1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:10:16.86 ID:kc22fGdQ0


ほむら「ん」

杏子「さんきゅ!んじゃ、コンビニ行ってくるなー♪」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:13:25.30 ID:kc22fGdQ0


コンビニ



杏子「ふっふーん」

さやか「杏子?」

杏子「お、さやかじゃん。こんな時間にコンビニだなんて・・・不良だな?」

さやか「杏子に言われたくないね」

杏子「それもそうだな」

さやか「はぁ・・・で、何円分?」

杏子「え?」

さやか「何円分万引きするつもり?って聞いてるんだけど」

杏子「人聞き悪ぃな!」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:15:06.65 ID:kc22fGdQ0


さやか「だって、杏子って・・・」

杏子「待て待て。実はな・・・ほれ!」

さやか「お、お金・・・!?」

杏子「ほむらにもらった」ドヤッ

さやか「なんだ、あたしはてっきり万引きでもするのかと思ったよ」

店員「・・・」ジー

杏子「お前が万引き万引き連呼するから店員さんがこっち見てるだろ!」

さやか「前科持ちのくせに・・・。もしそうならそのおやつ、あたしが買ってあげようと思っただけだよ」

杏子「!」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:17:20.55 ID:kc22fGdQ0


さやか「どうしたの?」

杏子「買ってくれ!」

さやか「プライドってもんがないのかな?」

杏子「じょ、冗談だって・・・」ショボン

さやか「なーんてね。ほら、一緒にお会計行こ?」

杏子「さやか・・・!」

さやか「ここで会ったのも何かの縁だし、今日はおごってあげるよ」

杏子「さやか愛してる」

さやか「やっすい愛だなぁ」ハハハ


・・・

・・・




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:20:20.43 ID:kc22fGdQ0


杏子「ただいまー」

ほむら「おかえり。・・・って、ちょっと」

杏子「え?」

ほむら「随分たくさん買ってきたのね」

杏子「あぁ!」

ほむら「お金足りたの?」

杏子「さやかが買ってくれた」

ほむら「・・・」ゲシッ

杏子「いてぇっ!?」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:23:55.50 ID:kc22fGdQ0


ほむら「どうして私がお金あげてるのにおごってもらってるのよ。それも美樹さやかに」

杏子「たまたまコンビニで会って、それで・・・」

ほむら「・・・そういうのなんて言うか知ってる?」

杏子「へ?」

ほむら「浮気っていうのよ」

杏子「言わねぇよ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:27:39.91 ID:kc22fGdQ0



ほむら「・・・」モグモグ

杏子「・・・なぁ、ほむら。機嫌直せよー」

ほむら「・・・」

杏子「ほむらってばぁー」

ほむら「なぁに?二股さん」

杏子「二股さん!?」

ほむら「あなたはわかっていないようだから教えてあげる」

杏子「?」

ほむら「いい?あなたはここに居候として住んでいる」

杏子「あぁ、そうだな」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:29:47.37 ID:kc22fGdQ0


ほむら「私はあなたの食費を出している。この夕食の材料だって私が買ったでしょう?」

杏子「あ、あぁ・・・悪いと思ってる」

ほむら「でもね、私はそれを嫌だと思ったことはないのよ」

杏子「そ、そうなのか?」

ほむら「そうなの。杏子はただ私と一緒にいてくれればそれでいいの」

杏子「・・・?///」

ほむら「私が全部してあげたいの」

杏子「お、おう///」

ほむら「なのに、何?美樹さやかにおごってもらった?」

杏子「ご、ごめんって!」




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:33:02.64 ID:kc22fGdQ0


ほむら「あなたのような人のこと、世間でなんて言われてるか知ってる?」

杏子「美少女」

ほむら「発言まで美樹さやかっぽくなって・・・!!」ギリッ、ブシュッ

杏子「冗談だよ、出血するほど下唇噛むなよ」

ほむら「だって・・・」

杏子「あたしのような人のこと、知ってるよ。ほむらもさっき言ってたろ?居候って」

ほむら「違うわ」

杏子「え?」

ほむら「ヒモっていうのよ」

杏子「・・・」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:35:50.62 ID:kc22fGdQ0


