関連




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:00:06.09 ID:OLDqxLnfO

キーンコーンカーンコーン

「きりーつ」

「ありがとーございましたー」

マミ「ふぅ…」

マミ「やっとお昼休みね」

マミ「お弁当食べようっと…」

マミ「えっと…」ゴソゴソ

マミ「いただきます」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:03:07.99 ID:OLDqxLnfO

「巴さーん」

マミ「!」

「マミー、一緒に食べようよ!」

マミ「あ…うんっ!」

「こっちこっちー」

マミ「待ってて!」

「うん」

マミ「お待たせっ!」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:06:03.02 ID:OLDqxLnfO

「食べよっか」

「うん」

「いただきます!」

「いただきます!」

マミ「いただきます…!」

「ねえ、マミ」

マミ「うん?」

「今度の日曜暇?」

マミ「日曜?」

「うん、明後日」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:09:15.39 ID:OLDqxLnfO

マミ「んー」

マミ(魔女がでなければ…大丈夫かしら?)

マミ「うん、暇…かな?」

「そっか!」

マミ「どうかしたの?」

「マミ、これあげる」

マミ「なに?」

「入場券だよ」

マミ「入場券?」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:12:09.24 ID:OLDqxLnfO

「遊園地なんだって」

マミ「遊園地…」

「うん、それ彼と行く為に買ったんだけどさ」

「ドタキャンされたんだって」

マミ「へぇ…」

「楽しみにしてたのにさぁ」

マミ「…そうなんだ」

マミ(彼…ねぇ、私も魔法少女じゃなきゃ彼氏できたのかしら…?)




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:15:08.17 ID:OLDqxLnfO

マミ(そんな暇ないからわかんないけど…)

「だからさ、よかったら使ってよ」

マミ「私が?」

「うん」

「私は日曜空いてないし…」

「マミ、誰かと行ってきなよ」

マミ「…」

「巴さん?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:18:12.29 ID:OLDqxLnfO

マミ「えっ?」

「どうしたの?」

「急に黙っちゃって…?」

マミ「な、なんでもないよ!」

「そう?」

マミ「…うん、ありがとう…」

マミ「…貰っておくね」

「楽しんで来てね!」

マミ「うん…」





16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:21:13.29 ID:OLDqxLnfO

放課後

マミ「どうしよう…」

マミ「誰を誘おうかな…」

マミ「はぁ…私は…」

マミ「なんで…ひとりぼっちなんだろう…」

マミ「…」

マミ「ううん…違う!」

マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」





20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:24:03.46 ID:OLDqxLnfO

マミ「鹿目さん達がいるじゃない!」

マミ「あの子達を誘えばいいのよ!」

マミ「まだ帰ってなければいいのだけど…」

マミ「とりあえず教室に行ってみようかしら」

マミ「えっと…たしか鹿目さんの教室は…」

マミ「!」




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:27:15.89 ID:OLDqxLnfO

ほむら「…」

マミ「暁美ほむら…」

マミ(あの子…苦手なのよね…)
ほむら「…」ソワソワ

マミ(一人で何をしているのかしら…?)

ほむら「…」キョロキョロ

マミ「…」サッ

マミ(誰かを探してるの…?)

ほむら「まどか…まだかな…」





26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:30:18.39 ID:OLDqxLnfO

マミ「?」

マミ(まどか?)

マミ(何をそわそわしてるのかと思えば…)

マミ(鹿目さんに何をする気…?)

マミ「!」ガタッ

ほむら「ほむ?」クルッ

マミ「あっ」

ほむら「あっ」





30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:33:11.51 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」

マミ(目があっちゃった…)

ほむら「…」ファサッ

ほむら「巴マミ、何かよう?」

マミ(もう…やっぱりこの態度なのね)

マミ(だいたい巴マミって…私は先輩なのに)

マミ「…いえ」

マミ「…暁美さんには用はないわ!」

ほむら「そう」





31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:36:17.87 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」

マミ(鹿目さんと美樹さんは…いないようだし…)

マミ(早く立ち去ろう…)

ほむら「何?用がないなら早く去ってほしいのだけど」

マミ「…ええ、そうするわ」

マミ(…なによ、感じ悪いわね)

マミ(そんなんじゃ友達できないわよ?)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:39:14.88 ID:OLDqxLnfO

ほむら「…」

まどか「おまたせ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか!」

まどか「ほむらちゃん、どうしたの、話って?」

ほむら「ま、まどか…その…」

まどか「?」

ほむら「に…日曜日…」

まどか「?」

ほむら「日曜日!」

まどか「日曜日?」




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:42:05.30 ID:OLDqxLnfO

ほむら「まどか…!に、日曜は時間空いてる?」

まどか「日曜日は…えっと…」

まどか「!」

まどか「うん!空いてるよ!」

ほむら「そ、そう…!」

まどか「どうしたの?もしかして…!」

ほむら「その…付き合ってほしいの!」

まどか「えっ///」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:45:14.80 ID:OLDqxLnfO

ほむら「行きたいところがあるの…」

まどか「あっ…」

まどか「そっちのかぁ…」

ほむら「えっ?」

まどか「ううん?なんでも!」

ほむら「そ、そう…」

まどか「それで…?」

ほむら「…その…よかったら食事に…!」





39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:48:03.06 ID:OLDqxLnfO

ほむら「話したいことが…」

まどか「!」

まどか「ほむらちゃんと一緒に?」

ほむら「ええ…!」

まどか「うん!いいよ!」

ほむら「ほ、ほんと…?」

まどか「うんっ!」

ほむら「そう…!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:51:05.15 ID:OLDqxLnfO

ほむら「よ…よかった…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…話しはそれだけよ、引き留めてごめんなさい」

まどか「ううん!いいよ!」

ほむら「ありがとう…!」

まどか「うん!」

ほむら「じゃあ…私は帰るから…」

まどか「まって!」





42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:54:04.63 ID:OLDqxLnfO

ほむら「えっ?」

まどか「一緒に帰ろうよ!」

ほむら「…!」

まどか「まってて?今から帰る準備するから」

ほむら「まどか…でも…」

まどか「できたっ…」タタッ

まどか「ほむらちゃん、帰ろっ?」

ほむら「…」

まどか「ね?」

ほむら「…ええ」

まどか「やったぁ!てぃひひ!」

ほむら「ふふっ」





43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 21:57:04.65 ID:OLDqxLnfO

マミ「暁美さんとは仲良くなれなさそうね…」

マミ「魔法少女同士、できれば仲良くしたいものだけど」

マミ「それよりも…!」

マミ「鹿目さんと美樹さん…先に帰ったのかしら?」

マミ「…とりあえず私も帰らないと」

マミ「…」テクテク

マミ「!」

さやか「…」キョロキョロ

マミ「いた!」





47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:00:16.67 ID:OLDqxLnfO

マミ「美樹さん!」

さやか「ん…?」

マミ「美樹さん、私よ!」

さやか「あっ、マミさん!」

さやか「どうしたんですか?私に何か用でも?」

マミ「ええ、少しね」

さやか「何ですか?」

マミ「美樹さん、今度の日曜日は時間ある?」

さやか「…日曜日?」





51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:03:08.37 ID:OLDqxLnfO

マミ「うん、よかったら…」

マミ(よし!美樹さんとなら…!)

さやか「あー…すみません」

マミ「えっ」

さやか「日曜日はちょっと用事があって」

マミ「そ、そう…」

マミ(えぇ…駄目なの…?)

さやか「何かするつもりだったんですか?」





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:06:03.49 ID:OLDqxLnfO

マミ「ううん、気にしないで」

マミ(遊園地…)

さやか「そうですか、じゃあ私は杏子に話があるんで!」

マミ「えっ?佐倉さんに?」

さやか「うん、これから会いに行くとこなんですよね!」

マミ「そう…佐倉さんに…」

さやか「はい!んじゃこの辺で!」

マミ「うん、さようなら」

さやか「さよならーっ!」





59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:09:12.41 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」ヒラヒラ

マミ「はぁ…」

マミ「美樹さんは駄目、か…」

マミ「…となると佐倉さんも…」

マミ「でも、まだ鹿目さんがいるわ!」

マミ「鹿目さんはどうなのかしら…?」

マミ「あまりテレパシーは使いたくないし…」

マミ「…たしか鹿目さんの家はこっちだったわよね、行ってみよう」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:12:04.46 ID:OLDqxLnfO

まどか「~だよね、さやかちゃんって!」ニコニコ

ほむら「…」

まどか「あれ?どうしたの?」

ほむら「まどか…何でそんなに嬉しそうなの?」

まどか「…やっぱりそう見えるんだね」

ほむら「ええ」

まどか「うん、私…今すごく嬉しいよ!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:15:09.29 ID:OLDqxLnfO

ほむら「なぜ…?」

まどか「だって、ほむらちゃんとと一緒に帰ってるんだもん!」

ほむら「!」

まどか「ほむらちゃん、いつも直ぐいなくなっちゃうから…」

ほむら「…それは」

まどか「だからね、一緒に帰りたいってずっと思ってたんだ」

ほむら「…ごめんなさい」

まどか「ううん、今こうやっていられるんだもん」

まどか「私はそれだけで嬉しいよ!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:18:03.74 ID:OLDqxLnfO

ほむら「まどか…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…私の家はこっちだから、この辺りで…」

まどか「あっ…そうなんだ」

ほむら「さようなら」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「…」ピタッ

まどか「また…一緒に帰ろうね!」

ほむら「…考えておくわ」

まどか「うん!ばいばい!」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:21:05.33 ID:OLDqxLnfO

まどか「ほむらちゃんと…やっと…」

まどか「てぃひひ!」

まどか「嬉しいなぁ…!」

まどか「それに、ほむらちゃんが私を誘ってくれるなんて…!」

まどか「日曜日…早くならないかな!」

まどか「帰ろうっと!」

まどか「…」ルンルン



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:24:07.88 ID:OLDqxLnfO

マミ「えっと…この辺りだったはずよね」

マミ「…」キョロキョロ

マミ「いない…」

マミ「鹿目さん、もう家についたのかしら…?」

マミ「でも…家の場所はよくわからないし…」

マミ「…帰ろう」

マミ「…」トボトボ



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:27:32.81 ID:OLDqxLnfO

マミ「はぁ…」

マミ(魔法少女じゃなければ…私だって…)

マミ(いっぱい友達と遊んで…)

マミ(彼氏作って…)

マミ(毎日が楽しかったのかな…?)

マミ(でも…魔法少女にならなかったら私は…)

マミ「…」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:30:04.29 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」トボトボ

まどか「…」ルンルン

マミ「…あっ!」

マミ(あそこにいるのって…!)

マミ「鹿目さん!」

まどか「?」クルッ

まどか「あっ!マミさん!」

マミ「鹿目さん、やっと見つけた…!」

まどか「私に用があったんですか?」

マミ「ええ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:33:21.65 ID:OLDqxLnfO

まどか「ごめんなさい、今日は少し放課後残ってて…」

マミ「いいのよ、気にしなくて?」

まどか「…はい」

まどか「あの…何かあったんですか?」

まどか「魔女がでたとか…」

マミ「ううん、魔女はでていないし、鹿目さんを危険な目にもう二度と会わせたくないわ」

まどか「…すみません」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:36:57.12 ID:OLDqxLnfO

まどか「あの時は…私のせいで…」

マミ「もう過ぎたことよ、それにあれは私のミスだから…」

マミ(お菓子の魔女と戦った時…鹿目さんに危険な目をあわせたのは私のせいよ…)

マミ(あの時…私が油断してなければ…)

マミ(暁美ほむらの言う通りだったのに…)

まどか「そんなこと、ないですよ!」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:40:03.26 ID:OLDqxLnfO

まどか「あの時、マミさんが助けてくれたから私は今も元気なんですよ?」

まどか「だからマミさんのミスなんかじゃないですよ!」

マミ「そう…ありがとう」

まどか「いえっ…」

まどか「それに…ごめんなさい…結局…契約できなくて…」

マミ「いいのよ、魔法少女になるかどうかは鹿目さん次第なんだし」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:42:59.13 ID:OLDqxLnfO

まどか「私も…一緒に戦えたら…マミさんの力になれるって、わかってるのに…」

マミ「…暁美さんの言うことが気になるのね?」

まどか「はい…!」

マミ「確かに…暁美さんは鹿目さんを契約させないよう必死だものね」

まどか「…」

マミ「最初は鹿目さんの力に恐れたからだと思ったけど、どうも違うみたいだし…」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:45:25.21 ID:OLDqxLnfO

まどか「はい…ほむらちゃんは…いつも私を守ってくれるし…」

まどか「契約するなって言われて…私…」

マミ「…暁美さんが何を考えてるのかは私にもよくわからないわ」

まどか「…」

マミ「でも、無理して魔法少女になる必要なんてないのよ?」

マミ「それも私なんかの為に」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:49:35.86 ID:OLDqxLnfO

まどか「それは…」

マミ「大丈夫よ、今は佐倉さんが一緒に戦ってくれてるから…!」

マミ「だから私は大丈夫よ!」

まどか「…ありがとうございます」

マミ「自分の命も、生活も大切にしなきゃ駄目よ?」

マミ「たった一度の人生なんだから!」

まどか「…はい!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:52:10.31 ID:OLDqxLnfO

マミ「ふふっ」

まどか「…あの、話って…」

マミ「あっ!忘れるとこだったわ…!」

マミ「鹿目さん、今度の日曜日は時間空いてる?」

まどか「えっ?」

マミ「?」

まどか「今週の…ですか?」

マミ「そうよ、明後日ね」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 22:55:18.02 ID:OLDqxLnfO

まどか「…ごめんなさい」

マミ「えっ?」

まどか「日曜日は…どうしても外せない用事があって…」

マミ「そ、そう…」

まどか「ほむらちゃんと、出掛ける予定なんです…!」

マミ「えっ?」

マミ「あ、暁美さんと?」

まどか「はい!」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:00:06.00 ID:OLDqxLnfO

マミ「あの…暁美さんが…?」

マミ(何か企んでるのかしら…?)

マミ(いつも何を考えてるのかわからない子だし…)

マミ(…悪い子じゃないのはわかってるのだけど…)

まどか「だから…」

マミ「そ、そうね…」

まどか「…」

まどか「…よかったら、マミさんも一緒に」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:03:07.15 ID:OLDqxLnfO

マミ「えっ?」

まどか「ほむらちゃん…やっと私と一緒に帰ってくれたんです」

まどか「ほむらちゃんも…同じ魔法少女なんですから…!」

マミ「!」

まどか「ほんとはマミさんとも仲良くしたいと思ってる…はずです」

マミ「…」

まどか「だから…」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:06:12.29 ID:OLDqxLnfO

マミ「…ごめんね」

まどか「マミさんっ…!」

マミ「…私、暁美さんには嫌われてるみたいだし…」

マミ「酷いこともしてしまったから…」

まどか「なら…私が2人を…!」

マミ「気を使わなくてもいいのよ?」

まどか「でも…」

マミ「鹿目さんは暁美さんと仲良くしてあげて?」




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:09:05.59 ID:OLDqxLnfO

マミ「…私は帰るね?」

まどか「あっ…」

マミ「さようなら!」タタッ

まどか「…マミさん」


マミ「…」

マミ(暁美さんと仲良く…か)

マミ(私だって…できればそうしたいけど…)

マミ(無理なものは無理なのよ…)



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:12:08.78 ID:OLDqxLnfO

マミホーム

マミ「…結局、鹿目さんも美樹さんも駄目だったわ…」

マミ「…せっかく貰ったのに…」

マミ「はぁ…」

ガチャッ

マミ「ただいま…」

マミ(と言っても…誰も返事なんてしてくれないけどね)

マミ(誰も…)

マミ(お母さん…お父さん…)

「おかえり!」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:15:16.47 ID:OLDqxLnfO

マミ「えっ?」

QB「やあ、マミ!」

マミ「キュウべえ!」

QB「お邪魔させてもらってるよ」

マミ「どうしたの…?最近来なかったのに…」

QB「いろいろあってね」

マミ「そう…」

QB「グリーフシードも貰わないとね」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:18:05.78 ID:OLDqxLnfO

マミ「グリーフシードなら…ほら、そこに」

QB「いただくよ」

マミ「ええ」

マミ(キュウべえ…私のお友だち…!)

