SS速報VIP:【アイマス】櫻木真乃「ピーちゃんが迷子になっちゃった…」久川颯「Pちゃんが!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588776343/



1: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:45:43.50 ID:JR1nGtV30



登場人物

櫻木真乃(アイドルマスターシャイニーカラーズ)・・・飼い鳩の名前はピーちゃん

久川颯(アイドルマスターシンデレラガールズ)・・・担当プロデューサーのことをPちゃんと呼ぶ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588776343




2: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:46:12.75 ID:JR1nGtV30


~公園~


櫻木真乃(どうしよう……ピーちゃんがいなくなっちゃった……)

真乃(せっかく公園までお散歩にきたのに……)

真乃(他のハトさんに聞いてもわからないみたい……)

真乃「どこに行っちゃったんだろう……?」キョロキョロ

真乃「おーい……ピーちゃーん……」

真乃「……いないなあ」

真乃「うーん……もう少し、探そうかな……」キョロキョロ


久川颯「~♪」ポチポチ

颯「……あっ!」

颯「あちゃー……スマホの電源切れちゃった……!」

颯「昨日、充電するの忘れて寝ちゃったからだよね……」

颯「ま、まあ、今日はお仕事じゃないし、お買い物だけなら平気かな!」トコトコ

颯「さっさと終わらせて、寮に戻ろ……あれ?」


真乃「どこ行っちゃったの~……?」キョロキョロ

颯「?」

真乃「どうしよう……」シュン

颯「あの……探し物ですかっ?」トコトコ

真乃「ほわっ……!?」ビクッ

颯「あっ! そ、その! 怪しいものじゃないです! 困ってそうだったので!」

真乃「あ……こちらこそ、ごめんなさい、その……」

颯「?」

真乃「ピーちゃんが……いなくなっちゃって……あっ、ピーちゃんっていうのは私の」

颯「Pちゃんがいなくなっちゃったの!?」

真乃「ほわっ!?」





3: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:46:55.86 ID:JR1nGtV30


真乃「ええと……ピーちゃんを知ってるの?」

颯「もちろん! あっ、ということは、あなたもアイドルなんですか……?」

真乃「えっ……!? そ、そうですけど……(なんでわかったんだろう……?)」

颯(あちゃー! Pちゃんが担当のアイドルってことは、事務所の先輩だよね……!? 事務所、おっきいから先輩全員なんて覚えてなかったよ~)

颯(で、でも、向こうも気が付いてないってことは、ギリギリセーフ!?)

颯(ここは……先手必勝……!)

颯「あ、あのっ! はー、じゃないや、私は、新人アイドルの久川颯っていいます! お名前は……?」

真乃「はわっ……! アイドルさんだったんですね。私は櫻木真乃ですっ」

颯「ごめんなさいっ、はー、まだアイドルになったばっかりで、真乃さんのこと知らなくて……!」

真乃「う、ううんっ! 私も、まだたくさんお仕事をしてるわけじゃないですから……! (他の事務所なら)知らなくてもおかしくないですよ」

颯「あ、はーの方が年下だと思うので、敬語じゃなくても大丈夫ですよ!」

真乃「そうかな……? じゃあ、お言葉に甘えて……えっと……颯ちゃん?」

颯「はいっ! ……って、それよりもPちゃんですよねっ!」

真乃「うん……公園までいっしょに来たんだけど……」

颯「今日はお仕事ですか?」

真乃「ううん、今日はオフだから、お散歩してたの」

颯「!」

真乃「?」

颯(Pちゃんとオフにお散歩……!? 真乃さん、すごい……!)

真乃「公園まで来たのはいいんだけど、すれ違ったワンちゃんに吠えられちゃってね? びっくりしてどこかに行っちゃって……」

颯「Pちゃん!?」





4: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:47:25.10 ID:JR1nGtV30


真乃「へ?」

颯「い、犬に吠えられてどこかに……!?」

真乃「う、うん……」

颯(Pちゃん、犬苦手だったんだ……! それにしてもアイドルを置いていくなんて……! 想像するとすっっっごいダサいよPちゃん!)

