ほのうみふたなりです
次から本文です



3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:49:35 ID:pAq3DqK4.net

端末変わってるけど >>1 です

海未「思ったのですが」

穂乃果「うん」

海未「ことり、最近私たちに対してのスキンシップの激しさが増していませんか?」

穂乃果「わかる」

海未「嬉しくない、といえば嘘になるのですが……」

穂乃果「…うん。嬉しいに決まってるんだけど……穂乃果たち、おちんちん生えてるし…ことりちゃんに抱きつかれるとこれ、おっきくなっちゃうんだよね」

海未「今まで我慢してきましたが………正直、もう限界です。目の前であんなに破廉恥な肢体を無防備に晒されて…」

穂乃果「うんうん、こっちの身にもなってほしいよね~」



4: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:50:14 ID:pAq3DqK4.net

海未「……ということで、一思いに、ことりを襲いましょう。私と、穂乃果で」

穂乃果「おお!」

海未「私たちを誘惑するとどんな目に遭うか、一度ことりに思い知らせてあげましょう」

穂乃果「いいねいいね~!」

海未「では、今度の練習後……抜かりのないように」

穂乃果「おー!」



6: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:51:41 ID:pAq3DqK4.net

―――――――――――――

練習のあと話があるから、とことりを部室に残らせ、他のメンバーが帰るのをしっかりと見届けてから……私たちは、行動に移りました。

海未「はぁ…♡はぁ……♡鍵は閉めましたよ、穂乃果」

穂乃果「こっちも…ちゃんと、カーテン閉めてる♡」

ことり「え?ふたりとも、どうしたの―――――」

なにも知らないことりが、素っ頓狂な声をあげていますが…そんな呑気でいられるのも、今のうちです♡



7: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:53:30 ID:pAq3DqK4.net

海未「ほら、ことり♡これを……」ギンギン♡

穂乃果「見て♡ことりちゃん♡」ギンギン♡

ことり「ひっ!?」

穂乃果「今から、ことりちゃんは…犯されるんだよ♡このおちんちんたちに♡」

海未「今更謝ろうと、遅いですよ…♡ことりが、悪いのですからね…!あんなにも密着して、私たちを誘惑することりが……!」

スカートを脱ぎ捨ておちんちんを露にした私たちに、ことりは明らかに動揺し、怯えているようですが…もう手遅れです♡
私たちを誘惑した代償を、たっぷり、その身体で払っていただきますよ♡



8: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:54:26 ID:pAq3DqK4.net

穂乃果「まずは穂乃果の、フェラしてね♡」ギンギン♡

ことり「ん、ぐぅっ!?」

ことりの動揺の隙を突き、強引に口内におちんちんを捩じ込んだ穂乃果。
……正確には、ことりの小さい口にこんなにも怒張したおちんちんが入りきる訳もなく…咥えるので精一杯のようですが♡

