1: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:20:11 ID:NbI

夕美「もぅ!Pさんのことなんか知らないよーだ!」

夕美P(以下P)「おいおい……あれぐらいで」

夕美「つーんっ!」

P「やれやれ……」

夕美「ふーんだっ!」





P「これは長引きそうだなぁ……」



2: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:21:56 ID:NbI

女性にはセクハラになるおっぱいのおっきさネタになります

こちら、千枝が出産していたり夕美が同棲していたりと、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします



3: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:26:23 ID:NbI

――事務所

夕美「♪るんるるんるん~」



「そうなんだ!千枝ちゃん、もうすぐ80になるんですね」



夕美「ん?はちじゅう?」

ソローリ



4: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:38:20 ID:NbI

千枝「い、いえ、まだ79で……」

由愛「うらやましい……こないだ聖ちゃんとセクシー対決したのに負けちゃったから……」

美穂「聖ちゃんは、私と同じで82あるからね」

由愛「……76……」グスッ

千枝「だ、大丈夫ですよ!由愛さんもおっきくなっていますから!」

美穂「そうだよ!好きな人に揉んでもらうとおっきくなるって言うし!」

千枝、由愛『好きな人……』ジー

美穂@82「え、えと……どこを見て……」



5: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:40:29 ID:NbI

美穂「こ、こ、これは……」



「これは違うんだよーっ!」

千枝「これ…ですか…」

由愛「怪しいですね」



美穂「違うってばぁぁぁぁ!」



6: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:46:15 ID:NbI

ギャーワー





夕美「……」



7: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)09:56:52 ID:NbI

――夕美とPの愛の巣

バァァァン

夕美「なんで毎日揉んでもらってるのに、私は81なのぉ!」オーイオーイ

P「そ、それは……小日向がそういう……」

夕美「美穂ちゃんだけじゃないよ!聖ちゃんにだって負けているんだよっ!!」

P「落ち着け、夕美」

夕美「まだ13歳なんだよっ!というより、このままじゃ、千枝ちゃんにも抜かされちゃうよ!」

P「落ち着けっつうの!」デコピーン

夕美「あいたっ!えーん、Pさんがぶったぁ!家庭内暴力だ!ドメスティックバイオレンスだぁ!」

P「ただのデコピンだっての……」



8: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)10:07:19 ID:NbI

(冒頭へ戻る)

夕美「もうPさんなんか知らないもーんっ!」

バタン

P「あ……」

「ま、いっk「どうして追い掛けてきてくれないのーっ!?」ガチャ

P「うわっ!?」

夕美「もう、Pさんは私に対して愛が覚めたんだね!いいよーだっ!」

バタン





P「失敗したな……とりあえず全員に連絡しとくか」



9: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)16:37:51 ID:NbI

…………
……

夕美「なんて……外には出たけど……」

「お財布忘れちゃった!!」

「はぁ……」

(……帰るしかないのかなぁ)



10: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)16:46:37 ID:NbI

夕美(でも考えてみれば、私より小さい子だっていっぱいいるし……)

(藍子ちゃんとか、芳乃ちゃんとか……)

(智絵里ちゃんとか、響子ちゃんとか……)



「何やら不埒な思考をキャッチしたんだけど」

夕美「え?」クルリ

「ほー、悩みは致すべし。されど天は公平に有らずして、生まれ持った能力で人には迷惑をかけては為らぬのでしてー」

夕美「え、え?え?」



芳乃「智絵里殿ー」

智絵里「我が名は緒方智絵里。国父倭の赤子にして、皇軍の兵士なり 勇戦奮闘でもって必ずや皇国の不朽を勝ち取らん‘虎徹’秋水一閃!」

夕美「ま、待って……話し合いましょう!ねっ、ねっ!」



11: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)16:50:02 ID:NbI

芳乃「問答ー」

智絵里「無用だよー!」

夕美「ま、待って!ほら、芳乃ちゃん。乾麺麭ならあるから。ほら、カニヤのネービー乾麺麭だよ」





芳乃「智絵里殿、力をやたら奮うのは利に適わないのでしてー」ポリポリ

夕美「ほっ」

智絵里「……ま、いっか」



12: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:10:16 ID:NbI

…………
……

芳乃「ふぇー、ほほははのー」ポリポリ

智絵里「芳乃ちゃん。口の中にモノを入れたまま話すのはマナー違反だからね」

夕美「あはは……」

(どうしよう……逃げられない……)



