5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 12:28:18.07 ID:jEsnQ+P00

麦野「……zzz」

絹旗(普段からは想像も出来ない安らかで無防備で年相応な麦野の寝顔)

絹旗(これを堪能出来るのは仲間の特権ですね)

麦野「ん……」ゴロン

絹旗(文句無く整った顔立ちに、女性らしさ溢れるスタイル……)

絹旗「超可愛いです」チュッ

麦野「んん……何……?」

絹旗(まずい!)サッ

麦野「何なの……?」キョロキョロ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 12:54:59.08 ID:lgB5Qf+B0

麦野「なんか口に触れたような・・・」

絹旗()ドキドキ

麦野「誰も居ないわね、気のせいかしら・・・」

麦野「・・・」zzz

絹旗(良かった、超ばれませんでしたよ)

絹旗(さて、もう一回・・・)

浜面「おーっす」ガラガラ

絹旗「窒素装甲!」ドガァ!

浜面「げふぅっ!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 12:58:10.96 ID:lgB5Qf+B0

絹旗「静かにしてください超馬鹿面!」ゲシゲシ

浜面「ちょ、いきなりなにすんd(ry」

ゴゴゴゴゴ

絹旗「?」

麦野「人がせっかく気持ちよーくお昼ねしてるのに」

麦野「何邪魔してくれてるんだにゃーん?」

絹旗「」

浜面「」

麦野「オ・シ・オ・キ・か・く・て・い・ね」

絹浜「ぎゃあああああああああああああ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:02:50.43 ID:lgB5Qf+B0

絹旗「超すいませんでした」ボロボロ

浜面「」チーン

麦野「全く、寝るタイミング逃しちゃったじゃないのよ」

フレンダ「おーっす、超絶美少女・フレンダが来たってわけ・・・」

浜面「」チーン

フレンダ「浜面がまた死んでるってわけよ」

滝壺「大丈夫、私はそんないつも麦野に殺される浜面を応援してる」

麦野「自業自得よ、それよりフレンダ、何か飲み物ない?」

フレンダ「飲み物と食べ物を今滝壺と一緒に買ってきたってわけよ」

滝壺「ん」ゴト

麦野「あら、フレンダにしては気が利くじゃない」

フレンダ「レッツパーリィ!ってわけよ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:08:58.17 ID:lgB5Qf+B0

麦野「それでさぁ、絹旗浜面が騒がしくして」ゴクゴク

麦野「って、このジュース変な味がしない?」

フレンダ「えー、どれどれってわけよ」ゴクゴク

フレンダ「ぐへっ、確かに何か変な味がする・・・」

絹旗「・・・」ゴクゴク

麦野「っていうかこれってお酒じゃない?」

フレンダ「確かに、缶の側面にもそれっぽいことが書いてあるってわけよ」

フレンダ「これ買ったのって滝壺だったよね?」

滝壺「大丈夫、麦野は大人だからお酒を飲んでも大丈夫」

麦野「ああん?私は女子高生だっての」

フレンダ「え?」

麦野「あ?」ギロッ

フレンダ「け、結局、滝壺に飲み物を買わせた私が悪かったてわけよ」

絹旗「えー麦野ってそんなに超BBAなみためで女子高生なんですかー?」ケラケラ

フレンダ「!?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:15:22.20 ID:lgB5Qf+B0

絹旗「正直、超少なくとも20代後半だと思ってましたよ」ケラケラ

麦野「ああん?」ギロ

フレンダ「ちょ、絹旗、もしかして酔ってる?」ドキドキ

滝壺(お酒、おいしい)ゴクゴク

麦野「・・・」プルプル

絹旗「女子高生はそんなに髪を超巻きませんよ」

麦野「・・・」プツン

麦野「絹旗・・・」ガタッ

麦野「オ・シ・オ・キ・か・く・て・い・ね」

絹旗「麦野・・・」チュ

麦野「んむぅ!?」

フレンダ「」

絹旗「ん・・・むぅ・・・むぎのぉ・・・」レロレロ

麦野「ちょ・・・きぬ、はたっ!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:20:30.47 ID:lgB5Qf+B0

浜面(おいおい起きたら大変なことになってるじゃねぇか)

フレンダ「ちょ、麦野、やめた方がいいってわけよ!?」

滝壺「大丈夫、私はそんな百合っぽい絹旗を応援してる」

絹旗「麦野ぉ・・・」ペロペロ

麦野「や、・・・めなさいよぉ!絹旗!」

絹旗「・・・わかりました、超やめます」

絹旗「その代わり・・・」スタスタ

麦野「?」

浜面「?」

絹旗「浜面ぁ・・・」チュ

浜面「!」

フレンダ「」

麦野「・・・」プルプル

絹旗「んぁ・・・浜面ぁ・・・超好きです・・・」レロレロ

浜面「き、絹旗・・・」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:26:19.91 ID:lgB5Qf+B0

フレンダ(ちょ、まずいってわけよ・・・滝壺は?)チラッ

滝壺「・・・」zzz

フレンダ(よかった、お酒の飲みすぎで寝てるってわけよ)ホッ

フレンダ(麦野は・・・?)チラッ

麦野「・・・」プルプルプルプル

フレンダ(い、怒りで無茶苦茶震えてるってわけよ!)

