※閲覧注意



SS速報VIP:モバP「結婚します。」小鳥「ピヨォ!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:03:48.83 ID:KcLOOpgT0

ちひろ「え?」

モバP「結婚します。」

ちひろ「私とですか?」

モバP「やだなぁ。小鳥さんです。」

ちひろ「アラサーですよ?」

モバP「可愛ければいいんです。」

ちひろ「こ、こんなところをアイドルのみんなに聞かれたら・・・」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381233828




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:06:54.13 ID:KcLOOpgT0

幸子「Pさん!僕はかわいいですよ!!」ドヤァ!

モバP「はいはい。幸子はカワイイナァ」ナデナデ

幸子「フフン♪・・・じゃなくて!本当に結婚するんですか?」

P「おう!」ドヤァ

幸子「僕とですか?いいですよ//」

モバP「ははは。ちがうよ小鳥さんだよ。」

幸子「と、鳥と結婚なんて頭がおかしいじゃないですか!」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:08:13.91 ID:KcLOOpgT0

モバP「はは、違う違う。765の事務員さんだよって聞いてるか?幸子」

幸子「鳥に負けた…鳥に負けた… って事務員ですか?それならアイドルの僕の方がいいに決まっています!!」

モバP「ごめんなぁ。結婚式には招待するからなぁ」ナデナデ

幸子「(鳥のくせにPさんを・・・)わかりました。『もし』結婚式が開かれたら是非行きます。」ニッコリ

モバP「ありがとう。」

・・・
・・





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:10:08.44 ID:KcLOOpgT0

響子「結婚…モバPさんが…鳥と…」ギリッ

ありす「鳥…鳥…」ブツブツ

響子「ねぇありすちゃん」

ありす「橘です。で、なんですか?」

響子「そのタブレット貸してくれないかな?」

ありす「なんでですか?」

響子「ちょっと『鳥』のさばき方を調べたくてね…」

ありす「あ、いいですね。私もお手伝います。」

響子「ありがとーひとりじゃ大変そうだしさぁ助かるヨ。」

ありす「でも年老いた小鳥のさばき方なんて出てくるでしょうか?」

響子「アハハ…出なくても『アレ』で補えばモバPさんは喜んでくれるよ。」

ありす「確かにそうですね。」

響子「そうそう♪」





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:10:45.12 ID:KcLOOpgT0





『私たちの愛でね♪』








9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:15:24.87 ID:KcLOOpgT0

――――――
―――――
――――

???「飲みすぎたピヨォ…でもこれで私もゴールイン…」ピヨピヨ

???「勝ったピヨォ!!」ガッツポーズ

???「ってあれ?なんだろう…あの子…こんな夜中に一人で…」

?「え、そうなんだ…ふふふ…さんと一緒にいて、たくさん、感じる、コトが増えてきました…。でも・・・寒い・・・」

???「あ、あの子さっきから一人で壁に向かってしゃべってる…」ヨイガサメテキタ

?「え、なに?あっち?ってあっ!」コトリヲミツケル

???「ビクゥ!」

?「うん。あはは…いつもありがとう。」

???「ね、ねぇ…誰と喋っているの?」オソルオソル

?「え、あ、そっか…あなたじゃあの子は見えないもんね…」

???「あ、あの子?(この子…可愛いけどどこかおかしい…)」

?「気にしないで・・・ねぇ?結婚するってホント?」

???「え、誰から…って…ええそうよ。」ユビワヲミセル

?「そっかぁ….じゃあお祝いしないとね。」ガサゴソ

???「ええ!?」

???「遠慮しないで・・・悪夢…見せて、あげる」ガタッ

小鳥「ピヨォォォ!」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:16:59.87 ID:KcLOOpgT0

