1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:01:43.62 ID:63gjyA830

上条「>>4にな!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:02:36.54 ID:oFd8RXtj0

こもえ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:06:57.82 ID:63gjyA830

上条「っしゃああああ!!!!せんせええええ!!!」

小萌「な、なんですか上条ちゃん、先生のおうちに勝手に入ってきちゃだめなのですよお!!」

上条「ぐえっへっへっへっへ!!先生にただひたすらエロいことをしてやる」

小萌「へ? え、えろいことなんてだめですよぉ」

上条「>>12-16をやってやるぜ!!」

えろいやつ以外はスルーします



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:09:32.05 ID:8GumOWKr0

アナルフィスト



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:10:04.12 ID:oFd8RXtj0

せっくす



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:10:04.32 ID:nR/1MIy30

浣腸



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:10:09.42 ID:kgvBydIsi

スカルファック



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:15:50.74 ID:63gjyA830

上条「馬鹿やろう!! アナルフィスト はともかくスカルファックなんぞただの拷問じゃねえか!!」

上条「そんな虐待じみたエロくないこと小萌先生にできるわけねえだろうが!!」

小萌「あなるふぃすと?すかるふぁっく?」

上条「先生、先生はそんなこと知らなくていいんです。さあまずはおぱんつを抜いでおしりをこちらに向けてください」

小萌「いきなりなにを言うんですか!! ////////」

上条「ちょっくら浣腸してから普通にセックスするだけですから。さあ!」

小萌「いやです!!先生は上条ちゃんとセックスなんていやですよお!!」

上条「嫌よ嫌よも好きのうち、ってことで強引にいきまーす!!」

小萌「きゃああああ!!!」

上条「あれ?浣腸って何をお尻にぶちこんでやればいいんだっけ?」

上条「うーん・・・」

上条さんは>>21をこもえせんせーのおしりに注ぎ込むようだぞ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:17:25.53 ID:+GtmJOCM0

ビール



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:22:40.23 ID:63gjyA830

上条「おお、こんなところに先生の飲みかけのビールが」

小萌「はうううう、見ちゃだめですぅ・・」

上条「まったく、昼間っから飲酒だなんて先生は悪い子です。えいっ」

パッチィンッ!!

小萌「ひたぁぁっ!!」

上条「ほらほら悪い子はおしりぺんぺんですよー!」

バチィンッ!! ベッチィンッ!!

小萌「いたぁっ!! いたいですよかみじょうちゃんっ!!」

上条「それじゃあおとなしくしててくださいね?」ナデナデ

小萌「うぅ・・・ ぐすっ」

上条「じゃあぐいっといきまーす」

ズプッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:28:41.53 ID:63gjyA830

上条「そしてぐぐっと」ググ

小萌「は、はぁぁ~~~」

上条「先生が経験あるかわからないんですけどビール半分くらいなら大丈夫ですよね」ググ

小萌「しゅ、しゅわしゅわでつめたいのがはいってきますぅ・・・」

上条「おーし、もうちょっとですよせんせー」

小萌「お、おしりのなか・・びりびりしますうぅ・・・」

上条「よし、これで全部だ・・・」

小萌「か、かみじょおちゃん。ぬいてくださぁぃ・・・」

上条「だめです。しばらくこのままでいてもらうので栓をしちゃいますね」

小萌「そんなぁ・・・」

上条「さて、たまたまポケットに入ってたこのローターを」

ぬぷっ

小萌「あ、あああぁぁ・・・ といれにぃ、といれにいかせてくださぁぃぃ・・」

おしりにビールを入れられたこもえせんせーはどうなる? >>30



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:29:56.00 ID:SPog4f3x0

もらす



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:37:03.80 ID:63gjyA830

小萌「といれぇ、といれにいきたいですぅ」

上条「だーめですー」

小萌「おねがいですぅ、もれちゃいますよぉ」

上条「ならもらしちゃえばいいじゃないですか」

小萌「そんなぁ、そんなのだめですよぉ」

上条「大丈夫ですって、こんなこともあろうかとドリフでおなじみの金盥を用意してあります」

上条「で、先生をひょいっと」

小萌「ひゃっ!」

上条「ちっちゃい子をお風呂に入れるみたいな形になりましたね」ナデナデ

小萌「やですぅ、先生は大人だからこんなのやぁですよぉ」

上条「なら、俺のを口で満足させることができたらトイレにいかせてあげます」

むくむく ぼっきぃーん

小萌「ううぅぅぅ・・・」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:49:16.44 ID:63gjyA830

