1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/24(月) 23:58:56.779 ID:B6Jrm6sz0.net

ガヴリール「ヴィーネ~」ダキッ

ヴィーネ「うわっ!いきなり抱きつかないでよ」

ガヴリール「ん~」クンクン

ヴィーネ「な、何匂い嗅いでるのよ…」

ガヴリール(うーん、この洗剤と柔軟剤の甘くそれでいてさっぱりした…)

ガヴリール「ヴィーネさんは相変わらずいい匂いですな~」スリスリ

ヴィーネ「は、恥ずかしいからやめろ!!///」




ガヴリール(他の奴等はどんな匂いがするんだろう…)クンクン

ヴィーネ「いつまで匂い嗅いでるのよ…///」

ガヴリール(気になる…)クンクン



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/24(月) 23:59:55.392 ID:B6Jrm6sz0.net

ガヴリール(まずはサターニャだな…)

ガヴリール「おい、サターニャ」

サターニャ「ん?何?なんか用?」

ガヴリール「いや、用って訳じゃ無いんだがちょっと立ってくれ」

サターニャ「??」スクッ

ガヴリール「そんでちょっと腕を広げてくれ」

サターニャ「何でよ」

ガヴリール「良いから」

サターニャ「何企んでんのよ…まぁいいわ、これでいい?」スッ

ガヴリール「えいっ」ギュッ

サターニャ「な゛っ!?///」

ガヴリール「ん~」スリスリ

サターニャ「な、ななっ!何してんのよアンタ!///」カァー

ガヴリール(くそっ、胸デカイなコイツ…割と気持ちがいい…)ムニムニ

サターニャ「ち、ちょっと!///くすぐったい!///」

ガヴリール(さて…)クンクン

ガヴリール(おお、甘い匂いがする…この匂い好きだな…)クンクン

サターニャ「ちょっと…///皆見てるんだけど…///」カァー

ガヴリール(ずっとこうしていたいが…他も気になるしそろそろ…)

ガヴリール「ん」パッ

サターニャ「あっ…///」

ガヴリール「サンキューなサターニャ、じゃ」スタスタ



サターニャ「な、何なのよいったい…///」ドキドキ



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:01:05.209 ID:4Fv2qjOM0.net

ガヴリール「さて、次は…」

ラフィエル「あ、ガヴちゃんこんにちは~」ニコッ

ガヴリール「早速で悪いがちょっと腕を広げてくれ」

ラフィエル「こうですか?」スッ

ガヴリール「ん」ギュッ

ラフィエル「あ、あら~、今日のガヴちゃんは甘えんぼですね」ナデナデ

ガヴリール「頭撫でんな…」スリスリ

ガヴリール(うおー、でっけぇ…スッゲェ落ち着く…)スリスリ

ラフィエル「あ、あの…ガヴちゃん?///みんなが見ているのですが…///」

ガヴリール(ん~)クンクン

ガヴリール(このフワッと香る上品な花の匂い…流石ラフィだな…)クンクン

ガヴリール「えっと…何で匂いを嗅いでいるのですか…?///」

ガヴリール(なんか…眠くなってきた…)ウトウト

ラフィエル「あらあら、眠くなってきましたか…?///」クスッ

ガヴリール「ああ…」

ガヴリール(このまま眠っても良いが…次行くか)

ガヴリール「ん、ありがとなラフィ」パッ

ラフィエル「あっ…///」シュン

ガヴリール「それじゃ」スタスタ



ラフィエル「ガヴちゃん…///」ドキドキ



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:01:55.034 ID:4Fv2qjOM0.net

ガヴリール「さて、この辺に…」キョロキョロ

タプリス「あ!天真せんぱーい!!」

ガヴリール「おータプリス、探したぞ」

タプリス「??何か御用ですか?」

ガヴリール「ああ、ちょっとあっち向いてくれ」

タプリス「え?何かあるんですか?」クルッ

ガヴリール「えい」ギュッ

タプリス「ほ、ほわぁああああ!!??///」

ガヴリール「よしよし」

タプリス「な、なななっ!///天真しぇんぱい!?///」

タプリス(こ、これは前にテレビで見た『あすなろ抱き』って奴では!?///)カァー

ガヴリール「ふむ…」クンクン

ガヴリール(これはサターニャとはまた違う甘い香り…シュガーベルの名は伊達じゃないな…)クンクン

タプリス(て、天真先輩に匂いを嗅がれてますぅ!///へ、変な匂いしていないでしょうか…///)

