゅうが増えてるだけだから!私の味方してくれたら……なんか良い事あるから!」

花陽「良い事…」

にこ「そう。良い事!」

穂乃果「そんな事言ったら私の味方した方が良い事あるよ!」

花陽「え?えぇ…」



88: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:40:55.32 ID:BMPSmghE.net

絵里「醜い…醜いわね」

海未「そうですね。人間追い詰められると本性が現れますね」

ことり(海未ちゃんと絵里ちゃんも…とは言えないなぁ)

真姫「いつまでこんなくだらない事やってるのかしら」

ワー ワー ギャー ギャー

にこ「はあ…はあ…あくまで押さない気なのね」

穂乃果「そっちこそ。いい加減諦めなよ」

真姫「面倒だからジャンケンで決めればいいじゃない」

にこ「嫌よ。リスクは背負いたくない」

穂乃果「そうだよ。万が一負ける可能性があるだから」

にこ「一部始終見てた癖に何バカな事言ってんのよ」

真姫「誰がバカよ!誰が!」

にこ「ふっ…何熱くなってんのよ」

真姫「にこちゃんが喧嘩を売ってきたからでしょ」

にこ「へ~そう。所で真姫」

真姫「何よ?」

にこ「さっきからこのボタンに興味ないみたいな態度取ってたけど…本当はボタンを押すのが怖いだけでしょ?」

真姫「はあ?」



89: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 22:48:44.09 ID:BMPSmghE.net

にこ「図星ね」

真姫「違うわよ。単純に興味がないだけで…」

穂乃果「へ~そうなんだ。怖くないなら…押せるはずだよね!」

にこ「そりゃあそうよ。押せるに決まってるじゃない。怖くないんだから。ねえ?」 

真姫「当たり前でしょ!」

絵里「真姫…なぜそうまんまと…」

にこ「じゃあ、証明して貰おうかしら。ねえ?」

穂乃果「そうだね。真姫ちゃんに押して貰おうか!だって怖くないんだから。ね!」
 
真姫「お断りします」

穂乃果「だってにこちゃん!いや~…え?お断り?」

真姫「うん。お断り」

にこ「な、なんでよ?だって怖くないんでしょ?だったら…」

真姫「じゃあ怖いで良いわよ」

にこ「あっ……そう。け、結局ビビってるって事で良いのね?」

真姫「どうぞお好きに」

にこ「こ、後悔してもしらないからね」

真姫「何を後悔するのよ?言っておくけどそんな見え見えの挑発になんて乗らないから」



90: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 23:00:57.50 ID:BMPSmghE.net

にこ「なっ…そんな…」

真姫「それにしても…そんな子供みたいな挑発しちゃって。ホント馬鹿みたいに」

にこ「な、なんですって!」

真姫「こんなくだらないイタズラにビビって子供みたいな挑発して」

にこ「だ、誰が…ビビってなんかないわよ!」

真姫「へ~じゃあ押せるわね!」

にこ「え?」

穂乃果「真姫ちゃん!!ナイス!!」

真姫「ふふっ。もう後がないわね。宇宙ナンバー1アイドルさん」

にこ「くっ…」

海未「どうやら勝負あったようですね」

ことり「勝負してたんだ…」

絵里「さあ、にこ。覚悟を決めなさい」

にこ「くっ…ズルイ!こんなの卑怯よ!だいたい真姫は蚊帳の外にいたのに…」
 
真姫「にこちゃん。これ以上言うのはカッコ悪いわよ」

にこ「くっ…」



91: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 23:10:00.87 ID:BMPSmghE.net

穂乃果「さあ!にこちゃん!ファイトだよ!」

にこ「うるさい!分かったわよ!やるわよ!やれば良いんでしょ!」

絵里「ふぅ。ここまで長かったわね」

海未「本来ならすぐ終わってたはずなんですけどね」

にこ「じゃあ…押すからね」

穂乃果「うん!」

にこ「押すわよ?」

絵里「ええ」

にこ「絶対に押すからね」

真姫「早く押せばいいじゃない」

にこ「覚悟は出来た?」

絵里「大丈夫よ?」
 
にこ「1,2,3で行くからね?」

真姫「もういいから早くしなさいよ」

にこ「イーチ、ニーー、サーーーーーーーーー」

穂乃果「長いよ!覚悟出来てないじゃん」



92: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 23:19:33.07 ID:BMPSmghE.net

にこ「だって絶対に押すなって書いてあるボタンを押すのよ?」

穂乃果「怖くないんじゃなかったの?」

にこ「怖いわよ!めちゃんこ怖い!」 

絵里「それがさっき言えてればね」

真姫「にこちゃんってバカなのよ」 

絵里「そうね」

穂乃果「もう覚悟決めちゃいなよ」

にこ「くっ…分かったわよ!!!!どうにでもなれーーーーー」



93: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 23:26:34.50 ID:BMPSmghE.net

ガチャ 

凛「ちょっとストップ」

にこ「え?」

花陽「凛ちゃん」

海未「凛?」

凛「あ~あ~希ちゃんの勝ちかぁ」

スタスタ

絵里「希?勝ち?」

にこ「ちょ、凛?なにする気なのよ?」

凛「はあぁ。ジュース買ってこなきゃ。えいっ」

ポチッ

テッテレー

にこ「え?」

穂乃果「凛ちゃん…」

凛「はい。終わりにゃ~」

スタスタ ガチャ

穂乃果「行っちゃった…」

にこ「え?ドッキリ?」

絵里「な、なんの?」

にこ「ドッキリでしょ?ネタばらしは?」

海未「さあ…」








にこ「えぇ…」



94: 名無しで叶える物語 2020/03/30(月) 23:28:09.90 ID:BMPSmghE.net

お わ り


元スレ
穂乃果「ボタン!!」