1: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 15:54:25.29 ID:H050nkLy.net

ピンポーン

『はい』

千歌「自粛飽きた」

『帰りなさい』ガチャン

千歌「……」

ピンポーン

『帰りなさい』ガチャン

千歌「……」

ピンポーン

『…はぁ』

千歌「自粛飽きた」

『………ちょっと待ってて』



3: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 15:59:09.17 ID:H050nkLy.net

ガチャッ

梨子「……飽きたって言って来られても困るよ千歌ちゃん」

千歌「だって飽きたんだもん…梨子ちゃあ」バッ

梨子「ちょ、ストップ!!」

千歌「えぇ?何?」ピタッ

梨子「…2m以内に近付かないで」

千歌「うっ……梨子ちゃん、そーしゃるでぃすたんすとはいえハッキリ言われると傷つくよ」

梨子「仕方ないでしょ?今はそういう時期なんだから」

千歌「…これなーんだ」

梨子「…なに?それ」

千歌「アルコール消毒液!これを私の身体中にシュッてして…」

梨子「…」

千歌「梨子ちゃ~ん!!」ガバッ

梨子「…はぁ…」

千歌「久しぶりな気がするよぉ」スリスリ

梨子「毎晩Aqoursの皆で電話してるでしょうが…」



6: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:03:08.90 ID:H050nkLy.net

梨子「ほら、とりあえず部屋上がって…」

千歌「えぇ~?もっとお日様を」

梨子「千歌ちゃん?」

千歌「…はーい…」

テクテク

千歌「んはぁ~!!私の部屋じゃない部屋だ!!」

梨子「…はぁ…この期間は誰とも会わないでおこうって頑張ってたのに…」

千歌「そんなの無理だよ!!私もう暇で暇で…死んじゃいそうだったよ…」グターッ

梨子「あのねぇ…この辺でも感染してる人出てるんだよ?もっと気を引き締めて」

千歌「了解でーす」グダー

梨子「…事の深刻さをわかってないわね」



7: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:07:24.51 ID:H050nkLy.net

千歌「深刻さはわかってるよ!梨子ちゃんより!」ビシィッ!

梨子「ふーん、とてもそうは見えないけど?」

千歌「ふふん!私の家は旅館だよ?事態の悪化を見て休業なんて私が生まれてきて初めてだし、深刻さはわかってるよ!」

梨子「…十千万、大丈夫なの?」

千歌「へ?何が?」

梨子「その、ほら…聞きづらい事だけど…経営的な…」

千歌「あぁ~…わからん!」

梨子「えぇ…」

千歌「私まだ高校生だし、そういう難しい事はわかんない!」

梨子「えぇ…」



10: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:13:05.65 ID:H050nkLy.net

千歌「いやぁ~何はともあれ自分の部屋から脱出できて良かったぁ…隣に引っ越して来てくれてありがとね、梨子ちゃん!」ゴロゴロ

梨子「そんなにゴロゴロベタベタして…千歌ちゃんが感染してたら私も終わりね…」

千歌「死なば諸共!だよ!」

梨子「それちょっと違うと思う」

千歌「ていうか梨子ちゃん気にしすぎじゃない?ほんのちょっとくらい付き合ってくれてもいいじゃんか~」スリスリ

梨子「千歌ちゃんがお気楽すぎるの!私が普通!」

千歌「…私、来ない方が良かった?」

梨子「え?」

千歌「……帰った方がいい?」

梨子「……い、いや、来ちゃったなら仕方ないし別に今日くらい…」

千歌「だよねー!だってホントに来ちゃダメならまず私を部屋にあげないもんね!!」

梨子「…ぐぬぬ…」



12: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:17:21.96 ID:H050nkLy.net

千歌「実は梨子ちゃんもちょっと暇すぎて寂しかったんじゃないの~?」

梨子「…そんなことないですっ!」

千歌「うっそだぁ~!こんなに部屋の中綺麗にしてさぁ、ほんとは千歌が来るの待ってた、とか?」ニシシ

梨子「自粛中暇だから掃除しただけ!」

千歌「ほんとぉ?」

梨子「…」

千歌「実の所は~?」

梨子「……別に、ちょっとくらい寂しくなるのは普通でしょ」

千歌「私も!私も寂しかったよ梨子ちゃ~ん!!」ダキッ

梨子「ちょっ、苦しいって千歌ちゃん!!なんかテンション高くない!?」

千歌「久しぶりに会えて嬉しいんだも~ん」ギュッ



13: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:20:20.29 ID:H050nkLy.net

梨子「濃厚接触!!禁止!!!」ガバッ

千歌「あぐっ……」ポン

梨子「そういうのは事態が落ち着いてから!」

千歌「だって落ち着く頃にはもう夏じゃん…」

梨子「…夏だと悪い事あるの?」

千歌「だって去年の梨子ちゃん、夏は暑苦しいからくっつかないでって…」

梨子「…」

千歌「………ダメ?」ウルウル

梨子「いや、ダメでしょ今は」

千歌「けっ!梨子ちゃんのケチ!」

梨子「あのねぇ…」



14: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:24:20.52 ID:H050nkLy.net

千歌「コロナが憎いよ!私は!」ゴロン

梨子「学校が無いのは困るよね、ただでさえ新天地なのに」

千歌「そう!学校には行けないし!皆とも会えない!梨子ちゃんはすぐ隣にいるのに付き合いが悪い!!」ビシィッ!

