関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:00:54.98 ID:iDxBUcKyO

まどか「おまたせっ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか!」

まどか「ごめんね、待った?」

ほむら「ふふっ、私も今来たとこだたら」

まどか「そっか、じゃあ行こっ?」

ほむら「ええ」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:02:13.07 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ワルプルギスとの戦いが終わり、半年以上たった)

ほむら(まどか、さやか、マミ、杏子、そして『私』)

ほむら(みんな生き残り、平和な日々を送っている)

ほむら(みんなと笑顔ですごせる毎日、こんな夢のような毎日を私は、私たちは生きている)

ほむら(夢と言えば、私に新しい家族ができたこともね)





3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:04:24.11 ID:iDxBUcKyO

まどか「今日はほむらちゃんのリボンを買いに行くんだよね?」

ほむら「ええ、そうよ」

まどか「ほむらちゃん、どんなリボンが似合うのかなぁ?」

ほむら「そうね…まどかとお揃いなんてどうかしら?」

まどか「この赤のリボン?」

ほむら「ええ」

まどか「てぃひひ!お揃いかぁ…いいねっ!」





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:07:19.23 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ふふっ、それじゃあ買おっか」

アリガトーゴザーマシター

ほむら「無事買えたわね」

まどか「うん、はやく見てみたいなぁ」

ほむら「そうね、恥ずかしがらず、つけてくれれば良いのだけれど」ホムッ

まどか「そうだねー」ウェヒヒ

まどか「あっ、じゃあ今ここでつけてみてよ!」

ほむら「えっ?私が?」




8: まさか6分で落ちるとは… 2011/10/09(日) 13:09:09.73 ID:iDxBUcKyO

まどか「うん、てぃひひ!似合うと思うよ!」ニコッ

ほむら「ほむっ…!」

ほむら(ほんと私ってまどかの笑顔に弱いのよね…)

ほむら「わかったわ」

まどか「じゃあカチューシャ貸して?」

ほむら「うん」

まどか「ほらっ、リボンつけてよ!」





9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:11:20.04 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ほむぅ…」

ほむら(でもやっぱり恥ずかしいわね…)

ほむら(どうしようかしら…まどかみたいなツインテールにしようかしら…)

ほむら(でも…私にツインテールは…そうね…なら)

ほむら「ど、どうかしら」ファサッ

まどか「あっ、カチューシャみたいにしたんだね、うんっ!似合ってるよ!」

ほむら「そ、そう?」パアッ




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:13:06.89 ID:iDxBUcKyO

まどか「うんっ!可愛い!」ウェヒヒ

ほむら「ほむむむ///」

ほむら「じゃあ、私の分も買ってくる!」ダッ

まどか「あっ、ほむらちゃん!」
まどか「…行っちゃった」ウェヒヒ

まどか「ほむらちゃん…」





13: >>10リベンジです、流石に6分じゃ諦めきれない 2011/10/09(日) 13:17:46.80 ID:iDxBUcKyO

まどか(一ヶ月前、私たちに奇跡が起こった)

まどか(私たちの前に、もう一人のほむらちゃんが別の世界からやってきたんだ)

まどか(そのほむらちゃんは、眼鏡をかけてて、三つ編みで…)

まどか(弱々しい性格で、まるでほむらちゃんとは別人だった)

まどか(でも、ほむらちゃんは、ほむらちゃんなのは間違いなかった)

まどか(どんな外見でも、性格でも、ほむらちゃんはほむらちゃんだもん!)




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:20:49.70 ID:iDxBUcKyO

まどか(そして、今日はそのほむらちゃんにプレゼントを買いに、あのほむらちゃんと買い物に来たんだ)

まどか(結局、あのほむらちゃんもリボンを買ったみたいだけどね)ウェヒヒ

まどか「ほむらちゃんのカチューシャ…」

まどか「私がつけちゃおっかな?」ウェヒヒ

ほむら「おまたせ、まどか」

まどか「ううん、いいよ」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:22:55.47 ID:iDxBUcKyO

ほむら「あっ、私のカチューシャ」

まどか「…に、似合うかな?」

ほむら「いいえ、私より似合ってるわ」

ほむら(まどかが私のカチューシャを…ほむむ)

まどか「てぃひひ!ありがとう!」

まどか「それじゃ帰ろっか?」

ほむら「ええ」





17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:24:18.82 ID:iDxBUcKyO

ほむら(一ヶ月前の出来事は、唐突にやってきた)

ほむら(私の前に私がいるんだもん、誰だって驚くわ)

ほむら(そして、いろいろあったけど、今は私たち2人一緒にくらしてる)

ほむら(それもあの時、もう一人の私の願い事が叶ったから)





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:26:09.80 ID:iDxBUcKyO

一ヶ月前

めがほむ(私は…みんなと一緒に学校に行きたい…!)

めがほむ(みんなと一緒に遊びたい!)

めがほむ(みんなと一緒に笑いたい!)

めがほむ(だから…だから)

めがほむ「わ、私は…」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:28:04.88 ID:iDxBUcKyO

QB「さあ、暁美ほむら、君は何を願うのかい?」

めがほむ「私の願いは」

めがほむ「この世界で、この世界の人間として、みんなと一緒に暮らしたい!」

めがほむ「嫌なことも悲しいこともない…そんな明るい毎日を過ごしたい!」

めがほむ「みんなと仲良くいたい!」

カッ




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:29:52.76 ID:iDxBUcKyO

「はい、今日は転校生を紹介します」

「えーっ、また転校生くるんだー」

「男の子かな?女の子かな?」

「まどかさんはどう思う?」

「てぃひひ、誰だろうね」

「そうね」ファサッ

「また転校生と呼ぶ仕事が始まるよ」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:31:31.46 ID:iDxBUcKyO

「あっ入ってきたよ」ウェヒヒ

「かわいー」

「髪ながーい」

「あら?あの方、ほむらさんと…」

「ふふっ」

「はい、自己紹介をお願いします」

「は、はじめまして…」

「え、えっと、私の名前は」


「暁美ほむか、と言いますっ」




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:33:29.92 ID:iDxBUcKyO

「よ、よろしくお願いします!」

「やっぱり暁美さんの姉妹なんだー!」

「そっくりだもんねー」

「でも性格は似てないっぽいねー」

「はいはい、静かに」

キーンコーンカーンコーン




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:34:32.04 ID:iDxBUcKyO

さやか「ねね、転校生ってほむらの双子なの!?」

ほむか「うん」

ほむら「ええ、私の双子の妹よ」
杏子「どうりでそっくりな訳だな」

さやか「ほむらに妹がいたなんて知らなかったよ、ね!まどか?」

まどか「てぃひひ!私は知ってたよ!」





27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:35:43.74 ID:iDxBUcKyO

さやか「なんだってー?さやかちゃんには内緒にしてたのかー?」
ほむら「ふふっ、ごめんなさい…でも知ってるのは、まどかだけだから」

杏子「へぇー…へへ、私は佐倉杏子だ、よろしく」

さやか「私は美樹さやか、よろしくね転校生!」

ほむか「よ、よろしくお願いします」

ほむら「仲良くしてあげてね」

さやか「もちろんだよ!」





28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:36:37.82 ID:iDxBUcKyO

さやか「でも…私に秘密事をするやつはぁ…こうだぁー!」

ほむら「きゃっ?ちょっとやめてよ!…あははっ」

まどか「てぃひひ!」

仁美「ほむらさんは美人、って感じですけど…ほむかさんは可愛らしい方ですのね」

ほむか「えへへ」

さやか「ねぇねぇ、何でほむらと一緒に転校してこなかったの?」

ほむら「親の仕事の都合よ、先に私一人だけこっちに転校してきたの」




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:37:40.49 ID:iDxBUcKyO

ほむら「でも、この子も私と一緒がいいって聞かなくて、今回転校してきたのよ」

ほむか「うんっ!」

まどか「ほむかちゃん、ほむらちゃんの事大好きだからね!」ウェヒヒ

ほむか「えへへ…お姉ちゃんは美人でかっこいいし…!」

ほむら「あなただって可愛いじゃない」

ほむか「そんなことないよぉ…」
まどか「そんなことあるよっ!」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 13:38:27.53 ID:iDxBUcKyO

さやか「なー!なんだこの仲良い姉妹!」

仁美「羨ましいですわね」

ほむか「えへへ」

ほむら「ふふっ」

まどか「てぃひひ!」





40: すみません 2011/10/09(日) 14:00:22.58 ID:iDxBUcKyO

ほむら(といった事があったのが一ヶ月前)

ほむら(もう一人の私の願い事で、もう一人の私はこの世界の人間となった)

ほむら(私の妹、暁美ほむかとして)

ほむら(しかも私たちの魔法少女としての力もなくなった)

ほむら(いえ、魔法少女だったと言う現実そのものがなくなっていた)

ほむら(それは、世界そのものが再構築されたから)




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:03:08.03 ID:iDxBUcKyO

ほむら(私たちはただの中学生でしかなくった)

ほむら(佐倉杏子も私たちのクラスメイトとなっている)

ほむら(もう一人の私は、初めから暁美ほむかとして生きていたことになっていて)

ほむら(ほむかの正体が別の世界から来たもう一人の私だと言うことを覚えているのは私、暁美ほむらと、まどか)

ほむら(この私たち2人だけとなっていた)





45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:07:18.92 ID:iDxBUcKyO

ほむら(だからさやかや杏子、マミは一ヶ月前の出来事を覚えていない)

ほむら(それどころか、魔法少女に関する記憶すべてを完全に忘れている)

ほむら(初めから魔法少女そのものがなかったかのように…)

ほむら(いえ、実際にこの世界には魔法少女は存在しない世界となった)

ほむら(そしてQBも姿を見せなくなった、たぶん別の星で魔法少女システムを続けているのではないかしら)





46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:10:07.71 ID:iDxBUcKyO

ほむら(そしてもう一人の私自身も、別の世界での暁美ほむらとしての記憶を失い)

ほむら(その代わりにこの世界での暁美ほむかとしての偽りの記憶を手に入れた)

ほむら(でも、もう一人の私も、最初は記憶を失っていなかった)

ほむら(それが次第に記憶が変わっていき、完全に自分のことを暁美ほむかとして認識している)

ほむら(何故私とまどかの2人だけが以前の記憶があるのかはわからない)





47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:13:22.65 ID:iDxBUcKyO

ほむら(でも、ほむかがもう一人の私であったという事実を私たちは忘れちゃいけない)

ほむら(そう思い、私とまどかは2人の時は暁美ほむかではなく、暁美ほむらとして会話するようにしている)

ほむら(要するに、私とまどかだけが魔法少女が存在しなくて)

ほむら(暁美ほむかが存在する世界に来た)

ほむら(って感じかしら?ふふっややこしいわね)





49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:16:25.37 ID:iDxBUcKyO

まどか「ほむらちゃん、もう一人のほむらちゃんはどんな風にリボンを使うのかな?」

ほむら「そうね…私と被らなければ何でもいいけど…」ホムッ

まどか「てぃひひ、被ったら見分けがつかなくなるもんね!」

まどか「あっ、でも眼鏡でわかるかな?」

ほむら「その眼鏡のことなんだけど、もう一人の私の眼鏡をコンタクトに代えようと思うの」

まどか「えっ?なんで?それじゃ見分けつかなくなるよ!」





50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:19:21.61 ID:iDxBUcKyO

ほむら「そこは大丈夫よ、雰囲気が全く違うのだし、まどかなら見分けくらいつくでしょ?」

まどか「もちろん私はほむらちゃんとほむらちゃんを間違えないよ?」

まどか「でもさやかちゃんやみんなは眼鏡で見分けつけてるみたいだから…」

ほむら「まあ、なんとかなるわ」ファサッ

まどか「そうかなぁー」ウェヒヒ

まどか「うーん…ほむらちゃんが言うなら、それでいいけど…」





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:22:35.95 ID:iDxBUcKyO

ほむら「うん、だから今からコンタクトを作りに行くわ」

まどか「えっ、でもどうやって?ほむらちゃんがいないと作れないよ?」

ほむら「その為の私よ、私の視力くらい覚えているわ」

ほむら「昔の私と全く同じはずだしね」

まどか「それなら…いいのかな?」ウェヒヒ

ほむら「いいのよ」ファサッ




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:25:20.90 ID:iDxBUcKyO

まどか「ほむらちゃんは魔法で視力や体を強くしてるんだよね?」

ほむら「ええ、魔法少女に変身できなくても、この体だけは維持できてるわ」

ほむら「もう一人の私は元々の体のままなのだけれど…」

まどか「体育の成績は一位とビリがほむらちゃんだからね」ウェヒヒ

ほむら「そうね…何故か残ったこの力と記憶、大切にしなくちゃいけないわ」





58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:28:07.88 ID:iDxBUcKyO

まどか「そだね!…QBがいれば少しは事情がわかるのかもしれないのにね」

ほむら「そうね…前は余計な時にはすぐに来たくせに、肝心な時には来ないんだから」

まどか「そうだね…マミさん変わっちゃったし…」

ほむら「ええ…いつも2人仲良くしてたからね」

まどか「うん、だから今のマミさんは…きゃっ!」ドンッ

ほむら「まどか!?」

ほむら(誰が私のまどかに…!)ギリッ




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:31:09.01 ID:iDxBUcKyO

マミ「」

ほむら「マミ?」

マミ「あ…その…ごっ、ごめんなさい…よそ見してて…」

まどか「いてて…てぃひひ、マミさんとぶつかっちゃった」

マミ「本当にごめんなさい…鹿目さん…」

ほむら「まどか、立てる?」

まどか「うん、大丈夫だよ」

まどか「マミさんごめんなさい、私もちゃんと前を見てなくて…」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:34:11.92 ID:iDxBUcKyO

マミ「ううん…私がいけないの…」

まどか「そんな…」

ほむら「ところでマミは何をしていたのかしら?」

マミ「その…お夕飯を…これ」

まどか「これだけですか?」

ほむら「コンビニのおにぎり2つとお茶だけじゃない」

マミ「ほら…私一人だし…そんなに食べないから…」





63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:37:49.59 ID:iDxBUcKyO

まどか「そんな!体を壊しますよ!」

マミ「いいよ…壊しても…」

まどか「マミさん…!」

ほむら「ほむ…仕方ないわね、マミ、今日は家で夕食を取りなさい」

マミ「そんな…悪いよ…」





65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:40:08.85 ID:iDxBUcKyO

ほむら「いいから、ね?ちゃんと食べないと怒るわよ?」

マミ「ひっ…ごめんなさい…怒らないで…」

まどか「マミさん…」

ほむら「ふう、私はコンタクト作ってくるから2人はここで待ってて?」

まどか「うん」

マミ「はい…」





66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:43:57.31 ID:iDxBUcKyO

ほむら「まどか、マミを頼んだわよ」

まどか「うん、わかった!」

マミ「…」

まどか「てぃひひ、ほむかちゃんの料理美味しいんですよ?」

マミ「そうなんだ…」

まどか「まだ中学生なのに、料理ができてすごいですよね」

マミ「うん…2人は2人暮らしなのよね?」




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:47:06.15 ID:iDxBUcKyO

まどか「そうですよ、パパ達は仕事が忙しいらしくて」

マミ「そっか…でも羨ましいなあ…私も家族が欲しいなあ…」

まどか「マミ、さん…」

マミ「私、どこにいても一人ぼっち…なんだもん」

まどか「…」

まどか(この世界になって、魔法少女じゃなくなったマミさんはQBもいなくて家ではいつも一人らしくて…)





69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:50:38.11 ID:iDxBUcKyO

まどか(料理はできるけど、いつもコンビニで食事は済ましているみたい…)

まどか(学校ではいつも教室の隅で何かのイラストをずっと書いてるらしいんだ…)

まどか(お昼は私たちが誘っても毎回断られて…)

まどか(髪型もストレートになってて、前のマミさんの面影はどこにもなくなってた)

まどか(世界が作り変わったと言っても、もう一人のほむらちゃんとの記憶、魔法少女としての記憶、そしてQBとの記憶がなくなっただけ)





70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:53:37.16 ID:iDxBUcKyO

まどか(それでもマミさんはここまで変わってしまってて…)

まどか(マミさんにとって、QBはかけがえのない友達だったんだな、って…)

マミ「あ…ご、ごめんなさい…鹿目さんにこんなこと言っても仕方ないよね…」

マミ「魔法や奇跡でもないかぎり…私に家族なんて…」

まどか「でも…でも!私が、私たちがいます!私たちは友達ですよ!」

マミ「とも…だち…?」

まどか「はい!」

マミ「でも…学年も違うし…私こんなんだし…」





71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:56:59.96 ID:iDxBUcKyO

まどか(確かに、魔法少女という共通点を失った私たちは以前の関係になかなか戻ることができてない)

まどか(さやかちゃんや杏子ちゃんは何事もなかったように仲良くできてるけど、マミさんだけは上手くいかない)

まどか(私が…私がなんとかしないと…!)

まどか「そうだっ、ね、マミさん!」

マミ「なに…?」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 14:59:26.24 ID:iDxBUcKyO

まどか「こんどみんなでケーキバイキングに行きませんか?私美味しいお店知ってるんですよ!」ウェヒヒ

マミ「ケー…キ…」

まどか「はいっ!」

マミ「…ごめんなさい…私…ケーキ食べられないの…ケーキを食べると悲しくなってくるの…」

まどか「え…」

マミ「ケーキを食べてると、いつも一緒に誰かと食べてたような気がして…」

マミ「ふふ、いつも一人なのに…おかしいよね…」

まどか「誰か…?」

マミ「うん、それは人間じゃないんだけど…いつも夢にでてくるんだ」




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:02:18.97 ID:iDxBUcKyO

マミ「一緒に食べて、一緒に寝て、一緒に遊んで…いつも私と一緒にいるの」

まどか「それって…もしかして」

マミ「この子なの…」

まどか「このイラストって…」

まどか(QB!)

