曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』






1: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 21:57:27.81 ID:kIogDi2O.net

ようまり。



2: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 21:58:29.06 ID:kIogDi2O.net

昼休み、部室――

曜「うーん…」

コンコン

曜「ん?あ、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「チャオ、曜。何してるの?」

曜「衣装のデザインを考えてたんだ!」

鞠莉「お昼だっていうのに頑張り屋さんね。ご飯はもう食べたの?」

曜「いま食べてるよ。ほら」

鞠莉「食べてるって、それはお菓子じゃない。お菓子をご飯代わりにしちゃうのは、あまり感心できないわよ?」



3: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 21:59:00.56 ID:kIogDi2O.net

曜「その心配はご無用であります!なぜなら、これはお菓子じゃなくて、れっきとしたお昼ご飯だから!」

鞠莉「そのブロックみたい食べ物がお昼ご飯…どういうこと?」

曜「カロリーメイトだよ。もしかして知らない?」

鞠莉「ああ、聞いたことあるわ。なんとなく見覚えも」

曜「でも、食べたことはない?」

鞠莉「ないこともないと思うけど、ちょっと記憶が定かじゃないわね」



4: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 21:59:53.75 ID:kIogDi2O.net

曜「まあ、海外では売ってないかもしれないしね。ひとつ食べる?」

鞠莉「いいの?」

曜「どうぞどうぞー」

鞠莉「ありがとう。ふーむ、見た目は完全に焼き菓子って感じね」

曜「ちなみに味はチョコレートだよ」

鞠莉「ますますお菓子じゃない」

曜「私のお気に入りなんだ。美味しいんだよ!」



5: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:00:33.55 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「じゃあ、いただきます。んっ」

曜「どう?」

鞠莉「うん、厚みのあるクッキーみたいな味と食感で。なかなか美味しいわ」

曜「えへへっ、でしょ?」

鞠莉「でもこのモサっとした感じは、飲み物がほしくなる…」

曜「紅茶でよければどうぞ」

鞠莉「貰うわ。ん、ふぅ。ありがとう」



6: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:01:45.26 ID:kIogDi2O.net

曜「改めて、感想はどう?」

鞠莉「んー。美味しかったし、小腹は満たせそうだけど、やっぱり食事って感じではないかなって。さっき言ってたれっきとしたご飯って、どういうことなの?」

曜「よくぞ聞いてくれました!その秘密はこちら、パッケージに書いてあるのです」

鞠莉「わあ、随分と詳細な栄養表示ね。なになに、1日に必要なビタミンの半分が含まれています…これのこと?」

曜「そう!そしてビタミンだけじゃなく、他の栄養素もバランスよく含んでるんだって。こんなに詳しい栄養の説明、ただのお菓子にはついてないでしょ?」

鞠莉「なるほど、言われてみればそうかも。曜はよく食べるの?」



7: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:02:17.62 ID:kIogDi2O.net

曜「よくってほどでもないけど、好きなんだ。忙しい時にも手軽に食べれるし、栄養も豊富で、何より美味しいし!」

鞠莉「私が思うに、一番最後のが最大の理由かしら?」

曜「あ、わかっちゃった?」

鞠莉「その話しぶりからね。でも、曜ってお口パサパサ系が苦手じゃなかったっけ。結構口の中の水分を持っていかれた気がするけど」

曜「そうなんだけど、これは例外っていうか。子供の頃からの憧れなんだよ」

鞠莉「どういうこと?」



8: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:03:38.16 ID:kIogDi2O.net

曜「ほら、子供の頃って『お菓子を食べすぎたらだめだよ』とか『お菓子を食べすぎると、ご飯が食べられなくなっちゃうよ』って、親とかによく言われたでしょ?」

鞠莉「あるある。私もさっき、似たようなことを言ったかも」

曜「その点、これは美味しいチョコ味なのに、栄養満点で大人の人からもご飯として認められてる。子供心にすごい食べ物だなーって、ずっと思ってたんだ」

鞠莉「可愛らしい憧れね。でも、なんとなく共感できるわ」



9: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:03:54.43 ID:kIogDi2O.net

曜「そんなわけで、たまに買っちゃうんだ。時間が無いときにも便利だしね」

鞠莉「どこでも買えるものなの?」

曜「スーパーとかコンビニにも置いてあるよ」

鞠莉「ふーん、今度チェックしてみようかしら」

曜「味の種類も豊富でね、チーズ味とか、メープル味とか。確か5種類くらいあったかな?」

鞠莉「好みに合わせて選べるってわけね」

曜「まあ、私はチョコ味一択だけどね!」



10: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:04:37.57 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「なるほど、よくわかったわ。カロリーメイトの美味しさも、曜の思い入れの強さも」