ことり「う、ぇ…♡ほの、か……ちゃ…♡」

穂乃果「本気でいくよ、ことりちゃん♡」ズプンッ♡

ことり「!?え、ぐっ♡♡ほの………っ!?む゛ぅうぅ~っっ♡♡」ジュポジュポ♡



9: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:55:15 ID:pAq3DqK4.net

あのかわいらしいことりが、こんな獣のような嬌声をあげるだなんて♡
目を白黒させ、手足をばたばたともがかせて必死で抵抗しているようですが…

獣欲に飢えた今の穂乃果に、そんな抵抗が通用するはずもありません♡
…それどころかむしろ逆効果、ですね♡

穂乃果「ふふっ♡いいねいいね~♡ことりちゃん、めっちゃエロいよ♡余裕ない喘ぎ声、最っ高…♡」グポグポ♡

ことり「んむっ♡ふっ♡んぐぅぅぅ~っ♡」



10: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:56:20 ID:pAq3DqK4.net

穂乃果の僅かな隙を狙い、必死で息継ぎをしようと開いたその無防備な口に――――♡

ことり「げほ、げほっ!は――――う゛ッ♡ん゛みちゃ…!?お、ごッ♡♡」ビクンビクンッ♡

すかさず、今度は私のおちんちんを挿れ
てあげます♡
荒げる吐息が亀頭を舐め回して―――――あぁ、たまりません♡

唇が、舌が、カリを優しく撫で上げ…見慣れたはずのことりの頬が、私のおちんちんを咥え込み、醜く歪んでいく……♡
病み付きになってしまいそうです♡
この征服感♡



12: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:57:03 ID:pAq3DqK4.net

穂乃果「穂乃果も穂乃果も♡ねぇことりちゃん、2本同時にやってみてよ♡」

ことり「む、むり……だ、よぉ――――ひ、あ゛ぅっ!?♡」ビクンビクンッ♡

口を閉ざし、穂乃果のおちんちんを拒もうとしたことりですが…残念♡
強かに乳首を抓られてしまえば、気持ちよすぎて声を我慢することも…口を閉じることもできませんね♡



13: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:57:58 ID:pAq3DqK4.net

ことりの口内のむわむわとした生暖かい温もりに加え、穂乃果と私の亀頭がお互いに擦れ合い、そこにことりの舌と涎が絡み付き……加速度的に射精欲を高めていきます♡

穂乃果「あ♡射精るっ♡ことり、ちゃん♡♡」

海未「私も♡ことり、しっかり受け止めなさい♡♡」

二人がかりで、思いきり顔を押さえ付け……そのまま、ことりの口内へ―――――♡



14: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:58:24 ID:pAq3DqK4.net

びゅるるるっ♡♡
どぴゅんっ♡♡
ごぷごぷごぷ♡♡

ことり「ん゛ぐぅッ♡ぐぅぅっ♡♡~♡っ♡♡ぐッ♡……っ♡♡」ガクビク♡

息が苦しいのか、顔を離そうとすることりを抑え込み…そのまま射精の快楽に…至福の愉悦に酔いしれます♡



15: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 20:59:05 ID:pAq3DqK4.net

ことり「んっ♡は、ぁ……♡ふぁ…♡けふ……♡ごほ、っ…♡」ビクンビクンッ♡

受け止めきれるはずもない量の精液をぶちまけられ、口回りや身体中を溢してしまった精液で汚していることり。

白濁にまみれた顔は涙目で、私を誘うような上目使いで……
そんなものを見せられてしまっては……

今までは、多少の罪悪感もあるにはあったのですが……
それすらも吹き飛んでしまいました♡
僅かばかり残されていた、理性と共に♡

やはり、ことりが悪いです♡
そんなにもいやらしく、私たちの嗜虐心を擽ることりが悪いのですからね♡



16: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:00:57 ID:pAq3DqK4.net

海未「受け止めなさい、と言ったにも関わらずこんなに溢して……どうやら、ことりには激しいおしおきが必要なようですね♡」

ことり「ふ…ぇ?おし、おき……ぃ?ちょっと、待って…♡休ませ――――――――」

ずちゅんっ!

ことり「―――――い゛ッ♡!?あ゛ッ♡あ――――…っ♡」ガクガク♡



17: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:01:39 ID:pAq3DqK4.net

凄いです♡
ことりの、膣内…♡
バックから無理矢理押し込んだというのに、この甘えよう♡
腰を引けば行かないで、とでもいうように切なく咥え込み…おちんちんを押し付ければ、もう離さないとばかりにヒダが容赦なく絡み付き……♡

