1: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 09:52:21.87 ID:0JYa29F6.net

部室

梨子「……」ジーッ

(『おっと』ドンッ)

(『これでもう逃げられないな』)

梨子「あぁ、そんな……」

(『それでも顔をそらすなんて強情な奴だ』)

(『ほら、顔を見せてみろ』クイッ)

梨子「はわっ!?」

(『―堕ちたな、これでもうお前は俺のものだ』)

(どんどん迫り来る唇)

梨子「あ、あぁ、ああぁ~」ハワハワ

梨子「―くぅ~堪らな~い!!」

梨子「何度見ても憧れるわねぇ」ウットリ

歩夢「梨子ちゃん、なに読んでるの?」

梨子「うふ、壁ドンの雑誌」クルッ

梨子「…………え?」

梨子「……歩夢、ちゃん?」ダラダラ



4: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 10:03:47.56 ID:0JYa29F6.net

梨子「い、いつからいたの……?」

歩夢「梨子ちゃんがひとり言を言い始めた辺りから」

梨子「そこからいたの!?なんでもっと早く声をかけてくれなかったのぉ!?」

梨子「あああぁ~もう恥ずかしい~!!」カァァ

歩夢「ごめんね、すごく夢中になっていたから邪魔しちゃ悪いかなって思って」

梨子「いえ……学校で読んでいた私もバカだったわ」

歩夢「ところで、『かべどん』ってなに?」

梨子「へっ!?」

歩夢「それ、『かべどん』の雑誌って言ったよね。カツ丼の仲間?」

梨子「え、えっと……カツ丼や天丼とはまた違うもので……」

梨子「……壁ドンがなんだか、知りたい?」

歩夢「うん、よかったら教えて欲しいな」

梨子(これはもしかしたら同好の士を増やすチャンスなのかも)

梨子(一か八か、歩夢ちゃんに教えてみよう、かな)



8: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 10:16:40.43 ID:0JYa29F6.net

梨子「あのね、壁ドンって言うのは女の子がときめくシチュエーションのひとつで」

梨子「壁際の相手に手を伸ばして逃げ場をなくして自分だけを見させるの」

梨子「私、このシチュエーションにずっと憧れれていて。それでこんな雑誌まで……」

歩夢「ふぅん、逃げ場をなくして自分だけを見させる……」

歩夢(私がやったらあの子もときめくのかな?)

歩夢「確かにそれいいねぇ」

梨子「わかってくれる?」

歩夢「うん、具体的にはどうやればいいのかな?」

梨子(おぉ、歩夢ちゃんが食い付いた!!なんか意外)

梨子「そ、それじゃ私が歩夢ちゃんにやってみせるね」



15: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 10:29:42.82 ID:0JYa29F6.net

梨子「そこの壁に背中を向けて立って」

歩夢「うん」

梨子「歩夢ちゃん」トンッ

梨子「歩夢ちゃんは本当かわいいね」

梨子「さぁ、顔を上げ―ちょっと歩夢ちゃん」

歩夢「え?なに?」

梨子「私をガン見してないで少しは合わせて、顔を上げたいからうつむいてちょうだい」

歩夢「あ、そうなんだ。ごめん」カクン

梨子「ふふ、いい娘ね」

梨子「さぁ、顔を上げて」クイッ

梨子「これが顎クイ、大抵壁ドンとセットでやるの。これもときめきポイントだね」

歩夢「なるほど、顎クイかぁ」

歩夢「確かにこういう事やられたら嬉しくなるかもね」

梨子「ず、随分冷静なんだね……私の壁ドンと顎クイにもほぼ無反応だったし」

梨子(私って演技下手くそなのかなぁ……ちょっとショック)



17: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/05/03(日) 10:45:18 ID:0JYa29F6.net