小萌「ふぁむ・・・くしゃいでしゅふぉお」

上条「先生、嫌なら盛大にお漏らししてもいいんですよ?俺は先生のお漏らしってすっげえ興奮しますから」

小萌「きゃみじょおひゃんのふぃふぃふぁう ちゅう」

上条「口が小さいから全部入らないか、でもあったかくて気持ちいいですよ」ナデナデ

小萌「ふぁふ ちゅるれろちゅぱ ぷはぁっ はぁぅっ れろむちゅ」

上条「先生、手も使っていいですよ」

小萌「ふぁっ お、おひりぃ・・」シコシコ

上条「気持ちいいんですか?」

小萌「も、もれ・・・ましゅぅ・・」シコシコ

上条「ならもらしちゃってくださいよ。しゃぶらせながらおもらしされるってのもそそりますから」

小萌「う、うぅぅぅ・・・んぅぅぅぅ・・・」フルフル

上条「やれやれ、どうやら限界みたいですね。しょうがないから手伝ってあげましょう」きゅぽっ

小萌「ひっ!」ビクン

上条「そしてお腹をこうやって」サスサスサスサスサスサスサス

小萌「あああああ!!! なでなでだめですうううううう!!!」
後ろだけおもらし?前も一緒におもらし? >>48



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:51:10.95 ID:LpdHwpoy0

小萌は尿意と便意に耐え切った



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:57:21.60 ID:63gjyA830

小萌「んっ」チョロッ

じょろろっじょぼじょぼ

小萌「っはぁ、っはぁ・・・」

上条「あれ?ビールだけ?」

小萌(入れられたものが出ただけでとどまりましたけど、それでも恥ずかしいですよぉ //////)

上条「少し残念だけどしょうがないですね、それじゃあ続きをしましょうか」

小萌「つ、続きって、先生はもう上条ちゃんのおちんちんはなめないですよ?」

上条「えー」

小萌「えーじゃなくて、先生と上条ちゃんでこんなことはいけないことなのです!」

上条「でももう俺のすっかり硬くなってるからセックスしないと治まりそうにないんですよね」

小萌「だめですってば!」

上条「そんなこといって先生のここも・・・」

こもえせんせーの体は準備ができている? >>54



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 21:58:30.56 ID:77ZBQd9s0

アナルセックス



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:02:08.41 ID:63gjyA830

上条「あれ?濡れてない」ペタペタ

小萌「当たり前ですよぅ、こんな無理矢理なの嫌嫌に決まってるじゃないですかぁ!」

上条「しょうがねーな、ならアナルセックスしましょう」

小萌「そんなの入るわけないじゃないですかぁ!」

上条「やってみないとわからないじゃないですか」

小萌「上条ちゃん!裂けちゃったら手術しないといけないんですからね!」

上条「うーん・・・・」

で、こもえせんせーのアナルに上条さんのおちんちんは入る? >>61



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:03:46.56 ID:554zd8NM0

意外とガバガバ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:10:26.25 ID:63gjyA830

