1: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:42:44.72 ID:1EK+HNGe.net

千歌「ダイヤさん!ダイヤさーん!!ダ・イ・ヤさーん‼‼」ガラッ

ダイヤ「なんですか、騒々しい」

千歌「知ってましたか⁉」グイッ

ダイヤ「近いですわ!」

千歌「今のは千歌と近いをかけ…

ダイヤ「かけておりません!」

ダイヤ「ゴホン、で、用件はなんですの?」

千歌「ほら、これこれ!」

ダイヤ「あぁ、μ’sの特集ですか」

ダイヤ「何か珍しいことでも書いてありましたか?」



2: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:43:54.56 ID:1EK+HNGe.net

千歌「ほらこれ!穂乃果さんって音の木坂の生徒会長だったんだって!!」

ダイヤ「貴女という人は…」

千歌「なになに、さすがのダイヤさんでも知らなかった?」

ダイヤ「そんなことは常識中の常識ですわ!!」

千歌「ダイヤさん顔が近いよ…あ、今度こそ千歌と近いを…

ダイヤ「そこになおりなさい!私が再度千歌さんにμ’sの講義をしてあげますわ!」

千歌「ダイヤさん…無視はいくない…」

ダイヤ「おだまらっしゃい!!」



3: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:44:43.71 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「音の木坂学院では、スーーパーークール!なエリーチカが元々生徒会長を務めておられました」

ダイヤ「それはご存知ですわね?」

千歌「はい!ダイヤさんの憧れですよね!」

ダイヤ「そうですわ!スクールアイドルで生徒会長!これ以上がありましょうか?いや、ありませんわ!」

千歌「うちには、スクールアイドルで生徒会長どころか理事長もいるけど…」

ダイヤ「あれは例外ですわ。」

ダイヤ「と・に・か・く!3年生のエリーチカが推薦して穂乃果さんが生徒会長となったのです」

ダイヤ「とてつもなく優秀なエリーチカの後ですから、穂乃果さんも苦労したそうですが、μ’sのリーダーから音の木坂のリーダへと成長したそうです」

千歌「さすがダイヤさん!詳しい!」



4: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:45:52.17 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「で?貴女のことですからそれを伝えにきただけではないのでしょう?」

千歌「え?なんでわかるんですか?」

ダイヤ「千歌さんは分かりやすいですからね」

千歌「まぁ、じゃあ、言いたいことも分かるよね?」

ダイヤ「まぁ、そうですわね」

千歌「そう!私も穂乃果さんみたいにダイヤさんからバトンを…

ダイヤ「残念ですが…我が浦の星女学院は次の生徒会長は決めないことになっているのです」

千歌「え?」

ダイヤ「ですので、この話はおしまいです」

千歌「ちょっと待って!それって廃校になる前提でしょ?私たちはそれを防ぐために活動してるんだよ?」

ダイヤ「学校側の決定ですので」

千歌「そんなぁ…」

ダイヤ「それと…今の貴女では私からは推薦できかねます」

千歌「えー?どうしてですかー?」

ダイヤ「それは自分と…週明けに返ってくるテスト用紙に聞いてください」

千歌「むぅ…」

ダイヤ「さぁ、むくれてないで、久しぶりの練習ですから先に部室に行って準備してきてください」

ダイヤ「私もこれが一段落すれば向かいますので」

千歌「はぁーい…失礼しましたー」ガラガラ



5: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:47:00.96 ID:1EK+HNGe.net

鞠莉「私はぴったりだと思うけどな!千歌っちが生徒会長!」

ダイヤ「ピャッ!?鞠莉さんいつからいたんですの!?」

鞠莉「んー、It’s top secret!」

ダイヤ「はいはい、最初からですね」

鞠莉「もう、ダイヤったらつれないわねー」

鞠莉「で?どうして嘘なんかついたの?私は次の生徒会長決めないなんて言ったつもりはないけれど?」

ダイヤ「さぁ、鞠莉さんも早くしないと練習に遅れますわよ?」

鞠莉「ダイヤ!」



6: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:48:01.56 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「はぁ、千歌さんにこのような書類を見せられまして?」