歩夢「大体流れはわかったよ」

歩夢「私も梨子ちゃんにやってみてもいいかな?」

梨子「え?やってくれるの?」

歩夢「あの子にやる前にれんしゅゲフンゲフン」

梨子「あの子?」

歩夢「なんでもないよ、気にしないで」ニコッ

梨子「う、うん」

梨子(よくわからないけど歩夢ちゃんが興味を持ってくれたからいいか)

ドォンッ‼

梨子「ひゃあぁっ!?」ビックゥ

歩夢「うふふ、やっと捕まえた♪」

梨子「あの、えと、歩夢ちゃ」アタフタ

歩夢「逃がさないよ」ガシッ

梨子(か、肩を掴まれた。なんて力……)

歩夢「そんなに怖がらなくても大丈夫♪」

歩夢「ほら、顔を上げて」クイッ

歩夢「あなたは私だけを見てればいいんだよ♪」

梨子「はわわわぁっ!?」ゾクゾクゾクー!!

梨子(なにこれなにこれぇ!?歩夢ちゃん、まるで人が変わったかのように……)

歩夢「いい子だね♪」ニコッ

歩夢「あなたはこれからずうっと私だけのものだよ♪」

梨子「は、はひぃ~」ヘナヘナ……ペタン



24: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 11:01:04.81 ID:0JYa29F6.net

梨子「……」ボーッ

梨子「……はっ!?」

歩夢「梨子ちゃん、気が付いた?」

梨子「歩夢ちゃん……」トローン

歩夢「ごめんね、少し役にのめり込んじゃった」

梨子「ううん……すごくよかったよ。思わず圧倒されちゃった」

梨子「歩夢ちゃんには壁ドンの才能があるね」

歩夢「本当?嬉しいなぁ」

歩夢「他にはどんなシチュエーションがあるの?」

梨子「えっと、相手を床に押し倒して覆い被さる床ドンなんて言うのも」

歩夢「へぇ、床ドンね」ドンッ

梨子「きゃっ!?」バタッ

歩夢「ごめ~ん♪ケガしなかった?」ガバッ

梨子「ひぃんっ……!?」キュンキュン

歩夢「―こんな感じ、かな?」

梨子「そ、そんな感じ……飲み込みが早いね歩夢ちゃん」

歩夢「ふふ、ときめくシチュエーションっていいもんだね」

梨子「そうだよね、わかってもらえて嬉しいよ。あははは……」ヒクッ

梨子(な、なんだか私教えちゃいけない娘に教えてしまったような……)

ガラッ

ことり「お疲れ様~ごめんね~委員会の会議で遅れちゃったぁ」

ことり「―ん?」

梨子「あ……」

歩夢「委員会お疲れ様、ことりちゃん」ニコッ



30: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 11:14:35.72 ID:0JYa29F6.net

ことり「……」パシャパシャパシャ

梨子「ちょ!?いきなり無言で写メ撮るのやめてぇ‼」

ことり「いや~素晴らしい光景だからこれは思い出に残しておかなくちゃと思ってつい」

梨子「なんでそんな瞬時に動けるのぉ!?」

ことり「なんだかお楽しみ中だったみたい。ことり、お邪魔しちゃったかな?」

歩夢「ううん、いいんだよ」

歩夢「今梨子ちゃんにときめくシチュエーションを教えてもらってたの」

歩夢「壁ドンと床ドンを2人でやってたんだ」

梨子「あの、歩夢ちゃん……あまりべらべら喋らないで」カァァ

ことり「あぁ、そういう事だったの」

ことり「梨子ちゃん、そんな恥ずかしがらなくてもいいよ。それも立派な趣味だと思うよ」

梨子「フォローになってないよもう~」

ことり「こんな事ならもっと早く来ればよかったなぁ、残念」

歩夢「よかったらことりちゃんも一緒にときめくシチュエーションを考えてみない?」

歩夢「ことりちゃんの意見も聞いてみたいな」

梨子「歩夢ちゃん、いつの間にかノリノリで主導権を握ってる……」

ことり「ときめくシチュエーションかぁ」

ことり「面白そう‼ことりも混ぜてもらっちゃお♪」

梨子(ことりちゃんまで参戦……これから一体どうなるの……?)



