2: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:21:41 ID:AsobGzrU

モバP「そう、アイドル」

六花「えっう……わ、私は……」

モバP「一目見てティンと来たんだ。君ならきっとトップアイドルになれる!」

六花「う、うぅ……ゆ、勇太ぁ……」

モバP「あ、………いきなりゴメンね。驚かせるつもりは無かったんだ。とりあえず、コレ俺の名刺。アイドルに興味あったらぜひこの住所まで来てみてね」

六花「」コクッ

モバP「それじゃ、俺はこれで……」

??「闇に飲まれよ!」(お疲れ様です!)

六花「!」

モバP「おう、蘭子。やみのまやみのま。グラビア撮影どうだった?」

蘭子「我が力を持ってすれば容易い事だ!」(ちょっぴり恥ずかしかったですけど、頑張りました!)

モバP「なら良かった。それじゃ早速で悪いけど次の現場に……」

六花「や、闇の眷属……」キラキラ

蘭子「?我が同胞よ、この者は?」

モバP「え、あぁ。ちょっとスカウトをね。ただなんだか怯えられちゃって……」



3: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:22:22 ID:AsobGzrU

六花「ク、ククク……お、怯えてなどおらぬわ。我が名は小鳥遊六花!邪王真眼の使い手だ!」

蘭子「!!」

蘭子「わ、我が同胞よ……我は少々野暮用が出来た」(プロデューサー。私、ちょっとこの子とお話したいんですが、良いですよね?)

モバP「お、おう……」
モバP(あ、これは今日のスケジュールは全部キャンセルっぽいな)



4: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:27:44 ID:AsobGzrU

~事務所~

六花「成る程。つまり、『覚醒魔王』はアイドルとして人間社会に紛れ込み、来るべきラグナロクに備えていたのか」

蘭子「その通りだ。邪王真眼よ」(はい。田舎から出て来てプロデューサーさんにスカウトされてアイドルになったんです)

ちひろ「あの、プロデューサーさんあの中二空間は一体なんですか?」

モバP「いや、それがどうにもスカウトした子が中二病を患っていたみたいで、蘭子と波長が合ったみたいなんです」

ちひろ「へ、へぇ……でも、キャラ被ってませんか?」

モバP「あ、それは大丈夫です。だって………」

蘭子「さて、邪王真眼よ。我ら共に狂喜の宴に加わるのならば、交わさねばならぬ契約がある。先ずは我が同胞からその話を聞くが良い」(アイドルになるには色々契約とかしないといけないのでプロデューサーさんに色々聞いてみて下さいね)

六花「え、えっと……」

蘭子「?」

六花「り、理解した。」

モバP「混乱すると簡単に素が出るところをみると、蘭子ほど中二病に染まっているわけじゃなさそうですし」

ちひろ「成る程成る程。これはこれで蘭子ちゃんとは違った可愛さがありますね」



5: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:37:52 ID:AsobGzrU

モバP「大体こんなとこかな。後は親御さんに承諾を貰えればこの事務所に所属するアイドルになれるから、親御さんと良く相談してね?」

六花「了解した」

蘭子「邪王真眼。共に闇に生きる日を心待ちにしてるわ!」(六花ちゃん。一緒にアイドル活動するの、楽しみにしてるね)

六花「私もだ覚醒魔王よ……ぁ…もうこんな時間……」

モバP「あー、結構話込んでたからな」

六花「うぅ……プリエステスに怒られる……」

蘭子「同胞よ」(プロデューサーさん)

モバP「分かってるって。六花ちゃん、俺が送っていこうか?」

六花「ほ、本当!?」

モバP「こんな時間に女の子を一人で帰らせるのも危ないしね。それに我らが魔王様も送ってかなきゃいけないし」

蘭子「フフッ。邪王真眼よ。我が友が操る鋼鉄の馬ならば時空すら超越出来るのよ!」(プロデューサーさんの車ならきっと門限に間に合うと思いますよ!)