真乃「前に吠えられた時はあっちの木の上まで飛んでっちゃって……」

颯「木の上まで!? そんなに!?」





5: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:47:51.40 ID:JR1nGtV30


真乃「どこに行っちゃったんだろう……」

颯「それは……えっと……不安だね……」

真乃「そういえば、颯ちゃんもピーちゃんと知り合いなの?」

颯「もっちろん!」

真乃「ふふっ。そうなんだ……」

颯「Pちゃんと一緒にいると元気になるよね!」

真乃「うんうん」

颯「困った時も頼りになるしー」

真乃「そうだよね」

颯「ちょっと(ノリが)軽いなって思うこともあるけど……」

真乃「確かに、(いつも肩に乗せてると)軽いなって感じることもあるよね」

颯「はーに何かあったら飛んできてくれるの!」

真乃「それがピーちゃんのすごいところだよねっ」

颯「でも、タバコはやめてほしいかなー」

真乃「タバコ!?」





6: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:48:25.35 ID:JR1nGtV30


真乃「えっ、ピーちゃんがタバコを……!?」

颯「あっでも、最近は減らしてるって言ってたっけ? Pちゃん、『酒とタバコと焼き鳥があれば生きていける』とか言うんだよ!」

真乃「お酒とタバコもよくないけど、よりによって焼き鳥……!?」

颯「まあ、Pちゃんも大人ってことだよね!」

真乃「そ、そういう問題なのかな……?」

颯「?」

真乃(で、でも、ピーちゃん、知らない間にお友達ができてたんだねっ……)

颯「とにかく、Pちゃんははーのパートナーなの!」

真乃「!?」

颯「?」

真乃(ぴ、ピーちゃん……私という飼い主がいながら、他の人にも飼われてたの……!?)

颯「あっ、ち、違うよ? パートナーって、そういう意味じゃなくて……! 真乃さんと同じ(プロデューサーとアイドルの関係)だからっ!」カァァァァ

真乃「お、同じ(ペットと飼い主という)関係が一番困るんだけど……!」





7: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:49:24.70 ID:JR1nGtV30


真乃「えっと……颯ちゃんは、どこでピーちゃんと会ったの?」

颯「えっとね! はー、アイドルになるために徳島からこっちに来たんだけど……」

真乃「ほわ……すごいね……」

颯「事務所にオーディションを受けに行って、部屋に入った時にPちゃんがいたんだ! たぶんそこが最初!」

真乃「オーディションの部屋にピーちゃんが!?」

颯「思えばあの時、他の審査員さん達ははーに興味なさそうだったんだけど……Pちゃんだけがたくさん質問してくれたの」

真乃「しかも質問を!?」

颯「あとで聞いたら、合格させるように他の審査員さんを説得してくれたのがPちゃんだったんだって!」

真乃「影響力すごいね!?」





8: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:50:04.61 ID:JR1nGtV30


真乃(ピーちゃん……! 知らないところでそんなことをしてたんだね……!?)

颯「あと、はーには双子のお姉ちゃんがいるんだけど、そっちもPちゃんがスカウトしてくれてたの!」

真乃「だ、大活躍……!」

颯「真乃さんは、Pちゃんとはいつ知り合ったの?」

真乃「私は、アイドルになる前から(飼ってたん)だよ」

颯「え! そうなんだ!」

颯(ってことは、えっと……幼馴染みたいな!?)

颯「な、長い付き合いなんだね!」

真乃「うんっ」

真乃(まさか他の事務所でご意見番?になってるとは思わなかったけど……)





9: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:51:04.30 ID:JR1nGtV30


颯「どこで知り合ったの? やっぱり事務所?」

真乃「そのパターンの方が珍しいと思うけど……」

颯「へ?」

颯(あ、そっか、幼馴染なら事務所なわけないよね……!)