35: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 11:31:38.27 ID:0JYa29F6.net

ことり「ことりはね、足を挫いてお姫様抱っこされるって言うのに憧れているんだ」

梨子「へぇ、それも王道だね。青春って感じ」

歩夢「私も転んだ時にやってもらおうかな」

ことり「それじゃ、ことりが足を挫くから梨子ちゃんが抱っこしてみて」

梨子「わ、私が?大丈夫かなぁ」

梨子(さっきの壁ドンでも歩夢ちゃんの反応薄かったし自信ないなぁ)



ことり「やぁんっ!!」バタンッ

梨子「ことりちゃん、大丈夫!?」

ことり「いったぁ~い、足挫いた~」

ことり「ことり動けないよぉ……」チラッ

ことり「ね、梨子ちゃん。抱っこ……して?」ウルウル

梨子「おっほー!!」ズッキューン

梨子(ことりちゃん、なんてかわいさ。これは歩夢ちゃんにも負けない素質)

梨子「それじゃ抱っこするね、―よいしょ」

ことり「ん」ムギュ~

梨子「ちょっとことりちゃん、なんでそんなにくっついて」

ことり「せっかくこうして抱っこしてもらったんだもん、少しでも梨子ちゃんを近くに感じていたくて♪」

梨子「ぐっは……!!」

梨子(ヤバい、ことりちゃんの体の柔らかさ、甘い吐息、体温が私を狂わせる……)クラクラ

ことり「楽しいね~これ、ふふふ」

歩夢「なるほどなぁ、ことりちゃんは参考になるなぁ」



45: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 11:47:29.56 ID:0JYa29F6.net

歩夢「今度は私の考えたシチュエーションをやってもいいかな?」

歩夢「私は風邪を引いた時に看病してもらいたんだよね」

ことり「わかる~1人で心細い時に好きな子に看病してもらうとときめくよねぇ」

梨子「確かにそれもいいね、でも私はちょっと休憩……」

ことり「それじゃ、ことりが看病してあげる」

歩夢「よろしくね、ことりちゃん」




歩夢「はぁ……はぁ……」

ことり「歩夢ちゃん、具合はどう?」

歩夢「体が熱い……熱があるかも……」

ことり「どれどれ~」ピトッ

歩夢「きゃっ♪」

ことり「わぁ、すごいお熱。これは大変だ」

ことり「汗もいっぱいかいてるね、ことりが拭いてあげるよ」

歩夢「そんな、ダメだよ。恥ずかしいよ♪」ニヤニヤ

梨子「なんでにっこにこの笑顔なのよ……」

ことり「このままじゃ気持ちわるいでしょ。ほら、いい子だから脱ぎ脱ぎしましょうね~」(脱がせる振り)

歩夢「あ、あぁ~♪もうあなたったら大胆♪」

歩夢「優しく、してね……♪」

ことり「もちろん、私に任せて」フキフキ

歩夢「はぁ、気持ちいいなぁ♪」

梨子(なんか歩夢ちゃんだけ別の子を想定してやってるような……)



50: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 12:11:19.30 ID:0JYa29F6.net

歩夢「ありがとうことりちゃん、いい予行練習になったよ」

ことり「どういたしまして、本番でも頑張ってね」

梨子「本番ってなんなの……」

梨子(て言うか歩夢ちゃん達が来てから私の影がすっかり薄くなってるじゃない)

梨子(ここは元祖ときめきシチュエーターとして実力を示さないと)