マミ「夢にだけ出てくる私の大切なお友だちなの」

まどか「そう…なんですか…」

まどか(それは夢じゃないよ…マミさん…)




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:05:10.94 ID:iDxBUcKyO

まどか「…」

マミ「あっ…ご、ごめんなさい…勝手に話しちゃって…」

マミ「意味わからないよね…気持ち悪いよね…」

まどか「…そんなことないですよ」

マミ「えっ?」

まどか「てぃひひ!可愛いお友だちですね!」

マミ「うっ、うんっ!」パアッ





80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:09:14.43 ID:iDxBUcKyO

まどか「でも、私たちもマミさんのお友だちになりたいです」

まどか「その子みたいに、仲良しなお友だちに…」

マミ「鹿目さん…」

まどか「マミさんと仲良くなれたらそれはとっても嬉しいなって!…てぃひひ!」

マミ「…本当に…本当にお友だちになってくれるの?」

まどか「はい!私もほむらちゃんもマミさんと仲良くなりたいんです!」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:12:11.88 ID:iDxBUcKyO

マミ「うぅ…ありがとう…ありがとう鹿目さん…」グスッ

ほむら「まったく、私たちの前で泣くのは今日で最後にしてもらいたいわ」ファサッ

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「ほむらさん…」

ほむら「おまたせ、それじゃ私の家に行くわよ」

マミ「ほむらさん…私…本当にお友だちに…」





83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:15:21.80 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ふふっ、いいから、さっ行きましょう?」

まどか「うん、行こうよ!」

ほむら「ほむホームに」

まどか「レッツゴー!」

マミ「…ゴー…」

ほむら「ふふっ」

まどか「てぃひっ!」

マミ「…てへ」




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:18:55.72 ID:iDxBUcKyO

ほむホーム

ほむら「ただいま」

ほむか「あっ、おかえりなさい、お姉ちゃん!」

ほむか「リボン買ったんだ!えへへ、似合ってるよ!」

まどか「ただいまどか!…なんちゃって」ウェヒヒ

ほむか「鹿目さん、いらっしゃい」

マミ「その…お、お邪魔します…」




88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:21:58.22 ID:iDxBUcKyO

ほむか「あ…巴さん?」

ほむら「帰る途中でたまたま会ったの、今日の夕飯は4人で食べたいんだけど大丈夫?」

ほむか「私は大丈夫だけど…食材足りるかな…?」

ほむか「あ…足りないや…買い出しに行かないと…」

マミ「…な、なら私やっぱり…」

ほむら「帰る必要はないわ、後で行くから」





90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:25:03.56 ID:iDxBUcKyO

マミ「そ、そう…」

まどか「そだね、まずはアレをあげないとね」

ほむら「ええ」

ほむか「?」ホムッ

まどか「じゃじゃーん、ほむかちゃんにもリボン買って来たんだよっ!」

ほむら「私とまどかとお揃いよ」

ほむか「わあ…!」

マミ「可愛い…」





91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:28:37.17 ID:iDxBUcKyO

まどか「ねね!つけてみてよ!」

ほむか「う、うん…!」

ほむら「きっと似合うわよ」フフッ

ほむか「ほむむ…」

まどか「どうしたの?」

ほむら「どんな髪型にしたら良いのかわからないのよ、きっと」

ほむか「えへへ、お姉ちゃんにはバレちゃうか」

まどか「そうだっ!ツインテールなんてどうかな?」





95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:34:55.94 ID:iDxBUcKyO

ほむか「ツインテール?」

まどか「私とお揃いだよっ」ウェヒヒ

ほむか「ツインテール…えへへ、やってみるね…!」

ほむか「ど…どう…かな…?」ドキドキ

まどか「可愛いよ、ほむかちゃん!」

ほむか「そ、そうかな…?」

ほむら「うん、似合ってるわ」

マミ「可愛い…」

ほむか「…えへへ」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:37:51.96 ID:iDxBUcKyO

ほむら「後は眼鏡ね」ヒョイ

ほむか「あっ!」

ほむか「お…お姉ちゃん!よく見えないよぉ…」

マミ「本当にそっくりな顔…」

まどか「でも同じ顔なのに表情のせいかほむかちゃんは可愛いくて」

まどか「ほむらちゃんは美人なんですよ!」

マミ「うん…!」

ほむか「眼鏡返してよ、お姉ちゃんっ!」




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:40:43.49 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ふふっ、ほら代わりにこれを使いなさい」

ほむか「これは…コンタクトレンズ?」

ほむら「そうよ」

ほむか「これを私が…?」

まどか「そうだよ!」

ほむか「わ、わかった…!」

ほむか「…ほむっ…」プルプル

まどか「どうしたの?」




100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:43:16.93 ID:iDxBUcKyO

ほむか「そ…その…」

ほむら「目に入れるのが怖いのね?」

ほむか「う、うん」

ほむら「ほら、大丈夫、痛くないから」

ほむか「お姉ちゃん…」


ほむら「痛くなかったでしょ?」
ほむか「うん…」

まどか「ほら、鏡持ってきたよ」

ほむら「見てみなさい」

ほむか「…わあぁ」





103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:46:16.28 ID:iDxBUcKyO

ほむか(憧れの鹿目さんと同じリボンに同じ髪型)

ほむか(憧れのお姉ちゃんと同じ顔)

ほむか「えへへ…嬉しいな」

ほむら「似合ってる、って言ったでしょ?」

ほむか「うんっ!」

ほむか「えへへ…お揃いだぁ」

マミ「本当に仲がいいのね、羨ましいなぁ」

まどか「可愛いよ!ほむかちゃん!」




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:50:20.70 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ふふっ、それじゃ私は買い出しに行ってくるからみんな待ってて?」

ほむか「あっ、私も行くよ!」

ほむら「いえ、私一人で大丈夫よ、あなたはまどか達とお話しでもしてなさい」

ほむか「でも…お姉ちゃんと行きたいな…駄目かな?」

ほむら「ほむっ…」

ほむら(わ、私の上目遣い…!)





106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:53:26.12 ID:iDxBUcKyO

まどか「2人で行ってといでよ、私はマミさんとお留守番してるから!ね、マミさん?」

マミ「うん…」

ほむか「えへへ…行こうよ、お姉ちゃん!」

ほむら「し、仕方ないわね…」

ほむら「まどか達は適当に寛いでいて?」

まどか「はーい」

ほむか「いってきます」パタン





108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 15:56:33.50 ID:iDxBUcKyO

まどか「いってらっしゃーい!」

まどか(ほんとは私も行きたかったけどね…)

マミ「ふふ、可愛い双子よね…」

まどか「ですよね、私も2人入ればなぁ」

まどか(そしたら、2人のほむらちゃんと2人の私で…てぃひひ)

マミ「…」

まどか「あ…そ、そうだ!さっきの話の続き聞かせてくださいよ!」

マミ「さっきの…私のお友だちの?」




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:00:11.82 ID:iDxBUcKyO

まどか「はい!」

マミ「そうね…あの子はいつも『マミ、マミ』行って私にくっついてきてね」

マミ「私もその子のおかげで笑顔でいられたの」

マミ「変だよね…親が事故で死んでから私ずっと一人なのに…」

まどか「変じゃないです…きっと、QBも同じ気持ちでいると思います!」

マミ「キュウ…べえ…?」

まどか「あっ…」




113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:03:25.87 ID:iDxBUcKyO

マミ「どうして名前を知ってるの…もしかして鹿目さんも知ってるの…!?」ズイッ

まどか「えと…それは…」アタフタ

マミ「お願い鹿目さん…知っていることを教えてくれない?」

まどか「そ、その…私も夢でみたことがあるような…」

マミ「夢…?」

まどか「は、はい!私も夢でその子やマミさん達と一緒にいて…楽しくて!」

マミ「…そっか、鹿目さんも私と同じなんだ」





114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:06:13.19 ID:iDxBUcKyO

まどか「は…はい!」

マミ「…てへへ、同じ夢かぁ」

まどか「てぃひひ…そうですね」

マミ「じゃあこれは知ってる?あの子はケーキ食べるといつも『きゅっぷい』って言うのよ」

まどか「てぃひひ!変なのー」





116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:10:07.23 ID:iDxBUcKyO

その頃

ほむか「スーパーについたね」

ほむら「ええ」

ほむら「今晩は何を作るの?」

ほむか「オムライスにしようかな…?」

ほむら「オムライスか、いいわね」

ほむか「うんっ!じゃあ行こうよ」

ほむら「うん」





119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:14:05.75 ID:iDxBUcKyO

「きゃーあの2人かわいー」

「双子かな?そっくりだね」

ほむか「えへへ…私たちのことかな?」

ほむら「うん…」

ほむら(は、恥ずかしい…)

「手を繋いじゃってー仲良いねぇ」

「うーん、けしからぁん!」





122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:17:29.03 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…ちょっと」

ほむら「しつこいわね…」チラッ

さやか「そんな暁美姉妹には~こうだぁー!」

ほむら「さっ、さやか!」

ほむか「きゃっ、やっ、あはは!くすぐったいよぉ!」

さやか「通行人かと思った?残念!さやかちゃんでした!」

ほむら「もう、何をやってるのよ」ホムン





123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:21:32.17 ID:iDxBUcKyO

ほむか「あははは!やっ、やめて…はじかし…!」

さやか「げへへ、お嬢さんいいかry」パシン

杏子「ったく、何してんだよ、ちっとは回りの視線きにしろよな…」

ほむら「杏子もいたのね」

杏子「ああ」

さやか「いたた…はは、ごめんごめんほむら!」

ほむか「もう…ってほむかだよ?」プクー





124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:24:51.26 ID:iDxBUcKyO

さやか「あ、あれ?ほんとだほむらが2人いる!?」ガーン

ほむか「ほむかだよ…」

ほむら「ふふっ」

杏子「ほむかイメチェンしたのか」

ほむか「う、うん」

杏子「似合ってるな、ツインテール」

ほむか「そ、そう?」

さやか「うんうん、かわいいぞぉー」





126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:27:45.70 ID:iDxBUcKyO

ほむか「えへへ…ありがとう」

ほむら「あなた達2人で買いもの?」

杏子「ああ、今日は私の家にさやかが泊まりにくるんだ」

さやか「だから晩御飯の材料を買いにね」

杏子「今私ん家族はみんな余所でボランティアしに行っててさ、私一人なんだ」

さやか「だから、さやかちゃんが杏子ちゃんが寂しがらないように癒してあげるのだ!」




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:30:50.31 ID:iDxBUcKyO

杏子「どーせ漫画読んだりゲームするだけだろ?」

さやか「なら他のことしてほしいの?」

杏子「えっ」

さやか「うーん…さやかちゃんとしてはもう少し進展してからが良かったけど」

さやか「愛しの杏子ちゃんがそう言うなら私は…!」

杏子「ばっ、馬鹿言ってんじゃねーよ!誰がさやかなんかと!」

さやか「そんなムキになっちゃって~」

杏子「おいっ!」

ギャーギャー




132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:34:00.14 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…」ポカーン

ほむら「…また何時もの痴話喧嘩かしら?」

ほむか「あはは…」

ほむら「さてこの2人は放っておいて、私たちは行きましょうか」

ほむか「そ…そうだね…」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:36:35.59 ID:iDxBUcKyO

ほむか「お会計終わったよ」

ほむら「ちゃんと全部買えたよね?」

ほむか「うん、大丈夫だよ」

ほむら「じゃあ帰ろうか」

ほむか「うん!」

ほむら「役割はどうする?」

ほむか「役割?」




135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:39:05.79 ID:iDxBUcKyO

ほむら「料理の役割よ」

ほむか「料理なら私一人でするよ、今日は私が当番だし」

ほむら「今日はお客さんがいるんだし、私も手伝うわ」

ほむか「いいの?」

ほむら「ええ、いいわ」

ほむか「えへへ…ありがと、お姉ちゃん!」ニコッ

ほむら「ふふっ」ニコッ





136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:41:19.92 ID:iDxBUcKyO

ほむら(こうしてみると本当に妹みたいよね…私なんだけど)

ほむか「お姉ちゃんとご飯作るの久々だねっ!」

ほむら「そうかしら?」

ほむか「そうだよっ!最近は交代交代でしか作ってなかったから」
ほむら「うーん…言われてみればそうかも…」

ほむか「えへへ、だから嬉しいなって!」

ほむら「嬉しい?」ホム




138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:43:42.98 ID:iDxBUcKyO

ほむか「お姉ちゃんと一緒に作るのが嬉しいんだよ」エヘヘ

ほむら「そう、なら明日からも2人で作る?」

ほむか「えっ、いいの?」

ほむら「私は構わないわ」

ほむか「やったぁ!」

ほむら「ふふっ」





142: >>140これはいいものだ 2011/10/09(日) 16:46:10.12 ID:iDxBUcKyO

ほむら(こんなに喜ぶなんて…)

ほむら(私も昔はこんなんだったかな?)

ほむら(ほむむ…自覚はないけどそうなのかしら…)

ほむか「どうしたの?そんな難しい顔して…」

ほむら「いえ、気にする必要はないわ」

ほむら(うん、気にしてもしょうがないわ…この子は私であって私じゃないんだから…)




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:50:10.61 ID:iDxBUcKyO

ほむか「もうすぐ家に着くね」

ほむら「ええ、帰ったら直ぐに取りかかりましょうか」

ほむか「うんっ!」

ほむら(それにしても…なんでもう一人の私は私と一緒にいるとここまで笑顔なのかしら…?)

ほむら(さやかや杏子はともかく、まどかにすらこんな笑顔は見せないって言うし…)

ほむら(ほむ…わからない…)





144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:53:26.39 ID:iDxBUcKyO

ほむホーム

ほむか「た、ただいま…!」

まどか「あっ、おかえり!」

ほむら「ただいま、待たせて悪かったわね」

まどか「ううん、待ってないよ!」

マミ「おかえりなさい…待ってないから、気にしないで…」





146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:56:28.51 ID:iDxBUcKyO

ほむら「そう、じゃあ私たちは今から作るからもう少し待ってて?」

まどか(そうだ、ほむらちゃんと2人で…てぃひひ!)

まどか「私も手伝うよ!」

ほむか「私とお姉ちゃんが2人で作るから、大丈夫だよ」

まどか(あっ…)

まどか「そ、そっか、じゃあ待ってるね」

ほむら「ええ、お願いね」

まどか「ところで今日は何を作るの?」





149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 16:58:58.82 ID:iDxBUcKyO

ほむら「オムライスよ」

まどか(ホムライス!)

まどか「てぃひっ!私ほむらちゃんのオムライス好きなんだぁ」

マミ「オムライス…」

マミ(最後に食べたの…いつだろ…)

ほむか「準備できたよ」

ほむら「わかったわ」





185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 17:47:07.58 ID:iDxBUcKyO

ほむか「えへへ…昔はお姉ちゃんが料理を教えてくれたよね」

ほむら「そうね…」

ほむら(確かに教えたけど…一ヶ月前の話よ)

ほむら(でも、記憶改変で昔、ってことになってるのかな…?)

ほむら(実際私はもう一人の私の嘘の記憶に関してはあまりわからない…)

ほむか「今はお姉ちゃんのおかげで作れるようになったけどね」エヘヘ




187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 17:50:37.17 ID:iDxBUcKyO

ほむら(そもそも唐突に記憶が変わったみたいだったし…)

ほむか「お姉ちゃん?」

ほむら「へっ?」

ほむか「どうしたの?ぼーっとして…やっぱり変だよ?」

ほむら「いや…ちょっと考え事をね…気にしないで」

ほむか「そ、相談なら…私がのるよ…?」

ほむら「だ、大丈夫…だから」





189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 17:53:45.74 ID:iDxBUcKyO

ほむら(眼鏡を止めさせたの失敗だったかしら…ますます私にしか見えない…)

ほむか「そっか…もうすぐ完成するよ?」

ほむら「ええ、そうね」

ほむか「後は玉子で包んで…できたっ!」

ほむら「綺麗に作れたわね」

ほむか「うんっ!じゃあ持っていこっか」

ほむら「ええ」





192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 17:57:13.19 ID:iDxBUcKyO

まどか「あっ、できたんだねっ!」

まどか(てぃひひ!文字書いちゃおうかな)

マミ「美味しそう…」

ほむら「そう?なら食べましょうか」

「いただきます」

ほむか「えへへ…ケチャップで文字書いてもいい?」

まどか「私も!」

ほむら「構わないわ」





195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:00:38.43 ID:iDxBUcKyO

まどか「じゃあ私はほむらちry」

ほむか「お姉ちゃんのには私が書くね!」

まどか「あっ…」

ほむら「え、ええ…」

ほむら(まどかに書いてほしかったな…)

ほむか「『お姉ちゃん大好き』…えへへ」ニコッ

ほむら「ほむっ!?」ドキッ




197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:03:27.80 ID:iDxBUcKyO

ほむら(わ、私の笑顔にこんな破壊力があったなんて…!)

まどか「…てぃひひ、じゃあ私はマミさんに…」

マミ「美味しい…」モグモグ

まどか「…」

まどか(もう食べてるし!)ビシッ
ほむら(まどかぁ…)

ほむか「私も書いてほしいな…」

ほむら「あっ、う、うん!」





199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:07:00.06 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ほむっ…参ったわね…『まどか大好き』は朝飯前だけど…)

ほむら(『ほむか大好き』はね…ナルシストみたいだし…)

ほむか「えへへ」ワクワク

ほむら(でも…これじゃ仕方ないわね…)

ほむら「…『ほむか大好き』…はい、できたわ」

まどか「…!」





201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:10:18.18 ID:iDxBUcKyO

ほむか「わぁ…ありがと、お姉ちゃんっ!」ニコッ

ほむら「う、うん…」テレッ

まどか「…」ムッ

まどか(あはは…なに嫉妬してるんだろ…私…)

ほむら(あら…まだまどかは書いていないようね…)

ほむら「まどか、私がry」

まどか「てぃひひ!私は自分で書くから!」グチャグチャ





203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:14:06.24 ID:iDxBUcKyO

ほむら「あ…!」

ほむか「…」

マミ「美味しい…」ハムハム

まどか「あはは、美味しいなあ、流石ほむらちゃんのホムライスだね」

ほむか「今日は結局殆ど私が作ったんだよ?」

まどか「へえ…そうなんだ」

ほむら「まどか…?」

ほむら(怒っているの?)