にゅるっ

小萌「ひゃっ!」

上条「あれ? なんてスムーズに・・・」パンパン

小萌「かみじょおちゃんのおちんちんがせんせえのおひりえぐってりゅうううう!!!」

上条「っていうか狭いのは入り口だけで中は割りとガバガバじゃないですか」パンパン

小萌「っひうぅぅ、ひりまへんよしょんなのぉ」

上条「いやいや、まああったかくて気持ちいいんですけどもこのゆるいアナルはちょっとがっかりっていうか」パンパン

小萌「が、がっかりしたならぬいてくださいよぉ」

上条「いやいや、気持ちいいことにかわりないんでこのまま続けますよ」パンパン

小萌「おしりぃ、やけちゃいますぅぅ」

上条「まあこのままヤって先生を興奮させてセックスできればいっか せんせー、せんせーって処女ですかー?」

小萌「>>66



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:12:20.53 ID:77ZBQd9s0

前後どちらみ処女



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:17:05.62 ID:63gjyA830

小萌「前後どちらみ処女」

上条「はい?」パンパン

小萌「はじめてですよぉ、今までせんせぇに声をかけてくるのはドゥフフとかフヒヒとか笑う汚らしいキモいのしかいなかったのですぅぅ」

上条「うーん、先生も大変だったんですねー」パンパン

小萌「おひりがあついですぅ、かみじょおちゃん、いつまでするんですかぁぁ」

上条「いつまで?うーん、いつまででもいいんですけど先生のおまんこの味も気になりますし」パンパン

小萌「うぅぅぅずんずんはげしぃぃぃ」

上条「そうだなぁ、ここは・・・」

このまま続ける?おまんこの味をみてみる? >>74



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:20:05.29 ID:3EDcNMik0

アナルでイかせてからおまんこへGO



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:29:09.51 ID:63gjyA830

上条「先生、初めてお尻の穴におちんちんが入ってるわけですけど気持ちいいですか?」パンパン

小萌「あ、あつぅぅぃぃ・・おちんちんがあつぃですぅ・・・」

上条「おまんこよりも先におちんちん入っちゃいましたねー」パンパン

小萌「うぅ、おしりにびーるもいれられましたよぉ」

上条「おしりからビールぴゅるって出した先生かわいかったですよ」ナデナデ

小萌「な、なでられたくらいでぇ・・・」ハァハァ

上条「先生、息が荒くなってきてますね、感じてるんですか?」パンパン

小萌「か、かんじるとかよくわかりませんけどぉ、おちんちんのせぃでおひりあついぃぃ」

上条「そりゃよかった。じゃあこのまま続けますね」パンパン

小萌「はっ、ふぅぅぅ、まだ、つづ・・・くぅ・・・」

上条(よしよし、感じてる感じてる)パンパン



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:36:15.69 ID:63gjyA830

パンパンパンパン

小萌「ぁぁぅ、ふぁぁ・・・・」トロン

上条(顔がとろんとしてきやがった、もうおちんちんのことしか頭にねーなこりゃ)パンパン

小萌「ぁぁ・・・・ っぅぁ・・・・・」

上条「ふっ ふっ ふっ ふっ ふっ ふっ」パンパン

上条(こっちもピストンに集中しねーとイっちまいそうだぜ)

小萌「っ・・ んっ んぅぅ・・・んぁぅぅ・・・」ハァハァ

上条(そろそろイくか?)パンパン

小萌「んっ あっ! んくぅぅぅ・・・ んふゅぅぅぅ・・・ んっ!!」

上条(よし!イけ!イくんだ小萌先生!!)パンパン

小萌「んんんんん!!!!んんふううううあああああああんっ!!!」ビクンビクン

上条「くっ、締まる!!」パンパン

上条(やべっ!出る!!)

どこに出す? >>85



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:37:28.83 ID:1LBMz3mO0





89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:43:02.53 ID:63gjyA830

小萌「ひゃあああああああん!!!」ビクンビクン

ガシッ

上条「え?」

上条(しがみつかれちまった!)

小萌「はぁーっ!! はぁーっ!! しゅごいのきまひたああああ!!」

上条「そ、それは・・・くぅっ!!」ドプドプドプ

小萌「!? おちちんが・・・はねたのです・・・」

上条「ふぅぅ・・・ すみません先生、先生の中に出しちまいました」

小萌「な、なかぁ?」

上条「まあ百聞は一見にしかずってやつです 今抜きますんで」

にゅぽっ

小萌「はぁっ はぁ・・・」

上条「先生、おしりに力を入れてみてください」

小萌「え? あ、はい」

小萌「ん!」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:47:42.73 ID:63gjyA830

ぷぴゅっ

小萌「えっ?」

上条「おー、出てる出てる。われながらたくさん出したもんだな」

小萌「かみじょうちゃん、これは・・・」

上条「やだなあ先生、これが精子ですよ」

小萌「はぁぁぁ・・・ これがぁ・・・ ///////」

上条「次は先生の処女おまんこに入れてあげますね」ニコ

小萌「お!おまんこだなんてだめなのですぅ!!」

上条「そんなこといって先生のここはもう準備ができてるんですけどねー」クチュクチュ

小萌「ひゃうぅっ!!」ビクン

上条「今から選ばせてあげます。先生はおまんこにおちんちん入れられてからどこに出してほしいですか?」クチュクチュ

小萌「>>94



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:50:06.23 ID:EXAaMiYj0





100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 22:57:05.87 ID:63gjyA830