マミ(お友だち…)

QB「きゅっぷい!」

マミ「ねえ…キュウべえ…」

QB「なんだい?」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:21:25.54 ID:OLDqxLnfO

マミ「キュウべえは…暁美さんのこと、どう思う?」

QB「暁美ほむら…」

マミ「うん」

QB「そうだね、僕も彼女のことはよくわからない」

QB「契約した覚えはないのに魔法少女に変身できる」

QB「イレギュラーだね」

マミ「イレギュラー…」

QB「そう、彼女はいろいろと理解できないよ」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:24:11.62 ID:OLDqxLnfO

マミ「…もし、私と暁美さんが仲良くしたら…キュウべえはどう思う?」

QB「…またその話かい?」

マミ「だって…」

QB「たしかにマミの言う通り、暁美ほむらと力を合わせれば…」

QB「今よりも安全に魔女を狩れるだろうね」

マミ「…」

QB「でも、やっぱり僕はオススメしないよ」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:27:06.74 ID:OLDqxLnfO

マミ「なんで…?」

QB「言っただろう?彼女はイレギュラーだ」

マミ「…」

QB「何をするかわからない」

QB「もしかしたら仲間のふりをして急に襲いかかってくるかもしれない」

QB「グリーフシードを横取りするかもしれない」

マミ「それは…」

QB「だからオススメできないよ」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:31:55.48 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」

QB「それに仲間なら杏子がいるじゃないか」

マミ「そうだけど…」

QB「それに、まどかもさやかも契約すれば…」

マミ「…それは駄目よ!」

QB「…」

マミ「2人を…魔法少女にさせたくないわ」

QB「…変わったね、マミ」

マミ「だって…」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:34:57.61 ID:OLDqxLnfO

QB「まあ…僕も必要以上にまどか達を契約させるつもりもないから安心しなよ」

マミ「…キュウべえ、あなたも変わったわね」

QB「お互い様みたいだね」

マミ「ふふっ」

QB「さて…話は変わるけど」

マミ「なに?」

QB「遊園地」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:37:48.03 ID:OLDqxLnfO

マミ「えっ?」

QB「どうするんだい?」

マミ「…見てたの」

QB「まあね」

マミ「…覗き見はよくないわよ?」

QB「悪かったよ」

マミ「もう…」

QB「それで、どうするんだい?」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:40:45.42 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」

QB「…一緒に行く相手がいない」

マミ「な…!」

QB「図星みたいだね」

マミ「…偶然みんな行けないんだから仕方ないじゃない!」

QB「なら行かないのかい?」

マミ「それは…」

QB「たまには息抜きも大事だと思うよ」

マミ「キュウべえ…」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:43:46.11 ID:OLDqxLnfO

QB「せっかくの機会だ、行ってきなよ」

QB「魔女がでなければの話だけど」

マミ「でも…1人だし…」

QB「1人じゃ行けないのかい?遊園地ってやつは」

マミ「だって…は、恥ずかしいし…」

QB「1人で遊園地に行くことは恥ずかしいことなのか…」

QB「やっぱり、感情は欠陥だね」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:46:10.79 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」

QB「まあ、行くか行かないかはマミ次第だ」

マミ「そうだけど…」

QB「僕には関係ないけど」

マミ「キュウべえ…」

QB「日曜日、晴れることを祈ってるよ」

マミ「…」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:49:08.23 ID:OLDqxLnfO

日曜日

マミ「そ、そっか!ごめんね?急に電話して…!」

マミ「うん、また明日ね…!」

マミ「ばいばーい!」

マミ「はぁ…」ピッ

マミ「…結局クラスの友達も駄目だったわ…」

マミ「急に誘った私が悪いんだけど…」




140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:52:04.61 ID:OLDqxLnfO

マミ「…」ポフッ

マミ「魔女の気配は…ないわね」

マミ「今日は一日中寝てようかな…?」

マミ「うん…たまにはそれも悪くないわ」

マミ「キュウべえも息抜きも大事って言ってたし…」

マミ「ふぅ…」モゾモゾ

マミ「おやすみなさい…」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:55:26.28 ID:OLDqxLnfO

QB「今日は快晴だね」

マミ「…キュウべえ?」

QB「やあ」

マミ「どうしたの?」

QB「今日は僕も暇になったんでね」

QB「マミの様子でも見ようと思って来たんだ」

マミ「キュウべえ…」

QB「その様子じゃ遊園地に行くつもりはないみたいだね」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 23:58:16.29 ID:OLDqxLnfO

マミ「だって…」

QB「せっかくの休日を寝て過ごすのかい?」

マミ「…仕方ないでしょ?」

QB「そんなに1人が恥ずかしい?」

マミ「それは…」

QB「別に誰も見てないと思うよ」

マミ「えっ?」

QB「マミが1人でいても、誰も気にしないと思うんだ」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:01:12.08 ID:oZ9POPpWO

マミ「…そうかしら」

QB「少なくとも僕はそう思うよ」

マミ「うーん…」

QB「だから行ってきなよ」

マミ「…」

QB「勿体ないじゃないか」

マミ「…わかったわ」

マミ「行けばいいんでしょ?」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:03:29.52 ID:oZ9POPpWO

QB「うん、そうすると良いよ」

マミ「うん」

QB「僕には関係ないけど」

マミ「…」

QB「ほら、早く準備しなよ」

マミ「わかったわよ…」


QB「準備できた?」

マミ「ええ」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:06:08.25 ID:oZ9POPpWO

マミ「じゃあ…」

QB「いってらっしゃい!」

マミ「いってきます…」

ガチャッ

マミ「もう…何で1人で遊園地に行かなきゃいけないのよ…」

マミ「キュウべえはそんなに私に行ってほしいの?」

マミ「…行くだけ行って、すぐに帰ろうかな」

マミ「電車は…これね」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:09:09.23 ID:oZ9POPpWO

遊園地

マミ「ついた…」

マミ「入り口は…あそこね」

マミ「うぅ…」

マミ「や、やっぱり…恥ずかしい…!」

マミ「か、帰ろうかな…?」

マミ「…うん、帰ろう」

QB「ここまで来たのに帰るのかい?」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:12:05.15 ID:oZ9POPpWO

マミ「えっ?」

QB「やあ」

マミ「やあって…キュウべえ?」

QB「そうだよ」

マミ「な…なんでここに?」

QB「今日は僕も暇だからね」

QB「だからマミの様子を…」

マミ「キュウべえ…もしかして…」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:15:03.78 ID:oZ9POPpWO

QB「なんだい?」

マミ「あなた…私のために…」

QB「勘違いしてほしくないな」

QB「僕はたまたま暇だったんだ」

QB「だからマミを…」

マミ「ありがとう!キュウべえ!」

QB「…なんで感謝されなきゃいけないのかな」



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:18:05.15 ID:oZ9POPpWO

マミ「もう!わかってるわよ!私のためについてきてくれたのね!」

QB「違うよ、たまたまだよ」

マミ「わかったわ!行きましょう!遊園地!」

QB「僕も?」

マミ「当然よ!」

QB「やれやれ…わけがわからないよ」

マミ「ほら!行くわよ!」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:22:58.54 ID:oZ9POPpWO

まどか「うん…怖かったけど、楽しかったよ!」

ほむら「そう…よかったわ」

まどか「ほむらちゃんと一緒だと、何をしても楽しいのかも…!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…ありがとう」

まどか「次はなにしよっか?」

ほむら「そうね…」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:25:31.13 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ!ここが遊園地よ!」

QB「わかってるよ」

マミ「もう遊ぶしかないじゃない!」

マミ「あなたも!」

マミ「私も!」

QB「なんで僕が…」

マミ「!」

QB「どうかした?」

マミ「…」キョロキョロ



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:28:38.70 ID:oZ9POPpWO

マミ(今…暁美さんがいたような…)

マミ(気のせいかしら?)

マミ「ううん…なんでも…」

QB「さて、何をするんだい?」

QB「マミがどんなものに興味があるのか気になるね」

マミ「そうね…」

マミ「遊園地と言えば…何かしら?」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:31:12.09 ID:oZ9POPpWO

ヴィッペル「遊園地と言ったらジェットコースターっしょwwwww」

マミ「…」

マミ(何…この人…)

ヴィッペル「おねーちゃん!1人なら俺と乗らないかwwwww」

マミ「えっ?わ、私?」

ヴィッペル「そうだよwwwww可愛いおねーちゃんwwwww」

マミ「や…やだ…」

マミ(変な人に絡まれた…!)



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:33:51.83 ID:oZ9POPpWO

QB「…」

マミ「あ、あの…」

ヴィッペル「なにwwwwww」

マミ「お…お断りします…」

ヴィッペル「お断りします(゚ω゚)wwwww」

マミ「あの…さ、さよなら…」

ヴィッペル「まてよ」

マミ「えっ…」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:36:10.79 ID:oZ9POPpWO

ヴィッペル「1人なら付き合えよ」

マミ「い、嫌です!」

ヴィッペル「そう言わずに、ほら!」ギュッ

マミ「きゃっ?」

ヴィッペル「こっちこっち」

マミ「は、離して!」

ヴィッペル「嫌だ」

QB「おっと、体が滑った」ドンッ



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:39:09.50 ID:oZ9POPpWO

ヴィッペル「あだっ!?」バッ

マミ「あっ!」

QB「今日は体が滑るよ、困るなあ」ドンッドンッ

ヴィッペル「な、なんだ?」ボコボコ

QB「マミ、今のうちに逃げなよ」

マミ「キュウべえ…!」

QB「僕は体が滑って仕方がないんだ」ドンッドンッ

マミ「う、うん!ありがとう!」



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:42:50.38 ID:oZ9POPpWO

マミ「た…助かった…」

マミ「怖かった…」

マミ「でも…キュウべえが助けてくれた…」

マミ「ありがとう…キュウべえ!」

マミ「…?」

マミ「そういえば…あの人…前にどこかで会ったような…」

マミ「…気のせいよね?」

マミ「うん…気のせいよ…!」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:46:07.74 ID:oZ9POPpWO

QB「久々に良い運動になったよ」

マミ「キュウべえ!」

QB「暇潰しにはちょうど良かったのかな?」

マミ「ありがとう!」

QB「礼には及ばないよ、僕は僕のやりたいことをしただけだから」

マミ「それでもよ!ありがとうキュウべえ!」

QB「やれやれ…」



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:49:41.86 ID:oZ9POPpWO

マミ「ふふっ」

QB「それで、どうするんだい?」

QB「ジェットコースターがどうのこうの言ってたけど」

マミ「ジェットコースターに興味があるの?」

QB「気になっただけだよ」

マミ「そう、じゃあ乗りましょうか!」

QB「まあ…マミがそう言うのなら」



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:52:22.90 ID:oZ9POPpWO

マミ「あっ…でも、キュウべえじゃ乗れないわね…」

QB「えっ!?」

マミ「えっ?」

マミ「今…驚いたの?」

QB「あ…いや、別に、僕には感情はないし…」

マミ「そう…よね…?」

QB「うん、そうだよ」

マミ「…キュウべえがジェットコースターに乗る方法は…」

QB「あるの!?」



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:55:17.27 ID:oZ9POPpWO

マミ(感情…ほんとに無いのかしら?)

マミ「…私の服に入るしかなさそうね」

QB「マミの服に?」

マミ「うん、上着の中になら入ってもいいわよ」

マミ「そこから顔を出せばいいんじゃないのかしら?」

QB「そうかい」

マミ「うん」

QB「なら失礼するよ」ピョン

マミ「ここよ!」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:58:42.43 ID:oZ9POPpWO

マミ「これでよし…」

QB「窮屈だなぁ…」

マミ「わがまま言わないの!」

QB「わかってるよ」

マミ「そう、なら並びましょうか」

QB「そうだね」

マミ「吹き飛ばされないようにしなきゃね」

QB「吹き飛ばされる?」





218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:00:19.96 ID:oZ9POPpWO

マミ「ジェットコースターはとっても速いのよ?」

QB「そうなんだ」

マミ「だからキュウべえみたいに小さいと、吹き飛ばされるかもしれないの」

QB「なるほどね」

マミ「ほら、みんな叫んでるでしょ?」


さやか「きたぁぁぁぁぁ!」

杏子「うわぁぁぁぁぁぁぁっ!?」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:03:12.31 ID:oZ9POPpWO

さやか「いぃぃぃやっほぉぉぉぉぉぉっ!」

杏子「な、なんだぁぁぁぁぁぁ?」


マミ「…あれ?」

マミ(今…聞き覚えのある声が…)

QB「人間は速いとあんなに叫ぶものなのかい?」

マミ「えっ?う、うん…」




221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:06:12.24 ID:oZ9POPpWO

マミ「速いのと怖いのとがあるわね」

QB「怖いんだ」

マミ「人それぞれよ」

QB「マミはどうなんだい?」

マミ「へっちゃらよ!」

QB「へぇ…」

マミ「な、なによ!」

QB「なんでもないよ」



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:09:25.19 ID:oZ9POPpWO

マミ「そうには見えないけど…?」

QB「違うってば」

マミ「…そう」

QB「ほら、次は僕たちの番だよ!」

マミ「ほんとだわ!」

QB「マミ、座りなよ」

マミ「ええ」

マミ(ジェットコースター…久しぶりだけど、大丈夫かな…?)



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:12:13.71 ID:oZ9POPpWO

マミ「シートベルトとバーを固定して…」ガチャッ

QB「ま、マミ!」

マミ「えっ?」

QB「ぼ、僕!僕がいるって!」

マミ「あっ…!」

QB「挟まってる!挟まってる!」

マミ「ご、ごめんね?」

QB「ふぅ…」





224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:15:33.94 ID:oZ9POPpWO

QB「やれやれ、危ないじゃないか」

マミ(やっぱり…感情あるんじゃ…)

QB「マミ、聞いてるのかい?」

マミ「う、うん、ごめんなさい…」

QB「もっと上にしないと」

マミ「ここなら大丈夫よね?」

QB「うん、大丈夫だよ」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:19:48.88 ID:oZ9POPpWO

マミ「そろそろ動くわよ」

QB「うん」

マミ「大丈夫?ちゃんとしがみついててね」

QB「大丈夫だよ」

マミ「あっ…」

QB「登り始めたね」

マミ「うん…!」

マミ(大丈夫…へっちゃらだもん…)



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:22:39.20 ID:oZ9POPpWO

マミ「…」ドキドキ

マミ(ドキドキしてるのは久しぶりにだからよ…!)

マミ(私は魔女と戦ってるのよ?これくらい…!)

マミ「すー…はー…」

QB「マミ、緊張してるのかい?」

マミ「ち、違うわ!」

QB「へぇ…」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:25:26.18 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえこそ、落っこちてもしらないわよ?」

QB「大丈夫だって、僕はインキュベーターだし」

マミ「それって関係あるの?」

QB「あるよ」

マミ「ふぅーん…」

QB「関係あるよ!」

マミ「わかったわよ」

ゴォォォォォォォォ

マミ「!?」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:28:20.84 ID:oZ9POPpWO

マミ(き、きた!)

QB「!?」

マミ「~っ!!」

マミ(へっちゃら…へっちゃら…!)

QB「!?」

マミ「へっちゃらぁぁぁぁぁっ!」

マミ「きゃぁぁぁあぁぁぁぁぁっ!」

QB「!?」



243: さる 2011/11/11(金) 01:41:41.61 ID:oZ9POPpWO

マミ「きゃ…っ!」

マミ「…!!」

マミ(ま、負けるもんですか…!)

マミ(この程度で…!)

QB「マミ!」

マミ「…っ!」

QB「マミ!!」

マミ(キュウべえ…なによ…?)

QB「マミ!!!」




245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:45:02.73 ID:oZ9POPpWO

マミ「…っ!」

マミ(今は声がだせないのよ…!)

QB「テレパシーでいいから!」

マミ(あっ…そうよね…)

マミ「キュウべえ、どうしたの?」

QB「落ちる!これ絶対落ちる!」

マミ「落ちないわよ?」

QB「落ちるよ!今にも体が吹き飛びそうだ!」



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:48:28.96 ID:oZ9POPpWO

マミ「えっ?」

QB「助けて!僕を助けて!」

マミ「どうすればいいの?」

QB「押さえるなりなんなりあるでしょ!」

マミ「…こう?」

QB「そ、そう!」

マミ「大丈夫?」

QB「うん」



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:51:51.43 ID:oZ9POPpWO

マミ「そう、よかったわ」

マミ(思いっきり驚いてるじゃない…)

マミ「っ!?」

QB「わっ!」

グルグルグル

マミ「きゃぁぁあぁぁぁぁあっ!」

QB「マミ!手を離さないで!」

マミ「きゃぁぁぁぁぁぁぁ!」

QB「マミ!!!」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:55:08.59 ID:oZ9POPpWO

QB「飛ぶってば!ヤバいって!」

マミ「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ!」

QB「マミ!!!」

マミ「ひぃっ」

QB「あっ」バッ

マミ「あっ」

QB「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ピューン



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:00:09.80 ID:oZ9POPpWO

マミ「っ!?」

マミ(キュウべえが!)