――――――
―――――
――――

モバP「最近小鳥さんと連絡がつかないんですよ。」

ちひろ「え、そうなんですか?」

モバP「ええ。赤羽根に聞いてもわからないって…」

ちひろ「そ、それって…」

モバP「まぁたぶんあの人のことだからダイエットの為山篭りってところでしょうけど」ハハハ

ちひろ「そ、そうですよね…」アハハハ

モバP「あ、そうだ聞いてくださいよ!ちひろさん」

ちひろ「え、なんですか?」

モバP「響子たちが明日俺の為にパーティー開いてくれるっていうんですよ!」

ちひろ「パーティー!?」

モバP「ええ。もう嬉しくって嬉しくって」ナミダヌグウ

ちひろ「え、ええ。よかったですね。(あのこたちが素直に祝福するとは…)」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:18:24.04 ID:KcLOOpgT0






モバP「ああ、楽しみだなぁ~」








12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:21:55.43 ID:KcLOOpgT0

――――――
―――――
――――

ギーコーギーコー

響子「ふぅ・・・解体って体力使うんね~♪」

ありす「動画を見ても大変そうでしたね。」

小梅「う、うん。でも血がプシャ―!!って出たのは噴水みたいで綺麗だった….」

響子「さぁ次はハンバーグの為のひき肉つくろっか!」

小梅「ミンチ…ハンバーグは私が…」

ありす「骨はシチューの出汁にしましょう。タブレットでお勧めしています。」ヨイショット

小梅「ありす…物知り…」

ありす「その間に私はローストチキン?を作ります。」タブレットミナガラ

響子「一人じゃ無理だよ。私と作ろ?ありすちゃん♪」

ありす「橘…ってありすでいいです。もうすぐ橘じゃなくなりますから。」

響子「そうだね。あたしも五十嵐とはお別れかぁ・・・パーティー成功させようね!」

小梅「お、おー…」

ありす「当たり前です。」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:23:36.86 ID:KcLOOpgT0





幸子「みなさん!このカワイイボクを忘れてもらっては困りますよ!」ドヤァ







16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:26:27.42 ID:KcLOOpgT0

※流血等人によっては不快に感じる表現があります。ご注意ください。

響子「あ、幸子ちゃん。」イラッシャーイ

幸子「まったく。何をやっているんですか貴方達は…」

小梅「さちこ…じゃまをする?」

ありす「なら幸子さんも…」

幸子「馬鹿なことを言わないでください。」ヤレヤレ

響子「じゃあ何の用事かな?」包丁持ちながら

幸子「パーティーなのにケーキがないとはどういうことですか!」

『!?』






18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:28:44.72 ID:KcLOOpgT0

幸子「全く…しかたないですね。ボクがかな子さん直伝のケーキ作りを見せてあげますよ。」フフン

響子「すっごーい。じゃあパンプキンケーキをお願いします。」

幸子「ええ。材料は・・・っと」コレトコレト...

響子「あ、それも入れてください。」つ

幸子「わかりました…って何ですかこれ?」

ありす「モバPさんに愛されるための隠し味です。」

幸子「そうですか。ちょっと生臭いですけど…頑張って美味く作りますね。」

ありす「余ったら苺と混ぜてミックスジュースにしましょう。」

小梅「それ…いい…やろう…」

幸子「楽しいパーティーになりますね♪」

小梅「あの子も喜ぶ…」

『アハハハハ!!』




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:29:56.34 ID:KcLOOpgT0

――――――
―――――
――――


当日

モバP「パーティー会場は…ここか」ピンポーン

小梅「あ、いらっしゃい…モバP」

モバP「おう。ってアイドルの家なんて新鮮だな。」

小梅「ハロウィン近い…だから…うちがいい…」

モバP「確かにそうだな。本当に手ぶらでよかったのか」

小梅「あなたは・・・主役・・・だから・・・」

モバP「ありがとう。」ナデナデ

ありす「遅いです。早く席についてください。」プンプン

モバP「おう。すまんすまん…ありす」

ありす「わかったのなら座ってください。」

モバP「(名前呼び怒られなかったな。)って何だこのケーキ」

幸子「幸子特性パンプキンケーキです。」ドヤァ

モバP「(カボチャってこんなに赤いっけ?)そうなのか。楽しみだなぁ~」

響子「スープもできましたしさぁいただきましょう。」

モバP「じゃあ遠慮なく…いただきまーす。」ズズッ




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:30:52.68 ID:KcLOOpgT0

響子「どうですか?お味は」

モバP「変わった味だな。食べたことのない味だ。でもうまいよ。」パクパク

ありす「このジュースも美味しいですよ。」つ

モバP「どれどれ・・・」ゴク

ありす「鉄分豊富でおいしいでしょ?」

モバP「どろっとして・・・どこで買ったんだ?」

ありす「内緒です。」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:32:04.01 ID:KcLOOpgT0