梨子「あの、次は私がやってもいい?」

歩夢「いいよ、相手はどっちがいい?」

梨子「あ、それじゃ……歩夢ちゃんで」




梨子「うふ、歩夢ちゃ~ん」ピトッ

歩夢「もう、飲み過ぎだよ」

梨子「だぁってぇ、歩夢ちゃんと一緒にお酒飲むとおいしくて止まらないんだも~ん」スリスリ

歩夢「ふふ、あなたは相変わらずお酒に弱いんだから」ナデナデ

歩夢「そろそろおしまいにしよう」

梨子「えぇ~?まだまだ飲みたいのにぃ」

歩夢「いい加減にしないと潰れちゃうよ?」

梨子「潰れたら歩夢ちゃんに介抱してもらうからいいも~ん」ギュウッ

歩夢「え?私が、介抱……?」

歩夢「―しょうがないなぁ」ガシッ

梨子「へっ?歩夢ちゃん?」

歩夢「そういう事なら潰れるまで飲んじゃお♪」ズイッ

歩夢「あなたは私が責任を持って介抱してあげるからね♪」

梨子「なんか急に迫力が……私が甘える番なのに」

歩夢「いっぱい甘えていいんだよ、あなた♪」

梨子「だからさっきから誰を想定してるのよ~!?」



54: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 12:44:09.42 ID:0JYa29F6.net

梨子「はぁ、結局歩夢ちゃんにのまれちゃった……」

ことり「お疲れ様~酔っ払った梨子ちゃんもなかなかよかったよ」●REC

梨子「うわっ!?いつの間にかビデオカメラを!?もうことりちゃんたら」

梨子「……あの、私も後で自分の演技見返したいから」モジモジ

梨子「そのテープ、ダビングしてちょうだい」

ことり「いいよ~さっきの写メも送ってあげるね」

梨子「そ、そうね……貴重な床ドンの写真。もらってもいいかな」

ことり「うふふ、は~い」



ことり「今度はどんなシチュエーションでやる?」

梨子「そうだなぁ~」

歩夢「この間CMでさ、雨のバス停で好きな子にバッタリ会ってその子からタオルを借りてタオルからその子の香りを感じてキュンとするってのをやってたんだよ」

梨子「あ、そのCM私も知ってる。憧れるよね」

歩夢「よかったら梨子ちゃんやってみる?私相手役やるよ」

梨子「本当?なんか悪いね続けてやらせてもらって」

ことり「それじゃことりは雨の役を」

梨子「雨の役ってなに―きゃあっ!?」グッショリ

歩夢「ふ、服が……」ビッショリ

ことり「この方がリアリティあっていいでしょ」

ことり「さぁ、張り切ってどうぞ~」●REC



57: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 12:56:25.17 ID:0JYa29F6.net

梨子「はぁっ、はぁっ、はぁっ、」

梨子「あぁ~もう、急に雨が降ってくるんだから」

梨子「あ、歩夢ちゃん」

歩夢「あ、偶然だね。雨すごいね」

梨子「うん、おかげで服がびしょ濡れ」

梨子「―あれ?タオルが……」

歩夢「タオルないの?」

歩夢「私が使ったのでよければ、これ使って」スッ

梨子「いいの?ありがとう」

梨子「―ってこれ湿ってる‼本当に使ったの!?」

歩夢「だって私も濡れちゃったし」

梨子「そ、そうだったね……」

梨子「……」フキフキ

梨子(あのCMでも言ってたけど歩夢ちゃんの香りがすごい……いい匂い)クンカクンカ

梨子「―はっ!?ごめんなさい私ったらついCMの真似を」カァァ

歩夢「ふふ、いいんだよ。しっかり体を拭いてね♪」

歩夢「それとも、私が拭いてあげようか?ここまだ濡れてるよ♪」フキフキ

梨子「ひゃんっ!?そ、そこはダメぇ!!」

歩夢「遠慮しなくてもいいんだよ♪」

梨子「遠慮します~!!」



59: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 13:17:01.82 ID:0JYa29F6.net