206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:17:51.02 ID:iDxBUcKyO

まどか「流石は姉妹だね、味もそっくりだよ」

ほむら「そ、そう?」

まどか「うん、前にほむらちゃんが『私』に作ってくれたホムライスと同じ味だから勘違いしちゃった」アハハ

ほむか「えへへ…お姉ちゃんが1から100まで教えてくれたからね」

まどか「ふぅん…」

ほむか「鹿目さんでもわからない位なら、大成功だよ」




210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:21:14.88 ID:iDxBUcKyO

まどか「へぇ…でもほむかちゃんじゃホムライスじゃないよね」

ほむか「う、うん…」

ほむか(鹿目さんやっぱり…でも…私だって)

ほむら「あ…」

ほむら(まどかぁ…)

まどか「あはは、でもほむかちゃんのも美味しいですね、マミさん」

マミ「うん…」





211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:24:56.70 ID:iDxBUcKyO

ほむら(何この空気…と、とりあえず…)

ほむら「お、美味しいでしょ?コンビニなんかより」

マミ「うん…うん…」

ほむら「だからこれからはコンビニなんて止めなさい」

マミ「でも…」

ほむら(よし!ここで…)

ほむら「なら私たちが特訓してあげるわ、まどかもry」

ほむか「私たち2人で教えますよ、巴さん!」





214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:28:14.34 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ちょっと…!)

まどか「…」

ほむら「…まどか」

まどか「…」プイッ

ほむら「あ…!」

ほむら(そ、そんな…)

まどか「あはは、美味しかったよ、ごちそうさまでした」





217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:32:11.01 ID:iDxBUcKyO

ほむか(ごめんなさい、鹿目さん)

ほむか「お粗末さまでした…美味しかった?」

まどか「うん、流石はほむらちゃんの『妹』だね」アハハ

ほむら「まど…か…?」

マミ「ごちそうさまでした…本当に美味しかった…」

ほむか「えへへ、巴さん食べてくれてありがとうございます」

ほむか「ほら、お姉ちゃんも早く食べないと…冷めちゃうよ?」

ほむら「う、うん…」ホムッホムッ

ほむら(まどか…何で…?)




219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:35:35.35 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ま、まどか!」

まどか「なに?」ツーン

ほむら「え、えっと…その…」

まどか「…」

ほむか「ねぇ、お姉ちゃん早く食べないと」

ほむら「う…」

まどか「…はぁ」

ほむら(まどかぁ…)

ほむか(まさかこんなに鹿目さんが嫉妬するなんて…)



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:39:30.84 ID:iDxBUcKyO

まどか(あは…何怒ってるんだろ、私)

まどか(ほむらちゃんと、ほむかちゃんは仲が良い姉妹、それだけなのに…)

まどか(私はほむらちゃんと恋人同士なのに…)

まどか(なのに…なのに…)

まどか(ほむらちゃんを取られそうな気がするよ…)

まどか「…」

ほむら(まどか、ずっと下向いててこっちを見てくれない…)



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:43:04.12 ID:iDxBUcKyO

ほむか「ほむぅ…」

ほむか(お姉ちゃんと鹿目さんが付き合ってるのはもちろん知ってるよ…)

ほむか(でも、私だって…ずっと我慢してるんだもん)

ほむか(このくらい…いいよね?)

マミ「…」ウトウト





226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:46:09.70 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ど、どうしよう…)

ほむら「ご、ごちそうさま」

ほむか「うん、じゃあ片付けてくるね」

ほむら「ありがとう…」

まどか「…」

ほむら「ま、まどか…」

まどか「…」

まどか(うぅ…)

ほむら(うぅ…)



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:50:30.26 ID:iDxBUcKyO

ほむか(どうしよう…まずいことしちゃったかな…?)

ほむか(でも私はどうしたら…?)

マミ「すぅ、すぅ…」

ほむか「あ、巴さん寝ちゃったね」

ほむら「ほんとだ…ほむか、マミをベットに連れていって、風邪を引いたらいけないわ」

ほむか「うん、ほら巴さん」

マミ「むにゃむにゃ…キュウ…べぇ…」





229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:53:04.58 ID:iDxBUcKyO

ほむか「」ピクッ

ほむら「!?」

ほむら(QB…でも記憶は…?)

まどか「ほ、ほむら…ちゃん…?」

ほむら「なっ、なに?」

まどか「そ、その…ね?」

ほむら「う、うん…」



233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 18:56:50.66 ID:iDxBUcKyO

まどか「…今日はお邪魔してごめんね?」

ほむら「あ…いえ、気にしないで」

まどか「それと…さっきは態度悪くてごめんね…?」

ほむら「う、ううん…気にしてないから」

まどか「てぃひひ…ありがとう」





235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:00:41.62 ID:iDxBUcKyO

まどか「何故かね、私ほむかちゃんに嫉妬しちゃって…」

ほむら「まどか…」

まどか「変だよね…ほむらちゃんをほむかちゃんに取られちゃいそうな気がして…」

ほむら「…」

ほむら(そうだったのね…でもほむかは妹…)

ほむら(いや、私自身よ…それはまどかも知ってるのに…)

まどか「でも、ほむかちゃんもほむらちゃんなんだよね…あれ?」

まどか「ほむらちゃんがほむらちゃんに取られる…あれ?あれれ?」





236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:03:31.46 ID:iDxBUcKyO

ほむら(まどか…混乱してるの?)

まどか「えっと…私はほむらちゃんの恋人で…ほむかちゃんはほむらちゃんの妹で…」

まどか「でもほむかちゃんはほむらちゃん自身で…あわわ」

ほむら「まどか…!」ダキッ

まどか「あっ」

ほむら「大丈夫、大丈夫だから…私はまどかが一番好きだから…!」ギュッ

まどか「ほむらちゃん…!」





238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:06:16.94 ID:iDxBUcKyO

ほむら「だから…そんな顔をしないで…!」

まどか「うん…!てぃひひ…ごめんね?」

ほむら「ううん…そうだ、明日は2人で遊びに行こっか」

まどか「2人で?てぃひひ!いいよ!」

ほむら「じゃあ明日お昼の1時にまどかの家に行くから」

まどか「うん!わかった!」





239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:10:00.71 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…」

ほむか(…私…)


ほむか「お姉ちゃん、巴さんを寝かせてきたよ」

ほむら「あっ…」バッ

まどか「…てぃひひ」

ほむか「…本当に仲が良いんだね、お姉ちゃんと鹿目さん」

まどか「私たちは恋人同士だからね!」

ほむら「ふふっ」クスッ





243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:13:29.43 ID:iDxBUcKyO

ほむか「ぅ…」ムッ

ほむか「…そうだ、もうこんな時間だけど、鹿目さんはどうするの?帰るの?」

まどか「あわわ!もうこんな時間?帰らなくっちゃ!」

ほむら「なら送ろうか?」

まどか「いや、大丈夫だよ!」

ほむら「そう…」

まどか「てぃひひ、また明日ね」ボソッ




244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:16:44.21 ID:iDxBUcKyO

ほむら「うん…!」

ほむか「…」

まどか「じゃあ待たね、ほむかちゃん、ほむらちゃん!」

ほむか「ばいばい、鹿目さん…」

ほむら「またね!」

ほむか(そうだ…)

ほむか「…えへへ、これからどうしよっか?」

ほむら「そうね、お風呂に入ろうかしら」

ほむか「な、なら…一緒に入らない?」



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:21:56.45 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ななな、何を言ってるのよ!私たちもう中学生よ!」カアァ

ほむか「や、やっぱり駄目?」

ほむら「流石にちょっと…」

ほむら(私とお風呂になんて…)

ほむか「はぁ、わかったよ…今から沸かしてくるから」

ほむか(駄目に決まってる…よね…)



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:25:18.53 ID:iDxBUcKyO

ほむら「う、うん…」

ほむら(何でこんなに私に…まどかには興味なさげなのよね…)

ほむら(ま、まさか私のことが?)

ほむら(い、いや…流石にそれは…そっくりと言うか同一人物なんだし…)

ほむら(ほむぅ…私のこととは言え、わからないものはわからないわ…)





253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:28:51.17 ID:iDxBUcKyO

マミ「すやすや」


ほむか「お姉ちゃん、お風呂準備できたよ、先に入ってて」

ほむら「ええ、お先に失礼するわ」

ほむか(我慢…しなきゃいけないって…)

ほむか(わかってるのに…わかってるのにな…)

ほむか「…」ピッピッ




255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:31:21.19 ID:iDxBUcKyO

きょうホーム

『次回おじゃ魔女リリカルさくら12話アクセラレーション!』

さやか「終わったねー」

杏子「お前魔法少女好きだよなー」

さやか「うん、かっこいいしね」

杏子「そうかー?もういい年なんだからアニメなんか卒業しちゃいなよ」




258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:35:20.06 ID:iDxBUcKyO

さやか「えー、いいじゃん別にー!」

杏子「どうせこの世には魔法も奇跡もないんだしさ、夢みるのも程ほどにしなよ?」

さやか「へいへい」レッツタイヤキー

さやか「あっ、メールだ…どれどれ」

さやか「転校生からだ」

杏子「ほむか?」




259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:39:40.15 ID:iDxBUcKyO

さやか「明日お昼からみんなと一緒に勉強会しませんか…だってさ」

杏子「勉強会?ああ、そういや今度テストあったもんな」

さやか「えっ?テスト?ちょっと!聞いてないよ!」

杏子「寝てるからだろ…」

さやか「こりゃヤバイよ…ほむらに教わるしかないね、こりゃ!」



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:43:59.13 ID:iDxBUcKyO

杏子「まー私も暇だから行くとするよ」

さやか「何かお菓子でも買って行こうか?」

杏子「そうだなー、うんまい棒とかね」

さやか「うん、それと今のうちから準備しとかっか?」

杏子「そういや宿題あったっけ」

さやか「うん、面倒だよねぇ、英語と数学」

杏子「あ、あぁ…」

杏子(そういや赤点取ってたな、さやか…)




262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 19:47:04.32 ID:iDxBUcKyO

ほむホーム

ほむら「ほむぅ…きもちいい…」

ほむら(初めはもう一人の私の事は手に取るようにわかったのだけど…)

ほむら(最近はわからないのよね…特にまとがに対してよそよそしいのが理解できないわ…)

ほむら(まどかが嫌い、ってわけじゃなさそうだけど…)

ほむら(と言うかまどかが嫌いな私って、もはや完全に私じゃないわよ!)

ほむら「ほむぅ…」ブクブク





272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:00:34.33 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…」

ほむか(私の憧れの人…暁美ほむら…)

ほむか(一ヶ月前…あの時私は純粋に憧れた…)

ほむか(私と違って鹿目さんを助けたり、私を助けてくれたり…)

ほむか(初めは羨ましかった…私もああ成りたいと思った)

ほむか(なのに…なのに何で好きになっちゃんたんだろう…)

ほむか(私を…暁美ほむらを…)





274: さるってました 2011/10/09(日) 20:02:13.45 ID:iDxBUcKyO

ほむか(おかしいよね…変だよね…)

ほむか(でも…この気持ちはなに?)

ほむか(私とは違う私だから?)

ほむか(憧れたから?)

ほむか(…わかんないよ)

ほむか(憧れの人は鹿目さんもなのに…)



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:05:01.22 ID:iDxBUcKyO

ほむか(私にとって鹿目さんは友達として、ただただ憧れるだけだった…)

ほむか(だからこっちの私が鹿目さんと恋人同士なのには驚いた…)

ほむか(女の子同士だし…)

ほむか(でも、今は女の子同士どころか自分自身を…私は…)

ほむか「はぁ…」

ほむか(今まで我慢し続けたのになぁ…)



287: 少しだけ 2011/10/09(日) 20:21:35.21 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…」

ほむか(入ったら…怒られるかな?)

ほむか(でも…抑えられない…)

ほむか(諦めが…つかない…)

ほむか「…よし!」



302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:44:05.73 ID:iDxBUcKyO

ガラッ

ほむら「ほむっ!?」

ほむか「…えへへ」

ほむら「ほっ、ほむか!」

ほむか「一緒に入ってもいい…?」

ほむら「あ、あなたねぇ…」

ほむか「駄目…かな…?」





304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:47:09.93 ID:iDxBUcKyO

ほむら「はあ…」

ほむら(押しに弱いのよね…私…)

ほむら「仕方ないわね…今日だけだからね?」

ほむか「えへへ…やった!」

ほむら「もぅ…」

ほむか(よ、よかった…)



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:51:09.65 ID:iDxBUcKyO

ほむか「えへへ」ニコッ

ほむら「~っ!」

ほむら(わ、私なのよ!この子は…!)

ほむら(これが…これがまどかとならどんなに嬉しいことか…!)

ほむか(何とか入れたけど…どうしよう…)

ほむか(と、とりあえず入って…!)チャポン



308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:54:24.05 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ほんとに入ってきた…)

ほむか(き、緊張するなぁ…)

ほむら「…」

ほむか「…」

ほむら「…狭いね」

ほむか「う、うん…」

ほむら「…」ジーッ

ほむか「…」ジーッ



310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 20:58:24.51 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ま、まぁ…わかってることだけど…)

ほむか(わ、私の体って…)

ほむら「はぁ…」

ほむか「はぁ…」

ほむら「な、何ため息ついてるのよ…」

ほむか「そっちだって…」

ほむら「…何故かマミが笑ってる姿が頭をよぎったわ…」

ほむか「あ…私も…」


マミ「くしゅん」



312: >>311かわいい 2011/10/09(日) 21:02:08.22 ID:iDxBUcKyO

ほむら「…」

ほむか「…」

ほむら(な、何…この状況…)

ほむか(思いきって入ったのはいいけど…どうしよう…)

ほむら(私が私とお風呂に入っている…この状況を利用するしかないわ…!)

ほむら(目の前にいるのはまどか、鹿目まどか…!)

ほむら(まどかまどかまどかまどか)

ほむか「ど、どうしたの…?」

ほむら(まどかまどかまどかまどかまどか)



315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:05:20.76 ID:iDxBUcKyO

ほどか「わ…お姉ちゃん?』

ほむら(まどかまどかまどかまどかまどかまどか)

まどか『どうしたの?ほむらちゃん?』

ほむら(きた!)

まどか『の、のぼせたの?』

ほむら「いえ、気にすることはないわ」



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:09:07.00 ID:iDxBUcKyO

まどか『そ、それならいいけど…』

ほむら(ふふっ、まどかとお風呂)

ほむら「えへへ」ニヤニヤ

まどか『だ、大丈夫?』

ほむか(き、急ににやけだしたけど…どうしたのかな?)

ほむら「まどか…」

ほむか「っ!」



319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:12:39.30 ID:iDxBUcKyO

ほむか(こんな時も鹿目さんのことを…!)

ほむか「お姉ちゃんっ!」

ほむら「ハッ…わた…コホン」

ほむら「ほむか、どうしたの?」

ほむか(こうなったら…!)

ほむら(まどかぁ…)

ほむか「ねえ、お姉ちゃん…も、もう洗った?」

ほむら「まどよ…」

ほむか「まどよ…?」

ほむら「ま、まだよ!」



322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:17:04.26 ID:iDxBUcKyO

ほむか「そっか、なら…」

ほむか(ここまで来たんだから…!)

ほむか「な、なら…洗いっこしない…?」

ほむら「えっ?えぇぇ!?」

ほむか「たまには良いでしょ…?」

ほむか(こ、断られたら断られたで、諦めはつくんだけど…)



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:20:53.42 ID:iDxBUcKyO

ほむら(な、何を言い出すのよ…)

ほむら(まあ少しは予想してたけどね…)

ほむら(でも何で私と?まどかへの練習…?)

ほむら(そうよ!私でまどかへの練習をする気ね!)

ほむら(流石もう一人の私…油断ならないわね、受けてたつわ)

ほむら(まどかは渡さないけどね!)

ほむら「…どうせ嫌だと言ってもきかないんでしょ?」

ほむか「う、うん」

ほむか(うそっ?大丈夫なの?)



327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:24:31.79 ID:iDxBUcKyO

ほむか(またこれで…諦めがつかなくなるな…)

ほむか(でも、チャンスでもある…んだよね?)

ほむか(よ、よーし!)グッ

ほむら(うん、そうよ、そうだわ…やはりもう一人の私の狙いはまどか…)

ほむら(今日のまどかへの態度はあれかしら…つ、ツンデレ…?)

ほむら(わ、私らしくないけど…ギャップでも狙ったのかしら…)
ほむら(でも私も負ける訳にはいかないわ)



328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:27:13.57 ID:iDxBUcKyO

ほむか「じ、じゃあこっちに来て?私が洗うから」

ほむら「はいはい…じゃあ髪をお願いするわ」

ほむら(まどかの髪は繊細なのよ、私なら優しく、優しく洗うわ)

ほむか「うんっ!」

ほむか(き、緊張する…!)ドキドキ

ほむら(掛かってきなさい…!)



329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:30:17.52 ID:iDxBUcKyO

ほむか(や、優しくしなきゃ…)

ほむか「ど、どうかな…?」ワシャワシャ

ほむら「ほむ…いいわよ」

ほむか「えへへ、よかった!」

ほむら(そういえば誰かにこうやってお風呂で髪洗ってもらうの何年振りかしら…)

ほむら(自分で洗うよりも誰かに洗ってもらった方が気持ちいいのよね…)

ほむら(い、今洗ってるのは自分なんだけどね…)



333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:33:09.77 ID:iDxBUcKyO

ほむか(何でだろう…私の髪なのに、私より綺麗に感じる…)

ほむか(私の髪ってこんなにサラサラだったんだね…)

ほむか「か、痒いところある?」

ほむら「そうね…ならその上を…」

ほむか「こ、ここ?」

ほむら「うん…」

ほむら(気持ちいい…)



336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:36:26.57 ID:iDxBUcKyO

ほむら「…」ボーッ

ほむか「き、気持ちいい…かな?」

ほむら「…うん」

ほむら(髪を洗ってもらってるだけなのに、こんなに気持ちいいだなんて…)

ほむか(何とかコツをつかめてきたよ)

ほむか「んしょ…」ワシャワシャ

ほむら「ほむぅ…」



339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:39:19.22 ID:iDxBUcKyO

ほむか「お姉ちゃんの髪、綺麗だよね」

ほむら「…そう?」

ほむか「うん、綺麗だよ…私よりも」

ほむら「…同じシャンプー使ってるのに?」

ほむか「うん、違う…違うよ」

ほむら「…そうなのかしら」

ほむら(いや、私の髪と私の髪は同じでしょ…)



342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:42:25.57 ID:iDxBUcKyO

ほむか(何でだろうな…ほんとに違うように感じるよ…)

ほむか(この人が私…暁美ほむらじゃなければ…いいのにな…)

ほむら(…本当に私なのかな…最近のほむかは私って感じがしないのよね…)

ほむら(記憶も、性格も私とは違うから…同じなのは体だけだから…?)