芳乃「モグモグ」

「……殿方に良く思われたい気持ち、理解出来ぬわけではありません。しかしー」

智絵里「私達には、スタイルもいい人も両方無いもんね」

芳乃「」ビシバシ

智絵里「あははー、くすぐったいよー」

夕美(法螺貝で殴ってるのに、素知らぬ顔で……)



13: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:18:17 ID:NbI

智絵里「いいじゃないのかな。……無いなら無いで」

「それでも、好きでいてくれる人っていますよね」

「もし、夕美さんが違うって言うなら、藍子ちゃんのプロデューサーさんとか」

芳乃「まことー、藍子殿とは愛し愛されておりますー」

夕美「……うん」



「ただ……」

「ただ、我が儘を言ってみただけだったから」

「それで、Pさんが困る顔を見て……日頃からからかわれているお返しをしたかっただけだから……」

「なのに、私。あんなことで……」

「Pさんだけじゃなくて、みんなにも……」



「会いたいよ……Pさん」グズッ

『会ってどうするんだ?』

夕美「今すぐ会って謝りたいよ……」

『そっか……多分許してくれるだろうな』

夕美「それで……抱きしめて欲しい。ギュッと」

『こうか……』

ギュッ

夕美「うん……」



14: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:20:14 ID:NbI

夕美「……って、Pさん?」

「なんで……どうして」ポロポロ

P「なんで……って、夕美のいる所ぐらい」

夕美「本当は?」

P「智絵里が教えてくれた」

夕美「そっか……」



15: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:25:12 ID:NbI

P「なぁ、夕美。俺はダメな奴かもしれない」

「好きな人が悩んでいるのに、からかうことしかできなくて」

「それで反応を楽しんで、それでまたからかって……そのくせ解決した気でいて」

「だからかな」



「今、そんな好きな奴が泣いているのに気がつかないままだなんて……な」

夕美「うん……」ポロポロ



16: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:28:25 ID:NbI

P「……なぁ、夕美。こんな奴でもまだ一緒にいてくれるか?」





夕美「えへへ……しょうがないなぁ」グスッ

「これからも……よろしくね」



「大好きな……私のPさん」

P「夕美……」ダキッ





智絵里「こうして二人は熱い口付けを交わしました」

芳乃「めでたしめでたしー」



17: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:30:40 ID:NbI

P、夕美『え?』



智絵里「二人ともアツアツだねー」

芳乃「私達もまだここにいましてー」



P、夕美『……』

『(/////////)』

『ボンッ』



智絵里「あ、爆発した」

芳乃「よきかなよきかなー」



18: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:37:09 ID:NbI

――次の日

千枝「夕美さん達、仲直りしたみたいですね」

由愛「よかったです……」

美穂「……」

千枝「どうかしましたか、美穂さん」



美穂「うぅ……この中で相手がいないのは私だけだもん」

千枝、由愛『あ……』

美穂「千枝ちゃんや由愛ちゃんだけじゃなくて、響子ちゃんも、卯月ちゃんも、担当プロデューサーさんといい仲なのに……私だけ……」



19: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:42:18 ID:NbI

千枝「……」ジー

由愛「……」コクン





千枝、由愛『お先に失礼しまーす!』

美穂「あーっ、二人ともひどいよーっ!」



おしまい



20: 名無しさん@おーぷん 20/05/12(火)17:51:35 ID:NbI

ちなみに

夕美
158cm 81-57-80 42

美穂
155cm 82-59-86 42

と、体重は同じなのに身長とお尻の差といったとこかな?

あと

響子
154cm 81-58-80 43

蘭子
156cm 81-57-80 41

裕子
157cm 81-58-80 44

と、モバマス世界は不思議なやつらばかりです



21: ◆Vysj.4B9aySt 20/05/12(火)17:52:15 ID:NbI

では、ありがとうございました。

総選挙、最後までよろしくお願いいたします


元スレ
【モバマス】かーるびんそんをそしせよ