六花「鋼鉄の馬……時空を超越っ!?」キラキラ

モバP「いや、流石に時空は……」

蘭子「プロデューサーさん……」ウルウル
六花「怒られる……」ウルウル

モバP「」



6: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:38:56 ID:AsobGzrU

モバP「ふ、ふはは、時が……時が見えるぞ……」

六花「おお!!本当に間に合った!」

蘭子「流石は我が友だ!」(凄いですプロデューサーさん!)

モバP「じ、じゃあ親御さんにちゃんと話をしといてね」

六花「了解した」

蘭子「さらばだ邪王真眼。運命の時にまた逢いましょう!」(またね、六花ちゃん)

六花「いずれ、また……」

ブロロロロロロロ………

六花「アイドル、かぁ……勇太、何て言うかな…」

十花「アイドルが、どうしたって?」

六花「!?」

十花「さっきの銀髪の子、アイドルの神崎蘭子だな……そして、今お前が握り締めてる名刺は、シンデレラプロダクションのプロデューサーの名刺か?」

六花「」コクッ

十花「……いいだろう。話は聞いてやる」



9: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:48:49 ID:AsobGzrU

~翌日~
勇太「ふぁ……おはよー」

一色「おう勇太。おはようさん」

森夏「おはよう富樫くん」

勇太「おはよう丹生谷」

森夏「あら、今日は小鳥遊さんと一緒じゃないの?」

勇太「ん?あぁ。何だか知らないけど今日は来なかったよ」

一色「ほーん。いや、それより見ろよ富樫」

勇太「何だよ………」

一色「ジャーン!」

勇太「そ、それは!」

一色「そう、今をトキメク中二病アイドル、神崎蘭子ちゃんの写真集だっ!!」

勇太「お、お前、どうやって……」

一色「つてがあるのさ、色々な」

勇太(神崎蘭子。新進気鋭のアイドルだが、独特な世界観、麗しい見た目、中二とは思えないスタイル、そして、堂々と世間で中二病を発動させるキャラの濃さが売りの大人気中二病アイドル」

森夏「富樫くん、声に出てる」



10: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:50:52 ID:AsobGzrU

勇太「おっと。でもまぁ。可愛いよな」

森夏「そうね。中二病が玉に瑕だけどね」

一色「そこが良いんじゃないか!」

勇太(元、中二病患者には色々キツいんだよ)
森夏(元、中二病患者には色々キツいのよ)

勇太「大体お前、くみん先輩はどうしたんだ」

一色「それはそれ、これはこれ!」

勇太「あ、そう」

ガララ

森夏「あ、富樫くん、小鳥遊さん来たわよ」

六花「」スタスタ

勇太「あ、六花。おはよう」

六花「煩わしい太陽だ!」

勇太・森夏「!?」

六花「おはよう勇太。丹生谷。それと、今日は部活は中止だ」



11: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:52:16 ID:AsobGzrU

勇太「あ、あぁ分かった。けど、どうしたんだ六花。何か変だぞ?」

六花「フッ……ダークフレイムマスターにも分からないことはあるのだな……いずれ、分かるさ」スタスタ

勇太「あ、おい……どうしたんだ、あいつ」

一色「前からなんなだっただろ?」

森夏「………」(あれ、もしかして……)

~体育~

森夏「お疲れ、小鳥遊さん」

六花「闇に飲まれよ!」

森夏「!?」

~美術~

一色「小鳥遊さん、何描いてんの?」

六花「闇の宴」

一色「!?」



12: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:53:52 ID:AsobGzrU

~家庭科~

勇太「おい六花、それは後から……」

六花「ククク……闇の味がする……」

勇太「!?」

~放課後~

勇太「六花がおかしい」
森夏「小鳥遊さんがおかしい」

凸守「何を言ってるデス。大体マスターはどこデスか?」

勇太「あ、あぁ今日は部活を中止するとか言って一人で帰っちゃったんだよ」

凸守「んなっ!!マ、マスターがサーヴァントである私に何の連絡もなく………マスター!」ダダダダ

勇太「あ、おい!」

勇太「……凸守のヤツ、六花がどこに居るのか知らないだろうに……いや、それより六花だ」

森夏「そうね……あそこまで中二病に汚染されてたとは思えないんだけど……」

勇太「本当に、どうしちゃったんだよ、六花……」



13: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:55:07 ID:AsobGzrU

~事務所~

六花「………」ゴクリ

六花「ご、ゴメンください……」

蘭子「む、邪王真眼ではないか!」(六花ちゃん、来てくれたんだ!)

