4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:02:57.78 ID:m4jhfxrj0

御坂「お,お尻なんかで感じてなんかいないし,へ,変態じゃないわよ!」

佐天「ふーん…でも四つん這いになって,お尻をいじられてるのに…」

御坂「アッ,ちょ…ま,待って」

佐天「どうしてそんな声をあげちゃうんですかねぇ」

っていうね。



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:14:51.59 ID:m4jhfxrj0

佐天「白井さんにこんなところ見られたら,なんて言い訳すればいいんですか」クチュクチュ

御坂「く,黒子には…言わないで…ンッ」

佐天「御坂さんも困った人ですよねぇ。浣腸も一人で出来ないなんて」

御坂「だ,だって!しょうがないじゃない!最近,便秘がひどくて…でも一人でするのも恥ずかしいし…」

佐天「じゃあ,なんで私に頼んだりしたんですか?」

御坂「…そ,それは」

佐天「それは?」

御坂「黒子にそんなこと頼んだら,なにやられるかわかったもんじゃないし」

佐天「あぁ…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:22:11.34 ID:m4jhfxrj0

御坂「そ,そんなことよりまだだめなの?」

佐天「ん~,何がですか??」クチュクチュ

御坂「アッ…だ,だから…その…」

佐天「ちゃんとはっきり言ってくれないとわからないですよ~」

御坂「か…」

佐天「か?」

御坂「かんちょぅ…」

佐天「あぁ,もう!やっぱり御坂さんは可愛いなぁ!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:25:56.72 ID:m4jhfxrj0

佐天「でも,まだですよ~」クチュクチュ

御坂「やっ…そ,そんなにいじらないで…」

佐天「急に浣腸なんてしたら,お尻が傷ついちゃいますからね」クチュクチュ

御坂「ンッ…ハァ…」

佐天「じっくり弄ってからじゃないと」クチュクチュ

御坂「さ,佐天さん?も,もしかして楽しんでない?」

佐天「嫌だなぁ…そんなことないですよぉ」クチュクチュ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:31:04.09 ID:m4jhfxrj0

佐天「よし。もうそろそろ,大丈夫ですかね?」

御坂「…そ,そう。そしたら…」

佐天「そしたら次は一差し指を入れてみますね」

御坂「えっ?」

佐天「やだなぁ,御坂さんってば。もしかしてもう浣腸すると思ったんですか?」

御坂「そ,そうじゃないの…?」

佐天「もっとちゃんとほぐさないとだめですよ?」

御坂「で,でも指を入れるなんて…き,汚いよ…」

佐天「そんなことないですよ!!御坂さん!!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:37:19.84 ID:m4jhfxrj0

佐天「御坂さんは勘違いをしていますね」

御坂「な,なにを?」

佐天「肛門についてです」

御坂「勘違いも何も…お尻の穴は排泄する場所だし…」

佐天「御坂さん!!!!」

御坂「!!」ビクッ

佐天「御坂さんが,もし,もしも」

御坂「…」
佐天「…肛門が汚い場所だと思っているなら,」

佐天「まずは,そのふざけた幻想をぶち殺します!!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:44:53.32 ID:m4jhfxrj0

佐天「さて時間も勿体ないので,ほぐしながら説明を…」

御坂「だ,だから!ちょっと,待っ…」

佐天「ゆっくり,入れますから大丈夫ですって」

御坂「そういう問題じゃないんだけど…」

佐天「大丈夫ですって。優しく入れますから」ヌプッ

御坂「イッ,いや。ンッ!」

佐天「よし。第一関節まで入りましたね」クチュクチュ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:50:02.57 ID:m4jhfxrj0

佐天「さて,何から説明しましょうか…」クチュクチュ

御坂「と,とりあえず指を…動かさないで」ハァハァ

佐天「そうですね…」クチュクチュ

御坂「んっ,はやく!」

佐天「やっぱり,肛門が綺麗だという説明からですかね」

御坂「話を聞いてよぉ…」ハァハァ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:53:43.99 ID:m4jhfxrj0

佐天「御坂さんはある性的嗜好を持つ男性がおしっこのことをなんていうか知ってますか?」クチュクチュ

御坂「そ,そんなの知らないわよ…」ハァハァ

佐天「ちゃんと答えてくれないと,もっと深く入れちゃいますよぉ」ヌプゥ

御坂「あっ!や,やめてっ!」

佐天「よし,よし。そしたら,なんて言うか答えてください」クチュクチュ

御坂「ほ,本当に知らないのよぉ…」グスッ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 03:59:54.28 ID:m4jhfxrj0