ほむら「さて、と。食事も終わったことだし、お風呂に入りましょう」

杏子「・・・なぁ」

ほむら「何?」

杏子「今日も一緒に入るのか?」

ほむら「そうよ」

杏子「そっか・・・」

ほむら「何?何か不満?」

杏子「いや、そういう訳じゃ・・・なぁ、ほむらはお風呂が好きなのか?」

ほむら「え?」

杏子「だって、毎日入ってるだろ?」

ほむら「・・・それ、他の人には言っちゃ駄目よ?」




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:39:55.20 ID:kc22fGdQ0


杏子「なんでだ?」

ほむら「あのね、お風呂に毎日入るのは、常識なの」

杏子「なん、だと・・・!?」

ほむら「あなたには信じられないかも知れないけど・・・」

杏子「嘘だ・・・!!ほむら、ケータイ貸してくれ!!」

ほむら「?どうぞ?」スッ


ピッピッ


『もしもーし?』

杏子「あたしだ!杏子だ!」

『杏子ちゃん?どうしたの?』

杏子「まどかは、その、毎日お風呂に入るのか?」

『え?うん』

杏子「なんてこった…!!」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:44:07.09 ID:kc22fGdQ0


『えっとね、毎日お風呂入らないと、その、臭くなるよ?』

杏子「!!」

『杏子ちゃん?』

杏子「わ、あたしは毎日入ってるぞ!」

『?そっか』

杏子「なんたってほむらと暮らしてるからな!」

『う、うん、そうだよね。で、どうしてそんなこと聞くの?もしかして、私・・・臭かった、とか・・・?』

杏子「そんなことない!まどかは臭くない!いい匂いだ!」

ほむら「・・・」ガンッ

杏子「いってぇ!?」

『杏子ちゃん!?』




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:50:05.93 ID:kc22fGdQ0


杏子「き、気にするな。ちょっと足をぶつけただけだ・・・!」イタタタタ…

ほむら「ふんっ」ファサァッ

杏子「えっと、それじゃあたし、そろそろお風呂入るわ」

『え?あ、うん。えっと、おやすみ・・・?』

杏子「あぁ。おやすみ、まどか」

ほむら「・・・」ガンッ

杏子「いってぇ!?」

『杏子ちゃん!?』


ピッ


杏子「いってぇよ!なんで蹴るんだよ!?」

ほむら「昨日私にはおやすみって言わないで寝たくせに」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:55:50.11 ID:kc22fGdQ0


杏子「そんなことかよ・・・」

ほむら「・・・」スッ

杏子「わー!?待て待て!!」

ほむら「でも、これでわかったでしょう?私は嘘はつかないわ」

杏子「あぁ・・・今まではほむらがお風呂好きなだけだと思ってた・・・」

ほむら「わかったなら行きましょう?」

杏子「・・・あれ?でも、一緒に入る必要性って・・・」

ほむら「・・・」キッ

杏子「怖ぇよ」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 23:58:29.28 ID:kc22fGdQ0


ほむら「・・・えっと、一緒に入るのは水道代節約のためよ」

杏子「え?」

ほむら「一緒に入ればその分少なくお湯をはることができる」

杏子「あぁ、なるほどな。ほむら頭いいな!」

ほむら「統計よ」

杏子「統計関係ねぇだろ」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:01:58.33 ID:lRJHEfYX0



杏子「ふぃ 気持ちよかったー。それにしても失敗したなぁ」

ほむら「どうしたの?」

杏子「ほら、さっきコンビニで買ったアイス、お風呂入る前に食べちゃったから」

ほむら「馬鹿ね」

杏子「うぅ…」

ほむら「アイス、冷蔵庫に入ってるわよ」

杏子「え?」

ほむら「見てみなさい」

杏子「おう!」ダッ

バコンッ

杏子「おぉ!マジだ!」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:06:13.00 ID:lRJHEfYX0