マミ(吹き飛んだ…!?)

マミ(どうしよう…助けに行かないと…)

マミ(早く終わって!)

マミ「…!」

マミ「終わった…?」

マミ「キュウべえ!」タタッ





260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:03:34.53 ID:oZ9POPpWO

QB「はぁ…はぁ…」

QB「くっ…!」

QB「今のは不味かった…」

QB「まさか本当に吹き飛ぶなんて…」

QB「もう…十分なスペアはないのに…」

QB「…インキュベーターでなければ即死だよ」

QB「こんな所で死ぬわけにはいかないのに…」

QB「僕は…」



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:06:33.52 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ!」タタッ

QB「マミ…!」

マミ「キュウべえ…よかった…無事なのね?」

QB「なんとかね」

マミ「よかった…!」

QB「人間はあんな乗り物が好きなのかい?」

QB「訳がわからないよ」

マミ「…そうかもしれないわね…でも、それがいいのよ」



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:10:40.59 ID:oZ9POPpWO

QB「感情があるからかい?」

マミ「そうよ」

QB「…僕にはわからないね」

マミ「本当に?」

QB「えっ?」

マミ「キュウべえ…本当にわからないの?」

QB「どうして?」

マミ「だってキュウべえ…あなた…」




265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:13:20.29 ID:oZ9POPpWO

マミ「感情…あるんじゃないの?」

QB「!」

マミ「前から変だとは思ってたけど…キュウべえ、やっぱり…」

QB「それは違うよ」

マミ「えっ」

QB「僕たちインキュベーターに感情なんてないよ」

QB「感情は君たち人類の欠陥でしかないからね」



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:16:14.65 ID:oZ9POPpWO

マミ「でも…今日のキュウべえは特に…」

QB「…!」

マミ「…私にはキュウべえに感情があるようにしか見えないわ」

QB「…」

マミ「キュウべえ、本当は感情が芽生えたんじゃないの?」

QB「…まさか」

QB「ありえないよ、絶対に」

マミ「…」



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:20:04.63 ID:oZ9POPpWO

QB「ほら、こんな無駄話はやめて」

マミ「…」

QB「早く何かしようよ」

マミ「…」

QB「マミ」

マミ「…わかったわ」

マミ「さて、次は何をする?」

マミ(キュウべえ…あなたが隠すのなら…)

マミ(私が暴いてみせる!)



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:26:02.06 ID:oZ9POPpWO

マミ「次は…」

マミ「あら…?」


まどか「今日はありがとう…!」

ほむら「えっ…?」

まどか「ほむらちゃんが私を誘ってくれて…嬉しかったんだ」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…いつも忙しそうで…」

まどか「なかなか誘えなくて…」



271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:29:15.76 ID:oZ9POPpWO

ほむら「まどか…」

まどか「だから今日は嬉しかったんだよ?」

まどか「すっごく…!」


マミ(鹿目さん…暁美さん…!)

マミ(やっぱり私の見間違えじゃなかった…!)

マミ(そっか…鹿目さんが言ってたのはこの事だったのね)




273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:32:52.96 ID:oZ9POPpWO

マミ(…2人の邪魔はできないわね)

マミ(暁美ほむら…あなたは…やっぱり…)

QB「マミ?どうしたの?」

マミ「えっ?」

マミ(キュウべえ…鹿目さん達に気づいていないの?)

マミ(鹿目さんはともかく…暁美さんの魔力にキュウべえが気付かないはずが…)

マミ(やっぱり…キュウべえの何かがおかしい…)




275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:37:15.13 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ…」

QB「なんだい?」

マミ「…ううん、何でもないわ」

マミ(キュウべえ…あなたはいったい…)

QB「なら早く次行こうよ」

マミ「そうね、キュウべえが乗れるものにしなきゃね」

QB「是非ともそうしてほしいよ」



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:41:15.06 ID:oZ9POPpWO

マミ「ジェットコースターはもうこりごりでしょ?」

QB「まあね」

マミ「ふふっ」

マミ「!」


さやか「私のターン!座る!」

杏子「なーに言ってんだか」

さやか「杏子もいってみなよ」

杏子「なんでだよ!」



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:43:41.96 ID:oZ9POPpWO

マミ「えっ?」

QB「?」

マミ(美樹さんと佐倉さん…よね)

マミ(まさか…2人もここに…?)

マミ(偶然ってレベルじゃ…)

マミ(まさか…私だけ仲間外れにされたんじゃ…)

マミ(そんな…)



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:49:57.79 ID:oZ9POPpWO

マミ(でも…鹿目さんと暁美さん、美樹さんと佐倉さんは別々に行動してるみたいだし…)

マミ(偶然…ってやつかしら?)

マミ(そうよね…そうに決まってるわ!)

マミ(なら…私も楽しむしかないわ!)

マミ(キュウべえと!)

マミ「キュウべえ!」

QB「なんだい?」

マミ「とことん遊ぶわよ!」



286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:53:29.15 ID:oZ9POPpWO

さやか「さやかトルネェェェェェド!」

杏子「ティロォォォフィナァァァァァレッ!」


マミ「くしゅん」

QB「風邪かい?」

マミ(急に鼻がむずむずして…)

マミ「そうかも…」

マミ(違う気がするけど…)



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:56:51.67 ID:oZ9POPpWO

QB「なら無理して来る必要なんてないんじゃないのかい?」

マミ(もともとキュウべえが無理矢理来させたようなものなのに…)

マミ(キュウべえ絶対おかしいよ)

マミ(それに…!)

マミ「ううん…みんな遊園地に行くなんて…!」

マミ「私だって!」



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:00:08.49 ID:oZ9POPpWO

マミ「なら遊ぶしかないじゃない!」

マミ「あなたも!」

マミ「私も!」

QB「だからなんで僕が…」

QB「しかも二回目だよ?」

マミ「キュウべえ、素直になりなさい?」

QB「えっ?」

マミ「本当は私に気を使ってくれてるんでしょ?」

QB「!」



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:03:59.22 ID:oZ9POPpWO

マミ「だってキュウべえが遊園地に来るなんて…」

QB「違うよ、何度も言うけど僕はたまたま暇だったから…」

マミ「暇なら私と遊園地に来るの?」

QB「!」

マミ「キュウべえなら他にすることもあったはずよ」

マミ「なのにわざわざ遊園地にまでついてきて…」

QB「それは…遊園地に興味があったからだよ」



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:07:38.79 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ…!」

QB「…なんだい?」

マミ「ありがとう!」

QB「!」

マミ「あなたと友達になれて…本当に良かったって…改めてそう思ったわ」

QB「マミ…!」

QB「ち、違うよ…僕はインキュベーターとして魔法少女の巴マミに…」

マミ「…」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:10:18.35 ID:oZ9POPpWO

QB「だから、僕は特別マミに気をかけてるわけじゃ…」

マミ「そう…」

QB「…そうだよ」

マミ「キュウべえがそう言うならそれでいいわ」

QB「うん」

マミ「だからキュウべえも私の言うこと素直に受け止めて?」

QB「えっ?」



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:12:27.58 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ、ありがとう」

マミ「これが私の気持ちだから」

QB「マミ…」

マミ「ふふっ」

QB「どうして…」

マミ「?」

QB「どうしてマミは…」

QB「僕に優しくしてくれるの?」



300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:15:35.97 ID:oZ9POPpWO

マミ「…!」

QB「僕は…僕たちインキュベーターは…」

QB「君たち…魔法少女に…!」

マミ「キュウべえ…?」

QB「…マミは僕を恨んでいないのかい?」

マミ「えっ?」

QB「君たち魔法少女を利用している僕たちが嫌いじゃないのかい?」



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:18:26.28 ID:oZ9POPpWO

マミ「何を…言っているの…?」

QB「もう…隠せきれないよ…」

マミ「隠す?」

QB「そうだよ…僕は…いや、この固体の僕だけが」

QB「…僕だけに、感情が芽生えたんだ…」

マミ「!」

マミ「やっぱり…」



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:21:12.26 ID:oZ9POPpWO

QB「きっかけがなんだったかはわからない…」

QB「気づいたら…感情が芽生えていたんだ…」

マミ「いつから…?」

QB「自覚したのは…最近だけど、思えばあの時から感情があったのかもしれない」

マミ「あの時って…?」

QB「マミがシャルロッテと戦った時だよ」

マミ「!」



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:24:37.06 ID:oZ9POPpWO

マミ「あの…お菓子の魔女?」

QB「そうだよ」

QB「…あの時の僕の目的はシャルロッテに苦戦しているマミの姿をまどかに見せて」

QB「まどかを契約させることだったんだ」

マミ「え…」

QB「その為には…マミ、君の犠牲が必要なのはわかっていたんだ」

マミ「えっ!?」



308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:28:41.04 ID:oZ9POPpWO

QB「マミが苦戦するなり、死ぬなりすれば…」

マミ「死ぬ…?」

QB「…まどかか、さやかは契約せざるを得ないはずだったからね」

QB「暁美ほむらはマミが動きを封じていたしね」

マミ「…!」

QB「そして、実際にマミは追い詰められた」

QB「死ぬ…一歩手前だったよね」



309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:32:29.83 ID:oZ9POPpWO

QB「でも、マミは死ななかった…」

マミ「…」

QB「予想外だったよ、まどかとさやか…」

QB「ただの人間2人がシャルロッテになりふり構わず突っ込んで行くだなんてね」

QB「そしてシャルロッテの注意がまどかに向けられた時、マミは捨て身で攻撃した」

マミ「…」

QB「…この時なのかな、初めて僕に感情が芽生えたのは」



312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:36:24.42 ID:oZ9POPpWO

マミ「…!」

QB「魔力も体も酷使してまでまどかとさやかを庇って戦うマミの姿を見て僕は」

QB「僕は…マミに死んでほしくないと思ったんだ」

マミ「キュウべえ…」

QB「…わけがわからなかったよ」

QB「自分でも理解できなかった…なぜそう思ったのか」

QB「マミを失う代わりにまどかと言う大きな力が手に入るはずなのに」



314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:39:21.15 ID:oZ9POPpWO

QB「だけど…マミに死んでほしくなかった」

QB「生きていてほしかった…」

QB「マミが死ぬ姿を想像したら…悲しいと言うのかな?」

QB「そんな気持ちになったんだ」

QB「今まで何度も何度も魔法少女の最期を見てきたのに…」

QB「あんな気持ちは初めてだったんだ」



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:43:00.86 ID:oZ9POPpWO

QB「そしてマミがボロボロになりながらもシャルロッテを倒したところを見て…」

QB「僕は安堵したんだ」

マミ「キュウべえ…」

QB「その後から僕はおかしくなったんだ」

QB「…さやかの願いを断った」

マミ「えっ?」

QB「さやかは…一度僕と契約しようとしたんだ」

マミ「そんな…?」



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:47:10.24 ID:oZ9POPpWO

QB「上条恭介の右腕を治して欲しい」

QB「それがさやかの願いだった」

マミ「…!」

QB「本来なら直ぐにでも契約しただろうね」

QB「でも断った…断ってしまった…」

QB「さやかに怒鳴られたよ、それに…さやかがその後泣いていた姿も見た」

QB「でも、これでよかったと思ったんだ」



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:52:28.38 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウ…べえ…」

QB「僕は…もう魔法少女を生みたくないんだ…」

QB「…インキュベーターとしてあるまじき行為だね」

QB「魔法少女がいなければ宇宙の寿命は無くなる一方なのに」

マミ「えっ?」

マミ「宇宙の…寿命…?」

QB「そしてね?僕は見放されたんだ」

マミ「な…?」

QB「…母星にね」



363: 保守ありがとう 2011/11/11(金) 08:00:06.58 ID:oZ9POPpWO

マミ「見放…された…?」

QB「そうだよ」

マミ「キュウべえが…なんで…?」

QB「僕はインキュベーター失格らしい」

QB「当然とも言えるだろうけどね」

マミ「そんなことって…」

QB「今日暇なのも…もうインキュベーターとして、する事がなくなったからなんだ」



365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:04:27.95 ID:oZ9POPpWO

マミ「なら…キュウべえはどうなるの…?」

QB「…わからない」

マミ「わからないって…」

QB「インキュベーターは僕だけじゃないから、魔法少女と言うシステムそのものは続くだろうね」

QB「変わることと言えば、今のこの僕だけが感情があって」

QB「…能力を失いつつある、このくらいかな」





366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:07:14.07 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ…」

QB「まったく…我ながら意味がわからないよ」

QB「やっぱり…感情は欠陥、だね」

マミ「…そうかもしれないけど」

QB「だろう?」

マミ「私は…そう思いたくない!」

QB「えっ?」



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:11:35.51 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ…人はね感情があるから悲しんだり…」

マミ「辛かったりするのよ…」

QB「…」

マミ「今の…キュウべえみたいにね」

QB「…そうだね」

マミ「でもね、感情があるから人は笑えるの」

QB「!」





369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:13:59.92 ID:oZ9POPpWO

マミ「感情があるから心の底から感謝できるの」

マミ「ありがとうって…心からそう思えるの」

マミ「今の私みたいにね!」

QB「マミ…」

マミ「キュウべえ…あなたを変えてしまったのは私なのかもしれないんでしょ?」

QB「そうだと…思うよ」

マミ「そっか…」



370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:18:30.79 ID:oZ9POPpWO

マミ「嬉しいような…申し訳ないような…複雑だわ」

QB「…そうかい」

マミ「キュウべえは私に死んでほしくなかった…そう思ってくれたのでしょう?」

QB「…うん」

マミ「…ありがとう…キュウべえ…!」

QB「えっ?」

マミ「私は…これしか言えないけど…」

マミ「やっぱり…自分の感情には素直にならなきゃね」



371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:21:17.03 ID:oZ9POPpWO

QB「ありがとう…か」

マミ「うん…!」

QB「嬉しいような…申し訳ないような…複雑だね」

マミ「?」

QB「…マミ、僕は君たちを騙しているんだよ?」

マミ「騙してる…?」

QB「うん…いや、騙してたと言った方が正しいのかな」

マミ「…魔法少女のこと?」



373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:24:01.78 ID:oZ9POPpWO

QB「…そうだよ」

マミ「…」

QB「正直、これは話さない方がいいのかもしれない…」

マミ「えっ」

QB「本当のことを話したら、マミは…マミでなくなってしまうかもしれないんだ」

マミ「…どういうこと?」

QB「…マミ」

マミ「うん」

QB「僕は今から…残酷な話をするよ」



374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:27:41.02 ID:oZ9POPpWO

マミ「残酷な…」

QB「うん、そして…それを知ったところでマミの運命は変わらない」

QB「むしろ…知ったら悪い方向に変わる可能性が高い」

マミ「…!」

QB「知らぬが仏…君たちはそう言うみたいだけど、僕もそう思うよ」

マミ「知らない方が幸せだって言うの?」

QB「そうだね」



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:29:39.28 ID:oZ9POPpWO

マミ「…わかったわ」

QB「うん、聞かない方がいいよ」

QB「今のは気にしないで貰えると助かるな」

マミ「…話して」

QB「…えっ?」

マミ「知ってることを…全部…」

QB「どうして…?」



376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:43:46.91 ID:oZ9POPpWO

QB「…知っても何も得することなんてないんだよ?」

マミ「それでもよ」

QB「その結果、自分を失うことになるかもしれなくても…」

QB「それでも知りたいのかい?」

マミ「…知ってからどうなるのかは私次第よ」

マミ「知って損をするかもしれないし…」

マミ「悪いことになるかもしれない…そうでしょ?」



379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 08:55:26.70 ID:oZ9POPpWO