モバP「この骨付き肉も固いけど漫画肉みたいでいいな」ムシャムシャ

響子「固いのはきっと年老いた動物の肉だからですよ。」パクパク

モバP「やっぱ年取ってると味落ちるのかな?」

小梅「なら・・・はんばーぐ・・・たべて・・・やわらかい…」

モバP「おっ確かにこれは柔らかいな。」

・・・
・・


モバP「食った食った。」

響子「お粗末さまでした。」

モバP「それにしてもお前らよくこの部屋平気だな。」スプラッター

響子「ええ、まぁ」

幸子「『慣れ』ましたし。」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:34:59.01 ID:KcLOOpgT0

モバP「(慣れ?)それにしてもよくできてるなぁ・・・これ・・・」近くへ行くモバP

体の一部がない女?

小梅「それは…出来立て・・・だから・・・」

モバP「ん…出来立て?」

じっとそれを見るモバP…

モバP「この服…それにポケットに入っている血のついたインカム…この指輪…まさか!?」

幸子「そんなものどうだっていいじゃないですか!」ハイライトオフ

モバP「だって…お前ら…」

ありす「その中身ならちゃんとありますよ。」ハイライトオフ

モバP「な。なかみ?」

ありす「はい。」

モバP「ど、どういうことだ?」

小梅「さっき食べたもの…」ハイライトオフ





24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:35:57.04 ID:KcLOOpgT0

モバP「固い骨付き…どろっとした…」ブツブツ

響子「貴方が愛していたものはみんな私たちの中に入っていったんです!」ハイライトオフ

幸子「ええ。だから僕たちとモバPは相思相愛ですね♪」

モバP「お、おまえら・・・」ガタガタ

小梅「あ、あそこに醜い鳥が…」

誰もいない方向を指さす小梅

ありす「あ、そういえばハロウィン近いですね。モバPさん…」

モバP「く、狂ってる・・・」




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:37:33.08 ID:KcLOOpgT0

響子「アハハハ あたしたちを捨てて結婚しようとしたモバPさんこそ狂っていましたよ!」

幸子「ね、だからあの鳥に代わってボクたちが…」

モバP「お、お前たち絶対おかしいぞ」フルエテル

ありす「あたしたちにもあの鳥は入っています。だからモバPは私たちを愛し結婚出来ますね。はい論破です」フフン

小梅「あの子も仲間が出来てうれしそう・・・」チラッ

響子「あ、そういえば私たちはおもてなししたのにモバPさんからはまだだったよね?」

幸子「モバPさんともあろうお方が手ぶらなんてありえませんよね?」

モバP「手ぶらで・・・こいって言ったのは・・・」

みんな「モバPさん!」

モバPに近寄るハイライトが消えたアイドル達





27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:38:14.65 ID:KcLOOpgT0





モバP「く、くるな・・・だれか・・あっ…あぁ・・・ドアが・・・」ガチャガチャ







29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:39:55.22 ID:KcLOOpgT0





「『Trick or Treat♪』お菓子をくれなきゃ…食ベちャうゾ…」







31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:40:46.33 ID:KcLOOpgT0

以上です。スレタイに注意書き忘れたことをお詫びします。ありがとうございました。



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:43:44.82 ID:445IxfBRo



正直、ピヨちゃんと協力してパーティーのためにごちそうを作っていたというほのぼのオチを期待してた



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/10(木) 03:45:19.00 ID:uig2wcQKo

救いはないんですか!


元スレ
SS速報VIP:モバP「結婚します。」小鳥「ピヨォ!」