ダイヤ「『廃校に際しての…』、『統合先との…』、正直気が滅入りますわ」

ダイヤ「鞠莉さんの方が、嫌というほど目にしているでしょうが…」

ダイヤ「私達Aqoursはそれを阻止するために活動しておりますが、時々これらの書類に向き合っていると、とても大きな重圧に潰されそうになります」

ダイヤ「わざわざ千歌さんにそのようなことを味合わせる必要はないでしょう」

ダイヤ「そうでなくとも千歌さんはAqoursのリーダーとして十分すぎるほどに…」

ダイヤ「私は千歌さんの笑顔が陰るのをもう見たくはないのです」

鞠莉「ダイヤ…」



7: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:50:36.98 ID:1EK+HNGe.net

千歌「ダメだったぁ…」

曜「あはは…まぁ、そうだよねぇ」

千歌「えー、曜ちゃん分かってたのぉ…」

曜「分かってたわけじゃないけど、まぁ、来年があるかわからない状況だしねぇ」

千歌「先に言ってよぉ…」

曜「ごめんごめん」

梨子「そもそも千歌ちゃんそんなにやりたいの?生徒会長」

千歌「えーだって、穂乃果さんもやってたんだよ?私もやってみたい!って」

梨子「そもそもμ’sを追いかけるのはやめたんじゃ…」

千歌「それはそれ!これは…そう!様式美!みたいな?」

梨子「千歌ちゃんよく分からないよ…」

千歌「えー」

曜「まぁ、同じ流れをくんでみたかったんだよね?」

千歌「そう!それそれ!」



8: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:51:44.35 ID:1EK+HNGe.net

梨子「まぁ、それなら、次がないって状況じゃなくてもダイヤさんが拒んだのも分かるかも…」

千歌「えー?どうしてー?」

梨子「千歌ちゃんのことだから、穂乃果さんがやってからやりたいしか伝えてないんでしょ?」

曜「あー、なるほど」

千歌「えーなんで曜ちゃん分かるのぉ…」

梨子「とにかく、知らない誰かがやってたから私もやってみたいって人に立場を譲るのは不安じゃないかなって」

千歌「穂乃果さんは知らない誰かじゃないもん…」



9: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:53:08.44 ID:1EK+HNGe.net

梨子「そういうことじゃなくって…んー、曜ちゃんパス!」

曜「えぇ?梨子ちゃん投げやりだよー」

曜「そうだなぁ…例えば、Aqoursの大ファンです!千歌ちゃんのこととっても尊敬してます!って人がいるとしてね?」

曜「その子が急に千歌ちゃんがリーダーやってたから、次は自分にリーダーやらせてください!って言ってきたらどうする?」

千歌「そりゃあ、ダメだよ」

千歌「Aqoursには、ルビィちゃんも花丸ちゃんも善子ちゃんだっているんだから」

千歌「なにも知らない人に任せられないし、続くかなんて…」

曜「分かった?」

千歌「はい…」



10: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:53:50.61 ID:1EK+HNGe.net

梨子「でも、本当にやりたいなら応援するよ?」

梨子「千歌ちゃんが生徒会長…ちょっと不安だけれど」クスッ

千歌「あー梨子ちゃん笑ったぁ!」

千歌「ひどいよね曜ちゃん!」

曜「千歌ちゃんこの間始業式遅刻したところだしなぁ」クスッ

千歌「曜ちゃんまでぇ…」

梨子「ごめんごめん…じゃあ、明日からダイヤさんに仕事教えてくださいって頼んでみたら?」



11: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:54:37.11 ID:1EK+HNGe.net

梨子「ダイヤさんも本気なんだなって思ってくれるかもしれないよ?」

曜「私たちも今までも手伝ったっていっても、大したことしかお手伝い出来てないしね」

曜「本格的な仕事ってダイヤさんしか、ちょっと先に進んだのも果南ちゃんだけ…鞠莉ちゃんは自分の仕事もあるし」

梨子「そうそう、確実に手は足りていないはずなの!」

梨子「もし断られてもダイヤさんって押しに弱そうだし」

千歌「梨子ちゃんって時々さらっと毒はくよね…」

曜「梨子ちゃんの毒舌キャラをもっとアピールしていくのも面白いかもしれないであります!」

梨子「千歌ちゃん…?曜ちゃん…?」

千歌・曜「ごめんなさーい!」

梨子「もうっ!とにかく!明日ダイヤさんにお願いすること!分かったわね?」

千歌「はい!」

曜「千歌ちゃんが生徒会長になれば私もお手伝いするであります!」

千歌「二人ともぉ…ありがとう!」



12: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:55:57.12 ID:1EK+HNGe.net

