1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:28:03 ID:WcxfqycE

ミカサ「ねぇアニ、私にもそれ」

ミカサ「教えて」

アニ「……」

アニ「どうかな…この技は人間用なんだ」

アニ「あんたに必要あるとは思えないけど」

アニ「ただ…猛獣に通用するかどうか興味はある」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:31:47 ID:WcxfqycE

エレン「ま、まじかよ…ついに…」

コニー「おいおい、あいつらがやんのか?」

サシャ「夢のカードが!」

モブ「ど、どっちだ?」

マルコ「やっぱりアニかな?」

ジャン「は!?馬鹿か!俺はミカサに晩飯全部だ!」

ライナー「お前はどっちだ?エレン?」

エレン「え?俺は………どっちだ?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:35:08 ID:WcxfqycE

アニ「………」

ミカサ「………」

サシャ「お互い睨み合ってますね…どう出るか…」

アニ「…」ピク

ミカサ「…!」

アニ「ふっ!」ビュン

ミカサ「!」ドン



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:38:10 ID:WcxfqycE

アニ(チッ…避けられた…これで倒れたら苦労しないんだけどね…)

ミカサ「…」ブォン

アニ「クッ!」ガキン

アニ(重い…まともに喰らったらやばいなかも…)

アニ(だが…!!)



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:44:03 ID:WcxfqycE

アニ「…!」ガシグイ

アニ(討った!この体勢、避けようがない!)

ミカサ「………」

アニ(表情が全く変わってない…気味が悪いね…)

ジャン「ああ…ミカサ…」

サシャ「ア、アニの蹴りあげが決まる!」

コニー「やれるのか!?これは!」

マルコ「ジャン…」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:48:29 ID:WcxfqycE

アニ「ッ!」ビュウ

ミカサ「……」ズドン!!

全員「!?」

アニ(と、跳んだ!?」

ミカサ「……」ニヤ

バシィ!!

アニ「がッ!」

コニー「す、すげぇ…」

ジャン「お!おおお!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 13:53:50 ID:WcxfqycE

ミカサ「……アニ」

アニ「……!」カタカタ

ミカサ「私を捕まえた時、あなたは勝てると確信したような表情だった…」

アニ「そ、それが…どうしたのさ」

ミカサ「もしこの戦いであなたが負けるようならあなたの対人格闘術は大したことないと言うことになる」

アニ「なっ!?」

エレン(ミカサはぶっ飛んでんなぁ…言う事も…)



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:00:23 ID:WcxfqycE

アニ「なら…本気でいくよ…?」

ミカサ「どうぞ」

サシャ「アニの本気!」

コニー「おお!アニの本気が見れんのか!」

ジャン「どんくらいの強さかな?」

エレン「ミカサとタメ張れるレベルじゃね?」

ジャン「…」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:05:30 ID:k0jZ/k9g

アニ「!」ビュウン

ミカサ「!」

アニ「」スッ

ミカサ(フェイント!?)

アニ「」ニヤ

アニ「!」ガチ



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:14:40 ID:k0jZ/k9g

ズザザザザア

ミカサ「くっ…」

アニ「そうか…あんたはさっき私とエレンがやった格闘術を途中からしか見てなかったもんね…」

アニ「この技は相手より力が劣る者が使う技術」

アニ「私はあんたより力はないけどこの技からは抜けれないよ…」ググ

ミカサ「ぐっ…!」

ジャン「う…おおおおお!!」

コニー「ん?なんかミカサがやばくねぇか?」

サシャ「あの技はエレンでも抜けれませんからね…勝負はついたかも…」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:19:06 ID:k0jZ/k9g

ミカサ(どうしよう…アニに負けてしまう…)

ミカサ(エレンに悪いとこをみせてしまう…そんなの嫌だ)

エレン「……」

ミカサ(エレンがこっち見てる…大丈夫、すぐ逆転するから)

ミカサ(と言ってもどうやってこれから抜けよう…)

ミカサ「…………おっぱい」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:23:49 ID:k0jZ/k9g

アニ「は………?あんた今なんて言った?」

ミカサ「えい」モミ

アニ「ひゃう!!」

ミカサ(やった)スルスル

コニー「ん?なんでアニは離したんだ?」

サシャ「さぁ?それよりアニがいやらしい声を出した気がするんですが」

ミカサ「アニはここが弱いのね」ウマノリ

アニ「うぅ…卑怯者…」

ミカサ「…」クリ

アニ「ひっ!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:29:51 ID:k0jZ/k9g

エレン(すげぇ!あの体制で胸揉むとか関節どうなってんだよ!)