ほむら「好きなのを食べなさい」

杏子「もう食べた!」

ほむら「!?」

杏子「さーて、ゲームでもするかな」イソイソ

ほむら「何をするの?」

杏子「この間ほむらが買ってくれた音ゲーだ!」

ほむら「そう。気に入った?」

杏子「あぁ、これ超楽しいぞ!」

ほむら「そう」フフ




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:11:24.21 ID:lRJHEfYX0


杏子「…」カチカチカチ

ほむら「杏子、髪が濡れたままだわ」

杏子「後回し!」カチカチカチ

ほむら「ダメよ、風邪引いちゃう」

杏子「むー・・・」

ほむら「あなたはゲームに専念しなさい。髪は私が乾かしてあげるわ」

杏子「え、でも」

ほむら「いいから」ブォー

杏子「へへ、サンキュ」カチカチカチ

ほむら「・・・」ブォー

杏子「・・・ほむら?」

ほむら「なにかしら」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:15:42.56 ID:lRJHEfYX0


杏子「色々、ありがとな」

ほむら「さっきも言ったでしょう?私はあなたが居てくれればそれでいいの」

杏子「でも、あたしのためにアイスを買っておいてくれる」

ほむら「そうね」

杏子「髪を乾かしてくれる」

ほむら「そうね」

杏子「ゲームも買ってくれた」

ほむら「そうね」

杏子「だから、ありがとな」

ほむら「・・・どういたしまして」



・・・

・・・





44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:23:08.83 ID:lRJHEfYX0


ある日



杏子「今日は遅かったな」

ほむら「ちょっと寄り道してたの」

杏子「?そうか。腹減ったぞー」

ほむら「じゃあこれを食べるといいわ」

杏子「なんか買ってきてくれたのか!?」

ほむら「開けてみて」

杏子「やった!ケータイだ!こりゃ腹がふくれるな!って、食えねぇよ」

ほむら「そうね」ファサァッ

杏子「ファサァッじゃねぇよ。とりあえず、これは返すぞ」

ほむら「杏子の分よ」

杏子「え?」




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:31:40.08 ID:lRJHEfYX0


ほむら「それ、あなたのだから」

杏子「!?」

ほむら「私の番号は登録しておいたから、鳴ったら出ること」

杏子「い、いいのか?」

ほむら「ないと不便でしょう」

杏子「でも・・・」

ほむら「気にしないで。外に出るときは必ず持って行くのよ」

杏子「あぁ、ありがとな!」

ほむら「使い方はわかる?」

杏子「わからん、説明書読む。・・・と思ったけど分厚くて読む気にならねぇな」

ほむら「基本的な使い方は私が教えてあげるわ」

杏子「おう!」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:36:40.39 ID:lRJHEfYX0


ほむら「こうやって電話をかける、電話が鳴ったらここを押すこと。メールはここ」

杏子「ほうほう」

ほむら「わかった?」

杏子「あぁ。ほむらの電話番号を覚えてなくてもいいんだろ?」

ほむら「当たり前じゃない、登録してあるもの」

杏子「んじゃ、他の人を追加するときは?」

ほむら「・・・は?」

杏子「いや、なんでもない」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:40:30.64 ID:lRJHEfYX0


ほむら「そうよね。まさか杏子が私以外の誰かに電話をかけるだなんてそんなそんな」

杏子「だ、だよなぁー」アセアセ

ほむら「えぇ」ニコッ

杏子「・・・ケータイって高いんじゃないのか?」

ほむら「それは安いものだからそうでもないわ。ちょっと便利な首輪を買ったと思えば安いものよ」

杏子「首輪・・・」

ほむら「なにか間違ってた?」

杏子「言い得て妙だと思っただけだよ」




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:45:26.95 ID:lRJHEfYX0


ほむら「そう」

杏子「ちょっと出かけてくる!」

ほむら「え?これから夕飯の支度するのに」

杏子「すぐ戻ってくるって」

ほむら「・・・?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:51:08.13 ID:lRJHEfYX0



