1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 19:48:50.58 ID:TogtbFbo0

春香「……」

P「何ていうことだ」

千早「私が気がついた時には、すでに……」

P「あぁ、春香ぁ……どうして!」

春香「返事がない、ただの屍のようだ」

P「は」

千早「こうなったら、プロデューサーのキスで春香を生き返らせるしかありませんね」

P「……あ、なるほど。そういうことね」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 19:53:12.00 ID:TogtbFbo0

P「……」

春香「わくわく」

P「えっと、春香、死んでるんだっけ」

千早「はい」

P「で、俺が生き返らせると」

千早「はい」

P「キスで?」

千早「キスで、ですね」

P「……いやさ、実はおれ昔賢者とか色々やっててさ」

千早「?」

P「ザオラルッッ!!!!(という名のエルボー)」 ドコォッ

春香「ぐふっうう!?」

P「しかし春香は生き返らなかった」

千早「ちょっ、何やってるんですか!」 



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 19:56:30.06 ID:TogtbFbo0

P「なにって、ザオラルだろ」

千早「ザオラルって……!」

春香(千早ちゃん、死んでる私の変わりに彼を怒って……!)

千早「ザオリクの方が確実じゃないですか!」

春香「そこなのっ!?」

P「あ、春香が生き返った」

春香「はっ……バタリッ」

千早「た、大変!春香が死んでしまったわ!」

千早「プロデューサーのキスで……」

P「ザラキッッ!!」 ドスッ

千早「ぐふっ……な、何を……!」

P「……どうせなら、2人にキスしたほうがお得だろ!」



17: >>16誤字訂正 2013/02/12(火) 20:03:19.40 ID:TogtbFbo0

P「さて、どっちから生き返らせてやろうかな」

春香「返事がないので、私から!」

千早「ず、ずるいわよ春香!」

P「……うーん、やっぱりザオリクでいいかな」

春香「……バタリッ」

千早「……ガクリッ」

P「よし、じゃあ先に死んでた春香からだな」

春香「キタアアアアアアアア!!!」

P「よーし、じっとしてろよ?」

春香(ワクワクワクワクワク……)

P「……」

P(は、恥ずかしくなってきたぞ……)

P「え、MPがたりない!プロデューサーは逃げ出した!」

春香「いや、キスは世界樹の葉の口移しですから」

P(しかし回り込まれてしまった……)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:06:16.02 ID:TogtbFbo0

春香「ほら、はやく復活させて下さいよ」

P「しょうがねぇなぁ……」

P「……」   チュッ

春香「なんと、春香が生き返った!」

春香「えへへ、プロデューサーさん、ありがとうございます」

P「いや、これくらい。プロデューサーだし、あたり前だよ」

春香「さあさあ、お礼に私からも」

P「いや、その前に千早も復活させないと、スミスになっちまうぜ」

千早(つ、ついに来るわ……)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:12:03.48 ID:TogtbFbo0

P「じゃ、いくぞー」

春香「はい!早く千早ちゃんの唇を奪ってあげてください」

P「いや、いき返させるってい話貫けよ」

千早(そんなの、どちらでもいいわ……、早く!)

P「……では、改めて」 チュッ

千早「しかし、千早は生き返らなかった」

P「ザオリク」 ドコッ

千早「す、すいません……!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:14:17.39 ID:TogtbFbo0

P「生き返ったなー」

春香「はい、バッチリです!」

千早「久々に三途の川を見ました」

P「そうか、それはよかった」

春香「ね、千早ちゃん」

千早「わかってるわ、春香」

P「な、なんだよお前ら」

春香「ザラキッッ!」 ドコッ

P「ぐぅう~~……!?」

千早「大変、プロデューサーが死んでしまったわ!」

春香「本当だ!はやく生き返らせてあげないと!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:18:44.42 ID:TogtbFbo0

P(拝啓、田舎のお母さん)

P(女の子がキスしろって言ってきたのでしてみたら)

P(エルボーかまされた挙句、引ん剥かれてしまいました)

P(なんてこったい♪)

春香「……ち、千早ちゃん」

千早「な、何かしら」

春香「どうする?」

千早「どうするって、……どうしたいの?」

春香「何をすればいいのかな?ナニをすればいいの?」

千早「……状況的にはそうなるわよね」

P「おいこら、ちょっと待て」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:26:24.50 ID:TogtbFbo0

春香「ほらほら、死人は黙ってて下さいよ」 ガスッ

P「げふぅう!」

千早「春香、私からいくわね」

春香「しょうがないなぁ、プロデューサーさんのサクランボは千早ちゃんがもいじゃえ」

P「童貞奪うのをタマがヒュンってなる表現するのやめてくれよ、それじゃまるで陰嚢をもぐみたいな」

千早「それっ」 グイッ

P「おぉぉぉおおおおおおおおおおおぅう!」

P「ちはやちゃん、そこ、ひっぱらナイで……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:33:33.75 ID:TogtbFbo0