六花「ひゃわ!?」

蘭子「む。我が魔力に当てられてしまったみたいね」(驚かせてゴメンね?)

六花「も、問題ない……それより、プロデューサーさんは?」

蘭子「それを聞くという事は、運命に抗う覚悟が出来たという事か?」(親御さんと話はついたの?)

六花「うん。プリエステスも許可をくれた」

蘭子「フッ。覚悟が出来たなら我から言うことはもうない。今、我が友は暗き闇の中で暗躍している。しばし待つが良い」(プロデューサーさん、今外回りに行ってるからちょっと待っててね)

六花「了解した」

蘭子「む、そうだ丁度良い。我が友を待つ間、輝ける者達と引き合わせるとしよう」(プロデューサーさんを待ってる間、他のアイドルのみんなを紹介するね)

六花「ほ、他のアイドル……?」



14: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 12:56:39 ID:AsobGzrU

?「にょわー☆」
?「働きたくない」
?「フヒヒ……キノコ、マイフレンド」
?「可愛いボクですよ!」
?「あ、あの……ホラー映画、ど、どうですか?」

六花「………」

?「むーりー」
?「分かるわ」
?「ボンバー!」
?「17歳ですよ!さんじゅうななさいじゃありませんよ!」

蘭子「彼女達が輝ける者達よ」(みんなこの事務所のアイドルなんですよ!)

六花「す、凄い………テレビで見たことある人達がいっぱい……」

蘭子「邪王真眼も闇の流れに身を任せればいずれは同じ高みへ辿り着けるわ」(六花ちゃんも頑張ればみんなに負けないくらいのアイドルになれるよ!)

六花「が、頑張る」

モバP「ただいまー」

蘭子「闇に飲まれよ!」(お疲れ様です!)
六花「や、闇に飲まれよー」

モバP「おう。ただいま蘭子。あと六花ちゃんもいらっしゃい」

六花「う、うむ。魔王に案内して貰っていたのだが……この結社の輝ける者達はその……」



15: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:05:10 ID:AsobGzrU

モバP「個性的?」

六花「」コクリ

モバP「ははっ。でもみんな凄かったろ?」

六花「!」コクコク

蘭子「邪王真眼よ!貴様も闇の力を更に深めればかの綺羅星達の如き輝きを手にすることが可能よ!」(六花ちゃんもレッスンを積めばみんなみたいなスゴいアイドルになれるよ!)