ほむら(なら、私自身と言うより…別人?)

ほむら(本物の妹…?)



343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:45:11.77 ID:iDxBUcKyO

ほむら(なんだか頭がこんがらがってきた…)

ほむら(でも、とりあえず今は気持ちいいから…いい、かな…?)

ほむら「ほむぅ…」ボーッ

ほむか「そ、そろそろ流すね?」

ほむら「うん…」

ほむか「えいっ」ジャー

ほむら「ほむぅ…」



344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:47:17.17 ID:iDxBUcKyO

ほむか「流したよ」

ほむら「うん…」

ほむか(か、髪を洗い終わったら…次は…)

ほむか「か、体…?」

ほむか(あわわわ)

ほむか「さ、流石にそれは…」

ほむら「ほむぅ…」

ほむか(で、でも…今がチャンス…!)



346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:49:15.76 ID:iDxBUcKyO

ほむか「つ、次は背中を流すね?」

ほむら「うん…」ボーッ

ほむか「よ、よーし…」

ほむか「ど、どう…?」ゴシゴシ

ほむら「ぅん…気持ちいぃ…」

ほむら(あれ…?背中を洗ってもらうのってこんなに気持ちいいの…?)



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:53:56.84 ID:iDxBUcKyO

ほむら(最後に背中を洗ってくれたのは…お母さんだったよね…?)

ほむら(あれは何年前かな…?)

ほむら(ループしていた分も含めれば相当前になるのかな…?)

ほむら(懐かしい気持ち…)

ほむら(お母さんみたいに優しく洗ってくれる…)

ほむら「ほむぅ…」ボーッ



352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 21:57:24.94 ID:iDxBUcKyO

ほむか(そう言えば誰かの背中を洗うのって…初めてかな?)

ほむか(加減はわからないけど…お母さんはこんな感じで洗ってくれたよね?)

ほむか(…小さな背中だな)

ほむか(そうだよね…どんなにかっこよくても…頼りになっても)

ほむか(女の子なんだし…私なんだし…)

ほむか「んしょ…」ゴシゴシ



354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:00:07.07 ID:iDxBUcKyO

ほむか「お、終わったよ…?」

ほむら「え…ぅん…」ボーッ

ほむか(つ、つ次は前を…?)

ほむか(流石に…流石にこれだけは無理だよね…?)

ほむら「…」ボーッ

ほむか(で、でも…今なら…今だけは…いける?)

ほむか(どうしよう…)



356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:02:57.80 ID:iDxBUcKyO

ほむら(ただ体を洗ってもらってるだけでこんなに力が抜けるなんて…)

ほむら(洗ってくれてるのはお母さんだったよね…?)

ほむら(…あれ?い、いや…ほむかだ…私なんだ…!)

ほむら(やっぱりまどかなら良かったのになぁ…)

ほむら「まどかぁ…」



358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:05:26.18 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…っ!」

ほむか(な、何で鹿目さんの名前を…っ!)

ほむか(やっぱり…私じゃダメなの…?)

ほむか「…」

ほむか(やるしかない!)

ほむか「次は前を洗うね?」

ほむら「うん…」

ほむか(よ、よし!)ソーッ





360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:07:34.68 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ぇ?」

ほむら(あれ…今前って…?)

ほむか「い、いくよ///」

ほむら「!!」

ほむか(や、優しく…)サワッ

ほむら「っ!」

ほむら(な、何を…!)

ほむら「やっ、やめて!」バッ

ほむか「あっ…」



361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:10:27.32 ID:iDxBUcKyO

ほむら「な、なななな…!」

ほむか「…」

ほむら「何をしてるのよっ!」

ほむか「…だって」

ほむら「だってじゃないわよ…!」

ほむら「さわったわね!まどかにも触られたことないのに!」

ほむか「…」




364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:14:15.84 ID:iDxBUcKyO

ほむら「わ、私はもう上がるから…!」バタンッ

ほむか「あっ…」

ほむか「えへへ…やっばり駄目だよね…」

ほむか「おかしいよね…こんなの…絶対…」

ほむか(おかしいのは私だもんね…変だもんね)

ほむか「それにしても…」

ほむか「…やっぱり小さいなぁ」



366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:17:48.27 ID:iDxBUcKyO

ほむら「はぁ…」

ほむら「何してるのよ…」

ほむら「まどかより積極的なのがよりにもよって私…?」

ほむら「私は何であんなことを…?やっぱりまどかへの練習だから?」

ほむら「ほむ…考えてもわからないわね」

ほむら「とりあえず、さっきのシチュエーションを最大限に利用するのよ、暁美ほむら」

ほむら(ほむむむむ)モンモン



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:20:20.28 ID:iDxBUcKyO

まどか『てぃひひ!ねっ、ほむらちゃん、一緒にお風呂入ろうよ!』

まどか『ほむらちゃんの髪って綺麗だよね』

まどか『ほむらちゃん、次は背中を流すね!』

まどか『てぃひひ、気持ちいい?』

まどか『じゃあ次は…』

ほむら「ふう…こんなものかしら」



372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:23:58.22 ID:iDxBUcKyO

ほむか「…」ブクブク

ほむか(ほんとに何で好きになっちゃったのかな…)

ほむか(あの人が…私が…ほむらが…)

ほむか(ほむらが私を助けてくれたから?)

ほむか(ほむらが私よりかっこいいから?)

ほむか(ほむらが私に優しいから?)

ほむか(最初は…最初は憧れてただけなのに…)



373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:26:55.81 ID:iDxBUcKyO

一ヶ月前

先生「じゃあ暁美…えぇ、ほむか。これ解いてみろ」

ほむか「は、はいっ!」

ほむか「えっと…!」

ほむか(わ、わかんない…)ブルブル

ほむか(ど、どうしよう…みんなに笑われてる気がするよ…)

ほむか「うぅ…」グスッ

ほむら「…」スッ



377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:31:13.84 ID:iDxBUcKyO

ほむら「…」サラサラ

ほむか「あっ…!」

先生「おい、暁美…ほむら!これは暁m…ほむかに解かせているんだぞ」

ほむら「ごめんなさい、でも私も暁美ですから」

先生「そういう問題じゃなくてだな…!」

さやか「別にいいじゃないですかー!」

杏子「問題が解ければそれでいいじゃんか、先生」

先生「おいおい…」





378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:33:09.53 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ごめんなさい、次からは気をつけます」

先生「はぁ…わかったから席につけ」

ほむら「ほら、戻るわよ、ほむか」

ほむか「う、うん」

まどか「てぃひひ!流石お姉ちゃんだねっ」

ほむら「ええ、大事な妹よ」



382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:36:26.26 ID:iDxBUcKyO

ほむか「はぁはぁ…」

「ほむかちゃん、どうしたのかな?」

「100m走っただけで疲れちゃったんだって」

「へぇー、ほむらちゃんはあんなに運動できるのにね」

「双子でもダンチだね」

「あはは」

ほむか(なんで私…こんなに駄目なんだろう…)



385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:39:04.85 ID:iDxBUcKyO

杏子「ほらほら、でてったでてった」

さやか「転校生は見せ物じゃないんだぞー」

「わかってるって」

「行こっ」

まどか「てぃひひ、私も疲れちゃった」

ほむか「あ…鹿目さん」

まどか「私も運動得意じゃないからねー疲れたよ」ウェヒヒ



387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:41:30.55 ID:iDxBUcKyO

ほむか「何で私は…こんなに駄目な子なのかな…?」

まどか「えっ?」

ほむか「勉強もできないし…運動もできないし…お姉ちゃんと全然違うよ…」

ほむか(同じ私なのに…どうして…?世界が違うから?)

まどか「そんなことないよ、ほむらちゃんと、ほむかちゃんはそっくりだよ?」

ほむか「えっ?」



389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:44:40.11 ID:iDxBUcKyO

まどか「私知ってるんだ…ほむらちゃんが人一倍…いや」

まどか「人百倍?頑張ってることをね」ウェヒヒ

ほむか「人百倍…?」

まどか「うん!ほむらちゃんはね、陰で…みんなの見ていない所で頑張ってるんだよ!」

ほむか「見てないところ…?」

まどか「どんなに辛くても…どんなに寂しくても…一人で頑張ってたんだ」

ほむか「一人で…」



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:48:26.25 ID:iDxBUcKyO

まどか「何度も何度も何度も…挑戦して…乗り越えて…」

まどか「誰にも誉められなくても、知られなくても頑張って」

ほむか「…」

まどか「てぃひひ、私も沢山…いや…私が一番助けられたかな?」

ほむか「鹿目さんが…?」

ほむか(私の世界の鹿目さんはかっこよくて…私を助けてくれて…頼りになって…)



393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:50:50.10 ID:iDxBUcKyO

ほむか(私の憧れてた人…鹿目まどか)

まどか「実はね、私の憧れの人はほむらちゃんなんだ!」

ほむか「憧れの…?」

ほむか(私の憧れの人の憧れの人は…私?)

ほむか(いや…私だけど私じゃない…)

まどか「うん、ほむらちゃんにはほんとに感謝してるんだよ」



395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:53:33.21 ID:iDxBUcKyO

ほむか(私はそんな凄い人じゃない…でもこの世界の私はそんな人になれたんだ…)

ほむか「凄いなぁ…」

まどか「うん、凄いよ…ほむらちゃんは」

まどか「だから、ほむかちゃんも目指そうよ?」

ほむか「目指す?」

まどか「うん、ほむらちゃんを!」

ほむか「私…お姉ちゃんを…!」

まどか「うんっ!てぃひひ!」

ほむか「えへへ」



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:56:51.04 ID:iDxBUcKyO

まどか「あっ、ほむらちゃんが来るよ!」

さやか「おーい、こっちこっちー!」

ほむら「はぁはぁ…!」

ほむか「お姉ちゃん…?」

ほむら「これ…!」

杏子「ほむらさ、ほむかが倒れたって聞いたら一目散でスポーツドリンク買いに行ったんだってさ」

さやか「ほんと、行動が早いよねぇ」

杏子「授業中なのにな」

ほむか「お姉ちゃん…」



399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 22:59:45.43 ID:iDxBUcKyO

まどか「ほら、言ったでしょ?見てないところで頑張ってるって」ウェヒヒ

ほむか「うん…!」

ほむら「ほら、立てる?」

ほむか「うん、立てるよ」

ほむら「私が付き添うから、保健室に行くわよ?」

ほむか「だ、大丈夫だよ…」

ほむら「駄目よ、あなたは体が弱いんだから」

まどか「ほむらちゃんも保険係だし、大丈夫だよ」





404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:03:22.31 ID:iDxBUcKyO

先生「そうだ、無理はするなよ」

ほむら「先生、妹を保健室に連れていきます」

先生「ああ、いってこい」

ほむら「ほら、行くわよ」

ほむか「う、うん…!」

先生「鹿目、美樹、佐倉、お前達はさっさと続きを走ってこい」

杏子「はいはい」

さやか「ちぇー」

まどか「てぃひひ、行こっ?」



407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:08:09.87 ID:iDxBUcKyO

ほむら「ほら、大丈夫?」

ほむか「う、うん…大丈夫」

ほむら「もう…無理しちゃ駄目よ?」

ほむか「うん…」

ほむら「そして『自分は駄目な子』だなんて思っては駄目」

ほむか「あっ…」

ほむら「私だって昔は体が弱かったし、勉強も苦手だったわ」

ほむら「入院してたしね」

ほむら「あなたとは暫く離れて暮らしていたから知らないかもしれないけど…」

ほむら(この世界ではそういう設定なのよね)



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:11:18.33 ID:iDxBUcKyO

ほむら「でも、頑張れば克服できるわ…私のように」

ほむか「克服…」

ほむら「ええ、だから無理せず頑張るのよ…私がついてるから」

ほむか「うんっ!」

ほむら(そう…私だってループの間に変われたんだから…)

ほむか「えへへ、ありがとう」

ほむら「ふふっ」



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:14:08.26 ID:iDxBUcKyO

ほむか(それ以外にもいろいろあって…いろいろ私の事を知った…)

ほむか(この世界の私も、最初は私と殆ど同じだったんだなって…)

ほむか(でも、自分から変わっていって…まるで私とは別人になった…)

ほむか(そして私は憧れた…鹿目さん以上に…!)

ほむか(そして、極み付けは…やっぱり私がこの世界に来た時かな…)





411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:16:00.31 ID:iDxBUcKyO

ほむか(あの時私を励ましてくれたから…助けてくれたから)

ほむか(私はこの世界の一員になれたんだもん…)

ほむか(願いを叶えることができたんだもん…)

ほむか(なのに…何で好きになっちゃったんだよ…私…)

ほむか「…」ブクブク



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:18:37.11 ID:iDxBUcKyO

ほむか「もう出よう…」ガラッ

ほむか「かがみ…」

ほむか(今の私は眼鏡もしてないし、三つ編みでもない…)

ほむか(さっきまではツインテールだったけど、今は名にもしてない)

ほむか(私と…ほむらと、全く同じ体…)

ほむか(どんなに違くても、私は私…か)



417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:22:04.12 ID:iDxBUcKyO

まどルーム

まどか「…はぁ」

まどか「どうしちゃったのかな…私」

まどか「ほむかちゃんに何で嫉妬なんて…」

まどか「ほむかちゃんはただ姉妹としてほむらちゃんと仲良くしてただけだよね?」

まどか「別にほむらちゃんの事を好きになったわけじゃないんだよね…?」

まどか「私から…ほむらちゃんを取ったりしないよね…?」



419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:25:07.75 ID:iDxBUcKyO

まどか「うん…そだね…そんなわけないよね!」

まどか「そうだよ!だってほむかちゃんも、ほむらちゃんなんだもん!」

まどか「自分を好きにはならないよね!」

まどか「てぃひひ…心配しすぎて嫌な態度取っちゃったよ」

まどか「もう一度明日、ちゃんと謝らなきゃ」



421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:27:12.41 ID:iDxBUcKyO

まどか「あ…そう言えばほむらちゃんのカチューシャつけたままだったんだ」

まどか「貰っちゃおうかな…?てぃひっ!」

まどか「明日は何しようかな…?」

まどか「2人っきりは久々だもんね!」

まどか「楽しみだなぁ…もう寝て明日に備えなきゃ」

まどか「おやすみなさい」



423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:30:17.69 ID:iDxBUcKyO

きょうホーム

さやか「お風呂あがったよー」

杏子(結局一緒に入ろうって誘えなかった…)

杏子「はぁ…もう寝る?」

さやか「そうだね、明日は転校生達と勉強会…」

さやか「あぁー!考えただけで疲れるぅ…」

杏子「私もだよ、勉強めんどくさいけど…やらなきゃいけないからな」



425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/09(日) 23:33:14.40 ID:iDxBUcKyO

さやか「頭の良いほむらが羨ましいわぁ…」

杏子「だなぁ」

さやか「早くテスト終わってゆっくりしたいよ…って」

杏子「ん?」

さやか「ねえ?もしかして1つしかベットないの?」

杏子「あ」

さやか「い」



440: さるくらってました… 2011/10/10(月) 00:00:07.54 ID:wwdCiJKBO

杏子「う」

杏子「じゃなくてだな…!」

杏子「えっと…」

杏子(親父達のがあるんだけど…ここは…)

さやか「?」

杏子「そ、そのさ…私のしか無くてさ…」

さやか「だね」

杏子「そ、その…ね?」

さやか「はい」

杏子「い、一緒に寝るかい?」ナンツッテ




441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:03:15.05 ID:wwdCiJKBO

さやか「うん、いいよ」

杏子「だ…だよな…駄目だよな…」

杏子「ん」

杏子「マジでかよ?」

さやか「マジでだよ」

杏子「い、いいのか?」

さやか「だって1つしかないんでしょ?」

杏子「そ、そうだけどさ…」



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:06:22.10 ID:wwdCiJKBO

さやか「あんたが一緒に寝るって言ったじゃん」

杏子「う、うん」

さやか「それともあれか?私は床で寝ろって言うのかー!?」

杏子「ち、違ぇよ!」

杏子(家族のベットを使うって考えはないのかよ!)

杏子(なくていいけど!)

さやか「なら仕方ないじゃん」



445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:09:25.39 ID:wwdCiJKBO

杏子「あ、ああ…」

さやか「んじゃ寝よっか?」

さやか「うーん…さやかちゃんは窓際ね!」

杏子「どういうことだおい…」ボソッ

杏子(ま、まさかマジでさやかと一緒に寝る機会が来るなんて…!)

さやか「何つっ立ってんの?ほら、寝ようよ」

杏子「お、おぉ…」



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:12:05.66 ID:wwdCiJKBO

杏子「お、お邪魔します…!」

さやか「あはは!何緊張してんの?」

杏子「き、緊張なんて…!」

さやか「ほらほら、こっちきて?」

杏子「うん…」

さやか「はい、おやすみー」

杏子「お、おやすみ…」

杏子(調子狂うよな、もう…)



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:15:06.53 ID:wwdCiJKBO

杏子「…」ドキドキ

杏子(さ、さやかが私の隣に…!)

杏子(き、緊張して全然眠くない!)

杏子(くっそ…駄目だ…!)