曜「へへ、伝わった?」

鞠莉「それはもう、心と味覚でね。それはさておき、長話で作業とお食事の邪魔しちゃったかしら」

曜「そんなことないよ。話ができて楽しかったから、きっと良いアイデアが浮かんできそうな気がする!」

鞠莉「ふふっ、無理せず頑張ってね。それと、お昼ご飯のおすそ分け、ご馳走さまでしたっ」

曜「いえいえ。またねー!」



11: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:05:10.84 ID:kIogDi2O.net

――――――――

その夜、帰り道

鞠莉「仕事を片付けてたら、すっかりこんな時間。明日は朝練もあるし、早く帰らなきゃ」

鞠莉「あ、コンビニ。いつもなら仕事終わりのコーヒーを買うところだけど…もう遅いから、今日のところはやめておきましょう」

鞠莉『どこでも買えるものなの?』

曜『スーパーとかコンビニにも置いてあるよ』

鞠莉「…」



「いらっしゃいませー」



12: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:05:52.40 ID:kIogDi2O.net

……………………………………

次の日、お昼休み――

果南「待ちに待ったお昼ー!」

ダイヤ「果南さん、セリフが食いしん坊みたいですわよ」

果南「言わないで、ダイヤ。今日は朝から忙しくて、朝ご飯を食べてる余裕がなかったんだから」

ダイヤ「まあ。それなら仕方ありませんわね」

果南「でしょー?」

ダイヤ「うふふっ。なら、早いところ食べ始めませんとね、果南さんのお腹と背中がくっつく前に」

果南「うむ!そうしよう、そうしよう!」

ダイヤ「鞠莉さんは、お昼は何を?」



13: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:06:11.87 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「私は、これ」

ダイヤ「あら、これは…」

果南「カロリーメイト?珍しいね」

鞠莉「昨日曜が食べててね、気になったの」

果南「ああ、曜の好物なんだよね、それ」

鞠莉「!」

ダイヤ「そうなんですの?」

果南「なんでも、子供の頃からの憧れだったとかなんとか。詳しくは忘れちゃったけどね」

ダイヤ「よくわかりませんが、曜さんらしいですね」



14: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:06:53.84 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「チョコ味がお気に入りなんだって。昨日もこれを食べてたわ」

果南「ほう」

ダイヤ「なるほど」

鞠莉「ん?ダイヤ、何がなるほどなの?」

ダイヤ「こっちの話ですわ」

果南「そうそう、こっちの話」

鞠莉「なによ、二人揃って…まあ、いいけど」



15: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:07:20.77 ID:kIogDi2O.net

果南「それよりさ、早くいただきますしようよ。もうお腹がぺこぺこー」

ダイヤ「はいはい。では、いただきます」

かなまり「いただきまーす」

果南「今日はおにぎりお弁当なんだー」

ダイヤ「おにぎりでしたら、忙しい朝でも食べられたのではありませんか?」

果南「作る時間はあったけど、食べてる余裕がなくってさ。カロリーメイトだったら、そういうこともできたかもね。ね、鞠莉」

鞠莉「もぐもぐ」

ダイヤ「鞠莉さん?」

曜『私のお気に入りなんだ。美味しいんだよ!』

鞠莉「…うん、美味しいっ」



16: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:07:49.08 ID:kIogDi2O.net

……………………………………

数日後――

鞠莉「曜、ちょっといいかしら」

曜「あっ、鞠莉ちゃん!どうかした?」

鞠莉「今日は、曜に良いものをプレゼントしようと思って」

曜「いいもの?なになに、何をくれるの?」

鞠莉「曜の大好物よ。はい」

曜「わあ、カロリーメイトだ!んっ?でもこれ、いつものとちょっと違う…ロング、ライフ?」

鞠莉「災害時用の備蓄品でね。その名のとおり、3年も保存がきく優れものなの」



17: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:08:16.18 ID:kIogDi2O.net

曜「3年も?すごい、そんなのがあったんだ!」

鞠莉「お店には売っていないからね。専門の業者さんを通じて買っているんだって」

曜「へえー!でも、そんな特別なもの、貰っていいの?」

鞠莉「これまで備蓄してあった分が、賞味期限の関係でちょうど入れ替えになってね。余裕を持たせて期限を迎える前に更新するんだけど、捨てちゃうのは勿体ないから、近々希望する人に配布する予定なの」