六花「が、頑張る」

モバP「よし、なら早速レッスンに行くか!」

六花「邪王真眼に不可能はない!」



16: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:06:38 ID:AsobGzrU

モバP「どうやら俺の目に狂いはなかったようで、六花ちゃんは物凄い勢いでレッスンをこなしていった」


ダンストレーナー「はい、そこでターン!」

六花「ふにゃ!?」

ダンストレーナー「ちゃんとリズムを取って!」

六花「は、はい!」


モバP「小柄な体を生かした軽快なダンスを身に付け」


六花「あ~あ~~」

ボイストレーナー「もっと軽やかに!」

六花「あーあーー」

ボイストレーナー「そう、その感じ!」


モバP「可愛らしい声を土台にした、確かな歌唱力を習得し」



17: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:07:46 ID:AsobGzrU

演技トレーナー「もっと感情を込めて、体を大きく動かして!」

六花「バニッシュメント・ディス・ワールド!」

演技トレーナー「そう、それよ!」

六花「クックック……力が漲ってくるっ!」

演技トレーナー「アドリブはダメ」

六花「あう………」

モバP「中二病と素の性格が見事にマッチした蘭子とは別のタイプの中二病アイドルが着々と育っていたのだった」



18: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:08:50 ID:AsobGzrU

~数週間後~

六花「♪~♪~~♪」

勇太「あ、六花」

六花「勇太」

勇太「お前、今日の部活は……」

六花「今日は大切な闇の儀式がある。ので、会合には参加出来ない」

勇太「またか……なぁ、六花。お前最近どうしたんだ?なんかよそよそしいって言うか、なんて言うか……」

六花「フッフッフ、いずれダークフレイムマスターも理解する日が来る……」

勇太「いや、今教えろよ」

六花「フッ……さらばっ!」ダダダダ

勇太「あ、おい!…………本当、どうしたんだよ、六花……」

??「…………デース」



19: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:11:39 ID:AsobGzrU

~事務所~

六花「こんにちは」

モバP「あ、六花ちゃん。今日のオーディション、きっと上手くいくよ」

六花「うん。頑張る!」

モバP「お、気合いはバッチリだな……よし、それじゃそろそろオーディション会場に………」

ダダダダ

モバP「ん?」

バンッ!ゴキャッ!!

モバP「アガッ」

六花「!?プロデューサー!?」

?「マスター、大丈夫デースか!? 怪我はないですか? この男に何かされたり……」

六花「我がサーヴァント!何という事を!?」

凸守「………へ?」



20: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:13:14 ID:AsobGzrU

~モバP車内~

凸守「な、なんと……マスターのプロデューサーだったデスか。それはすまない事をしたデース」

六花「ちゃんと謝る」

凸守「うぅ……ゴメンなさいデース」

モバP「はははっ。このくらい平気さ。きらりのハピハピに比べたら………」

六花・凸守「?」

凸守「それにしてもマスターがアイドルデスか………どうして凸守に隠してたデスか?」

六花「その、恥ずかしかったから、デビューするまで隠しておこうと……」

凸守「そうだったデスか。てっきり凸守はマスターが変な男に騙されたのではないかと思ったデスよ?」

六花「……心配を掛けたな。我がサーヴァントよ。だが、それも今日で終わる」

凸守「?」

モバP「着いたよ」



21: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:14:51 ID:AsobGzrU

~某テレビ局社内~

凸守「凸守も中に入って良かったんデスか?」

モバP「ん。大丈夫。それよりほら六花ちゃんの番だよ」

六花「58番、小鳥遊六花です」

?「フッ……やはり来たか。邪王真眼よ」

六花「もう私はあの時の私じゃない………アナタにも、負けはしない……魔王、神崎蘭子!」

蘭子「ククク………良かろう。さぁ、血の宴を始めよう!」

凸守「あ、あいつは、『魔王』神崎蘭子っ!」

モバP「うん。今度蘭子が主演の中二病全開の特撮ドラマをやることになってね。このオーディションは、蘭子のライバル役を選ぶんだ」

蘭子「フハハハッ、どうした、その程度か邪王真眼!」

六花「くっ……まだ、まだぁ!」

凸守「マスター、カッコいいデース」キラキラ

モバP「」ティン!

モバP「ねぇ、凸守ちゃん。君もアイドルになってみない?」



22: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:17:04 ID:AsobGzrU

~3ヶ月後、勇太の自宅~

勇太「うーん」

樟葉「お兄ちゃん、どうしたの?」

勇太「いや、最近六花も凸守も部活に来なくてさ。どういたんだろうなーって」

樟葉「ふーん」モグモグ テレビポチッ

勇太(最近噂になってるんだよな。六花や凸守がスーツ姿の大人の男性と一緒にいるって………)

樟葉「お、お兄ちゃん……」

勇太(まさか………いやいや、六花や凸守に限って……)

樟葉「お兄ちゃん、お兄ちゃん」

勇太(いや、でも………)