QB「そうだよ、だから…」

マミ「だからこそ…聞かなきゃいけないって、そう思うの」

QB「…どうして?僕にはわからないよ…」

マミ「そんな大事なこと…しかも、自分に関係のあることを…」

マミ「知らないわけには…いかないでしょ?」

QB「それはそうだけど、デメリットの方が大きいと断言できるよ」

マミ「…そうだとしても、私は知らなきゃいけないって、そう思うわ」



381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:00:24.19 ID:oZ9POPpWO

QB「どうしてでもかい?」

マミ「どうしてでもよ」

QB「…わかった、僕はマミを信じるよ」

マミ「任せなさい!」

QB「マミ…心の準備は大丈夫?」

マミ「ここまで来たんだもの、大丈夫よ」

QB「そうかい…なら…話すよ」

マミ「うん…!」



383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:02:57.54 ID:oZ9POPpWO

QB「まずは…そうだぬ、ソウルジェムの正体から話そうか」

マミ「ソウルジェムの正体?」

QB「うん」

マミ「…ソウルジェムは魔力の源じゃないの?」

QB「たしかにそうだよ」

マミ「なら他に何が…?」

QB「…ソウルジェムがなぜソウルジェムと呼ばれているか知っているかい?」

マミ「ううん…」

QB「ソウルの意味はわかるよね?」

マミ「魂…でしょ?」



384: ○そうだね×そうだぬ 2011/11/11(金) 09:06:26.96 ID:oZ9POPpWO

QB「そう、魂だ」

マミ「それが…?」

マミ「!」

マミ「も…もしかして…」

QB「…察しがいいね」

マミ「じゃ…じゃあ…ソウルジェムは…」

QB「うん…ソウルジェムの正体は君たち魔法少女の魂そのものだ」

マミ「!?」



391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:44:04.09 ID:oZ9POPpWO

マミ「そんな…」

QB「だからマミ…君の本体はその体じゃない」

QB「ソウルジェムがマミの本体なんだ…」

マミ「じゃあ…私は…」

QB「魔法少女との契約を取り結ぶ、僕の役目はね…」

QB「君たちの魂を抜き取って…ソウルジェムに変える事なのさ」
マミ「!?」



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 09:51:03.78 ID:oZ9POPpWO

マミ「そんな…なら…私は…」

QB「むしろ便利だろう…?」

マミ「…っ」

QB「心臓が破れても…ありったけの血を抜かれても…」

QB「その身体は魔力で修理すれば…すぐまた動くようになる」
QB「ソウルジェムさえ砕かれない限り…君たちは無敵だよ」


QB「弱点だらけの人体よりも…余程戦いでは…有利じゃないか」




396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:26:53.67 ID:oZ9POPpWO

QB「君たちはいつもそうだね…事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする…」

マミ「だって…それは…!」

QB「…どうして人間はそんなに魂の在処にこだわるのか…」

マミ「私の体じゃないのよ…?」

QB「でも、今なら…わかるかもしれない」

マミ「!」



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:30:39.29 ID:oZ9POPpWO

QB「いや、わかってしまったんだ」

マミ「キュウべえ…!」

QB「だから…魔法少女を生みたくないと思うようになってしまったんだ」

マミ「…そうだったの」

QB「…謝罪させてもらうよ、マミ」

マミ「…」

QB「君たちの魂をそんなものに変えて悪かったよ」




399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:40:31.62 ID:oZ9POPpWO

マミ「…いいわ」

QB「えっ?」

マミ「たしかに…キュウべえの言うことは正しいと思うわ」

QB「…」

マミ「あまり…良い気はしないけど…」

マミ「でも…私は大丈夫よ…!」

QB「マミ…」

マミ「おしえてくれて…ありがとう…!」



400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:43:41.78 ID:oZ9POPpWO

QB「ありがとう…か」

QB「そう言って貰えると…僕も助かるよ」

マミ「キュウべえ、話はそれだけなの?」

QB「…!」

マミ「ならよかった…うん、私は大丈夫よ!」

マミ「これが私の魂なのなら…今まで以上に大切にしなきゃね!」

QB「マミ…」



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:47:40.25 ID:oZ9POPpWO

マミ「どうしたの?」

QB「話は…それだけじゃないんだ」

マミ「えっ?」

QB「マミ、ここからが一番重要な話しになるよ」

マミ「一番重要…」

QB「うん」

マミ「わかったわ…話して」

QB「その前に約束してほしいんだ」



402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 10:50:43.45 ID:oZ9POPpWO

マミ「約束?」

QB「うん、絶対にこの約束を守ってくれるのなら話を続けるよ」

マミ「うん…わかったわ!」

QB「約束してくれるんだね?」

マミ「もちろんよ!」

マミ「…それで、どんな約束なの?」

QB「…絶望」



403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:02:57.28 ID:oZ9POPpWO

マミ「えっ?」

QB「これから僕が話す内容を理解しても、絶対に絶望しないって」

QB「そう約束してほしいんだ」

マミ「絶望しない…?」

QB「うん、絶対に絶望しないって」

QB「希望を捨てないって、約束してよ!」

マミ「絶望しないで希望を捨てない…!」



405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:18:38.58 ID:oZ9POPpWO

QB「それを約束しなければ、話すことはできないよ」

マミ「そんなこと言われたって…」

QB「今から僕の話すことはマミを絶望させるかもしれない」

マミ「そんなに酷い話なの…?」

QB「うん…魔法少女の最期に関わるからね」

マミ「最期って…」

QB「約束できないなら話さないよ…!」



407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:31:57.03 ID:oZ9POPpWO

マミ「…もし絶望したらどうなるの?」

QB「それは…言えないよ」

QB「いや、言いたくないよ」

マミ「…」

QB「マミ、無理して知る必要はないよ」

マミ「…私は…」

マミ(キュウべえの言うように…知らなければ何も悪いことはないのかもしれない…)

マミ(でも…キュウべえに感情が芽生えるほどのこと…なのよね?)



408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:38:20.25 ID:oZ9POPpWO

マミ(それに…私自信のことなのよ…!)

マミ(ここで引いたら…いけない気がするの)

マミ(後悔なんて…!)

マミ「…キュウべえ!」

QB「…」

マミ「話して…!」

QB「…いいんだね?」

マミ「うん…!」



412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:49:15.74 ID:oZ9POPpWO

QB「…わかったよ、少しずつ話すね」

マミ「…お願い」

QB「まず、なんでソウルジェムをグリーフシードで浄化するのかわかるかい?」


マミ「…消耗した魔力を元通りにするためよね?」

QB「そうだね」

QB「じゃあソウルジェムが濁りきったらどうなるか…わかるかい?」




413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 11:54:02.56 ID:oZ9POPpWO

マミ「濁りきったら…?」

QB「うん…」

マミ(魔力を消費できなくなるはずよね…)

マミ(ソウルジェムは私の魂…)

マミ(魂を消費すると言うことは…)

マミ(まさか…)

マミ「…死ぬの?」




416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:00:14.64 ID:oZ9POPpWO

QB「…」

マミ「キュウべえっ…」

QB「…正解だよ」

マミ「…やっぱりね」

QB「たしかに、君たち魔法少女はソウルジェムが濁りきると死んでしまう」

マミ「そう…」

マミ(でも…これは予想できてたわ)

マミ「キュウべえ、そのことなら大丈夫よ!」



417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:05:16.78 ID:oZ9POPpWO

QB「…でも、半分間違ってるんだ」

マミ「えっ…?」

QB「…魔女はどうして生まれるのか知っているかい?」

マミ「魔女が?」

QB「…うん」

マミ「魔女は…わからないわ…」

QB「…魔法少女は1つの希望と引き換えに生まれるよね」

マミ「ええ…」



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:07:23.03 ID:oZ9POPpWO

マミ「そうね…」

QB「それに対して魔女はね?」

マミ「…」

QB「…絶望によって生まれるんだ」

マミ「絶望…」

QB「そう、絶望だよ」

マミ「でも…何が絶望したら魔女になるの?」

QB「…」



420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:12:32.38 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ?」

QB「…マミ、落ち着いて聞いてよ」

マミ「え?ええ…」

QB「魔法少女がねソウルジェムが濁りきるか」

QB「絶望すると…」

マミ「!?」

QB「魔法少女は…」

マミ(うそ…?)

マミ(まさか…!?)



421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:16:20.41 ID:oZ9POPpWO

QB「魔法少女は…魔女に生まれ変わるんだよ…」

マミ「!!?」

マミ(そ、そんな…!?)

マミ(う、うそでしょ…?)

マミ「あ…あ…ぁ…」

マミ(なら…私は…いつか…魔女になるの…?)

マミ(そんなの嫌…!)

QB「ま、マミ…」



425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:22:34.47 ID:oZ9POPpWO

マミ「あ…ぁぁ…」

QB「マミ!」

マミ(じゃあ…私が今まで倒してきたのって…)

マミ(同じ…魔法少女だったの…?)

マミ(そんな…)

マミ「ぃゃ…」ガクッ

QB「マミ!しっかりして!」

マミ「うそよ…」



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:26:02.29 ID:oZ9POPpWO

QB「!」

QB「そ、そうだよ!」

マミ「ぇ…」

QB「今のは嘘なんだ!」

マミ「…」

QB「魔法少女が魔女になるなんて嘘に決まってるじゃないか!」

マミ「う…そ…?」

QB「嘘だから…!」



431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:29:14.27 ID:oZ9POPpWO

マミ「じゃあ…魔法少女は…?」

QB「魔法少女はソウルジェムが濁りきると死んでしまう」

QB「これは正解だよ」

マミ「…」

QB「でも、魔女になることは嘘なんだ!」

マミ「…ならなんで嘘を…?」

QB「それは…」



434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:49:01.02 ID:oZ9POPpWO

QB「…マミの精神の強さを確かめるためだよ」

マミ「精神…?」

QB「ソウルジェムを見てごらん?」

マミ「ソウルジェム…?」

QB「ほら…!」

マミ「あっ…私のソウルジェムが…」

QB「ほら…真っ黒だろう?」



435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 12:51:46.09 ID:oZ9POPpWO

QB「魔法少女は絶望するとソウルジェムが真っ黒になってしまうんだ…」

マミ「…」

QB「マミ、グリーフシードは持ってるよね?」

マミ「うん…」

QB「早く浄化しないと…!」

マミ「うん…」

QB「ふぅ…」



437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:04:42.99 ID:oZ9POPpWO

マミ「…」

QB「マミ…大丈夫かい?」

マミ「…うん」

QB「そっか、よかったよ」

マミ「…」

QB「マミ…」

マミ「大丈夫…」

マミ(もし…本当にソウルジェムが魔女を生むなら…)

マミ(私は…)



439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:10:25.20 ID:oZ9POPpWO

QB「マミ…!」

マミ「…」

QB「僕はもう帰る場所がないんだ…」

マミ「あっ…!」

QB「マミ…お願いがあるんだ」

マミ「なに…?」

QB「もう僕にできることは限られてる」

QB「だけど、これからは本当の意味でマミの力になりたいんだ」



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:19:57.68 ID:oZ9POPpWO

QB「今の僕の役目はね、少しでもマミの力になって」

QB「マミを支えることだと思うんだ」

マミ「キュウべえ…」

QB「だから迷惑かもしれないけど、マミの側にいてもいいかい?」

マミ「…!」

QB「マミを支えたいんだ」

QB「罪滅ぼしのつもりじゃないよ」



443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:26:02.87 ID:oZ9POPpWO

QB「マミを助けたい」

QB「これが僕の感情だよ」

マミ「…」

QB「マミ」

マミ「…ありがとう」

マミ「ありがとう…キュウべえ…」

QB「マミ!」

マミ「うん…お願いするわ…!」



444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:29:02.42 ID:oZ9POPpWO

QB「…」

マミ「キュウべえ?」

QB「ふふ…やっぱり感情は欠陥じゃないか」

マミ「えっ?」

QB「前まではこんな気持ち知らなかったのに…」

QB「この僕が嬉しいだなんて思ってしまうなんてね」

QB「わけがわからないよ」




445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:30:50.01 ID:oZ9POPpWO

マミ「…ふふっ!」

QB「えっ?」

マミ「キュウべえ…あなた笑えるのね」

QB「…!?」

マミ「さっき笑ってたわよ?」

QB「そうか…僕がね…」

QB「やれやれ」

マミ「キュウべえ!私がんばるわ!」



447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:38:23.01 ID:oZ9POPpWO

マミ(あのキュウべえがこんなに気を使ってくれるなんて…)

マミ(…嬉しいわ)

マミ(例え…魔法少女が魔女を生むことが本当だとしても…)

マミ(大丈夫かもしれない…)

マミ(キュウべえが支えてくれるなら…!)

マミ「キュウべえ!」

QB「?」

マミ「私は…」

マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:40:11.31 ID:oZ9POPpWO

QB「うん…マミはひとりじゃないよ」

マミ「そうよ!」

マミ「キュウべえ!ここは遊園地なんだし、今日はいっぱい楽しんで帰ろうね!」

QB「…!」

QB「やれやれ…仕方がないなぁ」

マミ「ほらっ!行くわよ!」

QB「うん」



450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:42:41.71 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ、せっかく感情が芽生えたのなら」

マミ「感動ってわかる?」

QB「…いや、よくわからないね」

マミ「なら感動的なお話を見るわ!」

QB「どうやって?」

マミ「ほら!ここは映画まやってるのよ!」

QB「映画?」



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:49:21.50 ID:oZ9POPpWO

マミ「そうよ!」

QB「ただの動画だろう?」

マミ「それは違うわ!」

QB「そうかな?」

マミ「見てみればわかるわ」

マミ「見に行くわよ、キュウべえ!」

QB「…わかったよ」

マミ「ほら、キュウべえ私の肩に乗って?」

QB「うん」ピョン

マミ「出発ね!」



453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 13:55:02.31 ID:oZ9POPpWO

マミ「私の席は…ここね」

マミ「キュウべえ、見える?」

QB「うん、ここならよく見られるよ」

マミ「そう、よかった」

QB「人間はこんなに集まって動画を見るのが楽しいのかい?」

マミ「うん」

QB「僕にはまだわからないな」

マミ「今にわかるわよ」



457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:04:22.51 ID:oZ9POPpWO

マミ「始まったわね」

QB「うん」

マミ「しっかり見てね?」

QB「努力するよ」


マミ(もう30分くらいたったかしら…)

マミ(キュウべえは…)チラッ

QB「…」ジィー

マミ(キュウべえ…ちゃんと見てるわね!)



459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:09:34.50 ID:oZ9POPpWO

マミ(そろそろ終わりなの…?)

マミ(そんな…これじゃ可哀想よ…)

マミ(キュウべえは…)

QB「…!」ガンミ

マミ(凄く食いついてる…)

マミ(楽しんでるみたいね…よかった…)

QB「…」ジィー



461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:13:28.08 ID:oZ9POPpWO

マミ「あっ…!」

マミ「終わり…?」

マミ「そんな…報われないわよ…」

QB「…マミ」

マミ「どうしたの?」

QB「これで終わりなの?」

マミ「うん…そうみたいね」

QB「…可哀想じゃないか」



463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:17:02.62 ID:oZ9POPpWO

マミ「…やっぱり、感情あるのね」クスッ

QB「えっ?」

マミ「キュウべえが可哀想だなんてね」

QB「…!」

QB「ち、違うよ!」

マミ「はいはい」

QB「マミ!」

マミ「とりあえずここを出よう?」

QB「…うん」



464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:19:34.50 ID:oZ9POPpWO

マミ「…!」

マミ(あれは…)

まどか「楽しかったぁ」

ほむら「ええ」

まどか「次はどうしよっか?」

ほむら「そうね…」

マミ(鹿目さんと…暁美さん…)

マミ「…」



465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:22:31.87 ID:oZ9POPpWO

さやか「早くー!あんこちゃーん!」

杏子「むっ」

杏子「だからあんこはやめろって言ってるだろー!」

マミ「!」

マミ(美樹さんと佐倉さんも…)

さやか「こっちこっちー!」

杏子「待てって!」



466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:24:44.75 ID:oZ9POPpWO

マミ(みんな…楽しそうね)

マミ(でも…私だって…!)

マミ「キュウべえ」

QB「なんだい?」

マミ「良い話だったわ…」

QB「僕にはよくわからなかったけど…」

QB「感情ないからね」

マミ「ふふっ、何嘘をついてるのよ」

QB「そ、それはだね…」



469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:30:20.44 ID:oZ9POPpWO

マミ「恥ずかしいの?」

QB「恥ずかしいと言うより…よくわからないんだ」

マミ「?」

QB「今までは感情なんてなかったんだ、知らなかった感情がたくさん沸いてきて…」

QB「わけがわからないよ」

マミ「…なら、たくさん経験しなきゃね」

QB「…そうだね」



470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:33:38.25 ID:oZ9POPpWO

マミ(感情ね…)

マミ(私も、自分でもよくわからないことがあるわ…)

マミ(鹿目さんや美樹さんとは…たぶん先輩後輩の仲だけど)

マミ(それなりに…仲良くできてると思うわ)

マミ(佐倉さんも…美樹さんのおかげで仲間になってくれたし…)

マミ(でも…)

マミ(暁美さんとだけは…うまくいかない…)



472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:36:33.71 ID:oZ9POPpWO

マミ(私は…暁美さんとどうしたいの…?)