佐天「レベル5なのにしょうがないですねぇ」クチュクチュ

御坂「ハァハァ…」

佐天「おしっこは別名,聖水や黄金水と呼ばれて,一部の男性にとって美少女のおしっこは何物にも代えがたい価値があるんです」クチュクチュ

御坂「せ,聖水?」

佐天「そうです。聖水です。学園都市と呼ばれるこの町では珍しいかもしれないですが,宗教的な意味も持つくらい素晴らしい液体として崇められています」クチュクチュ

御坂「そ,そうなんだ…」ハァハァ

佐天「ですので,おしっこよりも排泄の頻度が少ないが少ない,大便はさながら聖遺物ですね」クチュクチュ

御坂「指を動かしながら,は,話さないで…」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:08:03.79 ID:m4jhfxrj0

佐天「なので聖遺物をはき出す肛門は神のそれと同じだと思いますよ」

佐天「何より美少女の大便は非常に価値があります」

御坂「び,美少女って…」ハァハァ

佐天「もしかして御坂さんはキリストですか!」ヌプゥ

御坂「い,痛い!」

佐天「ははは。ごめんなさい。ちょっと興奮しちゃいました」

御坂「だ,大丈夫…」ハァハァ

佐天「やっぱりまだ無理ですね。まぁ,冗談はさておき話を続けますね」




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:11:41.48 ID:m4jhfxrj0

佐天「ただ大便を崇めるのはスカトロ嗜好の一部の男性ですので,需要は高くありません」クチュクチュ

佐天「むしろ男性は大便よりもアナルセックスに興味を持つ人の方が多いと思います」クチュクチュ

御坂「ア,アナルって…」ハァハァ

佐天「安城鳴子じゃないですよ?」クチュクチュ

御坂「…誰?」

佐天「まぁ,そうですよね。御坂さんアニメとか見そうにないし」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:17:53.61 ID:m4jhfxrj0

佐天「一度はアナルセックスを体験したいというのが男性の夢です」クチュクチュ

御坂「ほ,本当に…?」ハァハァ

佐天「本当ですよ~」クチュクチュ

佐天(まぁ本当かどうかわからないですけど)

佐天「ちなみにアナルセックスを経験したことのある女性は20代だと20%を超えるそうです」クチュクチュ

御坂「…け,結構いるのね」ハァハァ

佐天「そうですね。しかもアナルセックス経験者の女性の50%がアナルセックスの方が良いと回答しています」クチュクチュ

御坂「ど,どこでそんなの調べたの?」

佐天「それは禁則事項です」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:21:29.46 ID:m4jhfxrj0

佐天「さて,話を続ける前に少し確認です」

御坂「んっ…」ハァハァ

佐天「まだ肛門に痛みはありますか?特に入り口付近」

御坂「ど,どうだろう…よくわかんない」ハァハァ

佐天「ん~まだかなぁ…」

御坂「な,何を待ってるの?」

佐天「いや,こっちの話です。それより他に何か変わったことはありますか?」

御坂「佐天さんの行動が…」

佐天「それは言わない約束です」

御坂「それ以外だと,ちょっとお腹が熱かったのが和らいで来たかも」

佐天「!!!!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:24:19.95 ID:m4jhfxrj0

佐天「そうですか」ニヤニヤ

御坂「な,なんか嫌な予感がするんだけど…」

佐天「大丈夫ですよ!心配しないでください!」

御坂「ふ,不安…」

佐天「それじゃ次のステップに移りますね」

御坂「えっ?」

佐天「ゆっくり入れますから」ヌプゥゥゥゥゥ

御坂「ああぁぁああぁっ!!!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:27:13.69 ID:m4jhfxrj0

佐天「さて人差し指が全部,入りましたね」

御坂「カッ,ハァハァ…お,お願い佐天さん!」

佐天「ん~?なんですか~?」

御坂「ぬ,抜いてっ…く,苦しい…」

佐天「まだだめです。ちょっとこの状態で待ってくださいね」

御坂「な,なんで…」ハァハァハァ

佐天「浣腸をする下準備に決まってるじゃないですか」

御坂「ほ,本当に」ハァハァハァ

佐天「本当ですよ」ニヤニヤ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:33:52.23 ID:m4jhfxrj0