樟葉「お兄ちゃん!」

勇太「っ!?ど、どうした、樟葉」

樟葉「テ、テレビ………」

勇太「テレビがどう、し、た………」



23: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:20:48 ID:AsobGzrU

~新ドラマ~

凸守「光に属するあなたがこんな事をしでかすなんて………」
男性俳優「光に属するからこそ、だ。闇などこの世界に必要ない」

凸守「もう、優しい貴男は、いないのですね……」

光が闇を塗りつぶす

六花「させないっ!」
男性俳優「消え失せろ、邪王真眼ッ!」

光は闇を拒絶する。

凸守「マ、マスター……」

六花「大丈夫。私は自分のサーヴァントを見捨てたりしない。そして、この世界を闇に染め上げるまで、負けたり、しないっ!」

光の者達の圧倒的な力の前に、為す術もない闇の者達。だが、闇は彼女達を見捨てはしない

?「苦戦しているようだな。邪王真眼よ」

六花「……貴方の助けはいらない………『魔王』神崎蘭子」

蘭子「ククク………威勢の良い事だ」

そして、真の闇が光臨する。



24: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:21:24 ID:AsobGzrU

敵幹部「魔王、だとっ!?………」

蘭子「光だけの世界より、闇だけの世界より、カオスな世界こそが真実の世界なのよ。だから、貴様は、この世界に必要ない」

敵幹部「こ、の………闇の化身め!光の裁きを受けてみろ!」

蘭子「………愚かな人間達よ………終末を、始めよう」

魔王、再誕


~新ドラマ・魔王天聖~
~10月××日、深夜1時、放送開始~



25: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:22:38 ID:AsobGzrU

勇太「なん……だと……?」

樟葉「今の、六花さん、だよね」

勇太「樟葉にも、そう見えたか?」

樟葉「うん。それに、凸守さんもいたみたいだけど」

勇太「夢じゃないよな?」

樟葉「多分。それに主演の人、アイドルの神崎蘭子さんだよね」

勇太「………」
樟葉「お兄ちゃん?」
勇太「ま、まぁ、他人の空似だろ」

樟葉「そ、そう、だよね」

勇太「………明日、六花に聞いてみる」

樟葉「うん」



26: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:39:20 ID:AsobGzrU

~翌日・学校~

ガヤガヤ

「昨日のテレビみた?蘭子ちゃんのヤツ」
「うん。闇がなんたらってやつでしょ。可愛かったねー」
「蘭子ちゃんらしいよね」
「あ、そういえば登場人物に小鳥遊さんみたいな人いなかった?」
「まさか、本人なわけないじゃん」
「うーん。そうだよねー」

勇太(…………)

一色「富樫ー!お前見たか昨日の!」

勇太「あ、あぁ」

一色「あれ、蘭子ちゃんと一緒にいたのってさ、小鳥遊さんだよな!?」

勇太「ま、まさか。他人の空似だろ」

一色「いや、でもさ……」

森夏「どきなさい!」ドカッ

一色「ヘブンッ」

勇太「一色!?」



27: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:40:45 ID:AsobGzrU

森夏「富樫くん、昨日の小鳥遊さんのあれはなに!?」

勇太「い、いや俺に言われても……」

森夏「使えないわね………まぁいいわ。小鳥遊さんに直接聞くから」スタスタ

勇太(俺の方が聞きたいくらいだよ………)

一色「」チーン

勇太(ま、学校に来たら六花に直接聞けばいいか)

ガララッ

六花「………」

「あ、小鳥遊さん来たよ」
「あんた聞いてみなよ」
「えー」

勇太「あー、おはよう、六花」

六花「おはよう。勇太…………昨日の、見た?」

勇太「昨日って………まさか、あのCM?」

六花「」コクコク

勇太「そ、そっか………あー、その、マジで?」



28: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:43:44 ID:AsobGzrU

六花「マジ。これで私も名実共に綺羅星の一員」

勇太「き、綺羅星?」
六花「またの名をアイドル!」

勇太「ア、アイドル!?」

「アイドル!?」
「マジ!?」
「ウッソー! 小鳥遊さん、本当!?」

ダダダダダダ

六花「ふぇ!?」

勇太「うわぁ!?」



勇太「………それから何があったのか、良く覚えていない」
勇太「何故なら、六花がアイドルになったと口にした瞬間、我先にと集まってきた女子達に揉みくちゃにされ、俺は意識を失ってしまったからだ」



29: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:45:06 ID:AsobGzrU

~事務所~

モバP「昨日のCMの出来、ハンパなかったな」

凸守「マスターが登場するのだから当然デス」

六花「CG、凄かった」ピコピコ

蘭子「フッ。闇の眷属達の力を持ってすればあの程度の魔術、造作もないわ」(何だかCG制作会社や他のスタッフさんのやる気が物凄かったです)

凸守「それにしても、今日はクラスの連中に揉みくちゃにされて大変だったデース」

六花「我がサーヴァントもか。私も今朝クラスメイトに押し潰されそうになった………邪王真眼の力がなければ危なかった」

蘭子「フッ、そのような責め苦はまだ序の口よ。これから更なる攻撃が遣ってくる。覚悟しておくことね」(有名になればそういうこともいっぱいあるから、今のうちに慣れといた方がいいよ)




モバP(………うーん。あのドラマ、有名な脚本家さんや監督さんが集まってたみたいだけど………あんな感じで視聴率とれるのか?)