海未「休む暇など、与えるはずがないでしょう?♡私はまだ満足していないのですから…ことりの身体を、私が満喫するのが先ですよ♡」ズチュンッ♡

ことり「あっ♡あっ♡あ~…っ♡」ビクンビクンッ♡

あぁ…っ♡
最高です、ことりのおまんこ♡
あまりに気持ちよすぎて…腰も、おちんちんも、脳すらも…蕩けてしまいそう……♡



18: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:02:23 ID:pAq3DqK4.net

ことり「や、やめ………っ♡うみ、ちゃあ♡もっと、優し―――――んぷぅっ!?♡」

穂乃果「優しく、なんて…できるわけないよ♡だってことりちゃん、エロすぎるんだもん♡穂乃果も我慢できなくなっちゃった♡」グリグリグリ♡

ことりの抗議の声は、再び口に捩じ込まれた穂乃果のおちんちんによって敢えなく掻き消されてしまいます♡

上からも下からも、おちんちんに責め立てられることり…ふふふっ♡
思う存分、天国を味わわせて差し上げますね♡



19: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:03:19 ID:pAq3DqK4.net

ことり「ふ、うぅ…っ♡ふーっ♡」

穂乃果「そんな目で見てもだめだよ、ことりちゃん♡穂乃果の精液ぜんぶ搾り取るまでは、やめてあげないよ♡」

海未「穂乃果にばかり奉仕していてはいけませんよ♡…ほら、私のおちんちんにも奉仕しなさい♡」ズチュズチュ♡

口も責められているせいで感度が上がっているのか、先程よりも遥かにいやらしく絡み付いてくることりのおまんこ…♡

そうです、その調子ですよ♡

もっと、搾り取ってみせなさい♡
もっと、甘えてみせなさい♡
もっと、よがり狂ってみせなさい♡



20: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:05:02 ID:pAq3DqK4.net

海未「ことりっ♡ことりぃ♡最高です♡この締め付け、たまりませんっ♡♡」パンパンパン♡

ことり「ん゛んっ♡んぐっ♡むぅぅ~っ♡♡」ビクンビクンッ♡

穂乃果「はぁ♡はぁっ♡苦しそうなことりちゃんの顔、めっちゃソソるよ…っ♡お口もあったかくて、吐息いやらしくて、よだれがねっとりしてて……あッ♡ヤバ………っ♡」

ことりは、私よりもこういったこと…破廉恥なことについての知識や技量は圧倒的に上だと思っていたのですが、実際のところ、全くそんなことはなく…
今私の前に這いつくばっているのは…飢えた獣に貪られる、無力な一人の雌でしかありません♡



21: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:05:34 ID:pAq3DqK4.net

それに、例えどれほど知識が豊富であろうと――――♡

ばちゅんっ♡
ぐりゅぐりゅっ♡ごりゅっ♡♡

ことり「うぐッ♡~♡んうぅぅっ!!?――――っ♡♡」ガクガクガク♡

あははっ♡
そもそも、二人対一人なのです♡
その上に、ことりは犯される側♡
多少の知識や優位性など…力ずくでいくらでも捩じ伏せられます♡



22: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:06:53 ID:pAq3DqK4.net

穂乃果「逃げちゃだめ、ことりちゃん♡ちゃんと舌使って♡よだれ絡めて♡ほら、ほら♡」グリグリグリ♡

穂乃果はことりの顔を強引に掴み…半ば強制的に自分のおちんちんをしゃぶらせているようです。
あの口を独り占めできる…穂乃果の熱中ぶりにも納得がいきます。

なら………私も♡
たっぷり、ことりのおまんこを悦しまなければ、もったいないですよね♡



23: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:07:35 ID:pAq3DqK4.net

もっちりと柔らかいことりのお尻を鷲掴みにし…ありったけの力を込め、おちんちんを押し付け続けます♡

責め立てるのは当然、きゅんきゅん甘えてくることりの膣内でも、最も弱い場所――――♡

俗に言う、Gスポットです♡
ほら♡
Gスポットをたくさん突いて、たくさん鳴かせてあげましょうね♡

――――――あ♡
口は穂乃果に犯され、塞がれているから…鳴くに鳴けないのでしたね♡
くすくすくすっ♡

嬌声こそ聞こえませんが、ことりの締め付けはぎゅうぎゅうと容赦なく激しくなっていき…感じまくっているのは明らかです♡



24: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:08:22 ID:pAq3DqK4.net

抵抗もままならない…どころか、抗議の声を上げることすらまともに許されないことりの身体を蹂躙する……
私は、そんな倒錯的な嗜虐心の虜になってしまったようで……♡

私は、いったい幾度腰を打ち付けたのでしょうか?