タプリス「て、天真先輩…どうですか?///」

ガヴリール「ああ、いい匂いだ…」クンクン

タプリス(ひゃァアアアア!!!ほ、褒められちゃいました!///嬉しいです!!!///)



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:02:45.889 ID:4Fv2qjOM0.net

ガヴリール「ん、ありがとなタプリス」パッ

タプリス「あっ…もう良いんですか…?」

ガヴリール「ああ、充分堪能させてもらったよ。ありがとなタプリス」ナデナデ

タプリス「!!えへへ…///あの…」

ガヴリール「ん?」

タプリス「また…抱いてくれますか…?///」

ガヴリール「ああ、また抱いてやるよ」スタスタ



タプリス「天真先輩…///」キュンキュン



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:04:00.644 ID:4Fv2qjOM0.net

ガヴリール(あー堪能した…何でアイツらあんないい匂いするんだ…)

「あ、天真さーん」

ガヴリール「ん?委員長?」

委員長「天真さん探したわよ、
今日機嫌のプリントまだ出してないでしょ?」

ガヴリール「あー、忘れてた」

ガヴリール(匂いに夢中で)

まち子「もう、早く出してね?」

ガヴリール「うん、あ、委員長ちょっといい?」

まち子「何?」

ガヴリール「ちょっと私を抱いてくれ」

まち子「え、えええええええ!?///」

ガヴリール「うおっ!そんなに驚くこと?」

まち子「そ、そりゃ驚くわよ!///いきなり抱けだなんて…///」

ガヴリール「別に普通じゃね?私達女同士だぞ?」

まち子「そりゃそうだけど…///」

ガヴリール「まぁまぁ、良いから良いから。抱いてくれたらプリント出すから」

まち子「そ、それなら…///行くよ?」

ガヴリール「よしこい」

まち子「え、えい!」ギュッ

ガヴリール「ん」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:04:28.584 ID:4Fv2qjOM0.net

まち子(ああ、天真さんちっちゃい///可愛い…///)ギュー

ガヴリール(ちょっと抱き方がキツイな…まぁいいや)クンクン

ガヴリール(おお…今までとは違う爽やかさっぱり…柑橘系の匂いか…?これはこれで…)クンクン

まち子「ど、どうかな天真さん…?」

ガヴリール「うん…良いね…」ギュッ

まち子(きゃああああ!!抱き返してきたぁぁ!!///)ギュー

ガヴリール「んっ…委員長…ちょっと苦しい…」

まち子「あ、ああ…ごめんね天真さん…」パッ

ガヴリール「いやいいよ、それじゃプリントは委員長の机に置いておくよ。それじゃ」スタスタ



まち子「天真さん…///ちっちゃかったな…///」キュン



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:04:52.479 ID:4Fv2qjOM0.net

ガヴリール「ふぅ…良かった良かった…」ガラッ

サターニャ「ガヴリールぅぅうう!!」ダキッ

ガヴリール「うわっ!何だよサターニャ!」

サターニャ「ふふん!どう?ガヴリール!」ムギュムギュ

ガヴリール「いや、どうって…」

ラフィエル「サターニャさん、1人だけずるいですよ~」ムギュ

ガヴリール「ラフィエルまで…」

ヴィーネ「わ、私だって」ギュッ

タプリス「皆さんばっかりずるいですよ!私も!」ギュッ

ガヴリール「ちょっ、お前ら…」

まち子「わ、私も良いかな…?///」ギュッ

ガヴリール「むぐっ!」

ギュウギュウ


ガヴリール(ぐっ、苦しい…でも…みんなの匂いが…ああ)

ガヴリール「…みんないい匂いですな~…」ムギュムギュ



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/25(火) 00:05:17.768 ID:4Fv2qjOM0.net

短いけどおわり

上野と田中も出してやりたかった


元スレ
ガヴリール「いい匂いですな~」