梨子「うぅ……歩夢ちゃんの目が急に怖くなった」

歩夢「ごめんね、急に梨子ちゃんとあの娘が重なって見えて気分が高まっちゃった」

梨子「それもうなにかの病気だよ……」

ことり「でも、梨子ちゃんも歩夢ちゃんのタオルに顔を埋めてニヤニヤ笑ってたよね」

梨子「いや、それはその」カァァ

ことり「いいんだよ、ことりも梨子ちゃんの立場だったら同じ事するから」

梨子「なんだかそれも素直に喜べないね……」

ことり「そう言えばさ、最初は2人で壁ドンをやってたんだよね」

ことり「ことりもやって欲しいなぁ~」

梨子「―ほう……」キラーン

梨子(これはチャンス、今まで散々はらはらはわはわさせられてきたから2人にお返ししちゃお)

梨子「だったら、壁ドンの先駆者としてお手本を見せてあげないとね」

梨子「まずは歩夢ちゃんからやってあげるよ」

歩夢「え?私?」キョトン

梨子「さっきの壁ドンはなんか納得出来なかったからもう1回やらせて」

歩夢「う、うん……わかった」

梨子(ふっふっふ、久し振りに本気出しちゃおっかな♪)



61: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 13:35:49.90 ID:0JYa29F6.net

梨子「歩夢ちゃん、さっきから黙って見ていればなんか心が他の娘に向いてない?」

歩夢「そ、そんな事……ないよ?」ドキッ

梨子「嘘、今ドキッとしたでしょ。わかるんだから」

梨子「悲しいなぁ、目の前に私がいるのに」

歩夢「えっと、それはね。私はあの子が」

トンッ……

歩夢「あっ……」

梨子「あの子あの子ってうるさいわね」

梨子「今は私だけを見なさい。これは命令よ」キリリッ

歩夢「梨子、ちゃん……」キューンッ

梨子「やっと名前を呼んでくれたね、いい子だわ」

歩夢「う……」メソラシ

梨子「あらあら、振りがお上手ね。この欲しがりさん♪」クイッ

歩夢「ふぁっ!?」カァァ

梨子「私だけを見なさいと言ったでしょう、聞こえなかったのかしら?」

梨子「悪い娘ね、お仕置きしてあげる」スッ

歩夢「だ、ダメだよ……こんな事されたら私……」

梨子「自分に正直になりなさい歩夢ちゃん」

梨子「ね?私がかわいがってあ・げ・る♪」

歩夢「~~~~!!」ビクンビクン

梨子「うふ、これで歩夢ちゃんは私のもの♪」ペロリ

歩夢「り、梨子ちゃぁ~ん♪」



64: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 13:51:53.84 ID:0JYa29F6.net

