1: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:32:52.39 ID:XxiVG8dF.net

よしルビ短編



2: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:34:24.53 ID:XxiVG8dF.net

善子「ふぅ~……まったく曜も困ったものよね……ただちょっと相談しただけのはずなのにあそこまで根掘り葉掘り聞かれるなんて……//」

ガラガラッ

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「わああっ!?ル、ルビィ!?びっくりしたぁ……もう!なんなのよ!急に!」

ルビィ「ねえ善子ちゃん、さっき部室で曜ちゃんと何してたの?」

善子「え!?さっき!?それは……衣装の採寸よ!ほ、ほら!もうすぐ新曲作るらしいから……」

ルビィ「ふーん」

善子(よ、良かった……なんとか誤魔化せたみたいね……)



3: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:36:11.96 ID:XxiVG8dF.net

ルビィ「でも善子ちゃん、なんで曜ちゃんに採寸お願いしてたの?ルビィだって同じ衣装係だよ?」

善子「え、そ、それは……」

ルビィ「善子ちゃん、採寸、ルビィより曜ちゃんにしてもらいたかったの?」

善子「え、いや、そういうわけじゃ……」

ルビィ「それに善子ちゃんすっごく楽しそうに曜ちゃんとお話してたけど、何話してたの?ルビィにも教えてよ。それとも……」

ドンッ!

善子「ひいいっ!」

ルビィ「ルビィには言えないようなお話、曜ちゃんとしてたの?」

善子「!!!?」



4: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:37:58.29 ID:XxiVG8dF.net

善子(も、もしかしてルビィすっごく怒ってる!?理由はよくわかんないけど……)

善子「してない!別にやましいことなんてなにもしてないわよ!!」

ルビィ「でも善子ちゃん、ルビィと目を合わせようとしてないよね?」

善子「そ、それは、その……ルビィの顔が近いからっていうか……//ちょっと照れてるだけっていうか……//」

ルビィ「……」

ルビィ「ほんとに?」

善子「ほんとだってば!」

ルビィ「ほんとのほんとに?」

善子「ほんとにほんとよっ!天界堕天条例に誓うわ!」



5: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:40:04.78 ID:XxiVG8dF.net

善子(で、でも……)

善子「……」ガタッ

ルビィ「善子ちゃん、どこ行くの?」

善子「……購買よ」

ルビィ「うん、じゃあルビィも一緒にいこっかな~」

善子「……」

善子(ルビィはなかなか私のことを信用してはくれなくって……)

善子「さすがにお手洗いまではついてこなくたっていいじゃない……」

ルビィ「そんなことないもん」

善子「そ、そう……」

ルビィ「……」ヒョコヒョコ

善子(つ、常に付きまとわれるってのも、それはそれで気まずいっていうか……)



6: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:41:07.24 ID:XxiVG8dF.net

次の日 部室

曜「あっ!そういえば善子ちゃん!あの件結局あの後どのくらいまで進んだの?」

ルビィ「……」ピクッ!

善子「ちょっ!曜!内緒にしてって言ったでしょ!」コソコソ

曜「あっ、そっか、ごめん」

善子「それに私の方は順調だから大丈夫よ!曜のおかげで……」

曜「そっか、なら心配いらないね!じゃあ善子ちゃん!頑張るでありますよ!」

ガラガラッ

善子「……」



7: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:42:44.77 ID:XxiVG8dF.net

チラッ

ルビィ「むぅ~……」

善子(ひいいっ!ルビィの背後からただならぬオーラが……!)

ルビィ「……」スタスタ

ルビィ「やっぱり善子ちゃん、何かルビィに隠してるじゃん」

善子「い、いや、あれは、その、えっと……」

ドンッ!

ルビィ「……逃がさないよ、善子ちゃん」

善子「ひいいっ!!」



9: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:45:29.09 ID:XxiVG8dF.net

ルビィ「ねえ、ルビィに内緒で、曜ちゃんと何やってるの?ルビィには言えないようなこと?」

善子「いや、言えないとかそういうことじゃなくて……」

ルビィ「じゃあどういうことなの?嘘つかないでルビィに教えて?」

善子「いや、別に嘘はついてないっていうか……」

ルビィ「もう!善子ちゃん!ちゃんと答えてくれないと、ルビィそろそろ怒るよ?」

善子(もう既にダイブ怒ってるじゃない!!)

ルビィ「ほら善子ちゃん、ちゃんとルビィの目を見て?」

善子「ル、ルビィ……」

善子(ど、どうしよ……ほんとは内緒にしとこうって思ってたんだけど……)

善子(……もう!ルビィのせいなんだからね!!)



10: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:47:37.50 ID:XxiVG8dF.net

ルビィ「さぷらいず?」

善子「そうよ!!この前ルビィが私にブローチ作ってくれたからそのお返しに何か贈ろうと思っただけなのよ!」

善子「それで、ビーズアクセサリーなら私でも作れるかもって思ったんだけどよくわからなくて……曜に相談にのってもらってたの!ただそれだけなのよ!」

ルビィ「……ふーん」

ルビィ「なんだぁ~そんなことならもっと早くルビィに教えてくれても良かったのに~もう~」

善子「ばらしちゃったらサプライズの意味がないじゃない!」

ルビィ「えへへ~善子ちゃんルビィのためにアクセサリー作ってくれてたんだ~」

善子「話聞きなさいよっ!」



11: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:49:06.67 ID:XxiVG8dF.net

ルビィ「善子ちゃんの作るビーズアクセサリーか~どんなんなんだろ~」

善子「……なんでそんなにニヤニヤしてるのよ」

ルビィ「え~ルビィにやにやなんてしてないよぉ~もう、大げさだなぁ~善子ちゃんは」ペチペチ

善子「ちょっ、いたっ、もう、全く……」

ルビィ「えへへ~善子ちゃんルビィにプレゼント用意してくれてたんだ~ルビィ、嬉しい!」

善子「あ、いや、だからまだ作り途中で……」

ルビィ「じゃあ善子ちゃん!ルビィが作るの手伝ってあげるね!」



13: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:51:08.43 ID:XxiVG8dF.net

善子「いや、それじゃあプレゼントにならないじゃない」

ルビィ「善子ちゃんが一緒に作ってくれることが!ルビィへのプレゼントだよ!」ギュッ

善子「ちょっとルビィ!?いきなり服引っ張らないでよ!」

ルビィ「ほらいこっ!善子ちゃん!ルビィの分も材料買わなきゃだから、お買い物付き合って欲しいな!」

善子「ちょっ!待ちなさいよ!ルビィ!」

善子(それに、そしたらまたお返し考えなきゃいけなくなるじゃない……)

ルビィ「善子ちゃんにあげるビーズアクセサリーどんなのがいいのかな~やっぱり綺麗なブレスネットとか?あっ!でも善子ちゃん美人さんだからヘアピンとかも似合うかも!ほかにはほかには~……」

善子(で、でも……)

ルビィ「善子ちゃん!ほら!早く早く~!」ピョンピョン

善子「……」

善子「待ってて!今行くわ!ルビィ!」

善子(……ルビィが楽しそうならそれで……いいわよね?)



14: 名無しで叶える物語 2020/04/22(水) 19:51:40.40 ID:XxiVG8dF.net

終わりです。お粗末様でした


元スレ
善子「ちょっ!曜!やめっ!くすぐったいわよっ!」ルビィ「むぅ~…」