マミ(やっぱり…仲良くしたい…のよね?)

マミ(でも…最初のイメージのせいで…どうにも…)

マミ(互いに嫌いあってるの?)

マミ(ううん…私は…嫌ってるわけじゃ…)

マミ(でも…いつ会ってもこの前みたいに…)




473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:39:37.39 ID:oZ9POPpWO

杏子「落ち着いたか?」

さやか「うん…!」

杏子「へへっ!」

さやか「杏子…!」

杏子「さやか!」

さやか「杏子は私の嫁になるのだぁー!」

杏子「!」

さやか「私と婚約して、美樹杏子になってよ!」

杏子「美樹杏子?ふざけんな!」

さやか「佐倉さやか…だろ?」

さやか「…うんっ!」



474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:41:47.25 ID:oZ9POPpWO

杏子「…」

さやか「…」

杏子「はははっ!」

さやか「あははっ!」

さやか「杏子、今の本気?」

杏子「さあ?どうだろうな?」

さやか「えぇー?」

杏子「そう言うさやかはどうなのさ?」

さやか「私?」

杏子「ああ」



477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:44:05.95 ID:oZ9POPpWO

さやか「うーん…」

杏子「…」

さやか「内緒!」

杏子「…だよなぁ」

さやか「でもさ」

杏子「ん?」

さやか「わざわざ言葉にしなくても…杏子ならわかるでしょ?」

杏子「…そうだな」

さやか「うん!」

杏子「それもお互いに、だろ?」



478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:47:29.89 ID:oZ9POPpWO

さやか「そうだね…!」

杏子「へへっ!」

杏子「…もうすぐ夕日が沈むな」

さやか「うん…」

さやか「今日1日が凄く短く感じたよ」

杏子「私もだ」

杏子「…よし、そろそろボートから降りないとな!」

さやか「うん…ちょっと名残惜しいけどね」

杏子「また来ればいいじゃん」



479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:50:18.36 ID:oZ9POPpWO

さやか「…約束しようよ」

杏子「ん?」

さやか「またここに来るって…!」

杏子「ああ…約束するさ!」

さやか「ありがと!杏子!」

杏子「私もさ」

さやか「…でも、不思議だよね」

杏子「ん?」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 14:56:36.30 ID:oZ9POPpWO

さやか「正直言うとさ、私…最初は杏子のこと、嫌いだったんだ」

杏子「…」

さやか「マミさんのこと悪く言うし…私の願い事も馬鹿にした」

杏子「…」

さやか「突然現れてさ、見滝原のはマミ1人に任せられねぇ!」

さやか「私が変わりにに戦ってやる!マミは手を出すな…なんて言い出して」

杏子「…ああ」



493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 15:48:32.26 ID:oZ9POPpWO

さやか「私には契約するなって煩かったし…」

さやか「私はとにかく杏子に腹が立ってしかたなかったんだ」

杏子「…」

さやか「ま、今は違うけどね!」

杏子「さやか…」

さやか「…ねえ、杏子…そろそろ話してくれてもいいんじゃないかな?」

杏子「…そうだな」



494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 15:53:10.90 ID:oZ9POPpWO

杏子「私とさやかの仲だ、もう隠し事はなしにしなきゃな」

杏子「話すよ、全てをさ」

さやか「うん…」

杏子「まずは…そうだな、私とマミの関係から話すよ」

さやか「マミさん…」

杏子「私が昔から魔法少女なのは知ってるだろ?」

さやか「…うん」




495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 15:57:32.09 ID:oZ9POPpWO

杏子「私はある時、一時的だったけどある魔法少女に弟子入りしたんだ」

さやか「それって…」

杏子「ああ、その魔法少女がマミだ」

杏子「私はマミの元で一緒に魔女と戦ったよ」

さやか「そうだったの?」

杏子「まあな、その時にできた技がロッソ・ファンタズマだ」

さやか「なるほど…」

杏子「でも私とマミの意見が食い違ってさ、私はマミの元を去ったんだよ」

さやか「なんで?」



496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:01:05.69 ID:oZ9POPpWO

杏子「魔法少女としてのあり方ってやつ?」

さやか「え?」

杏子「私はさ、魔法は自分のためだけに使うものだってずっと思ってたんだよ」

さやか「うん」

杏子「だけどさ、マミは違ったんだよ」

杏子「マミは他人のために魔法を使っていてさ、私には理解できなかったんだよね」

さやか「…」

さやか「自分を磨り減らしてまで他人を守る意味がわからなかった」



497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:04:10.98 ID:oZ9POPpWO

さやか「そう思ったの?」

杏子「ああ、その通りだ」

杏子「だから私はマミの元を去って1人で行動してたんだよね」

さやか「そうだったんだ…」

杏子「でもな、ある時キュウべえの野郎が慌てて私の所に来たんだ」

さやか「キュウべえが?」

杏子「…あのキュウべえが何て言ったと思う?」



498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:08:19.65 ID:oZ9POPpWO

さやか「さあ…?」

杏子「マミを助けてやれ、だとさ」

さやか「マミさんを助ける?」

杏子「ああ、てっきり私はマミが魔女に殺されかけたのかと思ったよ」

さやか「…」

杏子「でもマミは元気だった」

杏子「私はキュウべえの意図がわからなくてさ、問い詰めたんだよ」



499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:12:12.63 ID:oZ9POPpWO

杏子「そしたらキュウべえのやつ、マミを危険な目に会わせたくない」

杏子「一緒に戦ってくれ、だとさ」

杏子「何考えてんのかわかんないけど、とにかくそう何度も言ってきたんだよ」

さやか「…」

杏子「だから私は戦うことを決めたんだけど、昔のこともあって一緒には戦いずらかったんだよ、私は」

さやか「杏子…」



500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:14:15.69 ID:oZ9POPpWO

さやか「だからマミさんに手を出させないよう言ったってわけ?」

杏子「そうなるな」

杏子「でも…今は一緒に戦ってるけどな」

杏子「さやかのおかげでな」

さやか「…うん!」

杏子「キュウべえはさ、他にも私にこんなこと言ってきたんだぜ?」

さやか「なに?」



501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:18:26.53 ID:oZ9POPpWO

杏子「美樹さやかが契約しないように誘導しろだってな」

さやか「えっ?」

さやか「だから…杏子は私に…?」

杏子「…そうだ」

さやか「…!」

杏子「正直、私はキュウべえの言うことなんて聞くつもりはなかったけどさ」

杏子「感情がないはずのキュウべえの余りの必死さにやられちまったよ」




505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:22:58.78 ID:oZ9POPpWO

杏子「んでさ、さやかの願いを聞いてみたら男の腕を治してくれって…」

杏子「他人のためにたった1つの願いを使う気でいた…」

さやか「…」

杏子「さやかに私も契約させたくないと思ったんだよ」

さやか「杏子…」

杏子「…私も、たった1つの願いでいろいろ変えちまったからな」

杏子「なんとなく…さやかに同じ目を会わせたくなかったんだ」





506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:26:45.21 ID:oZ9POPpWO

さやか「私は…最初はそれが嫌だったよ」

杏子「…」

さやか「私が契約すれば恭介の腕は確実に治るのに…」

さやか「杏子は止めようとするし、キュウべえは契約してくれない…」

さやか「それが、すごく嫌だった」

杏子「…悪かった」

さやか「…でもさ!今はそれが正解だったって思ってるよ!」



508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:30:26.35 ID:oZ9POPpWO

さやか「恭介の腕はまだ治ってないけど…恭介は今も諦めずに頑張ってる」

さやか「最後まで希望を捨てずにいるんだからね」

さやか「…それを見守ってるのは私じゃなくて…仁美だけど」

杏子「さやか…」

さやか「私は馬鹿だから、契約することでしか恭介を救えないって考えちゃっててさ」

さやか「側でずっと見守ることを忘れちゃってたんだよね」



509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:34:50.89 ID:oZ9POPpWO

さやか「そしたら結局、仁美に先越されちゃったよ…」

杏子「…」

さやか「いやー!あの時は悔しかったね!うんうん!」

杏子「さやか…」

さやか「そんな時に私も支えてくれたのが杏子だもんね」

杏子「…!」

さやか「ほんと、人生なにがあるかわからないもんだね!」

杏子「ああ…」

さやか「最初は嫌いだった杏子にだんだん心が惹かれるなんてさ!」



510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:38:28.85 ID:oZ9POPpWO

さやか「そしてついさっき、この関係になったんだもん」

さやか「だからさ、私は感謝してるよ、杏子に!」

杏子「…ありがとな」

さやか「それに…キュウべえにも感謝しないといけないのかな?」

杏子「そうかもな…でも私が一番感謝してるのは」

杏子「…マミかもしれないな」



512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:41:16.44 ID:oZ9POPpWO

さやか「マミさん?」

杏子「ああ…私を変えたのはキュウべえじゃない」

杏子「マミだ…!」

杏子「今なら私にもわかるんだよ、何故マミが自分を犠牲にしてまで…」

杏子「他人のために魔法を使うのかをさ」

さやか「…そうだね、マミさんはカッコいい正義の味方だもん」

さやか「本物の…!」



513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:43:32.00 ID:oZ9POPpWO

杏子「さやか…実はさ、私見たんだよ」

さやか「何を?」

杏子「マミとキュウべえを」

さやか「えっ?どこで?」

杏子「…ここでだ」

さやか「うそっ?気付かなかった!」

杏子「見て見ぬふりしてたからな…」

さやか「なんで?話しかければ良かったのに」



514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:46:11.87 ID:oZ9POPpWO

杏子「いや…なんか話しかけたくなくてさ」

さやか「?」

杏子「さやかと…2人でいたかったから…!」

さやか「あっ…!」

さやか「そ、そっか!そうだね!」

さやか「うん!ありがとう!」

杏子「へへっ…!」




516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:49:01.90 ID:oZ9POPpWO

杏子「…もしかしたらまだ、いるかもしれない」

さやか「マミさん?」

杏子「ああ、だからさ今から…」

さやか「会いに行こうか!」

杏子「…よし!行くか!」

杏子「あ…そう言えばもう一組いたんだよな」

さやか「えっ?」



517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:52:44.21 ID:oZ9POPpWO

杏子「まどかと暁美ほむら」

さやか「ええっ?」

杏子「あの2人もここで見かけた」

さやか「そ、そっか…まどか前からほむらと仲良くしたがってたけど…」

さやか「ついに上手く行ったんだ…!」

杏子「そうなのか?」

さやか「うん、私は最初ほむらのこと嫌ってたけど」

さやか「まどかはそうじゃなかったんだよね」



519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:57:21.64 ID:oZ9POPpWO

さやか「ほむらさぁ、よくわかんないやつじゃん?」

杏子「そうだな…手札がまるで見れない」

さやか「だから私は転校生って呼んで嫌ってたけど…」

さやか「まどかが必死に庇ってるの見て、少し考えが変わったんだよね」

さやか「少なくとも悪いやつじゃないみたいだし」

杏子「まあ…私もそう思うよ」

杏子「何考えてんのか言ってくれればいいんだけどな」



521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:00:06.48 ID:oZ9POPpWO

さやか「ほむらはまだ友達とは言えないけど…」

さやか「仲良くできるかもしれないんだよね」

杏子「そう…だな」

杏子「あいつが仲間に加われば、少なくとも見滝原は安全なはずだし」

さやか「まどかが上手く友達になれたんなら、私たちもなれるかもね」

杏子「そうかもな」



522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:02:28.70 ID:oZ9POPpWO

さやか「どうせなら、マミさん探すついでに2人も探す?」

杏子「会ってどうするんだ?あの性格じゃ友達になってください!」

杏子「なんて言っても無駄だと思うぞ?」

さやか「そんなのやってみなけりゃわかんないって!」

杏子「そうか?」

さやか「そうだって!」

杏子「…わかった、なら行くか!」

さやか「うん!」



523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:05:57.90 ID:oZ9POPpWO

まどか「…ほむらちゃん!」

ほむら「…まどか!」

まどか「私は…!」

ほむら「私も…!」

まどか「ほむらちゃんが大好きなの!」

ほむら「まどかが大好きなの!」
まどか「…」

ほむら「…」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…えへへ」



524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:08:39.19 ID:oZ9POPpWO

まどか「…夢みたいだよ」

ほむら「私だって…!」

まどか「今までずっと一緒にいてくれなかったほむらちゃんが…」

まどか「今は一緒にいてくれるんだもん!」

まどか「ほんとに嬉しいよ…!」

ほむら「それは私の台詞よ…!」

ほむら「まどかが私のことを好きだったなんて…夢みたいだわ」



525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:11:46.98 ID:oZ9POPpWO

まどか「うん…私も不思議なんだ」

まどか「ほむらちゃんと初めて会ったときは…怖い人だなって思ってたんだ…」

ほむら「そうよね…」

まどか「話しかけても冷たいし…マミさんや、さやかちゃんにも厳しくて…」

ほむら「…ごめんなさい」

まどか「ほむらちゃんは…悪い子なのかな?って思った時もあったんだよ?」



526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:15:01.80 ID:oZ9POPpWO

ほむら「…」

まどか「でもね?ある時気がついたんだ」

まどか「ほむらちゃんは陰からずっと私を守ってくれてるって」

ほむら「…!」

まどか「私が魔女にやられそうになった時…ほむらちゃんが助けてくれて…!」

まどか「あの時のほむらちゃんの顔が忘れられないんだ」

ほむら「私の顔…?」

まどか「うん」



527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:19:31.54 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃんが私を助けにきた時の顔…」

まどか「魔女をやっつけた後に私を見た時の顔…」

まどか「あの時のほむらちゃんの表情はね?」

ほむら「うん…」

まどか「ものすごく優しい顔だったんだ…!」

ほむら「!」

まどか「普段の表情とは違って、すっごく優しい表情だったの」

ほむら「優しい…」



528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:23:19.19 ID:oZ9POPpWO

まどか「その後すぐに普段の表情に戻っちゃったんだけどね」

ほむら「…」

まどか「あの時から私は、ほむらちゃんは良い人だって」

まどか「優しい女の子なんだって思うようになってね?」

まどか「ずっと仲良くしたいって思ってたんだ」

ほむら「まどか…!」

まどか「だから今はそれが叶って、とっても嬉しいんだ!」



530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:27:33.46 ID:oZ9POPpWO

まどか「私も…まさか初恋の相手が女の子だなんて今でもびっくりしてるけど…」

まどか「気が付いたら好きになってたんだもん…」

まどか「だから、後悔なんてないよ!」

まどか「本当に嬉しいから!」

ほむら「まどか…私も…」

ほむら「私も…本当に嬉しい…」

ほむら「嬉しいよ…!」



531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:30:26.49 ID:oZ9POPpWO

ほむら「だって…まどかの恋人になるどころか…」

ほむら「まどかと仲良くすることでさえ…私にとっては…」

ほむら「夢のまた夢なんだから…」

まどか「えっ?」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「私は…」

まどか「…」



535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:35:46.27 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃんが良ければで良いんだけどね?」

ほむら「…」

まどか「その…よかったら話してくれないかな…?」

まどか「ほむらちゃんのことを…!」

ほむら「…」

まどか「何で私なんかをいっつも助けてくれるのかな…?」



536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:39:28.92 ID:oZ9POPpWO

まどか「何で私を好きになってくれたのかな…?」

ほむら「…」

まどか「あっ、嫌なら言わなくてもいいんだよ?」

ほむら「…ううん、話すよ」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…私はずっと本当の気持ちをあなたに伝えたかった…」

ほむら「でも…伝わるわけないって思ってたの…」



538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:42:12.53 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら「だって…だって私は…っ!」

ほむら「あなたとは違う時間を生きてるんだもの…」

まどか「…えっ?」

ほむら「まどか…!」

まどか「ほ、ほむらちゃん」

ほむら「…私ね?未来から来たんだよ…」

まどか「!?」



539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:45:31.60 ID:oZ9POPpWO

まどか「それって…どういう…」

ほむら「何度も…何度もまどかと出会って…」

まどか「えっ?」

ほむら「それと同じだけ…あなたが…っ」

ほむら「まどかが…死ぬところを見てきたの…」

まどか「え?え?」

ほむら「どうすればあなたを救えるか…」





541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:48:51.29 ID:oZ9POPpWO

ほむら「その答えだけを探して…何度も何度もやり直して…」

まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら「ごめんね…わけわかんないよね…」

まどか「…」

ほむら「気持ち悪いよね…」

まどか「…そんなこと…ないよ」

ほむら「えっ?」

まどか「そんなことないよ!」



543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:53:31.34 ID:oZ9POPpWO

まどか「ちょっと…難しくてわからないとこもあったけど…」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃんが…私を助けるために何度も何度も…」