千早「え、だって春香がもげって……」 グイグイ

P「おうぅ……、ちょっと慣れるとアレかも」

春香「ち、千早ちゃん!みて、プロデューサーさんのプロデューサーさんが!」

千早「これは……、プロデューサーのプロデューサーが一気にAランクに!!」

P「ちょっ!やだ!なにこれ!みないで!」

千早「……ゴクリ」 グニュ

P「おぅぅぅうううう!タマが、タマが!つぶれる、プロデューサー竿オンリーになっちゃうぅううう!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:42:01.07 ID:TogtbFbo0

春香「ち、千早ちゃん、流石にちょっとプロデューサーさんがまずいことに」

千早「確かに……、これ以上はプロデューサーの命に関わるわ」

春香「もう、千早ちゃん。プロデューサーさんは死んでるんだよ?」

千早「あ、そうだったわね」

春香「はははは、もう千早ちゃんったら」

千早「うふ、うふふふふ」

P「……フェニックス召喚!」 ドスッ ドスッ

春香「ぐええええ」

千早「くっ……」

P「今はもうスクエニなんだよ」

春香「いみがわからない……!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 20:49:08.88 ID:TogtbFbo0

P「まったく、キスしてやったんだからそれでいいだろ」

春香「ごめんなさい、ちょっと調子にのってました」

P「お前達な、まだまだ10代なんだ。こういうことははやい」

春香「だって、クラスの皆は」

P「他所は他所!うちはうち!」

P「あと千早も、俺のトランクスの臭いかがないの!」

千早「はっ……すいません、つい!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:00:46.76 ID:TogtbFbo0

P「さて、服もきた着たことだし」

春香「そろそろ事務所いかないといけないですね!」

千早「あ、まってください」

P「なにかな、ちーちゃん」

千早「……ばたり」

P「春香、死体はほっといて2人で事務所いこうか」

春香「そうですね」

千早「あ、リレイズ!リレイズかかってました!リレイズ!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:06:34.51 ID:TogtbFbo0

765プロ

P「……」

美希「……」

P「……美希」

美希「どうしたの、ハニー」

P「や、仕事するのにちょっと邪魔かなって」

美希「……」

美希「だったら、ミキとイチャイチャすればいいの」

P「あー、なるほど。美希はあたまいいなあ」

P「あっはっはっはっは」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:15:09.68 ID:TogtbFbo0

P「さて、離れようか」

美希「ミキはハニーから離れられないの」

P「……そうか、ならば」

美希「?」

P「シャナクっ!!」 ドスッ

美希「がふっ」

P「はなれようねー」

美希「み、ミキは、この程度でへこたれないの!!」

P「ひ、ひぃ!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:22:28.84 ID:TogtbFbo0

P「ちょっと!いい加減に離れてよ!俺だって仕事したいんだからね!プンスカ!」

美希「ご、ごめんなさい!でもイヤなの!!」

P「お、おう、そこまで力強く拒否されるなんて」

P「いやいや!そうじゃない、そうじゃない!」

P「離れなさい、美希」

美希「……む~」

P「もう、いいわ!もう仕事しねーよ!そしたら困るのお前だからな!ハッハッハ、ざまあみろ!」

美希「でも、そしたらお給料もらないのハニーなんじゃ」

P「……さて、明日の予定はっと」

美希「はにぃ~……」 スリスリ

P「シャナク!!」 ドゴッ

美希「がふっ」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:31:03.89 ID:TogtbFbo0

P「……ね、離れなさい」

美希「はぁーい」

P「よしよし、いい子だ」

美希「じゃ、美希はちょっとだけお昼寝しようかな……」

P「ああ、おやすみ」

美希「おやすみなの……」

美希「くぅ……くぅ……」

P「ザメハ」 ガシャァアアン

美希「っ!?なに、何なの!?」

P「悪い、ちょっと鉄製のマグカップを5つも落としちゃったー、てへへ」

美希「もう、お昼寝ジャマしないでほしいの!」

P「てひひっ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:38:02.21 ID:TogtbFbo0

美希「すぅ、すぅ……」

P「ザメハ」 ガシャーン

P「ザメハ」 ドルゥゥウン

P「ザメハ」 ギュィィイイイン

美希「もー!ハニー、うるさいの!」

P「ザメ……ちっ!」

美希「もう、お昼寝はやめにするの」

P「残念、寝てるときにキスしようと思ったのに」

美希「Zzzzzzzzzzzz!!!!!」

P「こらこら、狸寝入りはいけないなぁ」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:43:48.95 ID:TogtbFbo0