ミカサ「…」モミモミ

アニ「ひ///離して!この変態!」

アニ「ら、ライナー!助けて!」

ライナー「お、おう…今助けるぞ!!」スク

ミカサ「来ないで…」

ライナー「そういう訳にはいかん」

ミカサ「…」ギロ

ライナー「う…ダメなものはダメだぞ…」

ミカサ「来るな…」

ライナー「はい」

アニ「このヘタレ!!死ね!!うっ///」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:33:41 ID:k0jZ/k9g

ベルトルト「ぼ、僕が助ける!!待っててくれ!!」スタスタ

ライナー「おう、頼んだ」

アニ「ベル…早く…」

ミカサ「来るな」

ベルトルト「いやだ」スタスタ

ミカサ「削ぐぞ…」

ベルトルト「やめてくれ!」スタスタ

ミカサ「……アニのファーストキス奪ってやる」

アニ「ひっ!」

ベルトルト「や、やめろおおおおおおおお!!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:38:50 ID:k0jZ/k9g

ベルトルト「うおおおおおおおおお!!!」ダダダダ

ミカサ「…」コブシスッ

ベルトルト「え?…んびゃ!!」メキャ

アニ「………」

ミカサ「私は握り拳をつき出しただけでこれは自滅という」

アニ「そろそろ退いてくれない…?」

ミカサ「やだ」モニュ

アニ「ひゅ///」

ライナー「あ、これ回収しますね」ズルズル

ベルトルト「」ザザザザ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:46:49 ID:k0jZ/k9g

アニ「き、キスはやめて…お願い…」

ミカサ「どうしよう…」モミモミ

アニ「ひう///キスしたらミカサは実はレズって皆に言うよ!エレンにも!」

ミカサ「別に構わない。ユミルとクリスタのような関係もあるし、ほとんどが私たちをみてるし、エレンは気にしないと思う」

ミカサ「そんなことよりアニの唇って柔らかそう…食べてみてもいい?」

アニ「や、やだ!誰か助けて!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 14:55:54 ID:k0jZ/k9g

ミカサ「私の半径1m以内に入った愚か者は削ぐ」

ライナー(助けれる訳ねぇ…)

ミカサ「アニのおっぱい見てみよ」ビリリ

アニ「あ!ちょ!そ、それはダメ!」

ミカサ「大丈夫、パーカーは後でちゃんと縫ってあげるから」ビリリリ

アニ「そういう問題じゃなくて…」

ビリ

おっぱい「ボイン」

ミカサ「おお…!!」

アニ「や、やめてよぉ…」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:02:13 ID:k0jZ/k9g

男子「ゴクリ…」

エレン「何してんだ?ミカサのやつ」

ライナー(ふぅ…ベルトルトが気絶してて本当に良かった…)

コニー(お、女の胸って初めて見たぞ///…大きいんだな!)

サシャ(アニのおっぱい柔らくて美味しそうですねぇ)

ミカサ「あそ~れそ~れそ~れそ~れボインボインボイン」

ミカサ「あそ~れそ~れそ~れそ~れボインボインボイン」

アニ「く、狂ってるよ…あんた」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:09:58 ID:k0jZ/k9g

ミカサ「狂ってる…?違う。これは狂喜してるだけ」

アニ「狂ってるんじゃないか!うっ///」

ミカサ「アニって母乳はでるの?」

アニ「や、やめ…て」

ミカサ「ハム」

アニ「ひ///」

ミカサ「ハムハム」

アニ「あ///や…めぇ///」

ミカサ「ン?……ぷは…全然出なかった…」

アニ「あ、当たり前だよ!このバカサ!」

バカサ「私に向かってバカとは…これはお仕置きが必要」

アニ「も、もうやめて…」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:18:16 ID:k0jZ/k9g

ミカサ「…」スウ

アニ「き、キスはダメだっていってるじゃない!」ガシ

ミカサ「いいでしょ…別に減るものじゃない」ググググ

アニ「だ、だめだって…」グググ

ミカサ「…」グイ

アニ「あ…もう…だ…め…」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:26:33 ID:k0jZ/k9g

キース(ん?あんな所で訓練兵が固まってるぞ)

キース「貴様ら!!とっとと持ち場に戻らぬか!!」

ライナー「き、教官!?アニを助けてください!」

キース「ん?レオンハート訓練兵がどうしたって…」

ミカサ「これは持論だが…躾に一番効くのは羞恥心だと思う…」グググググ

アニ「あ…や…め……」ググ

キース「今北産業」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:33:51 ID:k0jZ/k9g

アルミン「レオンハート訓練兵が
アッカーマン訓練兵に襲われました///
助けてやってください///」

キース「よし任せろ」

キース「おい貴様ぁ…!」

ミカサ「……」

キース「こ、ここは格闘術の訓練をする場所でそんなことをする場所ではなぁい!!と、とっとレオンハート訓練兵から離れんかぁ!」

ミカサ「チッ……」スク

ミカサ「…」スタスタスタ

キース「ま、まったくけしからん!!」スタスタ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:40:51 ID:k0jZ/k9g

ライナー「お、おいアニ!大丈夫か…!?」チラ

アニ「見んな!」ガス

ライナー「ぎあ!」

アニ「ふん…!」スタスタ

アルミン「ミカサとアニの機嫌が悪くなっちゃったね…ミカサが悪いんだけど」

エレン「そうだな」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:45:00 ID:k0jZ/k9g

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
ーー



エレン(あれ……?何で今これを思い出す………?まさかこれが……走馬灯ってやつなのか……?)





26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/29(日) 15:46:30 ID:k0jZ/k9g

おわり
ちょっと百合の練習がしたくて書いてみた
最初の格闘術の所は適当


元スレ
SS深夜VIP:ミカサ「アニに負けそう」