まどか「私のために頑張ってくれてたって…」

まどか「それだけはちゃんとわかったよ!」

ほむら「まどかぁ…!」

まどか「ほむらちゃん…もっと詳しく…教えてくれないかな…?」

まどか「私だけ何も知らないで、ほむらちゃんだけ苦しむなんて嫌だから…!」

ほむら「…うん、話すね…」



544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:57:08.21 ID:oZ9POPpWO

まどか「…そっか」

まどか「ほむらちゃんは時間を巻き戻せて、何度も何度も繰り返してきたんだね?」

ほむら「…うん」

まどか「私って…最初はほむらちゃんの魔法少女の先輩だったんだ」

ほむら「まどかは…命の恩人だから…」

まどか「てぃひひ…ちょっと嬉しいかも」



545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:00:18.44 ID:oZ9POPpWO

まどか「私も誰かの…それも、ほむらちゃんの役に立ててたんだね?」

まどか「魔法少女になればの話だけど…」

ほむら「まどか…契約しちゃ駄目…」

まどか「うん、わかってるよ」

まどか「ほむらちゃんの話を聞いて…契約しちゃいけないって改めてそう思ったから…」

まどか「それに、マミさんもそう言ってたし…」



546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:03:05.20 ID:oZ9POPpWO

ほむら「そう…よかった…」

まどか「…でも、そのワルプルギスの夜に…その…」

ほむら「…今度こそ勝ってみせる!」

まどか「ほむらちゃん一人で…?」

ほむら「それは…佐倉杏子に共闘を頼むつもりよ」

まどか「…マミさんは?」

ほむら「…っ」



547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:06:40.21 ID:oZ9POPpWO

まどか「マミさんとは…仲良くできないの?」

ほむら「それは…っ」

まどか「最初の頃は…私とマミさんとほむらちゃんの3人で戦ってたんでしょ?」

ほむら「…そうよ」

まどか「なら…マミさんと仲良くできた時もあったんだから!」

まどか「今回だって…!」

ほむら「…」



549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:10:28.82 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「…私だって…本当は…」

ほむら「巴マミとは敵対したくないよ…」

まどか「なら…」

ほむら「巴マミ…ううん、巴さんもまどかと同じくらい私を助けてくれた…」

ほむら「最初の頃は…!」

ほむら「でも…途中からおかしくなったの…」



550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:15:27.96 ID:oZ9POPpWO

ほむら「私はインキュベーターをまどかから遠ざけるために何度も攻撃したわ」

ほむら「でも、巴マミはインキュベーターを信用しきってるのよ!」

ほむら「騙されてるのに!」

まどか「それは…ほむらちゃんの言う通りなら…キュウべえは…」

まどか「みんなを騙してることになるけど…」

ほむら「だから…毎回敵対してしまうの…」

ほむら「本当は嫌なのに…!」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:19:19.38 ID:oZ9POPpWO

ほむら「なら…最初から関わりを極力避けるしかない…」

ほむら「仲良くなんてできないのよ…!」

まどか「マミさんに理由をちゃんと話せば…」

ほむら「それもできないの!」

まどか「うっ…」

ほむら「私とインキュベーターの言葉なら彼女はインキュベーターを信じるわ!」

ほむら「それに私の言葉なんて信用してくれないに決まってる!」




562: ありがとう 2011/11/11(金) 19:15:10.90 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…私はどうすれば…」

まどか「きっと…マミさんならわかってくれるよ…!」

ほむら「でも!インキュベーターが!」

まどか「私ね…キュウべえは悪いことしないって思ってるんだ…」

ほむら「…まどか?」



563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:18:50.89 ID:oZ9POPpWO

まどか「キュウべえは私たちを…」

ほむら「駄目よまどか!インキュベーターに騙されてる!」

まどか「…ほむらちゃんがこれまでいた世界では」

ほむら「えっ?」

まどか「その世界のキュウべえは、何度も私を契約させようとしたんだよね?」

ほむら「…ええ、その度私はそれを阻止してきたけど…結局…」

まどか「…ごめんね」

ほむら「ううん…まどかは悪くないわ!」



564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:22:24.83 ID:oZ9POPpWO

まどか「…ありがとう」

ほむら「うん…」

まどか「…でもね、私は…あまり契約を迫られてないんだ」

ほむら「…えっ?」

まどか「最後に契約を迫られたのは…お菓子の魔女の時かな?」

ほむら「…!」

まどか「あれ以来、私はキュウべえに契約するよう言われてないんだよ?」

ほむら「たしかに…」



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:26:56.83 ID:oZ9POPpWO

ほむら「言われてみれば…今回はいつもみたいになってないわ…」

まどか「だから…この世界のキュウべえはもしかしたら…」

まどか「ほむらちゃんの知ってる世界のキュウべえとは違うのかも…」

ほむら「…でも、やっぱり騙されてるとしか思えない…!」

まどか「…ほむらちゃんは何でさやかちゃんが契約しなかったか知ってる?」

ほむら「美樹さやかが?」



567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:29:02.67 ID:oZ9POPpWO

まどか「うん」

ほむら「それは…佐倉杏子が美樹さやかを契約させないように…」

まどか「…そうなんだけどね」

ほむら「ならインキュベーターは…」

まどか「さやかちゃん、実はキュウべえに契約を頼んだことがあるんだ」

ほむら「…えっ?」



568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:31:26.77 ID:oZ9POPpWO

まどか「上条君の右腕を治してほしいって…」

ほむら「でも…美樹さやかは魔法少女じゃ…」

まどか「うん、さやかちゃんは契約してないよ」

ほむら「なんで…?」

まどか「私も…よくはわからないんだけど…」

まどか「さやかちゃん、断られたんだって」

ほむら「!?」



570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:38:12.09 ID:oZ9POPpWO

ほむら「断られた…?」

まどか「うん…そう言ってたよ」

ほむら「そんな…インキュベーターが断るなんてありえない!」

ほむら「やつらは私たちを家畜のように思ってるのよ?」

まどか「でも…ほんとのことだから…」

ほむら「…っ」

まどか「私は…キュウべえを信じてみてもいいんじゃないかって…思うよ」



571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:41:36.69 ID:oZ9POPpWO

ほむら「まどか…」

まどか「大丈夫、私は契約しないよ」

まどか「もし契約するとすれば…みんなが…ほむらちゃんが…」

ほむら「…!」

まどか「…でも、そんなことはないって信じてるから!」

まどか「だから私は契約しないよ!」

ほむら「…うん」



572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:45:03.39 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃん…マミさんとキュウべえと…」

まどか「一度だけでいいから、ちゃんとお話ししてみようよ!」

ほむら「…」

まどか「何もしないで疑うより…」

まどか「ちゃんと話した方がいいと思うよ…!」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「…わかったわ」



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:47:52.13 ID:oZ9POPpWO

QB「次は何をするの?」

マミ「ねえ…キュウべえ」

QB「ん?」

マミ「ほんとに…暁美さんは危険な存在なの?」

QB「…またその話しかい?」

マミ「だって…」

QB「答えは変わらないよ、暁美ほむらとの接触はできる限り避けた方がいい」

マミ「なんで?」



574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:52:24.99 ID:oZ9POPpWO

QB「僕が契約した覚えのない魔法少女は暁美ほむらくらいだ」

QB「魔法少女になるためには僕たちのと契約が必須なのにだよ?」

マミ「そうだけど…」

QB「それに彼女の行動には疑問点が多いんだ」

マミ「疑問点?」

QB「うん、魔法少女は魔女と戦うのは当たり前なのに…」

QB「何故だか彼女はいつも陰から見てるだけで何もしない」



575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:57:52.94 ID:oZ9POPpWO

マミ「…そうね」

QB「グリーフシードが必要なのは彼女も同じはずなのにだよ?」

QB「今のところ暁美ほむらが倒した魔女は一体のみ」

QB「後はいつもマミや杏子を陰から見てるだけだ」

マミ「…」

QB「僕は暁美ほむらがマミたちを狙ってると思うんだ」

QB「目的がグリーフシードなのか、マミたちの命なのかはわからないけど」



576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:01:05.53 ID:oZ9POPpWO

マミ「私たちを狙ってる…」

QB「うん、実際に僕も何度か襲撃を受けたからね」

QB「僕を殺して、魔法少女がこれ以上増えるのを阻止したかったのかな?」

マミ「なんでそんなことを?」

QB「もしかしたら、自分が唯一の魔法少女にでもなる気でいるんじゃないかな」

QB「自分が最強にして唯一の魔法少女になる、これが暁美ほむらの目的」





577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:04:50.11 ID:oZ9POPpWO

QB「だからマミ、暁美ほむらには気を付けるべきなんだよ」

QB「僕は少しでもマミに安全でいて欲しいんだ!」

マミ「キュウべえ…」

QB「わかってほしいんだ…仲間なら杏子がいるじゃないか」

QB「君たち2人が手を会わせれば…ほとんどの魔女は倒せるはずだから…!」

マミ「そうかもしれないけど…」



582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:08:47.84 ID:oZ9POPpWO

QB「それに僕もやれることは全力でするから!」

QB「だからマミは自分の安全を第一に考えてほしいんだよ」

マミ「…」

QB「マミ!」

マミ「うん…わかった」

QB「…ありがとう、マミ!」

マミ「…」

QB「ほら、まだ時間はあるよ!もっと遊ぼうよ!」



583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:11:50.22 ID:oZ9POPpWO

マミ「うん…」

マミ(やっぱり暁美さんとは仲良くできそうにないわね…)

QB「何をする?」

マミ「…そうね」

さやか「見つけた!」

マミ「えっ?」

杏子「よう」

QB「君たち…!」



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:14:32.27 ID:oZ9POPpWO

マミ「美樹さん…佐倉さん…!」

QB「どうしてここに?」

杏子「ちょっとな」

さやか「マミさん、まだ時間は大丈夫ですか?」

マミ「え?」

さやか「よかったら私たちと一緒に遊びましょうよ!」

マミ「…いいの?」



585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:17:25.96 ID:oZ9POPpWO

さやか「もちろん!」

マミ「美樹さん…!」

杏子「マミ、ごめんな?」

マミ「なにが?」

杏子「実はさ、マミとキュウべえがいることは知ってたんだよ」

マミ「気づいてたの?」

杏子「…と言うことはそっちもか?」

マミ「うん、何度か見かけたから」



586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:21:06.57 ID:oZ9POPpWO

杏子「…まあ、いろいろあってな」

さやか「でも2人でやりたいことはやったし、マミさんとキュウべえもいるなら」

QB「…」

さやか「一緒に遊びたいなーって!」

杏子「と言うわけだ」

マミ「そっか、ありがとう!」

マミ「いいわ!一緒に遊ぼっか!」



587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:24:18.91 ID:oZ9POPpWO

さやか「やったー!」

マミ「ふふっ」

杏子「と言っても、もうあまり時間はないけどな」

マミ「なら最後まで残る?」

杏子「私は大丈夫だ」

さやか「私だって大丈夫!」

マミ「なら決まりね!」

QB「よかったね、マミ!」

マミ「うん!」



588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:27:13.91 ID:oZ9POPpWO

さやか「ねね!何処に行く?」

杏子「どこでもいいぞ?」

さやか「マミさんは?」

マミ「そうねぇ…キュウべえ」

QB「なんだい?」

マミ「今のキュウべえなら、楽しめるかもしれない所があるわ」

QB「どこ?」

マミ「おばけ、見てみない?」

QB「…え?」




591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:29:16.83 ID:oZ9POPpWO

お化け屋敷

マミ「ついたわね」

QB「おやばけやしき?」

さやか「そういえば来てなかったね」

杏子「つくりもんだろ?」

さやか「それいっちゃダメだよ」

杏子「だってそうじゃんか」

さやか「わかってないなぁ!」



592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:32:35.33 ID:oZ9POPpWO

マミ「ふふっ」

マミ「ほら、2人とも行くわよ?」

さやか「はいはーい!」

杏子「おう」

マミ「キュウべえ、おいで」

QB「うん」ピョン

マミ「よし、行きましょうか!」

さやか「杏子ビビんないでよー?」

杏子「ビビるわけないだろ!」



594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:35:19.68 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ、これがお化け屋敷よ」

QB「結界の中みたいだね」

マミ「そう?」

さやか「マミさんは怖いもの大丈夫なんですか?」

マミ「もちろんよ!」

杏子「またいつもの強がりじゃないのか?」

マミ「そんなことないもん!」



597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:39:45.46 ID:oZ9POPpWO

杏子「ムキになるあたり、怪しいな!」

マミ「な、なによ!」

さやか「杏子、あんまりからかったらダメだよ?」

杏子「へいへい」

マミ「もう…!」

QB「ここは何が楽しいの?」

マミ「うーん…そろそろかしら…?」

さやか「わあ!!!」



599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:42:23.14 ID:oZ9POPpWO

マミ「きゃぁっ!?」

杏子「うわっ!?」

QB「どうしたの?さやか」

さやか「あはは!ごめんごめん、ちょっと脅かしたかっただけ!」

マミ「そ、そうなの?あまり大声を出したらダメよ?」

杏子「そうだぞー!」

さやか「すみませんっ!」



600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:44:27.50 ID:oZ9POPpWO

さやか「でも2人とも驚いたでしょ?」

マミ「お、おどろいてないわよ!」

杏子「私だって!」

さやか「はいはい」

さやか「ん?」

マミ「美樹さん…!」

杏子「さやかぁー!」

さやか「ほら、あれ」



604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:00:05.99 ID:oZ9POPpWO

ゾロゾロ

マミ「」

杏子「」

さやか「きたぁー!」

QB「なんだ?魔女か!?」

マミ「きゃぁぁぁぁぁっ!」ダダダッ

杏子「うわぁぁぁぁぁっ!」ダダダッ

さやか「えっ?ちょっと!2人ともー!」

QB「さやか!これは魔女じゃないの?」

さやか「んなわけないでしょ!」



606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:04:13.55 ID:oZ9POPpWO

マミ「ひぃっ!」

杏子「ちくしょう!なんなんだよもぉー!」

さやか「あんたらベテラン魔法少女じゃなかったの!?」

QB「まってよ!」

マミ「あっ!」

杏子「行き止まりだと…?」

さやか「あー…これは仕掛けだね」

QB「ん?これはなんだろう」ポチッ



608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:06:50.28 ID:oZ9POPpWO

ゴゴゴゴゴゴ

QB「ん?」

ゾロゾロ

QB「わぁ?」

マミ「きゃぁぁぁ!?」

杏子「か、囲まれた!?」

さやか「いやいや…」

QB「さやか!これはなんなの?」

さやか「ただの演出だよ」

マミ「うぅぅっ…!」

杏子「ま、マミ!こうなったら変身だ!」



609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:10:16.95 ID:oZ9POPpWO

マミ「うん!」

さやか「ちょっと!何やってんの!?」

杏子「だって!おい!」

マミ「来ないでぇ…!」

QB「???」

さやか「あー!もう!こっちこっち!」

杏子「さ、さやか!」

マミ「まってぇ!」

QB「どういうことなの?」



611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:13:57.32 ID:oZ9POPpWO

さやか「はぁ…やっと出口だ…」

マミ「…」

杏子「…」

QB「もう終わりかい?」

さやか「うん…」

マミ「…」

杏子「…」

さやか「杏子!マミさん!こっちにきて!」



613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:19:55.99 ID:oZ9POPpWO

マミ「うん…」

杏子「ああ…」

さやか「さやかちゃんは今怒っています!」

さやか「何でかわかる?」

マミ「えっ…?」

杏子「何でだよ…?」

さやか「はぁ…」

さやか「あのさ、驚くにも限度ってのがあるの!」



615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:24:17.08 ID:oZ9POPpWO

マミ「だって…」

杏子「なあ…」

さやか「だっても何も!普通変身とかしないでしょ?」

マミ「普通の人は変身できないし…」

さやか「揚げ足をとらない!」

マミ「…ごめんなさい」

さやか「ほんとに変身したらどうするつもりだったんだか…」

杏子「仕方ないだろ!」



616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:27:52.32 ID:oZ9POPpWO

さやか「仕方なくない!」

杏子「なんだと…!」

さやか「だいたい、魔法少女ならあれくらい余裕じゃないの?」

マミ「うぅ…」

杏子「くっ…」

QB「まあまあ」

さやか「キュウべえ、何か言ってやりなよ」

マミ「キュウべえ…」

QB「マミ…」



617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:33:40.36 ID:oZ9POPpWO

QB「ほら、2人は昔から魔法少女だったから」

QB「こういう一般的な遊びにはあまり慣れてないんだと思うよ」
さやか「…意外と魔法少女ってこう言うのに弱いの?」

QB「意外な弱点があるものだよ」

さやか「ベテラン魔法少女でも慣れてなきゃお化け屋敷にビビるってわけ?」

QB「そうかもね」


ほむら「へくちっ!」

まどか「ほむらちゃん、大丈夫?」



619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:38:30.34 ID:oZ9POPpWO

QB「それに、僕も少し驚いたし、仕方のないことだよ」

さやか「ふーん…」

さやか「ん?」

QB「?」

さやか「あれ?キュウべえ…あんた感情ないんじゃなかったっけ?」

QB「…」

さやか「ね、杏子!そうだよね?」

杏子「え?」



630: ありがとう 2011/11/11(金) 22:06:13.98 ID:oZ9POPpWO

さやか「キュウべえに感情はないんでしょ?」

杏子「ああ…そうだな」

マミ「!」

QB「…」

杏子「なあ、キュウべえ…まさかとは思うけど」

さやか「感情…あるの?」

QB「…」

杏子「おい!」



631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:08:47.84 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ」