それすら分からなくなってしまうほどに頭が蕩けてしまう…ことりとのセックスは、この上ないほどの魔性なのです♡



25: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/04/18(土) 21:09:00 ID:pAq3DqK4.net

海未「こ、とり…っ♡私、もう……限界……♡注ぎ込みます、からね…♡一番、奥まで………っ♡♡」

穂乃果「あ゛♡射精るっ♡♡ことり、ちゃん♡穂乃果も、イク♡穂乃果の、全部…ちゃんと飲みほしてねっ……♡」

どぴゅどぴゅどぴゅっ♡♡
ぶぴゅん♡ぶぴゅっ♡
びゅるるっ♡
びゅっ♡びゅーーーっっっ♡♡♡



26: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:10:06.29 ID:pAq3DqK4.net

ことり「―――っ♡♡ッ♡ッ♡~♡ッ♡♡」ガクガクガク♡♡

両方の口に溢れんばかりの白濁をぶちまけられ、がくがくと痙攣の止まらないことりの姿はあまりに艶かしく…
中出ししている最中だというのに、精巣が音を立てるのが聞こえるようで…いくらでも精子が作り出されてしまいそうです♡

海未「ことりっ♡ことりぃ♡ことりっ♡」ドピュドピュッ♡♡ドピュピュッ♡

腰が抜けてしまうほどの大量射精♡
腰が抜けてもなお、ことりにしがみついて腰を打ち付け続ける私の姿は、性欲に溺れたケダモノそのものだったことでしょう♡



27: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:11:43.44 ID:pAq3DqK4.net

それは口に挿入している穂乃果も同じようで……
そういえば、先程から聞こえているこのくぐもった嗚咽は…恐らく、ことりのものなのでしょう♡
穂乃果が口からいつまでたってもおちんちんを離さないから、呼吸が苦しくて仕方がないのですね♡

ですが、それも全部ことりのせいです…♡

ことりが、私たちを誘惑するのが…
そして何より、ことりの体が気持ちよすぎるのがいけないのですからね…♡♡



28: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:12:50.04 ID:pAq3DqK4.net

ことり「げほ、けほぉ……っ♡か、はあぁ―――― っ♡」ビクンビクンッ♡

穂乃果「はぁ…♡はぁ……♡全部、出たぁ………♡ことりちゃん、エロすぎ♡かわいすぎ♡気持ちよすぎだよ♡」

海未「私も…♡一滴残さず、注ぎ込ませていただきました♡ありがとうございます、ことり♡」

ことり「はぁっ……♡あう…♡ほの、か、ちゃ―――♡げほ♡ぐ、ぁ……♡んみ、ちゃあ……♡」ガクガク♡ビクビク♡



29: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:13:31.54 ID:pAq3DqK4.net

白濁まみれで横たわり、うわ言のように嬌声をあげ続け…小刻みに痙攣し続けることり♡

溜まりに溜まっていた私と穂乃果の性欲と精液をすべてぶつけられたのですから、無理もない話ですね♡

ここまで手酷く犯されれば、ことりも流石に分かったことでしょう……私たちを誘惑することの罪深さが♡



30: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:14:01.75 ID:pAq3DqK4.net

穂乃果「ねぇねぇ、ことりちゃん♡ことりちゃん、穂乃果たちに何回イカされちゃったのかなぁ~?」

海未「ふふっ♡覚えているはずがありませんよね♡あれほどまでにイキ狂わされてしまっては♡これに懲りたら、今後は―――――」

ことり「けほ、けほ……っ♡あり、が、とう…♡穂乃果、ちゃん…海未ちゃん…♡」



32: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:14:33.94 ID:pAq3DqK4.net

…………は?
聞き間違い、でしょうか?
それとも…ことりの気がおかしくなってしまったのでしょうか?