30: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 13:46:41 ID:AsobGzrU

モバP「そして蘭子が主演のドラマが放送され始めてから数週間が経った」

モバP「最初、視聴率は余り良くなかった。どうやら特撮なのに男性俳優があまりでてなかった事がネックになったようだ」

モバP「だが、五話目にして脚本家が変わった時、変化が訪れた」

モバP「最初の四話でまき散らされていたフラグを交代した脚本家が綺麗に纏め、中二要素を大量にぶち込んだあたりから評価が急上昇」

モバP「蘭子を含めたキャスト全員の演技力が向上したのも大きな要因だろう」

モバP「そして、1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち、半年が経ち、とうとうあの深夜ドラマは、常識を覆す程の驚異的な視聴率を維持したまま、最終回を迎えたのだった」



31: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 16:50:29 ID:AsobGzrU

モバP「そして、あの中二病全開な特撮ドラマが最終回を迎えてから3ヶ月が経った………」

モバP「あのドラマに出演して以来、元々人気のあった蘭子だけでなく、無名のアイドルだった六花や凸守の人気もうなぎ登りになり、デビューからたった半年でドームライブを行う事になったのだった」



~某ドーム~

凸守「爆ぜろリアル!」

<ウォォォォ!! 爆ぜろリアル!
<凸チャーン!

六花「弾けろシナプス!」

<弾けろシナプス!
<カワイイヨーリッカチャーン!

蘭子「Vanishment This World!」

<イェァァァァァァア!!!
<マオウサマァァァァア!

凸守「今日は我々のユニット《Black Raison d'etre》のライブによく来たデース」

六花「闇の眷属である諸君等を、我々は歓迎する」

蘭子「さぁ、我らの闇の調べに酔いしれるがいい!」(皆さん、最後まで楽しんでいってくださいね!)

六花「一曲目、《INSIDE IDENTITY》!」



32: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 16:58:27 ID:AsobGzrU

~事務所~

TV<ドンドンイクデース!
TV<シュバルツゼクスタイプ?Wノチカラヲミヨ!
TV<オドリクルエ!


モバP「…………うーむ。信じられないほどの快進撃だな……」

ちひろ「ですねぇ……最初はどうなることかと思いましたけど、中二病ユニット、意外上手く行きましたね」

モバP「でもまぁ、これからですよ……アイツ等のポテンシャルはまだまだ、こんなもんじゃありませんから」

ちひろ「ふふ……そうですね!」


<コンコン

モバP「? 誰だろ、こんな時間に……」

<コンコン

モバP「はーい。今開けます……」

ガチャ



33: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 17:05:19 ID:AsobGzrU

十花「夜分遅くに申し訳ない……私は、小鳥遊六花の姉の小鳥遊十花という者なのだが………」

モバP「……」

十花「ウチの六花がご迷惑をお掛けしてはいないかと心配になって………?」

モバP「……」ティン!

十花「あの……」

モバP「十花さん!」

十花「な、何だ?」

モバP「アイドル、目指してみませんか?」


十花「………は?」


~おわり~



34: ◆GpJS2ITVIE 2014/02/21(金) 17:10:42 ID:AsobGzrU

次回、嘘予告

アイドルとして活躍を続ける六花達の後を追うようにモバPの悪魔の手腕によって強引にパティシエールアイドルにさせられてしまった十花。

彼女はモバPの魔の手から逃れる事は出きるのか!?

次回、《中二病でもアイドルがしたい》第2話 一色、死す

アイドル、スタンバイ!


元スレ
SS深夜VIP:モバP「君、アイドルに興味はない?」六花「アイドル…?」