QB「マミ…」

マミ「2人にも…話していいんじゃない?」

QB「…いつかは通る道だ、そうするしかないみたいだね」

マミ「うん…!」

QB「…そうだよ、君たちの言う通りだ」

さやか「え?ほんとに?」

杏子「マジかよ…!」



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:12:31.58 ID:oZ9POPpWO

QB「僕はある日突然、感情が芽生えたんだ」

さやか「だから、途中から何かが変わったんだ…」

杏子「原因はなんなんだ?」

QB「よくはわからないよ、でもマミを死なせたくなかったからなのかな」

マミ「…」

さやか「へぇ…!」

杏子「…だから私にあんなことを頼んだのか?」

QB「そうだよ」



639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:17:05.01 ID:oZ9POPpWO

さやか「じゃ…じゃあ…私と契約しなかったのも…?」

QB「うん、感情がなければ直ぐにでも契約したさ」

さやか「でも何で?私とそれが関係あるの?」

QB「僕はね、これ以上魔法少女を産みたくないのさ」

さやか「えっ?」

杏子「…なに?」

QB「笑えるだろう?」



645: 幕末であってる、後日談は待って 2011/11/11(金) 22:25:44.70 ID:oZ9POPpWO

杏子「…ああ、笑えるな」

さやか「…杏子!」

QB「そうだよね」

杏子「たしかに変だとは思ったさ、だって昔のお前はあんなこと言うやつじゃなかったからな」

QB「…」

マミ「何の話なの…?」

杏子「マミ、驚くなよ?」

マミ「えっ?」



647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:29:47.70 ID:oZ9POPpWO

杏子「こいつな?私のところに大慌てでやってくるなり」

杏子「お願いだ!マミを助けて!」

杏子「なんて言うんだもんな」

QB「…」

マミ「キュウべえ…!」

杏子「あの時はマミが死んだのかと思ったよ」

さやか「無事だったんだけどね」



649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:33:05.59 ID:oZ9POPpWO

QB「僕はどうしてもマミにあれ以上危険な目に会わせたくないのさ」

QB「それに魔法少女を悲しませることもしたくない」

QB「すべてこの感情のせいだよ」

QB「そのせいで母星からは見放されるし、全く困ったことになったよ」

さやか「え…?」

杏子「なん…だと…?」



650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:37:31.05 ID:oZ9POPpWO

マミ「…」

QB「おかげで僕は良くも悪くも自由の身だ、だから今もこうしていられる」

杏子「お前…」

さやか「なら…キュウべえ、あんたこれからどうするの?」

QB「さあね、僕にもわからない」

QB「1つだけ言えることは、マミの側にいるつもりだってことかな」




651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:40:15.46 ID:oZ9POPpWO

QB「僕を変えたのはマミなんだ、責任はとってもらわないとね」

マミ「任せなさい!」

杏子「僕を変えたのはマミ…か」
さやか「杏子…!」


QB「そうだよ、困ったことをしてくれたよ」

マミ「ごめんね?」

QB「まあ…構わないけどね」



652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:42:35.63 ID:oZ9POPpWO

杏子「ほんと…マミは困ったことをしたもんだな」

マミ「えっ?」

杏子「キュウべえと…この私を変えたんだからな」

マミ「…!」

QB「そうだね…杏子、君もすっかり丸くなったよ」

杏子「だろうな…」

マミ「私が変えた…佐倉さんを…?」



654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:45:59.03 ID:oZ9POPpWO

さやか「そうですよ、マミさんが杏子を変えたんです!」

マミ「でも私…なんにも…」

杏子「なあマミ…昔私がマミの元を去った理由、覚えてるか?」

マミ「うん…考え方の違い、よね?」

杏子「そうだ、私は魔法は自分の為だけに使うってそう思ってた」

さやか「でもマミさんは人を助ける為に魔法を使ってる」



655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:50:13.98 ID:oZ9POPpWO

マミ「ええ…そうよ」

杏子「前の私には理解できなかったんだよ、それがさ」

さやか「でも今はわかるんだよね?」

杏子「ああ!」

マミ「佐倉さん…わかってくれたのね?」

杏子「だから今はまた一緒に戦ってるんだろ?」

マミ「…うん!」



656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:53:29.83 ID:oZ9POPpWO

マミ「でも…私は佐倉さんを変えるようなことは…」

杏子「たしかに何もしてないのかもな」

マミ「うん…」

杏子「でもさ…マミは」

QB「マミは優しすぎるんだよ」

マミ「えっ?」

杏子「…初めて気があったな、キュウべえ」

QB「こちらこそ」



658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:00:37.38 ID:oZ9POPpWO

マミ「優しい?私が?」

さやか「うん、私もそう思う」

マミ「美樹さん…」

さやか「マミさんは誰よりも優しくてカッコいい正義の味方ですよ!」

マミ「そんな…大袈裟よ!」

さやか「でも、杏子とキュウべえを変えたのはそのマミさんの優しさだから」

杏子「ああ」

QB「そうだね」



660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:06:24.02 ID:oZ9POPpWO

さやか「マミさんは私の憧れの先輩だね!」

マミ「憧れるほどのものじゃないわよ、私……」

さやか「えっ?」

マミ「無理してカッコつけてるだけで…怖くても辛くても…」

マミ「誰にも相談できないし、ひとりぼっちで泣いてばかり」

マミ「そんな人間よ、私は…」

さやか「マミさん…」



661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:09:59.30 ID:oZ9POPpWO

マミ「今日だって、キュウべえがいてくれなきゃ、ひとりぼっちだったし…」

マミ「ジッェトコースターやお化け屋敷が苦手な…ただの女の子よ」

マミ「他の人と違うのは…魔法少女だと言うことくらい」

杏子「そんなこと言うなよ」

マミ「佐倉さん…」

杏子「そんなこと言い出したら、私だって似たようなもんさ」



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:14:16.81 ID:oZ9POPpWO

さやか「そうですよ!私なんて何処にでもいるただの女子中学生だし!」

QB「そうだよ!僕はインキュベーター失格のただの宇宙人だよ!」

さやか「…それはちょっと違うと思う」

マミ「みんな…」

杏子「それにマミはひとりぼっちじゃないだろ?」

マミ「えっ?」



664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:17:04.13 ID:oZ9POPpWO

杏子「ここにいるじゃんか、私たちがさ」

マミ「…!」

杏子「私はマミと一緒に戦うし」

さやか「相談なら何にでもこのさやかちゃんが乗っちゃいますよ!」

QB「僕もいるよ!」

マミ「みんな…」

杏子「だからさ、自分に自信を持ちなよ」



667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:21:01.64 ID:oZ9POPpWO

マミ「自信を…?」

杏子「ああ、よろしく頼むぜ?マミ先輩!」

マミ「佐倉さん…!」

さやか「言ったじゃないですか、マミさんは憧れの先輩だって!」

マミ「美樹さん…!」

QB「マミは僕の大事な友達だよ!」

マミ「…キュウべえ!」

マミ「そうだね…そうなんだよね…」

マミ「私はひとりぼっちじゃ…」
まどか「マミさん!」



670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:23:45.45 ID:oZ9POPpWO

マミ「…鹿目さん?」

さやか「まどか、やっぱりいたんだ!」

杏子「よう」

まどか「さやかちゃん…杏子ちゃんも…!」

マミ「…と言うことは」

ほむら「…巴マミ」

マミ「暁美さん…」

QB「暁美ほむら!」



671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:26:09.03 ID:oZ9POPpWO

ほむら「…」

マミ「…」

QB「暁美ほむら!何のようだ!」

ほむら「…インキュベーター!」

QB「僕は君の存在を認めるわけにはいかない!」

QB「マミに近寄るな!」

ほむら「くっ…」

マミ「キュウべえ…」





673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:28:44.75 ID:oZ9POPpWO

まどか「キュウべえ…みんな…!」

さやか「まどか、どうしたの?」

杏子「あいつは何をしにきたんだ?」

まどか「お願いがあるの」

さやか「お願い?」

まどか「うん…!」

杏子「なんだよ?お願いって」



674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:31:11.12 ID:oZ9POPpWO

まどか「ほむらちゃんとマミさんを2人っきりにして欲しいんだ」

QB「!?」

マミ「えっ?」

ほむら「…」

さやか「なんで?」

杏子「私らがいちゃ不味いのか?」

まどか「そんなんじゃないんだけどね…?」



675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:34:03.22 ID:oZ9POPpWO

QB「それはできないよ」

まどか「キュウべえ…お願い!」

QB「僕はマミに危険な目を会わせるわけにはいかないんだ」

まどか「キュウべえ!」

ほむら「…」

マミ「…」

QB「暁美ほむら、帰ってくれないかな?」

ほむら「…私は」



678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:39:16.77 ID:oZ9POPpWO

マミ「キュウべえ…いいの」

QB「マミ?」

マミ「私も…暁美さんとは一度ちゃんと話がしたかったから」

QB「でも…!」

マミ「心配してくれてありがとう、キュウべえ」

マミ「でも私は大丈夫よ!」

QB「…マミ」

マミ「…暁美さん、場所は向こうでいい?」

ほむら「…ええ」



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:44:07.88 ID:oZ9POPpWO

QB「マミ!」

杏子「…行かせてやれよ」

QB「どうして!」

杏子「私もあいつの事はよくわかんないさ、でもわざわざ話があるってんだろ?」

杏子「なら付き合ってみる価値はあると思うよ」

QB「…」

さやか「まどか、ほむら…どうだった?」

まどか「ほむらちゃんはすごく良い子だったよ」

さやか「そっか」



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:48:48.74 ID:oZ9POPpWO

マミ「この辺りでいい?」

ほむら「ええ」

マミ「…それで、話ってなんなの?」

ほむら「…巴マミ、あなたに聞きたいことがあるの」

マミ「なにかしら?」

ほむら「…あなたにとって、私は何?」

マミ「…!」

ほむら「…」



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:53:32.07 ID:oZ9POPpWO

マミ「ストレートな質問ね」

ほむら「それが一番はっきりとわかるからよ」

マミ「なら私もはっきりと言わなきゃね」

ほむら「ええ、お願いするわ」

マミ(暁美さん…今までまともに話すこともなかった)

マミ(関係は間違いなく悪かったわね)

マミ(でも…暁美さんはいつも陰から私たちを見ていた)

マミ(その理由はなに?)





685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:56:18.57 ID:oZ9POPpWO

マミ(キュウべえの言う通り私たちを狙ってるから?)

マミ(それとも…)

マミ(見守っていたとでも言うの…?)

マミ(私にとって、敵なのか味方なのかわからない魔法少女)

マミ(暁美ほむら…)

マミ「…私にとって、あなたは…」

ほむら「…」

マミ「…敵」

ほむら「!?」



689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:00:05.77 ID:biRv0TRqO

ほむら「…っ!」ギュッ

マミ「!」

マミ(今の表情は…!)

ほむら「…」ブルブル

ほむら「…そう、よくわかったわ」

マミ「…」

ほむら「聞きたいことはそれだけよ…さようなら」

マミ(暁美さん、あなたはやっぱり…)



690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:03:09.96 ID:biRv0TRqO

マミ「待って!」

ほむら「…なに?敵に用でもあるの?」

マミ「今のは嘘、あなたを試したのよ」

ほむら「…!」

マミ「今のあなたの表情でわかったわ」

ほむら「…なにが?」

マミ「あなたは私の敵じゃないってね」

ほむら「!」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:07:51.63 ID:biRv0TRqO

マミ「今度は私が質問してもいい?」

ほむら「…その前に私の質問の本当の答えを聞きたいのだけど」

マミ「きっとあなたの答えと同じだって信じてるわ」

ほむら「…どういう意味よ」

マミ「私のこれからする質問のあなたの答えと一緒と言うことよ」

ほむら「…?」



693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:10:34.75 ID:biRv0TRqO

マミ「あなたにとって、私は何?」

ほむら「…!」

マミ「あなたの答えは何?」

ほむら「…」

マミ「答えられない?」

ほむら「…さっきの言葉、信じてもいいのね?」

マミ「もちろん、もう嘘はつかないわ」

ほむら「…わかったわ」



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:14:57.40 ID:biRv0TRqO

ほむら「私にとって…巴マミ…あなたは…」

マミ「…」

ほむら「あなたは…!」

マミ「うん」

ほむら「…本当は…たい…」

マミ「!」

ほむら「本当は仲良くしたい魔法少女よ…!」

マミ「暁美さん…!」



697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:18:00.28 ID:biRv0TRqO

ほむら「あなたは…どうなのよ…!」

マミ「ええ…暁美さんとおんなじよ!」

ほむら「!」

マミ「よかった…私の思い違いじゃなかったのね…!」

マミ「ふぅ…緊張したわ」

ほむら「巴マミ…なら…」

マミ「うん、私も前から…本当はあなたとも仲良くしたいと思っていたのよ」



701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:22:01.11 ID:biRv0TRqO

マミ「でも、まともに話すこともなかったし」

ほむら「…」

マミ「キュウべえから引き留められてたこともあってなかなか言い出せなくてね…」

ほむら「キュウべえ…!」

マミ「ふふっ、でも良かった…暁美さんも同じだったのね!」

ほむら「…そうみたいね」

マミ「これならもっと早く言えば良かったわ」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:25:54.40 ID:biRv0TRqO