千歌「たのもぉ!」ガラガラ

ダイヤ「千歌さん、生徒会長の話は終わったはずですわよ?」

千歌「ううん、今日はダイヤさんのお手伝いに来ただけ!」

千歌「いつもはお掃除とか棚とか書類の整理しか出来てないけど、もうちょっと手伝えることってないですか?」

ダイヤ「千歌さんに頼むことは特にございませんね」

千歌「そんなに机の上散らかってるのに?」

ダイヤ「う…、しかし、千歌さんにこれ以上は必要のないことですから」

果南「まぁまぁ、ダイヤそう言わずにさ」

千歌「果南ちゃん!」



13: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:56:49.62 ID:1EK+HNGe.net

果南「千歌には私が教えるからさ?ダイヤの手を煩わせずにさ」

ダイヤ「む…しかし…」

果南「それにさ、千歌が手伝ってくれるなら、私もダンスの構成とか1年生の面倒見れる時間も増えるし、ね?私からもお願い!」

ダイヤ「はぁ…分かりましたわ、果南さん、千歌さんよろしくお願い致します」

果南「千歌!早速やるよ?こっちおいで?」

千歌「ダイヤさん!果南ちゃん!ありがとう!」

果南「曜と梨子に聞いたよ?私も応援してるよ、頑張りな?」ボソ

千歌「果南ちゃんありがとう!」

ダイヤ「千歌さん!お静かに!」

千歌「はぁーい!」



14: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:57:27.53 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「正直…こんなに長続きするとは思いませんでしたわ」

千歌「ダイヤさん?」

ダイヤ「少し…休憩しましょうか」

ダイヤ「オレンジジュースでよろしいでしょうか?」

千歌「あ、はい!私も手伝います!」

ダイヤ「すぐに済みますので結構ですわ」

千歌「あ、あとダイヤさん!み・か・んジュースですよ!」

ダイヤ「どちらでも一緒では…」

千歌「違うんですー」

ダイヤ「はいはい、以後気をつけますわ」クスッ

ダイヤ「どうぞ」コトッ

千歌「ありがとうございます…」



15: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:58:17.00 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「私には時々敬語混じりになりますわね」

千歌「あはは、なんとなく、つい」

千歌「ダイヤさんも敬語だし」

ダイヤ「私は口癖ですのでお気になさらず」

千歌「その、別にダイヤさんのこと怖がってるとかそういうわけじゃないですよ?」

ダイヤ「存じ上げておりますわ、千歌さんがそういう人ではないことくらい」

ダイヤ「それより、毎日来ていて勉学の方は疎かになってはいませんか?」

千歌「大丈夫ですよ!成績も上がってきたってこの前先生に褒められたんです!」

千歌「曜ちゃんと梨子ちゃんには勝てないけど…」

千歌「あの二人ったら酷いんですよ?千歌ちゃんがこんな点数取るなんて…ってバカにしてくるんです」

ダイヤ「それは普段の千歌さんの行動が悪いのではないですか?」

千歌「もぉ!ダイヤさんまで!」

ダイヤ「ふふ、失礼しました」



16: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:59:02.69 ID:1EK+HNGe.net

千歌「…ダイヤさんってやっぱり笑うとすごく素敵ですよね!」

ダイヤ「…っ!な、な、何を急におっしゃるのですか!?」

千歌「思ったことを言っただけですよ?」

ダイヤ(しまった、この人は平気でこういうことを言えてしまうんでしたわ…)

ダイヤ(それに笑顔が魅力的なのは貴女にこそ…)



17: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 00:59:50.93 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「ゴホン!」

ダイヤ「ところで」

ダイヤ「まだ生徒会長になりたいとお考えですか?」

千歌「そうですね…やりたい!と思ってます」

ダイヤ「少し弱気ですわね…まぁいいですわ…」

ダイヤ「それは…このような…廃校という事実を重く押し付けられる道だとしてもですか?」

千歌「それは…」

千歌「ダイヤさんそういう書類とかって私に回さないように気をつかってくれてたよね」

ダイヤ「知っていたのですか?」

千歌「まぁ、さすがにずっとやってると…ね?」

千歌「明らかにダイヤさんの前に残ってても、私がやることなかったり、私もダイヤさんの力になりたいってこっそり鞠莉ちゃんに鍵借りて仕事の勉強しに来たりしてたし」

ダイヤ「あの理事長は…」ハァ

千歌「まぁ、私も今変わるとか時季的におかしいのも分かるし…普通な私でも浦の星の代表のダイヤさんの助けになれたら嬉しいなって思ってます」

ダイヤ「そう…ですか…」



18: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:00:45.99 ID:1EK+HNGe.net