小萌「眼です」

上条「いや、眼に入るとめちゃくちゃ痛いらしいですよ?」

小萌「さすがに眼に直接ってのはあれですけど顔にかけてほしいのです。中に出されるのは嫌なので」

上条「なら普通お腹とかにしませんか?」

小萌「お、男の人は顔を汚したがるって黄泉川先生が言ってたのですよぉ」

上条「黄泉川先生・・・」ムクムク

小萌「何で先生とえっちなことしてる時に黄泉川先生でおっきくしちゃうんですかぁ!」

上条「いやー、ここに黄泉川先生もいたらおっきいおっぱいとちっちゃいおっぱいが楽しめるなーなんて」

小萌「むぅ、上条ちゃん、いつからそんなにふしだらになっちゃったんですか!」

上条「あははは、まあいいじゃないですか、先生の乳首ちゅぱちゅぱしてあげますから」ガバッ

小萌「もう、上条ちゃんったら・・・」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:05:49.09 ID:63gjyA830

ちゅううう ちゅぱっ

小萌「んっ!!」ビクン

上条「先生、乳首弱いんですね?」チロチロ

小萌「こ、こんなことされるの・・・はじめてですからぁ・・・」ゾクゾク

上条「つるぺたの先生が乳首で感じちゃうなんてすげえ背徳感ですよ」チロチロ

小萌「ぷぅ、ぷるぷるきちゃいますぅぅぅ」

上条「先生の体温も感じられて・・・すげぇエロいです」チロチロ

小萌「っはぁぁ・・・かみじょうちゃんのざらっとしたしたがぁ・・」

上条「いいんですよね?」チロチロ

小萌「ん・・んぅぅ」コクン

上条「じゃあこういうのはどうです? あぷ」

ぢゅうぅぅぅぅぅ ちゅるちゅるちゅる

小萌「ひゃあああああああ!!!」

上条(で、口の中で舌をこすり付ける)レロレロ

小萌「ひぃぃぃっぃぃぃんっ!!」ビクン



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:13:49.25 ID:63gjyA830

ぷはっ

上条「先生、かわいい声出しすぎですよ?」

小萌「ら、らってぇ・・ しゅごいんですよぉ・・・」

上条「いやー、先生が乳首で感じてくれたおかげでおまんこがもうよだれたらして俺のおちんちんを待ち構えてますね」

くぷ くちゅっ

小萌「音・・恥ずかしいですよぉ・・」

上条「力抜いてくださいね?ゆっくり入れますから」

小萌「うぅ・・・」

小萌(とうとう・・・おちんちんが・・・)

上条「ふぅ・・・ ほっ」

小萌「ひっ!」

っていうかこもえせんせーのおまんこって入りそう? >>109



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:16:03.33 ID:chbjix9R0

はいる



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:23:30.21 ID:63gjyA830

ぶちっ!

小萌「いたあああっ!!かみじょうちゃんいたいですよお!!」

上条「こっちは見た目どおりですか、いや平均ってとこかな?」

小萌「うぅぅ、いたいぃ、抜いてくださいぃ」

上条「いやいや先生、そういうことを言ってたら先に進めませんって」

小萌「こ、これ以上入れられたら裂けちゃいますよぉ!」

上条「大丈夫ですって、無理矢理押し込むようなことはしませんから力抜いててください」

小萌「じ、じんしていたくてぇ、つらいんですよぉ ぐすっ」

上条「わかりました、最初はじっくりほぐしてあげますからね」

小萌「やさしくですよぉ?」

上条「もちろんです」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:31:20.25 ID:63gjyA830

小萌「んっ、ふぅぅっ いたぃぃ」

上条「ふっ ふっ はぁぁっ ほっ」ニチュニチュ

小萌「おちんちんぐいぐいぃぃ・・・」

上条「すこしずつなじませます、我慢ですよ先生」ニチュクチュ

小萌「かみじょうちゃんのかたすぎですよぉ」

上条「はっはっは、高校生のおちんちんってのはこんなもんですよ」クチュプチュ

小萌「んっ、な、慣れすぎですよぉ・・・」

上条「気のせい気のせい、小さいことを気にしてたらセックスは楽しめませんよ?」チュックプッチュ

小萌「いたぁ・・・ す、すこしずつぅ・・・奥をぉ・・・」

上条「今日はほぐす程度にしますけどいずれ先生のおまんこを俺の形にしてあげますからね?」

小萌「じゃぁかみじょうちゃんはせんせいをぉ・・・」

上条「ええ、俺のモノにします」

小萌「うぅぅぅ・・・ だめないのにぃぃ・・・ いやじゃないですよぉ・・・」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:42:25.36 ID:63gjyA830