P「……はいはい、早く起きような、白雪姫」

美希「ばっちこい、なの!」

P「……」 チュッ

美希「……あふぅ」

P「はい、これでいいですかな」

美希「ハニー、もう一回!」

P「わがまま言わないの、また今度な」

美希「はーい……」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:49:47.87 ID:TogtbFbo0

P「んー!いやあ、今日やっとかなくちゃいけないことは終わったな」

真「あ、プロデューサー。お疲れ様です」

P「ああ、お疲れさま」

真「……あ、何かボク死にそう」

P「え」

真「あー、ボク死んじゃうなー、これ多分死ぬなー、今死んじゃうなー」

P「ちょっと先に春香と千早呼んでから死んでくれない?」

真「あ、はい」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:51:05.17 ID:TogtbFbo0

真「……メールしました!」

P「よし、死ね」

真「わっかりました!……ばたっ」

P「さて、霊柩車っと」

真「えっ」

P「だって、死んじゃったし」

真「やだなー、違うますよ。ほら、春香たちにやったアレですよ」

P「あー、あれね」

P「ザオリクッッ!!」 ドコッ

真「ぐほっ……、そ、そっちじゃな……」

P「やっとかなきゃ、不公平になるだろ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 21:59:48.89 ID:TogtbFbo0

千早「プロデューサー、どうかしたんですか?」

春香「まこ……はっ、し、死んでる!」

P「それはもういい。おまえら、キスのこと言いふらしたな」

千早「そんな、真以外にはいってません!」

P「一人に言った時点でOUTなんだよ」

P「まったく、お前ら2人には罰をあたえなくてはな」

千早「お尻ペンペンなら喜んで」

P「ここから濃厚に真を甦らせます。舌を入れるアレで」

春香「ち、ちきしょおおおおおゥゥゥゥ!!!」

真「え、ホントですか!本当ですか、プロデューサー!」

P「おう」

真「やーりぃ!」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 22:06:03.35 ID:TogtbFbo0

春香「ギギギ……!」

P「よし、真、行くぞ!」 チュッ

真「んっ…」

真「ん、ふ、ぁ…ちゅ……」

P「……ぷは」

千早「……くっ」

P「さて……、真。お前は春香から聞いた事を誰かに言いふらしたか?」

真「え?やよいと伊織に……」

P「やよいにエルボーなんてアタシ出来ない!!!!!」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 22:11:17.81 ID:TogtbFbo0

春香「そもそも、エルボーをしなけりゃいいんじゃ……」

やよい「大変ですー!伊織ちゃんが死んじゃいました!」

P「……いってくるね、とりあえず」

千早「プロデューサー、高槻さんにキスした直後に私と……」

P「お前は何をいってるんだ……、千早、お前は疲れてるんだよ」

千早「え、私は正常です!」

真「どの口がいうんだろう」

春香「ねー」

P「お前らも大概だからな」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 22:18:07.28 ID:TogtbFbo0

P「わー、たいへんだー、伊織がしんでるー」

伊織「……」

やよい「じゃ、さっそくお願いしますー!」

P「……はいはい」 ちゅ

伊織「……」

P「起きろっ!」 ドスッ

伊織「ぎゃひぃん!?」

伊織「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと、アンタ!」

P「やよいー、俺とキスしよーな」

やよい「はい!」

伊織「え、ちょっと、2人とも!私を無視しないでよ!」

P「ん~っ」 ちゅ

やよい「んー……」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 22:24:38.73 ID:TogtbFbo0

伊織「……ねえ」

伊織「ねえ」

伊織「ちょっと、いつまでやってんのよ!もう一分よ!」

P「ぷは、なんだよ、無粋なヤツだな」

伊織「やよいと私と扱いの差が激しいのよ」

P「……だって、伊織は死んだんだもん」

伊織「いや、意味わからん」

P「で、他には誰がこのことしってんだろ」

伊織「小鳥が盗み聞きしてたけど……」

P「まじかよ……」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 22:26:44.63 ID:TogtbFbo0

P「そろそろ、小鳥さんが死ぬころだな」

小鳥「大変!大変ですプロデューサー!」

P「はいはい、死にそうなんですね。さっさと死んでください」

小鳥「私じゃないですよ!社長です!」

P「……は?」

小鳥「ですから、社長です」

P「はあ」

小鳥「ほら、現実逃避してないで!例の如く、お願いしますね」

小鳥「あ、それが済んだら私が死にますので!!!!!」

P「いやじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!」



HAPPY END


元スレ
P「春香が死んだだって!?」千早「はい」