千歌「ってもうこんな時間!!ダイヤさん早く!練習遅れちゃう!」

ダイヤ「本当ですわね!急ぎますわよ千歌さん!」

ダイヤ「こら!廊下は走らない!」

千歌「だってぇ…」

ダイヤ「私達は常に学校の代表であるという自覚を持ってですねぇ…」

千歌「…はいっ!」

ダイヤ「急にきちんと返事してどうしたんですの?」

千歌「ダイヤさん、私達って、私も生徒会として認められたのかなー?って」

ダイヤ「当然でしょう?」



19: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:01:35.67 ID:1EK+HNGe.net

千歌「んーーーー!練習頑張るぞぉぉぉ!!」

ダイヤ「千歌さん!だから走ってはいけないと…」

ダイヤ「仕方ありませんわね」ハァ

ダイヤ「千歌さん!待ちなさい!」

千歌「あー!ダイヤさんも走ってる!」

ダイヤ「貴女を注意するためですので私はセーフですわ」

千歌「そんなのズルいー」

ダイヤ「さ、早く行きますわよ?」

ダイヤ(走る貴女の背を見て、横に並んで貴女の表情を見て、少し心がズキッとしているのは、貴女の笑顔と学校の未来とのギャップからでしょうか…それとも………)



20: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:02:06.71 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「あっという間でしたわね」

ダイヤ「貴女とここで過ごした日々が今でも思い起こされます」

ダイヤ「貴女が座る椅子はここで良かったんでしょうか?」

ダイヤ「今日で仕事終える浦の星女学院にその椅子はもう必要はありませんが…」

鞠莉「Sentimentalダイヤですか?」

ダイヤ「鞠莉さん」

果南「千歌の場所でしょ?そこ」

ダイヤ「果南さん」

ダイヤ「いえ、私の選択は果たして正しかったのかと思いましてね」



22: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:02:43.36 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「あれから、廃校の話が一気に進んで、その話が出ることはなくなりましたが、私と千歌さんがこの部屋で過ごした時間は他の誰よりも多いですから」

ダイヤ「それこそ、鞠莉さんと果南さんと比べても…この部屋限定ですが」

ダイヤ「一時期はそれどころではない時もありましたが」

果南「その節はご迷惑を」

ダイヤ「Aqours全員の意見ですから、やらなければ今はありませんでした」

ダイヤ「それにあれから千歌さんは特に変わった気がします」

鞠莉「その辺りは曜と梨子だね」

鞠莉「2年生は強いpowerを持っているわ」

果南「あの子達はきちんと伝える強さを持ってるからね、私達と違って」

ダイヤ「今は私達も変わらないでしょう?」

鞠莉「そうだね」



23: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:03:43.04 ID:1EK+HNGe.net

鞠莉「でも、ダイヤはまだまだダメダメデース!」

果南「そうだね、ダメダメだね」

ダイヤ「どういうことですの?」

鞠莉「何事も遅すぎるということはありません!」

ダイヤ「ですが、もう…」

果南「今日はもう変わらないけどさ、未来なら創れる…でしょ?鞠莉!」

鞠莉「まっかせなさい!私の理事長としての任期はまだ残っているのデース!」

ダイヤ「鞠莉さん、果南さん…」

果南「さぁ、早速準備するよ!ダイヤも手伝ってね!」

ダイヤ「もちろんですわ!」

鞠莉「じゃあ、そういうことだから…」

鞠莉「1年生と2年生には伝えたわ、みんな上手くやってくれるって」

果南「じゃあ、私達は3年生を捕まえようか」

ダイヤ「お二人とも…ありがとうございます!」



24: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:04:25.56 ID:1EK+HNGe.net