歩夢「ふぁ……」ヘナヘナ~

ことり「す、すご~い。歩夢ちゃんを骨抜きに」●REC

梨子「なに他人事のように言ってるのことりちゃん」ツカツカ

梨子「て言うか、いつまで撮ってるのよ」バッ

ことり「あ、返してよ梨子ちゃ~ん」

梨子「そんなに撮りたきゃ撮ってあげるわよ」●REC

ことり「やんっ、私の事は撮っちゃイヤ~」

梨子「人の事は平気で撮るくせに自分は撮られたくないなんてわがままねぇ」ドンッ

ことり「きゃっ!?」

梨子「これが壁ドンよ、どうかしら?」

ことり「うぅ~ん、逃げられないよぉ~」

梨子「当たり前でしょ、逃がさない為にやってるんだから」

梨子「さぁ、こっちを見なさい」

ことり「梨子ちゃんを見たらカメラも一緒に見ちゃうじゃない。恥ずかしいよ……」ウツムキ

梨子「かわいい顔してくれるじゃないの」クイッ

ことり「あ、ダメ……」カァァ

梨子「これでばっちりカメラにもことりちゃんの表情が映ったわね」ニヤニヤ

梨子「後で2人で見ながら反省会しましょうね」

ことり「反省会って……なにするの?」

梨子「ダメな所があったら直さないと、ね♪」

ことり「ひぃんっ!?」ゾクゥッ

梨子「うふふ、ことりちゃんの色々な表情が見られたわ」

梨子「あまりおいたをしちゃ、ダメよ?」

ことり「は、はぁ~い……♪」トローン



66: 名無しで叶える物語 2020/05/03(日) 14:05:13.88 ID:0JYa29F6.net

梨子「―ふぅ、こんなところかな」

梨子「ことりちゃん、どうだった?」

ことり「すごいよぉ……壁ドンって気持ちいいよぉ……」

歩夢「私、梨子ちゃんであぁなったらあの子にやられたらどうなるのか……」

梨子「歩夢ちゃん、早くも例の娘を思い出してる。なかなか手強いわね」

梨子「なにはともあれ、壁ドンを満喫できたからよかった」スッキリー



歩夢「ねぇ梨子ちゃん。壁ドンの本、よかったら私に貸してくれないかな」

歩夢「私、壁ドンの事もっとよく知りたい。もっと完璧に出来るようになりたい」

梨子「歩夢ちゃんは筋がいいと思うけど、そう言う事なら喜んで。私も仲間が出来て嬉しいよ」スッ

歩夢「ありがとう、勉強させてもらうね」

ことり「ことりも、その本借りていいかな?なんだか壁ドンが病み付きになっちゃった」

梨子「どうぞどうぞ、こうして同好の士が増えていくのはいい事だわ」スッ

ことり「うふっ、ありがとう。今度やってもらおっと」

梨子(最初歩夢ちゃんに見つかった時はどうなるかと思ったけど)

梨子(歩夢ちゃんやことりちゃんに壁ドンを布教出来たし楽しい思いは出来たから結果オーライね)



69: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/05/03(日) 14:23:31 ID:0JYa29F6.net

次の日

ドォンッ!!

あなた「きゃっ!?」ビクッ

あなた「歩夢ちゃん、どうしたの急に……?」

歩夢「早くあなたに壁ドンをやりたくてうずうずしてたんだぁ」フシュルフシュル

あなた「やだ、歩夢ちゃん怖いよぉ」

歩夢「怖がらなくてもいいよ」クイッ

あなた「ひっ!?」

歩夢「私があなたをかわいがってあげるから」キッキッキ……マッマッマッ……

歩夢「さぁ、私だけを見て……」コホーコホー

あなた「あ、あぁ……」バッターン

歩夢「あれ……倒れちゃった、どうしたの?」

歩夢「―はっ!?そうだ、介抱してあげないと」グイッ

歩夢「お姫様抱っこと酔っ払った時のシチュエーションやっておいてよかったなぁ」ルンルン




海未「ことり、いい加減にしなさい‼あなたがどかないと部室に入れないでしょう‼」

ことり「どいてほしかったら海未ちゃんがことりをどかすしかないよ」ニヤニヤ

ことり(これでしびれを切らした海未ちゃんはことりに壁ドンを)

海未「このっ……!!」グイッ

ことり「やぁんっ!?」

海未「うわっ!?ことり!?」バタンッ

ことり「痛たたた……まさか引っ張るとは思わなかったなぁ―ん?」

海未「こ、ことり……」カァァ

ことり「こ、これって床ドン?思わぬ形で実現した‼」

ことり「えへへ~海未ちゃ~ん」ガバッ

海未「ちょ、ことり!?こんな所でなにをするんですか!?いやぁ~!!」



71: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/05/03(日) 14:26:50 ID:0JYa29F6.net

これで終わりになります。スクスタガチャのSRの絵を見て話が浮かんだので書いてみました。キャラ崩壊お許しください。支援、最後まで読んでいただきありがとうございました。


元スレ
歩夢「梨子ちゃん、なに読んでるの?」梨子「はわわっ!?」