あれだけ激しく、乱暴に犯されて「ありがとう」なんて言葉が出てくるはずがありません…!



33: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:15:40.86 ID:pAq3DqK4.net

ことり「はぁ…♡ふ、ぁ……♡海未ちゃん、言ったよね?密着して、誘惑してくることりが悪いんだ、って…」

海未「え、えぇ…そうですが……」

ことり「あの、ね…♡密着してたのは…わざとだったの♡体押し付けて誘惑すれば…いつか、理性の切れちゃった二人に襲ってもらえると思って♡」

海未「わ、私たちに犯されるために…わざとそんな真似を…?」

ことり「うん♡ほんとは…二人のおちんちん搾り取って、ことりにメロメロにさせてあげちゃうつもりだったの♡……だけど…」



34: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:16:44.03 ID:pAq3DqK4.net

ことり「こんなに激しく…一方的に、徹底的に犯されちゃったせいで…♡ことり、おかしくなっちゃったみたいなの♡」キュンキュン♡

ことり「ことり、穂乃果ちゃんと海未ちゃんのおちんちんにめちゃくちゃにされるの大好きな…変態さんに、なっちゃったの…♡」

そう告げる、ことりの蕩けきった眼差しは…更なる被虐を期待する雌のそれで…♡
そんなものを見せられたら私たちがどうなるか、など考えるまでもなく……



36: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:17:38.77 ID:pAq3DqK4.net

どくどくどくどく♡
ビキビキビキ♡

激しく精巣が疼き下腹部は燃えるように熱くなり、おちんちんはグロテスクに屹立し…

――――臨戦態勢、とでもいいましょうか♡
犯すべき…孕ませるべき雌を目の前にし、私の体もどうやら本気のようです♡



37: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:19:09.94 ID:pAq3DqK4.net

ことり「すごい…♡おちんちん、もうそんなに……」

海未「……ふふ♡いいでしょう♡」ギュム♡

ことり「あひぃぃっ♡」ビクンッ♡

海未「更に激しく、容赦なく…犯して差し上げますよ♡あなたの体は、誰のために…誰のおちんちんを悦ばせるためにあるのか♡」

穂乃果「しっかり、たっぷり♡教えてあげないと、だもんね♡」ギュリッ♡

ことり「ふあぁんっ♡」ビクンビクンッ♡

両乳首を捻られただけでこの感じよう…先程までの余韻もあるのでしょうが、おまんこも汁を垂らしてしまうほどぐちょぐちょに濡らして♡



38: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:20:12.35 ID:pAq3DqK4.net

ふふっ♡
まったく、本当にどうしようもないほどのマゾヒズムに目覚めてしまったようですね♡

――――――いいですよ、ことり♡

それをあなたが望むのなら…
どこまででも、堕として差し上げますとも♡

海未「では、そうですね…手始めに、駅弁といきましょうか♡」

穂乃果「いいねいいね~♡じゃあ今度は穂乃果におまんこ、使わせてよ?」

ことり「うん♡いいよ、穂乃果ちゃん♡海未ちゃん♡ことりの身体、好きに使って♡いっぱいいじめて♡いっぱいイカせて♡」



39: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:20:49.79 ID:pAq3DqK4.net

全て、私たちが見届けてあげますからね♡

あなたが私たちのおちんちんなしでは生きられない…私たちのおちんちん以外では感じることすらできない、私たち専用の…ドMの雌犬に、堕ちきるまで♡♡



40: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:21:07.31 ID:pAq3DqK4.net

以上です



41: 名無しで叶える物語 2020/04/18(土) 21:23:22.18 ID:pAq3DqK4.net

ことりちゃん強キャラみたいに扱われることが多いけど、ほのうみに対してだけはドMだと思う
そうだと嬉しい



元スレ
海未「ことりを襲いましょう」穂乃果「そうしよう!」