プルルルル・・・


ほむら「杏子!」ガバッ

『おーっす!』

ほむら「杏子、どうしたの?」

『へへ、今から帰るからなー』

ほむら「・・・まさかあなた、このために?」

『だぁって使ってみたかったんだよ』

ほむら「全く・・・」フフ

『今日の晩御飯はなんだ?』

ほむら「コンビニ弁当よ」

『さっきの『支度』ってなんのことだったんだよ』

ほむら「チンよ」

『わお』




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 00:55:53.62 ID:lRJHEfYX0


ほむら「早く帰ってこないと冷めちゃうわよ」

『冷めたコンビニ弁当なんて嫌だ!』

ほむら「じゃあ早く帰ってきなさい」

『へいへーい』


ガチャ


ほむら「!?」

杏子『帰ってきたぞー』

ほむら「もう、ケータイで話さなくても聞こえてるわ」

杏子『ケータイって便利だな』

ほむら「そうね」

杏子『・・・ほむら』

ほむら「なに?」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:04:14.67 ID:lRJHEfYX0


杏子『あらし、これからご飯食べるんだ』

ほむら「あら、奇遇ね。私もよ」

杏子『そうなのか?それじゃ、待ってる人がいるからさ』

ほむら「本当に奇遇ね。私もある人の帰りを待っているのよ」

杏子『へぇ?じゃあそろそろ電話切るか』

ほむら「えぇ、それじゃ」


ピッ


杏子「へへ」

ほむら「今のはなに?」

杏子「別々の家で暮らしてるごっこだ」

ほむら「複雑な遊びね」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:11:37.21 ID:lRJHEfYX0