鞠莉「朝、曜がお昼を持ってきてないって言ってたから、一足先に頂いてきたというわけ」

曜「私のために?嬉しいよ、ありがとう!」



18: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:08:29.32 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「いえいえ、お古でゴメンだけどね。それじゃ、私はこれで――」

曜「あっ、鞠莉ちゃん」

鞠莉「ん?」

曜「鞠莉ちゃんは、今日のお昼はどうするの?」

鞠莉「私?私も、このカロリーメイトで済ませちゃおうかなって」

曜「ならさ、一緒に食べない?」

鞠莉「一緒にって、お昼?」

曜「うん!」

鞠莉「カロリーメイト、を?」

曜「うんっ!」



19: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:09:15.78 ID:kIogDi2O.net

……………………………………

お昼、理事長室――

コンコン

鞠莉「はーい」

「私です、曜です」

鞠莉「どうぞー」

曜「えへへ、失礼しまーす」

鞠莉「いらっしゃい。早かったわね」

曜「そりゃあもう、鞠莉ちゃんを待たせるわけにはいかないからね!」



20: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:10:11.21 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「お気遣いありがと。座ってて、飲み物を用意するから」

曜「あ、持ってきてるよ、お構いなく」

鞠莉「せっかくなんだから構わせてよ。曜は大事な大事なお客様ですよ?」

曜「なら、お言葉に甘えようかなっ」

鞠莉「ぜひそうして。私はコーヒーにするけど、何がいい?」

曜「私もコーヒーで!」



21: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:10:31.79 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「珍しいじゃない。コーヒーを飲んでるところ、あまり見た覚えがないけど」

曜「まあね。最近好きなんだー」

鞠莉「私としてはコーヒー好きが増えてくれるのは嬉しいわ。今度コーヒータイムに付き合ってもらおうかしら」

曜「お呼びとあらば、いつでもお供するよ!」

鞠莉「楽しみにしておくわ。お砂糖とミルクはどうする?」

曜「多めで!」

鞠莉「ん、了解っ」



22: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:10:56.01 ID:kIogDi2O.net

曜「カロリーメイト、鞠莉ちゃんは何味食べるの?」

鞠莉「チョコ味よ。というか、チョコ味しかないのよ、長持ちタイプは」

曜「あ、そうなんだ」

鞠莉「いま、嬉しいなって思ったでしょ」

曜「えっ、なんでわかったの?」

鞠莉「声が聞こえたもの。心の中で『やった!』って叫んだ、曜の声がね」

曜「あちゃー、聞こえちゃったか。これでも抑えたつもりだったのに」

鞠莉「とても大きな声だったからね、聞き違えるはずもないわ」



23: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:11:24.16 ID:kIogDi2O.net

曜「うーむ、気をつけなきゃだね。色々聞かれたら困っちゃう」

鞠莉「ふーん、困るようなこと考えてるの?」

曜「人並みにはね。私だってそういうお年頃だよ?」

鞠莉「まあっ、それはますます気になってきたわ。ちゃんと耳をそばだてておかなくっちゃ」

曜「お手柔らかにお願いします。えへへっ!」



24: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:11:48.45 ID:kIogDi2O.net

鞠莉「うふふっ。はい、お待たせ」

曜「ありがと!それじゃ、さっそく」

ようまり「いただきまーす」

鞠莉「いただきますって言っても、やっぱりランチって雰囲気とは違うわね」

曜「いいじゃない、こういうお食事会もたまにはさ!」

鞠莉「むしろお茶会って感じだけどね。さてさて、ロングライフ、そのお味はいかに」

曜「見た目は完全に普通のカロリーメイトだね。あーむっ、もぐもぐ…んん、味も同じだ、美味しいよ!」

鞠莉「ん、本当だわ。見ても食べても、違いがわからないレベルね」



25: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:12:41.38 ID:kIogDi2O.net

曜「あれ?」

鞠莉「ん?」

曜「ってことは鞠莉ちゃん、最近カロリーメイト食べたの?」

鞠莉「あ…ええと、実はこの前、曜に話を聞いてから気になって、それで――ねえ曜、なんでそんなに嬉しそうなの?」

曜「カロリーメイト仲間が増えるかも、って思ったら嬉しくて!えへへっ、また心の声が聞こえちゃったかな?」

鞠莉「それ、メイトと仲間がかぶってるわよ。でも、本当に遜色ないわ。それだけ保存食としての完成度が高いってことなのかも」



26: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:13:43.82 ID:kIogDi2O.net