杏子「な、なぁ…さやか…」

杏子「や、やっぱり…緊張するよな…!」

杏子「でも…さやかだけだからな…一緒に寝るのは…!」



455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:18:08.65 ID:wwdCiJKBO

杏子「へへ…あんまり柄に会わないこと言ったかな…?」

杏子「なぁ…さやかはどう思う?」

杏子「まだ…上条のこと好きなのか…?」

杏子「でもさ…もう上条は仁美と付き合ってるだろ…?」

杏子「だからさ…もうけじめつけてさ…」

杏子「そ…その…新しい恋ってやつ?をさ…」



458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:21:08.35 ID:wwdCiJKBO

杏子「さやか…?」

さやか「…」

杏子「さやか?」

さやか「…」

杏子「あっ…ご、ごめん!そうだよな!上条のこと諦めきれないよな!」

杏子「ごめんな!勝手に色々言ってさ!」

さやか「…」

杏子「だ…だから無視しないでくれよ…!」



464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:24:32.20 ID:wwdCiJKBO

杏子「さやか…」

さやか「…」

杏子「ん?」

さやか「すぅすぅ」

杏子「えっ…ねてんの…?」

杏子「まだ数分しか経ってないぞ?」

杏子「どんだけ寝付きいいんだよ、おい!」

杏子「はぁ…私も寝よ」

杏子「おやすみ、さやか」



466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:27:52.04 ID:wwdCiJKBO

ほむホーム

ほむら「…」

マミ「すやすや」

ほむら「さて、状況を説明するわ」

ほむら「自分のベットで寝ようと思ってきたら先輩が寝ていた」

ほむら「そう言えばいたのね…マミ」

ほむら「ほむ…どうしようかしら…」

ほむら「マミを退かす訳にはいかないし…一緒に寝るには狭いし…」



468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:30:45.84 ID:wwdCiJKBO

ほむら「仕方ないわね、床で寝ようかな」

ドア「ガッチャ」

ほむか「あれ?お姉ちゃんどうしたの?」

ほむら「マミが私のベットで寝てるから、床で寝ようかと思って」

ほむか「あっ」

ほむか(忘れてた!)

ほむか「そんなっ、風邪ひいちゃうよ!」



472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:34:22.40 ID:wwdCiJKBO

ほむら「大丈夫よ」

ほむか「駄目だよ、ほら…私のベットで寝よう?」

ほむら「遠慮するわ、狭いわよ?」

ほむか「大丈夫だよ、ほら!」

ほむら「あっ」ポフン

ほむか「えへへ、2人で寝たらあったかあったかだよ?」

ほむら「ふふっ…わかったわ、お邪魔するわね」

ほむか「うん!」



476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:37:29.08 ID:wwdCiJKBO

ほむら「もう寝ようか?」

ほむか「うん、そうだね」

ほむら「寝相悪かったらごめんね?」

ほむか「えへへ、それは私もだよ」

ほむら「そう、じゃあお互い様ね」

ほむか「うん」

ほむら「おやすみ、ほむか」

ほむか「おやすみなさい、お姉ちゃん」



477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:40:24.13 ID:wwdCiJKBO

ほむら(ふぅ…今日はいろんな事があったわね)

ほむら(私とほむかのリボンを買って、コンタクトを買って)

ほむら(まどかとマミを家に招いて)

ほむら(ほむかをツインテールほむか、略してツインテほむにして…)

ほむら(買いものに行って、さやかと杏子とあって)

ほむら(オムライス作って…)



482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:45:15.52 ID:wwdCiJKBO

ほむら(まどかの機嫌が悪くなっちゃったけど…帰る時には機嫌治ってたね)

ほむら(それからほむかとお風呂に入って…真意はわからなかったけど…)

ほむら(でも、延々とループしていた頃には考えられない平和な1日だったな…)

ほむら(ずっとこんな平和な日々が続くといいな…)

ほむら「…すぅすぅ」



487: どうしよう朝までに終わる気がしない… 2011/10/10(月) 00:48:51.24 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…もう寝た?」

ほむら「すやすや」

ほむか「寝たんだね…」

ほむか(お姉ちゃん…ほむら…私)ダキッ

ほむか(記憶を書き換えられたふりも疲れるよね…)

ほむか(でも、せめて妹として…姉妹愛としてならって)

ほむか(そう思ったんだけど…苦しいな…)



492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:52:35.49 ID:wwdCiJKBO

ほむか(うぅ…今日はいろんな事があったな)

ほむか(お姉ちゃんがお揃いのリボンとコンタクトを買ってくれて)

ほむか(鹿目さんと巴さんが家に来て)

ほむか(私をツインテールにして、ますますそっくりになって)

ほむか(買いものに行って、美樹さんと佐倉さんとあって)

ほむか(オムライス作って…)



496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 00:57:19.80 ID:wwdCiJKBO

ほむか(鹿目さんの機嫌を悪くしちゃって…私のせいで)

ほむか(その後無理矢理だけど、お風呂に入って…気持ちは伝えられなかったけど)

ほむか(でも、鹿目さんや巴さんがいないあの世界よりもずっと良い世界だな…)

ほむか(この気持ちを我慢すれば)

ほむか(ずっとこんな平和な日々が続くのかな…)

ほむか「…ほむら」ギュッ



498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:00:49.98 ID:wwdCiJKBO

ほむら「すぅすぅ」

ほむか「我慢…できるかな…?」

ほむか「我慢すれば…いいんだよね…?」

ほむか「我慢すれば…」

ほむか「…」

ほむか「…すぅすぅ」



499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:03:07.64 ID:wwdCiJKBO

チュンチュンチュン

マミ「き…べ…ぇ」

マミ「ん…」

マミ「朝…?」

マミ「あれ…ここどこ…?」

ほむら「すぅすぅ」

ほむか「すぅすぅ」





502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:05:57.00 ID:wwdCiJKBO

マミ「あ…そうだ…私あのまま寝ちゃってたんだ…」

マミ「…迷惑かけちゃたな」

ほむら「すやすや」

ほむか「すやすや」

マミ「ほんとそっくりな双子だな…」

マミ「…」ジーッ

マミ「ど、どっちがどっちか…わかんない」

マミ「いくらなんでも似すぎじゃないかな…?」





503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:08:15.49 ID:wwdCiJKBO

マミ「あ、でもこの抱きついてる方がほむかさんなのかな…?」

ほむら「すやすや」

ほむか「すやすや」

マミ「かわいい寝顔…」

マミ「家族、か…羨ましいな」

マミ「晩御飯、美味しかったな…」

マミ「手料理かぁ…」

マミ「よ、よーし…」




506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:10:27.87 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ん…っ」

ほむら「ふわ…」

ほむら「朝…?」ムニャムニャ

ほむら「あっ」

ほむか「すぅ…すぅ…」

ほむら(ち、近い…)

ほむら(て言うか抱きつかれてて起きれない…)

ほむら「んしょ…んしょ…」モゾモゾ

ほむら(起こさないように…!)





507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:13:10.90 ID:wwdCiJKBO

ほむか「ん…っ」

ほむか「ふわ…」

ほむか「朝…?」ムニャムニャ

ほむら「あっ」

ほむか「私…?」ハッ

ほむか「お、お姉ちゃん、おはよう」

ほむら「おはよう…ごめんね?起こして…」





510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:16:37.48 ID:wwdCiJKBO

ほむか「いいよ」

ほむら「そういえば…マミがいないわね」

ほむか「ほんとだ、巴さん帰っちゃったのかな?」

ほむら「かもね」

キャシャーン

キャーッ!!

ほむら「ほむっ!?」

ほむか「ほむっ!?」





513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:19:36.76 ID:wwdCiJKBO

ほむら「なっ、何今の音…」

ほむか「なっ、何今の音…」

ほむら「あっ」

ほむか「あっ」

ほむら「…ふふっ」

ほむか「…えへへ」

ほむら「とりあえず見に行こっか」

ほむか「うん」





515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:23:08.99 ID:wwdCiJKBO

マミ「あ…あぅ…」

ほむか「巴さん?」

ほむら「…何をしているの?」

マミ「え…えと…その…」

マミ「ち、朝食を作ろうとしたら…その…」

ほむら「お皿を割ってしまった、というとこかしら?」

マミ「う…うん…」

ほむか「け、怪我はありませんか?大丈夫ですか?」

マミ「だ、大丈夫…えと…ご、ごめんなさい…」




518: >>516どうも 2011/10/10(月) 01:26:07.94 ID:wwdCiJKBO

ほむら「無事ならそれでいいわ」

マミ「こ、今度弁償を…」

ほむら「その必要はないわ」ファサッ

ほむか「別に気にしてませんから、大丈夫です」

マミ「う…ごめんなさい…」

ほむら「もういいわよ、それよりシャワーでも浴びて落ち着いてきなさい、朝食は私が作っておくわ」

マミ「う、うん…」





520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:31:15.08 ID:wwdCiJKBO

ほむか「じぁあ私は掃除しとくね?」

ほむら「ええ、お願いするわ」

ほむら「さて、朝はパンでいいかしら」パンパパン


ほむら「できた…トースト、目玉焼き、サラダ、ヨーグルト…こんなものね」

マミ「さっきはごめんなさい…」

ほむか「気にしないでくださいって!」





522: >>519こうでもしないとマミさんの出番がない 2011/10/10(月) 01:35:17.03 ID:wwdCiJKBO

マミ「でも」

ほむら「さあ、もうこんな時間よ?早く食べるわよ」

ほむら「いただきます」

ほむか「いただきます」

マミ「い、いただきます…!」

ほむら「朝からそんな顔してたら今日一日元気がでないわよ?」ホムホム

ほむか「そうですよ」ホムホム

マミ「うん…」

ほむら「…」ホムホム

ほむか「…何かあったんですか?」ホムホム

マミ「私…晩ご飯ごちそうになった上に勝手に寝ちゃって…」

マミ「しかも一晩中寝ちゃって…お皿も割っちゃって」

マミ「申し訳なくって…迷惑かけちゃて…」




523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:38:09.72 ID:wwdCiJKBO

ほむか「巴さん…」

マミ「やっぱり私…駄目な子だ…」

ほむか「あっ…!」

ほむか(駄目な子…!)

ほむか「そ、そんなことは…」

ほむら「そんなことはないわ」ファサッ

ほむら「もともと夕食に誘ったのは私だし、泊まらせたのも私の勝手よ」

ほむら「お皿もまた買えばいいわ、ほら何も気にすることはないでしょ?」




524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 01:40:04.37 ID:wwdCiJKBO

マミ「…」

ほむら「私たちは友達よ?気なんて使わなくてもいいわ」

マミ「友達…」

ほむら「そうよ、私たちは友達よ」

マミ「…てへへ、友達…!」

ほむら「だからもうあんな顔はしないで?ほら、早く食べましょう?」ニコッ

マミ「うん」ニコッ

ほむか「…」

ほむか(やっぱりかっこいいな…私にはできないよ…)





533: またさるです…寝るときには宣言しますね 2011/10/10(月) 02:00:06.61 ID:wwdCiJKBO

まどルーム

まどか「てぃひひ、今日は楽しみだな」

まどか「今はお昼前、もうすぐだね」

まどか「待ち遠しいな…てぃひっ!」

きょうホーム

杏子「結局あまり寝れなかった…」

さやか「今日は元気ないね、風邪でもひいた?移さないでよ」アハハ

杏子「誰のせいだとおもってるんだよ…」

さやか「?」



534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:03:06.36 ID:wwdCiJKBO

杏子「はあ…まあいいわ」

さやか「え?うん」

杏子「んじゃ準備してほむらん家行こーか」

さやか「さっさと終わらせて遊びたいわぁー」

杏子「適当にコンビニでお菓子買う?」

さやか「うん、そうするー」



537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:06:29.54 ID:wwdCiJKBO

ほむホーム

ほむら「ごちそうさまでした」

ほむか「ごちそうさまでした」

マミ「ごちそうさまでした…!」

ほむら「ほむ…結構時間過ぎたわね」

ほむら(そろそろまどかと…)

ほむか「そうだね」

ほむか(そろそろ美樹さん達が…)




538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:09:35.03 ID:wwdCiJKBO

マミ「あ、ごめんなさい…私のせいで」

ほむら「だから気にしないでってば…」

ほむら(いくら何でもこのマミはそれまでの巴マミと違いすぎるわね…)

ほむか(巴さん…私を見ているみたい…)

マミ「うぅ…」

ほむら「ほら、笑って?」

マミ「う、うんっ」ニコ

ほむら「そうそう、その調子よ」



540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:12:07.24 ID:wwdCiJKBO

ほむら「さて、私はこれからまどかの」

ピンポーン

ほむら「ほむ?何かしら」

ほむか(あっ、来た)

ほむら「はーい」

「宅配便でーす」

ほむら「あっ、今あけます」





541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:15:12.83 ID:wwdCiJKBO

杏子「よっ」

ほむら「えっ?」

さやか「宅配便かと思った?残念!さやかちゃんでした!」

ほむら「き、杏子とさやか…何かしら?」

杏子「ん?勉強会するんだろ?」

さやか「ほむかから聞いてないの?」

ほむら「そ、そうなの…?」





542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:18:22.12 ID:wwdCiJKBO

ほむら「まあいいわ、ほらあがって?」

さやか「お邪魔しまーす!」

杏子「おっ邪魔しまーす」

さやか「邪魔するんだったら帰ってー」

杏子「わかったー」バタン

ほむら「…」

さやか「…」





544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:21:57.66 ID:wwdCiJKBO

杏子「いや!つっこめよ!?」ガッチャ

ほむら「…」

さやか「あ…いやぁー…杏子意外とノリいいんだね…」

ほむら「ええ…」

杏子「何で私が滑ったみたいになってるんだよ!?ふったのはさやかだろ!!」ワー!

さやか「あはは、ごめんごめん」

杏子「ったく、調子狂うよな…もう!」





546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:24:45.89 ID:wwdCiJKBO

マミ「あ…美樹さん…佐倉さん…」

杏子「あれ?マミじゃん」

さやか「マミさんも来てたんですねぇ!」

マミ「う、うん…」

ほむら「ちょっと、聞いてないわよ?」

ほむか「…えへへ、ごめん…忘れちゃってて」

ほむら「もう…私はまどかに連絡してくるから、みんなにお茶出しといて?」

ほむか「うん」



549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:27:58.73 ID:wwdCiJKBO

まどホーム

まどか「てぃひひ、服はこれでいいかな?」

まどか「今日はほむらちゃんと何処にいこうかな?」

まどか「そういえば最近はよくほむかちゃんも一緒にいるから、ほんとに二人っきりは久しぶりだね」

まどか「ほむかちゃんも、ほむらちゃんだからある意味ほむらちゃんと二人っきりなんだけどね」ウェヒヒ

まどか「だから、今日はほむらちゃんと二人っきりで楽しみたいな」

ホムラチャホムホム!ホムラチャホムホム!





554: さる… 2011/10/10(月) 02:38:30.75 ID:wwdCiJKBO

まどか「あっ、ほむらちゃんから電話だ!」

まどか「もしもし、ほむらちゃん?」

ほむら『もしもし、まどか、今時間は大丈夫?』

まどか「てぃひひ!準備万端だよ!」

まどか「今日は何処に行こっか?」ルンルン

ほむら『そのことなんだけど…』

まどか「?」





555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:41:26.57 ID:wwdCiJKBO

ほむら『実は、今さやか達が来てて、私の家でみんなで勉強会することになったの』

まどか「え…勉強会…?」

ほむら『私も聞いてなくて…』

まどか「…」

まどか(たぶん、ほむらちゃんは私が嫌だって言ったらほむらちゃんは私と二人っきりになってくれるよね…)

ほむら「でも、まどかとの約束があるから、私は…」



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 02:56:55.30 ID:wwdCiJKBO

まどか(やっぱりね…)

ほむら「だから断るから…ね?もう少し待っててもらってもいい?」

まどか(でも、さやかちゃん達を放っておくことになるし…ほむらちゃんに悪いかな…)

ほむら『ま、まどか?断るから』

まどか「ううん、いいよ、ほむらちゃん」

まどか(ほむらちゃんのためになるよね…?)






559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 03:00:09.92 ID:wwdCiJKBO

まどか「私も今からそっちに行くね?あはは、楽しみだな」

ほむら『えっ?まどか…?』

まどか「待っててね?」

ほむら『う、うん、待ってるから!』

まどか「じゃあね」ピッ

まどか「はぁ…」

まどか「ほんとは二人っきりが良かったんだけどな…」

まどか「でも、ほむらちゃんと会えないわけじゃないしね!」

まどか「早くいこっ!」





616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:04:29.51 ID:wwdCiJKBO

ほむホーム

ほむら「まどか…よかったのかしら…?」

ほむか「あっ、お姉ちゃん、鹿目さんも来てくれるの?」

ほむら「ええ…」

ほむか(やっぱり鹿目さんなら本当は嫌でも来てくれるんだ)

ほむか「もう美樹さん達は勉強始めてるよ?私達もしようよ」

ほむら「うん…」



619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:07:31.63 ID:wwdCiJKBO

杏子「おっ、きたきた」

さやか「まどかも来るんでしょ?」

ほむら「ええ」

さやか「じゃあさ、さっさと終わらせて」

杏子「皆で遊ぼうぜ」

マミ「遊ぶ…?」

杏子「せっかく皆いるんだしさ、勉強よりも遊びたいじゃん」

マミ「…うん!」

ほむら「そうね、なら私も始めるわ」

カリカリ





620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:10:21.25 ID:wwdCiJKBO

さやか「ぐぬぬ…!」

杏子「a food chain.…?どういう意味だおい…」

マミ「あ…それは食物連鎖よ」

杏子「食物連鎖?あぁ、知ってる!学校で習ったよ」

さやか「マミさんマミさん…これ、教えてくれませんか?」

マミ「あ…これはね、ここをこうして―」

さやか「ふむふむ…?」




622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:13:11.21 ID:wwdCiJKBO

ほむら「…」サラサラ

ほむか(す、凄い…あんなにサラサラ解いてる…)

ほむら(ここの分野はループで散々したから余裕よ)

ほむか「うぅ…」

ほむか(全然わかんない…)

マミ「あ、佐倉さん、そこ間違ってるわ」

杏子「えっ?どこ?」

マミ「ほら、ここ」

杏子「あっマジだ…へへ、サンキュー」




625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:19:33.63 ID:wwdCiJKBO

さやか「マミさんヘルプサヤカー」

マミ「どうしたの?」

さやか「ここ全然わかんないっすよぉー」

マミ「あ、これはこの公式を使ってね…こうするの」

さやか「?」

杏子「お前わかってないだろ…」

ほむら「ほむっ…!」

ほむか「?」ホムッ

ほむら(まどかセンサーに反応あり)





623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:16:17.52 ID:wwdCiJKBO

ほむら「まどかを出迎えてくるわ」

ほむか「あ、うん…」

ピンポーン

ほむら「おかえり、まどか!」ガッチャ

まどか「ただいまどか」ウェヒヒ

ほむら「ふふっ」

まどか「てぃひっ!」

ほむら「二人っきりじゃなくてごめんなさい」

まどか「ううん、気にしないで?」

ほむら「ありがとう」





627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:22:16.95 ID:wwdCiJKBO

さやか「おっ、夫婦のお出座しだー!」

まどか「夫婦だって」ウェヒヒ

ほむら「ならまどかがお嫁さんね」フフッ

ほむか「…」

杏子「お、まどか新しい服買ったのか」

さやか「可愛くおめかししおって…けしからぁん!」





628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:25:11.85 ID:wwdCiJKBO

さやか「そんなまどかは私の嫁になるのだー!」ダキッ

まどか「さやかちゃん止めてよー!」キャッキャッ

さやか「あはははっ!」キャッキャッ

ほむか「ふふ…まただよ」

ほむら「…」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「…」ゴゴゴゴゴゴ

マミ「あわわ…」





629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 11:28:56.57 ID:wwdCiJKBO

さやか「じ、冗談だって!ほむら目が怖い!」

さやか「って何で杏子まで!?」

ほむら「わかればいいのよ」ファサッ

杏子「…ふん」プイッ

杏子「おい、マミ…ここ教えてくれよ」

マミ「あ…うん」

さやか「えっ?何か私まずいことした?」アセアセ

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ふふっ、ほら、まどかも勉強しよう?」

まどか「うん!」





636: さる何とかならないのか… 2011/10/10(月) 12:00:05.39 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…」カキカキ

ほむか(がまんがまん…)

まどか「あっ、ここわからなかったんだ、教えてほむらちゃん?」

ほむら「いいわ、ここはね…」

まどか「うんうん…あっ、そうなんだ!」

ほむか「…」カキカキ

ほむか(恋人なんだから…)

さやか「えーと…?」

杏子「それ私でもわかるぞ…」

マミ「あ、これはさっきの公式を使ってね…」

さやか「?」






639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:03:09.04 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…」カキカキ

ほむか(でも…でも…)

ほむら「ほむ…?」

まどか「これはこう解くんだよ?」

ほむら「ほむほむ」ナルホド

ほむか「…」カキカ

ほむか(でも…!)