杏子「でも楽しかったろ?」

ほむら「それなりには」

杏子「なんだよ、つれねーの。そうだ、メシだ!メシをくれ!」

ほむら「はい、杏子の分」スッ

杏子「冷めてる!!」



・・・

・・・




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:15:35.81 ID:lRJHEfYX0


ある晩



杏子「~♪」

さやか「・・・」

杏子「あれ?さやかじゃん、また会ったな」

さやか「杏子は夜行性なの?なんか夜によく会うね」

杏子「昔はそうだったけど、最近はそんなことないな」

さやか「そうなんだ?」

杏子「あぁ、ほむらと一緒に暮らすようになってからほむらと同じ生活スタイルになったんだ」

さやか「あぁ、いま居候やってるんだっけ」

杏子「居候じゃない!ヒモだ!」

さやか「何いばってんの!?」




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:21:46.83 ID:lRJHEfYX0


杏子「だって、ほむらがそう言ってたぞ!」

さやか「あんたさぁ・・・ヒモの意味わかってる?」

杏子「さぁ、美味くなさそうな名前だよな」

さやか「何その特殊な判断基準」

杏子「だってほむらはこのままのあたしでいいって言ってくれたし」

さやか「うわぁ・・・」

杏子「実はな、ほむらからもらったお金を貯金してるんだ。それでなんか買ってあげるつもりなんだよ」

さやか「それもともとあんたの金じゃないから」

杏子「でもほむらは喜ぶんじゃね?」

さやか「・・・」

杏子「黙るなよ」

さやか「本当にごめん、あたしってば言葉がどうにも出てこなくて本当にごめん」

杏子「そんなに謝るなよ」




72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:26:24.26 ID:lRJHEfYX0


さやか「いい、ヒモっていうのは・・・うーん、なんていうんだろ」

杏子「なんだ?」

さやか「要するに、女に金銭的に頼り切ってる男のことだよ」

杏子「なんだよそれ!それじゃああたしはヒモじゃねぇだろ!女だし!」

さやか「怒るポイントそこ!?」

杏子「ほむら、まさかあたしのこと男だと思っているのか・・・!?」

さやか「ねぇよ」


プルルルル・・・


杏子「あ、ほむらだ」ピッ




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:34:29.75 ID:lRJHEfYX0


さやか「あんたケータイ持ってたんだ?」

杏子「んー?あぁ、コンビニ行こうと思ったらさやかに会ってさ」

杏子「へ?違うよ、たまたまだって」

杏子「さぁ?家が近いとかじゃねぇの?」

杏子「だぁから違うって」

さやか「やめてよ、なんかあたし悪者じゃん」

杏子「すぐ帰るよ、本当だよ。あぁ、それじゃな」ピッ

さやか「・・・」

杏子「・・・」ハァ・・・

さやか「浮気を疑ってる女みたいだね」

杏子「それ、洒落になってねぇ」

さやか「げっ」




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:41:32.31 ID:lRJHEfYX0


杏子「このケータイな、ほむらが買ってくれたんだよ」

さやか「なんか、もう・・・もう・・・」

杏子「これくれたとき、首輪だって言ってたんだよなぁ・・・」

さやか「何?あんた達付き合ってるの?」

杏子「んな訳ねーだろ」

さやか「そ、そう・・・?」

杏子「んじゃ、早く帰らないとまた怒られるからさ。んじゃな」

さやか「あ、う、うん。またね」



・・・

・・・





86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:44:48.28 ID:lRJHEfYX0



杏子「ただいまー」

ほむら「・・・」イライラ

杏子「ほ、ほむら?怒ってる、のか?いや、怒ってるよな?」

ほむら「そうね」ゲシッ

杏子「あだっ」

ほむら「大体、どこに行ってたの?」ゲシッ

杏子「ってぇ!・・・コンビニだよ」

ほむら「そう」ゲシッ

杏子「いったい!ほむら・・・」

ほむら「お風呂、入ってきなさい」

杏子「ほむらは?」

ほむら「私はもう入ったわ」

杏子「・・・」シュン




88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:48:28.78 ID:lRJHEfYX0


ほむら「な、何しゅんとしてるのよ」

杏子「いつもは一緒に入ってたのに・・・」

ほむら「帰ってくるのが遅いからよ」

杏子「ごめん、さやかと話し込んじゃって」

ほむら「どんな話をしてたのやら」ツーン

杏子「ほむらの話だよ」

ほむら「え?」

杏子「えっとな、あたしがヒモだってことと、ほむらにケータイ買ってもらったって話」

ほむら「そ、そうなの///」

杏子「ところで、女に金銭的に頼り切ってる男のことをヒモっていうって聞いたんだけど」

ほむら「それは一般論」

杏子「なんでお前には一般論が通じないんだよ」




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:51:08.09 ID:lRJHEfYX0


ほむら「通じないわよ。だって私達は女同士だもの」

杏子「?」