佐天「それじゃ,また話を戻しますね。なんでアナルが気持ちいいのか?なんでだと思いますか?」

御坂「き,気持ちよくなんてない…」ハァハァハァ

佐天「御坂さんの話じゃなくて,さっきの人たちですよ」

御坂「そ,そんな,気持ちよくなるわけないじゃない…こんな苦しいのに」ハァハァ

佐天「意地っ張りだなぁ…なら勝手に話を進めますね。精神分析学者のフロイト先生はご存じですか?」

御坂「な,名前だけなら…」ハァハァハァ

佐天「まぁ有名ですからねぇ。リビドーとか無意識とか。実はフロイト先生は人間の性格を5つに分類しているんです」

佐天「正確に言うと性的嗜好の発達段階を提唱していて,
口唇期,肛門期,男根期,潜在期,性器期と成長に応じて変化すると行っているんですね」

佐天「その発達段階によって性格も異なると言ってるんです」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:41:34.93 ID:m4jhfxrj0

佐天「まぁ,詳細はフロイト先生の本を読んでほしいですが,肛門期について少し説明をしますね」

御坂「…は,早く」ハァハァ

佐天「肛門期は簡単に言うと,排泄はトイレでするという常識を植え付ける期間です」

佐天「それまではおねしょとかをしていた子供がトイレに行くようになるには,トイレットトレーニングをするからです」

佐天「つまり排便をコントロールできるようになることで,母親に褒められ自信や自分の行動を制御出来ているという感覚,我慢をする能力が培われます」

佐天「でもトレーニングがうまく行かないと,浪費癖がついたり,我慢をしなかったりします」

御坂「…せ,説明が長いわよ」ハァハァ

佐天「はははっ。すいませんが,重要なことなので」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:45:33.30 ID:m4jhfxrj0

佐天「それで肛門期に特有の性格と御坂さんの性格と当てはめてみます」

御坂「えっ?」ハァハァ

佐天「まず浪費癖ですね。これについてはお金に無頓着という点では浪費癖はありすね」

御坂「そ,そりゃ実験でお金も貰えるし…」ハァハァ

佐天「次に,我慢をしない性格。これは思い当たることが多くないですか?」

御坂(そりゃアイツに対しては中々,我慢はきかないけど…それはアイツだって悪いし…)

佐天「またトイレットトレーニングがうまく行かない子供の親は,若干,子供を放置する傾向があります」

御坂「………」

佐天「以上のことから,御坂さんは肛門期の性格なんです!!!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:48:08.21 ID:m4jhfxrj0

御坂「だ,だから何?それが悪いの?そんなことより早く指を抜いてよ!」

佐天「いやいや。悪いとは言っていないんですよ。むしろ好都合なんですから」

御坂「こ,好都合って…」ハァハァ

佐天「だって肛門期の正確の人は…」ヌリュゥゥゥ

御坂「急,急に抜かないで!イヤ,ヤッ!!」

佐天「こんな風に肛門で感じることが出来るんですから」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:50:33.95 ID:m4jhfxrj0

御坂「ハァ,ハァ…」

佐天「どうですか?」

御坂「どうって…べ,別に…」ハァハァ

佐天「ちょっと気持ちよくなかったですか?」

御坂「!!!」

佐天「どうなんですかぁ??」

御坂「き,気持ちよくなんてなかったわよ!」

佐天「そうですか…残念です…」ヌプゥゥゥゥ

御坂「ま,また挿れ…アッ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 04:55:35.49 ID:m4jhfxrj0

御坂「く,苦しい…」ハァハァ

佐天「やはり可愛い人の額に溜まる脂汗は溜まりませんなぁ」

御坂「お,お願い佐天さん…抜いてっ…」ハァハァ

佐天「まだまだ抜きませんよぉ」

御坂「ハァハァ」

佐天「ちなみに指を回してみると…」クルクル

御坂「あっ!!いや!」

佐天「不思議な感覚ですよねぇ。いつもはただ出すだけしかしない肛門が異物に触れられているなんて」クルクル

御坂「やっ!やめてっ!!」

佐天「だからやめませんよぉ」ニヤニヤ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:01:30.77 ID:m4jhfxrj0

佐天「ちなみによくエロゲとかでいきなりアナルセックスすることってありません?」

御坂「そんなの…や,やったことないし…」ハァハァ

佐天「ですよねぇ。あれって絶対にやっちゃダメなんですよ」

御坂「し,知らないわよ…」ハァハァ

佐天「理由はいくつかあるんですが,肛門が傷ついて痔になったり,最悪,ばい菌とかのせいでヤバいことになるそうです」

御坂「さっき…き,綺麗とかいってなかったっけ?」ハァハァ

佐天「そうでしたっけ?なので,やるときは入念に肛門をほぐしてから,こんな風に…」ヌリュゥゥウゥゥ

御坂「あぁっ!イヤッ!アッ!!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:06:45.12 ID:m4jhfxrj0

