1: 名無しで叶える物語 2020/05/07(木) 01:00:16.96 ID:6ovEkBW9.net

善子「っっっひょあん!!///」ビク!!!

曜「わっ」

善子「……あっ」

曜「あ、あれ?」

善子「ちょ」

善子「や……アンタ」

曜「あ、アハハ……」

善子「……びっくりしただけよ。そんだけ」

曜「そ、そうだよねー」

善子「……」

曜「……」



2: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:03:56 ID:6ovEkBW9.net

善子「バスん中でおっきい声出しちゃったじゃない……」

曜「ご、ごめんごめん!」

善子「まったく……」プイッ

曜「……」

曜「ねえ善子ちゃん、ホントに驚いただけ?」

善子「はぁ?」

曜「……ぶっちゃけさーぶっちゃけ」

曜「感じてたでしょw」

善子「バカじゃないのw」

善子「感じるわけないじゃないw」

曜「……」耳フー

善子「はっ……♡あぁん……っ///」ゾクゾクゾク

曜「思いっきり感じてるよ!」



4: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:09:30 ID:6ovEkBW9.net

善子「感じてないって言ってんでしょ。いい加減にしなさいよ」

曜「『♡』が出てたけど……」

善子「アンタねー、人の耳に息吹きかけただけで感じるだのどうだの、テクニシャン気取り?」

善子「童貞の分際で」

曜「」カチン

曜「……」ススス

善子「ちょ、なに近付いてきてんのよ。こら!耳に顔近づけ……」

曜「ふー……っ♡ふー……♡」

曜「……」

曜「ふーっ……♡」

善子「あっ♡あっ♡あっ♡♡だっ、これ……へへぇ♡」

曜「どんだけ感じやすいんだよ!」

善子「うるさいわね!急に耳元で大声出すんじゃないわよ!」



6: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:14:54 ID:6ovEkBW9.net

善子「人が快楽に酔いしれてるところに!急に高低差付けてきてからに!」

曜「快楽って言っちゃってんじゃん!」

善子「うっさいわね!耳に息吹きかけられたら誰だって興奮するのは当たり前でしょ!!(ガチギレ)」

曜「そりゃそうだけど!!(ガチギレ)」

善子「私が言いたいのはそこじゃなく!アンタが最初に言った『首とか耳とかが性感帯っぽい顔』の部分よ!」

曜「そ、それが?」

善子「どんな顔よ!事実だから余計気になるのよ!」



8: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:18:25 ID:6ovEkBW9.net

曜「どんなって……うーん……」

曜「例えばさ、強気な女の人と言えば?」

善子「アナ……お尻が弱い」

曜「そうだよね。それは私も善子ちゃんも共通で理解してることだと思うんだ」

善子「そうね」

曜「それと同じ感じだよね」

曜「スレンダーな女の人は首や耳が弱い」

善子「……」

善子「ま、私はどっちかと言えばスレンダーだけども……」

曜「そうだよね。このイメージはしっくりくる?」

善子「……いや別に」

善子「私首はそんなに……」

曜「じゃあ首を撫でてみていい?」

善子「……」

曜「一本指で。こう、ツツツーって」

善子「いや、あのね」



10: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:22:54 ID:6ovEkBW9.net

曜「なに?」

善子「そんなことされてもどうにもならないし」

曜「ほんとかなあ」

善子「だいたいどうにもならないならつまらないし」

曜「別につまらなくはないよ」

善子「どうにかなったとしたなら、それはもう愛撫になるわよ」

曜「なるかなあ」

善子「そうよ。アンタの行為で私に快楽がもたらされるんだもの。それはもう愛撫よ」

善子「つまらないか、愛撫か!この2択を……」

曜「……」スッ

善子「あっ、ちょっ、待って、まだ喋ってる最中……」

曜「……」耳フー

善子「んにゃあはあははぁ♡そっちかあ♡♡」ゾクゾクゾク



11: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:27:16 ID:6ovEkBW9.net

曜「えぇ……」

善子「なっ……なんでちょっと引いてんのよ!」ゼエゼエ

曜「いや、感じすぎでしょと思って……」

善子「きっ……汚いわよ!首の話してたのにもう一回耳にくるなんて!♡あんなの……汚いわよ!♡」

曜「語尾に『♡』付いてるけど……」

善子「くそおぉ……こうなったら!」

曜「?」

善子「ふーっ!!!ふーっ!!!!」

曜「……」ビュオオオビュオオオ

善子「どうよ!私の耳フーは!」

曜「前髪が崩れた……」



13: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:32:20 ID:6ovEkBW9.net

善子「くっ……!ダメか……!」

曜「あれれ~?さっき息吹きかけるだけでテクニシャン気取りか!とか言ってたのに」ニヤニヤ

曜「善子ちゃんはできないんじゃん、上手な耳フー」ニヤニヤ

善子「うっ……」

曜「さて、じゃあ耳フーだけじゃなくて、今度はこっちも……」

善子「えっ」

曜「……」首ツツツー

善子「あ゛っ、イグ!♡♡ 」ビクン!!!

曜「ヒッ」



15: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:38:26 ID:6ovEkBW9.net

曜「なにイッてんの!?」

善子「……っ!……///」ブルブル

曜「なに余韻に浸ってんの!?」

曜「ここバスの中だよ!?」

善子「曜ぅ……///」

曜「なにたまらなさそうな顔でこっち見てるの!?」

善子「あ、ああ……♡」ビクビク

曜「どんだけ弱いんだよ!こっちの想像だいぶ超えてたよ!」

曜「これ耳フーと首撫で同時にやったらどうなるんだよ!(ガチギレ)」

善子「ひっ……♡や、やめ……っ♡こら、離れ……♡」

曜「離れ……♡じゃないよ!バスの中だよここ!」

善子「や、やめろぉ……♡鬼畜ぅ……♡悪魔ぁ……!堕天使ぃ……!♡」

曜「それは善子ちゃんでしょ!!!」

曜「……」耳フー 首ツツツー

善子「あ゛っ♡」

善子「……」

善子「あ゛っ!?♡え゛っ……?♡んっ……あっ、あっ、あ」ゾクゾクゾクゾクゾクゾク



19: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:42:19 ID:6ovEkBW9.net

善子「あ゛っ……♡」

善子「」カクン

曜「き、気絶しちゃった……」

曜「困ったなあ、そろそろ沼津に着くけど……おぶって家まで送ってあげないと」

曜「それにしても善子ちゃんにこんな趣味(?)があったなんて……というか敏感すぎだよ」

曜「やれやれ……」


?───────
?─────
?───


曜「ってことがこの前あってね~?善子ちゃんったら変でしょ?」

月「僕は曜ちゃんがおかしいと思う」



20: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:42:53 ID:6ovEkBW9.net

おしまい



21: 名無しで叶える物語(あら) 2020/05/07(Thu) 01:44:32 ID:6ovEkBW9.net

友達同士で性器とかではないけどこういう首とかに冗談で悪戯したりしてふざけた流れだったはずなのにちょっとマジっぽい快感が流れてしまうその瞬間がエロいと思う

ということを書こうと思ってたらよく分からん流れになってしまったすまん


元スレ
曜「善子ちゃんってさー、なんか首とか耳とかが性感帯っぽい顔してるよねw」善子「どんな顔よw」曜「……」耳フー