ほむら「やってることは同じでしょう、それが同性ってだけよ」

杏子「・・・それもそうだな」

ほむら「でしょう?ほら、お風呂入ってきなさい」

杏子「じゃあやっぱりあたしもほむらに何かしてあげた方がいいな、うん」

ほむら「必要ないわ」

杏子「え?」

ほむら「何度言わせるの?私はあなたが居てくれればそれでいいって」

杏子「でもなんか悪いしさ」

ほむら「そう思うなら家を空ける時間を減らして欲しいものね」




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 01:52:18.34 ID:lRJHEfYX0


杏子「そうだな、一人でお風呂寂しいよな」

ほむら「さ、寂しいとかそういう問題ではないわ。普通一人で入るものだし、あれは単に水道代が」

杏子「よし決めた。ほら行くぞー」

ほむら「どこへ?」

杏子「風呂場」

ほむら「私はさっき入ったばっかr」

杏子「いいからいいから」


・・・

・・・




101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:17:51.74 ID:lRJHEfYX0



杏子「・・・」スヤスヤ

ほむら「寝たようね」

ほむら「毎日毎日お菓子ばかり食べて・・・」

ほむら「さっきコンビニで何を買ってきたのかしら」ゴソゴソ

杏子「あ、こら、勝手に見るなよー」

ほむら「!?起きてたの?」

杏子「だって、今日はまだおやすみ言ってないからな」

ほむら「・・・そう言えば、そうだったわね」ワスレテタ

杏子「それ、新しい味のポッキー」ワスレンナ

ほむら「へぇ・・・?」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:21:20.83 ID:lRJHEfYX0


杏子「ポッキー好きだったろ?」

ほむら「嫌いじゃないわ」

杏子「だからあげるよ」

ほむら「え・・・!?」

杏子「あ、でも今はダメな。歯磨いたんだから」

ほむら「食い意地のはってるあなたが、私にお菓子をくれるっていうの・・・!?」

杏子「その言い回しなんか傷つくな」

ほむら「・・・」ビリッ

杏子「おい!」




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:27:31.18 ID:lRJHEfYX0


ほむら「・・・」モグモグモグモグ

杏子「やめろよ!こら!」

ほむら「嬉しい・・・!嬉しい・・・!」

杏子「あたしが言うのもなんだけど、それ、元々ほむらがくれたお金で買ったものだからな」

ほむら「でも嬉しい」モグモグモグモグ

杏子「まぁ、あたしもほむらは喜んでくれるんじゃないかと思ってたよ」


・・・

・・・




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:34:20.78 ID:lRJHEfYX0




杏子「ほむらーお金ー」

ほむら「またお菓子?」

杏子「いーや」

ほむら「?」

杏子「夕飯を作るから材料を買ってくるんだよ」

ほむら「夕飯を・・・あなたが・・・?」

杏子「あたしが家のことをやれば、ほむらのためになるんじゃないかと思ってさ」

ほむら「ダメよ・・・!それじゃ私がしてあげてるっていう喜びが」

杏子「今週一週間ずっとコンビニ弁当だったくせに」ボソッ




107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:36:51.09 ID:lRJHEfYX0


ほむら「と、とにかく、もっと簡単なことからやってみたらどう?」

杏子「例えば?」

ほむら「犬の散歩とか」

杏子「犬飼ってないだろ!」

ほむら「でも・・・」

杏子「不安なのはわかるけど、これはあたしの気持ちなんだ。やらせて欲しい、な?頼む!」

ほむら「ヒモを卒業するっていうの・・・?」

杏子「ヒモを卒業?そうなるのか?」

ほむら「だって家事をやってくれるって、そんなの、そんなの・・・!」

杏子「あぁ、家政婦みたいだな」

ほむら「お嫁さんじゃない!」

杏子「え」




109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:38:36.97 ID:lRJHEfYX0


ほむら「杏子が嫁入り・・・!」

杏子「ちょっと待てって。そういうのは、ほら、まどかがいるだろ?」

ほむら「何を言ってるの?まどかは友だちよ?」

杏子「じゃああたしは?」

ほむら「杏子よ」

杏子「うん、知ってる」




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:42:26.62 ID:lRJHEfYX0


ほむら「とにかく、杏子がそういう形でヒモを卒業するのは大歓迎よ」

杏子「だから違うって・・・」

ほむら「暁美杏子、悪くない」

杏子「もうそれでいいや」

ほむら「で、暁美さん。今日の晩御飯は?」ファサァッ

杏子「とりあえず今日は時間がないからコンビニ弁当な」

ほむら「そんな・・・!」




おわり




114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/16(月) 02:44:18.01 ID:HYhcoVXJ0

乙乙
ほむらとあんこが可愛かった


元スレ
杏子「ほむらー金くれー」