佐天「溜まったものを吐き出す感覚に快感を覚えさせるんです」ヌプゥゥゥ

御坂「いや!ま,また!!挿れないで!アッ」ハァハァ

佐天「どうですか?御坂さん。まだ苦しいですか?」

御坂「く,苦しいに決まってるじゃない…」ハァハァ

佐天「抜いてほしいですか?」ニヤニヤ

御坂「そりゃ…で,でも!」ハァハァ

佐天「でも?」

御坂「……ハァハァ…」

佐天「でも,なんですか?」

御坂「なんでもない…」ハァハァ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:11:22.41 ID:m4jhfxrj0

佐天「まぁ,いいですけど。ちなみに抜くのは焦らしながら最初は抜きます」ヌリュゥゥゥゥゥゥ

御坂「あん!いや!あぁ…」ハァハァ

佐天「あれれぇ?おかしいなぁ?」

御坂「な,なにが…?」ハァハァ

佐天「実は抜くのちょっと気持ちいいんじゃないですかぁ?」ヌプゥゥゥゥ

御坂「いや,また!」ハァハァ

佐天「ほらほら。どうなんですかぁ」クネクネ

御坂「やめて!入り口のところを弄らないで!」

佐天「なら,正直に答えてくださいよ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:14:33.27 ID:m4jhfxrj0

御坂「……ハァ…ハァハァ」

佐天「どうなんですか?」クネクネ

御坂「んっ!!や,やめて!」

佐天「言わないともっと弄っちゃいますよぉ」クネクネクリクリ

御坂「いやっ!わ,わかんない!!」

佐天「わからない…ですか?」クネクネ

御坂「い,弄らないで…」

佐天「弄りますよぉ」クリクリ

御坂「ほ,本当に…」

佐天「本当に?」

御坂「わかんないのぉ…」グスグス



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:18:46.81 ID:m4jhfxrj0

佐天「わからないっていうのは?」クリクリ

御坂「だ,だって…お,お尻で気持ちよくなんてなるわけないし…」グスグス

佐天「それで?」クネクネ

御坂「でも…苦しいから指が入ってるのも嫌だし…」グスッ

佐天「ふむふむ」クリクリ

御坂「だけど抜かれると…」グスッ

佐天「抜かれると?」

御坂「………」

佐天「……御坂さん?」グイッ!!

御坂「お,押し込まないで!」

佐天「じゃあ,正直に言ってみましょうか」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:21:56.05 ID:m4jhfxrj0

御坂「………イノ」グスッ

佐天「…はい?」グイグイッ!

御坂「イヤッ!やっ!」

佐天「なんですか?」

御坂「わ,わかんないけど,いいの!!」

佐天「そうですかぁ…」

御坂「さ,佐天さん?」

佐天「御坂さんはやっぱり変態さんですね」ヌプゥゥゥゥゥゥ!!!

御坂「いや!あぁぁ,はぁ!んっ!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:26:56.40 ID:m4jhfxrj0

佐天「どうですか?よかったですか?御坂さん」

御坂「フゥフゥ…カッタ」

佐天「……はい?」

御坂「……ヨカッタ……」

佐天「ようやく少し正直になりましたね」

佐天「さてこれからが本番ですよ?」

御坂「ほ,本番って…ようやくこれで…」ハァハァ

佐天「はい!ようやくこれでアナルパールを使えます!」

御坂「………」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:31:34.71 ID:m4jhfxrj0

御坂「ねぇ,佐天さん…ちょっと,いいかしら」ハァハァ

佐天「なんですか?」

御坂「最初の目的覚えてる?」

佐天「目的って…あれですよね。御坂さんの肛門を開発するっていう」

御坂「………」

佐天「あれっ?違いましたっけ?」

御坂「………ンチョウ」

佐天「…えっ?」

御坂「浣腸するって話でしょうがぁぁぁ!!!!」ビリビリビリビリ

佐天「アババババババババ…」


おわる



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 05:34:58.60 ID:m4jhfxrj0

ねむい。若干,中途半端だけど終わる。
このままアナルパールしながら放尿,浣腸で排便,アナルバイブで開発まで予定してたけど,
もう,むりぽ。

支援してくれてたのにすまんね。

>>46
最近だと聖娼女がとてもよかった。
ちなみに俺は1じゃないです。


元スレ
佐天「へえ、御坂さんってお尻で感じる変態さんなんですね」