曜「確かに。保存食って、乾パンとかビスケットみたいなイメージしかなかったよ」

鞠莉「他にも長期保存できるパンとか、ご飯とかもあるのよ。避難訓練の時に食べたけど、なかなかのものだったわ」

曜「へー。知らないことってあるんだなぁ」

鞠莉「そうね。ふふっ」

曜「ん、どうかした?」

鞠莉「なんだか嬉しくって。ここ数日は、理事長室で仕事しながらの食事が多かったから」

曜「忙しいの?」

鞠莉「季節柄、ちょっとね。それに、カロリーメイトひとつじゃコンパクトすぎると思ったけど、こういうランチも意外と悪くないなって。誰かと一緒に食べるご飯って、やっぱり楽しいもの」



27: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:14:14.57 ID:kIogDi2O.net

曜「わかるよ。何を食べるかも大事だけど、誰と食べるかも重要だよね」

鞠莉「今日の曜、なかなかいいことを言うじゃない」

曜「今日の、は余計だよー。それに」

鞠莉「それに?」

曜「それに、鞠莉ちゃんと一緒なら尚更、かな」

鞠莉「へっ…?」



28: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:14:59.18 ID:kIogDi2O.net

曜「なーんて。あははっ、流石にカッコつけすぎちゃったかも。って、あれ?」

鞠莉「…」

曜「鞠莉ちゃん?まーりーちゃーん」

鞠莉「えっ?あ、ああ、何?」

曜「もうっ、聞いてた?ちゃんと突っ込んでくれなきゃ、ボケが回収されないままになっちゃうじゃない」

鞠莉「ご、ごめん。って、さっきのはボケだったの?」

曜「んー、まあ嘘か本当かって聞かれれば、本心なんだけどね。って、あれれ?鞠莉ちゃん。おーい」



29: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:15:33.18 ID:kIogDi2O.net

……………………………………

果南「ねえダイヤ、どう思う?」

ダイヤ「どうって、何がです?」

果南「わかってるくせに、鞠莉のことだよ。最近、曜のことが気になってるみたいだったでしょ」

ダイヤ「もちろん、いいと思いますわ。曜さんも鞠莉さんと話をしたがっていたようですし」

果南「二人ともああ見えて、意外と引っ込み思案なところがあるんだよね。朴念仁って言うかさ」

ダイヤ「あら、果南さんにしては随分と難しい言葉を使うのですね」

果南「なにそれ、朴念仁その2のくせに」

ダイヤ「朴念仁その3に言われたくありませんわ」

果南「言ったなー、ふふっ」



30: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:16:19.48 ID:kIogDi2O.net

ダイヤ「うふふっ。噂をすれば、朴念仁その1がお戻りですわ」

鞠莉「ただいま。なんの話?」

ダイヤ「世間話ですよ、なんてことのない。どうでした、曜さんとのランチは」

鞠莉「んー、あっという間だったわ。すぐ食べ終わっちゃったし、ランチというよりもお茶会みたいな雰囲気で」

果南「でも、実はすごく楽しかった?」

鞠莉「…わかるの?」



31: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:19:57.00 ID:kIogDi2O.net

果南「わかるよ」

ダイヤ「顔に、書いてありますからね」

鞠莉「!」

果南「心から嬉しいと、つい顔に出ちゃう。そういうものでしょ?」

ダイヤ「そういうもの、ですわ」

曜『えへへっ、また心の声が聞こえちゃったかな?』

鞠莉「…そっか、そうよね」

曜『何を食べるかも大事だけど、誰と食べるかも重要だよね』

果南「鞠莉?」

ダイヤ「どうかしましたか?」

曜『それに、鞠莉ちゃんと一緒なら尚更、かな』

鞠莉「いえ、なんでもないわ。ええ、楽しかった!なんというか、本当にちょっとしたことなんだけど、すごく楽しい時間だったって、そう思えるの」



終わり



32: 名無しで叶える物語 2020/04/06(月) 22:20:09.34 ID:kIogDi2O.net

全弾撃ち尽くしました。バランス栄養食ようまりでした。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「からさいっぱい、元気いっぱい」

ありがとうございました。


元スレ
曜「ポケットサイズ・ランチタイム」