まどか「えーと…ここは」

ほむら「そこはね」

ほむか「そこはこうやって解くんだよ!」ズイッ





640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:06:12.02 ID:wwdCiJKBO

まどか「えっ?あ、そうなんだ!」

ほむら「あ…」

ほむか「それとね、これはこうやって…」

まどか「う、うん、ありがとうほむかちゃん」

ほむか「えへへ、わからない所があったら言ってね?」

まどか「うん」

ほむら「ほむ…」





642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:09:52.84 ID:wwdCiJKBO

ほむら(ああ、やっぱりほむかも、まどかの事が好きなのね)

ほむら(半分安心したけど、半分心配かな)

ほむら「ふ…」

まどか「えっと…ここは、ほむr」

ほむか「どうしたの?」

まどか「あっ、ほむか、ちゃん…ここなんだけど…」

ほむか「うん、えっとね…こうだよ」

まどか「ありがとう」

ほむら「ほむぅ…」




643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:12:27.56 ID:wwdCiJKBO

まどか(ほむらちゃん…!)

まどか「教えよっか?ほむr」

ほむか「お姉ちゃん、ここわからないんだけど…教えてくれないかな?」

ほむら「えっ?あ…いいわよ」

ほむか「えへへ、ここなんだけどね」

まどか「…」

ほむら「これはこうよ?」

ほむか「ほむほむ」ナルホド

まどか(むむ…)




645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:16:55.30 ID:wwdCiJKBO

ほむか「えへへ、次はここなんだけど…」

ほむら「ほむ…これはたしか…」

まどか(ほむかちゃん、もしかして邪魔してるのかな…?)

ほむか「わかった、ありがとう」

ほむら「うん」

ほむら(まどかの手が止まってるわね)

ほむら「まどか、私が」

ほむか「鹿目さん、わからないとこあるの?」

まどか「え?えっと…」

ほむか「何でも言ってね?」




647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:20:09.82 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ほむか、私が教えるわ」

ほむか「お姉ちゃんは自分の勉強あんまりしてないよ?」

ほむら「それは別に…」

ほむか「鹿目さんは私にまかせて、ね?」

まどか「…」

まどか(ほむかちゃん…やっぱり…?)

ほむら「まどか…」

まどか(でも疑っちゃ駄目だよ…ね?)

まどか「…あはは、じゃあお願いするね」

ほむか「うん」





649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:24:58.19 ID:wwdCiJKBO

ほむら(ほむか…まどかを私に近づけさせないつもりね)

ほむら(やっぱりまどかのことを…流石私、油断できないわ…)

ほむら(…しかも急に積極的になって…負けるわけにはいかないわね)

まどか(ほむかちゃん、私のことを好き…ってわけじゃないよね)

まどか(やっぱり…ほむかちゃんは…ほむらちゃんのことを…)

ほむか(ほんとは駄目だって…わかってるのに…仲良くしてる2人を見ると…我慢できないよ)

ほむか(ごめんね、鹿目さん…やっぱり譲れないよ)





651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:29:12.54 ID:wwdCiJKBO

さやか「あー!なるほど、やっとわかった!」

杏子「そりゃ同じ問題3回も教えてもらえばできるだろ」

マミ「でもよかった…」

さやか「いやー、やっぱりマミさんは頼りになるねぇ!」

マミ「そ、そうかな…?」

杏子「うん、マミには助けられたよ」

杏子「おかげで次のテストは大丈夫かな…サンキュー、マミ」

さやか「ありがとうマミさん!」

マミ「てへへ…」





652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 12:33:28.14 ID:wwdCiJKBO

さやか「それにしても、まどかと暁美姉妹は仲がいいねぇ」

マミ「うん、あ…昨日も2人抱き合って寝てたよ」

まどか「えっ?」

杏子「マジかよ、流石に仲がよすぎないか?」

杏子(でも、私もさやかと…へへ)

さやか「2人一緒に寝るのは相当仲が良いってことだもんね」

杏子「さやか…!」

マミ「うん、2人とも可愛い寝顔だったよ」

まどか「え…そ、そうなの?」




660: 何分間隔なら猿くらわないんだ…? 2011/10/10(月) 13:00:14.53 ID:wwdCiJKBO

ほむら「そ…それはその…マミが」

ほむか「うん、それに一緒にお風呂にも入ったよ」

まどか「!」

まどか(あはは…嫌な予想があたっちゃった…)

ほむら「ちょ…」

さやか「なにー?それはけしからん!けしからぁん!」

杏子「一緒にだと…?」

杏子(私も昨日さやかを誘えば…)

杏子「うらやm…コホンコホン」

さやか「?」




662: 10分か…とりあえず5分でやってみる 2011/10/10(月) 13:05:17.14 ID:wwdCiJKBO

まどか「あはは…仲良しだねー」

まどか(まさか…違うよね?違うよねほむらちゃん!)

ほむか(…もう、いいや…我慢しなくても…いいや!)

ほむか「…うん、私お姉ちゃん大好きだもん!」ダキッ

ほむら「ほっ、ほむか…///」

まどか「っ!」

さやか「おぉー!?」

杏子「だ、大胆だな…!」

まどか「で、でも…姉妹としてだよね!?」

まどか「別に恋とかじゃないもんね!?」





666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:10:28.14 ID:wwdCiJKBO

ほむら「それはないわy」

まどか(だよね!違うよね!)

ほむか(もう我慢しない!)

ほむか「うん!そうだよ!」

まどか「そうだよね…違う…よね…」

まどか「え?」

ほむら「なっ」

マミ「えっ…?」

杏子「な…なな…!」

さやか「な、なんだってー!?」





669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:15:11.89 ID:wwdCiJKBO

まどか「ぁ…あ…」

ほむら「えっ?」

まどか(そ…そんな…)

杏子「いやいや、冗談だろ?」

ほむか「今まで黙ってきたけど…私はお姉ちゃんが」

まどか(そんなのって…)

ほむか「暁美ほむらが好きなの!」

杏子「…へ?」

まどか「…そ」

マミ「///」

ほむら「ほ、ほむか?」

さやか「えっそれって本気?」

ほむか「ずっと我慢してたけど…もう我慢できない!」




672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:20:31.24 ID:wwdCiJKBO

ほむか「私はほむらが好きなの!好きになっちゃったの!」ギュッ

ほむら「え…ええっ?」

まどか(おかしいよ…)

ほむか「自分でも可笑しいのはわかってるよ?」

ほむか「女の子同士だし!姉妹だし!」

ほむか(私自身だし…!)

杏子「ま、まあ…」

ほむか「でも好きになっちゃんたんだから…しょうがないよ!」

まどか(絶対おかしいよ…)

ほむら「えっ?えっ?」

ほむら(ど、どどど…どういうこと?)




673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:25:14.83 ID:wwdCiJKBO

まどか「そ…ぜ…」ブルブル

ほむか「ずっと…ずっと我慢してたんだよ!」

ほむか「変なのはわかってるよ…わかってるよ…でも!」

まどか(変だよ!おかしいよ!)

ほむら「えっ?えっ?えっ?」

さやか「ほむか…」

さやか(その気持ち…わかるよ…誰を好きになるかなんて…)

さやか「…誰を好きになるのもほむかの自由だよ!」

まどか(違うよ…違うよ…違うよ!)

ほむか「自由…」





676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:30:10.68 ID:wwdCiJKBO

杏子「そうだな…女同士でも…変じゃないよな」

杏子(さやか…!)

マミ「で、でも…鹿目さんとほむらさんはもう付き合ってるんでしょう…?」

ほむか「うぅ…」

まどか(そうだよ…私とほむらちゃんは…)

ほむら「えっ?う、うん…私とまどかは恋人よ!」

ほむら「でも私が私を?えっ?」ワタワタ

さやか「ちょっと、落ち着きなよ、ほむら」

杏子「ほむかは、ほむらじゃないだろ」





680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:35:44.84 ID:wwdCiJKBO

まどか「そ…お…」ブルブル

ほむら「えっと…えっ?」

杏子「…動揺しすぎ」

杏子(でも…私にもわかるよ、ほむかの気持ち…)

杏子(自分の気持ちに嘘は…つけないもんな)

杏子(私もさやかに…!)

さやか(そうだよ、最初から諦めたら駄目だよ)

さやか(私も…!)

杏子(ほむかを応援したくなっちまったな…)

さやか(応援しよう!)



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:40:22.62 ID:wwdCiJKBO

まどか「…」ブルブル

ほむら「えっ?えっと?…?」ワタワタ

ほむか「うぅ…」

さやか「ねぇ、ほむか」

ほむか「美樹さん…?」

さやか「私はさ、応援するよ、あんたのこと」

まどか「…え」

ほむか「えっ?」

さやか「何もしないで…ただただ黙ってたら駄目だって…私知ってるんだ」

さやか「だからさ、自分の気持ちに素直になるのは悪いことじゃないよ」





686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:45:09.76 ID:wwdCiJKBO

さやか「もちろん…まどかとほむらは付き合ってる」

さやか「でも、それでも…当たって砕け散っても」

さやか「正面から思いきってみてもいいんじゃないのかな」

ほむか「美樹さん…!」

まどか「っ!」ギリッ

まどか(な…なに言って…さやか、ちゃん…!)

杏子「私もさやかと同意見だ」

杏子「我慢するのは…苦しいもんな」

杏子「だから何もしないで諦めたら駄目だ」

杏子「当たって砕け散ったら…その時は諦めればいいさ」

杏子(私もいつか…さやかに…!)



689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:50:12.02 ID:wwdCiJKBO

さやか「そそ、相手はまどかとほむらの最強カップルだから難易度は高いけどね?」

杏子「それでも…諦めきれないんだろ?」

ほむか「うん…うん!」

さやか「よっし、なら正々堂々ほむらにアタックだ!」

杏子「悔いのないようにな」

ほむか「うんっ!」

マミ「あっ…」

マミ(でもそれって…変じゃないかな…?)

マミ(鹿目さんとほむらさんはもう付き合ってるんだよ…?)



691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:53:37.07 ID:wwdCiJKBO

まどか(おかしいよ…)

まどか(さやかちゃんも…杏子ちゃんも…何を言ってるの…?)

まどか(私とほむらちゃんは恋人なんだよ?もう付き合ってるんだよ?)

まどか(それなのに…ほむかちゃんを応援するの…?)

まどか(なんで…どうして…?)

まどか(訳が…わからないよ…!)





693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 13:58:21.40 ID:wwdCiJKBO

まどか「ハッハッ…!」

まどか(ほむらちゃん…助けてよ…苦しいよ…!)

まどか「ほ…ほむら…ちゃん!」

ほむら「えっ…えっ?」

ほむら(ど、どうしよう…今の状況が飲み込めない…)

ほむら(ほむかが…私が…好きなのが…私?)

ほむら(まどかじゃないの?なんで…?)

ほむら(それに杏子もさやかも応援するって…)

ほむら(私とまどかはどうなるの…?)



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:02:20.73 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…」

ほむら(…昨日の行動は…私が好きだったからって言うの…?)

ほむら(…だからあんな事を…)

ほむら(ほむかにとって…あの行動はすごく勇気がいることだった…?)

ほむら(今の私でも、彼処まではできない…)

ほむら(それほどまで…私を…?)

ほむら(でも私には…まどかが…大切な人がいるのよ…?)



696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:05:43.17 ID:wwdCiJKBO

ほむら(…だけど、私が拒絶したら…私は…)

ほむら(ほむかが傷付く…でもまどかが…)

ほむら(ど、どうすれば…)

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「まどか…!」

まどか「信じていいよね?信じても大丈夫だよね?」

ほむら「…」

ほむら(頭ではわかってるのに…何故か言葉にできない…)

まどか「ほむらちゃん!」



697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:10:35.42 ID:wwdCiJKBO

ほむか「お姉ちゃん…いえ、ほむら!」

ほむら「えっ?」

ほむか「変なのはわかってる…おかしいのはわかってる…」

ほむか「あなた達が恋人同士なのもわかってる!」

ほむか「でも…でも…好きになってしまった!」

ほむか「我慢できなかった!」

ほむか「苦しかった…辛かった…」

ほむか「だけど私が我慢すれば平和な毎日が過ごせるって、そう思ったから」

ほむか「ずっと我慢してたんだよ…?」



699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:14:39.96 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ほむか…」

ほむか「それでも我慢しきれなかった…」

ほむか「鹿目さんと仲良くしてるほむらを見てると胸が苦しかったの!」

ほむか「振られたって…嫌われたって…」

ほむか「この気持ちを伝えたかった!」

ほむか「だから…だから…!」

ほむか「私の気持ちをわかってほしいの!」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:18:17.96 ID:wwdCiJKBO

ほむら「…ほむか」

ほむら(まさかここまで…)

ほむら(私も昔、まどかに気持ちを伝えたかった…)

ほむら(苦しかったし、辛かった…だけど気持ちを伝えるのが怖かった)

ほむら(だから…気持ちがよくわかる…)

ほむら(でも…まどかを…)

ほむら(ほむか…私はどうすればいいの…?)

ほむら(2人とも傷つけたくない…)



705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:21:25.84 ID:wwdCiJKBO

まどか「ほむらちゃん…」

まどか(だ…大丈夫だよね…?)

まどか(私を捨てたりなんかしないよね…?)

まどか(さやかちゃんも杏子ちゃんも…私の気持ちをわかってくれないけど)

まどか(ほむらちゃんは…ほむらちゃんだけは、わかってくれるよね?)

まどか(助けてよ…苦しいよ…早く…ほむらちゃん…!)



706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:25:10.94 ID:wwdCiJKBO

ほむか「私は…私は!」

ほむか「振られても大丈夫だから…」

ほむか「だけど、この気持ちだけは知ってて欲しかったから…それだけだから」

ほむか「無理しなくていいから…」

ほむか「私は大丈夫だから…!」

ほむら「ほむか…」

ほむら(口ではああ言ってるけど…私にはわかる…)

ほむら(…2人とも傷つけない方法を…!)



709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:29:26.32 ID:wwdCiJKBO

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん!早く答えてよ!」

ほむら「…っ」

ほむら(私がまどかを振るはずなんかない…でもほむかを傷つけたくない…)

まどか「ねえっ?何で…何で黙ってるの!?」

まどか「答えてよ…答えてよほむらちゃん!」

ほむか「鹿目さん…」

ほむら(どうすれば…!)




710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:32:20.82 ID:wwdCiJKBO

まどか「ほむらちゃん!」

まどか「何で!?どうして!?」

まどか「なんでほむかちゃんを振らないの?」

まどか「私を見てくれないの!?」

まどか「ねぇ?どうして?どうしてよ!?」

ほむら「ま、まどか…!」

まどか「早く!早く!」



713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:36:26.25 ID:wwdCiJKBO

杏子「お、おい!」

さやか「ちょっと、まどか落ち着いて!」

まどか「離して!離してよ!」

さやか「まどか落ち着いて!」

まどか「落ち着いてなんかいられないよ!」

杏子「まどか…」

まどか「何でさやかちゃんも杏子ちゃんも…ほむかちゃんの味方をするの?」

まどか「何で私の気持ちをわかってくれないの?」





718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:56:48.42 ID:wwdCiJKBO

さやか「そ、それは…」

杏子「ほむかの気持ちがわかるからさ…」

まどか「じゃあ私の気持ちはわからないの?」

まどか「私とほむらちゃんは恋人なんだよ?なのに応援するの?」
まどか「そんなの絶対おかしいよ!」

まどか「変だよ!駄目だよ!おかしいよ!」

さやか「わ、私はただ…」




719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 14:59:49.99 ID:wwdCiJKBO

まどか「さやかちゃんには私の気持ちがわからないんだね…」

まどか「そうだよね…上条君を仁美ちゃんに取られたって言っても…そもそも付き合ってなかったもんね」

まどか「私とは違うもんね…」

さやか「あ…あんた…!」

杏子「やめろ!まどか!」

まどか「だってそうでしょ?だからそんなことが言えるんでしょ…?」




723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:03:59.12 ID:wwdCiJKBO

まどか「いいよ…私の見方はほむらちゃんだけなんだね…?」

さやか「まどか!」

杏子「何言ってんだよ!私たちは友達だろ!?」

さやか「そうだよ!なんでそんなこと言うのよ!」

まどか「あはは…ねぇ…ほむらちゃん…ほむらちゃんは私の味方だよね?」

ほむか(ど、どうしよう…こんなことになるなんて…)

ほむら「まどか…何言って…?」



725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:08:25.52 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ど、どうしたの…まどか…?」

まどか「ほむらちゃん…」ダキッ

ほむら「まどか…!」

まどか「私は間違ってないよね?おかしくないよね?」

まどか「おかしいのはさやかちゃん達だよね?」

ほむら「そ、それは…」

ほむら(流石に言い過ぎよ…?まどか)

まどか「おかいしよね?変だよね…?私たちを引き裂こうとするんだよ…?」

さやか「何もそんなことは!」



727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:11:30.36 ID:wwdCiJKBO

ほむら「まどか、安心して…私はまどかと別れたりなんかしないわ」

まどか「ほむらちゃん…!だよね…ほむかちゃんは振るよね…?」

ほむか「…」

ほむか(当たり前だよね…私なんて)

ほむか(でも…これで諦めがついたかな…)

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…?」



729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:15:40.49 ID:wwdCiJKBO

ほむら(…できない)

ほむら(頭ではわかってるつもりよ…ここでほむかを振ればいいって…)

ほむら(でも…それじゃほむかが…何かいい方法はないの…?)