梨子「うっ…仕方ないでしょ?」

千歌「すーぐ仕方ないって言う!」

梨子「だ、だって仕方ないでしょ!?」

千歌「ベランダで話すくらいならできるじゃん!!」

梨子「うっ…」

千歌「千歌が『夜のお誘い♡』してるのに毎日毎日断って…付き合いが悪い!」

梨子「仕方ないでしょ!!」

千歌「また言った!大体何が仕方ないのさ!」

梨子「そ、それは…」



15: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:27:16.60 ID:H050nkLy.net

千歌「それは?」

梨子「…えっと…」

千歌「…もしかして…私に会いたくないとか」

梨子「…逆だよ」

千歌「え?」

梨子「…千歌ちゃんとベランダで顔合わせて話したら…会いたくなっちゃうから」

千歌「………」

梨子「…だから」

千歌「梨子ちゃあああぁぁぁあん!!!」ガバッ!!

梨子「うわぁ!?」

千歌「このこのこのぉ!可愛いやつめ!!」グリグリ

梨子「ちょ、何!?なんなのそのキャラ!!」

千歌「嬉しいんだよ~!!」ギュウゥ

梨子「くっ…ぐるじぃ……濃厚せっしょぐぎんしぃ…」



16: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:32:53.40 ID:H050nkLy.net

千歌「結局梨子ちゃんも強がってただけで私と一緒かぁ」ギュッ

梨子「千歌ちゃん、さりげなくもたれかかって来てるけどそれも濃厚接触だからね?」

千歌「当ててるんだよ?」フフン

梨子「……」

千歌「他の皆はどうしてるのかなぁ…今頃暇してるのかな…」ピトッ

梨子「こういう時に黒澤姉妹は一緒にいれて羨ましいね」

千歌「確かに!いつも一緒だもんね」

梨子「…早く終わって欲しいね、自粛」

千歌「そうだねぇ…」チラッ

梨子「…ん?何?」

千歌「…自粛もちょっといいかもって」ギュッ

梨子「…コロコロ変わる人」



17: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:42:21.60 ID:H050nkLy.net

千歌「…よし!じゃあそろそろ帰る!」

梨子「あっ…もういいの?」

千歌「うん!あんまり長居するのも良くないし」

梨子「…それ千歌ちゃんが言う?」

千歌「それにもう十分梨子ちゃん補給したし!しばらく大丈夫だよ」

梨子「そっか…」

千歌「ん~?梨子ちゃん、何その名残惜しそうな顔は?」ニヤニヤ

梨子「…」

千歌「もしかしてあんなに濃厚接触だとかなんとか言って…いざ私が帰るってなると」

梨子「寂しい」

千歌「んえっ」

梨子「…悪い?」

千歌「……」

梨子「……」

千歌「…よし!私ここに住む!」

梨子「やっぱり帰って」



20: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:49:22.57 ID:H050nkLy.net

千歌「遠慮しなくていいのにぃ~」ツンツン

梨子「千歌ちゃんが帰るのは寂しいけどずっと居られても困るよ」

千歌「えぇ?私はずっと一緒でもいいよ?」

梨子「また平気でそういう事を…」

千歌「今の、なんだっけ?かべどん?しながら言った方がいい?」

梨子「やらんでいい!!」

千歌「あちゃー」

梨子「ほら、早く帰って!!」グイグイ

千歌「うわっちょ、梨子ちゃんごめんって!」

梨子「許すから今日は帰って!」グイグイ

千歌「んもぉ!また来るからね!!」

梨子「自粛が終わったらいくらでも来ていいから!またね!!」グイグイ

千歌「わ、わかった!帰るから!押さないで!ストップ!」



21: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:53:32.90 ID:H050nkLy.net

千歌「ふぅ…まさか玄関まで押されるとは…」

梨子「こうでもしないと千歌ちゃんあのまま部屋にズルズル居残るでしょ?」

千歌「…確かに」

梨子「それじゃ、寂しくなったらベランダで話すくらいしてあげるから…またね」

千歌「あ、待って梨子ちゃん!」グッ

梨子「…どうしたの?」

千歌「…えっと……今日はありがとう」ギュッ

梨子「…もう、急に改まってどうしたの?」クスッ

千歌「えへへ…それじゃまたね!」ガチャッ

梨子「…ほんとに変な人なんだから…ん?」

梨子「…これ、千歌ちゃんのヘアピン…?」



22: 名無しで叶える物語 2020/05/02(土) 16:57:09.56 ID:H050nkLy.net

ピンポーン

『はーい』

梨子「千歌ちゃん、ヘアピン忘れてるよ」

『あれぇ?ほんとに~?』

梨子「………もしかして千歌ちゃん、わざと…」

『ちょっと今手離せないからさ!私の部屋まで来てよ!』

梨子「………」

『…だめ?』

梨子「…もう、わかったよ、ほんとに今日だけだよ?」

『えへへ、ありがと梨子ちゃん』

その後千歌の部屋から出して貰えず1週間ほどお泊まりした梨子であった。

おわり


元スレ
千歌「もう自粛キツい」