真乃「実は、ピーちゃんと初めて会ったのもこの公園なんだ……」

颯「へー!」

真乃「懐かしいな……1人で散歩してたら、足を怪我して動けなくなってたピーちゃんがいてね」

颯「え! ヤバいじゃん! 事件!? 事故!?」

真乃「ううん、野良猫にやられたみたいで」

颯「弱っっっ!!!!!」





10: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:52:04.00 ID:JR1nGtV30


颯「どんな野良猫!? 東京怖いね!?」

真乃「そ、そうかな……? 散歩してたらよく見るけど……」

颯「そんなモンスターハンターみたいな公園だったんだ……!」ゾクッ

真乃「?」

颯「そ、それで?」

真乃「うん。やっぱり、放っておけなくて……」

颯「流石にそうだよね……」

真乃「家まで連れて帰って、手当をしたの」

颯「思い切ったね!? けっこうヤバい画じゃない!?」

真乃「そうかな? こう、両手で持ち上げて帰ったんだけど」

颯「真乃さんすごいね!?」





11: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:52:29.34 ID:JR1nGtV30


真乃「あの時は夢中だったから……でも、思い返すと、あんまりよくなかったかも……」

颯「はーもそう思う……」

真乃「(野生の生き物に)むやみに触ると、感染症とかがうつるかもだし……」

颯「いやPちゃんもそこまで汚くはないと思うよ!?」

真乃「自然の摂理とかを考えると、あのまま死んじゃっても……しょうがないのかなって」

颯「めっちゃドライ!!!」





12: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:52:56.77 ID:JR1nGtV30


真乃「それで、治療をしながら一緒に過ごしてたら、いつの間にか仲良くなって、今の関係(ペットと飼い主)になったの」

颯「そ、そうなんだ……」

颯(えっと、野良猫に襲われる前からPちゃんはプロデューサーをやっていて、助けてくれた真乃さんをアイドルにスカウトしたってことだよね……? 幼馴染とかじゃなかったけど、すごい関係……)

真乃「ピーちゃん、最初は怯えちゃって、ご飯も食べてくれなかったの」

颯「それはしょうがないよ……怖いもん……いきなり持ち上げれられて連れ帰られたら……」

真乃「ちゃんとカゴの中に入れてあげたんだけど……」

颯「もう監禁だよ……!!! いやそもそもなんでカゴが……!?」

真乃「あっ……実は、その前から(鳥さんを)飼ってみたいと思ってて……」

颯「(成人男性を)飼ってみたいと思ってて!?」





13: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:53:25.08 ID:JR1nGtV30


颯(ま、真乃さん……可愛らしい人だと思ってたけど……けっこうヤバい人!?)

真乃「?」

颯「あっ、い、いえ! えっと……食事! そう! ごはんはやっぱり手料理で仲良くなったりですか!?」

真乃「ふふっ、流石に私たちと同じ食べ物は(ハトには)あげられないよ」ニコッ

颯「怖いよ~~~~~!!!」

真乃「基本的にはミミズとかかな」

颯「Pちゃん逃げて~~~~~!!!!!」





14: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:53:59.63 ID:JR1nGtV30


颯(こ、この話題はヤバいかも……! 変えなきゃ!)

颯「え、ええと! 事務所でのPちゃんってどんな感じなんですか!」

真乃「ほわ……事務所ではけっこう大人しいかな? たくさん人がいるところは緊張しちゃうみたいなんだ」

颯(それはプロデューサーとしてどうなのかな……)

真乃「基本的には、私の肩に乗ってるよ」

颯「肩に!? そんな戸愚呂兄弟みたいな!?」

真乃「そうじゃない時は、頭の上に乗ったり」

颯「もっとすごいと思うよ!? サーカスみたいなことにならない!?」





15: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:54:26.94 ID:JR1nGtV30


真乃「あと、事務所で小さい子(果穂ちゃんとか)がヒーローごっこをしてることがあるんだけど……」

颯「あ! 見たことある!(光ちゃんとか千佳ちゃんとかだよね?)」

真乃「ああいう遊びって、擬音を口で言うでしょ?」

颯「うんうん! ドカーンとか、ズバーンとか!」

真乃「たまにピーちゃん、その声にびっくりして窓から飛び出したりしちゃうの」

颯「窓から!? さっきからダサいねPちゃん!?」





16: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:54:52.08 ID:JR1nGtV30


颯「えっ、そういう時はどうするの……?」

真乃「まあ、ピーちゃんがいなくてもお仕事はできるから……」

颯「その程度の扱いなの……!?」

真乃「それに、窓を開けておけば、いつの間にか帰ってくるんだよ」

颯「せめて玄関から帰ってこようよ!?」





17: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:55:20.96 ID:JR1nGtV30


真乃「あと、ピーちゃんはとっても頭がいいんだよ」

颯「へー、そうなんだ!」

颯(ガクレキ?とかいうやつだよね? あんまりそういう話はしないからなあ)