絹旗「浜面ぁ・・・わたっ、し・・・のこと、最愛って呼んでください」レロレロ

浜面「お、おう・・・最愛」

絹旗「浜面ぁ」ギュッ

浜面「最愛」ギュッ

麦野「」プツン

麦野「絹旗ぁ・・・?」

フレンダ「麦野、相手は酔っ払いってわけよ!」

絹旗「浜面」ダキアイー

浜面「最愛」ダキアイー



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:32:07.47 ID:lgB5Qf+B0

フレンダ「麦野、やめるっt」

麦野「ブ・チ・殺・し・か・く・て・い・ね」

フレンダ「ぎゃあああああああああああああ!!!」

絹旗「もぅ・・・超うるさいですよ、麦野」スタスタ

麦野「あぁ!?今さらあやまたって許さねぇぞこのビッチ!」

絹旗「超雰囲気ビッチの麦野にには言われたくないですよ・・・っと」ブチュッ

麦野「!?」

絹旗「麦野ぉ・・・私に超嫉妬しちゃんですね・・・」レロレロ

麦野「んー!?んー!?」

麦野(息が・・・っ演算に集中できない・・・)

絹旗「麦野ぉ・・・っ、私が超一番大好きなのは」レロレロ

麦野「ん・・・!?」

絹旗「麦野ですよ」チュ

麦野「」バタッ

フレンダ「レ、レベル5がレベル4にやられたってわけよ」ガタガタ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:36:19.20 ID:lgB5Qf+B0

フレンダ「あ、あれ?結局この流れって・・・」

絹旗「フレンダぁ・・・」スタスタ

フレンダ「ひ、ひぃ!?」

浜面(よし、この間に逃げよう)

絹旗「超好きです」チュ

フレンダ「んっ・・・」

フレンダ(い、以外と絹旗もキスが上手いってわけよ)

フレンダ「絹旗、私も絹旗のこと結構好きってわけよ」レロレロ

絹旗「んぅ!?」

フレンダ「きぬ、はたぁ・・・」レロレロ

絹旗「ちょ、フレ、はげしっ・・・」

フレンダ「ん」レロレロ

絹旗「んぁ・・・むぅん・・・」

フレンダ(下の方も・・・)スッ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:39:19.76 ID:lgB5Qf+B0

絹旗「ちょ、フレンダ、超どこに手を・・・っ!?」

フレンダ「ふっふっ・・・絹旗ぁ・・・」

絹旗(これ、本気でやばい・・・)

フレンダ「大好きってわk」

絹旗「えいっ」ドガァ!

フレンダ「ぐはぁ!?」

絹旗「はぁ・・・はぁ・・・つい窒素装甲で殴っちゃいました・・・」

フレンダ「」

麦野「」

滝壺「・・・」zzz

絹旗「みんな・・・寝ちゃいましたね・・・」

絹旗「私も・・・何だか超眠くく・・・」zzz



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:44:32.93 ID:lgB5Qf+B0

ちゅんちゅん

絹旗「んぅ・・・もうですか・・・」ゴシゴシ

絹旗「ん?」

麦野「絹旗ぁ・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「な、なんですか麦野!?なんでそんなに超怒って・・・」

麦野「よくも私にあんなことをしてくれたわね・・・」

絹旗「あ、あんなことって何ですか!?超身に覚えがありませんよ!?」

麦野「問答無用!」

絹旗「!」

麦野「絹旗ぁ・・・」ダキツキー

絹旗「」

フレンダ(REC[HD]っと)ハァハァ

麦野「私にあんなことしたんだから、責任とってよねぇ・・・」チュ

絹旗「だ、だからあんなことって・・・」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01(月) 13:47:46.58 ID:lgB5Qf+B0

滝壺「大丈夫、私はそんな麦旗を応援してる」

滝壺(そして私は浜面と・・・)

絹旗「む、麦旗ってなんですか・・・!?」

麦野「絹旗ぁ・・・いえ、最・愛・・・」

絹旗「ん・・・もぅ・・・」

麦野「ねぇ・・・最愛も私のこと名前で呼んで・・・」

絹旗「ん・・・沈利ぃ・・・」

フレンダ「・・・ふぅ」

フレンダ「結局、お酒はしばらく封印ってわけよ!」




おしまい


元スレ
絹旗「私酔うと超キス魔になるんですよぉ……」