鞠莉「さぁ、歌い終えたところで、最後は生徒会長に締めてもらおうかしら」

ダイヤ「そうですわね…」

千歌「え?なんで降りていくの?」

ダイヤ「生徒会長挨拶」

ダイヤ「浦の星女学院 生徒会長 高海 千歌」

千歌「え?え?」

曜「千歌ちゃんしっかりね」ポン

梨子「ほら、返事しなきゃ」ポン

曜・梨子「見てるからね」

千歌「ぁ、…はい!!」



25: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:04:59.54 ID:1EK+HNGe.net

千歌「……………」

千歌「普通な私の日常に突然舞い降りた奇跡…」

千歌「何かに夢中になりたくて、何かに全力になりたくて、脇目も降らずに走りたくて、でも何をやっていいか分からなくて、くすぶっていた私の全てを吹き飛ばし舞い降りた…」

千歌「それは…その輝きは…!」

千歌「私の探していた輝き…私達の輝き…」

千歌「足掻いて足掻いて足掻きまくって…やっと分かった」

千歌「最初からあったんだ、初めて見たあの時から」

千歌「何もかも一歩一歩私達が過ごした時間の全てが」

千歌「それが輝きだったんだ!」

千歌「探していた私達の輝きだったんだ!」



26: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:05:36.32 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「ごめんなさい」

千歌「うぇぇ、ダイヤちゃん!頭上げてよぉ」

ダイヤ「引き継ぐものも渡すものも…千歌さんが座るべき椅子ももうないけれど」

千歌「ダイヤちゃん…」

千歌「大丈夫だよ」

千歌「私はダイヤちゃんとずっと一緒にいたんだから」

ダイヤ「千歌さん…」



27: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:06:09.81 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「たった1日の生徒会長ですが…」

ダイヤ「それでも私は…千歌さんこそが浦の星女学院の最後の生徒会長であるにふさわしいと思っています」

ダイヤ「千歌さんは学校も生徒も1番愛することのできる人だから」

ダイヤ「1番愛されている人だと思うから」

ダイヤ「愛するということは、向き合うことではなく、一緒に同じ方向を見ることだと言われておりますが…」



28: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:06:49.10 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「Aqoursが繋がったのは千歌さんが方向を示してくれたから…私達なんて全員バラバラの方向を見てましたのにね」

ダイヤ「いい加減にしなさい!なんて…あそこに輝きがあるから!そう言われた気がして」

ダイヤ「時には、進むべき道が閉ざされた時もありました」

ダイヤ「道を切り開いたのは浦の星の仲間」

ダイヤ「Aqoursと浦の星が同じ方向を向きました」

ダイヤ「だからこそ最後も千歌さんであるべきだと…始まりがそうだったのですから」

千歌「ダイヤちゃん…」

千歌「…ありがとうっ!」



29: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:07:35.47 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ「貴女は…浦の星にとっては、少なくとも私にとっては、尊敬するエリーチカよりも穂乃果さんよりも、もちろん、私よりも立派な浦の星女学院のリーダーであると思っています」

千歌「そんな…」

千歌「私、やっぱりダイヤちゃんよりも上手くできる自信はないし、私にとっての生徒会長はダイヤちゃんだから!」

千歌「今度はきっと!私ダイヤさんよりちゃんとできました!って自信を持って答えられるように次の学校でもみんなと一緒に頑張ります!」

千歌「ダイヤさん!!ありがとうございました!!」

ダイヤ「千歌さん…貴女のその危ういまでの純粋で全てを受け入れる寛大な美しい心で浦の星女学院の生徒を新しい学校の生徒を愛してあげてくださいね、生徒会長さん」



30: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:08:52.69 ID:1EK+HNGe.net

ダイヤ(貴女が来るようになってから常備するようになったみかんジュース、いつしか私もみかんと呼ぶようになってしまいましたね)

ダイヤ(あぁ、みかんジュースが飲みたくなりました)

ダイヤ(帰り道に買い食いなどよろしくない行為ですが…もういいですわよね)

ダイヤ(私は…生徒会長ではないのだから)




おしまい!



32: 名無しで叶える物語 2020/04/12(日) 01:11:23.93 ID:1EK+HNGe.net

ご覧頂いた方ありがとうございました。
途中から駆け足になってしまって申し訳ないです。

先日書いたものも良ければご覧ください
【サンシャイン】曜「変わらないコト」


元スレ
ダイヤ『最後の生徒会長であるということ』