真乃「うん、1ケタの足し算ができちゃうの」

颯「ハードル低っ!!!」

真乃「『1+1は?』って聞いてからお米をあげると、ちゃんと2粒だけ食べて、かわいいんだよ」

颯「その光景はあんまりかわいくないと思うな……」





18: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:55:54.70 ID:JR1nGtV30


真乃「それと、やっぱりピーちゃんは(鳥だから)広い場所が好きなんだ」

颯「広い場所?」

真乃「例えば、事務所の屋上とか。連れていくと、とっても嬉しそうなの」

颯「それは知らなかったー!」

真乃「前に一緒に屋上に行った時は、すごくはしゃいじゃって、柵を飛び越していっちゃったんだよ。ふふっ」

颯「それヤバいやつだよ!!! よく無事だったね!?」

真乃「大丈夫。ちゃんと隣のビルに着地して、すぐに飛んで戻ってきたから」

颯「だいぶ凄いことだと思うよ!?」





19: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:56:23.07 ID:JR1nGtV30


真乃「ほわ……颯ちゃんが知ってるピーちゃんは、ちょっと違うのかな……?」

颯「ちょっとっていうか……今の話からは想像もつかないというか……」

真乃「颯ちゃんとピーちゃんのお話、聞きたいなっ」

颯「えっと……Pちゃんは、アイドルみんなに大人気なの!」

真乃「ふふっ、そこは同じだね」

颯「特に小さい子に人気で、よくPちゃんの背中に飛び乗ってるのを見るんだよ!」

真乃「そ、それは潰れちゃうからやめてあげて……!!!」

颯「えー? 潰れないよー! Pちゃん、すっごい力持ちだから!」

真乃「限度があると思う……!」





20: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:56:49.05 ID:JR1nGtV30


颯「あとあと! Pちゃんはとっても優しいんだよ!」

真乃「うんうん」

颯「この前、はーがお仕事で失敗しちゃった時も、Pちゃんが励ましてくれたの!」

真乃「さすがピーちゃんだね……!」

颯「『目が前についてるのは、前に進むためだ!』って!」

真乃(いい言葉だけどそれをハトが言うんだ……!? 自虐……!?)