まどか「ねぇ!早く!早くほむかちゃんを振ってよ!断ってよ!」

さやか「まどか!」

ほむか「…お姉ちゃん?」

ほむか(何で言わないの…早く楽になりたいよ…)



730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:19:26.47 ID:wwdCiJKBO

ほむら「…」

まどか「ねえ?ちょっと!?ほむらちゃん!?」

ほむら「…」

まどか「…なんで」バッ

ほむら「あっ…」

まどか「…なんで言ってくれないの…?」

まどか「私がおかしいの…?違うよね…私は間違ってないよね…?」

まどか「間違ってるのは…ほむかちゃんやさやかちゃん、杏子ちゃんでしょ?」

まどか「なのに…なんで…?」



733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:23:33.43 ID:wwdCiJKBO

ほむか「鹿目さん…」

ほむか(わ、私があんな事を言わなければ…)

さやか「…まどか」

さやか(そうだ…まどかの気持ちをちゃんと考えてなかった…)

さやか(私のせいだ…)

杏子「お、おい…」

まどか「あはは…もしかして皆おかしくなっちゃったのかな…?」

ほむら「まどか…」



735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:29:05.13 ID:wwdCiJKBO

まどか「あはは…あははは…」

まどか「皆大切な友達だって…そう思ってたのに…」

まどか「ほむらちゃんは大切な恋人だってそう思ってたのに!」

まどか「皆…私を裏切るんだね…」

まどか「今日だってほんとは2人でデートしたかったのに…我慢してたのに…」

まどか「こんなのって…こんなのってないよ…あんまりだよ…」グスッ

ほむら「まどかぁ!」

まどか「こないで!」ダンッ

ほむら「きゃっ?」ドサッ



739: >>736その為のパラレル設定さ 2011/10/10(月) 15:34:33.44 ID:wwdCiJKBO

まどか「こわいよ…みんなこわいよ…」

まどか「うっ…うぁ…ひっく…ぐすっ」

まどか「うわぁあぁぁあぁぁぁぁん」ダッ

ほむら「まって…まどか…まどかぁー!」

ほむら「うっ…うっ…」

杏子「おい!まどか!…お、落ち着けって!ほむら!」


杏子「さっさやか!どうすりゃ…」

さやか「…」

杏子「さやか…?」



741: >>738俺はまどマギ4作しか書いてないよ 2011/10/10(月) 15:38:33.33 ID:wwdCiJKBO

さやか「私のせいだ…私がまどかの気持ちも考えないであんな事言ったから…」

さやか「私って…ほんと馬鹿…」

さやか「ぐすっ…ご、ごめん…まどか…」ペタン

杏子「な…さやか…!」

ほむか「あ…あぁ…」

ほむか(ち、違う…全部…私が…私が悪いんだ…)



744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:42:21.02 ID:wwdCiJKBO

ほむか(私があんな事を言ったから…)

ほむか(私が好きになったから…)

ほむか(私が我慢しなかったから…)

ほむか(私が…私がこの世界に来たから…)

ほむか(全部…全部私の…私のせいなんだ…)

ほむか(私がいなければ…私が…私が…)

ほむか「…」ヨロッ



747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:46:34.84 ID:wwdCiJKBO

杏子「お、おい…ほむか何処行くんだよ?まどかを追うのか…?」

ほむか「佐倉さん…」

杏子「ん?」

ほむか「美樹さん…鹿目さん…私」

杏子「え?」

ほむか「ごめんなさい…ごめんなさい…」

杏子「なっ、泣いて…どうしたんだよ!」

ほむか「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい!」ダッ

杏子「ほむか!」



749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:50:09.22 ID:wwdCiJKBO

杏子「…どういうことだおい」

ほむら「まどかぁ…まどかぁ…うぅ…」グスッ

さやか「私のせいだ…私がいけないんだ…」ヒック

杏子「まどかとほむかは…どっか行っちまうし…」

杏子「ど、どうしろって…いうんだよ…ちくしょう…!」

マミ「佐倉さん」

杏子「ま、マミ…?」

マミ「あなたはこの子達が落ち着くまで側にいてくれないかしら?」

杏子「え?ああ…」





753: >>750そう、ツインテールほむかだ 2011/10/10(月) 15:54:14.53 ID:wwdCiJKBO

マミ「私は2人を追うわ…あのままじゃいけない」

杏子「た、頼むわ…」

マミ「うん、じゃあ私は行くから、2人をお願いね?」

杏子「あぁ…」

マミ「じゃあ」ダッ

杏子「…マミ、さん?」

杏子「…と、とりあえず私はこの2人を…!」



755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 15:58:12.42 ID:wwdCiJKBO

QB「…まずいね」

QB「まさかこんなに早く彼が動き始めるなんて…」

QB「遅かれ早かれこの事態が起きると予想はしていたけどね」

QB「このままじゃ…地球は、世界は滅んでしまうかもしれない…!」

QB「でも…僕にできることは…」

QB「いや、僕も少しでも力になれたら…!」

QB「よーし、やるぞー!」



757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:00:24.17 ID:wwdCiJKBO

マミ「はっはっ」タッタッタ

マミ「みんな…みんな泣いちゃってた…」

マミ「でも私は何も言えなかった…!」

マミ「私が…しっかりしなきゃ…私が…先輩なんだから…」

マミ「私がみんなを助けなきゃ!」

マミ「だから待っててね…!」



763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:05:10.11 ID:wwdCiJKBO

河川敷

まどか「はぁ…はぁ…」ヨロヨロ

まどか「うっ…うぅっ…」ペタン

まどか「苦しいよ…助けて…私を…助けて…」

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃん…」

まどか「どうして…こうなっちゃったの…?先日まではあんなに楽しかったのに…」

まどか「苦しいよ…切ないよ…悲しいよ…」

まどか「助けて…私を…助けて!」



765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:09:20.95 ID:wwdCiJKBO

QB「やあ、まどか」

まどか「え…?キュウ…べえ…?」

QB「そうだよ!僕の名前はキュウべえ!」

まどか「どう…して…どうしてここに…?」

QB「まどかの『助けて』って声が聞こえたんだ」

まどか「QB…いたんだね…ねえ…助けてよ…」

QB「うん、僕はその為にここにきたんだ」

QB「でもね、僕じゃ…僕一人では君を助けることはできないよ」

まどか「なんで…?」



768: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:13:55.60 ID:wwdCiJKBO

QB「まあまずは落ち着きなよ」

まどか「う、うん…」

QB「ほら、深呼吸して?」

まどか「すぅー、はぁー」

QB「落ち着いた?」

まどか「少しは…」

QB「じゃあ何があったのか話してみてよ」

QB(…知ってるけどね)

まどか「うん…」



769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:18:06.41 ID:wwdCiJKBO

QB「―それで、ほむら達全員に裏切られたってことだね…?」

まどか「うん…!」

QB「やれやれ…ソウルジェムがあったら間違いなく魔女化してるよ」

まどか「だって…みんなが私を裏切るから…」

まどか「私は悪くないもん…間違ってないもん…」

QB「確かに、まどかから見てみればそう見えるかもしれないね」

まどか「そうだよね…QBはわかってくれるよね?」

QB「いや…正確には違うよ」



771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:22:29.20 ID:wwdCiJKBO

まどか「そんな…」

QB「まどか、君からしてみればそう思うのかもしれない」

QB「まどかは誰も自分の気持ちをわかってくれないと、そう思ったんだろう?」

まどか「うん…」

QB「じゃあまどかは、ほむら達の気持ちはわかるのかい?

まどか「え…?」

QB「ほむら達が本気で君を裏切るとでも思うのかい?」

まどか「それは…」

QB「僕はあり得ないと思うね…ほむら達がまどかを裏切る?訳がわからないよ」




773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:26:31.42 ID:wwdCiJKBO

QB「僕なりにほむら達の気持ちの代弁をしようか?」

まどか「…うん」

QB「まずは美樹さやか…彼女は間違いなくまどか、君の親友だ」

まどか「でも、さやかちゃんは…!」

QB「さやかはほむかを応援した、それがまどかを裏切ったと思ったんだね?」

まどか「うん!」

QB「それはどうかな…?さやかはまどかを裏切るなんて微塵も考えていなかっただろうよ」

まどか「え…」




774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:30:30.46 ID:wwdCiJKBO

QB「さやかはほむかに自分を重ねたんじゃないのかな?」

QB「さやかが嘗て経験した…失恋?なのかな、僕にはわからないけど…」

QB「その時の自分が、ほむかと重なってみえたんだと思うよ」

QB「だから、ほむかの気持ちがわかり、応援しようとした」

QB「別にまどかを裏切るとかじゃなくて、純粋にほむかの恋を応援しようとしたと僕は思うよ」

まどか「…さやかちゃん」



776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:33:33.39 ID:wwdCiJKBO

QB「次に佐倉杏子…彼女もさやかと同じさ」

QB「杏子は今、ほむかと似た状況にいる…彼女も好きな相手がいるんだ」

QB「そしてその気持ちを隠している…それが同様にほむかと重なってみえたんだ」

QB「彼女を応援すると同時に、自分自身も応援したかったんだと思うな」

まどか「杏子…ちゃん」



777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:38:57.82 ID:wwdCiJKBO

QB「そして暁美ほむか…いや、もう一人の暁美ほむら…」

QB「元々この世界は彼女が作ったようなものだ」

QB「みんなと仲良く暮らしたい、とね」

QB「そして彼女は暁美ほむらの妹として、暁美ほむかとしてこの世界の一員となった」

QB「そして、彼女に好きな人ができた…それが、暁美ほむら、もう一人の自分だったのさ」

QB「最初は純粋に憧れていたみたいだね、ほむらとまどか、君に」

QB「でも次第に自分とは全く異なった自分に惹かれていった」

まどか「…」



779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:43:45.96 ID:wwdCiJKBO

QB「彼女はいつの間にかもう一人の自分を好きになってしまったと気付いた」

QB「でも、彼女はその気持ちに嘘をついてきた、我慢していた」

QB「それに相手は暁美ほむら、自分自身だった」

QB「だから自分は妹だと、姉妹だと思い込み、完全に暁美ほむかになりきろうとした」

QB「それにほむらにはまどか、君がいるからね」

QB「だから妹として仲良くしていたが、やはり自分の気持ちに嘘はつけなかったみたいだね」

QB「まどかに嫉妬して…自分を押さえられなくなったんだよ」



784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:55:39.34 ID:wwdCiJKBO

QB「そしてさやかや杏子の応援のもと、気持ちを打ち明けた」

QB「もっとも本気で君からほむらを奪うつもりは無いみたいだったけどね」

QB「自分の気持ちを正直に伝えたかっただけなんだよ」

QB「そして振られて素直に諦めようと、そうしたんだよ」

QB「たぶん、いや絶対今彼女は君を悲しませたことを後悔してるだろうね」

まどか「ほむかちゃん…」




786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 16:59:47.93 ID:wwdCiJKBO

QB「最後に暁美ほむら」

QB「言う必要なんてないとおもうけど、彼女は君を裏切ってなんかないよ」

まどか「私も…信じたいよ…ほむらちゃんを…」

まどか「でも、答えてくれなかった…私を選んでくれなかった…」

QB「彼女は優しいからね、君もほむかも傷つけたくなかったんだろうね」

QB「そして2人が納得のいく答えを探しているうちに、まどかが飛び出していった」

まどか「あっ…」

QB「彼女はまどかを大切にしているからね」

ほむら「まどか…」ダキッ



787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:03:17.66 ID:wwdCiJKBO

まどか「ほ、ほむら…ちゃん…?」

ほむら「ごめんなさい…まどか…私がしっかりしてないから…優柔不断だから…」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「だけど…出ていかないで…まどかぁ…」

まどか「ほむらちゃんっ!」ギュッ

QB「…」

ほむら「もう離さないから…まどかを絶対に離さないから…!」

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃんっ!」

ほむら「まどか!まどかぁ!」



789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:07:18.08 ID:wwdCiJKBO

まどか「…ほむらちゃん?」

ほむら「…なに?」

まどか「ほむらちゃんも、みんなも…私の…私の大切な仲間だよね…?親友だよね…?」

ほむら「当たり前でしょ…みんなまどかの事が大好きなんだから…」

まどか「うん…うん…!」

ほむら「それに私は…あなたの恋人よ…?」

まどか「うんっ!」

ほむら「だからもうあんな事…言わないで…?」

まどか「うんっ!」



794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:11:03.92 ID:wwdCiJKBO

まどか「てぃひひ…私って馬鹿だな…」

ほむら「もぅ…ほんと馬鹿よ…さやかよりずっと馬鹿よ…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「だからもう離さない…こんな馬鹿なまどかの面倒は私がずっと見るんだから…!」

まどか「そうだね…ほむらちゃんじゃないと駄目だよね…!」

ほむら「そうよ…!」



797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:16:08.10 ID:wwdCiJKBO

まどか「てぃひひ」

ほむら「ふふっ」

まどか「…いっぱい泣いて、いっぱい走って…いっぱい笑って…」

ほむら「疲れたわね…ふふっ」

まどか「私を探してくれてありがとう…あのままじゃ、私壊れてたよ」

ほむら「そうね…QBが教えてくれなかったら、今ごろまだ走り回ってるわよ」

まどか「QBが?」

ほむら「ええ、今回ばかりは感謝しなきゃね」

まどか「てぃひひ!ありがとうQB!」

まどか「QB…?」

ほむら「…いない」



799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:21:24.55 ID:wwdCiJKBO

ほむか「はぁ…」トボトボ

ほむか「やっぱり…私の居場所はここじゃないのかな…?」

ほむか「私のせいで…あんなに仲の良かったみんなが…」

ほむか「どうしていつも…私はこんなに駄目な子なのかな…?」

ほむか「私はどうして…どうして…」

ほむか「…私がいなければ…みんな幸せなのかな…」



801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:25:02.63 ID:wwdCiJKBO

マミ「はぁ…はぁ…はぁ…」

マミ(飛びだしたのはいいけど…どこにいるんだろう…)

マミ(わかんないよ…でも探さなきゃ…)

マミ「が、頑張りなさい!巴マミ!」

マミ「おっ!」ダダダッ

マミ「…あら?」

マミ「彼処にいるのって…まさか…」

マミ「あっ!待って!」タタッ



803: >>802そうだよ 2011/10/10(月) 17:30:28.44 ID:wwdCiJKBO

ほむホーム

杏子「結局ほむらのやつも飛び出していったし…どうしろってんだよ…」

さやか「ひっく…えっぐ…」

杏子「あぁ…?えぇっと…よ、よしよし?」ナデナデ

さやか「ね、ねぇ…杏子…」

杏子「ん?なんだ?」

さやか「私って…馬鹿だよね…?」

杏子「はぁ?」

さやか「私ってほんと馬鹿…」



804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:35:32.67 ID:wwdCiJKBO

杏子「…」

さやか「私さ…まどかの気持ち全然考えないでさ…ほむかだけ応援してさ…」

さやか「昔の私とほむかが重なって見えたんだ…だからあんな事言ったんだけど…」

さやか「まどかの言う通りだよ…親友失格だよ…」

杏子「さやか…」

さやか「まどかのあんな顔初めてみたよ…」

杏子「まあ確かに…さやかは馬鹿だな」

さやか「…うん」



806: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:40:10.12 ID:wwdCiJKBO

さやか「やっぱり私…馬鹿なんだ…」グスッ

杏子「ああ、私より勉強できないしな!」

さやか「…え?」

杏子「今日だって何回もマミに同じとこ教わってんのに理解してないさ」

さやか「いや、それは!」

杏子「まあ授業中寝てればそうなるよな、ほんとさやかは馬鹿だよ」

さやか「そ、それは今関係ないでしょ!」



808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:45:05.14 ID:wwdCiJKBO

杏子「いや、だって『私ってほんと馬鹿…』なんて言ったのさやかじゃん」

さやか「真似すんなっ!」

さやか「それに、そんな意味で言ったんじゃないわよ!」

杏子「ん?まどかの気持ちも考えないで~ってやつか?」

さやか「そう!それそれ!」

杏子「いや、それは別に馬鹿じゃないじゃんか」

さやか「え?」

杏子「さやかはほむかの事想ってそう言ったんだろ?友達の事を想うのて馬鹿なのか?」

さやか「そうだけど…まどかが…」



809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:48:59.21 ID:wwdCiJKBO

杏子「まどかだって、本気でああ言ったわけじゃないさ」

杏子「ずっと見てたけど、まどかかなり混乱してたからな…」

杏子「あそこで気の利くこと言ってやればよかったけど…」

杏子「ま…とにかく私は別にさやかが間違った事を言ったとは思わないよ」

杏子「私も同意見だったしな…まあ正解でもないんだけど…」

杏子「…こ、恋に正解なんてないんじゃないの…かな…?」





813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:53:03.58 ID:wwdCiJKBO

さやか「…」

杏子「…あっ、じ、冗談だって」

さやか「…プッ」

杏子「え?」

さやか「あはははっ、何言ってんの?らしくないじゃん」

杏子「さっ、さやか!」

さやか「いやー、やっぱあんたには負けるわ」アハハハ

杏子「わ、私だって一生懸命考えたんだぞ!」

さやか「あはは、ごめんごめん」





816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:56:53.88 ID:wwdCiJKBO

杏子「ったく…」

さやか「でも元気でたよ!」

杏子「そ、そう?」

さやか「うん、ありがとう杏子!」

杏子「へへ…」

さやか「よっし!じゃあ私たちもまどか達を探しに行きますか!」

杏子「ああ!」

さやか「さやかちゃん探検隊しゅっぱーつ!」

杏子「…調子くるうよな」



818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 17:59:23.43 ID:wwdCiJKBO