マミ「じゃあいつも陰から私たちを見ていたのは…私たちを見守っていたからなの?」

ほむら「…」

マミ「違うの?」

ほむら「…いえ、その通りよ」

マミ「やっぱり…!」

ほむら「とても一緒に戦おうだなんて言えなかったし…」

マミ「そうだったんだ…ごめんね?」





704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:29:45.82 ID:biRv0TRqO

マミ「私も暁美さんの事がよくわからなくて…敵なのか味方なのかわからなかったから」

マミ「どう接すればいいのかわからなかったのよ」

ほむら「そうよね…」

マミ「でも、これで私たちは仲間ね!」

ほむら「!」

マミ「私と、佐倉さん、暁美さんの3人が手を組めば怖いものなしよ!」

ほむら「…私と手を組んでくれるの?」

マミ「そう言ってるでしょ?」



705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:32:35.89 ID:biRv0TRqO

ほむら「巴マミ…ありがとう…!」

マミ「んー…でもちょっと条件があるかな?」

ほむら「えっ…?」

マミ「巴マミ」

ほむら「?」

マミ「私は先輩なのよ?フルネーム呼びはちょっと嫌かな」

ほむら「あっ…」

マミ「マミさんでもマミでも良い、フルネームを止めてくれたら嬉しいわ」



708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:35:54.04 ID:biRv0TRqO

ほむら「…巴さん」

マミ「ん?」

ほむら「昔は…そう呼んでいたわ」

マミ「昔は…?」

マミ「どういうこと…?」

ほむら「もう隠し事はしない、全てを話すわ」

マミ「え、ええ…」

ほむら「…私は未来から来たの」

マミ「え?」



712: あと2時間以内に終わらせる 2011/11/12(土) 00:39:53.32 ID:biRv0TRqO

ほむら「―と言うことよ」

マミ「つまり…暁美さんは何度も時間を繰り返してきたってこと?」

ほむら「ええ」

マミ「その中で私とも色々あったのね…」

ほむら「…そうよ」

マミ「なるほどね…だから私たちとは接したくなかったのね」

ほむら「ええ…」



713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:42:14.07 ID:biRv0TRqO

マミ「…暁美さん、頑張ってきたのね」

ほむら「…」

マミ「なのに私は…ごめんなさい」

ほむら「別に謝らなくても…」

マミ「そう?なら…ありがとう!」

ほむら「えっ?」

マミ「全てを話してくれて、ありがとう暁美さん!」



715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:45:56.22 ID:biRv0TRqO

ほむら「…巴さん」

マミ「やっぱり巴さんなんだ?」

ほむら「…もともとの私はそうだったから」

マミ「そう、うん良いわ巴さんで」

マミ「いつかはマミさんって呼ばれたいけどね」

ほむら「…努力するわ」

マミ「ふふっ、いつまでも待ってるわ!」



716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:49:03.84 ID:biRv0TRqO

マミ「それにしても…ワルプルギスの夜が見滝原にくるなんて…」

ほむら「…ええ、近いうちに来るわ」

マミ「別の世界の私はワルプルギスに負けてるのよね?」

ほむら「…」

マミ「気を使わなくてもいいのよ?」

ほむら「…ええ」

マミ「私と鹿目さんの2人で勝てなかった…」



717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:51:46.00 ID:biRv0TRqO

ほむら「そうよ…」

マミ「その時私が頑張ってれば暁美さんが魔法少女にならなくてすんだのに…!」

ほむら「えっ?」

マミ「ごめんね?暁美さん…私に力がなかったから…」

ほむら「そ、そんな!」

マミ「別の世界の私が勝てなかったのなら、この私は負けるわけにはいかないわ!」

マミ「暁美さん、今度こそワルプルギスを倒すわよ!」



719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:54:53.84 ID:biRv0TRqO

ほむら「…!」

マミ「私と佐倉さんと暁美さんの3人で!」

ほむら「巴さん…」

マミ「大丈夫よ、一緒にワルプルギスの夜を倒そう?」

ほむら「…うん!」

マミ「そうと決まればみんなに伝えなきゃいけないわね!」

マミ「この事は私たちと鹿目さんしか知らないんでしょ?」

ほむら「ええ」




720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:58:12.25 ID:biRv0TRqO

マミ「ならそろそろ戻らないと…」

ほむら「…その前に1ついい?」

マミ「なに?」

ほむら「あなたは私の話を聞いてもキュウべえを信じるの?」

マミ「ええ、もちろん!」

ほむら「なんで…!」

マミ「だってそれは別の世界のキュウべえでしょ?」

ほむら「そうだけど…」

マミ「この世界のキュウべえは正真正銘、私たちの味方よ!」



721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:00:45.09 ID:biRv0TRqO

ほむら「でも…」

マミ「話し合えば、暁美さんもキュウべえと友達になれるわよ!」

ほむら「私がキュウべえと友達に…?」

マミ「うん、信じられないかもしれないけど…私はそうなるって信じてるわ!」

ほむら「…わかったわ」

マミ「私も最後にもう1つ聞いてもいい?」

ほむら「ええ、なに?」



722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:03:32.97 ID:biRv0TRqO

マミ「魔法少女と魔女の正体」

ほむら「!?」

マミ「暁美さんは知ってるんでしょ?」

ほむら「…ええ」

マミ「なら…答えられるわね?」

ほむら「…」

マミ「ソウルジェムが魔力の消費や絶望で濁りきると…」

ほむら「な…!」

マミ「魔法少女は魔女に生まれ変わる」

ほむら「!?」



724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:07:21.79 ID:biRv0TRqO

ほむら「なんでそれを…」

マミ「どう?当たってる?」

ほむら「…」

マミ「答えたくない?」

ほむら「…だって」

マミ「私なら大丈夫よ!」

ほむら「巴さん…」

マミ「ね?だから答えて?」

ほむら「…ええ、その通りよ」



725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:09:42.29 ID:biRv0TRqO

マミ「そっか…そうなんだ」

マミ「だからさっきの話も鹿目さんと美樹さんの最期は伏せていたのね?」

ほむら「あなたは…本当に大丈夫なの?」

マミ「大丈夫よ、ほら」

ほむら「!」

マミ「私のソウルジェム、濁ってる?」

ほむら「いえ…」



728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:13:50.62 ID:biRv0TRqO

マミ「実はね、今日その事をキュウべえから聞いたの」

マミ「その時は真っ黒に濁りかけたけど…キュウべえのおかげでなんとかなったわ」

ほむら「キュウべえが…?」

マミ「ええ、必死で私を慰めようとしてたわ」

ほむら「…」

マミ「信じられないかもしれないけど、本当よ?」

ほむら「ええ…」



729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:15:18.64 ID:biRv0TRqO

マミ「だからね、私はもう大丈夫」

マミ「そして私は決めたの」

マミ「ソウルジェムが魔女を生むなら」

マミ「生まれさせなければいいのよ!」

マミ「あなたも!」

マミ「私も!」

ほむら「…!」




733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:19:27.10 ID:biRv0TRqO

マミ「絶望が魔女を生むのなら絶望のない世界を作る為に私は戦うわ!」

ほむら「巴さん…」

マミ「でも…私一人じゃ無理かもしれない」

マミ「仲間が必要なの!」

ほむら「!」

マミ「だから暁美さん、一緒に戦ってほしいの!」

ほむら「…」

マミ「暁美さん!」

ほむら「もちろんよ…一緒に戦いましょう!」

マミ「…うんっ!」



735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:23:19.01 ID:biRv0TRqO

杏子「あいつら…遅いな」

QB「やっぱりなにかあったんじゃ…!」

さやか「大丈夫だよ、キュウべえ」

まどか「私はほむらちゃんとマミさんを信じてるから…!」

まどか「だって大切な先輩と…大切な恋人だもん!」

QB「えっ?」

杏子「ま、マジかよ?」




736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:25:24.62 ID:biRv0TRqO

さやか「やったじゃん!まどか!」

まどか「てぃひひ!」

杏子「へぇ…まさかこんな身近に仲間がいたなんてな」

さやか「そうだね!」

QB「えっ?」

まどか「じゃあ…さやかちゃんも…!」

さやか「うん!この度私さやかちゃんはあんこちゃんとラブラブになったのでした!」

杏子「あんこちゃん言うなー!」



739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:27:10.28 ID:biRv0TRqO

まどか「そっか!やったねさやかちゃん!」

さやか「うん!」

杏子「ったく…」

QB「えぇ…知らなかったよ…」

QB「それに君たちは同性だろう?」

まどか「そんなの関係ないよ!」

さやか「そうそう!」

杏子「へへっ!」



740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:30:05.62 ID:biRv0TRqO

QB「わけがわからないよ…」

まどか「お互いが好きならね、キュウべえ」

さやか「性別なんて関係ないんだよ!」

QB「そうなの…?」

杏子「まあ…そういうこともあるんだろうな」

QB「なら…種族も関係ないのかな?」

杏子「…へ?」

さやか「キュウべえ…まさかあんた…」

QB「ち、違うよ!気になっただけだよ!」



742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:33:22.06 ID:biRv0TRqO

まどか「てぃひひ!」

QB「勘違いはよくないよ!」

さやか「わかったわかった」

QB「本当に違うんだよ!」

さやか「はいはい」

杏子「ん?」

まどか「あっ!帰ってきたよ!」

さやか「まどかとキュウべえの想い人がね」

QB「冗談じゃない!本当に違うんだって!誤解されたら困るじゃないか!」



744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:35:05.38 ID:biRv0TRqO

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…あなたの言った通りだったわ」

まどか「じゃあ…!」

ほむら「うん、巴さんと仲直りできたの!」

まどか「やったね!ほむらちゃん!」

ほむら「えへへ…」

マミ「ふふっ」



745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:37:56.32 ID:biRv0TRqO

さやか「ね、ねえ杏子…私疲れてるのかな?」

杏子「奇遇だな…私もだ」

さやか「ほむらって…?」

杏子「こんなキャラだったのか…?」

さやか「私たち、いろんな意味でほむらの事誤解してたみたいだね」

杏子「ああ…そうだな」

ほむら「巴さんっ」ニコニコ

マミ「さっきまでの暁美さんは何処に行ったのかしらね」クスッ



746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:41:45.47 ID:biRv0TRqO

QB「暁美ほむら…信用してもいいのかい?」

マミ「うん…暁美さんは私の大切な友達よ!」

QB「本当に…?」

マミ「本当よ!」

QB「…わかったよ」

ほむら「キュウべえ…」

QB「暁美ほむら…」

ほむら「私は…巴さんが信じる…あなたを信じるわ!」

QB「僕だって…マミが信じる、君を信じるよ」



748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:45:30.58 ID:biRv0TRqO

まどか「あっ!見てよほむらちゃん!」

ほむら「えっ?」

まどか「ほら…花火だよ!」

ほむら「わぁ…!」

杏子「何でこの時期に花火が…?」

さやか「どこかの祭りか何かだろうけど…」

まどか「きっと私たちを祝福してくれてるんだよ!」

ほむら「うん…!」

マミ「すごく綺麗…!」

QB「うん…僕もそう思うよ…!」



749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:47:47.38 ID:biRv0TRqO

マミ(私は忘れない…)

マミ(この花火を…)

マミ(今日の思い出を…)

マミ(ここにいるみんなを…)

マミ(だって何もかもがこんなに綺麗に見える…!)

マミ(こんな気持ちは初めて!)

マミ(もう何も怖くない…!)

マミ(だから…私は、私たちは頑張れる!)

マミ(絶対に…!)



750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:50:57.88 ID:biRv0TRqO

避難所

まどか「ほむらちゃん…マミさん…杏子ちゃん…!」

さやか「始まったみたいだね…」

まどか「うん…」

さやか「…私たちはここで待つことしかできないけどさ」

さやか「3人が帰ってきたら…最高のおもてなしをしないとね!」

まどか「うん!そうだね…!」

さやか「だから今は祈ろう?」

まどか「うん…!」

まどか「がんばって」



752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:53:50.17 ID:biRv0TRqO

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハ」

ほむら「くっ…」

杏子「反転した…?」

マミ「そう簡単には勝たせてくれない見たいね」

QB「みんな!大丈夫?」

杏子「ああ!このくらいへでもねぇ!」

ほむら「ええ、大丈夫よ!」

マミ「負けるもんですか!」



754: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:57:22.50 ID:biRv0TRqO

杏子「前衛は私に任せな!マミは背中を任せる!ほむらはサポート頼むぜ!」

ほむら「ええ!」

マミ「わかったわ!」

QB「みんな!がんばって!」

杏子「今の私には…帰る場所と待っててくれる人がいるんだよ!」

杏子「美樹杏子?ふざけんな!」

杏子「佐倉さやかにしなくちゃいけないんだからな!」



755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:00:25.29 ID:biRv0TRqO

ほむら「今度こそ…絶対に勝ってみせる!」

ほむら「もうまどかの泣き顔は見たくない!」

ほむら「私が好きなのはまどかの泣き顔じゃない!」

ほむら「まどかの笑顔なんだから!」

ほむら「だから…絶対に生きて帰って…!」

ほむら「まどかと…一緒に…!」

まどか「まどかが好きだから!」



758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:04:09.72 ID:biRv0TRqO

マミ「パッソ!」

マミ「私は負けない…!」

マミ「ダンサデルマジックブレッド!」

マミ「一緒に戦ってくれる仲間がいるから!」

マミ「レガーレ・ヴァスタリア!」

マミ「大切な仲間がいるから!」

マミ「最高の友達がいるから!」

マミ「だって私は…」

マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」



764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:07:44.78 ID:biRv0TRqO

ほむら「2人とも!時間を止めるからつかまって!」

マミ「うん!」

杏子「ああ!」

杏子「マミ!感謝するぜ!これはこの日のために作ったのかもな!」

マミ「そうかもね!」

杏子「ロッソ・ファンタズマ!」

杏子「ほむら!マミを任せた!」

ほむら「わかった!」



767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:13:49.76 ID:biRv0TRqO

ほむら「準備はできてる?」

マミ「うん!バッチリよ!」

ほむら「まさか…こんな日がくるなんてね…!」

マミ「人生は何が起こるかわからないものなのよ?」

ほむら「ほんと…そうだわ!」

マミ「ふふっ!」

杏子「マミ!やれーっ!」

ほむら「よし…!」

ほむら「マミさん!今よ!」

マミ「悪いけど…これで最後よ!」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハ」

マミ「ティロ・フィナーレ!」



768: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:16:24.66 ID:biRv0TRqO

まどか「あっ…さやかちゃん!」

さやか「空が…晴れてきたよ!」

まどか「うんっ!」

さやか「早く!早く行こうよ!」

まどか「待ってよ!さやかちゃん!」

さやか「待ってられないよ!」

まどか「…そうだねっ!」



769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:20:36.67 ID:biRv0TRqO

QB「やった…!ワルプルギスの夜が…消滅した…!」

QB「やった!やったぞ!ワルプルギスの夜を倒したんだ!」

QB「マミーッ!」

マミ「キュウべえ!」

QB「やったじゃないか!たった3人でワルプルギスを倒すなんて!」

QB「凄いよ!わけがわからないよ!」

マミ「ふふっ」

杏子「やったな…!」

ほむら「うん…!」



773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:23:38.32 ID:biRv0TRqO

マミ「でもね、キュウべえ」

QB「なんだい?」

マミ「ワルプルギスを倒したのは私たち3人だけじゃないわ!」

ほむら「ええ、そうよ!」

QB「どういうことだい?」

杏子「ワルプルギスを倒したのは5人と1匹ってとこかな!」

ほむら「うん!」

マミ「そうね!」





775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:26:34.02 ID:biRv0TRqO

まどか「ほむらちゃんー!マミさーん!」

さやか「あんこちゃーん!」

ほむら「まどかぁー!」

杏子「ったく…この際、もうあんこでもいいぜ」

杏子「さやかぁー!やったぞー!」

マミ「あの2人と、キュウべえ、あなたが私たちを支えてくれたから」

マミ「私たちは勝てたのよ!」



777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:29:06.44 ID:biRv0TRqO

QB「そうか…うん、そうだね!」

マミ「私たちはこの笑顔を守るために戦ってきたのよ」

まどか「ほむらちゃん、怪我はない?大丈夫?」

ほむら「ええ、大丈夫よ!」

まどか「そっか…よかった…よかったよほむらちゃん!」

ほむら「まどか…!」

まどか「てぃひひ!」



778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:31:19.66 ID:biRv0TRqO

さやか「杏子!やったじゃん!」

杏子「絶対勝つって言ってただろ?」

さやか「うん!信じてたから…!」

杏子「へへっ!」

マミ「みんな無事で本当によかったわ!」

QB「そうだね!」



779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:33:27.44 ID:biRv0TRqO

マミ「でも…ちょっとだけ寂しいかな」

QB「えっ?」

マミ「だって暁美さんには鹿目さんが」

マミ「佐倉さんには美樹さんがいるでしょ?」

マミ「私にも、白馬の王子様が来ないかな…」

QB「マミ…」



783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:36:25.37 ID:biRv0TRqO

QB「…白馬の王子様はいないかもしれないけど…」

QB「白獣の王子様なら…側にいるよ?」

マミ「えっ?」

QB「あっ!違う!今のは違うんだ!」

マミ「キュウべえ…!」

QB「その…僕の母星のジョークで…」

マミ「ふふっ…ありがとう、キュウべえ!」



787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:43:29.65 ID:biRv0TRqO

マミ「そうよね…そうなんだよね…!」

マミ「私には私のために星を捨てた可愛い王子様がいるんだよね!」

QB「…!」

マミ「うん…キュウべえ!」

QB「マ、マミ…!」

マミ「これからもよろしくね!」

マミ「私だけの白獣の王子様!」





789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:45:48.99 ID:biRv0TRqO

QB「マミ…まったく…何なんだろうね、この気持ちは…!」

QB「幸せって…やつなのかな?」

QB「わけがわからないよ」

マミ「わけがわからないなら、はっきり言うね?」

マミ「ずっとずっと…一緒にいてね!」

マミ「キュウべえ!」

QB「マミ…!」

QB「うん…わかったよ!」

マミ「てへへ!ありがとう、キュウべえ!」

マミ「これで…私はもうずっと…」

マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」

おわり



799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 02:51:10.29 ID:biRv0TRqO

ほむら「まどかの泣き顔が好きなの」
の時点では三部作なんて全く考えていなかった上に
杏子「美樹杏子?ふざけんな」
の途中から三部作を思い付いたから
所々矛盾があったかもしれません

案の定途中グダりましたが、なんとか終わらせることができました

今回も支援、保守ありがとうございました
おかげで、さるにならなかったです


元スレ
マミ「ひとりぼっちじゃないもん!」