21: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:57:15.57 ID:JR1nGtV30


颯「あっ、でも、確かに憶病……とは言わないけど、そういうとこもあるかも!」

真乃「やっぱり、そうだよね」

颯「うん! 前も、(麗奈ちゃんの)イタズラでクラッカーがいきなり鳴った時、すごいびっくりしてた!」

真乃「私も、よく見るよ……(摩美々ちゃんには)やめてあげてね? ってよく言ってるんだけど……」

颯「でも、それも(麗奈ちゃんなりの)コミュニケーションだと思う!」

真乃「そうだね。(摩美々ちゃんが)本当は優しい子だって、みんな知ってるから……」

颯「でね! その時のびっくりしたPちゃんの顔! まるでハトが豆鉄砲を食ったみたいな顔でさ! 今思い出しても笑っちゃう!」

真乃「そ、その例えはピーちゃんに使ってもしょうがないと思うな……!」





22: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:57:41.44 ID:JR1nGtV30


颯「ってかそうだ! 真乃さん、スマホ持ってないの? はーのスマホ、電池なくって!」

真乃「え? あるけど……」

颯「それでPちゃんに連絡をとればいいんだよ!」

真乃「す、スマホでピーちゃんに……!?」

颯「そ! メッセージアプリとかさ!」

真乃「だ、誰に送ればいいの?」

颯「へ? だから、Pちゃんに!」

真乃「ぴ、ピーちゃんにスマートフォンは早いよ……!」

颯「いやぜんぜん早くないよ! 必需品だよ!」

真乃「颯ちゃんはスマホでいつもピーちゃんを呼ぶの……?」

颯「そうだよ! たまにSNSを見て連絡してくることもあるんだよ! 『あんな投稿して大丈夫か?』なんて! 過保護だよね!」

真乃「使いこなしすぎじゃないかな……!?」





23: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:58:20.57 ID:JR1nGtV30


颯「それにしてもPちゃん、いないね……」

真乃「うん……颯ちゃん、あとは私が探すから、気にしなくて大丈夫だよ……?」

颯「えっ、でも……」

真乃「いいの。一緒に探してくれて、とっても嬉しかったな」

颯「……わかった。もし見つけたら、真乃さんに会いに行ってあげてって、伝えとくね!」

真乃「ふふっ、ありがとう」

颯「じゃ、はーは行くから! 頑張って!」

真乃「頑張るねっ! むんっ!」

颯「あはは! かわいい! こうかな? ……むんっ!」

真乃「ふふ……」

颯「あは……」


「「むんっ!」」





24: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:58:49.49 ID:JR1nGtV30


~事務所~


颯「本当は寄る予定なかったけど……念のため……!」

颯「まあ、流石に真乃さんを置いて戻ってるなんてことはないと思うけど……」


ガチャ


颯「おつかれさまでーす……」

P「お、颯か、おつかれ。……あれ? 今日はオフのはずじゃ……」

颯「いるーーーーー!!!!!」

P「おわっ!?」

颯「なんでPちゃんいるのさ!!! この人でなし!!!」

P「ひ、ひとでなし……!?」

颯「早く行かなきゃダメだよ!!! ほらほら! 真乃さんが待ってるから!!!」グイグイ

P「うわ! ちょっ! 引っ張るなって! 行くってどこに!? ってか真乃さんって誰!?」

颯「大丈夫だから! 犬も猫もはーが追っ払ってあげるから! 怖がらないで!!!」グイグイ

P「いや怖がってねえけど!? むしろ 話がぜんぜん噛み合わないのが怖い!!!」

颯「真乃さんから受けた恩を忘れたの!?」グイグイ

P「だって受けてねえもん!!!」





25: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:59:16.64 ID:JR1nGtV30


~公園~


颯「Pちゃん! こっちこっち!」

P「なんなんだいきなり……」

颯「あ! いた! 真乃さーん!!!」

P(あれは……283プロの櫻木さん……だっけか)

真乃「ほわっ……? 颯ちゃん……!」

颯「よかったー! まだいた!」

真乃「そんなに急いで、どうしたの……?」

颯「どうしたのじゃないよ! ほら! Pちゃ……」

真乃「あっ、そういえば、あの後すぐに、ピーちゃんが戻ってきてくれたの……! ほら……!」

ピーちゃん「クルッポー」

颯「ん……んん……?」

真乃「そちらの人は……? あ、人手を増やしてくれたのかな……? ふふっ、颯ちゃんは優しいんだねっ」

颯「……あれ? あれ???」

真乃「ほらピーちゃん。颯ちゃんも探してくれてたんだよ。お礼言わなきゃ」

ピーちゃん「クルッポー」

颯「えっ……ぴーちゃ……えっ……あっ……えっ……!?」

真乃「颯ちゃん?」

P「颯? どうした? 結局、俺は何をすれば……」

颯「あ……!!! あああああああ!!!!!!」

P「颯!?」

颯「あああああああ」カァァァァァァァァ

真乃「は、颯ちゃん……!? 顔が真っ赤だよ……!?」





26: ◆5AkoLefT7E 2020/05/06(水) 23:59:45.81 ID:JR1nGtV30


颯「……」

颯「……」

颯「……」

颯「……Pちゃ……ぷ、プロデューサーさん……」

P「プロデューサーさん!?」

颯「はーの骨は……鳴門海峡に……撒いてね……!!!」グスッ

P「なんで!?」

颯「ぴーちゃんの……ぴーちゃんのばかぁ!!!!!」ダダダダダ

P「えっ!?」

真乃「えっ!?」

ピーちゃん「えっ!?」

颯「うわぁぁぁぁぁん!!!!!」ダダダダダ




~後日~


あの後、真乃と話して全てを察したP「ほら颯! この雑誌、櫻木さんの特集が載ってるぞ! ピーちゃんも映ってる! あ! Pちゃんじゃなくてな! がはは!」

颯「Pちゃんなんて嫌い!!!!!」ベシーン

P「痛い!!!!!」



おわり







27: ◆5AkoLefT7E 2020/05/07(木) 00:00:13.58 ID:LCCIiIQX0
元スレ
SS速報VIP:【アイマス】櫻木真乃「ピーちゃんが迷子になっちゃった…」久川颯「Pちゃんが!?」