一方

マミ「まっ…まって!」

QB「…」

マミ「やっと…やっと会えたね…」

マミ「私の…夢の中の大切な…大切な友達…」

マミ「キュウべえ!」

QB「…マミ」



820: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:04:04.83 ID:wwdCiJKBO

QB(マミは記憶を書き換えられている筈…何故僕のことを…)

マミ「私ね…あなたを毎日夢で見るの…」

マミ「一緒におしゃべりしたり…一緒にケーキを食べたり…一緒に遊んだり…」

QB(それは…前の記憶だ…それを夢として認識してるのかな)

マミ「私がね、選ばれし者にしてね、魔界の使者と戦ったりもしてるの」

QB(やっぱ夢かな)



822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:08:36.17 ID:wwdCiJKBO

マミ「あなたは…あなたは私の…何なの?」

QB「僕は…」

QB(真実を言うべきなのかな?でも…)

マミ「ねぇ…こっちに来て?」

QB「うん…」トコトコ

マミ「キュウべえ…!」ダキッ

QB「ま、マミ…」

マミ「こうしていると、昔にもこんなことがあったような気がするの…」

マミ「夢じゃなくてね…現実として…」



825: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:12:29.05 ID:wwdCiJKBO

QB「マミ…!」

マミ「…っ!」ビクッ

QB「マミ?」

マミ「い…痛い…頭が痛いよぉ…っ!」

QB「頭が…まさか…!」

マミ「痛い…痛いよぉ…助けて…頭が…」

マミ「頭が…頭が…」

マミ「きゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」



828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:15:21.88 ID:wwdCiJKBO

QB「マミ!」

マミ「…」

QB「だ、大丈夫かい?」

マミ「ふふっ…」

QB「マミ…?」

マミ「ふーん…なるほどねぇ」

QB「マミ…」

QB(この感じ…)

マミ「状況は飲み込めたわ、これが世界の選択、ってわけね」



831: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:20:01.71 ID:wwdCiJKBO

QB「マミ…まさか君は…」

マミ「久しぶりねキュウべえ、全てを思い出したわ」

マミ「でももう大丈夫、負けるもんですか!」

マミ「急ぎましょう!このままじゃほむかさんが円環の理に導かれてしまう!」

QB(あちゃー)

QB(マミが完全に以前の人格と記憶に戻ってる…)

QB(やはり僕との接触は避けるべきだった…!)



833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:24:30.19 ID:wwdCiJKBO

QB(そもそも、この世界は半ば無理矢理作られた世界なんだ)

QB(もう一人の暁美ほむらによって…!)

QB(でも、それ故にこの世界は脆い…)

QB(その証拠にまどか、ほむら、ほむか、そして僕は以前の記憶を持ったままだ)

QB(つまり、世界の再構築は完全に成功した訳じゃなかった…)

QB(いつ壊れてもおかしくない程にね)



835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:28:55.48 ID:wwdCiJKBO

QB(だから僕は世界の崩壊が起きないよう陰ながらほむら達を見守ってきたんだ)

QB(この世界を作ったもう一人の暁美ほむらが絶望みたいな負の感情を持つと)

QB(それに呼応して世界の均衡が崩れる…)

QB(だから僕はそれを阻止しようとしたんだ…でも…)

QB(これはいよいよまずそうだ…)

QB(マミの記憶が戻ったように、世界が戻りつつある…)

QB(もっと早くほむかを見つけておくべきだった)



838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:32:49.44 ID:wwdCiJKBO

QB(このままじゃ彼が…動きはじめる!)

QB「マミ!急いでほむかを探そう!」

マミ「ええ!」

QB(間に合え…!間に合え…!)

マミ「あっ!あそこよ!」

QB「いた!」

QB(今ならまだ間に合う…急がないと!)

マミ「魔法少女には変身できないのね…!」

QB(それも時間の問題かも知れないんだけどね)



839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:36:16.62 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…」

ほむか「やっぱり…私は…」

ほむか「この気持ちはどうすればいいの…?」

ほむか「私がいなければいいの…?」

ほむか「…っ」ポロポロ

ほむか「私が…駄目な子だから…こんな…っ!」

マミ「あなたは駄目な子じゃないわ」

ほむか「と…巴…さん…?」



841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:41:04.70 ID:wwdCiJKBO

マミ「私ね…あなた達に助けられたのよ?」

マミ「私も…何もできなくて…いつも一人でいたわ」

マミ「でもね、鹿目さんやあなた達姉妹に私は助けて貰った…」

マミ「あなた達がいなければ、私は学校にすら行かなかったかもしれないわ」

マミ「昨日だって…美味しかったよ、オムライス」

マミ「ほむかさんが作ったんでしょう?」

ほむか「は、はい…」

マミ「とっても美味しかった…ほんとよ?」



843: >>842なにその遊戯 2011/10/10(月) 18:45:51.60 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…」

マミ「愛情が籠っているのは私にもわかったわ、ほむらさんへのね」

マミ「ほむらさん、優しいもんね」

ほむか「はい…!」

マミ「特にあなたに対しては優しいもんね」

ほむか「…はい」

マミ「だから好きになってしまってもおかしくないわ」

ほむか「…でも」

マミ「おかしくなんかないわ」

ほむか「…」



845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:50:09.75 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…お姉ちゃんには鹿目さんがいるし…」

マミ「そうね…確かに恋人がいる人を好きになっちゃいけないわね」

マミ「でも、好きな気持ちを正直に伝えるのはわるくないと思うの」

ほむか「…」

マミ「力ずくで鹿目さんからほむらさんを取ろうって…そう思ったの!」

ほむか「そんな!」

マミ「違うでしょ?」

ほむか「…はい」

マミ「ただ好きだと言うことを伝えたかっただけ、そうよね?」

ほむか「はい…!」



851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:56:15.09 ID:wwdCiJKBO

マミ「なら、あなたはおかしな事はしてないわ」

マミ「自分の気持ちに素直になっただけ、そうでしょ?」

ほむか「はい…」

マミ「ふふ、だからね?そんな顔しないで?」

ほむか「巴さん…」

マミ「可愛い顔がだいなしよ?」

ほむか「あっ…」



854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 18:59:35.60 ID:wwdCiJKBO

めがほむ『でも…私は…私は…』

ほむら『ほら、泣かないで』ダキッ

めがほむ『あっ…』

ほむら『そんなに顔をくしゃくしゃにして…可愛い顔が台無しよ?』フフッ

めがほむ『えへ…うん』

ほむか「あの時と…おんなじだ…」




855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:03:51.62 ID:wwdCiJKBO

ほむか「…えへへ」

マミ「ふふ、そうそう、笑顔の方が良いわよ?」

ほむか「ありがとう…ございます…」

ほむか(巴さん…かっこいいな…)

ほむか(でも、やっぱり私は…私を…自分自身なのに…)

マミ(…やっぱりアレが引っ掛かっているようね…)

マミ「ほむらさんを好きになって…後悔しているの?」

ほむか「あっ…」

ほむか(そうだよ…私だもん)

ほむか「はい…」



856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:07:07.79 ID:wwdCiJKBO

マミ「それは…ほむらさんだから?」

ほむか「はい」

マミ「もう鹿目さんがいるから?」

ほむか「…はい」

ほむか(それもあるけど…)

マミ「姉妹だから?」

ほむか「…はい」

ほむか(それも…でも)

マミ「それとも…自分自身だから?」

ほむか「えっ…!?」

ほむか「今…何て…?」

マミ「そうなのね、暁美ほむらさん…」



858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:12:12.14 ID:wwdCiJKBO

ほむか「な…なんでそれを…?」

マミ「実はね、私…記憶が戻ったの」

ほむか「えっ…?」

マミ「だからあなたの正体が、もう一人の暁美ほむらだって…知ってるの」

ほむか「そんな…!」

マミ「そうね…確かに自分自身を好きになるのはおかしな事かも知れないわね…」

マミ「でもね…それは完全に同一人物、自分自身だったとしたらの話」

マミ「自分の記憶、自分の性格、自分の身体能力、自分の想い」



860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:16:50.48 ID:wwdCiJKBO

マミ「それらが全部…何もかもが同じ人だなんて世の中に一人しかいないわ」

ほむか「あ…!」

マミ「それは暁美ほむら、あなたただ一人よ!」

マミ「もう一人の暁美ほむらじゃない、私の目の前にいる暁美ほむら…あなただけなのよ!」

ほむか「私…一人?」

マミ「そう、あなたと同一人物なのはあなただけなのよ」

ほむか「私だけ…」

マミ「あなたは暁美ほむらだけど…あなたの好きな暁美ほむらじゃないわ」





861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:21:29.73 ID:wwdCiJKBO

マミ「確かにあなた達は同じ名前だし、同じ体、同じ血液、同じDNA…」

マミ「外見は完全に同一人物だわ…でもね」

マミ「性格も…想いも…記憶も…あなた達は違うでしょ?」

ほむか「!」

マミ「どんなに外見は同じでも…中身は別なのよ」

マミ「それって…同一人物だと言えるかしら…?」

ほむか「それ…は」

マミ「答えは誰にもわからないと思うわ」

マミ「だって検証の使用がないものね」



863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:26:00.50 ID:wwdCiJKBO

ほむか「え…?」

マミ「だって、今までに同一人物が2人もいることなんてなかったでしょ?」

マミ「それは今後もないと思うわ…」

マミ「だから、あなた達2人のことを検証や常識なんかで考えることわできないのよ」

マミ「だから『もう一人の自分を好きなる』ことがいけないことだって」

マミ「駄目なことだって、おかしいことだって…」

マミ「それを決めることは誰にもできないわ」



866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:31:37.75 ID:wwdCiJKBO

マミ「仮にいるとしたら…あなた達2人、暁美ほむらだけよ」

マミ「誰かに変だと、おかしいと、駄目だと言われても…」

マミ「それを決めることはできない、だから自分の気持ちに素直になっても…」

マミ「その本当の自分の気持ちを他人に決めることはできないの!」

マミ「そしてあなたはもう一人の暁美ほむらを好きになってしまった…」

マミ「誰が誰を好きになろうと…その人の自由なのだし」

マミ「えっと…一言でまとめるとね?」



868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:36:13.80 ID:wwdCiJKBO

マミ「あなたが暁美ほむらを好きになることは…おかしなことじゃないの!」

ほむか「あ…ぁ…!」

マミ「それに、外見じゃなくて中身が好きになったんでしょう?」

ほむか「はいっ…」

マミ「自分と同じ外見なのにまるで中身が別人で…」

マミ「自分よりかっこよくて…頼りになる…あなたが憧れた暁美ほむらは」

マミ「その中身なのでしょ?」

ほむか「…はいっ!」

マミ「ふふ、なら何の問題もないじゃない!」

ほむか「え…?」



871: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:42:27.83 ID:wwdCiJKBO

マミ「人が誰かを好きになる時はね?」

マミ「ただたんに外見が好きなだけの時と」

マミ「中身、性格…人となりが好きになる時の大きくわけて二通りだわ」

マミ「もし、ほむらさんの外見に惚れたのだったら…ちょっと引くけど…」

ほむか「…」

マミ「ほむらさんの中身に惚れたのなら、それはただの恋よ」

マミ「おかしくもなく、変でもない…誰もが経験する恋」

マミ「あなたはほむらさんに、その恋をしただけなのよ」



874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:47:29.61 ID:wwdCiJKBO

ほむか「ただの…恋…」

マミ「そうでしょ?だからもう…そんなに苦しまなくていいのよ…?」

ほむか「う…うぅ…っ!」

マミ「ほら…いらっしゃい…」

ほむか「巴さん…」ダキッ

ほむか「巴さん…巴さん…!」

マミ「今まで苦しかったね…辛かったね…でも、もう大丈夫、大丈夫だから」

ほむか「うぅぅ…うぁぁあっ…」

マミ「だから今は好きなだけ泣いていいのよ…?」

ほむか「うわぁぁっ…うわぁぁぁあぁぁんっ」



876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:52:25.14 ID:wwdCiJKBO

ほむか「うぅっ…ぅうぅ…」

マミ「これからも変だと、おかしいと言われるかもしれない…」

マミ「端から見たらもう一人の自分に恋するなんておかしいと思うかもしれない」

マミ「でも…それに答えなんてない…あるのは好きだって気持ちだけ…」

マミ「もし、誰かにおかしいって言われたら…私がやっつけちゃうわ」

マミ「私は…応援してるから…」

マミ「あなたはあなたの気持ちに素直になればいいの…」



878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 19:57:18.07 ID:wwdCiJKBO

マミ「あなたの正直な気持ちを…教えて?」

ほむか「ゎ…私は…私は…!」

ほむか「もう一人の私が好きになってしまった…」

ほむか「でも…付き合いたいとか…鹿目さんから奪いたいだなんて思ってない…!」

ほむか「ただ…ただ好きだって…この気持ちを伝えて…楽になりたかった!」

ほむか「そしたら…あんなことになって…」

ほむか「全部私のせいだって…私がいなければって…そう思って…!」



879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:00:01.22 ID:wwdCiJKBO

ほむか「どうしたらいいかわからなかった…!」

ほむか「何をすればいいのかわからなくて…鹿目さんの邪魔をしたり…」

ほむか「無理矢理お風呂に入ったりしたの…っ!」

ほむか「その事を後悔して…苦しくかった…」

ほむか「私なんかいなきゃいいって…そう思った…!」

マミ「ほむらさん…」



881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:05:18.18 ID:wwdCiJKBO

ほむか「私は…私は…」

マミ「ほむらさん」ギュッ

ほむか「巴さん…」

マミ「あなたは…私たちのかけがえのない友達よ…?」

マミ「特にもう一人のほむらさんは…あなたを本当に大事にしてるわ…!」

マミ「鹿目さんも…美樹さんも…佐倉さんも…私も…ほむらさんも、みんな、あなたの事が大好きなの!」

ほむか「私が…大好き…?」

マミ「だから…いなきゃいいなんて…そんなこと絶対言わないで!」



884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:09:02.99 ID:wwdCiJKBO

ほむか「あ…」

マミ「誰に何と言われようと…私が、私たちがあなたを守るから!」

マミ「だから…そんな悲しいことを言わないで…?」

ほむか「…はい」

マミ「ふふ、私からすれば、あなたは羨ましいわよ?」

ほむか「羨ましい…?」

マミ「もし私だったら…こんなに探し回ってくれないだろうな…」

ほむか「え…?」

マミ「ほら、あそこ」



886: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:13:07.01 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ほむかぁー!」

まどか「ほむかちゃーん!」

ほむか「私…鹿目さん…!」

マミ「あっちからも来るわよ?」

さやか「いたっ!おーい!」

杏子「ほむかぁぁぁぁ!」

ほむか「美樹さん…佐倉さん…」

マミ「ふふ、言ったでしょ?みんなあなたの事が大好きだって」

ほむか「…うんっ!」



888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:17:47.47 ID:wwdCiJKBO

ほむら「ほむかっ!」ダキッ

ほむか「わわっ」

ほむら「もう…心配したんだから…!」

ほむか「あっ…」

まどか「はぁ…はぁ…てぃひひ…ずっと走り回ってたんだよ?」

まどか(これもQBのおかげだけどね)

さやか「はぁはぁ…あはは、こんなに走ったの久々だよ」

杏子「全く…でも安心したよ」



890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:21:11.11 ID:wwdCiJKBO

ほむか「みんな…」

マミ「みんな無事ね?よかったわ」

ほむら「ほむか…」ギュッ

ほむか「…」

ほむか「みんな…ごめんなさい…」

ほむか「私があんな事言ったから…こんなことになっちゃって…」

まどか「ほむかちゃん」

まどか「もういい、もういいんだよ、ほむかちゃん」



891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:25:31.90 ID:wwdCiJKBO

まどか「私もね、あの時は混乱しちゃっててね…自分のことしか考えなかったんだ…」

まどか「だからみんなに酷いこと言っちゃって…」

まどか「だから私のせいでもあるんだ」

まどか「だから私も…ごめんなさい」

まどか「さやかちゃんにも酷いこと言っちゃった…」

さやか「いや…私もまどかの気持ちを考えてなかったよ」

さやか「まどかの立場からしてみれば、辛いことだもんね…」

さやか「だから謝るのは、私もだよ」



904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:44:30.65 ID:wwdCiJKBO

杏子「謝るなら私だって同じさ」

ほむら「私が!私が…しっかりしないから…だから謝るのは私!」

ほむか「いや…やっぱり私が…」

まどか「私だよ!」

さやか「私だって!」

杏子「私だよ!」

ほむら「私よ!」

ほむか「私よ!」

マミ「ふふっ」




957: いそぐ 2011/10/10(月) 20:47:28.89 ID:wwdCiJKBO

まどか「てぃひひ!じゃあみんなでごめんなさいだね?」

ほむら「ふふっ、そうね」

マミ「じゃあいっせーの…でやりましょうか?」

ほむか「えへへ…うん!」

マミ「じゃあいくわよ」



996: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/10(月) 20:48:58.54 ID:wwdCiJKBO

その夜

ほむか「別に一緒に寝なくてもいいのに…」

ほむら「ううん、私がこうしたかったから」

ほむら「だってあなたは大切な」

ほむら「私からの大切なプレゼントだからね」

2部おわり


元スレ
ほむら「私からのプレゼント」