上条「今日は初めてだから無理かもしれません、ですけどさっきのアナルセックスみたいに俺のおちんちんで先生をイかせてみせますから」ヌッチュニッチュ

小萌「かみじょぉちゃぁん・・・」

上条「切ない顔しないでくださいよ。もうそれだけで射精しちゃうじゃないですか」

小萌「してくださぃ・・・私で・・・」

上条「しますよ。ですがまだです」

小萌「先生のおまんこは痛い痛いですうぅ」

上条「じゃあ痛くないところにおちんちんこすりつけますね 入り口のとことか」ニュプッ

小萌「ひゃぁんっ!!」

上条「おしっこの出るところの根元とか良くないですかぁ?」

小萌「っあおぁぁんっぅ、そこははんそくですよぉぉ」

上条「先生はエッチですねー、初めてのセックスでおちんちんを感じるなんてさすが大人ですね」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:47:08.39 ID:63gjyA830

小萌「おっ、おちんちんでこすられてぇ・・」

上条「いいですか?」

小萌「いたいですけど・・・ じんじん・・・きますぅ・・」

上条「いい感じですね、その感覚を徐々に徐々に強くしてあげますね」

小萌「っふぅっ んっ いっ いたぅぃ いぃぃ んっ はぁぁっ」

上条「ふぅうぅ、先生のおまんこが俺のおちんちんを気持ちよくしてくれて・・・」

小萌「かたくてあついのがせんせいをぉぉ・・ ひっふぁん・・ひぅぅ」

上条「もう・・出ます・・・よっ!」

にゅぽっ

小萌「あっ・・・」

上条「先生!!眼閉じて!」シコシコ

小萌「ん」キュッ

上条「うっ!!」

ドピュドピュドピュドピュ



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:52:55.38 ID:63gjyA830

上条「あー・・・すっげぇ気持ちいー・・」グリグリ

小萌「も、もう、先生の顔におしつけちゃだめなのです」

上条「いやー、こういうのが女を自分のモノにしたって気になれるんですよねー」ペチャペチャ

小萌「ひどいです、あんまりですよぉ」

上条「と、いうわけで先生、俺のおちんちん舐めてきれいにしてくれませんか?」

小萌「まず顔をきれいにしたいです」

上条「いやいや、俺のザーメンで顔ドロドロにしてる先生がかわいくてまたムラムラきちまうんですよねこれが」

小萌「うぅぅ、上条ちゃん容赦ないです」

上条「だめですか?」

小萌「・・・しょうがないです。こうでもしないとまたおまんこにねじこまれそうですから」

上条「やった!だから先生って大好きなんですよ!!」

小萌「やってあげますから、じっとしてるんですよ?」

上条「はい!」

小萌「・・・はむ」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 23:59:36.74 ID:63gjyA830

上条「先生、出します・・・」

小萌「ぢゅぽぢゅぽ」シコシコ

上条「うっ!」ドプドプ

小萌「んっ!!」

上条「ふぅぅ・・・時間はかかりましたけど先生の奉仕すっげえきもちよかったですよ」ナデナデ

小萌「うえぇぇ・・・ あぁぁぁ・・・・」

上条「あ、無理しなくてティッシュとかに出しちゃっていいですから」

小萌「んべ」フキフキ

上条「先生、次はまたおしりつかってもいいですか?」

小萌「も、もう!こうなったら上条ちゃんの暴れん坊おちんちんは先生がきちっと管理してあげますから他の女の子にこういうことしちゃだめですよ!?」

上条「もちろんです!ってことでおしりをこっちにむけてください」

小萌「はぁ、本当にわかってるのか不安ですけど・・・私がしっかりがんばるしかないですね」

上条「先生大好きです!」

ハッピーエンド


元スレ
上条「ただひたすらエロいことをしてやるぜ!!」」